偽 痛風 発熱。 偽痛風(軟骨石灰化症)の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

偽痛風

偽 痛風 発熱

痛風と偽痛風の違い 痛風と良く似た病気に「偽痛風」という病気があるのを知っていますか? 偽痛風は、痛風と同様に関節炎が主な症状ですが、 原因や治療方法などに違いがあります。 痛風と偽痛風の違いを、具体的に見てみましょう。 まずは、病態からです。 痛風は、体内の尿酸が結晶化し、関節やその周囲に沈着して、 関節炎を引き起こしますが、偽痛風の場合は尿酸ではなく、 ピロリン酸カルシウムが関節に沈着して関節炎になります。 次に症状です。 痛風発作の痛みは、「骨折よりも痛い」と表現されるほどの激痛が特徴で、 関節炎が起こる部位は、足の親指の付け根が多く全体の約70%を占めています。 偽痛風も、関節炎が主な症状ですが、 痛風に比べて痛みが軽いと言われています。 関節炎の好発部位は膝関節で、 偽痛風の患者さんの50%以上が膝関節に症状が出ています。 また、偽痛風の特徴として、 関節炎の他に発熱や体重減少を伴うことがあります。 原因と治療についてですが、痛風の場合は食生活の乱れが主な原因であり、 痛みを和らげる治療の他に、尿酸値を下げる薬剤の服用や食事療法を行います。 偽痛風は、遺伝的な要素や副甲状腺機能亢進症が誘因となっていて、 生活習慣とは関連していません。 また症状が慢性化し、日常生活が困難となった場合は、 関節内の洗浄や人工膝関節置換術など外科的処置を行うことがあります。 また痛風の患者さんの約90%が男性であり、好発年齢は40〜50代です。 近年は、生活習慣の乱れや女性の社会進出などを背景にして、 女性の患者さんや30代で痛風にかかる人も増えてきています。 偽痛風の場合は、患者さんの男女比はほぼ5:5であり、 性別による差はありません。 また、60代以降の高齢者の患者さんが多いという特徴があります。 突然の関節炎という似たような症状を持つ痛風と偽痛風ですが、 細かい点を比べてみると、たくさんの違いがあるんです。 でも、自分で痛風か偽痛風かの診断はできませんし、 どちらの病気も継続的な治療が必要ですから、関節の痛みを感じたら、 すぐに医療機関を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。

次の

痛風発作で発熱が起きた時の対処法

偽 痛風 発熱

横川直人(よこがわ・なおと)さん・東京都立多摩総合医療センターリウマチ膠原病(こうげんびょう)科医長=東京都府中市 Q どんな病気ですか。 A ひざや手首、手の指、肩や首などの関節が急に腫れて、強い痛みが出ます。 症状が複数の関節に出たり、熱が出たりすることがあります。 激しい痛みで救急搬送されたり、原因不明の熱として入院になったりする人もいます。 尿酸の結晶がたまって起こる痛風と症状が似ているため、偽痛風と呼ばれています。 正式にはピロリン酸カルシウム結晶沈着症と言います。 Q 原因は何ですか。 A 軟骨の細胞でつくられるピロリン酸という物質が体内のカルシウムと結びついてできた結晶が、関節にたまって強い炎症を引き起こします。 結晶がたまる原因はわかっていませんが、加齢とともにたまりやすくなるため、患者の多くは高齢者です。 Q 診断の方法は。 A 例えばひざが腫れている場合は、ひざの関節に注射針を刺して関節液をとって調べ、結晶がたまっているか確かめて診断します。 X線写真や超音波検査も診断に役立ちます。 痛風や感染症と間違えられることも多い病気です。 Q 治療法は。 A 患部を冷やし、非ステロイド性消炎鎮痛薬や副腎皮質ステロイド薬をのみます。 腫れが1カ所の場合、患部にステロイドを注射をすることもあります。 通常は数日以内で治まりますが、1週間以上かかることもあります。 Q 気をつけることは。 A 残念ながら偽痛風は結晶がたまるのを防ぐ方法がわかっていないため、確実な予防法はなく、繰り返すことが少なくありません。 炎症を早めに抑えることで回復も早くなります。 痛みが出たら早めに整形外科やリウマチ科などを受診しましょう。 回答は紙面に限ります。 【メール】 【郵便】 〒104・8011 朝日新聞科学医療部 【ファクス】 (東京)03・3542・3217 (大阪)06・6201・0249 <アピタル:どうしました・その他>.

次の

偽痛風

偽 痛風 発熱

偽痛風 CPPD結晶沈着症 はピロリン酸カルシウム calcium pyrophosphate dehydrate :CPPD の結晶が関節腔内に沈着し、その結晶に対して炎症反応を起こす疾患である。 比較的高齢者の単関節炎 ときに多関節炎 ・発熱・炎症反応上昇を見たときは本疾患を疑うべきである。 痛風、感染性関節炎、関節リウマチ、変形性関節症等が鑑別疾患として挙げられる。 変形性関節症との合併がしばしば認められる。 頻度,年齢,部位 特発性は高齢者に多く、50歳以上の男性の7. 二次性の偽痛風は低リン血症、副甲状腺機能亢進症、ヘモクロマトーシス、低マグネシウム血症などに伴って認められる。 CPPD結晶は、膝半月板、関節軟骨、椎間板などの軟骨のみならず、腱、滑膜、滑液包など軟部組織に沈着する。 偽痛風の好発部位は膝関節・手関節・手指MP関節(第3関節)・肘関節・肩関節・股関節・足関節などだが、稀に脊椎に結晶沈着が起こる。 偽痛風の誘因 以前の関節外傷(半月板損傷など)が、数十年後に偽痛風となることがある。 低リン血症、副甲状腺機能亢進症、ヘモクロマトーシス、低マグネシウム血症が危険因子となる。 60歳未満で、偽痛風を発症した場合、上記疾患を疑い、血清鉄、フェリチン、カルシウム、リン、マグネシウム、PTH、ALPを測定すべきである。 急性の偽痛風発作の誘因としては、外傷、手術、感染症、入院などが挙げられる。 急性型 急激に発症する関節炎で単関節(膝や手関節)、または少数の関節のみが侵される。 関節の発赤、腫脹、熱感を伴う。 私の経験としては、発熱の割には重症感が余りないのが特徴である。 痛風発作の持続時間は数日から1週間程度だが、急性の偽痛風発作の場合、持続期間は数週から数ヶ月持続することがある。 慢性型 多関節炎で変形性関節症の症状と類似する。 ただ、変形性関節症では侵されにくい肩関節、手関節、手指MP関節(第3関節)でも、関節炎が認められる。 変形性関節症では、CRP、血沈などの炎症性マーカーは陰性だが、偽痛風では、陽性となる。 時には関節リウマチと鑑別が困難な状態となることがあり、「偽リウマチ」と言われることもある。 診断 血液検査(CRP, WBC, 血沈などの炎症反応上昇)、単純X線写真(半月板の石灰化像やほかの関節の軟骨の石灰化)、関節穿刺(感染の除外および結晶の有無:ピロリン酸カルシウム結晶は長方形状・棒状・板状の結晶、痛風の尿酸結晶は針状)が特に重要である。 診断は臨床所見や病歴も含めて総合的に行う必要がある。 発作性に関節炎が起こり、無治療・NSAIDs内服で軽快する事を観察することで偽痛風と診断されることもある。 治療 急性偽痛風発作 基本的には痛風発作と同じで、まず、関節ステロイド注射が可能であれば、関節ステロイド注射を行う。 当院では、関節ステロイド注射の代わりに、リポ化ステロイド(リメタゾン)静注で対応している。 関節ステロイド注射ができない場合は、コルヒチンの内服を行う。 コルヒチン 0. 5〜1mgを内服する。 コルヒチンの投与は急性発作を予防するのにも有効である。 重篤な肝障害や腎障害などがあり、コルヒチンが投与できない場合は、NSAIDS(非ステロイド系消炎鎮痛剤)を投与する。 高齢者でNSAIDS投与が困難な場合は、少量のプレドニゾロン内服で対処する。 慢性偽痛風の治療 急性偽痛風発作に比べ、治療が困難となる。 罹患関節が少ない場合は、関節ステロイド注射で対応する。 コルヒチン内服(0. 5〜1mg)、NSAIDS内服、少量プレドニゾロン内服(5〜10mg)を患者の状態に合わせて選択すべきである。 ヒドロキシクロロキンやメトトレキサートが有効であったという報告もあるが、日本では保険適応ではない。 疼痛が強く、滑膜炎の強い場合は人工関節置換術が必要なこともある。 Crowned dens syndrome 第2頚椎の歯突起 dens 周囲に結晶沈着することでおこる疾患で、歯突起が王冠をかぶっている crowned 、という事で名づけられた。 症状 発熱・激しい後頚部痛・頭痛・項部硬直・首がまわらない 所見 神経学的異常所見はないが、ほぼ全員に頚部運動制限あり 診断 CTにて歯突起周囲に石灰化をきたしていること、炎症反応上昇 WBC, CRP 、くも膜下出血・髄膜炎・敗血症・側頭動脈炎・リウマチ性多発筋痛症・癌骨転移・椎体椎間板炎など他疾患を除外する必要あり 治療 偽痛風の治療と同じ 参考文献 N Engl J Med 2016;374:2575-84.

次の