ラグビー ポジション 名。 ラグビーのポジションの役割を動物で例えると?!的確すぎてわかりやすい!|スポログweb

ラグビーのポジションロックについて!その役割と動き方について紹介

ラグビー ポジション 名

ポジションは、大きく フォワードと バックスに分かれており、それぞれ次のように呼ばれる。 フォワードの8人でを構成する。 なお、各ポジションの呼び方は国によって異なることがある。 フォワード FW• (最前列)3人 - フッカー HO 2 と、左右の プロップ PR 1,3• (第三列)3人 - ナンバー・エイト NO8 8 と、左右の フランカー FL 6,7• バックス BK• スリークォーター・バック TB 4人 - 左右それぞれの ウィングスリークォーターバック WTB 11,14 と センタースリークォーターバック CTB 12,13• フルバック FB 15 1人 近年、世界各国での競技人口が増えるとともに、競争も激化し、戦術が多様化するにおいて、それぞれのポジションの役割も多様化してきている。 トップレベルにおいては、各ポジションにおいて、より多くの役割をこなすことが要求され、高校・大学レベルにもそれは波及し始めている。 フォワード FW [ ] フォワードとは、1番から8番までの8人の選手のこと。 またフォワードは、試合中にを組むメンバーでもある。 スクラムを組む際の位置取りで、 フロントロー、 セカンドロー、 バックローに大きく分けられる(フロントローとセカンドローを総称して タイトファイブと呼ぶことも多い)。 そして与えられた役割に従って、さらに細かく プロップ 2人 、 フッカー 1人 、 ロック 2人 、 フランカー 2人 、 ナンバー8 1人 というポジションに分けられる。 試合ではボールを獲得することが一番の役割で、敵チームと激しくボールを奪い合うために、相手選手に競り負けたり、当たり負けしたりしないよう、身長や体重など体格的に優れ、屈強な肉体の、パワーのある選手がこのポジションを占めている。 しかし、最近では選手が化する世界的流れの中で、バックスのように走力も求められるようになっている。 運動量を増す現代のラグビーでは、PR・HO・LOのタイトファイブの運動量が勝負の鍵とまで言われる。 フロントロー [ ] スクラムを組む際に最前列に位置するため、PR・HOの3名をフロントローと称する。 1・3番 プロップ PR スクラムの際にフッカーと共に最前列の3名(フロントロー)を構成し、相手のフロントローと頭を交互に組み合わせて相手チームを直接押す役割を持つ。 スクラムの職人。 モールの際には体ごと相手を押し込み、相手陣を崩す役目を持ち、スピードを犠牲にしてもパワーがあることが要求されるポジションである。 フィールドでパスターゲットになることはあまりないが、ボールハンドリング能力や突破力が高ければ高いほど、勝敗に影響するポジションであり、ボールを持って突破を試みるプロップも珍しくない。 1番(左側)のプロップをルースヘッドプロップ(スクラムの際、片方の肩のみで組むため)、3番(右側)のプロップをタイトヘッドプロップ(スクラムの際、両肩に相手の体重がかかるため)という。 2番 フッカー HO スクラムの要。 スクラムの際のフロントローの中央に位置し、プロップ PR と共に相手と組み合って直接相手を押し込む。 また、スクラムハーフ SH が投入したボールを足で引っかけて hook 自陣後方に送り込む役割も果たす。 この役割がフッカーの名称の由来でもある。 プロップと同じく屈強であるが、プロップよりは若干小柄な選手が多い。 また、ラインアウトの際にはボールを投入する役割となることが多い。 これは、ボールを受ける側に体格の大きい選手が回ることで、競り合いに負けないようにするためだと言われている。 そのため、フォワード陣の中でも特にボールの扱いの上手さ、パスの技量が求められる。 フッカーは第二のナンバーエイトと呼ばれるほど重要なポジションであり、アタック・ディフェンスともに強い選手がこのポジションに就く。 セカンドロー [ ] スクラムを組む際に2列目に位置するため、このポジションをセカンドローと称する。 4・5番 ロック LO FWのポジションでスクラムの際に2列目の左右に位置する。 ラインアウトの際にボールを空中で奪い合う役割があることから、チームで最も背の高い選手がこのポジションにつく傾向がある。 空中の仕事人。 モールの際にはプロップと共に体ごと相手を押し崩す。 このため身長と体重の双方が求められる。 スクラムの時に軸となる3番プロップの後ろになる5番ロックは、4番ロックより体格の良い選手が担当することが多い。 強くて頼りになる男の象徴という理由から、「ラグビー王国ニュージーランドでは、少年はロックを目指す」と言われる。 バックロー [ ] スクラムを組む際に最後列(3列目)に位置していたため、FL・No8の3名をバックローもしくはサードローと称する。 現在は後述の通りFLが2列目の両翼に上がるように変化しているが、呼称自体は旧来から変化していない。 6・7番 フランカー FL FWのポジションでスクラムの際に3列目の左右に位置する。 地上で展開される攻撃のあらゆる局面(モール、ラック、ブレイクダウン、パントキックに対するチャージダウン等)に積極的に参加して味方をサポートし、体で相手陣を押し崩す役回りである。 ボールを保持して密集地のサイドを突破する役目も担う。 ディフェンスにおいては タックルマンとして大きく勇気が求められる。 また、接点におけるルーズボールへの働きかけ(セービング、ジャッカル、スイープ)も重要な役割で、ロックが空中戦のスペシャリストだとすれば、フランカーは地上戦のスペシャリストであり、攻守に活躍するだけの高い身体能力、運動量が求められる。 このような動きから国によってはルーズフォワード Loose Forward とも呼ばれる。 スクラムにおいては主に6番がブラインドサイド(タッチラインに近い側)、7番がオープンサイド(タッチラインから遠い側)に就くという形があるが、単に6番が左、7番が右という形も見られる。 オープンサイドフランカーは豊富な運動量とアタッキング力、ブラインドサイドフランカーはフィジカルとディフェンス力が求められる。 8番 ナンバー8(ナンバーエイト) NO8 フランカーとともにスクラム時の3列目を組む。 FWのリーダー。 スクラムに最後に参加し、体ごと相手FW陣を押し崩す役回りである。 スクラム最後尾でフロントローから送られてきたボールをキープしたり、かき出されたボールを持って自ら密集地のサイドを力尽くで突破したりする。 モール形成時には、その起点となることも求められる。 フランカーに似たポジションではあるが、より自由にフィールドを走り回るため、運動量、身体能力に加えて、ゲームに対する総合的な判断力が求められる。 スクラム [ ] 相手フォワードと直接組み合う最前線のフロントローはプロップ2人とそれを間でつなぐフッカー1人の計3人、2列目のセカンドローはその3人をすぐ後ろでサポートするロック2人、そして元々3列目のフランカー2人がそれぞれ2列目のロックの外側のほぼ真横に上がり、ナンバー・エイト1人が最後方に位置するようになっている(3-4-1システム)。 詳細は、を参照。 バックス BK [ ] バックスとは、フォワード以外の スクラムハーフ 1人 、 スタンドオフ 1人 、 センタースリークォーターバック 2人 、 ウイングスリークォーターバック 2人 、 フルバック 1人 の7人のプレーヤーの総称で、9番から15番までの選手のこと。 その中でも9番と10番の選手を ハーフバックスもしくは ハーフバック団と呼び、11番から14番までの選手は スリークォーターバックス three quarter backs; 日本語に訳すと「4分の3のバックス」という意味 、そして15番は フルバックと言う。 また、スタンドオフとセンターを フロントスリー、ウイングとフルバックを バックスリーと呼ぶこともある。 バックスは、フォワードが獲得したボールを前に進め、最終的に得点につなげるのが役割。 体格的にはフォワードに劣るが、足が速く、パスやキックなどのテクニックに優れた選手が多い。 守備ではタックルで相手の攻撃を防ぐ。 国によっては スタンドオフ(10番)を「ファイブエイス(five-eighth)」 と分けて呼び、 スクラムハーフ(9番)のみを「ハーフバック」と呼ぶこともある。 9番 スクラムハーフ SH 名前の由来は、スクラムと連携するハーフというところから。 スクラムやモール、ラックに参加はしないが、そばにいて、かき出されたボールを持ってバックス陣にパスをすることを主とする役回りである。 スタンドオフと同様に攻撃の起点となることから、フランスのラグビー哲学ではスクラムハーフが司令塔であるとされている。 地面にあるボールを拾うことと一連の動作でパスする(ダイビングパス等)という動作が特に多く、体が小さい選手が務めることが多い。 密集地からの最初のパスを出すので、 敏捷さと高度なパススキル、瞬間的な判断力、常に密集地に素早く駆けつけることができる持久力、体が小さいことを武器として大男たちの密集地のサイドを突破できるような俊敏性とステップワーク技術が要求される。 守備の際は相手スクラムハーフをマークし、密集地からパスが出たことを味方に伝えたり、相手FW陣のスクラムサイドの突破を防ぐことが要求される。 体躯の大小にかかわりなく9人目のFWとして大男の突破を防がなくてはならないことから、強靭なメンタリティとフィジカルが求められる。 イギリスではその後、このポジションのことを「フライハーフ」 flyhalf と呼ぶようになったので、日本やアメリカなどで使われる「スタンドオフ」という言葉は、今ではあまり使われない。 国際的にもフライハーフと呼ばれることが多い。 これ以外にも、国によっては「ファースト・ファイブエイス」 first five-eighth 、「ファースト・ファイブ」 first five 、「アウトサイド・ハーフ」 outside half などという呼び方がある。 スクラムやモール、ラックなどの密集からボールが出てきたときに最初にボールを受け取る役回りであり、受け取る瞬間はノーマークであるため、パス、パント、突破と様々なプレーを選択でき、そのプレーが攻撃の基点になることから、一般的に、 司令塔と言われているポジションである。 ボールハンドリング、パススキル、キック、ステップワークなど多種多様かつ正確巧緻な技術、瞬時の状況判断力、試合の流れを読む冷静さ、長い距離を走るスピードよりも短い距離でトップスピードに到達する俊敏性が求められる。 スクラムやモールには参加せず、守備時においては、相手のスタンドオフをマークし、プレッシャーをかけることで相手のミスの誘発やプレーを遅らせる役目を担う。 国によっては、最も前方の12番を「セカンド・ファイブエイス(second five-eigths)」 と分けて呼ぶ場合もある。 11・14番 ウイング・スリークォーターバック WTB 攻撃の際はラインの最も大外にてパスをもらい、ライン際を駆け抜けてトライを取りに行くことこそがこのポジションの役割で、チーム随一の快足と共に、巧みなステップや相手を抜き去る相手裏へのキック(ショートパント)の技術も要求される。 トライゲッターとして、ラガーマンの華でもある。 守りにおいてはFBと共にバックスリーとして相手のキック処理に関わることが多く、陣地を稼ぐためのロングキックも求められる。 12・13番 センター・スリークォーターバック CTB 12番をインサイドCTB、13番をアウトサイドCTBと呼ぶこともある。 言わば 切込隊長。 SOの外に位置し、SOからWTBへパスを中継したり、意表を突いて自らラインを突破したり、敵陣の空いたスペースにボールを蹴り入れたりと、攻撃の幅を広げる。 攻撃時の接点になることが多いため、パススキルはもちろん自ら相手に突破を仕掛ける際のスピードに加え、当たり強さも求められる。 ディフェンス時には、SOの外を突いてくる敵に対する強いタックルも求められる。 自身のそばでモールやラックが発生すれば、それに参加することもよく見られる光景である。 したがって、フォワードに負けない体格の選手が増えている。 一般的にインサイドセンターはSOに近く、パススキルや突破力が求められ、アウトサイドセンターはWTBに近く、ランニングスピードが求められる。 15番 フルバック FB 最後尾に位置し、バックスを統率するバックス 最後の要のポジション。 身体能力の高い者が務めることが多く、役割は多岐に渡る。 バックス陣が攻撃を担当するラグビーにおいて、フルバックは攻撃よりはむしろ守備の担当として攻撃時でも最後尾で味方の選手に指示を出しつつ自陣のゾーンをカバーする。 相手バックス陣に負けないスピードと相手FW陣に負けない当りの強さを求められる。 また、最後の切り札としてオフェンスに参加することもある。 特にキックの能力が不可欠である。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

ラグビー日本代表メンバー2019!ポジションの特色と役割は?

ラグビー ポジション 名

ラグビーのポジション ラグビーのポジションは大きく分けると、 「 フォワード(FW):8人」と 「 バックス(BK):7人」に分けられる ただし、ラグビーでは攻撃と守備で ポジションが分かれているわけではない (「FW=攻撃、BK=守備」ではない) 主な役割 フォワード• スクラムは基本的にフォワード8人で組まれる• モールやラックで相手選手と体をぶつけ合う• ラインアウトでボールを争奪する など バックス• 獲得したボールを前に進め得点につなげる• 抜け出してきた相手選手をタックルで止める• キックで陣地を挽回する など ポジションの細かい分類 ポジションは以下の様に細かい分類がされ、 そのポジションに相対した番号がある 背番号は基本的にその番号をつけるが、 控え選手はそれ以外(16番以降)を付けるので、 ポジション番号と背番号が合致しないことはある フォワード(8人)• スクラムハーフ(1人:9番)• スタンドオフ (1人:10番)• センター (2人:12番・13番)• ウイング (2人:11番・14番)• フルバック (1人:15番) フォワード(FW) フォワードは「1番~8番」までの8人 ボール争奪戦が主な仕事で強靭な肉体が必要だが、 力強く突進して相手守備陣に切り込んだり、 バックスのように走力が求められたりもする 主な役割• スクラムを組む• ラインアウトで敵とボールを奪い合う• モールやラックで相手選手と体をぶつけ合う 必要な能力 敵チームと激しくボールを奪い合うために、 相手選手に当たり負けしないような体格・パワー FWの分類 フォワード(FW)は、スクラムを組む際の位置取りから、 以下の3つに大きく分けられる• フロントロー 3人 :最前列で相手FWと組み合う• セカンドロー 2人 :フロントローの後ろで支える• バックロー 3人 :スクラム最後列で押し込む 補足 現在主流の配列は「前:3人、中:4人、後:1人」 となっているが、分類による人数割合は以前のまま フロントロー スクラムの際には最前線を支える3人 (「フッカー:1人」「フロップ:2人」) スクラムを組む際に最前列に位置するため、 「フロントロー」と呼ばれる スクラムでは相手の最前列と直接組み合うため、 基本的に体格が良くパワーのある選手が担う セカンドロー スクラムの際には2列目を担う2人 (「ロック:2人」) スクラムを組む際に2列目に位置するため、 「セカンドロー」と呼ばれる 長身でパワーのある選手が担うことが多い バックロー(サードロー) スクラムの際には最後列を支える3人 (「ナンバーエイト:1人」「フランカー:2人」) スクラムを組む際に最後列(3列目)に位置するため、 「バックロー」もしくは「サードロー」と呼ばれる 現在の主流なスクラムの組み方としては、 フッカーは2列目外側に位置するようになっているが、 分類方法は変わっていない FWの各ポジション FWを細分化したポジションは以下の通り 【フロントロー】• プロップ (2人)• フッカー (1人) 【セカンドロー】• ロック (2人) 【バックロー サードロー 】• フランカー (2人)• ナンバーエイト(1人) プロップ[1番・3番]• スクラムでは最前列の左右で相手と直接組み合う• 密集状態では、体ごと相手を押し崩す 名称の由来 プロップとは「支柱」といった意味合いの言葉 適性・必要な能力 がっしりした体型の選手が向いている (スクラムの最前列に位置することなどから) パワーがあることが要求されるポジション 日本代表の著名なプロップ 稲垣 啓太 プロップ(左)[1番] スクラムの際に、最前列の左に位置する選手で、 「ルースヘッドプロップ」とも呼ばれる (ルース=「緩い」) プロップ(右)が相手の1番と2番に挟まれるのに対し、 プロップ(左)は相手の3番と右側の肩でしか組まず、 自身の左側が自由になるためにこう呼ばれる プロップ(右)[3番] スクラムの際に、最前列の右に位置する選手で、 「タイトヘッドプロップ」とも呼ばれる (タイト=「きつい、かたくしっかりしている」) プロップ(右)は相手の1番と2番に挟まれ、 窮屈な組み方になることから フッカー[2番]• スクラムでは最前列の中央で相手と直接組み合う• スクラムで投入されたボールを足で後方に送る• 密集状態では、体ごと相手を押し崩す 名称の由来 ボールを足で引っかけて hook 自陣後方に送り込むことから「フッカー」 適性・必要な能力 がっしりした体型の選手が向いている (スクラムの最前列に位置することなどから) ボールを足で扱う器用さも求められる 日本代表の著名なフッカー 堀江 翔太 ロック[4番・5番]• スクラムでは2列目で支えて、スクラムを固定• ラインアウトでは、主にジャンパーの役割を担う• 密集状態では、体ごと相手を押し崩す 名称の由来 スクラムをLOCK(固定)させるという役割から 適性・必要な能力 身長と体重の双方が求められる 日本代表の著名なロック トンプソン・ルーク、大八木 淳史 フランカー[6番・7番]• スクラムの際に2列目のロックの外側に位置する (もともとは3列目の左右に位置していた)• 味方をサポートし相手を押し崩す、自ら突破する• 守備側フランカーはタックルを狙いに飛び出す 名称の由来 フランカー(FLANKER)には、 「側に立つ」という意味合いがあるが、 「側面部隊」を意味する軍隊用語からとも言われる 適性・必要能力 攻守に活躍するための高い身体能力、運動量 スタミナ、タックルスキル、 先を読む力、状況判断能力なども必要とされる 日本代表の著名なフランカー リーチ・マイケル オープンサイド・ブラインドサイド 左フランカーが6番、右フランカーが7番であったが、 近年はスクラムが開始されるフィールドの位置で 左右のフランカーも入れ替わるのが一般的 試合の中で、スクラムから見てスペースの• スクラムでは最後方からコントロールし、統率• 守備・攻撃の両面においてチームの中心となる• FWのリーダー、FWの花形とも呼ばれたりする 名称の由来 ポジション名の由来は「背番号8番」から 適性 運動量・身体能力(スピード・パワー ・判断力など 総合的に高い能力が求められる 日本代表の著名なナンバーエイト アマナキ・レレイ・マフィ バックス(BK) バックスは「9番~15番」までの7人 攻撃ではスピードやステップを用いた突破や 正確なパスやキックなどのスキルを要し、 守備ではタックルで相手の攻撃を防ぐ ラグビーでは相手ボールになったとしても 相手陣地でプレーをする方が得策とされており、 バックスがキックで陣地を挽回するプレーも多い 主な役割• 獲得したボールを前に進め得点につなげる• 抜け出してきた相手選手をタックルで止める• キックで陣地を挽回する 必要な能力 広い範囲を動き回り攻撃や守備を行うスタミナ 確保したボールをどう攻撃に結びつけるか考える 明晰な頭脳、俊敏性、スキル 突破して前に進むスピード、強靭さ BKの分類 バックスは大きく以下の3つに分類される• ハーフバックス (2人):攻撃の舵取り• スリークォーターバックス(4人):攻撃の実行部隊• フルバック (1人):守備の舵取り ハーフバックス(ハーフ団) 主にFWを指揮するスクラムハーフと 主にBKを指揮するスタンドオフの2つの総称 (「スクラムハーフ:1人」「スタンドオフ:1人」) スクラムハーフはFWよりでプレーすることが多く、 スタンドオフはBKよりでプレーすることが多い 全体のポジションのほぼ真ん中に位置するため ハーフバックスと呼ばれる スリークォーターバック 主に攻撃の起点、攻撃の実行部隊となり、 相手守備陣の突破を図ってトライを狙う (センター:2人、ウイング:2人) 守備では、 相手がキックしたボールの処理も大切な役目 スリークォーターバックスは、 日本語に訳すと「4分の3のバックス」 (ポジションを分割したときに4分の3に位置する) フルバック 全体の最後尾に位置するポジション (フルバック:1人) 守備を最後尾から統率し、 相手がキックしたボールの処理や、 逆に陣地の挽回を狙うキックなどを行う BKの各ポジション BKを細分化したポジションは以下の通り 【ハーフバックス】• スクラムハーフ(1人)• スタンドオフ (1人) 【スリークォーターバックス】• センター (2人)• ウイング (2人) 【フルバック】• フルバック (1人) スクラムハーフ[9番]• スクラムではボールを投入し、後方で手で取り出す (ナンバーエイトが取り出す場合もある• 密集状態から出されたボールをバックス陣にパス 名称の由来 スクラムと連携するハーフというところから 適性・必要能力 俊敏性、瞬間的な判断力、 運動量、パススキル、視野の広さが必要 体が小さくても充分に活躍できるポジション 日本代表の著名なスクラムハーフ 田中 史朗 スタンドオフ[10番]• バックス陣を率い攻撃の起点となる司令塔的存在• パスで展開、キック、自ら突破などを行う• 密集から出たボールを受け取り、攻撃へと展開 (状況に応じて最も最適なプレーを選択) 名称の由来 スクラムから離れた(=スタンドオフ)ハーフ というところから イギリスでは、このポジションのことを 「フライハーフ flyhalf 」 と呼ぶようになり、 国際的にはフライハーフと呼ばれることが多い 適性・必要な能力 正確なパススキル、キックスキル、 瞬時の状況判断力、試合の流れを読む力など (求められる能力は高く、多い) 高いラグビーIQでゲームメイクする能力も必要 日本代表の著名なスタンドオフ 田村 優、平尾 誠二、ダン・カーター ウィング[11番・14番]• スピードやステップを駆使してトライを狙う• 守備ではキックの処理、攻撃をタックルで止める• 陣地を挽回するためのロングキックを行う 名称の由来 ウイングの名称は「翼」に由来 両サイドに広がったそのポジションを 「翼」に見立てたもの 適性・必要な能力 攻撃では、 スピード、スタミナ、ステップスキルが必要 守備ではタックルスキルや、 相手のキックに対応するキック処理能力も必要 日本代表の著名なウイング 松島 幸太郎、福岡 堅樹、山田 章仁、大畑 大介 オープンサイド・ブラインドサイド 単純に左右で配置を固定しているチームもあるが、 スクラムなどの位置によって ポジションを入れ替えるチームもある この場合、スクラムやポイントからスペースが• ウイングへのパスを中継したり、自ら突破を狙う• 時にはスタンドオフの位置でゲームメイクも行う• スタンドオフの役割を担える選手も多い 適性 パススキル、スピード、当たり強さが必要、 スタンドオフと同様に適格な判断力も求められる スペースがない場面でのコンタクトプレーが多く、 他のバックス選手に比べると大型の選手が多い 日本代表の著名なセンター 大畑 大介、平尾 誠二 インサイド・アウトサイド 内側に位置するセンターを「インサイド」 外側に位置するセンターを「アウトサイド」 と呼んだりもする インサイドセンターはスタンドオフに近く、 パススキルや突破力が求められる アウトサイドセンターはウイングに近く、 ランニングスピードが求められる フルバック[15番]• 最後尾でバックス陣を統率、守備の最後の砦• 相手のキックに対応して処理する• 最後尾から陣地を挽回するキックを行う 適性・必要な能力 キック力やキックの正確性、 相手の攻撃を防ぐためのスピードや当たり強さが必要 ポジショニングスキルやゲームの流れを読む力も必要 日本代表の著名なフルバック 五郎丸 歩、松島 幸太朗.

次の

15人制ラグビーのポジションまとめ【役割や体型】

ラグビー ポジション 名

(スクラム:軽い反則のあと、プレーを再開させる方法の一つ。 FW8人ずつが固まって組みあい、ボールの争奪を行う。 ラインアウト:ボールがタッチラインの外に出たあと、プレーを再開させる方法。 スローワーがボールを投げ入れ、そのボールを空中で奪い合う。 ) フォワードはさらに3つに大きく分けられ、スクラムを組む時に、最前列で相手フォワードを組み合う3人を 「フロントロー」、その後ろで支える2人が 「セカンドロー」、スクラム最後列で押し込む3人を 「バックロー」と言います。 ただ、この配列は少し昔までのもので、現在では「前列3人/中列4人/後列1人」で組みます。 そのため、本来であればセカンドローは4人、サードローは1人となるのですが、呼び方は昔のままで変わっていません。 ただ、この配列は少し昔までのもので、現在では「前列3人/中列4人/後列1人」で組みます。 そのため、本来であればセカンドローは4人、サードローは1人となるのですが、呼び方は昔のままで変わっていません。 そのかわりに、広い範囲を動き回り攻撃や守備を行うことが求められます。 主な役割は、パス・キックなどのテクニックが必要なプレーを頭を使いながら行い、ゲームを組み立てることです。 「FWがディフェンスでBKがオフェンスなんでしょ?」という誤解がありますが、これは典型的なアメフトとの混同です。 ラグビーではアタックとディフェンスでポジションが分かれているわけではありません。 上記のようにセットプレー スクラム・ラインアウト のときは各自の役割がありますが、一度プレーが始まれば全員がフィールドプレイヤーであり、 全員がアタックもディフェンスもします。 そのため、プロップがキックを蹴ってもよいし、フルバックがラインアウトに参加してもかまいません。 実際に中学や高校レベルではそのような場面が見られることも多いです。 スクラムは最前線を3人で組むが、その左最前線が1番。 相手3番の左側に頭を入れるため、ルースヘッドプロップとも言われる。 味方ボールのスクラムでは、1番の両足の間をボールが抜けていき、ここで相手にプレッシャーを受けるとボールを奪われてしまうので、非常に重要な役割を担う。 昨今はこのスクラムワークだけでなく、豊富な運動量を誇る選手も多い。 2:フッカー スクラムでは最前列中央で両プロップをけん引し、スクラムハーフ SH が投入したボールを足でフックして ひっかけて 後方へ送る役割を担う。 ラインアウトではスローワー(ボールの投入)を務めることが多い。 ここで誤解されがちなのが、スローワーをフッカーがやらなければいけないというルールはないということ。 プロレベルのフッカーは、学生時代にバックローなどのポジションを務めていた選手も多く、近年はフィールドプレーに優れている選手も多い。 3:プロップ スクラムでは相手1番と2番の間に頭を差し込むことになるため、1番よりもハードなスクラム能力が要求される。 より窮屈な組み方になるということで、タイトヘッドプロップと呼ばれる。 近年のラグビーではスクラムが劣勢で試合に勝利することは難しく、3番の重要性は高まっている。 セカンドロー 4,5:ロック ラインアウトでジャンパー、リフターとして中心となるため、背が高い選手が務めるポジション。 またスクラムでは2列目からプロップを押さなければならないため、プロップ同様に体重も必要となる。 フィールドプレーではバックローの次に密集に駆けつけ、体を張って貢献しなければならない。 基本的にスクラムにおいて、5番が3番の後ろにつくため、4番よりは5番の方が大柄な選手が務める傾向があるが、多くのロックの選手は左右どちらもプレーでき、また、4番が右ロックで5番が左ロックのチームもあるので、4番と5番に基本的な違いはないと考えてよい。 バックロー 6:フランカー スクラムにおいて、より狭いフィールド側のロックの選手の横につけるため、ブラインドサイドフランカーともいう。 昔は左フランカーが6番で右フランカーが7番の時代もあったが、近年はスクラムが開始されるフィールドの位置で左右のフランカーも入れ替わるのが一般的。 オープンサイドフランカーほどは運動量を必要としないため、よりアタック色の強い選手が選ばれることも多い。 FW第3列 バックロー のうちの1人だが、位置はロックの横につく。 7:フランカー オープンサイドフランカー。 NZでは花形のポジションとされている。 相手ボールを奪うことに長けた選手や、チーム1の運動量を誇る選手が務める。 そのため前述の特徴を備えていれば、多少体のサイズが小さくてもトップレベルで通用することもある。 8:ナンバーエイト NO. 8 スクラムでは両ロックの後ろにつく。 実質的に3列目はナンバーエイトしかいない。 FWで退場者が出た場合は、たいていこのナンバーエイトかブラインドサイドフランカーの位置を削ることになる。 スクラムではボールを持ってそのまま抜け出してもいいし、BKに渡して展開してもいい。 高校レベルではチームでもっともアタック能力のある選手が担当することが多い。 BK(バックス) ハーフバック 9:スクラムハーフ スクラムやラインアウト、ラックやモールなどの密集からボールをBKに出すのが主な仕事。 小柄な選手が多い。 かつては球出しを速く確実にできる選手が好まれたが、近年はキックや自らのランなども含めてゲームメイク能力も要求されるポジションとなった。 10:スタンドオフ フライハーフ・ファーストファイブエイス 司令塔。 日本ではスタンドオフ よく略してスタンドという と呼ぶのが一般的だが、世界ではフライハーフという呼び方がより一般的。 さらにニュージーランドではファーストファイブエイス 略してファーストファイブ とも呼ぶ。 スクラムハーフから展開されたボールを最初にもらうので、自分で走るか、パスするか、キックをするかを判断する。 よくアメフトのクオーターバックと似ているポジションだと言われる。 多くのチームではスタンドオフがプレースキックのキッカーも務める。 センター 12,13:センター スタンドオフからボールをもらい、さらに外へつないだり、自ら相手ディフェンスを突破する。 左右で12番、13番を決めた時代もあったが、現在は12番をインサイドセンター、13番をアウトサイドセンターと呼ぶ。 時にはスタンドオフの位置に入り、ゲームメイクも行う。 そのため、スタンドオフと同ポジションを両方こなせる選手も多い。 当たりに強く、ディフェンス能力に長けた選手が多い。 10番のファーストファイブに対して12番はセカンドファイブと呼ばれることもある。 その場合、13番を単にセンターと呼ぶ。 また、センター陣をまとめてミッドフィールドと呼ぶこともある。 バックスリー 11,14:ウイング フランカーの6番と7番の位置がオープンサイドかブラインドサイドかで変わるのに対して、ウィングは左が11番で右が14番。 主にフィールドの端に位置し、最後にボールをもらってトライを目指す。 そのため比較的細身の足の速い選手が多いが、なかにはプロップのような巨漢ウィングも存在する。 ディフェンスではフルバックと連携し、最後尾でキック処理も行う。 15:フルバック ディフェンスでは後方でキック処理に対応し、また突破を許した相手を最後に止める砦でもある。 アタックでは臨機応変にBKラインに加わり、相手ディフェンスを突破する。 近年はチームでもっともランニングスキルのあるエースランナーを15番に置くチームも多い。 以上がラグビーの各ポジンションの説明です! いかがでしたでしょうか。 FW8人ずつが固まって組みあい、ボールの争奪を行う。 スローワーがボールを投げ入れ、そのボールを空中で奪い合う。 よくアクセスされているページ• 「ラグビーの1チームの人数って何人?よく7人制ラグビーって聞くけどどう違うの?」 上記はラグビーに関するよくある質... いざラグビーを見よう!と思ってテレビを付けても、ルールが複雑でよくわからずチャンネルを変える方は多いのではないでしょうか... ラグビーを知る上で避けては通れないのが、アメリカンフットボール(以下、アメフト)との違いです。 以下では、最低限知...

次の