堀 ちえみ の ブログ。 闘病中の堀ちえみさんのブログに「死ね、消えろ」「馬鹿みたい」と書き込んだ主婦。番組が直撃すると...: J

堀ちえみ、「すべて嘘くさい!」ブログの内容に非難轟々のワケとは(1ページ目)

堀 ちえみ の ブログ

タレントの(52)が19日、自身のブログを通じて、口腔がん(左舌扁平上皮がん)と診断され「ステージ4」と告知されたことを公表した。 きょう19日に入院し、22日に手術を行う。 なお、所属事務所によると、今後の経過などはブログを通じて報告するという。 「ご報告させていただきます」のエントリーで堀は「最初は昨年夏頃に、舌の裏側に小さい口内炎ができました。 治りが遅いので、病院で診ていただきまして、その時は塗り薬や貼り薬、ビタミン剤などを処方して貰いました。 しかし11月になっても、少しも良くならず、酷くなる一方」と、経緯を説明。 「痛みも増して辛くなり、掛かりつけの歯科医院に行き、診察を受けました。 そして何度かレーザーで、焼いて貰ったりもしました。 それでも治らず、そのうちに、舌の裏側だけではなく、左の側面にも、固いしこりができてしまいました」と、明かした。 2016年にリウマチなど、2つの病気を患っている堀。 その後、主治医に相談するも、「飲んでいる薬の副作用の1つに口内炎の症状が出る事もよくあるので薬を暫くストップして様子を見ましょう」と言われたといい、自身も「それまでには徐々に良くなると、信じていました」とした。 しかし、「酷くなる一方で、しこりも増え続け、左側の舌に激痛が走り、やがて食べ物が沁み、喋るのが辛くなり、眠っていても痛みで、夜中に目が覚めてしまうように、なってしまったのです。 さすがにこれは口内炎ではないと…最悪は舌癌かも知れないと…」と自身でスマートフォンなどで調べたという。 1月21日に病院へ行き「主治医の先生の所見で、悪性の舌がんの可能性が高い」という診断を受け、2月4日の検査入院の際に「舌の生体検査の結果、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断。 そして左首のリンパにも、転移している事が判明。 ステージ4との告知を受けました。 かなり厳しい状況です」と自身の病状を説明した。 きょう19日に入院し、22日には手術予定で「舌の半分以上を切除。 首のリンパに転移した腫瘍も、同時に切除します。 切除した舌には、自分の皮膚の一部を、移植します。 一度の手術でこれらを、全て済ませます。 口腔外科と形成外科の合同チームの手術で、12時間以上掛かると、聞いております」とした。 最後は「なってしまった事は、いろいろ後悔しても始まらない。 ただ前だけを向いて、ポジティブに生きていこうと。 私は負けません。 力いっぱい闘って、必ず戻って来ます。 そして再びファンの皆様の前で、歌が歌えるようになりたい」と胸中を明かし「その為にも頑張って、治療に専念させていただきます。 皆様にはどうか、温かく見守っていただければと思います」と呼びかけ「私は負けない!」と結んだ。

次の

堀ちえみ、「すべて嘘くさい!」ブログの内容に非難轟々のワケとは(1ページ目)

堀 ちえみ の ブログ

記事の内容• 堀ちえみさんの結婚・離婚歴は? まずは、堀ちえみさんの結婚・離婚歴についてまとめます。 1989年:堀ちえみさんが経営していた喫茶店にお客として来ていた外科医と22歳で結婚、3人の子供を授かります。 1995年:一回り年上の旦那さんからのDVが原因で別居。 1999年:1997年から2年以上に及ぶ離婚裁判により離婚成立。 2000年:別居中から同棲していた当時「山と渓谷社」に勤務する会社員と再婚。 2人の子供を授かる。 2006年:編集者として優秀だったご主人は独立して、事務所を立ち上げます。 2010年:多忙なことからすれ違いにより離婚。 2011年:パチンコメーカーSANKYOに勤務して2人の連れ子のいる会社員の尼子勝紀氏と再婚。 実子が5人、尼子勝紀氏の連れ子が2人の計7人の子供がいます。 ネズミのお母さんみたい 堀ちえみの1人目の夫との子 外科医 昂平 1990年生まれ 健汰 1992年生まれ 叡弘 1993年生まれ 堀ちえみの2人目の夫との子 加藤 芳樹 楓季 2000年生まれ 彩月 2002年生まれ 堀ちえみの3人目の夫の連れ子 尼子勝紀 真由 1997年生 尋紀 1999年生 — akira seijei 尼子勝紀さんのプロフィール画像は?ブログや出身大学は? 尼子勝紀さんの職業・役職は? 平成28年4月1日から尼子勝紀さんの職業・役職はパチンコメーカーSANKYOの執行役員となっています。 (参照) 執行役員というのは取締役とは違いますが、部長クラス以上取締役未満という感じですので、立派な役職であることは間違いないでしょう。 しかも、SANKYOはパチンコメーカーの大手。 CMもバンバン流れていますし、格闘技などイベントのスポンサーでも良く見ますね。 尼子勝紀さんの年収は? 気になる年収ですが、大手パチンコメーカーSANKYOの執行役員ということで、調べてみたところSANKYOの平均年収は700万円ほどです。 これは、一般社員も含めた平均年収です。 日本全体の平均年収が400万ほどですから、相当高いランクになります。 パチンコ業界の平均自体が高い傾向にあると思われますね。 によると、取締役の役員報酬が波はありますが、一人当たり1億~1億5000万ほどになっています。 執行役員は取締役ではありませんので、億はいかないと思われますが、確実に数千万はあると推測できます。 堀ちえみさんは働かなくても、旦那さんの年収だけで十分に家族を養っていけると思います。 pachinkovillage. 尼子勝紀さんと堀ちえみさんが最初に出会ったのは、堀ちえみさんの自宅 大阪・阿倍野 近く。 2010年9月だった。 朝、娘を幼稚園の見送りに行くために、電停近くに立っていた。 堀はスッピンの普段着姿。 その時スーツを着たサラリーマン風の男性から 昔からのファンなんです、会えてよかった、ずっと会いたかったんです。 と声をかけたといいます。 短い会話の中で相手は東京から転勤になって阿倍野に住んでいること、堀が阿倍野に住んでいることを知っていたので、いつか会えるのではないか、と思っていた、ということが分かった。 3カ月前の離婚会見では二度と結婚しない、と自分自身に誓った堀がこのとき 堀ちえみさんは不審がるかと思いきや、スーツ姿で身だしなみが整っていたので かっこいい素敵な人 と感じたそうです。 しかし年恰好からして 奥さんも子供もいるんだろうな と思いを巡らせていたそうです。 今度会ったら名刺をもらおうと、テプラで「名刺」と書いて財布の中に入れていた。 2度目の出会いは2011年の1月。 羽田空港で訪れた。 堀は東京へレギュラーの仕事があるので伊丹発のJALに搭乗した。 この便に偶然にも相手の男性も乗っていた。 羽田空港に到着して「このあいだは、どうも。 また会えてよかったです」と男性が追っかけてきた。 堀が前席の方でマスクをかけて新聞を読んでいたことに気づいたのだった。 この時も短い立ち話で、相手も2回の離婚歴があり、2人の子供を育てていることが分かった。 尼子勝紀さんも2度の離婚歴があって、子供を1人で育てているということを知り親近感が増したそうです。 「子育ても仕事も頑張ってください」といった後で、名刺をもらうことを忘れてしまっていた。 財布にはテプラで「名刺」と書いて入れていたのに、すっかり名刺のことを忘れてしまい、悔やんでも悔やみきれなかった。 2回目の偶然の再会で堀の胸の高まりは、ピークに達した。 3度目の偶然は2011年4月に銀座で訪れた。 最初に出会ったころから、堀は周りスタッフには「素敵な人と出会った」と話していた。 夜、銀座を歩いていたら、今度は正面から男性が歩いてきた。 「これからお食事でもどうですか? 今日は空いていますか?」と誘いの声がかかった。 相手は食事会の後だったので、軽く食べられるお店にマネージャーと3人で入った。 「夢みたいです。 信じられません」を連発する相手は緊張のあまりお通しに出たシラスおろしをうまく食べられなかった。 運命を感じた堀は、男性がトイレに行っている間に、初めて入った店のママに結婚を相談したところ、「いいと思うよ」と簡単明瞭だったという。 3度目の偶然の出会いがあってから、6月にはラジオでも「素敵な人」のことを喋るようになっていたとのこと。 結局は偶然の積み重ねなのですが、3度も都合よく偶然が重なったので、 「ナンパ」とか「ストーカー」とか噂がたったようです。

次の

堀ちえみのブログはみっともない?批判されまくる理由とは?!|今日ネタ

堀 ちえみ の ブログ

歌手でタレントの堀ちえみ(51)がブログを更新した。 堀は先日、筑前煮や鮭のムニエル、牛肉とピーマン炒め、揚げニンニク、白菜と玉ねぎの味噌汁など、ボリューム満点の夕食を公開したところネット上では「鮭の向きがおかしい」「絶対作っていないだろって思ったけど魚の向きがおかしいから、作ったのかも」といった指摘が殺到したばかり。 そんな堀が20日に「今日の子供たちの、お昼ごはんは、パパとの合作。 焼きそばは私の担当。 目玉焼きは主人。 パパ作の目玉焼き。 この何年かで、どんどん進化していきます。。 合羽橋で売っている、食品サンプルのように、テリ・色・形が素晴らしい。 ビューティフルだわ〜」と綴り、夫婦で作った焼きそばの写真を公開した。 この内容に一部のネット上では「いつ見ても黄身がほぼ生なのに…進化したって」「家事やりましたアピールうざい」「なんかわざわざブログにまで載せて褒める内容じゃないね」などと厳しい声が殺到してしまった。 一緒に焼きそば食べろよ」といった声も寄せられていた。 ここ最近、ブログを更新するたびに批判の声が殺到してしまう堀。 本人は全く気にせずに投稿を続けているが、今後、投稿内容には気をつけたほうが良さそうだ。

次の