水素 化 カルシウム。 乙3(乙種第3類危険物)アルカリ/土類金属対策ノート -危険物試験 勉強方法 マスターノート

サンゴカルシウムと水素の関係

水素 化 カルシウム

Key: UUGAXJGDKREHIO-UHFFFAOYAG 特性 CaH 2 42. 水素化カルシウム(すいそかカルシウム、Calcium hydride)は、CaH 2で表されるのである。 カルシウムヒドリド、カルシウムハイドライド、略して カルハイとも呼ばれる。 純粋な物は白色だが、通常はの粉末。 と激しく反応してガスを放出することから、においてとして用いられる。 水素化カルシウムはヒドリドであり、と同様の結晶構造を持つ。 とはみなヒドリド塩を形成するが、それらのヒドリド塩がみなそうであるように(反応しない)、には不溶である。 乾燥剤としての利用 [編集 ] 水素化カルシウムはと以下のように反応する。 水素化カルシウムは比較的マイルドな乾燥剤なので、金属やに比べて安全である。 類やのようなの溶媒の乾燥に広く用いられている。 より反応性の高い乾燥剤を使う前のプレ乾燥にも用いられる。 欠点 [編集 ] 水素化カルシウムは確かに便利であり頻繁に使用される乾燥剤であるが、いくつかの欠点がある。 (反応しない)有機溶媒には不溶のため、系溶媒に可溶な LiAlH 4 などと比べて乾燥速度が遅い。 水素化カルシウムと水酸化カルシウムは見た目でほとんど区別が付かないので、水素化カルシウムの試料の質が視覚的に判断できない。 水素化カルシウムは溶媒中に溶解したを除くことはできないので、溶媒の脱気には使えない(cf. とを用いた方法)。 脚注 [編集 ]• Wells, A. 1984 Structural Inorganic Chemistry, Oxford: Clarendon Press. ISBN 0-19-855370-6. Gawley, R. ; Davis, A. "Calcium Hydride" in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis Ed: L. Paquette 2004, J.

次の

乙3(乙種第3類危険物)アルカリ/土類金属対策ノート -危険物試験 勉強方法 マスターノート

水素 化 カルシウム

生体情報 物理化学情報 密度 1. 注意喚起語 危険 保管分類 4. 3 水に触れるとフリー引火性ガスを誘発する危険物 WGK WGK 1 やや水を危険にする 廃棄について 26 Alkali and alkaline-earth metals should be taken up in an inert solvent and neutralized by adding 2-propanol Cat. 100995 dropwise with stirring. Should the reaction be more violent than expected, conversion should be carried out with tert-butanol or octanol. Caution: This reaction produces hydrogen, which can form explosive mixtures; take necessary precautions. When the reaction has ceased, add water dropwise; neutralize; container D. In the case of alkali or alkaline-earth borohydrides, add methanol Cat. 106008 with stirring; in the case of alkali or alkaline-earth amides and hydrides, organoaluminium and organotin hydrides, add 2-propanol Cat. 100995 dropwise. The substances, which are usually in solid form, should be previously suspended in an ether! When the respective reaction has ceased, hydrolize with water; then neutralize. Container D or E. Lithium aluminium hydride must also be destroyed by slurrying in an ether. Under an inert gas and with thorough stirring, add dropwise a 1:4 mixture of ethyl acetate Cat. 822277 and the ether used to prepare the slurry. Always ensure thorough mixing stirring! Container A. 安全性情報 有害性のシンボルマーク Flammable 危険区分 引火性が高い R フレーズ R 15 水と接触すると、引火性のきわめて高いガスを放出する。 皮膚や眼への接触を避けること。 火災の場合は、クラスDに応じた消火設備を使用すること。 パッケージ情報 輸配送情報 輸送方法(鉄道及びトラック)ADR、RID UN 1404 , 4. 3, I 輸送方法(航空便)IATA-DGR UN 1404 , 4. 3, I 輸送方法(船便)IMDGコード UN 1404 , 4.

次の

水素を現場で必要なだけ作り、発電する時代がやってきた。――大地震など災害に備え、いま注目の「固体水素源型燃料電池」とは(前編)

水素 化 カルシウム

今回、開発した触媒は既存の触媒を凌駕する性能で、CO 2排出ゼロを実現• 原教授らはCaFHが低い温度で電子を与える力が強いことに着目し、その学理を低温でアンモニアを合成する触媒の開発に繋げた。 アンモニア生産の大幅な効率化だけでなく、自然エネルギーを使った温室効果ガスのCO 2排出ゼロにつながることが期待される。 従来のアンモニア生産を自然エネルギー発電と繋げても発電量の大半はアンモニア生産に費やされ、十分な水素を作れない。 水素と窒素からのアンモニア合成の温度を大幅に下げる触媒の開発はCO 2排出ゼロのアンモニア生産への道を開く成果である。 本研究成果はネイチャーコミュニケーションズ( nature communications)オンライン速報版に4月24日に掲載された。 人類が最も多く生産する化学物質で、年間1億7千万トンに達する。 このように、人類にとって重要なアンモニアだが、地球温暖化とともにその生産が大きな問題となっている。 それは、どこから水素を得るかということである。 現在、アンモニアの原料となる水素は天然ガス、石炭、石油といった化石資源を燃やして生産している。 人口が増え続ける限り、化石資源が枯渇するまで、アンモニア生産に伴うCO 2排出は増え続けることになる(図1)。 人類社会を支えるアンモニア生産と問題 CO 2の排出なしに、アンモニアを生産する方法として、自然エネルギー発電の利用が考えられてきた(図2)。 風力や太陽光発電によって水を電気分解すれば、CO 2排出なしにクリーンな水素を得られる。 この水素を原料にすればCO 2排出なしに、そして化石資源の枯渇に怯えることなく、人類はアンモニアを手に入れることができる。 しかし、この手法には大きな問題がある。 電力で高温を生み出すには、かなりのエネルギーが必要になる。 これは、自然エネルギーの発電量の大半を水素と窒素からのアンモニア生産に消費され、水の電気分解による水素生産に回せる電力が足りなくなるという本末転倒の結果になりかねない。 自然エネルギー利用のアンモニア生産のシナリオを可能にするには、水素と窒素からアンモニアを合成する触媒の作動温度を大幅に低下させることが求められている。 図3にアンモニア合成触媒の温度とアンモニア合成速度の関係を示す。 砂糖を水に入れるより、お湯に入れた方が早く溶けるように、アンモニア合成速度も温度と共に速くなってくる。 これまで、高い温度で高い性能を発揮する触媒は、低い温度でも、相応の高い性能を発揮すると考えられていた。 しかし、これでは高温での合成速度は速くなるが、低温での合成速度は速くはならず、大幅な低温化は実現できない。 こうすれば、低温領域のアンモニア合成が著しく高くなるはずだが、これまで成功した事例はなかった。 金属への電子供与による窒素分子の分解加速 しかし、遷移金属だけの電子供与は不十分であり、この電子供与をブーストするため、アンモニア合成触媒には金属に電子を与える物質、すなわち、電子供与材料が組み込まれている。 100年以上も前から現在までアンモニアの大量生産に使われている鉄触媒では酸化カリウム(K 2O)がこの電子供与材料に当たる。 そこで、ありふれた脱水材「水素化カルシウムCaH 2」に着目した(図5)。 この状態の電子はアルカリ金属並みの電子供与能(大きなイオン化傾向)をもつため、この電子で遷移金属の電子供与をブーストすればN 2分子は窒素原子まで分解できる。 そこで、原教授らは大学の1年次で基礎として学ぶ古典的な学理を利用することにした。 実際に合成したCaFHでは室温程度からヒドリドイオンが水素分子として抜けることが確認された。 この触媒はCaFHの下地(灰色)に直径数ナノメートルのRuナノ粒子(白色)が接合した固体材料である。 実際、室温でもこの触媒は窒素分子からアンモニアを合成していることが分光法によって確認された。 この触媒はCaFHの下地(灰色)に直径数ナノメートルのRuナノ粒子(白色)が接合した固体材料である。 実際、室温でもこの触媒は窒素分子からアンモニアを合成していることが分光法によって確認された。 まず、室温程度でCaFHから水素原子が抜け、電子を残していく。 この状態でCaFHは金属カリウムと同等の強い電子供与力をもち、Ruへ強く電子を与える(図7下)。 この状態のRuに窒素分子N 2が接触すると、N 2は直ちにN原子まで分解する。 Ru表面には水素分子H2の分解によってH原子が生成しているので、窒素原子と水素原子は直ちに反応して、アンモニアNH 3が生成する。 この過程は室温でも進行することが明らかになった。 「0に何をかけても0にしかならない」からだ。 CaFHは物質として既に知られていたが、材料として使われたことはない。 しかし、このようなCaFHを触媒に使っても、そのアンモニア合成速度は低い。 高温で長時間の加熱がCaFHの焼結を進め、表面積が小さくなってしまうためだ(1 gのCaFHの面積は1 平方メートル未満)。 この方法で合成した1 gのCaFHの面積は30平方メートルに達する。 活性化エネルギー : 反応を進めるために必要なエネルギー。 水素と窒素からアンモニアが生成する反応は発熱反応であり、丘の頂上から平地に下る反応である。 しかし、丘の頂上は目に見えない塀で囲まれており、この塀を乗り越えないと丘を下ることはできない。 この塀の高さが活性化エネルギーである。 当然、塀の高さ、即ち活性化エネルギーが低い触媒ほど、反応が進みやすい。 活性化エネルギー : 反応を進めるために必要なエネルギー。 水素と窒素からアンモニアが生成する反応は発熱反応であり、丘の頂上から平地に下る反応である。 しかし、丘の頂上は目に見えない塀で囲まれており、この塀を乗り越えないと丘を下ることはできない。 この塀の高さが活性化エネルギーである。 当然、塀の高さ、即ち活性化エネルギーが低い触媒ほど、反応が進みやすい。

次の