日本 人 入国 規制。 【コロナ:世界の動きまとめ】日本政府、入国規制緩和40カ国以上と協議を進める。PCR検査導入でビジネス渡航再開へ

【特集】日本政府、入国規制の緩和は3段階で実施する方向か 足元では入国拒否を 111 カ国に拡大

日本 人 入国 規制

モスクワは日本人についての規制はありませんが、感染拡大地域から到着した場合は、14日間自主的隔離が義務付けられています。 以下在ロシア日本国大使館からのメール抜粋。 1 5日付でモスクワ市が発出した市長令では「中国、韓国、イラン、フランス、ドイツ、スぺイン及びその他感染が拡大状況にある国から到着した市民は到着から14日間、自宅などで自主的に隔離する措置を義務付ける(職場、学校には行かず、公共の場所へ行くことを最小限にする)」としており、自主的に健康状態を観察するよう呼びかけています。 また、モスクワ市内の雇用主には、高熱の従業員が職場にいるという状態を避け、職場において従業員の検温を行うよう求めています。 市長令: 2 モスクワ市に確認したところ「本日時点で日本は『感染が拡大状況にある国』に含まれておらず、また、自主的な隔離措置は罰則を伴うものではないが、感染防止措置の一環であることを理解いただきたい」としています。 また、モスクワ市が設置したホットラインでは英語での対応も行っており感染が疑われるような症状が現れた際などには電話してもらいたいとしています。 4.モスクワ市内においては,ロシア入国時の検疫で自主的な隔離を求められたにもかかわらずに外出している外国人を取り締まるために,地下鉄駅などでパスポートの提示を求められることが多くなっていますので,外出時は必ずパスポートを携行してください。 また,提示を求められた際には日本国籍であることを強調してください。 新型コロナウイルスの潜伏期間が14日間とされているため,必要であれば,ロシア入国印のある頁も提示してください。 5.ロシア入国時に発熱している場合はもちろん,自身が発熱していなくとも,感染が疑われる渡航者と同じフライトに乗り合わせた等の理由により検疫を受け,実際に隔離された日本人の例も出ています。 隔離された場合には遠慮することなく,速やかに下記電話番号までご一報ください。 夜間,週末でも音声案内にそって操作すると日本語オペレーターが対応します。 unquote.

次の

日本人・韓国人飛行便入国者は共に僅か5人!「日本発」入国規制国は90か国、「韓国発」は107か国!(辺真一)

日本 人 入国 規制

『韓国政府が求める入国規制緩和 日本が原因で出来ない?』 感染症第二波で混乱する韓国に対して日本は簡単には入国規制を緩和する気は無く、 両国間の入国規制はいまも続いている状態ですが、その状況を韓国側は納得いっていないみたいです。 そのため、いつもの方法で日本に規制解除を急かしてきていますが、韓国国民の間では入国に反対の声が… 日本感染確定者急減…韓経済人入国制限緩和するかどうかに注目 まずは聯合ニュースより、制限解除の展望について、 日本で感染症の確定者が急激に減少し、韓国人の入国制限を緩和するかどうかが注目されています。 韓国政府の発表、日本メディアの報道、韓日関係筋の説明などを総合すると、 韓国・中国の両国政府は、感染症が拡散した中、実施中の入国制限を経済などについて 部分的に緩和する案を最近、日本政府に打診した。 日本政府は、国内の感染症拡散の広がりを収拾させることが優先であり、 相手国の感染症の状況をはじめとする諸情報を鑑みて、 入国制限の緩和を断行するかを決定するという立場である。 これと関連し毎日新聞は、日本政府が韓国などに対してビジネス上の訪問者や研究者などの 入国制限を緩和する案を検討中だと18日報道した。 日本と相手国の感染拡散状況を見て韓国、中国、米国などを念頭に、 入国制限の緩和の時期などを判断するというものである。 このような中で、日本の一日当たりの新規感染者が17日、27人を記録し、 2ヶ月ぶりに30人未満になって入国制限に対する日本政府の判断に注目が集まっている。 日本政府は21日、東京都など8つの都道府県の緊急事態を解除するかどうか検討する予定である。 日本国内の緊急事態がすべて解除されると入国規制が緩和する可能性が一段と高まったと見られます。 日本政府の報道官である菅義偉官房長官は18日の記者会見で、 「往来を再開するためには、まず日本の感染拡散の収束が必要である。 同時に外国に行くのが安全か否か、相手国の感染状況など、 複数の状況を勘案し、適切な時点で総合的に判断したい」と語った。 茂木敏充外相は、入国制限を緩和した場合、コア人材、専門家などがまず対象となり、 観光客などの一般の入国許可は、はるか後に行われると15日の記者会見で予想した。 日本メディア「政府、韓国など段階的入国許可の検討に着手」 続いて韓経ドットコムより、制限解除しないのは日本が原因という内容について、 日本政府が韓国と中国などに対して、事業と研究目的の訪問は制限的に認める案を検討し始めた。 経済活動を再開する為に往来を許可してほしいという日本企業の要請が増えたことを受け、 「国内新感染症収拾が優先」という慎重論から一歩退いたとみられる。 毎日新聞は18日、日本政府が韓国と中国、米国など10カ国を念頭に置いて、 事業と研究目的に限って入国を許可する案を検討していると報じた。 事業目的で韓国と中国を往来出来る様にして欲しいという日本企業の声が高まった。 自国民に対するPCR検査能力も不足している状況で、 外国人入国者まで検査する余力がないという点も、 日本が韓国と中国の提案を受け入れられない背景だと日本のマスコミは分析した。 一方、韓国は12日、日本政府が輸出規制の名分として掲げた貿易管理制度の不備を すべて整備したので、今月末までに日本政府が答えるよう求めた。 この為、日本が韓国に対する入国と輸出規制を同時に緩和する可能性もある。 【この記事に対する私の見解】 感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言についてですが、 期限である今月末まで10日あまりと迫り日本政府は感染抑止目的で 講じている入国制限の緩和を様々な観点から検討し始めています。 これは重い課題であり、日本国民からすると慎重に検討してもらいたい事案ではあります。 大きなダメージを受けた経済の立て直しに対外交流の再開は急務といえますが、 水際対策が功を奏して感染者が減少してきたと考えると新たな感染者が流入するリスクを伴います。 茂木外相は5月15日の会見において入国制限の緩和について言及しました。 「往来の再開には、まず日本での収束が最優先。 第二波が押し寄せいてる国もあり、 さまざまな情報を総合的に勘案して検討したい」と発言していました。 緩和の優先対象となる人材を個々に判断し、渡航による国益を鑑みて判断すると指摘しました。 そもそも貿易立国で、インバウンドが成長戦略の一翼を担っており、 来年には延期したオリンピック・パラリンピックの開催を予定している日本にとって、 対外交流の早期再開は他国より課題としては優先的に考えられます。 ある政府関係者は「鎖国状態を延々と続けるわけにもいかない。 」と焦りを見せてもいます。 日本と経済的に避けては通れない近隣諸国、特に韓国や中国からは入国を求める動きが出ています。 政府関係者によると、経済活動活性化を目的に入国制限の撤廃を望む声が寄せられているそうです。 中国では日本側に、日本国内での新規感染者の減少などを前提に入国を認める措置を提案しています。 中国は韓国に対しては5月からPCR検査の受診を絶対条件として、 シャンハイやテンシン、チョンチンなどへビジネス目的での入国を許可している状況です。 確かにそういう流れになってきてもおかしくはない状況にはなってきました。 ただ、3月に入国制限を延長した際に猛反発をした韓国には少し釈然としない思いがあります。 あの時あの理不尽な要求を受け入れていたら今どうなっていたでしょうか? 世界的拡大が広がり、流石の韓国政府もそれ以降は大きな声で要求はしてきませんでした。 感染の泥沼に引きずり込もうとした行為をそうそう忘れられるものではありません。 また、あちらの捉え方では、この入国制限について緩和が遅れているのは、 日本の対応能力のせいだとされているのは黙っていられません。 海外での経済活動を一秒でも早く再開させたい韓国お決まりの手法と言うところで、 輸出管理の返答に対しても、命令口調で圧迫してきていますが、 本当にこの国は物を頼む際にマウントを取らないと気が済まないのでしょうね… しかし、感染リスクを避ける上で、韓国の対応にはヒントも隠されています。 同国は既に、陰性である国民に「陰性証明書」を携行させ、非感染者であることを証明し、 その上でPCR検査で再度陰性が証明されれば、入国を許可するというような措置を始めています。 ただし、こういった対応も安全かと言われると、感染の再発や検査の精度など、 必ずしもリスクを排除できるという物ではないという懸念が出てきています。 今、アジアでは感染者の増加が落ち着いてきたところなので、 ここは焦らずに、あと一歩我慢するべきではないかと私は思います。 韓国が求めてきている入国制限緩和だというのに、自国は万全で日本は危険という目線です。 韓国政府が上手く扇動してきた成果が見事に出ており、自国に対してブーメランになっていますね。 外需が命綱となっている韓国では、一刻も早く国外での経済活動を再開させたくて仕方ないのに、 自国民がその動きに対する最大の障壁となっているのは呆れるほかありません。 国民からすれば、あこぎな海外諸国が無理をして韓国にたかってきてると見えてるのでしょうね… この状態で入国規制を解除すると、感染の再発などが発生した場合、 全て責任をなすりつけられ、徹底的に叩いてくる姿が安易に想像できます。 この国民の声を考慮すると、韓国の提案には軽々しく乗って欲しくはありません。 ナイトクラブで発生したクラスター感染の件を見ても完全に封じ込めているとは言えない状況です。 当面は相手国の感染状況を見極めつつ、慎重かつ手探りの対応をお願いしたいものです。 そうしないと、いらぬ厄介ごと迄日本のせいだとされかねません。

次の

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年6月26日09:00時点)

日本 人 入国 規制

入国規制緩和、まずベトナムから 日本政府は現在行っている入国規制に関して、かねてから対象国を絞って段階的に規制を緩和する取り組みを調整していました。 6月19日にベトナムと相互に規制緩和をすることで合意がされたとのことです。 茂木敏充外務大臣は23日の記者会見で次のように述べました。 今月25日から3日間、日本からベトナム行きの臨時便が運航されることになった。 日本人駐在員や出張者、およそ440人が渡航する予定で、両国間の合意後、初めての渡航になる。 上記の通り、まずはビジネス関係者ら約440人が対象となります。 臨時便は25日から27日に3便に分けて運行される予定です。 日本からベトナムへ入国した後、渡航者はPCR検査を受け、現地のホテルで14日間の隔離がされる予定です。 またベトナムから日本への帰国も同様ですが、活動計画書の提出などを条件に2週間の行動制限を緩和する方針です。 <参照> VIETJO: 日本経済新聞: NHK NEWS WEB:.

次の