千と千尋の神隠し 主題歌 歌詞。 千と千尋の神隠し「いつも何度でも」歌詞の意味と秘密。木村弓と覚和歌子の現在

千と千尋 歌詞 いのちの名前

千と千尋の神隠し 主題歌 歌詞

スタジオジブリ最大のヒット作となった『千と千尋の神隠し』のエンディングテーマ、木村弓の「いつも何度でも」はハイトーン・ヴォイスが特徴的な楽曲だ。 宮崎駿作品のファンだったという木村弓が『もののけ姫』に大きな感銘を受け、いてもたってもいられなくなって、宮崎監督に自らが歌ったCDを添えた手紙を出した。 それに対して宮崎から、「今企画中の作品があるが、まだどうなるかわからない。 実現するときには、声をかけるかもしれません」という旨の返事が届いたという。 その企画は『煙突描きのリン』というタイトルで、度重なる大地震で瓦礫の街と化した東京を舞台に、銭湯に居候することになった画家志望の少女、リンを主人公とするものだった。 ある日、「いつも心踊る夢を見ていたい」というフレーズが浮かんだ木村弓は、そのフレーズこそ、悲惨な状況でも負けずに夢に向かって進む少女にふさわしいと感じて、詩人の覚和歌子に歌詞を書いてもらうことにした。 そして生まれたのが「いつも何度でも」だった。 さっそく音源を宮崎に送ったが、残念ながら『煙突描きのリン』の企画が実現せずに流れてしまう。 しかし楽曲を気に入っていた宮崎は、次の作品の作業を進める際に「いつも何度でも」をよく聞いていたという。 その作品こそは『千と千尋の神隠し』だった。 『千と千尋の神隠し』にも風呂が重要な舞台として登場し、主人公の千尋にはリンと共通する芯の強さがあった。 『煙突描きのリン』の息吹が、残されていたのである。 宮崎監督はエンディングテーマとして、「いつも何度でも」を映画に採用することを決める。 その知らせが木村弓に届いたのは、すでに予告編が公開された後だったので、とても驚くと同時に不安にかられたという。 だが、実際に映画が公開されると大好評で社会的な大反響を巻き起こし、やがて日本映画史上最大の興行記録を打ち立てた。 「いつも何度でも」から始まった宮崎との縁は、次回作となる映画『ハウルの動く城』にまで続くことになった。 木村弓は詩人の谷川俊太郎とのコンビで、倍賞千恵子が歌った主題歌「世界の約束」を作曲したのである。 参考サイト:.

次の

千と千尋の神隠し「いつも何度でも」歌詞の意味と秘密。木村弓と覚和歌子の現在

千と千尋の神隠し 主題歌 歌詞

「千と千尋の神隠し」は、2001年に公開された宮崎駿監督のジブリアニメです。 興行収入は300億円を超え日本歴代興行収入第1位、アカデミー長編アニメ映画賞も受賞し、日本中の人がよく知る大ヒット映画となりました。 この日本中の人がよく知っているジブリアニメ「千と千尋の神隠し」は、海外でも人気の高いジブリアニメの一つです。 ・第52回ベルリン国際映画祭金熊賞 ・第30回アニー賞掌編アニメ映画監督賞、脚本賞、音楽賞 ・第68回ニューヨーク映画批評家協会賞アニメ映画賞 ・第28回ロサンゼルス映画批評家協会賞アニメ映画賞 ・ナショナル・ボード・オブ・レビューアニメ部門賞 と海外の多くの賞を受賞しています。 銭湯や神様といった日本の文化や考え方に触れることができ、その価値が評価されていると思われます。 「千と千尋の神隠し」は、10歳の少女千尋が思いがけず迷い込んでしまった八百万の神様の不思議な世界で、周りの人に支えられながら、たくましく成長していくファンタジー物語です。 千尋のモデルとなったのは、スタッフの子供である10歳の少女だそうです。 その少女は宮崎駿監督の「小さな友達」であり、「小さな友達」との出会いが、10歳の子どたちに向け、少女がたくましく生きる姿を描きたいという思いを沸き起こさせたそうです。 たくましく生きること、人を思いやること、家族を大切にすること、自分を大切にすること。 この物語の中には、子どもたちに伝えたいメッセージがたくさん詰まっているように思われます。 子どもだけではありません。 映画を見た大人も、童心に返り、きっと心を打たれるでしょう。 それが宮崎駿監督の映画がどの世代にも受け入れられる所以だと思われます。

次の

千と千尋の神隠しの歌にこんな裏話が?【いつも何度でも】

千と千尋の神隠し 主題歌 歌詞

画像引用元 やがて街には明かりが灯り始め、得体の知れない者が動き出しました。 いつの間にか豚に変わってしまった両親に恐怖を感じ、どうにか逃げた千尋も指先から消えてしまいそうになります。 そんな少女を助けてくれたのは、同じ年頃の少年・ハク。 ハクは、この世界で生きるためには仕事を持つ必要であることを少女に教えます。 そして「油屋」という神々が疲れを癒すために訪れる湯屋で働くようにと助言。 少女は少年から聞いた通りに窯爺を訪ね、仕事の契約をしてもらうために油屋の主人である湯婆婆の元へ連れて行かれます。 1人で湯婆婆の前に出された少女は、名前を奪われて「千」という名で油屋で働くことに。 奇妙な世界に迷い込んだ少女は、果たして両親とともに元の世界へ帰ることができるのか、不思議な冒険が始まります。 実力派俳優たちの声の演技がすごい! 画像引用元 『千と千尋の神隠し』には、多くの個性的なキャラクターが登場します。 このキャラクターたちがとても魅力的に映るのは、声を当てた俳優陣の高い演技力も大きな理由の1つでしょう。 千尋役を演じたのは、女優・柊瑠美。 すでに女優として活躍していた柊瑠美は、今作が初の声優作品でしたが、難しい少女の微妙な心の変化を見事に表現して評価されました。 謎の少年・ハク役を演じたのは、声優・入野自由。 13歳の時にオーディションでハク役を射止め、当時声変わりをしたばかりだったという声で魅力的に演じました。 湯婆婆と銭婆の双子の姉妹役を演じたのは、女優・夏木マリ。 インパクトのある役どころかつ性格が全く異なる二役を演じ分け、強烈な印象を残しました。 湯婆婆の息子で巨大な赤ちゃんの坊役を演じたのは、俳優・神木隆之介。 いまやアニメ映画の声優としても引っ張りだこですが、当時8歳で配役された坊の声の演技ですでに存在感を放っています。 このようにあえてプロの声優を多用せず、俳優をキャスティングすることで知られる宮崎駿監督。 映画『千と千尋の神隠し』でもセリフが少ない役に大物俳優を起用するなど、意外なキャストが名を連ねています。 独特な風景の中に見る少女の成長物語 画像引用元 映画『千と千尋の神隠し』が観る人を引き込むのは、異国のような風景に非日常感があるから。 千尋が駆け抜けた街並みも、見下ろした油屋の雰囲気も独特で、多くの人が見入ったのではないでしょうか。 その景色は、ファンの間で台湾の九份 きゅうふん と似ていると話題になりました。 九份は、真っ赤な提灯と石畳の階段が伸びるノスタルジックな風景で知られる小さな街。 明かりが灯る幻想的な夜の景色は、まさに『千と千尋の神隠し』の世界観と酷似しています。 和と洋を織り交ぜた色彩豊かでどこか懐かしい景色に、インパクトの強いキャラクター。 映画『千と千尋の神隠し』では印象的なシーンが多く、一瞬も見逃せな細やかな映像美に心が奪われます。 映画『千と千尋の神隠し』では、心地良い音楽も印象に残ります。 その代表格が、木村弓が歌う主題歌『いつも何度でも』。 実はこの曲は『千と千尋の神隠し』のために作られた曲ではありません。 ジブリ映画のファンで、宮崎駿監督にCD付きのファンレターまで送った木村弓。 直々に伝えられた企画途中の「煙突描きのリン」という作品からイメージを膨らませ、宮崎駿監督に送った曲が『いつも何度でも』でした。 結局「煙突描きのリン」は幻の作品となりましたが、次作として制作された『千と千尋の神隠し』での起用が決まったのです。 『いつも何度でも』は、ハープの優しいメロディと木村弓のゆらぎをもつ繊細な歌声が、美しいハーモニーとなって心に沁み込んでいきます。 そして歌詞は、変わらない現実の中でも必ず希望が見つかることを教えてくれるでしょう。 深い意味を持つこの曲が『千と千尋の神隠し』をイメージした映像とともに流れるエンドロールは、胸がいっぱいになるような余韻を与えてくれます。 テーマソング「いのちの名前」も必見.

次の