皇室 ブログ。 皇室ブログ天皇皇后反日皇室出ていけ韓国人

皇室ブログ 野火

皇室 ブログ

本日11月14日、皇居では新天皇の大嘗祭がとりおこなわれます。 同儀式は室町時代に一旦途絶えたものの、江戸時代に幕府の許可の下で復興されたそうです。 秘儀とされてきたためにその始終は詳らかではなく、古くから伝わる伝統には常々謎があるものなのです。 そして、現代にあっても天皇家は謎に満ちているように思えます。 本ブログでも、ここ数日にわたりまして日本国の未来ヴィジョンの観点から天皇の位置づけ等の問題について記事を認めてきたのですが、読者の方からいただいたコメントの中に、天皇家とロックフェラーとの密約に関する情報がありました。 本日の記事では、同密約について考えてみたいと思います。 天皇家とロックフェラーとの密約とは、ロックフェラーが100年間皇室を維持することを約したと言うものです(皇室なのか、天皇と云う位なのかは分からない... 天皇家とロックフェラーとの密約説について 戦後における現行の日本国憲法の制定により、天皇の役割は大きく変わることとなりました。 GHQの草案を下敷きにしているとはいえ、天皇は政治的権能を有さないとされ、形ばかりの国事行為を残しつつも、実質的な明治来の統治機能を失ったのです。 ここに権力と権威が切り離され、日本国の国制は、幕末まで続いていた権力と権威が分離する伝統的な二元体制に戻ったのです。 明治憲法では天皇に対して統治権を総攬する権能を認めていましたので、当時の国制は一元体制と言うことができます。 明治維新に際し、西欧諸国の立憲君主制を模して導入された国制が、戦勝国の手によって明治以前に回帰したのですから、それが意図せぬ出来事であったにせよ、歴史の皮肉とも言えましょう。 そして、この二元体制への復帰が天皇と政治における民主主義との調和をもたらしたのであり、この点... 統合の象徴と天皇の人格 新天皇の即位を機にして、女性天皇の即位や女系天皇の容認、さらには女性宮家の創設案も再浮上しているようです。 これらの問題は、主として性差別の解消に焦点を当てた議論なのですが、皇族をめぐっては、性差別のみならず様々な差別が絡んでいます。 長子とそれ以外の子供達との間の差別に加え、実のところ、身分差別の問題も軽視はできないように思えます。 天皇とは、今日の日本国憲法下において唯一特定の個人に対して公的に認められている特別の地位です。 つまり、前近代における大半の国家がそうあったように、天皇にあっても機能と身分が一体化しており、それは世襲として特... 皇族と平等-身分から公職へ 先月10月22日、日本国では新天皇の即位の礼がとりおこなわれました。 この件については政府もマスメディアも何故か詳しくを語ろうとしません。 触れたくない話題のようにも見えるのですが、アメリカの皇室に対する冷たさにはどのような意味が込められているのでしょうか。 即位の礼への出席を見送ったペンス副大統領は、僅か3日後の10月25日に、トーンは落としてはいるものの、昨年に引き続き厳しい対中批判の演説を行っています。 アメリカの皇室軽視の意味とは? ネット上のニュース記事を読んでおりましたところ、見慣れない表現が目に留まりました。 今まで国賓に対してこうした言い方がされているのを見たことがなく、どこか違和感があったからです。 令和への改元以来、即位したばかりの新天皇の権威を高めるためなのか、政府やマスメディアなどの対応には、何気ないところで全体主義的な手法が混ぜ込まれているように思えます。 さりげなく表現や扱いを同調圧力が働く方向に操作したり、虚飾を施す方法は、マスメディアが世論を誘導する際に用いるステマ的な常套手段でもあります。 記事そのものは、横柄、かつ、覇権主義的な中国のトップを、多額の... しかしながら、この態度はどこか矛盾していますし、日本国民に対していささか高飛車のようでもあります。 しかしながら、神社の修繕等の際に行われるように、神事によって皇祖の御霊を一時的に他所に移すこともできますので、この説明は説得力に欠けております。 矛盾と申しますのは、天皇陵の指定は明治期に行われているために間違いが多く、それこそ皇霊を蔑にしておりますし、高飛車と申しますのは、天皇陵は、皇室の私的財産でも宮内庁の独占物でもなく、日本国民の共有財産であるからです。 国民には知る権利がありますので、自らの来歴を知ることも国民の重要な権利の一つです。 この点、天皇... 天皇陵発掘調査とDNA鑑定の意義 メンデルによる遺伝の法則の発見は、人類が生命の不思議を解明する入口に立つと共に、社会の在り方にも多大なる影響を与えることとなりました。 その衝撃性において、メンデルはダーウィンにも優るかもしれません。 何故ならば、遺伝学上の見地は、世襲に関する伝統的な考え方を覆してしまったからです。 日本国の皇統に関しても例外ではなく、以下に述べるような問題を提起しています。 このことは、側室を母とする大正天皇のように、戦後の正田家からの入内以前に遡って皇統が希薄化... 皇統と合理主義-遺伝学の衝撃 本日、10月22日、皇居では即位の礼が行われました。 昭和や平成時の代替わりとは違い、様々な情報がネット空間を飛び交う今日にあって、少なくない国民が皇室の在り方に不安や違和感を覚えているようにも思えます。 知っているのか、知らないのかによって、物事に対する判断は正反対になることもあるからです。 特に重大となるのは、皇統の問題です。 本記事では、今後の議論のために、皇統問題について一先ず整理を試みたいと思います。 日本国の公式の見解であり、天皇の存在意義、並びに、正統性を説明する際に唱えられてきたのが、所謂万世一系論です。 皇統とは、天照大神に由来する神聖なる血統を意味します。 皇位継承法に変遷はあったとしても、神武天皇以降の歴代天皇が今日に至るまで絶えることなく父系の血脈として天照大神の血統を引き継いでいるとする点が、皇位の... 理論にあっても、カール・マルクスの著書をひっくり返して探してみても、少なくとも明示的には世襲王朝を認める根拠を見出すことはできません。 共産主義と世襲王朝は人々が一般的に描くイメージとしては水と油のような関係なのですが、現実は、そうとばかりは言えないようです。 カンボジアでは北朝鮮兵がシアヌーク殿下の護衛を任されていたことはよく知られていますが、序列社会である点において、案外、両者は共通しているのかもしれません。 民主的選出制度なき共産... 皇室をサポートする中国の不思議 近代以降、メビウスの輪戦略は、世界各地で猛威を振るってきたように思えます。 進化しているように見えて退行し、善のはずが悪に落ちているという…。 もちろん、意図せずして逆の結果を招くのも世の常なのですが、意図的に逆の方向に誘導する手法は悪意のある詐術という他ありません。 そこで、人類は、自らを救うためには、まずはこのメビウスの輪を解く方法を見つけ出す必要があります。 そこで本記事では、22日の即位の礼を前にして、皇室における伝統と革新についてメビウスの輪から考えてみたいと思います。 明治維新を思い起こしますと、そこにも、メビウスの輪の可能性を見出すことができます。 王政復古の大号令と共に敢行された明治維新は、古代の国制への回帰という復古主義を看板に掲げながら、その実、日本国を西欧化して近代化させる大変革となりました。 英語では... メビウスの輪を解く方法とは?-皇室の伝統と革新 天皇と神道との繋がりについては、しばしば批判的な意見が見受けられます。 そこで、本記事では、天皇をとりまく宗教事情の問題について扱いたいと思います。 仏教伝来以来、天皇は仏の道にも帰依しており、聖徳太子の『十七条憲法』には「篤く三宝を敬え三宝とは仏法僧なり」ともあります。 京都の泉涌寺は皇室の菩提寺としても知られ、明治以前にあっては、皇族は仏教徒でもあったことは紛れもない歴史的な事実です。 一神教ではなく多神教国家、否、多宗教国家であった日本国では、海外から伝わる宗教であっても、善き教えは積極的に受け入れて国造りに生かしてきたのであり、飛鳥時代に遡っては、ネストリウス... 天皇をとりまく宗教事情の問題 皇族が何らかの公式行事に臨席する際には、参列者の人々はみな深々と頭を垂れてお辞儀をし、緊張した面持ちで敬意を表します。 この光景は、これまで違和感なく国民に受け入れられてきました。 しかしながら、皇室や宮内庁への特定勢力の侵食が進むにつれ、当然とされてきたこの構図は、その存立基盤を失いつつあるように思えます。 権威は、それが人々の間で自然に成立している間は、物理的な強制力を用いたり、多大なコストを払うことなく、あらゆる抵抗を廃する威力を発揮します。 権威を備えた人や団体は、心からの崇敬と厚い信頼を寄せられているため、人々の言動をも方向づけることができるのです。 権威者の一声で、長らく紛糾してきた物事が瞬時に決まってしまうケースも少なくありません。 軍事力を持たないローマ法王の仲介活動なども、国際社会にあって権威の力を存分に... 権威の脆さ-皇室の行方 最近の皇室報道を見ておりますと、その大半がパーソナルな行動に関するものが占めています。 皇族のひとりひとりの動向について逐次細かな報道がなされており、昨日も、さながら実況中継の如くに上皇后の手術の経過が報じられておりました。 その一方で、大型台風15号が日本列島に迫り、自然の脅威を前にして国民の多くは言い知れぬ不安に駆られていたのです。 マスメディアの皇室に関する報道ぶりには、全体主義化へと向かう気配さえ感じられます。 何故ならば、どこか、北朝鮮風味に思えるからです。 全国民は、常に金一族に関心を向けていなければならず、金一族の慶事には全身全霊で喜び、凶事には全身全霊で悲しまなければ... 皇室報道の違和感-天皇と災害 報道に依りますと、今年の10月22日に予定されている新天皇の即位の礼では、平成の前例と比較して大幅に海外からの賓客数が増えるそうです。 増加理由としては、日本国が承認している国の数が増えた点が挙げられていますが、承認国が劇的に増加したわけではありませんので、この説明には疑問符が付きます。 即位の礼のみならず。 最近、皇室の国際化が、既成事実を積み重ねつつ、急速に進められているように思えるのです。 秋篠宮家の皇族の外遊数も目立って増えており、先日は、初の海外訪問として悠仁さんのブータン旅行が報じられていました。 また、長女の眞子さんの異常なまでのブラジル訪問もどこか不自然です(後述する理由から、俗化した皇族にどこまで敬称を用いるべきか悩んでしまう…)。 皇室の主たる活動が国際交流となり、その場も海外に移ったかのようなのです。... yomiuri. htm 安倍首相が読売新聞との単独インタビューで語った外交方針は、第1次安倍内閣(2006年9月〜07年9月)当時に掲げた「価値観外交」を、厳しさを増す安全保障環境に応じてさらに発展させるものだ。 首相は国益重視の立場から、民主党政権で揺らいだ外交を早急に立て直す考えだ。 「自由、民主主義、基本的人権。 こうした価値観を共有する国との関係を深め、価値を広げていく。 この理念に変わりはない」 首相は28日のインタビューでこう語り、インドや豪州など価値観を共有する国と連携を強化する価値観外交の推進を強調した。 さらに「アジア情勢が緊迫している。 北朝鮮のミサイル、中国の海洋での振る舞いがある」とし、北朝鮮の問題に加え、沖縄県の尖閣諸島を巡る問題など中国の挑発的行動に懸念を表明。 「2国間関係だけをみるのではなく、地球儀全体を俯瞰 ふかん しながら戦略を考えるべきだ」と指摘した。 首相は言葉通り、28日には豪印露、インドネシア、ベトナムなどの首脳と相次いで電話で会談。 首相周辺は「これらの地域の大国を結ぶと、中国をすっぽりと取り囲む形になる」と解説する。 「中国包囲網」を連想させることで、中国に外交的な圧力をかける狙いもあったようだ。 Degrowth thinkers and activists advocate for the downscaling of production and consumption? the contraction of economies? as overconsumption lies at the root of long term environmental issues and social inequalities. Key to the concept of degrowth is that reducing consumption does not require individual martyring and a decrease in well-being. [2] Rather, 'degrowthists' aim to maximize happiness and well-being through non-consumptive means? sharing work, consuming less, while devoting more time to art, music, family, culture and community. [3] From Wikipedia• 日、豪、印、米で中国包囲網 安倍政権が掲げた「セキュリティー・ダイヤモンド構想」 2013. 東シナ海や南シナ海における中国の覇権拡大を牽制(けんせい)するため、日本とオーストラリア、インド、米国ハワイといった民主主義国家・地域が連携して、中国を囲い込む「セキュリティー・ダイヤモンド」構想だ。 これによると、安倍首相は、中国が尖閣周辺の日本領海に公船を進入させて、東シナ海の領有権を既成事実化しようとしていると指摘し、自由航行が保障されるべき海上交通路(シーレーン)の一部である南シナ海についても、「北京の湖」とするために要塞化を進めていると警告。 「南シナ海には核弾頭搭載ミサイルを発射可能な中国海軍の原子力潜水艦の基地とするのに十分な深さがある」「間もなく中国海軍の新型空母が頻繁に見かけられるようになる」「中国の周辺諸国を恐れさせる事態」などと記したうえで、中国の海洋覇権を防ぐために、日本とオーストラリア、インド、米国ハワイが、インド洋から西太平洋に広がる海洋権益を保護するダイヤモンドを形成すべきだ、と主張しているのだ。 この構想を進めるためか、岸田文雄外相は13日にオーストラリアに飛び、同国のカー外相と会談。 米国を含めた安全保障分野の協力を加速させる方針で合意した。 さらに、安倍首相は東南アジア歴訪の最後に訪れたインドネシアで18日、法の支配と自由で開かれた海洋の重視などを掲げた「日本外交の新たな5原則」を発表し、中国を強く牽制した。 注目の論文では、セキュリティー・ダイヤモンドを強化するため、英国やマレーシア、シンガポール、ニュージーランド、タヒチのフランス太平洋海軍との連携についても触れている。

次の

雅子さま秘密祭祀「ご遥拝・お慎み」暴露の宮内庁関係者へ厳重処罰か?

皇室 ブログ

本日11月14日、皇居では新天皇の大嘗祭がとりおこなわれます。 同儀式は室町時代に一旦途絶えたものの、江戸時代に幕府の許可の下で復興されたそうです。 秘儀とされてきたためにその始終は詳らかではなく、古くから伝わる伝統には常々謎があるものなのです。 そして、現代にあっても天皇家は謎に満ちているように思えます。 本ブログでも、ここ数日にわたりまして日本国の未来ヴィジョンの観点から天皇の位置づけ等の問題について記事を認めてきたのですが、読者の方からいただいたコメントの中に、天皇家とロックフェラーとの密約に関する情報がありました。 本日の記事では、同密約について考えてみたいと思います。 天皇家とロックフェラーとの密約とは、ロックフェラーが100年間皇室を維持することを約したと言うものです(皇室なのか、天皇と云う位なのかは分からない... 天皇家とロックフェラーとの密約説について 戦後における現行の日本国憲法の制定により、天皇の役割は大きく変わることとなりました。 GHQの草案を下敷きにしているとはいえ、天皇は政治的権能を有さないとされ、形ばかりの国事行為を残しつつも、実質的な明治来の統治機能を失ったのです。 ここに権力と権威が切り離され、日本国の国制は、幕末まで続いていた権力と権威が分離する伝統的な二元体制に戻ったのです。 明治憲法では天皇に対して統治権を総攬する権能を認めていましたので、当時の国制は一元体制と言うことができます。 明治維新に際し、西欧諸国の立憲君主制を模して導入された国制が、戦勝国の手によって明治以前に回帰したのですから、それが意図せぬ出来事であったにせよ、歴史の皮肉とも言えましょう。 そして、この二元体制への復帰が天皇と政治における民主主義との調和をもたらしたのであり、この点... 統合の象徴と天皇の人格 新天皇の即位を機にして、女性天皇の即位や女系天皇の容認、さらには女性宮家の創設案も再浮上しているようです。 これらの問題は、主として性差別の解消に焦点を当てた議論なのですが、皇族をめぐっては、性差別のみならず様々な差別が絡んでいます。 長子とそれ以外の子供達との間の差別に加え、実のところ、身分差別の問題も軽視はできないように思えます。 天皇とは、今日の日本国憲法下において唯一特定の個人に対して公的に認められている特別の地位です。 つまり、前近代における大半の国家がそうあったように、天皇にあっても機能と身分が一体化しており、それは世襲として特... 皇族と平等-身分から公職へ 先月10月22日、日本国では新天皇の即位の礼がとりおこなわれました。 この件については政府もマスメディアも何故か詳しくを語ろうとしません。 触れたくない話題のようにも見えるのですが、アメリカの皇室に対する冷たさにはどのような意味が込められているのでしょうか。 即位の礼への出席を見送ったペンス副大統領は、僅か3日後の10月25日に、トーンは落としてはいるものの、昨年に引き続き厳しい対中批判の演説を行っています。 アメリカの皇室軽視の意味とは? ネット上のニュース記事を読んでおりましたところ、見慣れない表現が目に留まりました。 今まで国賓に対してこうした言い方がされているのを見たことがなく、どこか違和感があったからです。 令和への改元以来、即位したばかりの新天皇の権威を高めるためなのか、政府やマスメディアなどの対応には、何気ないところで全体主義的な手法が混ぜ込まれているように思えます。 さりげなく表現や扱いを同調圧力が働く方向に操作したり、虚飾を施す方法は、マスメディアが世論を誘導する際に用いるステマ的な常套手段でもあります。 記事そのものは、横柄、かつ、覇権主義的な中国のトップを、多額の... しかしながら、この態度はどこか矛盾していますし、日本国民に対していささか高飛車のようでもあります。 しかしながら、神社の修繕等の際に行われるように、神事によって皇祖の御霊を一時的に他所に移すこともできますので、この説明は説得力に欠けております。 矛盾と申しますのは、天皇陵の指定は明治期に行われているために間違いが多く、それこそ皇霊を蔑にしておりますし、高飛車と申しますのは、天皇陵は、皇室の私的財産でも宮内庁の独占物でもなく、日本国民の共有財産であるからです。 国民には知る権利がありますので、自らの来歴を知ることも国民の重要な権利の一つです。 この点、天皇... 天皇陵発掘調査とDNA鑑定の意義 メンデルによる遺伝の法則の発見は、人類が生命の不思議を解明する入口に立つと共に、社会の在り方にも多大なる影響を与えることとなりました。 その衝撃性において、メンデルはダーウィンにも優るかもしれません。 何故ならば、遺伝学上の見地は、世襲に関する伝統的な考え方を覆してしまったからです。 日本国の皇統に関しても例外ではなく、以下に述べるような問題を提起しています。 このことは、側室を母とする大正天皇のように、戦後の正田家からの入内以前に遡って皇統が希薄化... 皇統と合理主義-遺伝学の衝撃 本日、10月22日、皇居では即位の礼が行われました。 昭和や平成時の代替わりとは違い、様々な情報がネット空間を飛び交う今日にあって、少なくない国民が皇室の在り方に不安や違和感を覚えているようにも思えます。 知っているのか、知らないのかによって、物事に対する判断は正反対になることもあるからです。 特に重大となるのは、皇統の問題です。 本記事では、今後の議論のために、皇統問題について一先ず整理を試みたいと思います。 日本国の公式の見解であり、天皇の存在意義、並びに、正統性を説明する際に唱えられてきたのが、所謂万世一系論です。 皇統とは、天照大神に由来する神聖なる血統を意味します。 皇位継承法に変遷はあったとしても、神武天皇以降の歴代天皇が今日に至るまで絶えることなく父系の血脈として天照大神の血統を引き継いでいるとする点が、皇位の... 理論にあっても、カール・マルクスの著書をひっくり返して探してみても、少なくとも明示的には世襲王朝を認める根拠を見出すことはできません。 共産主義と世襲王朝は人々が一般的に描くイメージとしては水と油のような関係なのですが、現実は、そうとばかりは言えないようです。 カンボジアでは北朝鮮兵がシアヌーク殿下の護衛を任されていたことはよく知られていますが、序列社会である点において、案外、両者は共通しているのかもしれません。 民主的選出制度なき共産... 皇室をサポートする中国の不思議 近代以降、メビウスの輪戦略は、世界各地で猛威を振るってきたように思えます。 進化しているように見えて退行し、善のはずが悪に落ちているという…。 もちろん、意図せずして逆の結果を招くのも世の常なのですが、意図的に逆の方向に誘導する手法は悪意のある詐術という他ありません。 そこで、人類は、自らを救うためには、まずはこのメビウスの輪を解く方法を見つけ出す必要があります。 そこで本記事では、22日の即位の礼を前にして、皇室における伝統と革新についてメビウスの輪から考えてみたいと思います。 明治維新を思い起こしますと、そこにも、メビウスの輪の可能性を見出すことができます。 王政復古の大号令と共に敢行された明治維新は、古代の国制への回帰という復古主義を看板に掲げながら、その実、日本国を西欧化して近代化させる大変革となりました。 英語では... メビウスの輪を解く方法とは?-皇室の伝統と革新 天皇と神道との繋がりについては、しばしば批判的な意見が見受けられます。 そこで、本記事では、天皇をとりまく宗教事情の問題について扱いたいと思います。 仏教伝来以来、天皇は仏の道にも帰依しており、聖徳太子の『十七条憲法』には「篤く三宝を敬え三宝とは仏法僧なり」ともあります。 京都の泉涌寺は皇室の菩提寺としても知られ、明治以前にあっては、皇族は仏教徒でもあったことは紛れもない歴史的な事実です。 一神教ではなく多神教国家、否、多宗教国家であった日本国では、海外から伝わる宗教であっても、善き教えは積極的に受け入れて国造りに生かしてきたのであり、飛鳥時代に遡っては、ネストリウス... 天皇をとりまく宗教事情の問題 皇族が何らかの公式行事に臨席する際には、参列者の人々はみな深々と頭を垂れてお辞儀をし、緊張した面持ちで敬意を表します。 この光景は、これまで違和感なく国民に受け入れられてきました。 しかしながら、皇室や宮内庁への特定勢力の侵食が進むにつれ、当然とされてきたこの構図は、その存立基盤を失いつつあるように思えます。 権威は、それが人々の間で自然に成立している間は、物理的な強制力を用いたり、多大なコストを払うことなく、あらゆる抵抗を廃する威力を発揮します。 権威を備えた人や団体は、心からの崇敬と厚い信頼を寄せられているため、人々の言動をも方向づけることができるのです。 権威者の一声で、長らく紛糾してきた物事が瞬時に決まってしまうケースも少なくありません。 軍事力を持たないローマ法王の仲介活動なども、国際社会にあって権威の力を存分に... 権威の脆さ-皇室の行方 最近の皇室報道を見ておりますと、その大半がパーソナルな行動に関するものが占めています。 皇族のひとりひとりの動向について逐次細かな報道がなされており、昨日も、さながら実況中継の如くに上皇后の手術の経過が報じられておりました。 その一方で、大型台風15号が日本列島に迫り、自然の脅威を前にして国民の多くは言い知れぬ不安に駆られていたのです。 マスメディアの皇室に関する報道ぶりには、全体主義化へと向かう気配さえ感じられます。 何故ならば、どこか、北朝鮮風味に思えるからです。 全国民は、常に金一族に関心を向けていなければならず、金一族の慶事には全身全霊で喜び、凶事には全身全霊で悲しまなければ... 皇室報道の違和感-天皇と災害 報道に依りますと、今年の10月22日に予定されている新天皇の即位の礼では、平成の前例と比較して大幅に海外からの賓客数が増えるそうです。 増加理由としては、日本国が承認している国の数が増えた点が挙げられていますが、承認国が劇的に増加したわけではありませんので、この説明には疑問符が付きます。 即位の礼のみならず。 最近、皇室の国際化が、既成事実を積み重ねつつ、急速に進められているように思えるのです。 秋篠宮家の皇族の外遊数も目立って増えており、先日は、初の海外訪問として悠仁さんのブータン旅行が報じられていました。 また、長女の眞子さんの異常なまでのブラジル訪問もどこか不自然です(後述する理由から、俗化した皇族にどこまで敬称を用いるべきか悩んでしまう…)。 皇室の主たる活動が国際交流となり、その場も海外に移ったかのようなのです。... yomiuri. htm 安倍首相が読売新聞との単独インタビューで語った外交方針は、第1次安倍内閣(2006年9月〜07年9月)当時に掲げた「価値観外交」を、厳しさを増す安全保障環境に応じてさらに発展させるものだ。 首相は国益重視の立場から、民主党政権で揺らいだ外交を早急に立て直す考えだ。 「自由、民主主義、基本的人権。 こうした価値観を共有する国との関係を深め、価値を広げていく。 この理念に変わりはない」 首相は28日のインタビューでこう語り、インドや豪州など価値観を共有する国と連携を強化する価値観外交の推進を強調した。 さらに「アジア情勢が緊迫している。 北朝鮮のミサイル、中国の海洋での振る舞いがある」とし、北朝鮮の問題に加え、沖縄県の尖閣諸島を巡る問題など中国の挑発的行動に懸念を表明。 「2国間関係だけをみるのではなく、地球儀全体を俯瞰 ふかん しながら戦略を考えるべきだ」と指摘した。 首相は言葉通り、28日には豪印露、インドネシア、ベトナムなどの首脳と相次いで電話で会談。 首相周辺は「これらの地域の大国を結ぶと、中国をすっぽりと取り囲む形になる」と解説する。 「中国包囲網」を連想させることで、中国に外交的な圧力をかける狙いもあったようだ。 Degrowth thinkers and activists advocate for the downscaling of production and consumption? the contraction of economies? as overconsumption lies at the root of long term environmental issues and social inequalities. Key to the concept of degrowth is that reducing consumption does not require individual martyring and a decrease in well-being. [2] Rather, 'degrowthists' aim to maximize happiness and well-being through non-consumptive means? sharing work, consuming less, while devoting more time to art, music, family, culture and community. [3] From Wikipedia• 日、豪、印、米で中国包囲網 安倍政権が掲げた「セキュリティー・ダイヤモンド構想」 2013. 東シナ海や南シナ海における中国の覇権拡大を牽制(けんせい)するため、日本とオーストラリア、インド、米国ハワイといった民主主義国家・地域が連携して、中国を囲い込む「セキュリティー・ダイヤモンド」構想だ。 これによると、安倍首相は、中国が尖閣周辺の日本領海に公船を進入させて、東シナ海の領有権を既成事実化しようとしていると指摘し、自由航行が保障されるべき海上交通路(シーレーン)の一部である南シナ海についても、「北京の湖」とするために要塞化を進めていると警告。 「南シナ海には核弾頭搭載ミサイルを発射可能な中国海軍の原子力潜水艦の基地とするのに十分な深さがある」「間もなく中国海軍の新型空母が頻繁に見かけられるようになる」「中国の周辺諸国を恐れさせる事態」などと記したうえで、中国の海洋覇権を防ぐために、日本とオーストラリア、インド、米国ハワイが、インド洋から西太平洋に広がる海洋権益を保護するダイヤモンドを形成すべきだ、と主張しているのだ。 この構想を進めるためか、岸田文雄外相は13日にオーストラリアに飛び、同国のカー外相と会談。 米国を含めた安全保障分野の協力を加速させる方針で合意した。 さらに、安倍首相は東南アジア歴訪の最後に訪れたインドネシアで18日、法の支配と自由で開かれた海洋の重視などを掲げた「日本外交の新たな5原則」を発表し、中国を強く牽制した。 注目の論文では、セキュリティー・ダイヤモンドを強化するため、英国やマレーシア、シンガポール、ニュージーランド、タヒチのフランス太平洋海軍との連携についても触れている。

次の

天皇(皇室) 政治ブログ・テーマ

皇室 ブログ

本日11月14日、皇居では新天皇の大嘗祭がとりおこなわれます。 同儀式は室町時代に一旦途絶えたものの、江戸時代に幕府の許可の下で復興されたそうです。 秘儀とされてきたためにその始終は詳らかではなく、古くから伝わる伝統には常々謎があるものなのです。 そして、現代にあっても天皇家は謎に満ちているように思えます。 本ブログでも、ここ数日にわたりまして日本国の未来ヴィジョンの観点から天皇の位置づけ等の問題について記事を認めてきたのですが、読者の方からいただいたコメントの中に、天皇家とロックフェラーとの密約に関する情報がありました。 本日の記事では、同密約について考えてみたいと思います。 天皇家とロックフェラーとの密約とは、ロックフェラーが100年間皇室を維持することを約したと言うものです(皇室なのか、天皇と云う位なのかは分からない... 天皇家とロックフェラーとの密約説について 戦後における現行の日本国憲法の制定により、天皇の役割は大きく変わることとなりました。 GHQの草案を下敷きにしているとはいえ、天皇は政治的権能を有さないとされ、形ばかりの国事行為を残しつつも、実質的な明治来の統治機能を失ったのです。 ここに権力と権威が切り離され、日本国の国制は、幕末まで続いていた権力と権威が分離する伝統的な二元体制に戻ったのです。 明治憲法では天皇に対して統治権を総攬する権能を認めていましたので、当時の国制は一元体制と言うことができます。 明治維新に際し、西欧諸国の立憲君主制を模して導入された国制が、戦勝国の手によって明治以前に回帰したのですから、それが意図せぬ出来事であったにせよ、歴史の皮肉とも言えましょう。 そして、この二元体制への復帰が天皇と政治における民主主義との調和をもたらしたのであり、この点... 統合の象徴と天皇の人格 新天皇の即位を機にして、女性天皇の即位や女系天皇の容認、さらには女性宮家の創設案も再浮上しているようです。 これらの問題は、主として性差別の解消に焦点を当てた議論なのですが、皇族をめぐっては、性差別のみならず様々な差別が絡んでいます。 長子とそれ以外の子供達との間の差別に加え、実のところ、身分差別の問題も軽視はできないように思えます。 天皇とは、今日の日本国憲法下において唯一特定の個人に対して公的に認められている特別の地位です。 つまり、前近代における大半の国家がそうあったように、天皇にあっても機能と身分が一体化しており、それは世襲として特... 皇族と平等-身分から公職へ 先月10月22日、日本国では新天皇の即位の礼がとりおこなわれました。 この件については政府もマスメディアも何故か詳しくを語ろうとしません。 触れたくない話題のようにも見えるのですが、アメリカの皇室に対する冷たさにはどのような意味が込められているのでしょうか。 即位の礼への出席を見送ったペンス副大統領は、僅か3日後の10月25日に、トーンは落としてはいるものの、昨年に引き続き厳しい対中批判の演説を行っています。 アメリカの皇室軽視の意味とは? ネット上のニュース記事を読んでおりましたところ、見慣れない表現が目に留まりました。 今まで国賓に対してこうした言い方がされているのを見たことがなく、どこか違和感があったからです。 令和への改元以来、即位したばかりの新天皇の権威を高めるためなのか、政府やマスメディアなどの対応には、何気ないところで全体主義的な手法が混ぜ込まれているように思えます。 さりげなく表現や扱いを同調圧力が働く方向に操作したり、虚飾を施す方法は、マスメディアが世論を誘導する際に用いるステマ的な常套手段でもあります。 記事そのものは、横柄、かつ、覇権主義的な中国のトップを、多額の... しかしながら、この態度はどこか矛盾していますし、日本国民に対していささか高飛車のようでもあります。 しかしながら、神社の修繕等の際に行われるように、神事によって皇祖の御霊を一時的に他所に移すこともできますので、この説明は説得力に欠けております。 矛盾と申しますのは、天皇陵の指定は明治期に行われているために間違いが多く、それこそ皇霊を蔑にしておりますし、高飛車と申しますのは、天皇陵は、皇室の私的財産でも宮内庁の独占物でもなく、日本国民の共有財産であるからです。 国民には知る権利がありますので、自らの来歴を知ることも国民の重要な権利の一つです。 この点、天皇... 天皇陵発掘調査とDNA鑑定の意義 メンデルによる遺伝の法則の発見は、人類が生命の不思議を解明する入口に立つと共に、社会の在り方にも多大なる影響を与えることとなりました。 その衝撃性において、メンデルはダーウィンにも優るかもしれません。 何故ならば、遺伝学上の見地は、世襲に関する伝統的な考え方を覆してしまったからです。 日本国の皇統に関しても例外ではなく、以下に述べるような問題を提起しています。 このことは、側室を母とする大正天皇のように、戦後の正田家からの入内以前に遡って皇統が希薄化... 皇統と合理主義-遺伝学の衝撃 本日、10月22日、皇居では即位の礼が行われました。 昭和や平成時の代替わりとは違い、様々な情報がネット空間を飛び交う今日にあって、少なくない国民が皇室の在り方に不安や違和感を覚えているようにも思えます。 知っているのか、知らないのかによって、物事に対する判断は正反対になることもあるからです。 特に重大となるのは、皇統の問題です。 本記事では、今後の議論のために、皇統問題について一先ず整理を試みたいと思います。 日本国の公式の見解であり、天皇の存在意義、並びに、正統性を説明する際に唱えられてきたのが、所謂万世一系論です。 皇統とは、天照大神に由来する神聖なる血統を意味します。 皇位継承法に変遷はあったとしても、神武天皇以降の歴代天皇が今日に至るまで絶えることなく父系の血脈として天照大神の血統を引き継いでいるとする点が、皇位の... 理論にあっても、カール・マルクスの著書をひっくり返して探してみても、少なくとも明示的には世襲王朝を認める根拠を見出すことはできません。 共産主義と世襲王朝は人々が一般的に描くイメージとしては水と油のような関係なのですが、現実は、そうとばかりは言えないようです。 カンボジアでは北朝鮮兵がシアヌーク殿下の護衛を任されていたことはよく知られていますが、序列社会である点において、案外、両者は共通しているのかもしれません。 民主的選出制度なき共産... 皇室をサポートする中国の不思議 近代以降、メビウスの輪戦略は、世界各地で猛威を振るってきたように思えます。 進化しているように見えて退行し、善のはずが悪に落ちているという…。 もちろん、意図せずして逆の結果を招くのも世の常なのですが、意図的に逆の方向に誘導する手法は悪意のある詐術という他ありません。 そこで、人類は、自らを救うためには、まずはこのメビウスの輪を解く方法を見つけ出す必要があります。 そこで本記事では、22日の即位の礼を前にして、皇室における伝統と革新についてメビウスの輪から考えてみたいと思います。 明治維新を思い起こしますと、そこにも、メビウスの輪の可能性を見出すことができます。 王政復古の大号令と共に敢行された明治維新は、古代の国制への回帰という復古主義を看板に掲げながら、その実、日本国を西欧化して近代化させる大変革となりました。 英語では... メビウスの輪を解く方法とは?-皇室の伝統と革新 天皇と神道との繋がりについては、しばしば批判的な意見が見受けられます。 そこで、本記事では、天皇をとりまく宗教事情の問題について扱いたいと思います。 仏教伝来以来、天皇は仏の道にも帰依しており、聖徳太子の『十七条憲法』には「篤く三宝を敬え三宝とは仏法僧なり」ともあります。 京都の泉涌寺は皇室の菩提寺としても知られ、明治以前にあっては、皇族は仏教徒でもあったことは紛れもない歴史的な事実です。 一神教ではなく多神教国家、否、多宗教国家であった日本国では、海外から伝わる宗教であっても、善き教えは積極的に受け入れて国造りに生かしてきたのであり、飛鳥時代に遡っては、ネストリウス... 天皇をとりまく宗教事情の問題 皇族が何らかの公式行事に臨席する際には、参列者の人々はみな深々と頭を垂れてお辞儀をし、緊張した面持ちで敬意を表します。 この光景は、これまで違和感なく国民に受け入れられてきました。 しかしながら、皇室や宮内庁への特定勢力の侵食が進むにつれ、当然とされてきたこの構図は、その存立基盤を失いつつあるように思えます。 権威は、それが人々の間で自然に成立している間は、物理的な強制力を用いたり、多大なコストを払うことなく、あらゆる抵抗を廃する威力を発揮します。 権威を備えた人や団体は、心からの崇敬と厚い信頼を寄せられているため、人々の言動をも方向づけることができるのです。 権威者の一声で、長らく紛糾してきた物事が瞬時に決まってしまうケースも少なくありません。 軍事力を持たないローマ法王の仲介活動なども、国際社会にあって権威の力を存分に... 権威の脆さ-皇室の行方 最近の皇室報道を見ておりますと、その大半がパーソナルな行動に関するものが占めています。 皇族のひとりひとりの動向について逐次細かな報道がなされており、昨日も、さながら実況中継の如くに上皇后の手術の経過が報じられておりました。 その一方で、大型台風15号が日本列島に迫り、自然の脅威を前にして国民の多くは言い知れぬ不安に駆られていたのです。 マスメディアの皇室に関する報道ぶりには、全体主義化へと向かう気配さえ感じられます。 何故ならば、どこか、北朝鮮風味に思えるからです。 全国民は、常に金一族に関心を向けていなければならず、金一族の慶事には全身全霊で喜び、凶事には全身全霊で悲しまなければ... 皇室報道の違和感-天皇と災害 報道に依りますと、今年の10月22日に予定されている新天皇の即位の礼では、平成の前例と比較して大幅に海外からの賓客数が増えるそうです。 増加理由としては、日本国が承認している国の数が増えた点が挙げられていますが、承認国が劇的に増加したわけではありませんので、この説明には疑問符が付きます。 即位の礼のみならず。 最近、皇室の国際化が、既成事実を積み重ねつつ、急速に進められているように思えるのです。 秋篠宮家の皇族の外遊数も目立って増えており、先日は、初の海外訪問として悠仁さんのブータン旅行が報じられていました。 また、長女の眞子さんの異常なまでのブラジル訪問もどこか不自然です(後述する理由から、俗化した皇族にどこまで敬称を用いるべきか悩んでしまう…)。 皇室の主たる活動が国際交流となり、その場も海外に移ったかのようなのです。... yomiuri. htm 安倍首相が読売新聞との単独インタビューで語った外交方針は、第1次安倍内閣(2006年9月〜07年9月)当時に掲げた「価値観外交」を、厳しさを増す安全保障環境に応じてさらに発展させるものだ。 首相は国益重視の立場から、民主党政権で揺らいだ外交を早急に立て直す考えだ。 「自由、民主主義、基本的人権。 こうした価値観を共有する国との関係を深め、価値を広げていく。 この理念に変わりはない」 首相は28日のインタビューでこう語り、インドや豪州など価値観を共有する国と連携を強化する価値観外交の推進を強調した。 さらに「アジア情勢が緊迫している。 北朝鮮のミサイル、中国の海洋での振る舞いがある」とし、北朝鮮の問題に加え、沖縄県の尖閣諸島を巡る問題など中国の挑発的行動に懸念を表明。 「2国間関係だけをみるのではなく、地球儀全体を俯瞰 ふかん しながら戦略を考えるべきだ」と指摘した。 首相は言葉通り、28日には豪印露、インドネシア、ベトナムなどの首脳と相次いで電話で会談。 首相周辺は「これらの地域の大国を結ぶと、中国をすっぽりと取り囲む形になる」と解説する。 「中国包囲網」を連想させることで、中国に外交的な圧力をかける狙いもあったようだ。 Degrowth thinkers and activists advocate for the downscaling of production and consumption? the contraction of economies? as overconsumption lies at the root of long term environmental issues and social inequalities. Key to the concept of degrowth is that reducing consumption does not require individual martyring and a decrease in well-being. [2] Rather, 'degrowthists' aim to maximize happiness and well-being through non-consumptive means? sharing work, consuming less, while devoting more time to art, music, family, culture and community. [3] From Wikipedia• 日、豪、印、米で中国包囲網 安倍政権が掲げた「セキュリティー・ダイヤモンド構想」 2013. 東シナ海や南シナ海における中国の覇権拡大を牽制(けんせい)するため、日本とオーストラリア、インド、米国ハワイといった民主主義国家・地域が連携して、中国を囲い込む「セキュリティー・ダイヤモンド」構想だ。 これによると、安倍首相は、中国が尖閣周辺の日本領海に公船を進入させて、東シナ海の領有権を既成事実化しようとしていると指摘し、自由航行が保障されるべき海上交通路(シーレーン)の一部である南シナ海についても、「北京の湖」とするために要塞化を進めていると警告。 「南シナ海には核弾頭搭載ミサイルを発射可能な中国海軍の原子力潜水艦の基地とするのに十分な深さがある」「間もなく中国海軍の新型空母が頻繁に見かけられるようになる」「中国の周辺諸国を恐れさせる事態」などと記したうえで、中国の海洋覇権を防ぐために、日本とオーストラリア、インド、米国ハワイが、インド洋から西太平洋に広がる海洋権益を保護するダイヤモンドを形成すべきだ、と主張しているのだ。 この構想を進めるためか、岸田文雄外相は13日にオーストラリアに飛び、同国のカー外相と会談。 米国を含めた安全保障分野の協力を加速させる方針で合意した。 さらに、安倍首相は東南アジア歴訪の最後に訪れたインドネシアで18日、法の支配と自由で開かれた海洋の重視などを掲げた「日本外交の新たな5原則」を発表し、中国を強く牽制した。 注目の論文では、セキュリティー・ダイヤモンドを強化するため、英国やマレーシア、シンガポール、ニュージーランド、タヒチのフランス太平洋海軍との連携についても触れている。

次の