ヒカキン サムネ。 YouTubeのサムネイルの作り方!画像編集のコツと設置方法をご紹介

ヒカキン「サムネがつまらないというコメントがありました」

ヒカキン サムネ

「人気」というものは恐ろしい。 オリンピックでメダルを獲得したというツイートより、大物ユーチューバーが投稿したその日の夕飯の写真のほうが、遥かに「いいね」を集める時代だ。 影響力相応に、金も入るようになってきている。 ステマ頼むのにいくらかかるかわからないが、年収2億超えという考察もある。 上の世代は馬鹿にしがちだけど、トップYouTuberは、芸能人のトップクラスに勝るとも劣らないくらいの力を持っていると思う。 いま、最も「人気」のユーチューバーは誰だろうか? たぶん、「ヒカキン」か「はじめしゃちょー」のどっちかで意見が別れると思う。 二人は、競い合ってるというよりは仲良しなのだけど、内心ではライバルのように思い始めているかもしれない。 今回は、ヒカキンとはじめしゃちょーに焦点を当てる形で、現在のユーチューバーがどれくらいすごいのかを書いていきたい。 ヒカキン(HIKAKIN)とは• 生年月日:1989年4月21日• 特徴:ブンブンハローユーチューブ!• 特技:ヒューマンビートボックス、変顔 日本のYouTuberの最古参であり、「UUUM(ウーム):と言うYouTuberのマネジメント会社の最高顧問。 「ユーチューバーの顔」的な存在。 ユーチューバー界隈って勢力の対立とかがあまりなく、わりとみんな仲良しなんだけど、その友達の輪の中心にいる。 商品紹介をしたり、ゲーム実況をしたり、企画をやったりと、幅広くいろんな動画を投稿していて、ヒカキンの真似をする「ヒカキンチルドレン」が大量発生した。 新しい文化であるYouTubeも、相応にやっかみや差別の対象になり、「 ジャパニーズ ゲイボーイ ヒカキン」というタイトルで動画をXvideoに転載されたりなど、高い有名税を支払い続けている。 ヒカキンがすごいのは、それでも不満や嫌味を口にしたりしないこと。 日本トップレベルの煽り耐性を備えている。 腹の中では色々と言いたいことがあるだろうが、エンターテイナーに徹しているのだ。 ちなみに、ヒカキンのボイパは世界で注目を浴びるレベルだ。 あのアリアナ・グランデともコラボしたりしてるし、マジで凄い。 もともとヒカキンはボイパという芸を持った普通の兄ちゃんだったのだけど、いつからか変顔を武器に子供向け動画を投稿するようになった。 今では、 ヒカキンと言えば「変顔」という感じになっている。 「HikakinTV」の動画一覧を見ても、ほとんどのサムネが変顔だ。 世界に認められた特技に執着せずに、キッズ向けに変顔芸人に徹するという判断……これを意図的にやってここまで成功してる時点でとんでもない。 子供って「うんこ」とか「チンコ」みたいな下品な言葉が大好き。 僕の小さな頃の記憶で、「先に笑わせたら勝ち」みたいな勝負を大人とやったことがあって、勝てば何か貰える約束だったのか「絶対に負けられない!」と強く思っていたことは覚えている。 勝負が始まるなり、相手は真面目くさった顔で「 うんこ!」と言った。 僕は即落ち2コマみたいに爆笑してしまった。 笑っちゃいけないと思うほど、発作のように笑いが止まらなかった。 何が言いたいかと言うと、子供はそれくらい「うんこ」が好きなのだ。 そして、 ヒカキンの変顔は子供が好きな「うんこ」だ。 ヒカキンは、自分の視聴者層が小さな子どもであることを自覚していて、「死ね」みたいな言葉を控えているし、危険で過激なことはやらないし、ブラックなユーモアも使わない。 その代わり、「変顔」を編み出した。 彼の変顔は、童心を失った大人が見たら「 なんだこいつクスリでもやってんのか?」と思うかもしれないが、子供が笑ってしまう本質を掴んでいるのだ。 今のヒカキンの変顔やリアクションは職人芸の領域に到達していて、ほとんどの人が昔のようにヒカキンを真似できない。 まだ企画系ユーチューバーのほうが模倣しやすいだろう。 ヒカキンのおすすめ動画を紹介 僕がYouTuber史上一番好きな動画はこれだ。 ヒカキンがパンチングマシーンをひたすら攻撃するのだけど、素人にはできないプロの商品紹介だ。 見ていて普通に楽しくて、妙な中毒性がある。 合計で20回ほど見返したかもしれない。 ネタ系の動画もよくやる。 日本一クラスの人気者なのに嫌味なところがなくて、見れば見るほど好感度が上がっていく。 ヒカキンはゲーム実況でも国内トップクラス。 煽りイカにテンション上げるのが可愛い。 汚い言葉も使わないし、キッズがいる親御さんは、ヒカキンの動画ならまあ見せても安心かなって思うのではないだろうか。 次にはじめしゃちょーの紹介。 大学時代からYouTube動画投稿をしていたが、最初は伸び悩んでいたらしい。 しかし、高い編集技術、手の込んだ企画、色んな人とコラボできるコミュ力と愛され力などで、メキメキと頭角を表すようになる。 ルックスも含めて、すべての能力が平均的に高い感じ。 ただのイケメンではないのだ。 ヘタレキャラなのだが、どこか可愛らしい感じで、おっさんから女性からちょっとアングラなやつらまで、色んな人と上手にコラボしている。 はじめしゃちょーが得意なのは企画動画で、巨大スライムを作ったり大量に食い物を買ったりと、そこそこ元手が必要なことをやる。 人気のないYouTuberがやっても採算はとれないだろう。 また、一人で何かするよりも、色んな人を動画に呼んでくることを重視している。 定期的にやる大型企画は、たくさんの人を出演させていて、「社長」って感じ。 子供に安心して見せることのできる芸を極めたヒカキンが「任天堂」なら、たくさんの人を呼び込めるプラットフォーム的な感じでやってるはじめしゃちょーは「ソニー」ってとこかな。 (みたいなことを言うと各方面の人から怒られそうだが。 ) チャンネル登録者数 ヒカキンのチャンネルの登録者数は• HikakinTV:3,570,401• HikakinGames:2,453,021• HIKAKIN:1,845,440• HikakinBlog:341,644 はじめしゃちょーのチャンネルの登録者数は• はじめしゃちょー:4,393,808• はじめしゃちょー2:1,588,630 となってる。 メインチャンネルがそれぞれ「HikakinTV」と「はじめしゃちょー」で、ゲーム実況用のチャンネルが「HikakinGames」と「はじめしゃちょー2」。 ヒカキンはさらに、ボイパや大物とのコラボ動画をあげている「HIKAKIN」と、制作の舞台裏などを発表する「HikakinBlog」を持っている。 メインチャンネルを比較すれば、はじめしゃちょーはヒカキンをすでに超えている。 一方で、ゲームチャンネルはヒカキンのほうが上。 ちなみにヒカキンはゲーム実況者としてもほぼ日本トップで、マイクラ動画などはコンスタントに投稿していながら毎回100万再生を超える。 どっちもレベルが高いのは前提として、はじめしゃちょーは企画寄りで、ヒカキンは商品紹介やゲーム実況など堅実な感じでユーザーを引き止めている。 Twitterのフォロワー数 Twitterのリンクはこちらから。 12月12日時点で、• ヒカキン:1,789,928フォロワー• はじめしゃちょー:2,809,167フォロワー Twitterのフォロワー数で見ると、どっちも凄いことには代わりないが、はじめしゃちょーがけっこうな差をつけてリードしている。 キッズはTwitterできないので、ヒカキンが低く出でしまうのかもしれない。 それでも十分な数だが。 ちなみに日本のフォロワー数ランキングを見れば、現状ではじめしゃちょーの上は、有吉弘行、きゃりーぱみゅぱみゅ、松本人志、ローラ、小嶋陽菜の5人だけだ。 Twitterの「いいね」の数で言えば、はじめしゃちょーは確実にトップクラスだろう。 実際に見てみるとわかるが、 ほとんど何をつぶやいても「いいね」の数が1万を超える。 何でもファボっちゃう層がフォロワーに多いということなのだろう。 結論:ヒカキンとはじめしゃちょーどっちが強い? ヒカキンは、「ヒカキンの商品紹介」という、堅実なフォーマットを確立できているような気がする。 商品は世の中にほぼ無限にあるので、ネタ切れはありえない。 ゲーム実況が安定してるのも強い。 一方ではじめしゃちょーは、発想の面白さや動画のクオリティで勝負している感じ。 だからいつかネタ切れするんじゃないかという意見もあるけど、僕はネタ切れはないと思ってる。 はじめしゃちょーは、プロジェクトの「顔」であり監督なわけで、アイデア自体は、もし良いのが無かったら集まってくる人達から借りればいい。 『君の名は。 』は、監督の新海誠が一人でストーリーを考えたわけじゃないらしいけど、同じように、最終的に監修するのがはじめしゃちょーって感じでやってけば、アイデア切れやマンネリは起こりそうにない。 懸念として、はじめしゃちょーのノリとかヘタレ芸って、20代後半くらいからはキツくなってくると思う。 本人がもうバカバカしいと思っちゃうんじゃないだろうか。 ジャニーズを見てもわかるようにイケメンは歳とってもイケメンなんだけど、あの変な髪型とか、ヘタレで可愛い感じの人との絡み方とかは、おっさんになってくると辛いものがある。 ヒカキンは、「ヒカキンおじさん」になっても、今のやり方の延長で違和感がない。 むしろますます芸に磨きがかかるかもしれない。 でもはじめしゃちょーは、「はじめおじさん」にはなれない。 だから、うまくシフトチェンジできるかどうかになってくるのかな。 ヒカキンを卒業したキッズ達がはじめしゃちょーに流れるなら、短期的に(あるいは中期的)は、これからもますますはじめしゃちょーが勢いを伸ばしていくかもしれない。 ただ、ルックスで売っているわけでもなく、企画の面白さにもそれほど頼らず、商品紹介やゲーム実況などで安定して数字を取り続けているヒカキンのほうが安定感はある。 結論として、 これからしばらくは「はじめしゃちょー」の天下が続きそうだけど、長期的には「ヒカキン」のほうが安定してそう、というのが個人的な予想。 まあ、人気なんてのは曖昧なものなので、将来どうなるか誰にもわからない。 二人を押しのける新しいスターが出てきたり、あるいはYouTubeというジャンル自体が衰退する可能性も大いにあるわけだし。

次の

ヒカキンのサムネがきもすぎるんですけどどうにかなりませんか?

ヒカキン サムネ

、子供たちの間では彼のことを知らないという方が珍しいと言えるほどの社会現象を巻き起こした人物だと言えよう。 今回は、彼が何故ここまでの人気者になることができたのか、彼の動画を見ながら徹底検証! 最近人気が低下しているという噂についても、じっくりと深掘りしていこう。 ヒカキンが人気になった理由を徹底検証! では、まずはがここまでの有名人にまでのし上がった理由を考えていこう。 日本YouTuberの「先行者」ヒカキン 出典: 皆さんは、日本のといえばどんな動画を想像するだろうか。 一番に挙がるのはやはり 『使ってみた』『』『開封してみた』などの 『商品』だろう。 その商品動画をなとして確立したのが彼、なのだ。 よりも最新の商品知識を持っていたことを武器として、商品動画を投稿し始めたそう。 現在はもう『定番』となってしまっただが、当時は と極小数の投稿者しかこういった動画を投稿していなかったこと、そして当時まだ で動画を投稿していたが殆どいなかったという2点から、物珍しさでの動画を視聴するが少しずつ増えていくことに。 スター・芸能人とのタイアップ企画 そして、と言えば商品の他にも 『』という最大の武器を持っていた。 が人気になったきっかけである 『 』は現在4千万回以上の再生数を獲得。 動画を投稿した当初は日本よりも海外での人気が高かったため、 海外のや新聞で取り上げられることが多かった。 そのため、最初はよりも 海外のとの・がとても多かったのだ。 更には、日本でも誰もが知る大である やナ・デとのまで実現するほどの有名人に。 特にとの共演からの知名度は爆上げ。 『のに出演した』という話題を聞いての動画を見るようになったという・も多いのではないだろうか。 との共演から、爆発的な人気を得ることとなった。 しかし、その割には支持層は何故か などの子供に偏りがちで多くの大人層からは 『くだらない』『面白くない』とあまり反応は良くない模様。 こちらは、が現在のように安定した動画再生数を獲得できるようになり始めた頃の動画である。 実は、このあたりからには英語を使用しているものの、動画内容は 向けへ完全移行 最初の方は、英語とを使って動画を撮影していた しているのだ。 更に、紹介する商品も 漫画やなどを題材とした子供が親しみやすいものが増えてきている。 そして、一番の注目すべきは 『言葉の』。 難しい表現は一切使用せず、子供でも分かるような『甘い・美味しい』などの な言葉を使うことが増えてきたのだ。 しかも、ただの変顔ではなく 『顔芸』と言われるの大変が強烈なもの。 大人の中では少々不快に感じるという方もいるようだが、子供は言葉を巧みに使った高度なよりも、 見るだけでに伝わる変顔のほうがよっぽど面白いのだ。 実際、のことを『下らない』と言っている大人たちも、ぐらいの頃はこんな変顔でも腹を抱えて笑っていたのではないだろうか・・・? ヒカキンは『クラスの人気者』! 簡単な言葉、そして 変顔など、そんな な面白さが、がを中心とした子供たちから人気を集めている大きな理由であるといえるだろう。 たちにとって、は『面白い大人』というよりも身近に感じることができる 『の人気者』的な立ち位置なのだ。 で本格的に活動をするようになってからは、現在まで全くブレることなく自分のを貫いてきた。 その 『ブレない』も、子供たちから人気である理由の一つだと言えよう。 ヒカキンの人気が低迷?噂の真相を調査! しかし、最近 の人気が少しずつ落ち始めているという噂を耳にするようになった。 、歴11年の、そろそろ彼にも『』が近づいているのだろうか・・・? 登録者・再生数が減少している? では、の人気が本当に減少傾向にあるのか、登録者・再生回数のから確認をしてみよう。 人気低下の噂はマジだった?しかし・・・ グラフで見る限り、の人気は 頃と比べると確かに勢いは下がってきたと言えよう。 しかし、現在もの登録者数は 日本で2位の約万人、そして累計動画再生数も 4位と、 まだまだであることに変わりはないのだ。 更に、現在は以外にも・出演など多方面で活躍するようになった。 では少々落ち目になっているように感じられるかもしれないが、実は にとっては現在が一番の絶頂期なのだ。 今後も、だけでなく様々な場面で活躍することが期待される。 の長者番付に彼の名前が載る日も、実はそう遠くはない話なのかも知れない・・・? ヒカキンが人気の理由・成功した理由を徹底検証!人気低迷の噂は本当?.

次の

ヒカキンが人気の理由・成功した理由を徹底検証!人気低迷の噂は本当?

ヒカキン サムネ

ネット上、あるいは様々なメディアで「ヒカキンはウザい」ということをよく目にします。 例えば、有吉弘行さんは、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、ヒカキンの以下の発言に対して苦言を呈しました。 てんぐになったら終わりだね。 てんぐには自覚がない。 ダサ過ぎ。 カリスマ このように一蹴しています。 確かに、有名になるとウザいだのキモいだの言われることは、ある程度しようがないのかもしれません。 しかし、ことヒカキンに限ってはあまりにもその声が多すぎるので、今回はなぜヒカキンがそれほどまでにウザいと言われるのかを考察してみました。 語りかけてくるからウザい 通常、YouTubeというものは特定の人物から不特定多数の人物に対してなんらかのメッセージを投げかける、いわゆるマスメディアの要素が強くなっています。 しかし、ヒカキンを筆頭に多くのYouTuberは「あなたと私」という状況下に無理やり引き込み話を展開します。 YouTubeを一度でも利用したことがある方は分かるかと思いますが、テレビを視聴する時のようにその他大勢、つまりマス大衆としてYouTubeを視聴している場合がほとんどです。 「あなたと私」という話の進め方は、セールスレターなどのコピーでよく利用されるテクニックですが、使う状況を間違えると「ウザい」になります。 例えば、大学の授業でいきなり名指しで質問をされたり、街中で開かれているイベントで突然話を振られるなど、ほとんどの人が経験しているであろうことですが、これらの場合、マス大衆として参加しているので、突然2人称にされると不快になりますよね。 同様にヒカキンの動画を見る際にも大方、マス大衆として視聴しているので、突然「あなたは〜〜ではないですか?」と投げかけられると「う、、ウザい、、、」となってしまう訳です。 基本的にグロ画像でウザい ヒカキンの動画内での見どころ、悪い言い方をすれば「グロ」の変顔ですが、ある程度の好意を抱いていない方にとってはウザいに至るには十分すぎる要因でしょう。 様々なところに出てくるヒカキンのサムネイルがウザい まずは問題のサムネイルを確認してみましょう。 実はYouTubeを利用していると、上記のようなサムネイルが引っ切り無しに出てきます。 「あなたへのオススメ」や「関連動画」では特に多く見られます。 これはYouTubeの運営側が人気の動画を意図的に表示させているという理由もありますが、ヒカキン自身がトレンドになっているモノを動画にするので、必然的に関連動画などに出てきやすくなっています。 少しネット上での声を挙げてみます。 YouTube開くと毎回オススメにあのきもいヒカキンサムネがあって気分悪くなるっす。 非表示とかできないんですか? 本当に最近ストレスの一つです… 帰宅時に電車内でyoutubeを開くことが多いのですが(スマホで) 仕事帰りの疲れている時に彼の顔を見るのが本当に嫌です… これらは氷山の一角で、やはり自分の意図していない状況で、毎回のように出てくるヒカキンのチョけたサムネイル画像はカンに触るのではないかと思います。 まぁ強いてヒカキンの弁明をするならば、どんなに内容が秀逸でも動画を見てもらえなければ何の価値もないので、そのために色々と試行錯誤した結果が「チョけたサムネイル画像」になったのかと。。。。 笑 4. 広告に広告を貼っている矛盾がウザい 気づいている方も多いかと思いますが、ヒカキンの動画は広告動画に広告を設置するという矛盾が生じています。 例えばこの動画。 自身の書籍の宣伝(広告)動画にさらに広告が設置してあります。 つまり、二重に収益が発生する仕組みにしてあるのです。 視聴者の大半が低年齢層のため気づかないことが多いのかもしれませんが、ある程度の年齢であれば流石に気づくかと思います。 ここまで露骨にマネタイズをしていると正直ウザいですよね。 日本人の性格上、お金は稼げば稼ぐほど嫌悪感を抱かれてしまいますから、このようなマネタイズ方法は批判の的になってしまうことは明らかでしょう。 しかもこの動画を例に挙げただけで、広告に広告を設置しているヒカキンの動画は他にも腐るほどあります。 金持ちアピール・勝ち組感がウザい ことは周知の事実ですが、最近では金に物を言わせた動画が非常に目立っています。 【超構想マンションに構えた新しい事務所披露ショット】 なぜ上記で言ったような動画を投稿しているのか考察してみたところ、2つ程検討がつきました。 自己ブランディング• 自己承認欲求 まずは「自己ブランディング」についてですが、これはビジネスをするにあたって、自身に対する共感や信頼などユーザーにとっての価値を高めていくマーケティング手法のことを言います。 ヒカキンの場合、この自己ブランディングをお金をチラつかせることで意図的に行っている可能性があります。 これにより低年齢層の視聴者たちは「ヒカキンさんすげー」と信者のようになるわけです。 次に「自己承認欲求」についてですが、例えばFacebookなどで自分の自慢やリア充アピールばかりしている「イタい奴」をよく見かけますが、自己承認欲求とはまさにそのことです。 ヒカキンの場合も単純に「俺の生活はこんなに充実してるんだぜー」というリア充アピールであわよくば再生回数が上がれば、、、なんて可能性も無きにしも非ずです。 いずれにせよ、ある程度の年齢の方は俯瞰で物事を判断しているので、「ウザい」という結論に至ってしまうのでしょう。 まとめ このように羅列してみると「ウザい」ということにも納得できますね。 今回記事にした内容はネット上での意見を参考に作成したのですが、書いているうちに僕自身も共感する部分が多々ありました笑。

次の