トイレつまり水位下がる。 トイレつまりで水位が下がる現象の対処法|水が少なくなる2パターンの解決方法とは?

臭い!トイレ封水切れ下がる!便器の水たまりが減る水位低い原因

トイレつまり水位下がる

水位が低いときはつまる前兆! 「トイレの水位って、自動的に調整されるものなんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。 トイレの水位は、自動的に量を決めているわけではないのです。 トイレのなかには、スムーズに排泄物が流れていくようにつねに水が張られています。 その水の量が少なくなると、トイレがつまり水位が下がるのです。 トイレの水位が下がると、配管にこびりついた匂いが逆流して、トイレの室内にこもることがあります。 トラブルを避けるためにも、早めにトイレの水位が下がっていないか確認をしておきましょう。 水位が低くなる原因は? トイレの水位が下がると、さまざまなトラブルが起きてしまいます。 トイレの水位が下がる代表的な例を調べてみました。 もっともよく起こるのが、トイレがつまり水位が下がるというものです。 トイレットペーパーなどが少量つまっている状態だと、トイレの水位は下がっていきます。 この状態のときはラバーカップなどを使って、早めにつまりを無くしてあげましょう。 ほかにも、長い時間トイレのふたをしないままにして水が蒸発していくことも考えられます。 トイレの水の蒸発は、こまめにふたをすることで解消されるので、忘れずにふたをすることをおすすめします。 トイレの水位が下がる原因を知ることで、最適な水位を保つ方法を見つけやすくなります。 まずはどうしてトイレの水位が下がっているのか、その原因を突き止めておくことが大切です。 流れるけど水位が上がってだんたんと流れる…これもつまり! トイレは、なにかが詰まってしまうことでトラブルが起きることが多くなっています。 トイレがつまり水位が下がるのとは逆に、水位が上がってもつまっていることがあるのです。 トイレの水位が上がってきている場合、つまりが起きている場所はいくつか考えられます。 ・便器側の排水路 ・下水につながっている排水管 トイレがつまって水位があがってくると、最悪の場合下水がトイレの部屋中にあふれてしい大変なことになります。 汚物の混ざったものを掃除するのも大変です。 また、部屋に下水のにおいが染みついてしまうかもしれません。 トイレトラブルが広がらないためにも、トイレの水位が下がるのと同様水位の上がり方にも気を配っておきましょう。 つまりを解消させるときに注意すべきこと トイレのつまりを発見したら、早めにつまりを解消することが必要になります。 しかし、ただやみくもにつまりを解消しようとしても、さらにつまりを悪化させてしまうかもしれません。 トイレのつまりを解消するときは、トイレの水位が上がっているのか、下がっているのか見極める必要があります。 トイレの水位が上がった状態でラバーカップを使いつまりを解消しようとすると、逆に汚物があふれ出てくるおそれがあります。 もしトイレの水位が上がっている場合は、バケツやポンプを使ってトイレの水位を減らしてみることをおすすめします。 トイレのつまり解消は水位が下がることが、スムーズに作業をおこなうコツです。 直らなければ早めに業者へ依頼を トイレのつまりは、水位が下がることで皆さん自身でも解消させることができます。 しかし、排水管のつまりが原因でトイレの水位が上がっているときは、自分でトイレの水の流れをスムーズにすることは難しくなってきます。 そんなときは、豊富な知識と経験を持つ業者に修理を依頼してみることをおすすめします。 トイレのつまり修理を依頼するときは、修理の依頼先がどんな工事をしてきたのか事前に調べてみるとよいかもしれません。 また、修理内容のどの部分にどれだけ費用がかかっているのか見積もりでしっかり教えてくれる業者も信頼できます。 事前に見積もりを取って、作業内容と金額を確認しておきましょう。 まとめ トイレのつまりで、水位が下がることがあります。 トイレの水位が下がったままになっていると、排水管のにおいが逆流してにおいが部屋にこびりついて大変なことになってしまいます。 トイレの水位が下がっているのに気づいたら、つまっているかもしれないと疑って対策を立てていきましょう。 また、トイレの水位が上がっていてもつまりが起きている可能性があります。 トイレがつまって水位が上がっているときは、まずはいったんトイレの水位を下げるようにしましょう。 その後、つまりを解消すると、トイレから汚物やにおいが溢れ出るのを防ぐことができます。 しかし、トイレがつまったときの状況によっては自分では解消できないことも出てくるでしょう。 そんなときは業者に修理を依頼してみてください。 経験に基づいた作業で、しっかりとトイレのつまりを直してくれるかもしれません。 水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

トイレのつまりあとに水位が下がる原因|放置したら自然に直る?

トイレつまり水位下がる

便器の水位を調整するのは可能? 便器の水位が下がったのであれば上げることが可能ではないかと思われるかもしれませんが。 まず前提として「どこかを触って設定する事で水位は調整できない」ということが言えます。 これは便器の封水の役割として、下水管とトイレ内を遮断し臭気が上がってくるのを防ぐ役割と、便器への汚物付着を防ぐ役割があります。 水たまりの水位は排水路のせきによって決まります。 そのため手動で水位を上げたり下げることは基本的にはできません。 ただし一部のトイレには一時的に水面を下げることができる機能がついています。 これは排便時の水の跳ね返りを抑えたいときや、検便をしやすくするためですので「一時的」な機能としてついています。 一時的に水位を下げる方法 水位を意図的に上げることはできませんが、一時的に水位を下げる方法はあります。 タンクレストイレなどについている尿ハネ防止機能とは違いますが、トイレの尿石取りの掃除などを行う際など水位を一時的に下げたいときは洗面器1杯分の水をトイレに流すことで水位を下げることができます。 トイレの便器の水位が低くなる原因 手動で便器の水位が下げられないことを上記でご説明しましたように、水位が下がっているのは知らない間にどこか触って設定を変えてしまったということではありません。 水位が低くなる原因はトイレに異常が見られると低くなることがあります。 しかし原因は一つではありませんので症状の進行具合ごとに分けてご紹介します。 軽度の原因:紙や便の詰まり トイレットペーパーによる紙や便の詰まりによって水位が下がっている恐れがあります。 便器の奥で紙や便が詰まってしまうと水たまりの水も吸ってしまうので水位が下がります。 トイレットペーパーを大量に使って一度で流そうとした覚えはないでしょうか?トイレットペーパーを一度に流せる目安としてゴルフボール7個分が一度に流せる量の限界です。 そこに便も流さずにまとめて流そうとすると詰まる可能性がより高まります。 関連記事: 関連記事: 中度の原因:異物の詰まり 原因は軽度のときと同じ詰まりですが、こちらはトイレに流してはいけない物(異物)が詰まっている場合はより危険です。 流れないもの(流れにくいもの)が排水口の先の排水管の中で詰まってしまうと、本来流れやすいトイレットペーパーもトイレに流してはいけない物に引っかかり詰まってしまいます。 トイレにうっかり落としてしまう物としては、スマートフォンや指輪、ブレスレットや化粧品そして子供のおもちゃなどがありますが、流しても大丈夫と間違えられやすい物としてティッシュペーパーがあります。 見た目や肌触りもトイレットペーパーと似ていますが、ティッシュペーパーはトイレットペーパーと比べて溶けにくい紙です。 トイレットペーパーでゴルフボール7個分まで流せてもティッシュペーパーでは同じ量を流してしまうと簡単に詰まらせてしまうので注意が必要です。 他にも生理用品や紙おむつは水を吸収して大きく膨れ上がり排水管の通り道を防いでしまうので流してしまうのは大変危険です。 関連記事: 関連記事: 重度の原因:便器の破損 詰まる以外の可能性としては、便器そのものが割れてしまっていたり、壊れている可能性があります。 便器をよく確認してひび割れていたり、亀裂している箇所が見つかれば、原因は破損によるものと考えられます。 しかし、便器の内部の目に見えない所での破損ですと、よく調べても確認ができない場合があります。 詰まりを修理しても症状が改善せず、異物も落とした覚えもない場合で、トイレの使用年数がかなり経過している様であれば、便器の破損も原因として考えられますので覚えておきましょう。 関連記事: トイレの便器の水位が低くなったときの直し方 上記ではトイレの便器の水位が低くなってしまう原因はいくつかあることをご紹介しました。 こちらではそれらの原因ごとに直すにはどうしたらよいのか、直し方をご紹介します。 関連記事: 紙や便の詰まりの場合(軽度) トイレットペーパーの紙や便などの詰まりが原因であれば、ホームセンターなどで売られているラバーカップ(スッポン)を使うようにしましょう。 ほとんどはこの方法で解決することができます。 正しい使い方は、まずラバーカップをトイレの排水口へ隙間なくゆっくりと押し込みます。 その後一気に力を入れて引き抜きましょう。 このとき水が勢いよく跳ねてしまいますので養生して防ぎましょう。 養生のやり方として、便器に透明なビニールシートを被せます。 ビニールシートにラバーカップの持ち手部分だけを通せるような穴を開けて、上下に動かせるけどラバーは穴から抜けない状態になれば大丈夫です。 一度ラバーカップを使用してみて効果がなくても、二度三度と試してみましょう。 それでも改善されていないのであれば、下記のように症状がより重い状態なのが原因かもしれません。 業者に相談することも検討しましょう。 ラバーカップの注意点 ラバーカップには洋式用と和式用の2種類のタイプに分かれています。 洋式用は便器に入れる方のラバーの先端が突起物のように出っ張りがあります。 一方和式用は昔からあるような形でラバーの先端には突起物のように出っ張りがありません。 購入するときは間違えないよう気をつけましょう。 真空式パイプクリーナーもオススメ 真空式パイプクリーナーとはラバーカップよりも強力な吸引力があるポンプ式吸引カップです。 ラバーカップでは何回もやらなければならなかったものが、真空式パイプクリーナーを使う事で1回だけで解決することもあります。 使い方も簡単です。 ラバーカップと同じように真空式パイプクリーナーの先端をトイレの排水口にくっつけ、ハンドルを勢いよく引くだけです。 異物の詰まりの場合(中度) 異物を落としてしまった場合の対処方法としては、絶対に水を流してはいけません。 まずは取り出す事を考えましょう。 目で確認できるのであれば、ゴミ拾いをするときに使うトングを使ったり、ゴム手袋をして取り出すようにしましょう。 小さな異物を落とした場合 指輪や化粧品など比較的小さな異物を落とした場合は、軽度の詰まりの場合でご紹介したトイレットペーパーが詰まったときの対処方法と同じ方法で解決できる場合があります。 ラバーカップや真空式パイプクリーナーで取り除く方法を試してみて、何度か試しても解決しない場合は無理をせず業者に相談しましょう。 大きな異物を落とした場合 比較的重い症状で問題になるのが、スマートフォンや子供のおもちゃなど排水管と同じぐらいの大きさの異物を流してしまったときです。 目視では確認できない場合はゴム手袋をして手で奥まで探してみましょう。 もし手の届かない場所にあるのであれば、トイレを取り外す必要がありますので経験のない方は無理をせず業者へ依頼しましょう。 排水管の同じ大きさのものを詰まらせてしまったときはラバーカップでは引き込みづらく、最悪の場合は更に奥の方へと移動してしまう可能性があります。 無理に取り出すことはやめておきましょう。 便器の破損の場合(重度) 便器が破損している場合は修理ではなく、交換をするしかありません。 水道業者やリフォーム業者など専門家に依頼して便器交換をしてもらいましょう。 ただし、目視では便器の破損箇所が見つからず、もしかしたら便器の破損かもしれないというような自己判断であれば、水道業者にまずは点検を依頼されることをオススメします。 便器交換は決して安くはありません。 確信もなく便器を交換しても問題は解決しない場合があります。 プロの目で点検してみると実は違う箇所が原因だったということもありえますので、点検を兼ねた見積りを依頼しましょう。 業者の中には出張見積り、キャンセル料が無料の業者もいますのでそのような業者を探して依頼すると良いでしょう。 水の生活救急車では水のトラブルの出張見積りは基本無料で駆けつけております。 基本無料というのは高速道路上にある建物など、有料道路を使わなければお伺いできない場合や、便器の分解など作業を伴う場合は有料見積りになりますが、もし料金が発生する場合は必ず事前にお客様のご了承いただいた上で対応いたします。 そのため、お伺いしたとしても「勝手に有料になるお見積りや作業をする」ということはございません。 安心して見積りをご相談下さい。 水位が低いまま放っておくと発生するトラブル 水位が低いまま放っておくと発生してしまうトラブルもありますので、異変を感じましたら早めの対処をするようにしましょう。 上記でもご紹介しましたように、詰まりが原因かもしれませんので、詰まりのサインとも読み取れます。 完全に詰まらせてしまうとトイレが使えませんし、何よりも汚水が床に溢れてしまうのは衛生的にも危険ですから避けたいですよね。 他にも水位が低いと封水切れ(排水口の水が少ない)を起こして排水管の臭いが逆流してしまいます。 下水の臭いがトイレに流れてしまいますので、市販の消臭スプレーをしたとしてもすぐにあの耐え難い嫌な臭いがしてしまいます。 来訪者にも嫌な印象を与えてしまうかもしれませんので放っておくことはやめましょう。 便器の水位を低くしない予防方法 便器の水位を低くしてしまわないように予防方法もあります。 日常生活で使う中では一度に大量の物を流さないようにすることです。 トイレットペーパーを多めに使用される方は何回かに分けて変更するようにしましょう。 他にも予防法として気を付けなければならないのがトイレタンクです。 詰まりを助長してしまうのは流すものだけではありません。 水の流れる量が少ないと詰まりを引き起こす可能性がありますのでトイレタンクのメンテナンスも大切です。 トイレタンクの蓋を開けてみて水量は適切なのか確認してみましょう。 危険な状態と言えば節水の為にペットボトルをトイレタンクの中に入れている状態です。 トイレタンクは十分に排水するための適量がありますので、それをペットボトルに入れて水量をごまかしてしまうと適量に満たなくなり詰まらせてしまう危険性があります。 また、タンク内にある浮球にペットボトルが当たってしまうと水量調節ができなくなり、水を給水し続けて止まらないトラブルにも繋がってしまいます。 賃貸住宅のトイレが故障した場合の対処方法 アパートやマンションなど賃貸住宅のトイレが故障した場合は、まずは賃貸契約書を確認しましょう。 賃貸契約書には管理者への連絡先や、万が一何かあったときのための取り決めなども掲載されていることがあります。 業者を呼ぶ前にやっておくと良いこと トイレなど水まわりの修理は緊急を要する修理が多く、ついすぐ来てくれそうな業者をインターネットで探して直接依頼してしまうケースが多いですが。 実は症状によっては管理者が費用を負担してくれたり、提携している水道業者を案内してくれる場合があります。 もし提携している業者がいる場合、保険を使うときは提携している業者でないと適用できない場合もありますので、自己判断はせずに管理者に相談しましょう。 費用負担について 日常生活で必要な設備が問題無く使用していて壊れた場合(経年劣化など)は、貸主(大家さん)が負担してくれる場合があります。 仲介として不動産会社が入っている場合は特にそのあたりのルールがしっかりとされているかと思いますので。 仲介した不動産会社に最初は相談しても良いかもしれません。 ただし、物をぶつけて壊した、流してはいけない異物が原因でトイレを詰まらせたなど借主に瑕疵がある場合はその限りではありません。 水道業者に詰まり修理を依頼する 上記でご紹介した軽度の症状の修理方法をやっても症状が改善しなかった場合は業者に依頼する必要があります。 取引のある業者や賃貸の管理者の斡旋などがあれば良いですが、特にない場合は自分で業者を探さなければなりません。 そんなとき一番簡単に探せるのはインターネットで業者を探す方法です。 しかし、インターネットで業者を探す場合は、どの業者を信頼すればよいか迷ってしまうことがあると思います。 そこで押さえておくと良いポイントをまとめました。 実績で選ぶ 業者のホームページをみると実績を載せている業者もいます。 創業年数や実績件数など数字でわかる業者のステータスが実績です。 実績が長い程、様々な現場を見ていますので、ノウハウを蓄積しており様々なケースに対応してくれます。 またホームページのデザインが全く異なる広告で、こっちの業者は信頼できそうかなと思いきや同じ会社だったということもありますので、運営会社の名前も見ておきましょう。 料金の掲載内容に注意する 業者に依頼するとなると気になるのはいくらになるのかという料金だと思います。 これは症状によって使う道具や、設備の分解(トイレの脱着)、そして修理が必要な範囲(配管の長さ等)によって料金が異なるためです。 その為現地でいきなり作業を依頼するのではなく、必ず見積りを依頼しましょう。 余裕があれば相見積もりを依頼すると実際の相場も知ることができます。 その際には出張見積り・キャンセル料が無料の業者に依頼すればキャンセルしても料金はかかりません。 見積り依頼をするときの電話で出張料やキャンセル料はいくらなのか確認しておきましょう。 態度やマナー 見積りを依頼するということは、その業者がどれだけわかりやすい案内をしてくれるのか、本当に信頼できるのかを見る事ができます。 気になることを質問して納得のできる回答をしてくれるかどうかでも安心感は異なると思います。 見積りについても分かりやすい説明で納得ができれば、そのまま作業を依頼しても良いと思います。 まとめ トイレの便器の水位が低いときの原因と直し方についてご紹介しました。 なるべく安くて早く済ませられるよう自分で解決したいと思われているかもしれませんが、原因によっては修理のプロである業者へ依頼しなければならないこともご紹介させていただきました。 業者はお金を払って直してもらう存在ではありますが、他にも点検・見積りを依頼することで、トラブルの原因を素早く突き止めることができる相談相手としても認識していただけると幸いです。 確信できないまま自己判断で無理に修理をして後悔する前に、まずは業者に相談してみることもご検討下さい。

次の

トイレの水が流れない?つまりの原因を特定する方法

トイレつまり水位下がる

トイレのつまりによって水位が下がる現象は次の2パターンに分けられます。 何もしていないのに勝手に水位が下がっている• トイレの水を流した後、ゆっくり水位が下がる これら2つの現象に共通しているのは『完全ではないがトイレがつまっている状態』ということです。 つまり、トイレが完全につまっていない今のうちにトイレのつまりを解消させることが重要なんです! そこでこの記事では、トイレのつまりによって水位が下がる現象の対処法を詳しく解説します。 トイレのつまりが悪化して完全につまってしまう前にきちんと対処しておきましょう! 記事の内容• トイレのつまりで水位が下がる現象の対処法 トイレのつまりで水位が下がる現象には2パターンあるとお伝えしましたが対処法は変わりません。 トイレにつまっている異物さえ取り除くことができれば、いつも通りのトイレに修理することができます。 ここで重要になることは 『どんな異物がトイレにつまっているのか?』という点です。 トイレを修理する前に、つまりの原因が把握できないと適切な方法で対処することができません。 ですから、まずはトイレにつまっている可能性のある異物が何なのか心当たりがあるモノを思い出してください。 トイレの水位が下がる原因は何? トイレの水位が下がる主な原因は トイレットペーパー・排泄物・排水管の汚れです。 これらの異物が不完全な状態でトイレの排水管につまると水位が下がることがあります。 もし、これらの異物以外が原因であれば次の記事を参考にしてつまりを解消してみてください。 ラバーカップでトイレのつまりを解消する方法 ラバーカップの具体的な使用手順は次のとおりです。 便器の水量を調整する• ラバーカップを便器の水溜り部分に密着させる• 水が溢れ出そうな場合は給水ポンプや容器を使って水を汲み出してください。 逆に水が少ない場合は水を注ぎ足す必要があります。 目安としてはラバーカップのカップ部分が水に浸るまで水を継ぎ足しましょう。 ラバーカップを押す時はゆっくり押し込むようにしてください。 次にラバーカップを引く時は勢いよく引きます。 この時は、水が飛び散らずラバーカップが便器から外れない程度の力加減で引きます。 この作業を繰り返し、ゴポゴポッという音がしてつまりが解消されたら作業完了です。 排水管の汚れが原因のトイレつまりの対処法 トイレの排水管に汚れが溜まっている場合は 『ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)』を使用してトイレのつまりを解消します。 ワイヤーブラシでトイレのつまりを解消する方法 ワイヤーブラシは以下の手順で使用します。 ワイヤーの先端部分を便器の奥に入れる• この排水路の向きに合わせてワイヤーの先端をセットします。 まず、ワイヤーのハンドルをいっぱいまで引き、先端だけを便器の奥に差し込みます。 ワイヤーを押し込むときに少しだけハンドルを回すと奥に押し込みやすくなりますよ。 そして、ワイヤーの先端が何かにぶつかり、それ以上奥に行かなくなったらしっかりとハンドルを回します。 ハンドルを回すことでワイヤーの先端にあるバネが異物を崩したり前後に動かしたりしてつまりを解消します。 つまりが解消すればすぐに水位が下がるので、つまりの解消は一目でわかるはずですよ! 水位が下がる原因はトイレのつまりとは限らない!? トイレのつまり以外にも次の3つが原因で水位が下がることがあります。 自己サイホン• 誘導サイホン• 便器の水漏れ 異物をトイレにつまらせた記憶がない場合はこららの内いずれかが原因かも知れません。 では、それぞれの原因について詳しく解説していきますね! 水位が下がる原因1|自己サイホン 『自己サイホン』が発生するとと、トイレの水を流したと同時に封水まで排水管に流れてしまいます。 トイレで自己サイホンが起こるケースは少ないですが、もし自己サイホンでトイレに溜まる水が極端に少ないと感じる場合はメーカーや水回りの専門業者に問い合わせてみてください。 水位が下がる原因2|誘導サイホン 排水管内の気圧が変化することで 『誘導サイホン』が作用します。 誘導サイホンは賃貸物件で上のお部屋に住んでいる方が一気に水を流したときに作用することが多いんですね。 ただ、誘導サイホンも自己サイホンと同じように度々起こる現象ではありません。 しかし、誘導サイホンによって封水が少なくなっているようでしたら 排水管の汚れによって建物内の排水管が狭くなっている可能性があります。 この場合、排水管の清掃が必要なので、賃貸物件の大家さんや管理会社に連絡して現状を伝えてみてください。 水位が下がる原因3|便器の水漏れ 『便器からの水漏れ』によってトイレの水位が下がっている可能性が考えられます。 「さすがにトイレが水漏れしていたら気付くんじゃないの?」と思うかも知れませんが、便器の水漏れは意外と気付きにくいことが多いんですよね。 特にトイレマットを敷いているとトイレマットが水を吸収するので発見が遅れることがあります。 あなたのお家のトイレも、便器の裏側まで水漏れがないかしっかりとチェックしてみてください。 軽い水漏れやヒビ割れであれば、陶器などに利用できる補修用ボンドを塗ることで修理できます。 ただし、ヒビが大きい場合や水漏れが酷いのであれば、 すぐに水回りの専門業者に修理を依頼してください。 さらに詳しく知りたい方は、トイレ詰まりの症状と対処方法をまとめた次の記事もご参考ください。 トイレの水位低下が直らない場合の対処法とは? 今回お伝えした対処法を実践してもトイレの水位が元に戻らない事も考えられます。 また、トイレの水位が下がっている原因がわからない方もおられるかも知れません。 トイレの水位が下がる原因は1つではないので、素人目で判断できないことは珍しいことではないんですね。 もし、水位が下がっているという問題を解決できない場合は『専門業者』に依頼しましょう。 専門業者であればトイレの水位が低い原因を素早く・的確に状況を判断して元通りに直すことができます。 修理が簡単な原因であれば到着から 5分ほどで直ることも少なくありません。 修理費はトイレの水位が下がっている原因にもよりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと 8,000円ほどで修理することができます。 もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。 トイレつまりを解消できない・トイレの水位が低い原因がわからない場合は業者を呼んで素早く問題を解消させましょう!.

次の