いちじく 皮 ごと。 【いちじくの食べ方】皮ごと食べておいしい♪焼きいちじく

美味しいおすすめのいちじくの種類一覧

いちじく 皮 ごと

今年もいちじく(無花果)の美味しい時期がやってきました。 私の住んでいる地域では、名産品としていちじくが有名みたいで、この時期あちこちで販売が始まります。 お散歩していても、イチジクの木から良い匂いがしてくるので、旬がすぐにわかるんですよね~。 そんないちじく、旬の時期にしか生のものは出回っていないし、あまり食べたことのない人も多いのではないでしょうか? 私はいつも食べるとき、皮を剥いてから食べていたんですけど、人によっては皮ごと食べるって人もいるみたいです。 皮ごと食べて大丈夫なの?心配になったので調べてみました。 あと、ついでに皮をむいて食べたことのない人に、簡単な皮のむき方についてご紹介しますね。 イチジクの皮は食べても大丈夫? いちじくの皮って、モノによっては硬いイメージがあって食べにくそうなんですけど、食べても平気なんでしょうか? 食感的にも、ない方が美味しいような気がして、私はいつも剥いていたんですけど。。 実は、いちじくには日本いちじくと呼ばれる、古くに中国から伝来した品種と、アメリカなど海外から持ち込まれた品種があります。 日本いちじくは、皮が厚く、むきやすいこともあって皮を剥いてから食べる方が食べやすいです。 しかし、私たちがスーパーなどでよく見かけるのは、海外から持ち込まれた西洋いちじくがほとんどなんだそうです。 西洋いちじくは、日本いちじくに比べて皮が薄いため、むかずに食べることが出来ます。 というわけで、 いちじくの皮はむかずに食べても大丈夫なんですね! 何となく、今まで皮をむいて食べていましたよ。 これからは、 皮が薄ければ食べちゃってOKですねっ。 まぁ、皮の食感が気になる方はこれまで通り皮をむいて食べても良いと思います。 実はイチジクは皮にも栄養がある でも、 いちじくの皮には、食物繊維とポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれているんですって! 野菜や果物って皮の近くに栄養が多いことがよくありますよね~。 いちじくも例外ではないようです。 食物繊維はお通じに良いし、アントシアニンには抗酸化作用があって老化防止に役立ったり、目の健康維持にも良い栄養素なんですよ。 食べれるなら皮も食べちゃった方が、健康には良いってことですね。 いちじくの簡単な皮のむき方 今まで断然皮をむく派だった私が、実践している皮の簡単なむき方、2パターンご紹介します! 1、手で剥く方法 皮と実が割としっかりしているイチジクの場合は、こちらの方法でむくのがオススメ。 手でいちじくの出っ張っている部分から、バナナの皮むきと同じ要領でむいていきます。 いちじくの中身をあまり見たくないって方にもこちらの方が良いですかねw (稀に中身グチャってなってて、気持ち悪いって方がいるので・・) 2、カットしてから剥く方法 よく熟れているイチジクはこちらの方法がオススメ。 まず、縦に4等分にカットして、その後包丁などで皮と実を分ける。 私は面倒くさがりなので、4等分したらそのまま皮を手でむきながら食べることも多いです。 よく考えたら、乾燥いちじくは皮ごと乾燥させてあるものがほとんどですよね。 って事は、皮は食べても良いし、むしろ栄養がいっぱい摂れるぐらいの気持ちでOKでした。 いちじく好きなので、一時期すごくハマって、旬の時期以外は乾燥いちじく買って食べてましたよっ。 美味しくてパクパク食べちゃうからキロ単位で買っておやつにしてましたv (但し、食べ過ぎるとカロリーオーバーになちゃいますよ~。 そんないちじく&ドライいちじくの秘密はこちらで解明しましょう。

次の

いちじくに皮に毒があるってホント!?食べすぎはダメ?保存方法はどうするの?

いちじく 皮 ごと

いちじくコンポート。 皮ごと煮る場合、茹でこぼしをしておかないとダメですか?砂糖水で煮る前に。 皮つきの方が深い味わいになるし色も赤くなるので、皮つきで作りたいです。 でも改めて先人のレシピを読んでみると、いけないのかなと迷います。 補足maharunonoさま 「水は一滴も入れず砂糖だけ」だと、 コンポートでなく、ジャムにならないですか…? まだやってないので自信ないですが。 皮を茹でこぼさない方法の是非、色々と知りたいです。 1週間より長く回答を募集出来るといいですよね。 また質問するかもしれません。 見かけた時はよろしく。 歩六歩さま 丁寧に有難うございます。 鹿児島の質問の方にボンタンの話題を書きました。 こんこん。

次の

イチジクの食べ方や保存方法・注意すること(かゆくなる場合が)

いちじく 皮 ごと

スポンサードリンク イチジクは皮ごと食べる?それとも皮を剥いて食べる?8月から10月に最盛期を迎える イチジクはアラビア半島南部や地中海沿岸地方原産の果物です。 日本でも愛知県や和歌山県などを中心に全国各地で栽培されているメジャーな食べ物で、タンパク質を分解してしまう酵素が含まれおり、この酵素の作用によって様々な健康効果を得ることができます。 イチジクには数多くの品種があり、日本国内で最も多く栽培されている品種が 桝井ドーフィンです。 1909年の明治43年にアメリカから広島県へとやってきた桝井ドーフィンは、日持ちが良く栽培がしやすい品種として有名です。 トルコで栽培されているスミルナという白いイチジクはドライフルーツにして食べると美味しいと言われており、フランスで栽培されているビオレ・ソリエスという品種のイチジクは果肉が柔らかくて甘いイチジクなのですが、流通量が少ないためなかなか入手することが出来ません。 そんな数あるイチジクですが、日本で栽培されているイチジクは果皮がぶ厚いため剥きやすく、あまり果皮ごと食べる方はいらっしゃいません。 しかし、お菓子や料理に使用する際はやや硬めのイチジクを使うことが多く、果皮が剥きにくいため熱湯に漬け込んでから冷水に漬けるとツルンと果皮を剥いてから調理に使用します。 一方、海外のイチジク 西洋イチジク は日本と違って果皮が薄いイチジクが多く、果皮ごと食べるのが一般的です。 ドライフルーツとして食べられるイチジクはそのまま食べるのが一般的です。 中にはイチジクの果皮が固い場合がありますが、ヨーグルトに漬けこんで一晩おくと、フニャフニャとした柔らかいドライフルーツのイチジクとなりますので、お試しください。 しかし、初めてイチジクを食べる方にとってどのように果皮を剥けば良いのか悩むかと思います。 実はイチジクを簡単に剥く方法があるので、ご紹介したいと思います。 果肉を覆っている薄い膜や種子は食べても害はありませんのでご安心ください。 イチジクを食べやすい大きさにカットしたい場合の剥き方をご紹介します。 もし、手で果皮を剥くことが出来るのでしたら、無理してナイフを使う必要はありません。 イチジクは果皮ごと食べても問題ない果物です。 果皮が固くてぶ厚い場合は向いて食べ、果皮が薄いものはそのまま食べるのが一般的な食べ方と言って良いでしょう。 栄養面での違いはありませんのでお好みで召し上がると良いでしょう。 ですが、食べ過ぎると下痢になったり、皮膚の弱い方は口角炎を引き起こす危険性があるのでイチジクを食べる際はご注意ください。 スポンサードリンク.

次の