レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期。 レム睡眠・ノンレム睡眠とは?それぞれの活用方法や目覚まし時計も紹介

レム睡眠とノンレム睡眠って何?

レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期

体内時計と、睡眠と覚醒のリズムは深く関わっています。 では睡眠と覚醒のリズムが崩れたとき、どう修正すればよいのでしょうか。 睡眠中は「レム睡眠」という浅い眠りと、「ノンレム睡眠」という深い眠りが交互に現れます。 レム睡眠時の脳は覚醒状態に近く、体は弛緩します。 夢を見るのはこのときが多く、体は弛緩していて動きません。 意識があるのに動けない「金縛り」は、この状態のときになります。 ノンレム睡眠は深い眠りですが体は動き、寝返りも打てます。 成長ホルモンをはじめとするホルモン分泌などもこのときに行われています。 レム睡眠とノンレム睡眠は図のように繰り返し、始めはノンレム睡眠がより深く長く出現し、起きる前には浅めで短いレム睡眠が多くなっていくのが一般的な睡眠のリズムです。 このリズムは1回1時間半くらいで繰り返し、4~5回繰り返すと、熟睡感と快適な目覚めが得られるといわれています。 ところで、睡眠のリズムを4~5回繰り返すには、7~8時間になるはずです。 では4~5時間しか眠らないショートスリーパーや、9時間以上眠るロングスリーパーの睡眠はどうなっているのでしょうか。 ショートスリーパーの睡眠を調べてみると、レム睡眠が短く、ノンレム睡眠が長いため、夢を見ずに深く眠っているようです。 逆にロングスリーパーは寝つきが悪いため深い眠りが訪れるまでに時間がかかり、浅い睡眠を繰り返す傾向があるようです。 睡眠時間の長短に関わらず疲れが取れて熟睡感があれば問題ありませんが、本来7~8時間の睡眠を必要とする人が短時間睡眠となっている場合は、疲労の蓄積がいずれ心身の不調となって病気になる危険性が高まるので、注意が必要です。 また、長時間寝床にいると睡眠の質が落ち、深い眠りを得られなくなることも。 1回の睡眠は8時間程度までにし、寝床に入るのは睡眠時限定にしましょう。 人間の体内時計は約25時間といわれています。 この周期は、毎日同じ時間に起き、日光を浴びることで24時間にリセットされます。 日光を浴びないと睡眠と覚醒のリズムが1日約1時間ずつ後ろにずれ、社会生活が営めなくなったり、生体バランスが崩れるため体温・ホルモン分泌・心拍数などの生理的機能のリズムも崩れてしまったりします。 社会生活を健全に保つためには毎日同じ時間に起き、体内時計をリセットすることが大切です。 なお、体内時計が「活動モード」なのは、起床後12~13時間程度。 その後は「お休みモード」になり、徐々に眠くなります。 ですから朝6時に起きた人は、18時~19時までが活動しやすい時間帯。 22時過ぎにはかなり眠くなるはずです。 作業効率も落ちるので、重要な仕事や勉強を夜遅くにするのはやめたほうがよいでしょう。 仕事の状況や職種によっては、徹夜することやごく短時間の睡眠になること、夜勤で同じリズムで生活できないことなどもあるでしょう。 こんなとき、どのようにリズムを修正すればよいでしょうか。 短時間睡眠が続くとき 繁忙期などに短時間睡眠が続いたとき、一段落ついた後にはたっぷり眠りたいものですが、一度の睡眠は8時間までとしましょう。 長時間眠るほど疲れが取れるわけではなく、寝過ぎは寝不足と同じくらい睡眠のリズムを崩し、心身に悪影響を与えます。 通常通りに起きて、普段のリズムを取り戻すことが大切です。 早朝に起きるとき 普段7時間眠っている人が、3時間早く起きなければならないときは、就寝時間を2時間早めてください。 睡眠時間は1時間短くなりますが、6時間寝ればなんとかなります。 なかなか眠れなくても2時間前には寝床に入り、体を休めましょう。 6時間を目標に、少しでも眠ってください。 起きられるか不安で徹夜すると、脳の働きが悪くなります。 夜勤のとき 夜勤であらかじめ徹夜をすることがわかっている場合、前夜まではいつもと同じ時間に眠ります。 夕方から勤務で昼間時間があっても眠らずに、就寝は日勤のときと同じ時間に。 夜勤明けは休日の場合が多いようですが、日中に眠るとリズムが崩れます。 眠くても我慢し、夕飯を早めにとり、2時間程度休息をとってから就寝。 翌朝は日勤と同じ時間に起きましょう。

次の

眠りの周期について

レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期

睡眠が90分周期は嘘!? こんにちは。 PSYLINKSのだいきです。 今日は睡眠の質を良くしたいと ネットで調べていたら必ず見る言葉 「レム睡眠」「ノンレム睡眠」 についてお話していきます。 そもそもレム睡眠、ノンレム睡眠って なに?と思った人は安心してください。 この後、しっかりと丁寧に 説明していきます。 それよりも問題なのが 「ああ、それね。 もう知ってるよ」 と思ったそこのあなた! 本当にレム睡眠、ノンレム睡眠の 特徴を理解していますか? 例えば、 睡眠の質は90分周期で 交代していくとか思ってませんか? 残念、それは間違いです。 レム睡眠、ノンレム睡眠の周期が 90分だと思っていた人は 今すぐにこの記事を最後まで読んで 認識を改める必要がありますね。 そんなわけで今日は 睡眠の質に焦点を当てて お話をしていこうと思います。 睡眠の質は2種類 レム睡眠とノンレム睡眠 まずは、睡眠の質を語るときに 必ず出てくる2つの単語について 説明しましょう。 それは、 「レム睡眠」と 「ノンレム睡眠」 という言葉です。 ちなみに レム睡眠のレムとはREM。 Rapid eye movement の略で、 睡眠中に目が小刻みに高速で動いている ことから命名されました。 さて、この2つの特徴について あまり専門的なことを話しても つまらないだけだと思うので ざっくりとイメージだけお伝えします。 レム睡眠の特徴 ・眠りが浅い状態 ・脳が活発に動いている ・夢を見ていることが多い ・記憶を固定しようとしている ノンレム睡眠の特徴 ・眠りが深い状態 ・脳も体も休息している ・ストレス解消 ・各種ホルモンを分泌している ・居眠りのほとんど がこちらに該当 睡眠中は基本的に この2つの状態を行き来している ということが分かっています。 例えば、 寝起きに頭が ボーっとしているときって ありますよね。 これは、ノンレム睡眠で 脳が熟睡しているときに 無理に目覚めたことが原因なんです。 休息していた状態から 急に動き出すとめまいを起こすのと 同じ原理なわけです。 だから、目を覚ますときには 出来るだけ眠りの浅い状態。 つまり、 レム睡眠時に起床すると スッキリとした目覚めを 味わうことが出来ます。 とはいっても、眠っているときに 「あ、レム睡眠だから起きるなら今!」 なんて分かるはずがないですよね。 そこで、睡眠中のどのタイミングで レム睡眠が訪れるのかを 知っておく必要があるのです。 睡眠の質について調べると、 ネットでも本でも人に聞いても まるで口をそろえたかのように 同じ答えが返ってきます。 恐らくあなたを含めて ほとんどの人が眠りの深さは 90分周期で入れ替わると 思っていることでしょう。 だからこそ私は この記事を書きました。 「レム睡眠とノンレム睡眠の周期は 90分ではない。 」と伝えるために!! このように言うと、 「そんな馬鹿な!」と思うかもしれません。 ですが、 近年の睡眠学研究によって レム・ノンレム睡眠の周期は 「人によって異なる」ことが 分かってきているのです。 確かに平均的には 約90分周期なのかもしれません。 しかし、個人差によって 80分周期の人もいれば 110分周期の人もいるのです。 参考文献 ・快眠のための朝の習慣・夜の習慣 ・一流の睡眠 つまり、以前このブログで紹介した 適正睡眠時間と同様に、 一般論に惑わされず 「自分にとって最適な睡眠サイクル」を 検証することが必要なのです。 自分の睡眠周期を知る では、実際に 自分の睡眠周期を知るには どのような方法があるでしょうか? 寝ている間の自分の状態を 自分で確認するのは不可能です。 そこでおすすめなのが、 アプリや といった 自分の睡眠状態を記録してくれる ツールを使うことです。 例えば、今からネットで 「睡眠周期 アプリ」と 検索してみて下さい。 そこには、 レム睡眠のタイミングを狙って 起こしてくれるアラームなるものが たくさん紹介されています。 (ちなみに私は、 Sleep -睡眠サイクルアラーム- というアプリを使っています。 ) このようなツールを使って 自分の睡眠周期を把握し、 その周期の倍数の時間で 起床するようにすれば いつでもすっきりとした目覚めを 手に入れることが出来ます。 是非、「あなた」に最適な 睡眠サイクルを検証してみて下さい。 最後まで読んでいただき ありがとうございました。

次の

正しい睡眠

レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期

こんにちは しろこ です。 今回は [レム睡眠・ノンレム睡眠]についてご紹介していきます。 睡眠の種類 [睡眠]には 身体を休めるための眠り [レム睡眠]と [脳]と [身体]を休める眠り [ノンレム睡眠]があります。 さらに4段階の [眠りの深さ]に 分けることができます。 この [睡眠]の種類は個人差はありますが 一定時間の周期と共に巡ります。 レム睡眠 [脳]が記憶を整理する状態です。 [脳]が浅い [睡眠]に入ります。 夢を見ることがあります。 [睡眠]に入り60分ほどで [脳波]は [ノンレム睡眠]の [段階1]に近い状態に入り 身体の筋肉の動きが低下し [急速眼球運動]という [睡眠]中に眼球だけが動く状態になります。 英名:REMs(レムズ)=Rapid Eye Movementsが [レム睡眠]の語源です。 [レム睡眠]中は [脳]の [覚醒]状態を継続 つまり、身体だけ寝て [脳]は起きている 状態になります。 [レム睡眠]中は、浅い [睡眠]ではなく 外部からの刺激を遮断する機能があるので 眼が覚めやすいということはありません。 ノンレム睡眠 [脳]を休めるための状態です。 [レム睡眠]時に起こる [急速眼球運動]はありません。 [脳]の冷却、深部体温のコントロールのため 寝汗をかくことがあります。 ストレスが取り除かれ、身体や筋肉の緊張が下がります。 [ノンレム睡眠]には4つの段階があります。 第1段階 声をかけることで、即座に眼が覚める浅い眠り。 第2段階 聴覚のみが働いている状態の眠り。 4段階 [徐波睡眠・深睡眠期]、[脳・身体]共に休んでいて物音では起きない状態。 睡眠の周期 [睡眠]に入ると、始めに 浅い [ノンレム睡眠]に入ります。 時間と共に [睡眠]が段々と深くなります。 しばらく深い [睡眠]が続き その後、浅い [睡眠]になり [レム睡眠]へと移っていきます。 最初の [レム睡眠]が訪れるまでの周期として 成人の方で平均約90~120分です。 新生児やは40~50分の周期になるので 大人とは違うサイクルで夜中に泣いたりします。 [レム睡眠]は平均約5~40分ほど続き その後 [ノンレム睡眠]へと移っていきます。 [ノンレム睡眠3・4]は睡眠全体の前半部に多く現れ [レム睡眠]は後半に多く現れます。 一般的に 1回の[睡眠]で [レム睡眠]と [ノンレム睡眠]を3~5回繰り返します。 眠り始めて最初の3時間が最も [ノンレム睡眠3. 4]の 割合が多く一回の [睡眠]の80~90%です。 睡眠時間の後半は [ノンレム睡眠2][レム睡眠]の 割合が多くなります。 起床・覚醒の時間をコントロールしやすくなります。 まとめ [睡眠]を知りコントロールすることで 決められた時間で計画的に [睡眠]をとる ことができるようになります。 しっかりと [身体]と [脳]を休め 24時間という限りある時間を有効に使う 手立てになります。 ご自身固有の [睡眠]を知れば 何時に寝て、何時に起きたら 一番、寝起きが良く疲れが取れるか。 を 知ることができます。 shirococco.

次の