グロー センス 価格。 【本日発売日】グローセンスの価格と予約購入方法【新型glo】

【レビュー】glo sens(グローセンス)を使ってみた。その実力やいかに?

グロー センス 価格

本体価格:3,980円• 専用たばこ:490円 価格は、4,000円を切る値段設定となりました。 似通っている低温加熱型デバイスとして「プルーム」シリーズがありますが、定価は以下の通り。 プルームテックより約1,000円高く、プルームテックプラスより1000円安い価格設定となっています。 なんとも絶妙な価格設定で、完全に「プルーム」シリーズに当てに来ている感がありますね。 グロー・センスの購入方法・条件 グロー・センスの購入には条件があります。 正式発売は、2019年8月19日ですが、この発売日に全員が購入できるわけではありません。 この応募受付のために、アンケートの回答をした人だけに後日購入方法が案内されます。 応募にあたっての条件は以下のとおり。 大事なことなので確認しておきましょう。 東京都在住の成人喫煙者限定です。 その他の地域の方、未成年の方、非喫煙者の方はご応募いただけませんので、あらかじめご了承ください。 本製品への応募は、アンケートへの回答が必須です。 転売目的の方のご応募や権利の委譲は、固くお断りしております。 お一人様1日10パック(または1カートン)の数量限定販売です。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 今回本製品をご購入できるのは、お一人様1台に限ります。 本応募は東京都在住の方を対象とした限定販売です。 応募状況等に関するお問い合わせには一切お答えできません。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンに属する者、並びにその関係者は応募できません。 判明した場合には購入の権利が失効いたします。 当社が不適切、不適当と判断した場合には権利を失効させていただきます。

次の

アイコス、グロー、プルーム、パルズ を比較! 加熱式タバコの現状まとめ《2020年最新》

グロー センス 価格

グローセンスの温度は明らかになってませんが同程度の加熱温度と予測できます。 共通するのはどちらも火を使わないため匂いが少なく残らずで、紙巻きに比べて有害物質を削減する。 と謳われてます。 が、高温より低温の方がさらに「負担」が少ないです。 吸い応え重視の方には高温加熱型がおすすめですが、自身含め周囲にも気を使いたい方には様々な観点から低温型のメリットの方が遥かに大きいです。 てことで、今回ご紹介の低温加熱のグローセンスを開封してみました。 glo sens グローセンス レビュー マグネット開閉式の立派なパッケージ。 限定カラーを除けばブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4種類。 今回はブルーを選択してみました。 キャンペーン価格がそのまま定価になりました。 それにしても980円て。。 付属品 同梱品は以下の通りです。 glo sens本体• ACアダプター• USBケーブル micro• 収納袋• デバイスキャップ• カートリッジ&ポッドのダミー• 取扱説明書 付属品は他製品よりも種類豊富で豪華です。 収納袋とシリコン製のキャップまで。 衛生面にも気を使われてます。 実は本体には予めダミーカートリッジとたばこポッドが装着されてる状態で「使用不可」と記載済み。 「これ何に使うの?」と感じますが特に使用目的があっての同梱ではないようです。 とはいえ、先端の空PODを使えばノンニコチンでフレーバーを吸引できるので捨てるのも勿体ない。 本物のPODにはタバコ葉が詰めらてニコチン有りになります。 外観 外すと格好悪いのでダミー装着のままパシャリ。 スペックは以下の通りです。 低温加熱だとバッテリーも小さくコンパクトです。 充電時間の幅が凄いことになってますが、本体温度によって差が出ます。 充電ポートは本体下部 付属品にACアダプターがあるためコンセントでもUSB給電でもOKです。 5V1AなのでPCからの低電力で問題なく充電できます。 同メーカーの高温加熱に囲まれてみました。 こう見ると大きさはさほど変わりないですが、丸みがあって薄くて軽いです。 そもそも黒い部分が加熱式だとヒートスティックにあたるので、これがなければだいぶ変わってきますよね。 あと低温型になっても従来シリーズの特徴は受け継いでるな~と印象です。 外観はこんなところ。 そろそろダミー外して専用ポッドを装着してみます。 neo pods ネオ ポッド の取り付け ダミーを外すと接点が見えます。 専用タバコのneo podsはコンビニやたばこ販売店ではこちらの5種類。 左から簡単に説明しますと、• メロー・ブレンド:バニラ風味のレギュラーたばこ• クリスプ・メンソール:定番メンソール• アイス・ブルーベリー:ブルーベリーのメンソール• ドルチェ・ティラミス:コーヒー系フレーバー• ゼスティー・アップル:アップルのメンソール まぁこんな感じです。 ちなみに全12種類もありまして、 オンライン限定で2種類、 オンライン&gloストア限定が5種類ご用意されてます。 カートリッジ1つで180パフ 吸引 できまして、ポッド1つが60パフ分です。 つまり1つのカートリッジを使い切る前に3回ポッドを交換して、廃棄です。 このままカートリッジを本体にカチッとハメて、続いてポッドを装着すると完成です。 とても簡単。 プルームテックプラスと大きな違いでグローセンスは ボタンを押しながら吸引することになります。 こんな感じでパフボタンを押しながらマウスピースから吸いましょう! 吸い方は加熱式や紙巻きと同じ要領でOKですが、 ゆっくりと吸引する方がフレーバーの味を感じやすい。 バチッ、ジー。 と鳴るのはVAPEに近いですね~ glo sensを吸ってみた 使ってみた 感想 ボテッとしたフォルムがなかなか使いやすくて気に入りました。 吸ってみた感想は最も仕組みが近いプルームテックプラスとの比較になりますね。 まずグローセンスの吸い応え キック感 は弱めです。 喉にあたる感覚が若干乏しい! プルームテックプラスはタバコ感が大きくて喉にガツンときますが、グローセンスは優しい喉あたり。 しかしミスト量がとても多い。 フレーバーの味がみずみずしくて美味しい。 最初は独特なにおいと言いますかクセもあったんですが、次第にそれも感じなくなり、、慣れたようです。 純粋に香りではグローセンスが一枚上手かなぁと、そしてモクモクミストの爽快感も良いですね。 悪くないですが、単純にキック感を重視するならプルームテックプラスを推しときます。 あと1箱あたりのパフ回数も要チェック。 名称 吸引回数 1箱値段 グローセンス 180パフ 500円 プルームテックプラス 250パフ 500円 キック感に加えてコスパで考えてもプルームテックプラスが上になっちゃいます。 どちらにも良いところありですね。 もう1度言いますと、グローセンスのミスト量としっとりしてみずみずしいフレーバーは好きです。 glo sensの特徴 基本的な使い方は先に説明しましたが、その他性能は下記になります。 フル充電で180パフ可能です。 ちなみになんですが、 いちいち数える人もいないと思うので、味が薄くなったな~と思った時に交換すれば良いだけでもあります。 つまり、何ものにも縛られず交換のタイミングは自分で決めるわ!って方にはメリットにもなり得ます。 動作温度にちょっと厳しい エラー時の赤LED20回点滅。 これにちょいちょい遭遇します。 例えば、• 8秒以上の一服時間• 過剰な使用 による加熱• 8秒とかそんなに吸わないで宜しいって感じですが、連発して使っても本体温度が上昇してエラーになりやすいのかなと 多少。 落ち着けってことでしょうか。 あと寒い時の屋外や車内では本体温度が下がってエラーに。 私は北海道なんで、寒さ負けするケースにたまに出会います。 そこまで気にする必要にあらずですけど、他の加熱式に比べてちょっと厳しめかなという印象です。 低温加熱型グローセンスまとめ 880円のシェル装備中 タバコてきな観点からみると、• においがほぼしない• キック感は弱め• ミスト量が多い• フレーバー本来の味を楽しめる フルーティなフレーバーだとむしろ、良い匂いがする~とまで言われてしまうほどの低温加熱式は周囲配慮にもおすすめです。

次の

グローセンスでまたも価格が崩れる・・・今度は980円ですって。あまり売れてないのかな?

グロー センス 価格

gloの値段が大幅値下げ【価格一覧】 これまで、キャンペーンを通じて値下げを行ってきたグローですが、ついに定価を値下げしてきました。 以下に、これまでの価格と値下げ後価格を一覧にします。 デバイス これまでの価格 値下げ後価格 glo pro(グロー・プロ) 4,980円 2,980円 glo nano(グロー・ナノ) 3,980円 1,980円 glo sens(グロー・センス) 4,980円 980円 グロープロとグローナノは、2000円割引。 グローセンスに至っては4000円の割引になります。 ここまで定価を値下げしちゃって大丈夫・・・?と思うほどの大胆な価格変更です。 昨今の加熱式たばこのシェア争いは非常に過熱しておりますが、ここに極まれり。 といった具合の値下げです。 グローセンスの980円とは、もはやいったい、本当に電子機器の価格なのか? グロープロの画像(2020年2月撮影) はじめに、グロープロです。 グロープロはこれまでのグローの中でも一番のハイエンドモデル。 他にはない、「ブーストモード」が搭載されており、同じたばこスティックでも高い満足感を味わうことが可能なモデルです。 グロープロのスペック 過熱時間 通常時:20秒 ブースト時:10秒 使用時間 通常時:4分 ブースト時:3分 充電時間 約90分 連続使用回数 約20回 重量 約98g サイズ 高さ:82mm 横幅:43mm 奥行:21mm 実際にレビューしたところ、フィリップモリスのアイコスに近い、力強い味わいを愉しむことができました。 また、すぐに利用できるブーストモードが非常にグッドな良機体です。 グローナノの画像(2020年2月撮影) 続いて、グロー・ナノです。 グローナノは高温型のグローの中では一番持ち運びに特化したモデルです。 細長い形状なので非常にスタイリッシュ。 外出時にサッと持っていくのにとても適しています。 グローナノのスペック 加熱時間 約40秒 使用時間 3分30秒 充電時間 約60分 連続使用回数 約10回 重量 61g サイズ 高さ:95mm 横幅:32mm 奥行:21mm 実際に利用したところ、そのコンパクトさは格段に良いと感じました。 「グローミニ」という持ち運びモデルもありますが、「グローナノ」の方がよりポケットやカバンの隙間に入りやすいです。 「グローセンス」は「グロープロ」や「グローナノ」とは異なる、低温加熱型のたばこデバイスです。 たばこスティックではなく、リキッドタイプのフレーバーを過熱して愉しむタイプで、ニオイが非常に少ないのが特徴です。 グローセンスのスペック 加熱時間 なし。 5mm 奥行:21. 7mm 実際にレビューしたところ、JTのプルームテックに近い、ニオイ抑えめのタイプでした。 しかし、独自のフュージョンテクノロジーが、グローセンスだけの力強さを発揮していて、この点はかなりグッドです。 レビュー記事でもその驚きが伝えられていると思います。 ここまで、各グロー本体の値下げ情報と、それぞれのスペックなどをあらためて見てきました。 まさか、本体定価価格をここまで値下げするとは思いませんでいた。 3月からこの価格改定でスタートしますが、実はここまでグローはキャンペーンで値下げを何回か行っています。 そういったキャンペーンを、「えい!もうこのまま続けちゃえ!」的なノリでそのままGOしちゃったかのような価格改定かと思います。 競合も、プルームテックが定価の値下げを行っています。 プルームテックプラスが2000円、プルームテックが500円の割引を実施しました。 しかし、まさか定価が3桁台になるとは・・・と、各社も思っていることでしょう。 今回のグローの値下げで、ますます過熱式たばこ市場のシェア争いは熾烈なものになっていくでしょう。 アイコスさんでは引き続き加熱式たばこ情勢をお伝えしていきます。

次の