ニンフィア育成。 【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ニンフィア育成論

ニンフィア育成

全国 No. 700 ニンフィア 分類 : むすびつきポケモン タイプ : フェアリー 高さ : 1. 0 m 重さ : 23. 手持ちの先頭にいると、性別の異なる野生ポケモンが出現しやすくなる。 隠れ特性 夢特性 フェアリースキン ノーマルタイプのわざがフェアリータイプになり、威力が1. 3倍になる。 ニンフィアのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ニンフィアの特徴 【良いところ】• ニンフィアはポケモンXYで新登場したフェアリータイプのポケモン。 「りゅうせいぐん」などのドラゴン技でダメージを受けないほか、メジャーな格闘タイプにも耐性を持ちます。 ニンフィアの弱点は毒と鋼のみであり、どちらのタイプの技も超メジャーという訳ではありません。 鋼技は使われることがありますが、鋼技に耐性を持つポケモンは多いのでポケモン交換により対応しやすいです。 ニンフィアは特殊耐久が高く、特殊技なら弱点を突かれても耐えてくれます。 ニンフィアはイーブイの進化形であり、「ねがいごと」「あくび」「バトンタッチ」などブイズならではの補助技が使えます。 イーブイズのポケモンは攻撃技のバリエーションの少なさでも知られます。 ニンフィアも例にもれず覚える攻撃技は少なめですが、メインウェポンとなるフェアリー技が半減されにくいのがいいところ。 夢特性フェアリースキンは、ニンフィアが使ったノーマル技がタイプ一致のフェアリー技となり、さらに威力が1. 3倍される強力な特性。 BW2でイーブイに教え技「ハイパーボイス」を覚えさせ、でXYに連れてくればフェアリー技「ムーンフォース」よりも強力なメインウェポンとなります。 ノーマル特殊技といえば最高威力は「はかいこうせん」ですが、反動ターンが危険な上に技枠が足りないのでこれは一発ネタ用で・・・ 【悪いところ】• ニンフィアは素早さ種族値が60と遅く、防御が低いので物理耐久にもそこまで期待できません。 相手が物理ポケモンを多く使用した場合、ニンフィアには辛い戦いになります。 またニンフィアは「めいそう」で特攻を上げられますが、素早さが遅いため全抜きアタッカーになることも期待できません。 ニンフィアは誰でも相手できるポケモンではなく、戦う相手を選ぶポケモンです。 それでもHP種族値が95あるので、努力値調整により物理技を耐えることも可能です。 ニンフィアと同じ単フェアリーポケモンで種族値が似たポケモンにフラージェスがいます。 フラージェスは物理耐久以外がニンフィアより高いため、パーティや技の構成によってはフラージェスを使った方が良くなってしまいます。 ニンフィアを使うなら「バトンタッチ」「シャドーボール」などニンフィアだけが覚える技を生かしたり、フラージェスよりも高いHPからの「ねがいごと」サポートをしたいところです。 フェアリータイプのポケモンはニンフィア以外にもいるので、ニンフィアを使うならなるべくニンフィアだけができる構成にしたいところ。 瞑想バトン型は、ブイズの補助技「バトンタッチ」を使い、「めいそう」で上がった特攻・特防をアタッカーに引き継ぐ型です。 この型は瞑想バトンを使わないときでも、ドラゴンや格闘といったタイプのポケモンに繰り出したり、場合によっては「めいそう」で上がった特攻を自分で生かすことで活躍できます。 「メロメロボディ」は運がからむのであまり頼れない特性ですが、格闘技などの直接技にニンフィアを繰り出すことが多くなるなら発動が期待できます。 隠れ特性の「フェアリースキン」にすればノーマル技の「ハイパーボイス」が威力1. 3倍のフェアリー技となり、火力アップします。 特殊耐久は無振りでも高いです。 防御に振っておくことで格闘ポケモンへの繰り出しが安定し、撃ち合いにも強くなります。 HP148以上振ると、丁度メガゲンガーのヘドロウェーブも確定で1発耐えます。 耐久を落として特攻に振ってもOKです。 素早さ60族にはギルガルド、ジバコイル、ブルンゲル等がいるので多めに振るのもアリですが、ニンフィアより素早いポケモンは相手も素早さ調整をしていたりで抜きにくいかもしれません。 性格・努力値にこだわりが無いときは、とりあえずずぶとい防御特化でOKです。 ニンフィアが倒れにくくなる「たべのこし」がオススメです。 「バトンタッチ」「めいそう」は瞑想バトン型なので確定です。 「ムーンフォース」「ハイパーボイス」「ドレインキッス」はメインウェポンです。 特性が通常特性「メロメロボディ」なら「ムーンフォース」、夢特性「フェアリースキン」なら「ハイパーボイス」がメインウェポンになります。 「ハイパーボイス」はBW2の教え技でイーブイに教えた上で、ポケムーバーでXYに連れてくる必要があります。 「ハイパーボイス」は音を使った技ですが、XYでは音系の技が強化され、相手の「みがわり」を貫通するようになりました。 特性「フェアリースキン」の効果で「ムーンフォース」よりも高威力なこともありオススメです。 「ドレインキッス」は攻撃のついでに回復もできる技ですが、威力が50と低いのであまりオススメできません。 「シャドーボール」「めざめるパワー地面」「サイコショック」は牽制技でいずれか選択です。 どちらもフェアリー技に耐性がある炎・毒・鋼タイプに対して交代読みで使ったり、撃ち合いで弱点をついていきます。 ポケモンXYでは鋼タイプに「シャドーボール」が等倍で通るので、基本的には威力の高い「シャドーボール」で十分です。 「シャドーボール」ならギルガルドの弱点も突けるので、ギルガルドの「アイアンヘッド」を耐える程度の物理耐久調整をかけているならオススメです。 「めざめるパワー地面」は少し低威力になりますが、炎・毒・鋼全ての弱点を突けるのでフェアリー技と相性がピッタリ。 ついでにの4倍弱点も突けます。 飛行タイプや特性「ふゆう」の相手に効かないので、「シャドーボール」よりも等倍以上をとれる相手が狭まるのがデメリットです。 「サイコショック」は毒タイプの弱点を突けます。 高威力でもなく鋼タイプに半減されますし、毒ポケモンはマイナーなのであまりオススメできません。 「ねがいごと」を使ってから交代することで味方ポケモンを回復させるサポート型です。 まずニンフィアが有利なポケモンに繰り出し、相手の交換を読んで「ねがいごと」。 次に相手の交換先のポケモンに有利なポケモンに交代すれば、こちらの交代先のポケモンが「ねがいごと」の効果で回復できます。 「ねがいごと」でサポートする型は、同じくブイズのなどでもできます。 地面や岩といったポケモンに対抗したいならシャワーズ、ドラゴンや格闘といったポケモンに対抗するならニンフィアをパーティに入れましょう。 上記めいそうバトン型と同様です。 上記めいそうバトン型と同様です。 ニンフィアを繰り出せる回数が上がる「たべのこし」がオススメです。 「ねがいごと」は味方のサポートをできる技。 ニンフィア自身の回復もできます。 「ムーンフォース」「ハイパーボイス」「ドレインキッス」はメインウェポン。 選ぶ基準は、上記めいそうバトン型と共通です。 タイプ一致技なので、いずれかは必ず入れます。 「シャドーボール」「めざめるパワー地面」「サイコショック」は牽制技となります。 こちらも選択基準はめいそうバトン型と共通です。 「リフレクター」は交代読みで使うことで味方の物理耐久を上げられます。 場合によって「ねがいごと」と使い分けることもできます。 ニンフィアは「ひかりのかべ」も覚えますが、ニンフィア自身が特殊耐久が高いことから物理アタッカーを呼び寄せやすいので「リフレクター」の方が安定すると思います。 「まもる」は「ねがいごと」を使った後のターンで使うことで、ニンフィア自身を確実に回復させられる技。 「バトンタッチ」は相手の交代読みで使うことで、相手の交代先を確認してから自分の後続ポケモンをノーダメージで場に出せます。 「ねがいごと」と異なり後続の回復はできませんが、確実に無償降臨させられる技です。 注 パーティメンバーにもよりますが、「バトンタッチ」の方が使い勝手が良いと感じてしまった場合、「ねがいごと」がいらなくなってしまいます。 そのときはめいそうバトン型に転向するかバトンタッチを絡めたフェアリーポケモンとして活躍させてもOKですが、ねがいごと型ではなくなってしまいます・・・。 また後続ポケモンの無償降臨をメインで重視するなら「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」でダメージを与えつつの交代ができるので、パーティを組み替えてこれらの技を覚えるポケモンを入れた方が良くなってしまいます。 役割関係.

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

ニンフィア育成

ニンフィアの基本情報 タイプ・特性 タイプ フェアリータイプ 特性 メロメロボディ 自分に触った相手を メロメロにすることがある 夢特性 フェアリースキン ノーマル技がフェアリー技に 変化し、威力が1. 努力値を素早さに76振ると、素早さの性格補正無しS4のアーマーガアを抜くことができます。 また、努力値を素早さに20振ると性格補正無しのS4バンギラスを抜くことができます。 ニンフィアの用途によって努力値の振り方が変わってきますが、アーマーガアやバンギラスの対策が必要ない場合は、無駄になりにくいHPに252を振ってしまってもいいでしょう。 2倍になります。 弱点を突けるかくとう、あく、ドラゴンに対して有効です。 マジカルフレイム 確定技 フェアリーの弱点であるはがねタイプに対して有効な技です。 現環境で比較的使用率の高いナットレイやアーマーガアに対応することができます。 シャドーボール 選択技 エスパーやゴーストタイプに対応したい場合に覚えさせておきましょう。 サイコショック 選択技 弱点であるどくタイプに対応したい場合に覚えさせましょう。 でんこうせっか 選択技 ダイマックスしたドラパルトなどに対して確1をとれなかった場合の保険として使用 ニンフィアの与ダメージ計算 ハイパーボイス フェアリースキン、ひかえめ、C252のニンフィアがハイパーボイスを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 マジカルフレイム ひかえめ、C252のニンフィアがマジカルフレイムを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載してます。 ニンフィアの弱点・対策 物理で攻めよう ニンフィアは防御の種族値が低めに設定されています。 逆に特防の種族値が高く設定されており、チョッキを採用している場合が多いので特殊技で突破するのは得策ではありません。 物理ダメージで攻めれば倒しやすくなるので、ニンフィアを突破する場合は物理アタッカーを編成しておきましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ニンフィア育成

ほんとはHP191にしたかった オススメの型 自分が使ってみて強かった代表的な型を紹介します。 そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 4振りバンギ抜きさえしておけば耐久調整などしなくていい。 イーブイズパーティだけじゃなくて、普通のパーティでもシンプルに強いと思います。 何が強いのかいまいち伝わりにくいです。 プレート持って確定数が変わるポケモンは多すぎて計算してないです。 感覚でやってます。 すみません…。 役割対象がハッキリしていない。 今作は鋼技が至るところから飛んでくるため発動機会も多いです。 実際、一番よく鋼技を使ってくるドリュウズのアイアンヘッド程度なら耐久調整で耐えることも可能です。 しかし、戦いの中で 「HP満タンのニンフィアがダイマックスを使わずにドリュウズのアイアンヘッドを受ける」ことはほぼありません。 HPが削れている可能性、相手が「ダイスチル」を打ってくるリスク、そもそもマジカルフレイムじゃドリュウズを倒せない…など理由はたくさん思いつきますね。 そんなわけで、リリバの実が強いんです(説明が雑) 仮想敵というよりは鋼技を持つすべてのポケモンに対して選出段階で動きの想定が広がります。 なので文章で説明するのが難しいところです。 そんなわけで使い方は難しいので初心者にはオススメできないと言うことと「あくび」の枠は自由枠ですということだけ最後に言っておきます。 自由枠だけど「ダイウォール」が使えないとしんどいので、補助技のほうが良いと思います。 木の実持つしHP多めのほうが良かったかな? 育成当初は命の珠を持たせる構想もあって、とりあえずHPは反動考慮の189にしました。 瞑想がとても強いので、このニンフィアは結構オススメ。 サイコショックの枠を眠るに…とか思うかもしれませんが、瞑想合戦やドヒドイデへの打点としてめちゃ優秀なので必須だと感じています。 イーブイズパーティだと鋼技を受けてでもその相手を倒したい場面が多く、無茶してくれるこの型は非常にマッチしていた。 ただ、最終盤はリリバの発動機会がそこまで多くなかったのも課題。 エーフィ・ゲンガーをまったく見ないかというとそんなことはないので、振ったほうがいい。 意地っ張りキリキザンとかは中乱数1発なので注意が必要です。 シンプルに強いのでイーブイズパーティ以外でとりあえず適当に使いたいなら真っ先にオススメしたい。 フォルムロトムを抜くことも多いので非常に強かった。 ただしイーブイズパーティでメガネニンフィアが選出が難しかった感はある。 つぶらなひとみの枠は補助技ならなんでもよくて、無難なところならあくびとかうそなきでも。 その上位層ニンフィアは素早さを振ってないことが多いので上から瞑想や身代わりできるように12振りしている。 バンギラスは仮想敵じゃないので気にしないことにしています。 気にしろ。 キョダイラプラスが解禁されたこともあり、瞑想ニンフィアは強かったのですが、 パーティ全体として見たときに、食べ残し枠がニンフィアになるのが結構つらい気がした。 努力値配分や技構成は大いに変更の余地あり。 マジカルフレイムがびっくりするぐらい使わない。 明らかに強いことは強いのですが「後攻で壁を貼る動きがもったいない」「有限の壁と時間稼ぎになってしまうあくびの相性が悪い」「ニンフィアは強いポケモンだから壁貼り役にするのはもったいない」などの理由で使用率は微妙な感じだった。 上記理由もあり当初採用していた「あくび」はマジカルフレイムになりました。 これだと結構強いですよ、みなさん。 理由は一つだけで、「ダイアタック」を使えるからです。 相手の素早さを下げる追加効果のある「ダイアタック」はダイマックスしたニンフィアと相性バツグン。 ドリュウズと素早さを逆転させて突破、ヒートロトムを無理やり突破などダイマックス性能が飛躍的に向上します。 なお、物理耐久はかなりペラペラなので油断するとすぐやられます。 ダイアタックが強い型なので、耐久に振るとしたら特攻を削るしかないですね…。 「ダイマックス前提の動き」をするなら、絶対にメロメロボディの方が強いと思いました。 フェアリースキンさん、ダイマックス状態だと威力補正乗せてくれないんで。

次の