お ぼ 方 晴子。 STAP細胞論文の理研の小保方晴子の現在は?

小保方晴子に関するトピックス:朝日新聞デジタル

お ぼ 方 晴子

小保方 晴子 生誕 小保方 晴子(おぼかた はるこ) 1983-09-25 (36歳) 居住 国籍 研究分野 、、 研究機関 、 ブリガム&ウィメンズ病院 ()、 CDB 出身校 卒業 早稲田大学 理工学研究科修了 指導教員 、、、 、 主な業績 細胞シートの研究 (STAP、STAP細胞、STAP幹細胞、FI幹細胞) 影響を 受けた人物 、 主な受賞歴 日本再生医療学会総会 ベストポスター賞 小保方 晴子(おぼかた はるこ、〈58年〉 - )は、の元。 1月末にのを誌に発表し「の星」として一夜にして時代の寵児となった。 しかし当該論文やに不正が発覚し、一転疑惑の人物としてさらに大きく話題となった。 理化学研究所の上司はこの騒動を受けて自殺し、マスメディアの報道姿勢や警察の対応も問われた。 学位は猶予期間を経て11月に取り消され 、理化学研究所も退職した。 事件後に発表した手記『』はベストセラーとなった。 『』に連載を持った。 概要 [ ] 客員研究員、発生・再生科学総合センター客員研究員、同・リプログラミング研究ユニットリーダー として、の研究に従事。 1月の誌に、遺伝子導入を伴わない方法で全てのとに分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞と命名された)を作出したことを筆頭著者として論文報告し、「の星」 として注目を集めた。 しかし、自身の博士論文も含めて論文不正や研究実態の疑義が問題となり、STAP細胞の論文は撤回された。 8月5日には上司であり論文執筆を指導した教授がメディアによる批判の渦中で自殺し、小保方は12月21日付で理化学研究所を退職した。 小保方の研究者としての行く末や自身による検証実験の行方が大きな注目を集めた。 研究内容のほかに人物像や記者会見、に関する報道も耳目が集まり、多くの批判意見や擁護意見も世間を騒がせた。 インターネットの匿名掲示板ではSTAP細胞論文の発表から1年間で86万件以上の書き込みがSTAP細胞や小保方についてなされた。 一方、や、が告発した東京大学医学部の事案に比べれば、このSTAP細胞問題の重大性は低いのではないかとも言われている。 来歴・人物 [ ] 幼少期から早大卒業まで [ ] (58年)生まれ 、出身。 、 卒業。 高校時代は代ゼミに通っていた。 また、幼い頃から研究者を志し、生命や再生医療に興味を持っていた。 4月、の一種である「創成入試」(現・特別選抜入試)で応用化学科に入学。 学部時代は部で活動し 、卒業研究ではの下でに関する研究に取り組んだ。 3月に、早稲田大学理工学部応用化学科を卒業。 TWInsでの細胞シートの研究 [ ] 早稲田大学大学院に進学すると専門分野を転向し、先端生命医科学研究所の研修生となり、東京女子医科大学教授の指導の下、医工融合研究教育拠点である先端生命医科学センター TWIns にて の研究を開始する。 ベンチャー企業でも活躍しているや大和雅之の指導の下、細胞シートについての研究に取り組む。 研究は細胞をシート状にして組織工学へ応用する内容で、温度応答性培養皿で作製した口腔粘膜上皮細胞シートを皮下移植する技術について研究し、国内の学術講演会 や国際会議(シカゴ 、大阪 、東京 )における学会発表も経験した。 指導教授の一人であるは当時を振り返り、日曜日の夜遅くまで残る熱心さやプレゼンテーション資料の質、自分の意見をはっきり述べるといった点について小保方を評価していた。 3月に早稲田大学理工学研究科応用化学専攻を修了する。 同年に小保方が筆頭著者の論文が掲載され 、4月に生命医科学専攻に進学した際は、 DC1 に採択された。 博士論文は後述のが中心になるが、においても再現性が高い皮下移植法の開発や、野生型マウスとヌードマウスにおける皮下移植後の組織や免疫応答の比較を行っている。 学会発表 や論文執筆も活発に行い、に開発した皮下移植法が・プロトコルに掲載された。 この論文は小保方の実験データが存在しないことが判明したため、大和・岡野によって2015年に撤回される。 別の論文でも第三著者として貢献している。 BWHでの胞子様細胞の研究 [ ] と大和雅之の縁で、2008年にの一環で教授のの研究室に短期留学する。 チャールズ・バカンティの元で spore-like cells の研究に取り組み、セミナーを受講したり留学生仲間と小旅行に出かける等、留学生活を謳歌する。 留学期間終了後も客員研究員 として冬まで滞在する。 (spore-like cells)研究を発展させる実験に取り組み、2009年4月に研究の論文を徹夜で200本読み込み、プレゼンテーション して、8月に論文を書いて誌に投稿するが、春に論文は却下されてしまう。 同じくバカンティ教授の下で研究し、論文の共著者の1人でもある小島宏司は「その後の2-3年は彼女は本当につらかっただろう」と語っている。 小保方は博士論文研究としてこの細胞の多能性を検証することに取り組む。 「分化した動物細胞が刺激だけで分化能を再獲得することはあり得ない」というのが常識であったため、ハーバード大学では多能性の判定の仕事を手伝ってくれる人が見つからなかった。 そこで理化学研究所のチームリーダーであった(後に教授)の協力を仰いだ。 若山は「最初は『できるはずがない』と思ったが、あり得ないことを試すのは自分も好きだったので手伝った」という。 最終的にティシュー・エンジニアリング誌へ論文を投稿し、2011年に掲載。 2011年2月に博士論文「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索」を提出して、3月15日に早稲田大学での学位を取得した。 CDBにおけるSTAP研究 [ ] 2011年4月から2月まで発生・再生科学総合研究センター(CDB)ゲノムリプログラミング研究チーム(チームリーダー:)客員研究員としてSTAP細胞の研究に取り組む。 この間ハーバード・メディカルスクールの博士研究員(非常勤)の籍も持つ。 2010年にとは独立に刺激で細胞が初期化されるアイデアを思い付き 、小保方はを取り出す実験を繰り返すうちに、取り出しているのではなく刺激でできていることを発見したとされる。 この外からの刺激でをする現象を「 刺激惹起性多能性獲得」(英語名のstimulus-triggered acquisition of pluripotencyから「 STAP」)」 、それで得られる全ての生体組織と組織に分化できるを持った細胞を「 STAP細胞」(スタップさいぼう、 STAP cells) 、STAP細胞に増殖能を持たせたものを「 STAP幹細胞」 STAP-SC 、胎盤へ寄与できるものを「 FI幹細胞」 FI-SC と名付けた。 2011年11月にの指導のもと、キメラマウスの作成に成功 、4月にへの論文投稿と米国仮特許出願 を行う。 しかし論文は不採用とされ、やへも投稿し直すが、全て不採用にされてしまう。 その後2012年12月に、2013年1月にが参加し、論文を再執筆。 この間の11月15日に小保方へ対して研究ユニットリーダー(RUL)応募の打診があり、12月21日に採用面接を受けている。 2013年3月1日に研究ユニットリーダーに就任し、 発生・再生科学総合研究センター 細胞リプログラミング研究ユニットを主宰する。 らがメンターの元、3月中に米国仮特許出願 とネイチャー再投稿、4月に国際特許出願 を行う。 2013年10月に国際特許が公開され 、12月に念願のネイチャー論文2報(の作製法が中心の 撤回済みアーティクル論文 と、の検証が中心の 撤回済みレター論文 )が受理される。 2014年1月末にSTAP研究を発表し、「の星」 「ノーベル賞級の発見」 として一躍時の人となるが、STAP論文やにおいて様々なの疑義が発覚。 2月17日に理化学研究所やネイチャーが本格的に調査を開始。 3月28日にも博士論文について調査委員会を立ち上げ、3か月程で報告を行うと発表した。 博士論文の不正調査と処分 [ ] 「」および「」も参照 博士論文の疑義については7月17日にの調査委員会(委員長 弁護士)がへ報告し 、同日、小林委員長らが記者会見を実施した。 早稲田大学の調査委員会は、当時、世間から荒唐無稽な主張といわれていた「取り違いによって作成初期段階の草稿が製本され、それが博士論文として大学に提出された」との小保方の主張を、真実と認定し、製本された論文は「著作権侵害行為、創作者誤認惹起行為、意味不明な記載、論旨が不明瞭な記載、との記載内容と整合性がない記載、及び論文の形式上の不備と多くの問題個所が認められた」 と認定した。 そのうえで、「製本された論文を前提とすれば、学位を授与すべきでなかったが、大学の審査体制の不備で、いったん、授与してしまった以上は、大学で定められている『取り消し規定』に該当しない限り、取り消しはできない。 今回のケースは、その規定に該当しない」との結論を記載した報告書を作成し、早大に提出した。 同日会見した総長は、論文取り下げや審査やり直しも含めて学内で再議論するとした。 同調査委員会は、7月に公表した報告書で、小保方の製本された論文には(NIH)のWEBサイトからの英文のコピーや画像の流用など、少なくとも26か所の問題点があり、そのうち6か所は「による不正」だと認定していた。 2014年10月7日、早稲田大学は調査委員会の結論を受け入れず小保方の博士号を取り消すと決定した。 ただし、論文の指導および審査過程にも重大な欠陥があったとし、1年程度の猶予期間が設けられ、その間に小保方が再指導・再教育を受けたうえで論文を訂正・再提出し、これが博士論文としてふさわしいものと認められた場合は学位を維持する、としていた。 2015年11月2日、早稲田大学は、小保方に授与した博士号について、猶予期間が満了して、学位の取り消しが確定したと発表した。 STAP騒動と理研からの離職 [ ] 「」および「」も参照 4月1日に理化学研究所の調査委員会が最終報告を行ったが、小保方はから入院し、調査不服申し立てのためにら4名のからなる弁護団を雇う。 4月8日に釈明記者会見を行い、「 STAP細胞はあります! 」「 200回以上の作製にも成功しました」等と強い口調で断言するなど、不正は全く無かった事を主張したものの 、通常は弁護団経由でコメントを発信しており、会見やコメントも様々な批判を受けた。 入院していながら5月下旬から検証実験への助言のため、CDBに出勤していたことが報道されている。 5月8日に認定された画像2点の不正によって、懲戒委員会が発足して処分が検討されていた。 再現ができていないこと、論文に盗用や改ざん等の不正が見つかったこと、サンプルや公開遺伝子データの遺伝子解析が論文と矛盾したこと等から、6月に論文撤回に追い込まれた。 ユニットリーダー採用試験において、研究計画書の疑義 や英語セミナーを省略する等の特別扱いが発覚 して逮捕の可能性も報道されたが 、科学的な疑義に対する新たな予備調査が開始され、また検証実験へ小保方自身が参加することになり、6月30日に懲戒委員会は一時停止となった。 予備調査を経て9月3日に本調査の委員会が設置されている。 7月2日のネイチャーによるの撤回は海外でも多く報道され 、小保方も不正事件の中心人物として大きく取り上げられた。 STAP研究の検証実験や事件の真相についても注目を集める中、7月23日には過剰な取材による騒動や負傷が発生 、7月27日に後に「 放送倫理上の問題があった」「 名誉毀損の人権侵害が認められる」として BPO から勧告が出ることになるSTAP研究不正事件の特集がにより放送された。 8月5日にが自殺し小保方の精神面も心配された(詳細はを参照)。 12月15日に理化学研究所に退職願いを提出、19日に承認され、21日付で退職した。 12月19日に検証実験の結果が発表され、小保方も丹羽仁史らもSTAP細胞を再現できなかったことが明らかにされ 、12月26日に科学的な調査結果が公表され、STAP細胞・STAP幹細胞・FI幹細胞らはことごとくなどの混入であったと結論付けられた。 どのようにES細胞が混入するに至ったかの実態は解明されなかったが、理化学研究所は調査終了を発表した。 理化学研究所退職後 [ ] 「」および「」も参照 小保方が退職した後もが調査を継続中との報道があり 、2015年1月26日に理研ライフサイエンス技術基盤研究センター・元上級研究員のにより、若山研究室におけるES細胞の容疑でにされた。 これについては、5月に神戸地方検察庁が「窃盗の発生自体が疑わしい」とするコメントを添えて、不起訴処分とすると発表した。 2015年2月10日に理化学研究所は論文不正関係者の処分を発表して「懲戒解雇相当」とした。 しかし、小保方は既に依願退職済みのため、処分に具体的な効力は伴わない。 3月に、理化学研究所がSTAP問題の対応にかけた総経費は8360万円に上ったこと、退職までの2年弱に小保方に支給した研究費は計4600万円であることが明らかとなった。 7月7日に理化学研究所は、以前より返還を求めていたネイチャーへの論文投稿費用である約60万円が小保方より同月6日付けで返還されたと発表した。 9月24日付のネイチャーに、ハーバード大のグループなどが計133回の再現実験ですべてSTAP細胞を作れなかったとの報告を発表。 理化学研究所も「STAP細胞はES細胞(胚性幹細胞)由来だった」との試料解析結果を報告。 ネイチャーは論説欄で「論文撤回時の説明はSTAP現象が本物である可能性を残していたが、2本の報告は現象が本当ではないことを立証した」とコメントした。 2016年1月28日、小保方はSTAP細胞問題に触れた手記『』を出版し 、話題を集めた。 3月25日、「STAP細胞作成を実現するための確実な証拠となるような情報を、科学界に提供すること」を目的とし、STAP細胞の作製手順や理研による検証実験の内容を自身のサイト「STAP HOPE PAGE 」で公開。 2016年2月10日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は、理化学研究所の小保方晴子元研究員らのSTAP細胞問題を特集したNHKのドキュメンタリー番組「NHKスペシャル」について、(1)小保方を窃盗容疑者のように報道した件について「STAP細胞とされるES細胞は若山研究室の元留学生が作製し、 申立人の研究室で使われる冷凍庫に保管されていたものであって、これを申立人が何らかの不正行為により入手し混入してSTAP細胞を作製した疑惑があるとする事実摘示については、名誉毀損の人権侵害が認められる」、(2)小保方を宿泊先まで追跡し、結果的に小保方が全治2週間の受傷をした件について「取材手段が不適切な可能性がある」(ただし、小保方とNHKの主張は著しく異なっており事実の認定は困難とした)として、「放送倫理上の問題があった」として再発防止に努めるようNHKに勧告した。 人権侵害による勧告は委員会の判断としては最も重い。 2016年5月26日発売の『』に、小保方との対談記事(カラー、7ページ)が掲載された。 2014年4月の記者会見以来、2年ぶりのメディアへの登場であった。 履歴 [ ] 略歴 [ ] 本節では所属・役職に関する略歴を記す。 3月 - 卒業• 3月 - 応用化学科 卒業• 3月 - 早稲田大学 修了• 2008年 - 研究員• 3月 - 博士課程 修了、博士(工学)• 2011年4月 - 発生・再生科学総合研究センター 客員研究員• - 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 研究ユニットリーダー• - 1年間猶予付きながら、博士号の学位取り消し処分• 2014年 - 発生・再生科学総合研究センターの改組に伴い、理化学研究所研究不正再発防止改革推進本部検証実験チーム所属の研究員に役職変更。 2014年 - 理化学研究所 依願退職• - 博士号の学位取り消し処分が確定 奨学金・奨励金 [ ]• 早稲田応用化学会 第3回給付奨学生(度)• DC1(2008 - 2010年度) 受賞歴 [ ]• 第10回 日本再生医療学会総会(2011年3月1日 - 3月2日)ベストポスター賞• 「三胚葉由来組織に共通する成体幹細胞の探索」• 小保方晴子、、、、、、• 2014年度金賞(第1位)「STAP細胞はありまぁす」 著作 [ ] 著書 [ ]• 『』、2016年1月。 『小保方晴子日記』、2018年3月20日。 記事 [ ] (学会誌記事)• 「海外情報 Harvard Medical Schoolでの再生医療教育」、『再生医療』第10巻、第10号、2011年8月、190-192頁、。 (対談・インタビュー)• 、小保方晴子「〈STAP騒動から2年〉小保方さん、あなたは必ず蘇ります」、『』第1449号、2016年6月14日号、76-82頁。 小保方晴子「迷いなく今日を生きる どんな運命が待っていても、もう一度、私らしく - 」『婦人公論』第1479号、2018年4月10日号、72-75頁、118-120頁。 (連載)• 「小保方晴子日記 -「あの日」からの記録」、『婦人公論』(2017年1月24日号 - 2018年3月27日号) 研究業績 [ ] 学位論文 [ ] 早稲田大学は、2015年10月30日の研究科長会の議を経て、「博士学位論文として相応しいもの」が提出されないまま、猶予期間が満了し、学位の取消しが確定した。 原著論文 [ ]• Aoi, T. Kinoshita, T. Hata, H. Ohta, H. Obokata, S. Tsuneda 2009. 75 11 : 3826-3833. Obokata, K. Kojima, K. Westerman, M. Yamato, T. Okano, S. Tsuneda, C. Vacanti 2011. Tissue Engineering Part A 17 5-6 : 607-615. Vacanti et al. 2014. Tissue Engineering Part A. Piccaro, H. Obokata, T. Iwata, A. Marques, S. Tsuneda, M. Yamato, R. Reis, T. Okano 2011. Tissue Engineering Part A 17 11-12 : 1507-1515. Obokata, M. Yamato, S. Tsuneda, T. Okano 2011. 6 7 : 1053-1059. Canseco, K. Kojima, A. Penvose, J. Ross, H. Obokata, A. Gomoll, C. Vacanti 2012. Tissue Engineering Part A 18 23-24 : 2549-2558. Wakayama, T. Kohda, H. Obokata, M. Tokoro, C. Li, Y. Terashita, E. Mizutani, V. Nguyen, S. Kishigami, F. Ishino, T. Wakayama 2013. 12 3 : 293-297. 取り下げられた論文 [ ]• Obokata, M. Yamato, J. Yang, K. Nishida, S. Tsuneda, T. Okano 2008. Journal of Biomedical Materials Research Part A 86 4 : 1088-1096. Obokata, H. ; ; ; Kojima, K. ; Vacanti, M. ; Niwa, H. ; ; 2014-07-02. 505: 641-647. Obokata, H. ; Sasai, Y. ; Niwa, H. ; Kadota, M. ; Andrabi, M. ; Takata, N. ; Tokoro, M. ; Terashita, Y. ; Yonemura, S. ; Vacanti, C. ; Wakayama, T. 2014-07-02. 505: 676-680. Obokata, Y. Sasai, H. Niwa 2014. Protocol Exchange. 特許出願 [ ]• Vacanti, C. et al. 2013年10月31日. 2014年2月5日閲覧。 (国際特許公開、優先日:2012年4月24日、出願日:2013年4月24日)• PDF , (英語) - 米国仮特許出願(出願日:2012年4月24日)• PDF , (英語) - 米国仮特許出願(出願日:2013年3月13日)• PDF , (英語) - 国際特許出願(出願日:2014年4月24日) 分担執筆 [ ]• 『』石原一彦・塙隆夫・前田瑞夫 編集、日本医学館、2010年11月25日。 分担執筆、・ 小保方晴子共著 競争的資金 [ ]• 2014年5月18日閲覧。 講演 [ ] (招待講演)• 『三胚葉由来組織に共通した成体幹細胞の探索』2010年1月16日、 私立大学学術研究高度化推進事業(ハイテクリサーチセンター整備事業)「第3回 東京女子医科大学・早稲田大学 TWIns ジョイントシンポジウム」 (会場:東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設 TWIns)• 早稲田大学理工系女子学生向け女子会(インターネット回線による講演)、2014年2月5日、先端生命医科学センター(TWIns) (学会発表)• その他に、細胞シートやsphere細胞に関する国内外での学会発表(学術講演会における研究発表)が多数ある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• CDBはCenter for Developmental Biology:発生・再生科学総合研究センターのこと。 に採択されると給料をもらうことができ、少ないながらも研究費の援助を受けることもできる。 博士課程の1年次から3年次の研究員がDC1であり、博士課程2年次からのものをDC2、博士課程修了後のポスドク研究員としてのものをPDと呼ぶ。 他に、廃止されたSPDや新設されたRPDという制度もある。 一時帰国している間の3月にが発生した。 その影響で米国の就労ビザが得られず、若山を頼って理化学研究所に入ることになったと報道されている。 また、震災の影響で理研が若手研究者の受け入れを拡大していたことも要因であったと指摘されている。 なお、外部刺激が加わえられる事によって多様性を得る様が、王子様にキスされて目覚めるお姫様になぞらえる事が出来るという考えから、小保方は当初「STAP細胞」を「Princess細胞( P細胞)」と命名することを提案していた。 FI幹細胞 またはFGF4誘導幹細胞 は、ネイチャー・プロトコル( 7月2日撤回済み) ではFI stem cells、レター論文( 7月2日撤回済み) ではFgf4-induced stem cellsと記述されている。 特許についても疑義や問題があった。 科学的な不正調査によりSTAP論文の成果が否定されたことにより、理研は特許取り下げを検討中。 出典 [ ]• 日刊スポーツ. の2014年1月31日時点におけるアーカイブ。 2014年1月31日閲覧。 2014年6月24日閲覧。 日本語. 2014年12月19日. の2018年11月20日時点におけるアーカイブ。 2018年11月20日閲覧。 須田桃子 文藝春秋 2015-01-07 2016年12月6日閲覧• 日本記者クラブ会報 2014年11月10日第537号• 放送人権委員会 委員会決定 2016年度 第62号• 2017年 平成29年 2月10日 放送人権委員会決定 第62号• 朝日新聞デジタル 2017年2月10日付• 弁護士ドットコム. 2015年11月2日 2016年11月13日閲覧。 早稲田大学. 2015年11月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年11月2日閲覧。 www. riken. 2020年1月9日閲覧。 理化学研究所. 産経ニュース. 2014年4月9日. 2015年1月29日閲覧。 産経ニュース. 2014年12月19日. 2016年5月12日閲覧。 PDF プレスリリース , 理化学研究所, 2014年7月1日 , 2014年7月4日閲覧。 小保方晴子 2014年6月30日 , PDF プレスリリース , 理化学研究所 , 2014年7月3日閲覧。 毎日新聞. 2014年7月1日. の2014年7月1日時点におけるアーカイブ。 2014年7月1日閲覧。 弁護士ドットコム トピックス. 2014年7月2日. 2014年7月2日閲覧。 「日本再生・三十八 疑惑の細胞のこと」『』第92巻第7号、2014年6月、 77-79頁。 , Journal of the , 24号, 4-9 2015• 河内敏康、八田浩輔「偽りの薬 バルサルタン臨床試験疑惑を追う」毎日新聞科学環境部、2014年、pp. 202-203 2016年12月11日閲覧• 「むしマガ」Vol. 272 2015年1月11日 2016年12月11日閲覧• 参議院議員 2016年10月25日 2016年12月11日閲覧• 2017年2月28日 2017年3月1日閲覧• 産経新聞. 2014年1月29日. 2014年1月29日閲覧。 早稲田大学競技スポーツセンター 2014年1月30日. 2014年6月22日閲覧。 小保方晴子. 早稲田応用化学会. 2014年6月25日閲覧。 毎日新聞. 2014年1月30日. の2014年1月30日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 2014年1月30日. 150. 青井議輝、木下智之、波多徹、小保方晴子、常田聡「」『平成17年度日本生物工学会大会講演要旨集』2005年9月25日。 3S4-AM8• 波多徹、木下智之、小保方晴子、青井議輝、常田聡「」『日本微生物生態学会講演要旨集』第21巻、2005年10月30日、 149頁。 PB-29• Rikejo. 2014年3月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年6月25日閲覧。 小保方晴子、大和雅之、西田幸二、常田聡、岡野光夫「温度応答性培養皿で作製した口腔粘膜上皮細胞シートの皮下移植」2007年3月14日。 小保方晴子、大和雅之、西田幸二、常田聡、岡野光夫「温度応答性培養皿で作製した口腔粘膜上皮細胞シートの皮下移植」、『第7回日本再生医療学会総会』2008年3月14日。 (名古屋)。 Obokata, M. Yamato, K. Nishida, S. Tsuneda, T. Okano 2007-04. Society for Biomaterials 2007 Annual Meeting. Obokata, M. Yamato, K. Nishida, S. Tsuneda, T. Okano 2007-06. The 13th World Congress of International Society for Artificial Organs, IFAO-JSAO Annual Meeting. Obokata, M. Yamato, K. Nishida, S. Tsuneda, T. Okano 2007-12. Termis-AP. 2014年6月25日閲覧。 小保方晴子、大和雅之、、常田聡、岡野光夫「細胞シート皮下移植後の急性期炎症反応解析」『第29回炎症・再生学会(東京)』2008年7月。 Obokata, M. Yamato, K. Nishida, S. Tsuneda, T. Okano 2009. TERMIS-WC. Obokata, M. Yamato, K. Nishida, S. Tsuneda, T. Okano 2009. TERMIS-WC. 小保方晴子、大和雅之、、常田聡、岡野光夫「ヒト上皮細胞シート皮下移植後の経時的炎症反応解析」『第9回 日本再生医療学会総会』2010年3月17日。 (広島)。 151. 毎日新聞. 2014年2月1日. の2014年2月3日時点におけるアーカイブ。 2014年2月3日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2014年2月3日. の2014年2月9日時点におけるアーカイブ。 2014年2月3日閲覧。 神戸新聞. 2014年1月31日. の2014年2月3日時点におけるアーカイブ。 2014年2月3日閲覧。 msn産経ニュース. 2014年1月31日. の2014年8月10日時点におけるアーカイブ。 2014年6月24日閲覧。 , p. 152-153. 産経ニュース. 2014年2月10日. の2014年3月3日時点におけるアーカイブ。 2014年6月10日閲覧。 Carolyn Y. Johnson 2014年2月2日. 2014年6月29日閲覧。 2014年1月30日. の2014年1月30日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 , pp. 641-647. 独立行政法人 理化学研究所 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター 2014年1月30日. 2014年2月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年2月4日閲覧。 デジタル. 2014年1月29日. の2014年1月30日時点におけるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。 2014年1月29日. 2014年1月30日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2014年2月2日. の2014年3月26日時点におけるアーカイブ。 2014年2月2日閲覧。 , p. , pp. 676-680. 古田彩、詫摩雅子「 」 『日経サイエンス』第9号、2014年6月11日、 2014年6月11日閲覧。 , p. , p. 4-5. , p. , p. 5,20. 2014年4月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2020年2月9日閲覧。 小長洋子 2014年2月7日. 東洋経済. 2014年11月22日閲覧。 2014年3月28日. 2014年7月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年6月17日閲覧。 早稲田大学 2014年7月17日. 2014年7月19日閲覧。 早稲田大学 2014年7月19日. 2014年7月19日閲覧。 (7月17日以降に個人情報対策がなされ、7月19日に公表された)• 時事通信. 2014年7月17日. の2014年7月17日時点におけるアーカイブ。 2014年7月17日閲覧。 朝日新聞. 2014年7月18日. の2014年7月18日時点におけるアーカイブ。 2014年7月18日閲覧。 弁護士ドッコム. 2014年7月17日. 2014年7月17日閲覧。 2014年7月17日. の2014年7月20日時点におけるアーカイブ。 2014年7月17日閲覧。 読売新聞. 2014年7月17日. の2014年7月17日時点におけるアーカイブ。 2014年7月17日閲覧。 産経ニュース. 2014年10月7日. の2014年10月8日時点におけるアーカイブ。 2014年10月7日. 2014年10月7日閲覧。 時事ドットコム. 2015年11月2日. MSN産経ニュース. 2014年4月9日. 2014年7月14日閲覧。 日本経済新聞 2014年4月10日記事• 2014年6月23日. 2014年6月23日閲覧。 沖縄タイムス 共同通信. 2014年6月5日. の2014年6月7日時点におけるアーカイブ。 2014年6月5日閲覧。 47NEWS 共同通信. 2014年6月6日. の2014年6月7日時点におけるアーカイブ。 2014年6月6日閲覧。 Yahoo! ニュース スポーツ報知. 2014年6月7日. の2014年6月7日時点におけるアーカイブ。 2014年6月7日閲覧。 ITmedia. 2014年6月12日. 2014年6月12日閲覧。 研究不正再発防止のための改革委員会 2014-06-12 PDF. Report. 理化学研究所. 2014年6月12日閲覧。. さくらフィナンシャルニュース. 2014年6月25日. 2014年6月25日閲覧。 Livedoorニュース. 2014年6月25日. 2014年6月25日閲覧。 Yahooニュース. 2014年6月27日. の2014年7月1日時点におけるアーカイブ。 2014年6月27日閲覧。 さくらフィナンシャルニュース. 2014年6月28日. 2014年6月28日閲覧。 理化学研究所 2014年8月4日. 2014年8月4日閲覧。 産経ニュース. 2014年9月4日. 2014年10月6日閲覧。 Carolyn Y. Johnson. 2014年7月3日閲覧。 NewSphere. 2014年7月4日. 2014年7月4日閲覧。 ANDREW POLLACKJULY 2014年7月2日. 2014年7月3日閲覧。 GAUTAM NAIK 2014年7月2日. 2014年7月3日閲覧。 TERRENCE MCCOY 2014年7月3日. 2014年7月4日閲覧。 John Boyd 2014年7月8日. 2014年7月10日閲覧。 朝日新聞. 2014年7月24日. の2014年7月24日時点におけるアーカイブ。 2014年7月24日閲覧。 Yahoo! ニュース 産経新聞. 2014年7月24日. の2014年7月24日時点におけるアーカイブ。 2014年7月24日閲覧。 WSJ. 日本版. 2014年7月24日. の2014年7月26日時点におけるアーカイブ。 2014年7月26日閲覧。 弁護士ドットコム. 2014年7月24日. 2014年7月25日閲覧。 神戸新聞. 2014年8月6日. 2014年8月6日閲覧。 朝日新聞. 2014年8月8日. の2014年8月10日時点におけるアーカイブ。 2014年8月8日閲覧。 理化学研究所. 2014年12月19日閲覧。 プレスリリース , , 2014年12月19日 , 2014年12月19日閲覧。 『読売新聞』、2014年12月27日、第1面・第3面• Yahoo! ニュース 毎日新聞. 2014年12月26日. の2015年1月2日時点におけるアーカイブ。 2015年1月2日閲覧。 朝日新聞. 2014年12月27日. の2015年1月2日時点におけるアーカイブ。 2015年1月2日閲覧。 日本経済新聞. 2015年1月26日. 2015年1月27日閲覧。 産経WEST. 2016年5月18日 2016年12月18日閲覧。 理化学研究所. 2015年2月10日閲覧。 毎日新聞. 2015年3月21日. の2015年3月21日時点におけるアーカイブ。 2015年3月24日閲覧。 読売新聞. 2015年3月24日. の2015年3月24日時点におけるアーカイブ。 2015年3月24日閲覧。 毎日新聞. 2015年7月7日. の2015年7月7日時点におけるアーカイブ。 2015年7月7日閲覧。 毎日新聞. 2015年9月24日. の2015年9月23日時点におけるアーカイブ。 2015年9月24日閲覧。 毎日新聞. 2016年1月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年1月27日閲覧。 「ブックハンティング2016 あの日 小保方晴子著」、『出版ニュース』2408号、2016年3月下旬号、32-33頁。 「氷雲篩雪50 小保方晴子『あの日』とマスコミ」、『出版ニュース』2408号、2016年3月下旬号、22-23頁。 本人によるSTAP細胞生成プロトコル公開サイト 2016年3月25日. 2016年4月3日閲覧。 THE JAPAN TIMES. 2016年4月1日. 2016年4月3日閲覧。 放送人権委員会 委員会決定 2016年度 第62号• 2017年 平成29年 2月10日 放送人権委員会決定 第62号• 朝日新聞デジタル 2017年2月10日付• 2018年5月14日閲覧。 斎藤広子 2014年11月14日. 毎日新聞. の2014年11月14日時点におけるアーカイブ。 2014年11月21日閲覧。 apital. 朝日新聞. 2014年11月14日. の2014年12月21日時点におけるアーカイブ。 2014年12月21日閲覧。 早稲田応用化学会. 2014年6月23日閲覧。 総括責任者:宮﨑俊一, ed PDF. Report. 実施機関:東京女子医科大学. 122. , p. ガジェット通信 2014年12月1日. 2014年12月23日閲覧。 Nature Protocols 11 616 , 2016 :• Obokata, Sasai, Y. , Niwa, H. , Kadota, M. , Andrabi, M. , Takata, N. , Tokoro, M. , Terashita, Y. , Yonemura, S. , Vacanti, C. 2014-07-03. NATURE RETRACTION 511 112 2014年7月3日閲覧。 Obokata, Sasai, Y. , Niwa, H. , Kadota, M. , Andrabi, M. , Takata, N. , Tokoro, M. , Terashita, Y. , Yonemura, S. , Vacanti, C. 2014-07-03. NATURE RETRACTION 511 112 2014年7月3日閲覧。 日刊SPA!. 2014年5月6日. 2014年8月14日閲覧。 読売新聞2014年12月27日第26面• 朝日新聞. 2014年12月27日. の2014年12月26日時点におけるアーカイブ。 2015年1月2日閲覧。 , p. PDF ,• PDF. 早稲田大学広報通号210号 CAMPUS NOW 2014早春号: 6. 2014年7月10日閲覧。. 産経WEST. 2014年7月15日. 2014年10月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 2017年10月4日時点のよりアーカイブ。 2017年10月4日閲覧。 CDB 自己点検検証委員会 2014-06-10 PDF. Report. 理化学研究所. 2014年6月12日閲覧。. NHKスペシャル. 2014年7月27日放送. 森健「」『』第92巻第11号、2014年9月、 148-155頁。 、室谷和彦「」『』第92巻第11号、2014年9月、 156-160頁。 西岡昌紀「週刊誌、TV 小保方叩きの異常」(『WiLL』2014年6月号 90-99頁)• 西岡昌紀「『小保方殺し』九つの疑問」『WiLL』2015年3月号• 佐藤貴彦『STAP細胞 残された謎』(Parade books 2015年)• 佐藤貴彦『STAP細胞 事件の真相』(Parade books 2016年)• 渋谷一郎『STAP細胞はなぜ潰されたのか』(ビジネス社・2016年)• 言論テレビ 2014. 26 「STAP騒動、メディアと理研への疑問」 関連項目 [ ]• 研究指導者 - 、、、、、• 理研関係者 - 、、、、• 事件・騒動関係者 - 、、、• 報道関係者 -• 研究関係 - 、、、• 所属機関 - 、、、• 教育関係 - 、、、、• 事件騒動関係 - 、、、、、• - の代わりに着用していた。 外部リンク [ ]• - 本人によるSTAP細胞生成プロトコル公開サイト• - (会見動画)• 2014年1月29日. THE PAGE 2014年4月9日.

次の

小保方晴子氏STAP論文問題:彼女はなぜ嘘をつき続けるのか:心の闇と論文ねつ造(碓井真史)

お ぼ 方 晴子

名前: 小保方晴子(おぼかた はるこ) 生年月日:1983年9月25日 出身地:日本・千葉県松戸市 職業:元研究員、文筆家 出身校:早稲田大学 結婚した旦那は誰!? そんなSTAP細胞の発見で話題となった元研究員の 小保方晴子さんですが、なにやら 結婚した旦那は誰!?との話題が浮上しているようなので、まずはこちらの話題について調べていきたいと思います!! と言う事で早速、気になる 小保方晴子さんの 結婚した旦那は誰!?との話題について調べてみると、どうやら結論から言って 小保方晴子さんは現在も未婚者で結婚はされていないようです。 ただ、 新井勝男さんは元モーニング娘の 中沢裕子さんの旦那として知られています。 なぜそんな噂となったのか調べてみても不明のようです。 とにかく 小保方晴子さんにはガセ情報の 旦那や 結婚と言ったモノばかりで全く信憑性のない情報が多数存在しているようです。 こういったガセの話題が浮上する背景には 小保方晴子さんのSTAP細胞発見に関する陰謀があるようで 小保方晴子さんがSTAP細胞を発見した事から話題を反らそうとする力が働いているとの情報もあるようです。 事実、ワシントン大学やドイツの研究チームが再現に成功するなど各国の研究機関でのでSTAP現象の報告が相次ぎハーバード大学がSTAP細胞特許を出願しています。 莫大な利益に繋がる利権の塊なだけに陰謀の臭いがプンプンですね!! 現在の写真が別人! そんな結婚や旦那についてのわだいでしたが、なにやら 小保方晴子さんの 現在の写真が別人!との話題も浮上しているようなので続いてはこちらの話題についても調べていきたいと思います!! スポンサーリンク と言う事で早速、気になる 小保方晴子さんの 現在の写真が別人!との話題についても調べてみると、 小保方晴子さんは元々研究員のときから 「かわいい!」ととても話題になっていたようです。 そして気になる現在の 小保方晴子さんの写真がこちらです!! どうでしょうか!こちらは2017年に 瀬戸内寂聴さんと対談した際の画像のようです。 こちらの画像が出るまではとにかく行き過ぎた報道や風潮にただ流される世間の目やマスゴミから身を隠す日々を送っていたそうです。 そもそも研究員がたとえ失敗したとしてもこれだけ叩かれては研究なんてできませんからね、失敗を重ねていくことが重要なんですから。 そしてこちらの画像は2018年現在の小保方晴子さんの画像です!! 「婦人公論」に掲載された画像のようで、昔の 小保方晴子さんと比べてだいぶ輪郭がスッキリしたように思えますよね。 そしてこちらが2018年3月25日に 「小保方晴子日誌」という本を出版されていてそのポップとして本の紹介で使われている最新の 小保方晴子さんの画像です!! とっても綺麗ですよね!! そこまで別人とは個人的に感じませんでしたが、確かに謝った認識で世間から叩かれている際の表情とは違って華やかな表情になっている点は確かに別人のようですよね!! 普通に超かわいいですよね!! 水着グラビア画像あり? そんな現在の写真が別人!との話題もあった 小保方晴子さんですが、なにやら 水着グラビア画像あり?との話題も浮上しているようなので、続いてはこちらの話題についても調べていきたいと思います!! と言う事で早速、気になる 小保方晴子さんの 水着グラビア画像あり?との話題についても調べてみると、どうやら小保方晴子さんはこれまで水着になるようなお仕事はされていないようですね。 ただ、2018年4月10号の 「婦人公論」にグラビア写真を掲載しているようです。 その掲載された 小保方晴子さんのグラビア写真の一部がこちらです!! まるで女優の様に美しいと話題になっているようで更に 小保方晴子さんのグラビア写真で着用していたドレスもかわいいと注目を集めているようで、そのドレスが「GUCCI」のモノで約21万円もするものとも特定されているようです。 ちなみにこちらがそのドレスの画像です!! 今後もしかしたらその容姿を活かして水着などのグラビアもするのではないかと期待されているようです!! と言う事で、今回はそんな 小保方晴子さんの話題についてご紹介していきましたが、今後の活躍にも注目して新たな話題や噂が浮上した際にはまたご紹介していきたいと思います!!.

次の

小保方晴子に関するトピックス:朝日新聞デジタル

お ぼ 方 晴子

「STAP細胞」の研究結果に関する捏造問題で2014年に理化学研究所を退職したさんが、5月9日発売の週刊文春のグラビアページ「原色美女図鑑」に登場し、その行動や容姿の変貌ぶりで物議を醸しています。 あの騒動から4年余りが経過した今、なぜ彼女は生物学者としてではなく、グラビアモデルとして誌面に登場したのでしょうか? アメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、小保方さんのグラビア登場は、世界に遅れをとる日本の科学技術の分野において女性研究者を養成しなければならない現状に逆行する行為だとして「研究者失格」と厳しく批判しています。 小保方さんは研究者失格 生物学者の小保方晴子氏が、グラビアモデルとして週刊誌に登場しているそうです。 私は知らなかったのですが、中高年女性向けの月刊誌でも著名な写真家による着飾ったグラビア写真が出ていたと言います。 ただ、期待されていた時期には「かっぽう着の女子力が」などというイイ加減なセクシズムによって持ち上げられたのは事実です。 一方で、再現に失敗した際には、その期待値との落差をもって、非難のターゲットとなり、セクシズムによって潰されたのもこれまた事実と思います。 持ち上げられ方も、叩き落とされ方も、仮にこの研究者が男性であったら「そうはならなかった」のは自明ですから、セクシズム、つまり女性的な外見やキャラクターを、その人の本職以前に見てしまい、要するに生物学者である前に女性であるという視線で、持ち上げたり叩きのめしたりする、そんな現象が起きたのは間違いありません。 ところが、今回は、その被害者本人がセクシズムを使って社会的認知を操作しようというのです。 これは邪道です。 研究者として許されることではありません。 この方の言動に関する賛否については、私はこれまで長い間、ひたすら静観して来ましたが、今回は我慢できないものを感じます。 日本は科学技術における先進性を取り戻すためにも、女性の科学者を必死になって養成して行かなくてはならない時期です。 男性同様に、女性にもある才能を抹殺したり、流出させたりする余裕がないからです。 ですが、今回の小保方氏の行動は、全くもってそれに逆行するものです。 持ち上げられ、叩き落とされた経験は辛いものであったと思います。 社会的認知を操作したい動機として、それが十分であるのも分かります。 ですが、それは生物学者である以上、現在の仮説を維持して再現に成功するか、仮説の変更により再現可能な新理論への到達という道しかありません。 極めて残念なことだと思います。 image by: shutterstock. com MAG2 NEWS 外部サイト.

次の