メタニウム xt。 【ぽんこつ野郎の生き残り】 赤メタの来た日 スコーピオンメタニウムXT

メタニウムXT の飛距離がでません!解決方法やアドバイスしてくださる方お...

メタニウム xt

タグ 14カルカッタコンクエスト100 マイクロキャストスプール マルチピースロッド マルチジグSS マルタウグイ マニフェス マグネットブレーキ マイトサーモン ポンパドールジュニア メタニウム ポンパドール ポルタメント73 ポイント開拓 ボートデッキ ボルケーノグリッパー ボトムアップ ボティア62 メガポンパドール メタルバイブ ベイトフィネスPE リザードクローラー ルアーペイント リールカスタム リーファー リチウムイオンバッテリー リザードクローラー静 リザードクローラーLOW ランディングネット メリットとデメリット ラウールスピン モンベルシャミース モンベル モンキーブレインベイツ モンカルアーワークス モレーナ53 モツゴ釣り ベイトリールの分解 ベアリング追加 ルアー塗装 パックロッド ビッグベイト ビッグバド ビッグクローラーベイト パーツクリーナー パーセプション パワーロール バンタムMGL ピカパウ57 バンタムBFS バルサルアー バルサクランク バリアルハンドル バリアル バズベイト バス釣りを始めたきっかけ ビーブル ファミリーフィッシング ベアリング交換 フロートボート プールフィッシング プールトラウト プロックス プルクラ62B プルクラ62 ブルシューターJr. ブタバス フルカスタム フィッシングカヤック フラッグ170 フットコンバス フットコンエレキ フックリリーサー フックアウト フィンク フィッシンググローブ ルアーリペイント レインダンサー バスライズ 牛久沼 自作 練馬サーモン 管理釣り場 稲渋 目抜け 牛久沼カヤック 熱収縮ラバーチューブ 自作クローラーベイト 温排水 渓流ベイトフィネス 浸水対策 柳瀬川 日本野鳥の会 改造 撥水加工 自作クランクベイト 自作ステッカー 成分 釣りキャンプ 防寒対策 長靴 釣り具の整理 釣り具のメンテナンス 釣りブログ 釣りフェスティバル2020 野良ネズミ 自作バイブレーション 野良カエル 赤メタ 費用 評価 花見川 自作リリーサー 自作メタルバイブ 折れたロッド 怪魚ロッド レイントレッカー ローギアリール 保管方法 使い方 作り方 人気記事 不具合 ワームにスナップ ロングハンドル 充電式エアブラシ ロッドラップテープ ロッドビルディング レンタルサイクルフィッシング レンズ交換 レベルワインドパイプ レベルワインド レインブーツ 修理 冬のカヤック 必要なもの 在宅釣活 将監川 始め方 妻子持ちバサー 大量死 多摩川 塗装ブース 埼玉県 台風 冬のトップウォーター 収納 単色ブラック 初期費用 初心者 初代メタニウム 分解 冬のバス釣り バス釣り バスパズル 15ツインパワー アントマーチ8 ウェイテッドフック イヴォークゼロ インプレッション インプレ インディー610 イヌクシュク アルミカヌー ウォームシャフトピン アベンタクローラー さいたま水上公園 おすすめフリース うすめ液 あると便利 TULALA THタックル ウエイテッドリグ エアブラシ SLXMGL オーバーグリップテープ カヤックバス釣り カヤックバスフィッシング カヤック カットテール カスタム オーバーライド オルカ エッグキャスト オリジナルステッカー オススメロッド オキシクリーン オカッパリバッグ オカッパリ エルホリゾンテ70 エリアトラウト THクローラー SLX カヤック浸水 2019年ヒットルアー 20カルカッタコンクエストDC 20カルカッタコンクエスト 20エクスセンスDCSS 20SLXDC 20SLX 2020年モデル 2019マニアックスフェス 20メタニウム 19SLXMGL 18レガリスLT 18レガリス 18バンタムインプレ 18バンタムMGL 18バスライズ 17カルカッタコンクエストBFSHG 20ツインパワー 20レブロス NZクローラーJr. FTB NZクローラー NEWメタニウム Mr. リニアコンプレッサー KDW JetSetter 61C Gバド FTBブレーキ FPクローラー 3C EVAハンドルノブ FLAG170 FINK3. 7 DRT DIY C. ダイワのハートランドZに銀メタをのせるメーカーミックススタイル。 5、6年前の使っていない釣り具整理により手放してしまいましたが、銀メタに00カルコンクラッチやらロングハンドルやらカラーパーツ装着していて、今見てもカッケーなぁなんて思います…(自画自賛) 92メタニウムXTを分解してみた 前置きはこれくらいにしておいて、早速メンテナンスがてら分解して中身のチェックをしてみることにしました。 前オーナーさんから送っていただいた状態そのままで、ハンドルやスプールを回転させた感じだと スプールからシャーシャー音が結構あって、いわゆるシャリ感は結構出ている感じ。 しかし変なゴリ感とかは別にないので、ベアリング交換やグリスアップで改善するかな?ということで分解スタート。 ハンドル・ドラグを外す まずはハンドル取り外し、今はドラグ内に音出しピンが入っている構造となっていますが、リテーナに音出し用の爪があり、ハンドルの内側に音出し板が挟まれているという構造です。 しかしボディが浮いてくる様子がないので???と思ったら… なるほどレベルワインドガイドがボディ固定用ビスを兼ねていたのですね。 ここを外すとボディを開けられます。 ドライブギア周りとレベルワインドの分解 サイドボディが開いて中身御開帳。 え、 ドライブギアちっちゃ!ってなります。 笑 あとこの時代はまだX-Shipなるものがないので、ピニオンギアも短いですね。 レベルワインド周辺は… レベルワインドシャフトなどをズラした状態でEリングを外すという中々の難易度。 クラッチツメバネとクラッチカムを戻すバネがそれぞれ設置されています。 組み上げるときは上記の画像そのままに組めばいいだけですが、意外と厄介で手こずりました。 笑 クラッチはEリングで止められているので、これを外すとバラバラとパーツが出てきます。 (自分、銀メタで昔コレやってたんだと思うとややびっくり。 笑) 全バラして洗浄・グリスアップ・BB交換 はい、ということでようやく全バラできました。 あとはパーツクリーナーで洗浄、現代の高級グリスをぬりぬりしたりベアリングを交換したりして組み上げてあげます。 結局ベアリングは全体的に傷み少なく、洗浄と注油でほぼ問題なし。 スプールシャフトを受ける部分だけオープンタイプのミネベアベアリングにしてみました。 — 2020年 2月月20日午前7時23分PST 一つ目の動画がメンテナンス前、二つ目の動画がメンテナンス後です。 28年前のリールですから、流石に「やっべー超シルキー!!」とまではいかないものの、シャリ感は完全になくなり、ハンドル回してもまぁまぁヌメヌメ。 たぶんキャストしてみても結構飛ぶのでなかろうかな?と。 5g ラインキャパシティ 16lb-100m ハンドル長さ 68mm ベアリング数 5BB ボディ素材 メインフレーム、サイドボディともにアルミ合金 ドライブギア 真鍮製 ベアリングに関してはレベルワインドシャフトに1つ、ドライブギアシャフトに1つ、スプール周りに3つという形で、ピニオンギア周りには一切ベアリング受けがない形ですね。 ハンドルについては樹脂カラーではなく、もはやそれすらも省いている構造。 故にハンドルノブにベアリングを入れたいのであれば、ハンドルごと交換するしかありませんし、現行リールのハンドルノブと互換性はありません。 子どもの頃に憧れだったけど手が届かなくて、大人になってからその頃の釣り具を買い集めるっていうパターン…結構こういう人って多いように感じます。 笑 自分は 92年じゃまだ釣りを始めていませんが、97年の銀メタや初期のハートランドZなんてまさにそれだもんなぁ…と。 そういうのも釣りの1つの楽しみですよね。

次の

手放せない名機。赤メタ(92メタニウムXT)

メタニウム xt

92年 発売とは思えない剛性感 27年前のリールとは思えないほど今巻いてもカッチリ感があります。 フルアルミボディの剛性の高さからくるスムーズな巻き心地も良いです。 一年に一回はオーバーホールしているのもありますが、いつ釣り場に持って行っても問題無いレベルです。 ワインレッドが最高 これはもう個人的な好みなのですが、スコーピオンのワインレッドと言えばこの赤メタニウムのワインレッドが好きです。 赤メタニウムの後の機種にもワインレッドはあるのですが微妙な色合いが違うんですよね。 メタニウムmglもこのワインレッドにして欲しいくらいです。 部分的に色を変えたりしないでシンプルにワインレッドのみが私は好みです。 スプールはかなり肉厚 スプールの肉厚は今のリールのスプールからは信じられないくらい厚いです。 スプールエッジを見てもらうと分かると思いますが明らかに厚いです。 ブランキングの所の厚みは1mmありそうな厚さ。 強度は凄そうです。 出典:シマノ これは19アンタレスのスプールですが、スプールエッジの厚さ全然違いますね。 技術の進歩って凄い。 ノーマルスプールをアベイルさんのスプールに交換すれば、かなり性能が上がりそうですね。 いつ見ても売り切れになっていて買えてませんが… サイドプレートはねじ込み式 サイドプレートは閉じた後にねじ込むタイプ。 剛性を売りにしたバンタムmglがねじ込み式に戻った所を見ると、ねじ込み式が剛性確保に適していたんだと思います。 赤メタニウムはサイドプレートがガタつくなんて心配した事ないですもんね。 剛性が高いのでしょう。 リールフットの裏にはシリアルナンバー このナンバーの刻印も所有感を満たしてくれますよね。 これは一台ごとに番号が違うのでしょうか? JAPANの刻印が誇らしげです。 まとめ 子供の頃に憧れた道具はいつまでたっても特別な道具ですよね。 欲しくてたまらなかった物は何歳になっても宝物です。 最後までお読み頂きありがとうございます。

次の

:[衝撃デビュー]

メタニウム xt

赤メタの来た日。 あれは、いつだっただろう? まだ僕も若く、生意気で怖いものなど一つもなかった頃。 思い出す友人の笑顔も若く、なんだか朝日に輝いてるよう。 赤メタ ってご存知ですか? シマノのベイトリール。 1991年、初代バンタムスコーピオン1000/2000 が発売されまして、その1年後、エクストラチューンモデル として、 1992年、バンタムスコーピオンメタニウムXT発売。 その頃、知りませんでしたが~、XTって エクストラチューン って意味だったんですね~。 いまのリールと遜色ない機能を、27年前に手にできた。 当時、 村田基さん がスコーピオンXTとスコーピオンのロッド、 1581だったかな?ショートロッドでミディアムライト? 赤いロッドに 赤いリール。 。>0<。 んで、思い出す光景。 鮮明に。 地元で有名なちょいと大き目な野池。 その中ほどに、小さい島のような出っ張りがあるんです。 それは、あたかも 当時 流行ってたディスコの お立ち台。 目立ち、そして釣れる場所。 そこに、現れたんです。 友人と「見ろ見ろ! ジム がおるぞ!」 その男、ロン毛にバンダナ、 白シャツに切りっぱなしのジーンズの短パン。 (笑) もう、 村田基さん とそっくりな格好してんのよ。 (笑) そんな、時代でした。 で、そのバンタムスコーピオンメタニウムXT、 赤メタ! 赤メタ また、家に来ちゃいました。 ハンドル外し~ ドラグも外す~ 部品は順番に。 これ、SVSブレーキ レベルワインド このリール、レベルワインドの部分が多少難しいんで、 慣れない方は、バラさずにCRCやお好きなケミカル吹いて、 歯ブラシでゴシゴシ、んでグリスアップを。 リールばらすネジはここ んで、パカっと開けましておめでとう。 これくらいばらしたら~、歯ブラシなんかでゴシゴシして~、 ウェスで拭き取ったら、グリス・オイル付ける。 無理して、全バラしなくてもいいと思うんですよ。 僕はね。 部品を外していく こんなのも、各部位ずつに分解清掃して~、 また組んでおいたら、間違えにくいかも。 「 赤メタ まだ使ってますって言ってくれてんのは有難いんだけ ど、ニュースコーピオン、 スコーピオンMGL買ってください」 だって!(笑) そりゃそうだけど、村田さん、シマノさん、 いい物作りすぎると、こうなります。

次の