共有 エクスペリエンス。 Windows10で近距離共有機能の使い方、USBメモリ不要でファイルを簡単に共有

Windows 10の「共有エクスペリエンス」とは何ですか?

共有 エクスペリエンス

SharePoint モダン エクスペリエンスでの共有とアクセス許可 Sharing and permissions in the SharePoint modern experience• この記事の内容 従来、SharePoint の権限は、サイト内の一連の権限グループ 所有者、メンバー、訪問者など によって管理されていました。 Traditionally, SharePoint permissions have been managed through a set of permissions groups within a site Owners, Members, Visitors, etc. Microsoft 365 の SharePoint では、一部の種類のサイトではこのことが当てはまりますが、追加のオプションを使用できます。 In SharePoint in Microsoft 365, this remains true for some types of sites, but additional options are available. SharePoint サイトの主な 3 つの種類は次のとおりです。 The three main types of sites in SharePoint are:• チーム サイト - チーム サイトは、チームとプロジェクトにコラボレーション環境を提供します。 Team sites - Team sites provide a collaboration environment for your teams and projects. 既定では、各チーム サイトは、メールボックス、共有カレンダー、その他のコラボレーション ツールを含む Microsoft 365 グループの一部です。 Each team site, by default, is part of a Microsoft 365 group, which includes a mailbox, shared calendar, and other collaboration tools. チーム サイトは、Microsoft Teams のチームの一部である場合もあります。 Team sites may also be part of a team in Microsoft Teams. チーム サイトの権限は、関連する Microsoft 365 グループまたは Teams のチームを介して最適に管理されます。 Permissions for team sites are best managed through the associated Microsoft 365 group or Teams team. コミュニケーション サイト - コミュニケーション サイトは、組織全体にニュースと状態をブロードキャストします。 Communication sites - Communication sites are for broadcasting news and status across the organization. コミュニケーション サイトの権限は、サイトの SharePoint 所有者、メンバー、および訪問者グループを使用して管理されます。 Communication site permissions are managed by using the SharePoint Owners, Members, and Visitors groups for the site. ハブ サイト-ハブサイトは、管理者がハブの中心として構成したチームサイトまたは通信サイトです。 Hub sites - Hub sites are team sites or communication sites that the administrator has configured as the center of a hub. これらは、共有ナビゲーションを通じて関連サイト間の接続を提供するように設計されています。 They're designed to provide connection between related sites through shared navigation. ハブ サイトの権限は、所有者、メンバー、訪問者グループ、または関連する Microsoft 365 グループ 存在する場合 を介して管理できます。 Permissions for hub sites can be managed through the Owners, Members, and Visitors groups, or through the associated Microsoft 365 group if there is one. サイトをハブに関連付けるには、特殊なアクセス許可が必要です。 Special permissions are needed to associate sites to a hub. チーム サイトの権限と Microsoft 365 グループ Team site permissions and Microsoft 365 Groups 既定では、各 SharePoint チーム サイトは の一部です。 By default, each SharePoint team site is part of an. Microsoft 365 グループは、さまざまな Microsoft 365 サービスに関連付けられている単一の権限グループです。 a Microsoft 365 group is a single permissions group that is associated with various Microsoft 365 services. これには、SharePoint サイト、Planner のインスタンス、メールボックス、共有カレンダーなどが含まれます。 This includes a SharePoint site, an instance of Planner, a mailbox, a shared calendar, and others. 所有者またはメンバーを Microsoft 365 グループに追加すると、他のグループ接続サービスと共に SharePoint サイトへのアクセスが許可されます。 When you add owners or members to the Microsoft 365 group, they're given access to the SharePoint site along with the other group-connected services. グループ所有者はサイト所有者になり、グループ メンバーはサイト メンバーになります。 Group owners become site owners, and group members become site members. SharePoint グループを使用して、Microsoft 365 グループとは別に SharePoint サイトの権限を管理することは可能ですが、それはお勧めしません。 It's possible to manage SharePoint site permissions separately from the Microsoft 365 group by using SharePoint groups, but we recommend against it. このような場合、グループ メンバーは引き続きサイトにアクセスできますが、サイトに直接追加されたユーザーはグループ サービスにアクセスできません。 In such a case, group members will continue to have access to the site, but users added directly to the site won't have access to any of the group services. 例外は表示専用アクセスです。 Microsoft 365 グループには表示専用アクセスの訪問者のアクセス許可がありません。 そのため、サイトで表示権限を必要とするユーザーは、サイト上の訪問者グループに直接追加する必要があります。 The exception is view-only access - Microsoft 365 groups don't have a visitors permission for view-only access, so any users you wish to have view permissions on the site must be added directly to the visitors group on the site. Teams でチーム サイトを使用する Using team sites with Teams Microsoft Teams は、SharePoint チーム サイトを含むさまざまなサービスを統合することにより、コラボレーションのハブを提供します。 Microsoft Teams provides a hub for collaboration by bringing together various services including a SharePoint team site. Teams エクスペリエンス内で、ユーザーは他のサービスと共に SharePoint に直接アクセスできます。 Within the Teams experience, users can directly access SharePoint along with the other services. 各チームは Microsoft 365 グループに関連付けられており、Teams はそのグループを使用して権限を管理します。 Each team is associated with a Microsoft 365 group and Teams uses that group to manage its permissions. SharePoint サイトが Teams で使用されるシナリオでは、すべての権限管理を Teams で行うことをお勧めします。 For scenarios where a SharePoint site is used with Teams, we recommend doing all permission management through Teams. Microsoft 365 グループと同様に、チーム所有者はサイト所有者になり、チーム メンバーはサイト メンバーになります。 As with Microsoft 365 groups, team owners become site owners and team members become site members. 表示のみの権限は、サイトを通じて管理されます。 View-only permissions are managed through the site. SharePoint と Teams の連携の詳細については、「 」を参照してください。 For details about how SharePoint and Teams interact, see. コミュニケーション サイトの権限 Communication site permissions コミュニケーションサイトは Microsoft 365 グループに接続されておらず、標準の SharePoint 権限グループを使用します。 Communication sites aren't connected to Microsoft 365 groups and use the standard SharePoint permissions groups:• 所有者 Owners• メンバー Members• 閲覧者 Visitors コミュニケーション サイトでは、通常 1 人以上の所有者、そのサイトのコンテンツを作成する比較的少数のメンバー、および情報を共有する多数の訪問者がいます。 Normally with communication sites, you'll have one or more owners, a relatively small number of members who create the content for the site, and a large number of visitors who are the people you're sharing information with. 個々のユーザー、セキュリティ グループ、または Microsoft 365 グループを 3 つの SharePoint グループのいずれかに追加することで、サイトへの権限を付与できます。 You can give people permissions to the site by adding individual users, security groups, or Microsoft 365 groups to one of the three SharePoint groups. Teams のチーム メンバーがコミュニケーション サイトを使用している場合、チームに関連付けられた Microsoft 365 グループをコミュニケーション サイトのメンバー グループに追加することができます。 If a communication site is used by members of a team in Teams, you may want to add the Microsoft 365 group associated with the team to the members group of the communication site. これにより、チームのメンバーはコミュニケーション サイトでコンテンツを作成できます。 This will allow members of the team to create content in the communication site. 訪問者グループは、セキュリティ グループを使用するのに適した場所です。 The visitors group is a good place to use security groups. 多くの組織では、これが多数のユーザーをサイトに追加する最も簡単な方法です。 In many organizations, this is the easiest way to add large numbers of users to a site. ハブ サイトの権限 Hub site permissions ハブサイトのアクセス許可の管理は、基になるサイトの種類によって異なります。 Managing the permissions of a hub site is dependent on the underlying type of site. サイトがグループ接続されたチーム サイトである場合、Microsoft 365 グループを介して権限を管理する必要があります。 If the site is a group-connected team site, then you should manage permissions through the Microsoft 365 group. コミュニケーション サイトの場合は、SharePoint グループを介して権限を管理する必要があります。 If it's a communication site, then you should manage permissions through the SharePoint groups. ハブ サイトの所有者は、ハブ ナビゲーションとテーマの共有エクスペリエンスを定義します。 Hub site owners define the shared experiences for hub navigation and theme. ハブサイトメンバーは、他の SharePoint サイトと同様に、ハブ上にコンテンツを作成します。 Hub site members create content on the hub as with any other SharePoint site. ハブに関連付けられているサイトの所有者とメンバーは、個々のサイトにコンテンツを作成します。 Owners and members of the sites associated with the hub create content on their individual sites. SharePoint 管理者は、他のサイトをハブに接続できるユーザーを指定する必要があります。 The SharePoint admin must specify which users can connect other sites to the hub. これは SharePoint 管理センターで行われ、サイト所有者が変更することはできません。 This is done in the SharePoint admin center and cannot be changed by site owners. 共有可能リンク Sharable links サイト、グループ、またはチームへの権限を付与すると、すべてのサイト コンテンツへのアクセスが許可されます。 Giving people permissions to a site, group, or team gives them access to all site content. 個々のファイルまたはフォルダーを共有する場合、共有可能リンクを使用します。 If you want to share an individual file or folder, you can do so with sharable links. 3 つの主要なリンクの種類があります。 There are three primary link types:• すべてのユーザー リンクは、組織外のユーザーを含め、リンクを知っているユーザーはアイテムにアクセスできます。 Anyone links give access to the item to anyone who has the link, including people outside your organization. すべてのユーザー リンクを使用するユーザーは認証する必要がなく、アクセスを監査することはできません。 People using an Anyone link don't have to authenticate, and their access can't be audited. 組織内のユーザー リンクは、Microsoft 365 組織内のユーザーにのみ機能します。 People in your organization links work for only people inside your Microsoft 365 organization. ディレクトリ内のゲストでは機能せず、メンバーにのみ機能します。 They don't work for guests in the directory, only members. 特定のユーザー リンクは、ユーザーがアイテムを共有するときに指定したユーザーにのみ機能します。 Specific people links only work for the people that users specify when they share the item. 共有リンクの種類の詳細については、 「」を参照してください。 For more about the different types of sharing links, see. ゲスト共有 Guest sharing SharePoint の外部共有機能を使用すると、組織内のユーザーが組織外のユーザー パートナー、ベンダー、クライアント、顧客など とコンテンツを共有することができます。 The external sharing features of SharePoint let users in your organization share content with people outside the organization such as partners, vendors, clients, or customers. 組織に複数のサブスクリプションがある場合、外部共有を使用して、複数の Microsoft 365 サブスクリプションのライセンス ユーザー間で共有することもできます。 You can also use external sharing to share between licensed users on multiple Microsoft 365 subscriptions if your organization has more than one subscription. 外部共有の計画は、SharePoint の全体的な権限計画の一部として含める必要があります。 Planning for external sharing should be included as part of your overall permissions planning for SharePoint. SharePoint には、組織レベルとサイトレベル 以前の "サイトコレクション" レベル の両方で、外部共有設定があります。 SharePoint has external sharing settings at both the organization level and the site level previously called the "site collection" level. 任意のサイトで外部共有を許可するには、組織レベルでそれを許可する必要があります。 To allow external sharing on any site, you must allow it at the organization level. その後、他のサイトへの外部共有を制限できます。 You can then restrict external sharing for other sites. 組織レベルまたはサイト レベルでどちらのオプションを選択しても、より制限の厳しい機能は引き続き利用できます。 Whichever option you choose at the organization or site level, the more restrictive functionality is still available. たとえば、 すべてのユーザー リンクを使用して共有を許可しても、ユーザーはサインインしたゲストや内部ユーザーと共有できます。 For example, if you choose to allow sharing using Anyone links, users can still share with guests, who sign in, and with internal users. 組織の外部共有は既定でオンになっています。 External sharing is turned on by default for your organization. 各サイトの既定の設定は、サイトの種類によって異なります。 Default settings for individual sites vary depending on the type of site. 詳細については、「」をご覧ください。 See for more information. セキュリティとプライバシー Security and privacy 外部的に共有されるべきではない機密情報を持っている場合は、外部共有が無効になっているサイトに情報を保存することをお勧めします。 If you have confidential information that should never be shared externally, we recommend storing the information in a site that has external sharing turned off. 外部共有に使用するために必要に応じて追加のサイトを作成します。 Create additional sites as needed to use for external sharing. これにより、機密情報への外部アクセスを防ぐことができ、セキュリティのリスクを管理できます。 This helps you to manage security risk by preventing external access to sensitive information. SharePoint および OneDrive の Azure AD B2B プレビュー との統合 SharePoint and OneDrive integration with Azure AD B2B Preview Azure AD B2B は、ゲスト ユーザーの認証と管理を提供します。 Azure AD B2B provides authentication and management of guest users. 認証は、職場または学校のアカウントまたは Microsoft アカウント MSA をまだ持っていない場合に、ワンタイムパスコードを介して実行されます。 Authentication happens via one-time passcode when they don't already have a work or school account or a Microsoft account MSA. SharePoint と OneDrive の統合により、Azure B2B のワンタイム パスコード機能は、ファイル、フォルダー、リスト アイテム、ドキュメント ライブラリ、サイトの外部共有に使用されます。 With SharePoint and OneDrive integration, the Azure B2B one-time passcode feature is used for external sharing of files, folders, list items, document libraries and sites. Azure B2B の統合により、すべてのゲスト ユーザーがディレクトリに追加され、Microsoft 365 セキュリティおよびコンプライアンス ツールを使用して管理できます。 With Azure B2B integration, all guest users are added to the directory and can be managed using Microsoft 365 security and compliance tools. を試すことをお勧めします。 We encourage you to try the. 関連項目 See also 関連記事.

次の

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 020455

共有 エクスペリエンス

ユーザーエクスペリエンスとは? 「言葉自体は聞いたことがあっても、しっかりと意味は説明できない…」そんな人も多いのではないでしょうか。 この記事では、ユーザーエクスペリエンスとは何か、ビジネスに活かされる事例とともにご紹介します。 ユーザーエクスペリエンスデザインを専門に行う「UXデザイナー」の仕事内容から、ユーザーエクスペリエンスを学べる参考資料もぜひ活用してみてください。 ユーザーエクスペリエンスとは ユーザーエクスペリエンスとは、製品やサービスを使用することで得られるユーザー体験の総称です。 ただ単に使いやすい、わかりやすいだけでなく、ユーザーの行動を導き、ユーザーがやりたいことを「楽しく・心地よく」実現することを目指した概念です。 正式には「User Experience」と表記しますが、「UX」と略して表記されることが多く、数年前から特にWeb業界で重要なキーワードとなっています。 ユーザビリティとの違い ユーザビリティとは、簡単に説明すると「使いやすさ」という意味です。 (ユーザビリティに関しては細かく国際基準で定められていますが、ここでは割愛します) サービスや製品が、ユーザーにとって使いやすい状態を「ユーザビリティが良い」「ユーザビリティが高い」などと表現します。 ユーザビリティが単純に使いやすさだけを追求するのに対して、UXは使いやすさを実現することでユーザーが得られる心地よさを追求します。 ユーザーインターフェース(UI との違い ユーザインターフェースとは、「User Interface」「UI」などと表記します。 直訳すると人とモノの接点という意味です。 最近では 人が機械などを操作するために接触するものと定義するのが一般的です。 例えば、駅で切符を買うとき、画面に表示された金額を選んでボタンを押すことで、券売機(機械)から切符を発券するという操作をすることができます。 スマートフォンのアプリであれば、デザイン・画像・ボタン・テキストなど外観に関わる全ての情報をUIと捉えます。 ボタンを間違えてタップしないよう配置を考えたり、ターゲットとなる年齢層が読みやすい文字の大きさを考えてフォントサイズを決めたりなどの業務を行います。 つまり、ユーザーにとって使いやすい画面デザインを行うのがUIの概念です。 ユーザビリティとUIデザインが(ビジュアルや機能面で)使いやすいものを設計することが目的だとしたら、UXデザインは、ユーザビリティとUIデザインも含めた「体験」を設計することを指します。 使いやすいユーザビリティ、UIを実現することはもちろん、アプリやサービスを使って「楽しい、心地いい」を構築するのがUXです。 そのため、UXはユーザビリティとUIを包括していると言えます。 なぜ今ユーザーエクスペリエンスが重要視されるのか Web業界を例に挙げると、フィーチャーフォン(ガラケー)からの過渡期には、ただスマホに対応しているだけでサービスとして優位に立てる時期がありました。 その後Webへアクセスするためのデバイスはスマホからが当たり前になり、スマホに対応した「だけ」のサービス、スマホで使いやすい「だけ」のサービスでは他社との競争に勝てません。 そこで、ビジュアルとユーザビリティの面でサービスの利便性を実現するUIデザインはもちろん、サービス全体の設計を通してより良いユーザー体験を実現する「ユーザーエクスペリエンス」が重要視されています。 ビジネスに活かされるユーザーエクスペリエンスの事例 スターバックス アメリカのスターバックス会長兼社長兼CEOのハワード・シュルツさんが、「スターバックスはコーヒーを売っているのではない。 体験を売っているのだ」と発言したことは有名です。 スターバックス(以下:スタバ)は、店舗を「ザ・サードプレイス(第三の場所)」と位置づけ、日常で手に入れることができる少しリッチな時間を提供することを掲げています。 これまでのカフェやコーヒーショップでは、店員さんにレジでお金を渡して、トレーに載ったコーヒーを受け取るといった流れが一般的でした。 スタバはその常識を壊し、「バリスタ」と呼ばれるコーヒーの専門家が商品を提供することにこだわっています。 カウンターで待つ間にコーヒーが注がれる様子を見ることで、自分のもとに商品が届けられるまでの楽しみを演出します。 おしゃれな店内はコーヒーをゆっくり楽しめるようインテリアが設計され、コーヒーの提供から実際に味わい、店を出るまでの体験作りを店舗全体で実現しています。 ドン・キホーテ UXを向上させるためには優れたUIが欠かせませんが、綺麗にスッキリとデザインされていることだけが良いUXではありません。 総合ディスカウントストアとして有名な「ドン・キホーテ」の陳列の様子を思い出してみてください。 人の背丈よりも高い陳列棚に所狭しと商品が並べられ、入口からレジまでは入り組んで迷路のような導線。 人と人がすれ違うのも難しい細い通路など、お世辞にも綺麗な店舗作りとは言えません。 ですがこの「圧縮陳列」と呼ばれる商品ディスプレイの仕方こそ、ドン・キホーテの考えるユーザーエクスペリエンスです。 特売の商品をあえて店内の奥に配置するなど、見つけづらい陳列をすることで宝探しの要素を持たせ、見つけたときの「発掘感」や「お得感」を体験させるデザインになっています。 UXデザイナーの仕事内容 UXデザインを専門に行うデザイナーを文字通り「UXデザイナー」と呼びます。 比較的新しい職種のため、UXデザイナーの仕事内容がどんなものか想像がつきにくいかもしれないので、業務内容の一例を以下にご紹介します。 マーケティング• 情報設計• サイト解析• 工数管理 「UXデザイナー」という言葉から、絵が描けないといけないのでは?デザインができないといけないのでは?と思われがちですが実は違います。 業務内容の一例を見てもわかるように、マーケティングやアクセス解析、SEOなどサイトの情報設計の仕事が大半です。 売り上げ達成も含め、サービス全体の設計を通してより良いユーザー体験を実現するのがUXデザイナーの仕事です。 たとえデザインの経験がなくても、UXデザイナーになるチャンスがあるとも言えます。 UIデザイナーとの違い スマホ向けゲームアプリを例に、UIデザイナーとUXデザイナーの違いをご説明します。 UIデザイナーはアプリ内に表示される操作ボタン、キャラクターのパラメーターをどのように1つの画面内に収めるかなど、ゲームをプレイするために必要なモノの視覚的な情報をデザインします。 対してUXデザイナーは、そもそもどんな時にゲームをやりたくなるのか、売り上げが伸び悩んだ時に、どのようにユーザーを楽しませることができれば課金につながるのか、サービスの解析やマーケティングなどの上流設計をします。 UIデザイナーはユーザーの目に見える全般をデザインするのに対し、UXデザイナーはユーザーの目に見えない情報をデザインするのが仕事です。 UXデザイナーの募集求人 実際に募集されている求人を見ることで、企業によってどのようにUXデザインを捉えているのか、どんな人材を求めているのかが見えてきます。 求人の一例を紹介しますので、求人詳細をチェックしてみましょう。 UXデザイナーの求人. 3 株式会社Candee 職種 UI・UXデザイナー、コーダー 雇用形態 正社員 業務内容 『Live Shop! 今後は『Live Shop! 』のみならずスポーツ、ニュース、ミュージック、カルチャー、グルメなど… ユーザーエクスペリエンスを学ぶ方法 ユーザーエクスペリエンスの意味や、企業がどのような人材を求めているかがわかったところで、さらに理解を深めるためのステップアップ方法です。 UXについての理解を深めるセミナーをご紹介します。 セミナーで学ぶ UX MILK主催の、UXを題材にした勉強会。 参加者同士でより気軽にUXについて話し合えるような場が提供されているとのことなので、初心者にはおすすめのセミナーと言えます。 Recruit Media Technology Labが主催の、UXに関するさまざまなセミナーがコンスタントに開催されています。 最新テクノロジーが集まる勉強会・イベント情報サイト dots. にてUIUXに関するイベントが一覧でまとめられています。 まとめ ユーザーエクスペリエンスとは何か、ビジネスへの活用事例や、UXデザイナーの求人などご紹介しました。 これからUXデザイナーの求人は増えていく傾向にあります。 ユーザーエクスペリエンスを実現する仕事について興味を持った方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 株式会社はてなでチーフデザイナーとして従事し、クックパッド株式会社で執行役を務めた池田拓司さんがキャリアに関する悩みについて個別にアドバイスする、キャリアカウンセリングも随時受付中です。 ご相談はもちろん無料です。 お気軽にご応募ください。

次の

共有エクスペリエンスの修正

共有 エクスペリエンス

Windows 10 での共有またはゲスト PC の設定 Set up a shared or guest PC with Windows 10• この記事の内容 適用対象 Applies to• Windows 10 Windows10 Windows 10 バージョン 1607 では、企業のタッチダウン スペースや小売店でお客様が一時的に利用するなど、Windows 10 の共用シナリオに最適化する 共有 PC モードが導入されました。 Windows 10, version 1607, introduced shared PC mode, which optimizes Windows 10 for shared use scenarios, such as touchdown spaces in an enterprise and temporary customer use in retail. 共有 PC モードは、Windows 10 Pro、Pro Education、Education、Enterprise に適用できます。 You can apply shared PC mode to Windows 10 Pro, Pro Education, Education, and Enterprise. 注意 学校で共有 PC 用に Windows 10 を使う場合は、「」をご覧ください。 共有 PC モードで PC を簡単に構成する方法と教育向けの追加設定についての説明があります。 If you're interested in using Windows 10 for shared PCs in a school, see which provides a simple way to configure PCs with shared PC mode plus additional settings specific for education. 共有 PC モードの概念 Shared PC mode concepts 共有 PC モードの Windows 10 PC は、管理とメンテナンスが不要な、高信頼性の設計になっています。 A Windows 10 PC in shared PC mode is designed to be management- and maintenance-free with high reliability. 共有 PC モードで一度にサインインできるユーザーは 1 人のみです。 In shared PC mode, only one user can be signed in at a time. PC がロックされている場合、現在サインインしているユーザーはいつでもロック画面でサインアウトできます。 When the PC is locked, the currently signed in user can always be signed out at the lock screen. アカウント モデル Account models セットアップ プロセスの一環としてドメインへの参加を行う権限を持っているユーザーは、共有 PC を Active Directory または Azure Active Directory ドメインに参加させることができます。 It is intended that shared PCs are joined to an Active Directory or Azure Active Directory domain by a user with the necessary rights to perform a domain join as part of a setup process. これにより、これらのディレクトリ内のすべてのユーザーが PC にサインインできるようになります。 This enables any user that is part of the directory to sign-in to the PC. Azure Active Directory Premium を使っている場合は、すべてのドメイン ユーザーが管理者権限を持つユーザーとしてサインインできるように構成することもできます。 If using Azure Active Directory Premium, any domain user can also be configured to sign in with administrative rights. さらに共有 PC モードでは、サインイン画面で [ゲスト] オプションが有効になるように構成することができます。 これにより、ユーザー資格情報の入力やユーザー認証が省略され、PC を使用するたびに新しいローカル アカウントが作成されます。 Additionally, shared PC mode can be configured to enable a Guest option on the sign-in screen, which doesn't require any user credentials or authentication, and creates a new local account each time it is used. さらに Windows 10 バージョン1703 では、 キオスク モード アカウントが導入されました。 Windows 10, version 1703, introduces a kiosk mode account. 共有 PC モードでは、サインイン画面で [キオスク] オプションが有効になるように構成することができます。 これにより、ユーザー資格情報の入力やユーザー認証が省略され、PC を使用するたびに新しいローカル アカウントが作成されたうえで、割り当てられたアクセス モード キオスク モード で指定されたアプリが実行されます。 Shared PC mode can be configured to enable a Kiosk option on the sign-in screen, which doesn't require any user credentials or authentication, and creates a new local account each time it is used to run a specified app in assigned access kiosk mode. アカウント管理 Account management 共有 PC モードでアカウント管理サービスをオンにすると、アカウントは自動的に削除されます。 When the account management service is turned on in shared PC mode, accounts are automatically deleted. アカウントの削除は、Active Directory と Azure Active Directory に加え、 [ゲスト] オプションと [キオスク] オプションで作成されたローカル アカウントに適用されます。 Account deletion applies to Active Directory, Azure Active Directory, and local accounts that are created by the Guest and Kiosk options. アカウント管理は、サインオフ時 次のユーザー用の十分なディスク領域があることを確認するため とシステム メンテナンス時の両方で実行されます。 Account management is performed both at sign-off time to make sure there is enough disk space for the next user as well as during system maintenance time periods. 共有 PC モードでは、サインアウト直後またはディスク領域が少ない場合にアカウントを削除するように構成できます。 Shared PC mode can be configured to delete accounts immediately at sign-out or when disk space is low. Windows 10 バージョン 1703 では、サインインしない状態が指定日数を超えた場合にアカウントを削除する非アクティブ オプションが追加されました。 In Windows 10, version 1703, an inactive option is added which deletes accounts if they haven't signed in after a specified number of days. メンテナンスとスリープ Maintenance and sleep 共有 PC モードは、PC を使用していない時間を活用してメンテナンスを行うよう設定されています。 Shared PC mode is configured to take advantage of maintenance time periods which run while the PC is not in use. したがって、メンテナンスの実行、アカウントのクリーンアップ、Windows Update の実行に使用されていないときに PC がスリープ状態になることがないように、スリープを強くお勧めします。 Therefore, sleep is strongly recommended so that the PC can wake up when it is not in use to perform maintenance, clean up accounts, and run Windows Update. 上記の推奨設定を行うには、共有 PC オプションの一覧で [SetPowerPolicies] を選びます。 The recommended settings can be set by choosing SetPowerPolicies in the list of shared PC options. また、Advanced Configuration and Power Interface ACPI ウェイク アラームが搭載されていないデバイスでは、共有 PC モードでいつでもリアル タイム クロック RTC ウェイク アラームをオーバーライドして PC をスリープ状態から解除できます RTC ウェイク アラームは既定でオフになっています。 Additionally, on devices without Advanced Configuration and Power Interface ACPI wake alarms, shared PC mode will always override real-time clock RTC wake alarms to be allowed to wake the PC from sleep by default, RTC wake alarms are off. そのため、これまでになく広範な種類のハードウェアでメンテナンス時間を活用するようになります。 This ensures that the widest variety of hardware will take advantage of maintenance periods. 共有 PC モードは Windows Update 自体の構成は行いません。 したがって、メンテナンス時に自動的に更新プログラムをインストールして 必要に応じて 再起動するように Windows Update を構成することを強くお勧めします。 While shared PC mode does not configure Windows Update itself, it is strongly recommended to configure Windows Update to automatically install updates and reboot if necessary during maintenance hours. この構成によって PC を常に最新の状態に保ち、更新プログラムでユーザーを煩わさないようにします。 This will help ensure the PC is always up to date and not interrupting users with updates. 次のいずれかの方法で Windows Update を構成します。 Use one of the following methods to configure Windows Update:• アプリの動作 App behavior アプリは、次の 3 つの API によって共有 PC モードに対応できます。 Apps can take advantage of shared PC mode with the following three APIs:• : PC が共用のシナリオ向けに構成されているときに、アプリに通知します。 - This informs apps when the PC has been configured for shared use scenarios. これにより共有 PC モードのデバイスで動作するアプリは、オンデマンドでのみコンテンツをダウンロードしたり、最初の実行エクスペリエンスをスキップしたりすることができます。 For example, an app might only download content on demand on a device in shared PC mode, or might skip first run experiences. : PC の構成で、ユーザーによる PC のローカル ストレージへの保存が禁止されている場合に、アプリに通知します。 - This informs apps when the PC has been configured to not allow the user to save to the local storage of the PC. アプリは、ローカル ストレージの代わりにクラウドの保存場所のみを表示するか、クラウドに自動的に保存します。 Instead, only cloud save locations should be offered by the app or saved automatically by the app. : PC が教育機関環境で使用されている場合に、アプリに通知します。 - This informs apps when the PC is used in an education environment. これによりアプリは、診断データの取り扱いを変更したり、広告機能を非表示にしたりすることができます。 Apps may want to handle diagnostic data differently or hide advertising functionality. カスタマイズ Customization 共有 PC モードでは、要件に合わせて動作を調整するカスタマイズ セットが公開されています。 Shared PC mode exposes a set of customizations to tailor the behavior to your requirements. これらのカスタマイズは、「 」で説明するように、MDM またはプロビジョニングパッケージを使って設定するオプションです。 These customizations are the options that you'll set either using MDM or a provisioning package as explained in. 次の表はオプションの一覧です。 The options are listed in the following table. 設定 Setting 設定値 Value EnableSharedPCMode EnableSharedPCMode True に設定します。 Set as True. True に設定しない場合、共有 PC モードがオンにならず、他の設定がいずれも適用されません。 If this is not set to True, shared PC mode is not turned on and none of the other settings apply. この設定は、 API を制御します。 This setting controls this API: SharedPC のその他の設定は、一部が省略可能ですが、 EnableAccountManager も True に設定することを強くお勧めします。 Some of the remaining settings in SharedPC are optional, but we strongly recommend that you also set EnableAccountManager to True. AccountManagement: AccountModel AccountManagement: AccountModel PC でのユーザーのサインイン方法を制御します。 This option controls how users can sign-in on the PC. ドメイン参加アカウント domain-joined が含まれたオプションを選ぶと、ドメイン内のすべてのユーザーがサインインできます。 Choosing domain-joined will enable any user in the domain to sign-in. ゲスト guest が含まれたオプションを指定すると、サインイン画面に [ゲスト] オプションが追加され、匿名ゲストが PC にアクセスできるようになります。 Specifying the guest option will add the Guest option to the sign-in screen and enable anonymous guest access to the PC. - [Only guest] ゲストのみ では、任意のユーザーがローカル標準 管理者以外 アカウントとして PC を使用できます。 - Only guest allows anyone to use the PC as a local standard non-admin account. - [Domain-joined only] ドメイン参加アカウントのみ では、Active Directory アカウントまたは Azure AD アカウントを持つユーザーがサインインできます。 - Domain-joined only allows users to sign in with an Active Directory or Azure AD account. - [Domain-joined and guest] ドメイン参加アカウントとゲスト では、Active Directory アカウント、Azure AD アカウント、またはローカル標準アカウントを持つユーザーがサインインできます。 - Domain-joined and guest allows users to sign in with an Active Directory, Azure AD, or local standard account. AccountManagement: DeletionPolicy AccountManagement: DeletionPolicy - [Delete immediately] 直ちに削除 ではサインアウト時にアカウントが削除されます。 - Delete immediately will delete the account on sign-out. - [Delete at disk space threshold] ディスク領域しきい値で削除 では、使用可能なディスク領域が DiskLevelDeletion で設定したしきい値を下回るとアカウントの削除を開始し、使用可能なディスク領域が DiskLevelCaching で設定したしきい値に達するとアカウントの削除を停止します。 - Delete at disk space threshold will start deleting accounts when available disk space falls below the threshold you set for DiskLevelDeletion, and it will stop deleting accounts when the available disk space reaches the threshold you set for DiskLevelCaching. アクセス順が最も古いアカウントから最も新しいアカウントへと削除されます。 Accounts are deleted in order of oldest accessed to most recently accessed. 例: キャッシュ番号が 50 で削除番号が 25 の場合。 Example: The caching number is 50 and the deletion number is 25. 空き領域が削除のしきい値を下回っている場合やディスク領域が不足している場合は、PC が使用中であるかどうかに関係なく、サインオフと同時にアカウントは削除されます。 Accounts will be deleted immediately at sign off of an account if free space is under the deletion threshold and disk space is very low, regardless if the PC is actively in use or not. - [Delete at disk space threshold and inactive threshold] ディスク領域しきい値と非アクティブしきい値で削除 では、上記と同じディスク領域チェックが適用されますが、サインインしない状態が [ InactiveThreshold] で指定した日数を超えた場合もアカウントが削除されます。 - Delete at disk space threshold and inactive threshold will apply the same disk space checks as noted above, but also delete accounts if they have not signed in within the number of days specified by InactiveThreshold AccountManagement: DiskLevelCaching AccountManagement: DiskLevelCaching DeletionPolicy を Delete at disk space threshold に設定する場合は、合計ディスク領域のうち、アカウントをキャッシュするしきい値とするディスク領域の割合を設定します。 If you set DeletionPolicy to Delete at disk space threshold, set the percent of total disk space to be used as the disk space threshold for account caching. AccountManagement: DiskLevelDeletion AccountManagement: DiskLevelDeletion DeletionPolicy を Delete at disk space threshold に設定する場合は、合計ディスク領域のうち、アカウントを削除するしきい値とするディスク領域の割合を設定します。 If you set DeletionPolicy to Delete at disk space threshold, set the percent of total disk space to be used as the disk space threshold for account deletion. AccountManagement: InactiveThreshold AccountManagement: InactiveThreshold [DeletionPolicy] を [Delete at disk space threshold and inactive threshold] ディスク領域しきい値と非アクティブしきい値で削除 に設定する場合は、サインインがないときにアカウントが削除されるまでの日数を設定します。 If you set DeletionPolicy to Delete at disk space threshold and inactive threshold, set the number of days after which an account that has not signed in will be deleted. AccountManagement: EnableAccountManager AccountManagement: EnableAccountManager True に設定してアカウントの自動管理を有効にします。 Set as True to enable automatic account management. True に設定しない場合、アカウントの自動管理は行われません。 If this is not set to true, no automatic account management will be done. AccountManagement: KioskModeAUMID AccountManagement: KioskModeAUMID アプリケーション ユーザー モデル ID AUMID を設定すると、サインイン画面でキオスク アカウントが有効になります。 Set an Application User Model ID AUMID to enable the kiosk account on the sign-in screen. 新しいアカウントが作成され、割り当てられたアクセスを使用して、AUMID によって指定されたアプリのみが実行されます。 A new account will be created and will use assigned access to only run the app specified by the AUMID. 指定されたアプリが PC にインストールされている必要があります。 Note that the app must be installed on the PC. アカウント名は [KioskModeUserTileDisplayText] で設定します。 設定しない場合は、既定のアカウント名が使用されます。 Set the name of the account using KioskModeUserTileDisplayText, or a default name will be used. AccountManagement: KioskModeUserTileDisplayText AccountManagement: KioskModeUserTileDisplayText [KioskModeAUMID] を設定した場合は、ここでキオスク アカウントの表示テキストを設定します。 Sets the display text on the kiosk account if KioskModeAUMID has been set. Customization: MaintenanceStartTime Customization: MaintenanceStartTime 既定では、メンテナンスの開始時刻 Windows Update などの自動メンテナンス タスクを実行する時刻 は真夜中です。 By default, the maintenance start time which is when automatic maintenance tasks run, such as Windows Update is midnight. この設定で開始時刻を調整するには、新しい開始時刻を午前 0 時から分単位で入力します。 You can adjust the start time in this setting by entering a new start time in minutes from midnight. たとえば、メンテナンスを午前 2 時に開始する場合は、この値に「 120」と入力します。 For example, if you want maintenance to begin at 2 AM, enter 120 as the value. Customization: MaxPageFileSizeMB Customization: MaxPageFileSizeMB ページ ファイルの最大サイズを MB 単位で調整します。 Adjusts the maximum page file size in MB. この設定を使用すると、特にロー エンドの PC でページ ファイル動作を調整することができます。 This can be used to fine-tune page file behavior, especially on low end PCs. Customization: RestrictLocalStorage Customization: RestrictLocalStorage True に設定すると、ユーザーに対し、エクスプローラーを使ったローカル ストレージへの保存や参照を禁止できます。 Set as True to restrict the user from saving or viewing local storage when using File Explorer. この設定は、 API を制御します。 This setting controls this API: Customization: SetEduPolicies Customization: SetEduPolicies 学校で使用する PC の場合、 True に設定します。 Set to True for PCs that will be used in a school. 詳しくは、「」をご覧ください。 For more information, see. この設定は、 API を制御します。 This setting controls this API: Customization: SetPowerPolicies Customization: SetPowerPolicies True に設定した場合 When set as True: - ユーザーは電源設定を変更できなくなります。 - Prevents users from changing power settings - 休止状態がオフになります。 - Turns off hibernate - すべての電源状態がスリープに移行できないようにします カバーを閉じたときなど。 - Overrides all power state transitions to sleep e. lid close Customization: SignInOnResume Customization: SignInOnResume PC のスリープ状態を解除するときにユーザーのサインインにパスワードを要求するかどうかを指定します。 This setting specifies if the user is required to sign in with a password when the PC wakes from sleep. Customization: SleepTimeout Customization: SleepTimeout PC をスリープ状態に切り替えるまでのすべてのタイムアウトを指定します。 Specifies all timeouts for when the PC should sleep. アイドル時間を秒単位で入力します。 Enter the amount of idle time in seconds. スリープのタイムアウトを設定しない場合は、既定の 1 時間が適用されます。 If you don't set sleep timeout, the default of 1 hour applies. オプション関連の設定 optional related setting 新しい非管理 Azure AD アカウントを、事前に構成された候補のローカルアカウントに自動的に接続することにより、ユーザーに対して初めてサインインすることができます。 Enables a quick first sign-in experience for a user by automatically connecting new non-admin Azure AD accounts to the pre-configured candidate local accounts. Windows 用の共有 PC モードの構成 Configuring Shared PC mode for Windows PC の共有 PC モードを構成するには 2 つの方法があります。 You can configure Windows to be in shared PC mode in a couple different ways:• モバイル デバイス管理 MDM : 共有 PC モードは で有効にします。 Mobile device management MDM : Shared PC mode is enabled by the. Intune で Windows 10 用の共有デバイスポリシーをセットアップするには、次の手順を実行します。 To setup a shared device policy for Windows 10 in Intune, complete the following steps:• に移動します。 Go to the. ナビゲーションから [ デバイス] を選びます。 Select Devices from the navigation. [ ポリシー] で、[ 構成プロファイル] を選択します。 Under Policy, select Configuration profiles. [プロファイルの作成] を選択します。 Select Create profile. [ プラットフォーム] メニューで、[ Windows 10以降] を選びます。 From the Platform menu, select Windows 10 and later. [ Profile ] メニューから、[ Shared multi user device] を選びます。 From the Profile menu, select Shared multi-user device. [作成] を選択します。 Select Create. ポリシーの名前を入力します 例: My Win10 Shared devices policy。 Enter a name for the policy e. My Win10 Shared devices policy. 必要に応じて説明を追加することもできます。 You can optionally add a description should you wish to do so. [次へ] を選択します。 Select Next. [ 構成の設定] ページで、[共有 PC モード] の値を [ 有効] に設定します。 この時点から、このポリシーの一部とする追加の設定を構成して、 手順 6の後に [ 作成] を選択して、セットアップフローの残りの部分を完了まで追跡できます。 Windows 構成デザイナーで作成したプロビジョニング パッケージ: プロビジョニング パッケージは、初期セットアップする PC OOBE: Out-Of-Box-Experience とも呼ばれます 、または既に使用している Windows 10 PC に適用できます。 A provisioning package created with the Windows Configuration Designer: You can apply a provisioning package when you initially set up the PC also known as the out-of-box-experience or OOBE , or you can apply the provisioning package to a Windows 10 PC that is already in use. プロビジョニング パッケージは、Windows 構成デザイナーで作成します。 The provisioning package is created in Windows Configuration Designer. 共有 PC モードは、 によって有効にします。 有効にした PC は、Windows 構成デザイナーに SharedPC として表示されます。 Shared PC mode is enabled by the , exposed in Windows Configuration Designer as SharedPC. WMI ブリッジ: グループ ポリシーを使用する環境では、 を使って、 を構成できます。 WMI bridge: Environments that use Group Policy can use the to configure the. すべてのデバイス設定で、WMI ブリッジクライアントはローカルシステムユーザーで実行する必要があります。 詳細については、「 」を参照してください。 For all device settings, the WMI Bridge client must be executed under local system user; for more information, see. たとえば、管理者として PowerShell を開き、次のコードを実行します。 Windows 構成デザイナーを開きます。 Open Windows Configuration Designer. スタート ページ で [高度なプロビジョニング] を選びます。 On the Start page, select Advanced provisioning. プロジェクトの名前と 必要に応じて 説明を入力し、 [次へ] をクリックします。 Enter a name and optionally a description for the project, and click Next. [すべての Windows デスクトップ エディション] を選び、 [次へ] をクリックします。 Select All Windows desktop editions, and click Next. [完了] をクリックします。 Click Finish. Windows 構成デザイナーでプロジェクトが開きます。 Your project opens in Windows Configuration Designer. [ファイル] メニューの [保存] を選びます。 On the File menu, select Save. [エクスポート] メニューの [プロビジョニング パッケージ] を選びます。 On the Export menu, select Provisioning package. [所有者] を [IT 管理者], which will set the precedence of this provisioning package higher than provisioning packages applied を this device from other sources, and then select [次へ] を選択します。 Change Owner to IT Admin, which will set the precedence of this provisioning package higher than provisioning packages applied to this device from other sources, and then select Next. [パッケージのバージョン] の値を設定します。 Set a value for Package Version. ヒント 既存のパッケージに変更を加えてバージョン番号を変更することで、以前に適用されたパッケージを更新できます。 You can make changes to existing packages and change the version number to update previously applied packages. オプション [プロビジョニング パッケージ セキュリティ] ウィンドウで、パッケージの暗号化を選択してパッケージの署名を有効にできます。 Optional In the Provisioning package security window, you can choose to encrypt the package and enable package signing. [パッケージの暗号化を有効にする] - このオプションを選ぶと、自動生成されたパスワードが画面に表示されます。 Enable package encryption - If you select this option, an auto-generated password will be shown on the screen. [パッケージの署名を有効にする] - このオプションを選ぶと、パッケージの署名に使用する有効な証明書を選ぶ必要があります。 Enable package signing - If you select this option, you must select a valid certificate to use for signing the package. [選択] をクリックし、パッケージの署名に使う証明書を選んで、証明書を指定します。 You can specify the certificate by clicking Select... and choosing the certificate you want to use to sign the package. 重要 プロビジョニング パッケージに信頼済みプロビジョニング証明書を含めることをお勧めします。 We recommend that you include a trusted provisioning certificate in your provisioning package. パッケージがデバイスに適用されると、証明書がシステム ストアに追加されます。 その後、システム メッセージを表示せずに、その証明書で署名されたすべてのパッケージを適用することができます。 When the package is applied to a device, the certificate is added to the system store and any package signed with that certificate thereafter can be applied silently. [次へ] をクリックし、ビルドしたプロビジョニング パッケージの出力先を指定します。 Click Next to specify the output location where you want the provisioning package to go once it's built. 既定では、Windows 構成デザイナーはプロジェクト フォルダーを出力先として使います。 By default, Windows Configuration Designer uses the project folder as the output location. 必要に応じて、 [参照] をクリックして既定の出力先を変更できます。 Optionally, you can click Browse to change the default output location. [次へ] をクリックします。 Click Next. パッケージのビルドを開始するには、 [ビルド] をクリックします。 Click Build to start building the package. ビルド ページにプロジェクト情報が表示され、進行状況バーでビルドの状態が示されます。 The project information is displayed in the build page and the progress bar indicates the build status. ビルドを取り消す必要がある場合は、 [キャンセル] をクリックします。 If you need to cancel the build, click Cancel. これにより、現在のビルド プロセスが取り消され、ウィザードが閉じられて、 [カスタマイズ ページ] に戻ります。 This cancels the current build process, closes the wizard, and takes you back to the Customizations Page. ビルドに失敗した場合は、プロジェクト フォルダーへのリンクが含まれたエラー メッセージが表示されます。 If your build fails, an error message will show up that includes a link to the project folder. エラーの原因を特定するには、ログを調べることができます。 You can scan the logs to determine what caused the error. 問題が解決したら、パッケージをもう一度ビルドしてみてください。 Once you fix the issue, try building the package again. ビルドに成功した場合は、プロビジョニング パッケージの名前、出力ディレクトリ、プロジェクト ディレクトリが表示されます。 If your build is successful, the name of the provisioning package, output directory, and project directory will be shown. 必要に応じて、パッケージの出力先として別のパスを選択し、もう一度プロビジョニング パッケージをビルドすることもできます。 If you choose, you can build the provisioning package again and pick a different path for the output package. これを行うには、 [戻る] をクリックして出力パッケージの名前とパスを変更し、 [次へ] をクリックしてもう一度ビルドを開始します。 To do this, click Back to change the output package name and path, and then click Next to start another build. 完了したら、 [完了] をクリックしてウィザードを閉じ、 [カスタマイズ ページ] に戻ります。 If you are done, click Finish to close the wizard and go back to the Customizations Page. [出力場所] リンクを選んで、パッケージの場所へ移動します。 Select the output location link to go to the location of the package. ppkg は、次のいずれかの方法で他のユーザーに提供できます。 You can provide that. ppkg to others through any of the following methods:• 共有ネットワーク フォルダー Shared network folder• SharePoint サイト SharePoint site• You can apply the provisioning package to a PC during initial setup or to a PC that has already been set up. 初期セットアップ時に適用する場合 During initial setup• PC のセットアップ画面から始めます。 Start with a PC on the setup screen. USB ドライブを挿入します。 Insert the USB drive. USB ドライブを挿入しても動作しない場合は、Windows キーを 5 回押します。 If nothing happens when you insert the USB drive, press the Windows key five times. USB ドライブに含まれているプロビジョニング パッケージが 1 つだけの場合は、そのプロビジョニング パッケージが適用されます。 If there is only one provisioning package on the USB drive, the provisioning package is applied. USB ドライブに複数のプロビジョニング パッケージが含まれている場合は、" デバイスをセットアップしますか? " というメッセージが表示されます。 If there is more than one provisioning package on the USB drive, the Set up device? message displays. [セットアップ] をクリックし、インストールするプロビジョニング パッケージを選択します。 Click Set up, and select the provisioning package that you want to install. セットアップ プロセスを完了します。 Complete the setup process. 注意 既にセットアップされているコンピューターにセットアップ ファイルを適用すると、既存のアカウントとデータが失われる場合があります。 If you apply the setup file to a computer that has already been set up, existing accounts and data might be lost. 共有 PC 上のアカウントに関するガイダンス Guidance for accounts on shared PCs• PC でローカル管理者アカウントを使用することは、PC のセキュリティと信頼性の点からお勧めできません。 We recommend no local admin accounts on the PC to improve the reliability and security of the PC. 既定の削除ポリシーを使って PC を共有 PC モードにセットアップすると、ディスク領域が不足するまではアカウントが自動的にキャッシュされます。 When a PC is set up in shared PC mode with the default deletion policy, accounts will be cached automatically until disk space is low. ディスク領域が不足すると、ディスク領域を解放するためにアカウントが削除されます。 Then, accounts will be deleted to reclaim disk space. このアカウント管理は自動的に行われます。 This account management happens automatically. Azure AD および Active Directory ドメイン アカウントの両方が、この方法で管理されます。 Both Azure AD and Active Directory domain accounts are managed in this way. ゲストと キオスクで作成されたすべてのアカウントは、サインアウト時に自動的に削除されます。 Any accounts created through Guest and Kiosk will be deleted automatically at sign out. Azure Active Directory に参加している Windows PC の場合 On a Windows PC joined to Azure Active Directory:• 既定では、PC を Azure AD に参加させたアカウントが、その PC で管理者アカウントを持ちます。 By default, the account that joined the PC to Azure AD will have an admin account on that PC. Azure AD ドメインのグローバル管理者も、その PC で管理者アカウントを持ちます。 Global administrators for the Azure AD domain will also have admin accounts on the PC. Azure AD Premium の場合は、Azure ポータルで [Azure AD 参加済みデバイスの追加の管理者] を使って、PC で管理者アカウントを持つアカウントを指定できます。 With Azure AD Premium, you can specify which accounts have admin accounts on a PC using the Additional administrators on Azure AD Joined devices setting on the Azure portal. PC に既に存在するローカル アカウントは、共有 PC モードをオンにしたときに削除されません。 ただし、サインイン画面の [ゲスト] オプションや [キオスク] オプション 有効な場合 によって作成された新しいローカル アカウントは、サインアウト時に自動的に削除されます。 However, any new local accounts created by the Guest and Kiosk options on the sign-in screen if enabled will automatically be deleted at sign-out. PC で管理者アカウントが必要な場合 If admin accounts are necessary on the PC• アカウントが管理者としてサインインできるドメインに PC が参加していることを確認します。 Ensure the PC is joined to a domain that enables accounts to be signed on as admin, or• 共有 PC モードをセットアップする前に管理者アカウントを作成します。 Create admin accounts before setting up shared PC mode, or• 共有 PC モードをオンにした場合、サインアウトする前に除外アカウントを作成します。 Create exempt accounts before signing out when turning shared pc mode on. アカウント管理サービスは、削除から除外されるアカウントをサポートしています。 The account management service supports accounts that are exempt from deletion. PowerShell を使ってアカウント SID をレジストリ キーに追加する方法は、次のとおりです。 Security. Principal. Translate [System. Security. Principal. Shared PC mode sets local group policies to configure the device. 一部のポリシーは、共有 PC モードのオプションを使って設定できます。 Some of these are configurable using the shared pc mode options. 重要 共有 PC モード 用に構成した PC で追加のポリシーを設定することはお勧めできません。 It is not recommended to set additional policies on PCs configured for Shared PC Mode. 共有 PC モードは、最小限のメンテナンスまたはメンテナンスがまったく不要な状態で、長期にわたって高速で信頼性の高い動作を行うように最適化されています。 The shared PC mode has been optimized to be fast and reliable over time with minimal to no manual maintenance required. ポリシー名 Policy name 設定値 Value 設定するタイミング When set?

次の