ダンジョン メーカー シナリオ。 進行不能バグ

進行不能バグ

ダンジョン メーカー シナリオ

試合経験点ボーナスを所持している 探索がメインで練習で獲得できる経験点が少ないため、試合後に入手できる経験点が多くなる試合経験点ボーナスを所持しているとプラス評価。 イベント経験点が多い 探索がメインで練習で獲得できる経験点が少ないため、イベントで入手できる経験点が多いとプラス評価。 イベント経験点一覧はこちら イベントでの体力回復量が多い イベントでの体力回復量が多いと探索がしやすくなるため、プラス評価。 金特がシナリオ金特と被っていない SRイベントで入手できる金特がシナリオ金特と被ってしまうと金特の総数が減り、査定を伸ばしにくくなるためマイナス評価。 打撃・コントロールキャラ 打撃・コントロールキャラを探索に連れていくと不足しがちな技術ptを稼げるため、プラス評価。 所持コツが優秀かつ少ない 所持コツが優秀だと特殊能力を取得する際の必要経験点をより軽減できるため、プラス評価。 コツイベントを踏める回数が少なく狙ったコツを入手しにくいため、所持コツ数が少ないと更にプラス評価。 イベントで入手できるコツが優秀 コツイベントを踏める回数が少なくコツを入手しにくいため、イベントで入手できるコツが優秀だとプラス評価。 イベントで敏捷ptを稼げる 投手時 投手時は敏捷ptを稼ぎにくいため、イベントで敏捷ptを稼げるとプラス評価。 コンボが優秀 有能なキャラとコンボがあったり、コンボで大量の経験点や優秀なコツを入手できるとプラス評価。 探索時のスキルが優秀 探索時に便利なスキル 暗視・霊媒体質・応急処置など を所持しているとプラス評価。

次の

ダンジョンメーカー 各挑戦モードを実際に攻略した構成メモ

ダンジョン メーカー シナリオ

挑戦モードを約束された勝利へ。 特に強力な構成の紹介と管理人が実際にクリアした構成メモを書いたページ。 クリア報酬の魔王イレアや魔王ヴァイパーなど、覚醒と超越の取得などにどうぞ。 挑戦モード全体の攻略とコツ 挑戦モードのルール ・引き継ぎできない ・パック解放物は有効 特に有効なパック解放物 ・ 高級施設確率アップ ・所持ゴールド増加 ・魔物初期レベル増加 ・探検パックの契約シリーズ 挑戦モードで有効なおすすめ攻略構成 ・ 初期から使える楽で簡単で速い攻略構成。 貧困な間借り人以外クリア可能と思われる。 最終クリア確認build10279 ・ 搾取エマでクリアが難しい 貧困な間借り人をクリア可能。 高級施設確率アップがいくつか必要。 Contents• メトロノーム やさしい 魔王レベッカを使用。 誘惑部屋を敷き詰めていくモンハウ型でクリア。 ふつう 魔王イレアを使用。 ダンジョン入り口に角笛を配置したモンハウ型でクリア。 むずかしい イレア電場霧爆風でクリア。 伝説 未プレイ 二者択一 やさしい 入り口角笛などでクリアしたと思う ふつう むずかしい 伝説 搾取エマでクリア。 お願い魔王様 やさしい ふつう むずかしい 搾取エマでシードレイクやメドゥーサ少女を使った。 伝説 イレア電場霧爆風でクリア。 高級施設確率アップや基本施設禁止を解放しておきたい。 決められた運命 やさしい ふつう むずかしい ターニャ権能2の入り口角笛モンハウ型 伝説 感想 パック解放として 高級施設登場確率アップを取る前と後で難易度が段違いだった。 とにかくこれが必須だと思う。 次に、基本施設封印があるとより良い。 全体的に楽しかった。 特に大地震モードなど10279では失われた施設破壊など多少スリルのあるプレイが今も楽しめるのはここだけ。 最大で伝説難易度の500日で終了なのが残念。 クリアする頃にはダンジョンに愛着も湧いてるので、これらの縛りを持ったままでプレイを続けたいと思う気持ちが常にあった。 ここで紹介した攻略以外にもクリア方法は沢山ある。 色々な遊び方ができるゲームバランスの良さがダンジョンメーカーの大きな魅力の一つなので色々試してみてください。

次の

【パワプロアプリ】ダンジョン高校の適正キャラ一覧【パワプロ】

ダンジョン メーカー シナリオ

エピローグ 最初に第一層の捜索を行っていた冒険者が生徒を連れて帰還を果たす。 捜索を協力した小さき冒険者は「スリルのある冒険で楽しかった」とでも言うように一鳴きして街の雑踏へと消えていった。 囚われたルトバールに抵抗の意思はなく無言で引き連れられていく。 いずれ尋問により行方不明となった者達の居場所も判明することだろう。 彼に連れられていた二人の奴隷は止めどなく涙を流しながら、何度も冒険者に感謝の言葉を送っていた。 次に第二層の探索を行っていた冒険者が地上に戻った。 彼らもまた無事に生徒を救い出していた。 中には一人前の冒険者と呼んでも良い成長を遂げる者もいたが、厳しくそして優しく叱咤を受けた彼らが慢心することはないだろう。 エトラは生徒一人ずつに呼び掛けて無事を確認していた。 生徒の中には負傷する者も居たが幸いにも死者は出なかった。 後遺症を残す者も居らず全員が冒険者として活動できるだろう。 ただし精神面がどうなるか、それは彼ら次第あるいは依頼に参加した冒険者次第だ。 絶望を乗り越えて冒険者を志す希望を与えられたかどうか、その答えはいずれ彼ら自身が示すことだろう。 第三層の探索をしていた冒険者達も少し遅れて地上へと帰還した。 スライムの被害に遭って装備を失った者も居たが死傷者は居らず全員五体満足だ。 彼らが第一層と第二層の危機を救った事実はまだ知られていないが、教会や学院への報告でいずれ全員が知ることとなる。 そして、彼らの傍らには、新たなる転生者の訪れを第三層の最奥で待ち続けた森人の姿があった。 時代を隔てた二人の転生者は、静かに向かい合った。 「待ちくたびれたよ、地球の謳歌学院出身者がまた訪れるのをさ」 「あなたもあの飛行機事故の被害者なのか。 遠い遠い記憶、この世界に転生するよりも前に何度も呼んだ友人の名前。 頭脳明晰の彼女は色濃く残った前世の記憶を決して忘れはしなかった。 「顔面凶器とか言われたきみがケモショタとかほんと笑える」 「えっ……?」 ミーシャルリアスは馴れ馴れしくクルトと肩を組んだ。 」 耳元で囁かれた名前はクルトのよく知る名前だった。 あの日、失った大切な友人の一人だ。 一瞬で多くの友人を失った彼は生涯、そして転生しても彼らの名前を決して忘れはしなかった 「また誰かに会いたいと思っていた。 でも、まさかきみと再会できるとは思わなかったよ」 「いや、待って……なに? え? お前……え?」 「積もる話もあるだろう。 地球のことを聞かせてくれよ」 「……ああ、こっちの世界で今まで何があったのか聞かせてくれ」 彼女の歩めなかった地球の未来を彼は過去として語り、彼と別たれてローランドで過ごした未来を彼女は過去として語る。 数百年の時を経て地球とローランドの謳歌学院は繋がり合い、学院創立者達の目的は果たされたのだった。 マスターコメント 大変お待たせしてしまい申し訳ございません。 ローランドのリアクションをお届け致します。 何を言っても言い訳となってしまいますが、リアクションが遅れてしまった経緯をまとめますと、本業での急の多忙や台風の直撃などでしばらく自宅に戻れない日々が続いておりました。 そのためまとまった執筆時間が取れずここまで遅れてしまいました。 クオリティだけはできる限り落とさぬように書かせて頂きましたが、ローランドの冒険は楽しんで頂けたでしょうか。 今更ですが私のリアクションはできる限り全体を通して一つの物語となるように書いています。 そのためPCは複数ページを跨いで登場していたり、選んだパート以外であっても何らかの影響を与えたり、名前が出なくてもネタとして地の文で拾われていたりすることがあります。 初登場シーンのリンクで開いたページだけ読んでいると見逃す可能性が高いので是非、全編を通して読んで頂けますと幸いです。 意外な発見もあるかもしれません。 今回は、以下の方へ追加貢献点を付与させて頂きます。 付与はリアクション公開より1週間以内に行わせて頂きます。 遠近 千羽矢(SAM0021630)様 ディセンバー・ノース(SAL0029626)様 西村 瑠莉(SAM0051746)様 リルカ・ハートカラーズ(SAL0069915)様 星・カグラ(SAM0051919)様 ステファニア・ライアー(SAL0062326)様 エスメラルダ・エステバン(SAM0070023)様 ルーテンシア・ウォン(SAM0057458)様 ミカファール・アルモニー(SAL0062276)様 ヴェリーヌス・マキュラ(SAL0066354)様 飴乃 るるか(SAM0045392)様 成神月 真奈美(SAM0039476)様 以下にリアクション結果と各パートの感想をまとめました。 人数配分は特に絶妙でこれは相談されたのでしょうか? いずれにしろまさかの依頼目標コンプリートで驚いています。 シンプルだからこそ対策が重要。 そんな迷宮と蛇の蔓延るダンジョンでした。 基本的にそれぞれのやり方で対策が取れていましたので迷子に人は少なかったです。 迷子になった人も自ら迷子になっているようなので、それはそれでその方らしい在り方を貫くのはとても良いことではないでしょうか。 対ルトバール戦は本シナリオのダークファンタジー要素がぎゅぎゅっと詰まっています。 能力も戦法も性格も嫌らしいボスです。 ただ倒すだけでも一苦労ですが、奴隷を助けたり捕獲を試みようと考えると更に難易度が跳ね上がります。 ルトバールの捕縛に成功したので、これから彼を待ち受ける運命は解体なのかそれとも新たな災厄を巻き起こすのかいずれ語れたら良いなと思っています。 【2】地下迷宮第二層の探索 参加人数はMCとLCをまとめて14名でした。 こちらは特にボスとかは居ないので第一層より少し少なめというのは絶妙な人数配分だと思います。 第一層は構造がシンプルなだけにアクションもシンプルでしたが、こちらは迷宮が複雑になった分、アクションも色々とバリエーション豊かでどんな目に遭わせてあげようかなと考えるのが楽しかったです。 ただ基本的に対策されているので酷いことにはなりませんでした。 生徒を心配する方はたくさん居ましたが「生徒が何を考えて迷宮に入ったのか」まで考える方は意外にもほとんど居なかったので余り語られませんでしたが、コンプレックスや英雄願望などのくだらない事情から、クルトのように何かを感じた転生者などが居ました。 【3】地下迷宮第三層の探索 参加人数はMCとLCをまとめて17名。 各コースの参加人数はそれぞれのコースの項目に書きますが見事な配分でした。 どのコースも対策が必要な要素が一杯あるので、アクションをまとめるのが大変だったと思います。 でもこういう情報量がぎっしり詰まったアクションは見ているだけで「一杯考えてくれたんですね!」と嬉しくなります。 依頼情報の見落としや装備忘れは冒険者にとっては死活問題です。 といってもこの難易度であれば、パーティ内でフォローできる何かがあればカバーして描写するようにしています。 一番の見所はスライムを受け入れるという究極の愛でゴールを果たしたところだと思います。 涙無しには見られません。 そんな数百年のひきこもりの元へ向かうコースでしたが、難易度は一番高くてガーディアンの攻撃もエグいです。 挑戦する側も色々と工夫が見られて、書いていて頻りに感心していました。 本当は全員に個別コメントであれこれお伝えしたかったのですが、既に遅延している状態で最終リミットも間近のため省かせて頂きました。 それでは、改めてましてシナリオにご参加頂きありがとうございました。

次の