ご質問がございましたら。 「ご質問がございましたら」に関連した英語例文の一覧と使い方

「ご質問等ございましたら」意味・敬語・使い方・ビジネスメール例文

ご質問がございましたら

「ご質問」という言葉は、ビジネスシーンにおいてよく用いられています。 ビジネスシーン外でも、お客側として見聞きしたことがあると言う方も多いでしょう。 意味を具体的に説明しなくても何となく意味がわかる「ご質問」という言葉ですが、ビジネスシーンにおいては言葉の使い方が重視されます。 そのため、何となく意味がわかる言葉のことも、詳しく調べてみると良いでしょう。 「ご質問」は、ビジネスシーンにおいて、こちらが使用する側になることが基本です。 相手がお客様という立場ではなく、社外の取引先などであった場合は、相手もビジネスシーンとしての丁寧さを意識して「ご質問」の言葉を使用してくることでしょう。 また、お客様や利用者様といった相手がビジネスの状況ではない場合も、丁寧な方であった場合は「質問」ではなく「ご質問」と言うこともあります。 それでは、「ご質問」の意味を紹介します。 「ご」の意味 「ご質問」の言葉において、意味を成す部分は「質問」です。 「質問」という言葉は、名詞の扱いになり、意味は「分からないところ・疑わしいところについて問いただす」ことです。 また、「問いただした内容」を指すこともあります。 「問いただす」は、全てを漢字にすると「問い質す」と書き、意味は「はっきり分からないところを聞いて明らかにする」と「真実を答えさせるために厳しく追及する」です。 「追及」は「責任・欠点・原因などをどこまでも問いただす」意味を持つので、「問いただす」の後者の意味では「かなり厳しく問いただす」意味合いが込められることになります。 「質問」の意味では「問いただす」の厳しい方の意味合いではなく、前者の「はっきり分からないところを聞いて明らかにする」が当てはまります。 尊敬語は、相手の立場を上にする表現です。 謙譲語は、自分の立場を相手より下だと示すことで、相手を目上の人であると表しましたが、尊敬語は自分を下とするわけではなく、相手の存在・言動・様子などに対して敬意を示す敬語表現になります。 そのため、尊敬語で「ご質問」を表すべき状況は「目上の相手が誰かにご質問した時」ということです。 「ご質問」を尊敬語にすると、「お聞きになる」または「お尋ねになる」になります。 「質問を(あなたが私に)してください」ということを表す時には、「お聞きください」や「お尋ねください」と言います。 ただ「ください」には、命令形のニュアンスが含まれるため、使用する状況には注意が必要です。 相手がこちらに質問した方が良いであろうことがある可能性が考えられる時に、「ください」を用いると良いでしょう。 「ご質問がございます」で登場した「ございます」を、「ございましたら」にした表現です。 一見問題ないようにも思えますが、「ご質問」に「ございましたら」が続くと冗長と捉えられることがあります。 冗長とは「述べ方が長ったらしくて無駄がある」ことを言い、「ございましたら」よりも簡易的な言い方にした方が良いとされています。 「ございましたら」のもとである「ございます」は「あります」および「ある」の意味ですので、「ご質問がございましたら」は「ご質問がありましたら」の言葉遣いで使用した方が冗長な印象が取り除かれます。 敬語は、相手にどういった印象で受け取られるのかも重視して用いる必要があるため、冗長な印象を与える可能性を避けるために、「ございましたら」ではなく「ありましたら」を使用しましょう。 ご質問があります 「ご質問があります」は、自分が相手に質問をする状況で用います。 しかしながら「お聞きしたいことがあります」や「お伺いしたいことがあります」といったように、謙譲語で表現した方が良い状況もあります。 また、社内の上司や先生などに対しては「ご」を除いた「質問があります」でも問題ない状況もあります。 ビジネスシーンにおいては、目上の相手に対して「ご質問」したい時、「ご質問があります」よりは「お聞きしたいことがあります」または「お伺いしたいことがあります」を使用した方が、失礼な印象を与えにくいとされています。 すなわち、無難な表現は「お聞きしたいことが〜」です。 同僚や部下といった目上以外の相手には、「質問があります」で良いでしょう。 「ご質問」と「お問い合わせ」は似たような意味合いで用いられていますが、細かく見てみると少しニュアンスが異なります。 「ご質問」および「質問」は「分からないところを明らかにするために問いただす」ことで、「お問い合わせ」および「問い合わせ」は「はっきり分からないところを確かめるために問う」ことです。 すなわち、「ご質問」は「こちらが全く分からない」前提で相手に問いただすことを言います。 一方の「お問い合わせ」は「正確かどうか定かではない内容が正しい内容なのかを確かめる」目的で相手に問うことを言います。 「お」と「ご」はどちらも「御」と書きますので、違いは読み方にあります。 「お」という読み方は和語(訓読み)で、日本固有の漢字の読み方とされています。 「ご」は漢語(音読み)で、中国から伝わった後に日本語となった漢字の読み方です。 基本的には、訓読みである「お」は訓読みの語句に、音読みである「ご」は音読みの語句に付けられます。 「質問」の「質(しつ)」は音読みであり、「問(もん)」の方も音読みです。 このことだけで考えると「質問」に適するのは「ご」であり、「ご質問」の言葉で用いることが正しい表現ということになります。 しかしながら、音読みに訓読みを組み合わせたり、訓読みに音読みを組み合わせる表現方法もありますので、「お質問」という言葉の存在を否定することはできません。 ただ、実際に読んでみると分かりますが、「お質問」よりも「ご質問」の方が聞こえが良くなります。 そのため、「ご質問」を用いた方が無難と言えます。

次の

「ご質問がございましたら」意味・敬語・使い方・ビジネスメール例文

ご質問がございましたら

お気軽に~ください / 「楽な気持ちで」という意味。 言い出しにくいことや初歩的なことなどどんな些細なことでも楽な気持で相談してほしいときに使う慣用表現。 相手の警戒心をほぐす目的もある。 別の言い回しに、「ご遠慮なく」「気兼ねなく」などがある。 いたらぬ点もあるかと思いますが、ご用向きなどありましたら幹事のほうに遠慮なくお申し出ください• 私どもでなにかお役に立つことでもございましたら、ご遠慮なくお申し出ください。 どうぞご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、お気軽にご来店ください。 ご不明な点がございましたら、下記担当までお気軽にお問い合わせください。 〜までお出かけの節はぜひともお気軽にお立ち寄りください。 平服でお気軽においでください。 当社も徴力ながら、できる限りのご支援をさせていただきたく存じますので、どうぞお気軽にお申し付けください。 平服でお気軽においでください。 お仕事でお忙しいでしょうが、拙宅へも気がねなく顔をお出しください。 不躾なお願いをお気軽にお聞き届けくださいまして、誠にありがとうございました。 ご不明な点やご質問などは、いつでも承りますので、電話またはメールにて、どうぞお気軽にご一報ください。 当社製品に関してご質問などございましたら、お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。• ご不明な点やご質問などは、いつでも承りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

次の

「ご質問等ございましたら」意味・敬語・使い方・ビジネスメール例文

ご質問がございましたら

はじめまして。 1.既に正解が出ていますが、「ございます」は「あり」の丁寧語で尊敬語ではありません。 ただ、丁寧語も敬語の一種ですから、敬意がないわけではありません。 2.この文を「尊敬語」で修辞されたいのであれば、以下のような修辞法が可能です。 (1)相談: 「相談する」は相手の動作になりますから、尊敬語を使う必要があります。 ここは尊敬語となる接頭語「ご」を補って、「ご相談」とするのが正しい敬語法です。 (2)したい: 「したい」は常体で、敬体にはなっていません。 「相談する」は相手の動作ですから、尊敬語にする必要があります。 ここは、尊敬の助動詞「れる」の連用形を補って、「されたい」とします。 (3)あったら: 「あったら」の尊敬語は、尊敬語の接頭語「お」をつけて「おありでしたら」になります。 「です」は丁寧語です。 (4)以上、3点の尊敬語を使うと 「ご相談されたいことがおありでしたら、」 となります。 3.ただ、3つも尊敬語を使う必要もありませんので、簡潔に 「ご相談されたいことがございましたら」 「ご相談がございましたら」 「ご相談がおありでしたら」 「ご相談されたいのであれば」 などで最低限の敬意を備えており、十分敬意が伝わります。 以上ご参考までに。 日本語・国語についての知識・教養があるわけではなく、単なるネーティブ・スピーカーでしかないのですが。。。 「相談したいことがあったら、役員まで連絡をして下さい。 で、話し手が、聞き手に対して敬意を 直接表したり、改まった気持ちで、言葉遣いを丁寧にしたりする時に用いられるもの。 」と言うことなので、 > 「相談事がございましたら、役員までご連絡下さい。 」 という文章で、十分なのではないのでしょうか!? > Q2.正しい日本語ではどう記載するのが良いのでしょうか? そして、 > 保護者会役員からの保護者向けの連絡・通信文。。。 ということですが。。。 保護者会の役員と保護者との関係は、上下関係ではなく、役員は保護者会で公僕の役割を担っているだけだと思いますし、 保護者会のメンバー全員は対等な立場関係にあると思います。 そうであれば、対等なメンバーで構成される保護者会のメンバー宛の連絡・通信文の文中で、過度に、敬語を使いすぎると不遜な 感じを受け、嫌味に感じる人もいるのではないかと思うのですが。。。 私なら、「相談、xxxx、xxxx 等々がありましたら、役員まで連絡をして下さい。 」とビジネスライクに書いて頂いた方が、親しみを感じ ますし、爽やかな感じがするのですが!? Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー 「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。 「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。 そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。 例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。 食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。 スミマセン。 年寄りの愚痴でした。 A ベストアンサー No. 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 yahoo. これに「ご」をつける場合、 ・相手が「依頼」する時は 「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。 理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。 ashir. php? livedoor. html [ですが、自分からの依頼や質問などは、 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、 謙譲の「ご(お)」は不要です。 goo. html 回答No. 3 [ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。 ] ---------------------------------------------- 上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。 (余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。 ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、 謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。 重要なのは「立てている」事です。 例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。 「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も 「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。 ) (別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。 ) これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は 専ら「ご依頼申し上げる」と使います。 「ご依頼する」は使いません。 (難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。 chiebukuro. yahoo. ] Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま... chiebukuro. yahoo. ただし、その一方しか使われない語もあります。 例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」 とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。 ] ---------------------------------------------- 上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。 bunka. pdf 27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お ご ……申し上げる」 の形しか使わないと理解しています。 (ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。 yahoo. cgi? 4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。 なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。 次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、 これは「敬語の指針」 20ページ------------------------------------------ [【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】 謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で, 両方の性質を併せ持つ敬語として「お ご ……いたす」がある。 「駅で先生をお待ちいたします。 」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。 」と同じ 内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。 これは,「お待 ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I) と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる] 28ページ------------------------------------------ [【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の [上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お ご ……いたす」がある。 ]] -------------------------------------------------- にある「お ご ~いたす」の形です。 ここにあるように「お ご ~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。 まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 さぁどう解釈するかです。 私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。 なので「ご依頼いたす」は無いです。 ただし下記のような方もいます。 chiebukuro. yahoo. ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた... chiebukuro. yahoo. ] -------------------------------------------------- この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。 本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。 ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。 ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた).

次の