厄年 女 年齢。 厄年の期間はいつからいつまで?立春から節分までなの?

1995年(平成7年)生まれ~年齢・干支・学歴・厄年早見表

厄年 女 年齢

突然ですが…「最近良いことないなー」「嫌なことが立て続けに起こるなー」、などと感じたことはありませんか? 出だしから暗い話になってしまうのですが、私はここ2ヵ月間で交通事故の被害に3度も合ってしまいました。 これは自分の不注意だけではなく、何か違う原因がある!と一人考えていたのですが、そんななか、頭に浮かんだのは 「厄」の一文字。 これは厄の仕業に違いない…厄払いをしよう!などと思い立ったのですが、そういえば・どうやってやるの?お金もいくらかかるのだろう?そもそも「」なんだろう?という疑問が浮かびました。 これまであまり気にしていなかったのですが、いざ自分の身に不運ばかりが続くと、気になってきてしまうのが人のさがというもの。 徹底的に自分の厄を落とすためにも、厄について調べてみることにしました。 「厄」とは何のこと?まずは厄年の年齢を知ろう。 厄とは一言でいうと、「災難」のことです。 自分に降りかかる災難のことを、先人は「厄病神」などの仕業と考え、それを防ごうとお祭りや行事などの対策を施してきました。 そして 「厄年」というのは特に災難が多く降りかかるとされている年齢のことです。 「厄年」は人生の転換期であり、運気が下がり肉体的にも精神的にも調子を崩しやすいとされています。 厄年は平安時代からあったといわれていますが、どちらかというと日本の文化や風習などの一環として伝えられてきました。 「厄年」とする年齢が定着してきたのは江戸時代以降。 地域によってその年齢にはバラつきがあるようですが、一般的にいわれている「厄年」は以下の年齢のことをさします。 一番注意の必要な「本厄」の前後の年が「前厄」「後厄」と呼ばれるもので、この捉え方はさまざまですが、一般的には「本厄」の前後だから注意しようというイメージです。 男性42歳、女性33歳が「大厄」と呼ばれており、数回おとずれる本厄の中でも、最も注意が必要な年齢とされています。 ちなみにこの表は2019年版ですが、2018年時点で私は平成5年生まれなので後厄となっていました…。 やはりあの事故は後厄の影響だったのでしょうか。 厄除け・厄払い 神社とお寺、どっちに行くのがいいの?ここまで厄年について説明してきましたが、その「厄」をよけたり落としたりするために行うのが「厄除け」「厄払い」です。 神社やお寺で受け付けているのですが、一体どちらに行くのが良いのでしょう。 詳しく分けていくと、以下のように分類されます。 ・神社=厄を払う(祓う)「厄払い」 ・お寺=厄から逃げる「厄除け」 結局はどちらも「災難を寄せ付けない」ということなのですが、「厄除け」「厄払い」では 祈祷 きとうの儀式内容に違いがあります。 神道にのっとり清める神社の祈祷儀式か、お寺で祈る 護摩祈祷 ごまきとうか、ご自分にあったものをお選びください。 厄除け・厄払いは立春までに行くのがベスト厄除け・厄払いに行く時期に関しては、 立春(毎年2月4日頃)までに済ませるのが良いとされていますが、地域によって違いもあります。 特に神社は地域で信仰されてきたものですので、住んでいる地域の習わしに沿うのも良いと思います。 ちなみに厄年じゃないけど不運続き…という方も厄払いに行っていいのでしょうか? これはもちろん大丈夫!厄年に関係なく、一年に一回必ず厄払いに行っているという方もいるようです。 厄年ではなくてもなんとなく嫌なことが続く、安心して一年を過ごしたいという方は、一度行ってみてもいいのではないでしょうか。 それでは次に、厄除け・厄払いにルールがあるのか?服装はどうするべきなのか?また、厄除け・厄払いの金額についてご説明していきましょう。 男性・・・紺や黒などの落ち着いた色のスーツ、またはジャケット 女性・・・スーツもしくは落ち着いた色のワンピース(柄物などは避ける) 多くの方はふだん着で行くようですが、なるべく軽装や露出の多い服装は避け、少しフォーマルな服装で行くことをおすすめしておきます。 特に注意したいのは、格式の高い神社ではあまりにもラフな格好だと受け付けてもらえない場合もあるそうです。 また、神社やお寺によっては礼服を指定しているところもありますので、不安な場合は事前にチェックをしていきましょう。 厄除け・厄払いの金額 最後に、気になる金額についても見ていきましょう。 神社・お寺に渡す 祈祷料 きとうりょうの金額は、同じ神社・お寺でも、祈祷後にいただくお札(ご祈祷符)の大きさや、祈祷の期間によって変わります。 3,000円〜、5,000円〜、7,000円〜といった 5,000円前後で設定されているところが多いようです。 ちなみに祈祷料は神社やお寺の社務所や受付にて申し込み時に納めます。 基本的にのし袋に入れる必要はないものですが、そのまま渡すのは気がひけるという方は、のし袋に入れて納めるといいかもしれません。 ですが実は 「厄」を「役」として捉える風習もあるそうです。 大役を担う・役目を与えられる年=チャンスの年だから成功を祈願してお参りに行こう、という考え方をすれば、ポジティブな気持ちで新年も迎えられますよね。 役者さんの中には「役を落としてしまう」という意味合いから、あえて厄払いにいかない人もいるのだとか。 ただ、前に述べた「厄年は人生の転換期」というとおり、肉体的にもいろいろな変化が起きやすい時期です。 それゆえに病気にかかりやすい時期なのかもしれません。 普段ご多忙の経営者様の中で大厄に近い方は、これを機に健康診断や人間ドックで気になるところを検査しに行ってみるといいのではないでしょうか。 今年も残すところ数日となりましたが、来年2019年は読者のみなさまにとっても「幸」の多い一年となりますようにお祈りいたします。 厄年にやってはいけないこと2020年の厄年、厄年の計算、数え方、子供の厄年、「厄年にやってはいけない」とされる結婚・引っ越し・転職・出産の対処方法、についてこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

厄年とは何か?早生まれの人は?厄祓いの時期はいつ?

厄年 女 年齢

男女で違う年齢がおとずれるのが厄年ですが、 女性の厄年は10代〜30代でそのほとんどが訪れます。 現代ではちょうど結婚や妊娠、出産などを控える人が多い年齢の頃に厄年が訪れてしまうのはなんだかね、、、 そこでこの記事の中では女の厄年でやって良いことや悪いことはあるのか?などもふまえて読み進んで見てください。 まずは厄年の年齢の数え方です。 女性の厄年の年齢と数え方? 女の厄年で気になる一つ目は年齢と数え方です。 普段自分の年齢はご存知かと思いますが厄年の年齢を数える時には少し違いがあります。 誕生月で1つ歳を取るのでなく、お正月を迎える度に1つ歳をとるのです。 ですので誕生日を迎える前であれば現在の年齢に+2歳。 誕生日を迎えた後であればプラス1歳を加えましょう。 この数え方は「数え年」という数え方で日本では儀式などではこちらの年齢の数え方を基準に考えられていることも多いので知っておくと便利です。 女性の本厄は19歳、33歳、37歳 これに加え前後1年ずつを前厄、後厄といって警戒すべき時期とされています。 特に33歳の厄は大厄と呼ばれており、最も良くないことが起こり易い年とも言われています。 厄除け・厄払いなどを受けて悪いことが起きないように努めましょう。 女性の厄年は何歳? 女性の厄年 前厄 本厄 後厄 一度目 18歳 19歳 20歳 二度目 32歳 33歳 34歳 三度目 36歳 37歳 38歳 四度目 60歳 61歳 62歳 女性の厄年は人生で4回訪れます。 本厄の前の年を前厄、後の年を後厄と考えると合計で12年あります。 ただ61歳の時の厄年に関しては地域や宗教の違いがあるようで男性だけの場合もあるようです。 女性の厄年の数え方は? 男性女性に関わらず言えることですが厄年の数え方は数え年の年齢になります。 数え年の場合は母親のおなかの中にいる月日も命と考えられている為そのように数えられます。 そのため生まれた年は0歳ではなく1歳と数えることになるため数え年が厄年ということになります。 厄年の数え方はご自身の地域や宗教によっては旧暦を使って数える方法に従っているところもあるようです。 この場合の数え方は立春(2月4日頃)から年の始まりとして考えられているものですから、立春前に生まれた早生まれの方は前の年が生まれた年として数えられます。 例を上げると昭和50年1月11日生まれの人は昭和49年生まれになります。 不安がある場合はご自身がお世話になっている神社で訪ねると良いでしょう。 女性にとって気になること結婚・妊娠・出産 厄年という響きから女性に取って気になることを紹介します。 それはなんといっても恋愛や結婚、妊娠、出産と行ったことが上げられると思います。 女性にとって人生でとても大事なことのためとても気になってしまうことだと思いますが、そもそも成り立ちを考えるとそこまで気にする必要もないようです。 女性にとって特に気になる出産などに関しては子を授かれば厄を落としてくれるなど悪いことばかりではありませんし、そんなに気にしないという人が大多数をしめています。 厄年だからといって積極性をなくしてしまうことの女性がいらっしゃいますが、何か気が乗らなくて落ち込みがちになってしまうためそちらの方が良くないように思います。 心の持ちようで、悪いことが起きたらあまり気にしない位の気構えで今まで通り生活をされること、それでも気になる場合は厄払い等を取り入れて気持ちの面でもすっきりしておくことが大切だと思われます。 厄年の女性に送ってあげるものは何が良い? 女性の友人で厄年であることを不安に思われている方や、何か調子がいまいち上がらないと言う方へ 何かしてあげることはできないものか?と考えている優しいあなた。 実は女性の厄年の時に渡してあげるとよいといわれるモノの特徴があるのをご存知ですか? 厄年の女性への贈り物はなにがいい? 厄年の女性にぴったりの贈り物は? 厄年の人には厄除けの意味を込めて「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」をプレゼントすると良いと言われています。 そして 人から贈られたそのようなものを身に付けることにより厄を遠ざける力があるそうです。 厄を遠ざける役割があるのですから毎日身に付けるものの方が効果的ですよね。 そこで昔は腰紐や帯などが贈られていたそうですが、現代ではあまり一般的ではありません。 そこで女性の場合はスカーフやマフラー、ネックレスなどが良いのではないでしょうか。 シルクの大判のスカーフというとバブル時代のイメージがありましたが、最近はまた人気が戻ってきたような感もあります。 一枚あれば様々な形で長く使えるものですから、こういった機会にプレゼントするのも良いですね。 また 七色のもの、と言えば真珠が挙げられます。 真珠の色を言い表す時には白や黄色やピンクなど一つの色を言うものですが、輝きをじっくり観察してみると様々な色が含まれているのがわかります。 なるほど、七色の輝きというのもわかる気がします。 そのため厄年の人へのプレゼントとしてよく贈られるようです。 フォーマル用の真珠のネックレスを持っていない人であればこの機会に1本贈っておくのも良いですし、最近は真珠と行っても普段に使う人が増えています。 ロングタイプのネックレスはカジュアルにも少し改まった席でも使えるので便利なのでそういうものを贈るのも喜ばれるでしょう。 他にもうろこ模様のもの、ということで財布も厄除けの小物として好まれます。 「厄除け プレゼント」などのキーワードで検索すると多くのネットショップで厄年の人へのプレゼントを集めたページを設けたりしているので、そういったページを参考にプレゼントを選んでみてはいかがでしょう。

次の

【2019〜2021年版】女の厄年、総まとめ!あなたはいつ厄年をむかえる?

厄年 女 年齢

「厄年」という言葉は聞いたことがあると思いますが、詳しいことは知らないという人が多いのではないでしょうか。 特に女性は男性よりも1回多く、30代には2回厄年があります。 厄年の起源 日本では古くは平安時代から厄祓いが行われていました。 中国の陰陽五行説が起源だと考えられていますが定かではないようです。 精神的・肉体的に大きな変化のある年齢なので気をつけなさい、という意味合いが厄年にあるようです。 女性の30代や男性の40代に大厄があるのも納得できますね。 厄年について科学的根拠はないので気にしすぎる必要はありませんが、大きな転換期を迎える方が多い年齢なので心身ともに注意して過ごしましょう。 女性の厄年は何回ある? 厄年は1回きりしか来ないと思っていませんか?実は、厄年は一生のうちに複数回やってくるものなのです。 ちなみに女性の厄年は全部で4回。 厄年が何歳のときに訪れるのかを知るためには、数え年で数える必要があります。 数え年とは、生まれた年を1歳として、新しい年を迎えるたびに1歳加える年齢のことです。 11月、12月生まれの方はちょっと間違えやすいので、覚えておいてくださいね。 女性が厄年を迎えるタイミング 気になる女性の厄年ですが、合計4回の厄年は、数え年で以下のタイミングで訪れます。 1回目 19歳 2回目 33歳 3回目 37歳 4回目 61歳 ちなみに男性の厄年は、以下の通り。 1回目 25歳 2回目 42歳 3回目 61歳 男性の厄年が3回なのに対して、女性の厄年は4回あります。 女の厄年には前厄・本厄・後厄がある 女性の厄年の年齢を見て、自分はまだその年ではないから大丈夫、あと1年ある!なんて思っていませんか? 実は、厄年には大きく分けて「前厄」「本厄」「後厄」があり、本厄の前後一年間は厄年と同じように慎重に過ごすべきと考える人もいます。 「前厄」・・・厄の前兆が現れる年 「本厄」・・・厄年に当たる年 「後厄」・・・厄の恐れが薄らいでいく年 女性の厄年が訪れるタイミングを前厄〜後厄まで含んでみると、数え年で以下の通りになります。 <1回目 19歳のとき> 「前厄」・・・18歳 「本厄」・・・19歳 「後厄」・・・20歳 <2回目 33歳のとき> 「前厄」・・・32歳 「本厄」・・・33歳 「後厄」・・・34歳 <3回目 37歳のとき> 「前厄」・・・36歳 「本厄」・・・37歳 「後厄」・・・38歳 <4回目 61歳のとき> 「前厄」・・・60歳 「本厄」・・・61歳 「後厄」・・・62歳 ちなみに男の厄年にも同じように「前厄」「本厄」「後厄」があります。 女の厄年 2019年・2020年・2021年版 2019年・2020年・2021年の女の厄年について分かりやすく説明します。 数え年といっても分かりにくい方もいると思うので、生まれた年でお伝えします! <2019年> 19歳 「前厄」平成14年生まれ 「本厄」平成13年生まれ 「後厄」平成12年生まれ 33歳 「前厄」昭和63年生まれ 「本厄」昭和62年生まれ 「後厄」昭和61年生まれ 37歳 「前厄」昭和59年生まれ 「本厄」昭和58年生まれ 「後厄」昭和57年生まれ 61歳 「前厄」昭和35年生まれ 「本厄」昭和34年生まれ 「後厄」昭和33年生まれ <2020年> 19歳 「前厄」平成15年生まれ 「本厄」平成14年生まれ 「後厄」平成13年生まれ 33歳 「前厄」昭和64年生まれ 「本厄」昭和63年生まれ 「後厄」昭和62年生まれ 37歳 「前厄」昭和60年生まれ 「本厄」昭和59年生まれ 「後厄」昭和58年生まれ 61歳 「前厄」昭和36年生まれ 「本厄」昭和35年生まれ 「後厄」昭和34年生まれ <2021年> 19歳 「前厄」平成16年生まれ 「本厄」平成15年生まれ 「後厄」平成14年生まれ 33歳 「前厄」昭和65年生まれ 「本厄」昭和64年生まれ 「後厄」昭和63年生まれ 37歳 「前厄」昭和61年生まれ 「本厄」昭和60年生まれ 「後厄」昭和59年生まれ 61歳 「前厄」昭和37年生まれ 「本厄」昭和36年生まれ 「後厄」昭和35年生まれ 自分がどの時期に厄年に関連するか分かりましたか? 30代の方はここ3年間で、どこかには当たるはずです。 女の厄年に気をつけた方がいいと言われていることは? ここからは厄年の時期に気をつけるべきだと言われていることを紹介します。 厄年といっても、必ず悪いことが起こるということではありません。 「良くないことが起きる可能性があるため、いつもより少し気を引き締めましょう」というくらいの意味に捉えてみると気が楽ですよね! <厄年に避けるべきと言われていること> ・結婚 ・新築 ・引っ越し ・起業・転職 あくまでも、厄年にやってはいけないことではなく、できれば避けるべきと言われていること。 これらのことは、厄年かどうかに関わらず、大きな決断力とパワーを使うものですよね。 そのため「運気が大きく変化する厄年と自分自身の大きな変化を合わせるべきではない」という考え方からそう言われているようです。 ですが、逆に厄年に出産することで「厄を落としてくれる」という考え方もあります。 何かあると「厄年だから」とネガティブに考えてしまうことはマイナスの運気を引き寄せることにつながります。 たとえ何かあっても「これで厄が落ちた」と前向きに考えることが大切です。 どうしても厄年が気になってしまう人は厄祓いをして、気持ちをすっきりさせるのがおすすめです。 また、しっかり自分と向き合って、慎重に物事を考えるといいかもしれません。 女性の30代は2度の厄年が到来! 33歳・37歳と、厄年が2度ある女性の30代。 いくら化学的根拠がないといわれても、気になってしまう人もいるのではないでしょうか。 女性の30代に厄年や大厄があるのには理由があります。 大厄の33歳 「散々(三十三)な年頃」という語呂合わせや、仕事や結婚・出産など生活環境が大きく変わりやすいタイミングであるため「役割を担う年」が厄年となったなど、女性の33歳が「大厄」とされている理由には様々な説があります。 女性の30代は、仕事上の立場や、結婚や出産・子育てなど生活環境の変化が起こりやすい年齢です。 また、出産を経験して体の変化を感じることもあるのではないでしょうか。 そのような変化を経験することは心身ともに大きな負担になりやすいため、心や体の変化に注意して過ごすことが必要なのかもしれません。 大厄だからと気負わずに。 でももし上述のような大きな変化を経験しているのであれば、無理をせず自分の体と心と向き合う時間を取るのもいいのではないでしょうか。 体や環境の変化が大きい37歳 20代に比べて身体の衰えを感じる人も多い30代後半。 仕事でも役職のある立場になったり、子供の進学を経験したりと、仕事でもプライベートでも環境が変わり始める時期です。 これまでに経験したことがない変化に、心と体がついていけないということも。 厄年だからというよりは、年齢的に注意した方がいいことが増えやすい時期。 厄年にはそいういう意味もあるのかもしれません。 女の厄年の過ごし方.

次の