マイメロ メンヘラ なぜ。 斎藤さんも!芸能人の地雷メイクビフォーアフター病み可愛い画像まとめ

マイメロディがメンヘラ御用達と言われる理由とは?

マイメロ メンヘラ なぜ

「マイメロディーってとってもかわいいよねえ。 色もピンク色でかわいらしいし、わたしのお気に入りのキャラクター。 、、、、でも、なんか最近よくきくんだよね。 『マイメロ好き=メンヘラ』て噂、、、、。 なんで、こんな話になってしまったわけ??なんか、マイメロ好きとしては複雑な気分だなあ、、、、。 」 そうだね、マイメロディーってかわいいよね。 マイメロって性格はメンヘラではないのに、なんでこんなうわさが立つのかねえ、、、、? オニギリス! 脱マンネリストのオニギリです! 今回もよろしゅう!! 今回の話題は「マイメロディがメンヘラに好かれる理由は何なのか?」という話題です。 今回は以下の様な方に向けておおくりします。 マイメロディについて改めて詳しく知りたい人• マイメロディが好きな女子はメンヘラという噂の真相に心理学的視点から迫りたい人• マイメロの性格はといえば「明るい、すなお、弟思い」と来ていますから、普通に性格はいい方でしょうしメンタルの不安定さも感じられません。 でも、、、どうやらそこかしこで「マイメロ好き=メンヘラ」という説が蔓延している気がします、、、 正直自分は言い過ぎだとおもう、、、。 さて、なんでこんなことに?? ということで、今回はマイメロがなぜメンヘラに好かれるのかについて、主に心理学的な観点から考察していきたいと思います。 では、ゆるりとおおくりします。 マイメロディってどんな子なの? さて、そもそもマイメロディとはどんな子なのでしょうか? まず、マイメロディのプロフィールから見てみましょう。 マイメロディのプロフィール 本名 :メロディ 愛称 :マイメロ、メロディ 性別 :女の子 誕生日 :1月18日 血液型 :O型 身長 :森にある赤と白の水玉模様のきのこと同じくらい 体重 :ひみつ 生まれたところ:マリーランドにある森 住んでるところ:マリーランドのうさぎのいる丘 好きな食べ物 :アーモンドパウンドケーキ 性格 :すなお、明るい、弟思い 宝物 :おばあちゃんが作ってくれたずきん 好きなこと :お母さんとクッキーを焼くこと デビュー年 :1975年 引用元 なんか、びっくりする設定がありますねえ。 本名はメロディなんですね。 そして、やはり、年齢は非公開 笑)。 まあ、レディに年齢聞くなんて御法度よねえ、、、。 で、性格は「すなお、明るい、弟思い」とのこと。 すなおということは、思考がバイアスからの影響をあまり受けていない可能性が高いでしょうね。 すなおだと思考の硬直化が起こりにくいでしょうから、あんまりメンヘラって感じはしないですね。 まあ、この情報だけで断定はできないものの、マイメロディにはメンヘラって印象はないです。 ただ、よりくわしくマイメロディの性格を理解したかったので、アニメ「お願いマイメロディ」を少しだけ見てみました。 その結果、感じたマイメロディの具体的な性格に関する印象は以下の通り。 自尊心が高い 自分のありのままを受け入れている)• 楽観的で人や物事のいい面によく気が付く• 礼儀がしっかりしている 相手を呼び捨てにしない、あいさつはしっかりする等• 相手を決めつけない 相手の悪い感情も受け入れることができ、それに感情的に反応しない• 人を進んで信用する なんていうか、メンタルはわりとつよめかもしれないですね、マイメロディ、、、、。 全体的にいわゆるメンヘラとは真逆の性格傾向といっていいでしょう。 あれですね、カウンセラーの組織化を考えるなら、ぜひともスカウトしたい逸材といえそうですよ 笑)。 まあ、なにより可愛いので、その場にいるだけでもうれしいよね 笑)。 参考記事等 マイメロディの起源は童話 マイメロディのルーツはなんでも童話「赤ずきんちゃん」だといいます。 マイメロディは1975年のデビュー時には、「LITTLE RED RIDINGHOOD 訳:赤ずきん としてデビューし、「赤ずきんちゃん」と呼ばれていました。 最近のマイメロディはピンクの可愛らしいずきんをかぶっている印象ですが、もともと赤いずきんしかかぶっていなかったんですねえ。 マイメロディの衝撃設定と家族構成 さて、ではマイメロディについてさらに理解を深めるためにマイメロディの家族構成をみていきましょう。 マイメロディの家族構成は父、母、おじいちゃん、おばあちゃん、そして弟となっています。 そして、やはり仲はいい模様。 で、この弟は「リズム君」というそうです。 なんでも、デビュー時期は1983年だそうですね。 なお、名前は一般公募により決まったとか。 ちなみに、マイメロディは 「ウサギではありません」。 ウサギを擬人化したキャラクターなので「女の子」、つまりは 『人』です! それはあのキティパイセンも同じです。 彼女も猫ではなく「女の子」、つまりは 「人」です。 参考記事等 あと、アニメ「おねがいマイメロディ」を見てみたわたしとしては、マイメロママの存在にふれないわけにはいかないでしょう。 彼女は結構な毒舌家なんですよね 笑)。 でも、しっかり毒だけでなく深い愛情も持っているというなんかすごく魅力的な存在です。 個人的にはマイメロママの方がキャラとしては好きだったりして 笑)。 今日の名言 『女の敵はいつだって女なのよ』 By マイメロママ マイメロディの衝撃設定 こんな和やかな感じのマイメロディですが、実は衝撃の設定がありました。 その設定というのが、、、、 『オオカミのお腹からうまれた』 というもの、、、。 まあ、赤ずきんちゃんがオオカミに食べられた後に救出されたというストーリーに影響を受けているのでしょうが、ちょっと怖いです 笑)。 しかも、もっとヤバいのは 『マイメロはオオカミの胎内で小腸縄跳びをしていた』 という設定です。 んー、どうしてこんなサイコパスっぽい設定になってしまったんだろうか? 、、、、、でも、ご安心ください。 この象徴縄跳びについては 「公式設定ではありません」。 この設定はア-トディレクターの祖父江慎さんによるものであるそうです。 ふう、安心したわ。 参考 マイメロディの交友関係等 では、今度はマイメロディの交友関係を見ていきましょう 、、、なんか、ストーカーじみてきたなあ、、、ま、いっか、、)。 マイメロディの友人たちは、いずれも森にいるような動物達がモデルとなっています。 例えば、マイメロディの友人たちには以下のような子たちがいます。 ・フラット ネズミ男子) ・ マイスウィートピアノ ヒツジ女子 ・リトルフォレストフェロォ うさぎ男子でマイメロのいとこ:通称めろぉ) ・ クロミ ウサギ女子:自称マイメロのライバル) どうやら、マイメロディには友人が多い模様。 しかも、その交友関係はかなり安定的であるようです。 どうやら、その人気は人間界にとどまらないようですねえ。 交友関係を築きそれを維持していくにはメンタルの安定が重要です。 このことからも、マイメロディ自身のメンタルはかなり安定していそうですね。 マイメロディ名言集 調べてみると、どうやらマイメロディはツイッターをやっている模様。 そのツイッターから元気が出そうなつぶやきをひろって来ました。 日々の活力にどうぞ! どうでしょうか? マイメロディのいやし力半端ないですよね? また一段と、マイメロディが好きになるかも、、、。 メンヘラはなぜマイメロに惹かれるのか? さて、ここまでマイメロディの性格や家族構成等について詳しく見てきました。 その知見を踏まえて、ここではマイメロディがどうしてメンヘラに好かれるのかを考察してみたいと思います。 まず、押さえておきたいこととして、俗にいうメンヘラがいかなる性格であるかということがあります。 メンヘラにもいろんな種類がありますが、一貫して共通する要素というものがあります。 メンヘラに共通する性格面での顕著な特徴といえば、なんといっても「感情の不安定さ」でしょう。 性格分析の一種であるビッグファイブでいうなら神経症的傾向 不安の感じやすさ)が高いといえます。 参考記事等 さて、では考察開始です。 ・マイメロディの色が魅力的である マイメロの色といえばいまや「ピンク」でしょう。 このピンクという色は結構、心理学的にはメンヘラと親和性が高い色といえそうです。 色彩心理学では、ピンクという色は「人の攻撃性や興奮を弱められる、若さを想起させる」といわれています。 あと、女性ホルモンが活発化されるという話もありますね。 メンヘラは自尊心が低い傾向にあり「人に認めてもらいたい」という承認欲求 特に異性に対して が強いので、「女性らしさを想起させるピンク」にひかれていくことになるでしょう。 ・「いかにも可愛らしい」といった見た目 これも上記の「ピンクという色の持つ心理的効果」に通ずるところがありますが、「マイメロの可愛らしい見た目」にメンヘラたちは同様の理由で引かれてしまっている可能性があります。 そう、「マイメロの見た目」が「女性的なかわいらしさ」を想起させるからです。 さらにいうと、「マイメロディのように自分も可愛くなりたい」なんて思い始める人も出てくるかもしれません。 それはなぜかといえば、「自分もマイメロディみたいに多くの人に愛される可愛らしい存在になりたい」からでしょう。 こうなってくると、「マイメロディのグッズやらなんやらを日ごろから肌身離さず持ち歩く」なんてことにもなりかねないでしょうねえ。 自分のアイデンティティの一部にマイメロディを組み入れようって意識になってきてしまうので、、、、。 まあ、マイメロディが可愛いのは分かるのですが、正直この意識の持ち方はやばいですよねえ、、、。 なんというか、自尊心がかなり低いのでメンタル的には相当もろいでしょうね。 参考記事等 ・マイメロはメンヘラ達のカウンセラー 上記、マイメロディのツイッターでのつぶやきにみられるように、 マイメロディのいやし力は半端ないです!! いろんなつぶやきがありますが、わたしが見る限りマイメロディのつぶやきの姿勢は「 相手のことを決して否定せず、偏見を持たずすべてをうけいれる」というものであるといえそうです。 それに共感を大事にしているのもよく伝わってきますね。 これってある意味、公開カウンセリングしてるような感じがあるなって思いますよ。 そんな優しいマイメロディは心が弱っている人にとっては、「自分を励ましてくれる心の支え」なわけです。 もはや、お守りってレベルでしょうね。 実は、ぬいぐるみをハグするとストレスが緩和されるなんてことが言われたりしています。 心が弱っている人はマイメロディのぬいぐるみをハグすると、相当な効果が期待できたりするかも?? 以上のような要素が複数絡み合って、マイメロディはメンヘラたちのハートをつかんで離さないのかもしれません。 てか、マイメロパイセンのいやし力半端ないわ、、、カウンセラーとしてマジリスペクトっす!! マイメロ論は現実逃避の勧め?? 実は、マイメロディとメンヘラの関係を語るうえで面白いものがあります。 それはフリーアナウンサーの宇垣美里さんの「マイメロ論」というものです。 これは宇垣さんのコラムでの投稿がもとになったものです。 』 、、、、こんな感じなんですね。 自分が感じた嫌なことを「自分はマイメロディだ」と思い込むことで、なんとかやり過ごそうってわけですね、、、。 まあ、軽いストレスであればつかってもいいのかもしれませんね、、、。 しかし、この方法を使ってもストレスは蓄積し続けるので、ちゃんと日々のストレスは解消をするようにしましょうね。 参考記事等 おわりに この記事では「マイメロディをはがメンヘラに好かれる理由は何なのか?」について述べました。 はい、結構マイメロディについてかなり調べまくったので、疲れました 笑)。 ただ、いわゆるメンヘラといわれるメンタルの不安定な人にマイメロが好まれる理由の一側面については明らかにできたんじゃないかな?て思います。 あと、よくネットで取りざたされている宇垣さんのマイメロ論で提唱されている「自分をマイメロだと思う」という方法は行き過ぎるとかなり危ない方法です。 くれぐれも使い過ぎには注意してくださいね。 ストレスをためないためにも、少なくとも日々の睡眠はくれぐれもしっかりとってください。 これは『マイメロとの約束』です。 では!.

次の

メンヘラ風俗嬢の特徴!サンリオなどのキャラ物を好む説

マイメロ メンヘラ なぜ

もはや、マイメロはメンヘラの象徴 メンヘラと言えばマイメロ、マイメロと言えばメンヘラ、というほどにメンヘラとマイメロはセットで語られる存在です。 メンヘラはマイメロが好き、というのはなぜか有名な話ですよね。 twitterなどでも、マイメロはメンヘラとセットで語られる もちろん、マイメロはメンヘラと呼ばれるような人たち向けに作られたキャラクターではありません。 結果的にメンヘラ、と呼ばれるような人たちが好んでいることが多く、目立つためそのように語られているというのが実態でしょう。 しかし、twitterなどでは印象が広まりすぎてマイメロをバッグにつけていたりする女性はメンヘラとされがちです。 いつからマイメロとメンヘラは関連付けられた? メンヘラやバンギャがマイメロを好き、というのはかなり以前より言われている事ではあると思いますが、その印象が一気に広まった出来事と言えば ・アナウンサーである宇垣美里の発言 ・DJ社長の動画内での発言 が大きなきっかけとなったのではないでしょうか。 なので、時期的に言うと2019年2月頃だと思われます。 ただし、2015年頃までマイメロ関連のツイートを遡ると明らかに「メンヘラ」と考えていいであろう女性のツイートが目立って来るようになり、その傾向は2017年頃まで続いていました。 ただ、その女性も2017年頃を過ぎるとあまりマイメロ関連のツイートをしないように変化していっています。 実際にはみんなの見えない所にマイメロを置くようになったのかも。 そこで、筆者の友人でかつて明らかにメンヘラでバッグにマイメロを装着していた友人に現在もマイメロが好きか?と聞くとやはり好きだ、とのこと。 ただ、以前のように他の人から見える所にマイメロを配置しなくなった、というように教えてくれました! つまり、この何年間かで「メンヘラはマイメロを好き」というのが広がりすぎたた目にメンヘラと呼ばれる人女性自体もあまり堂々とマイメロが好き、と言えない世の中になってしまったようです。 メンヘラが好むカラーや配色 ピンクやパステルカラーなどの色が好み、との事。 ひたすらに可愛いと感じるようです。 動くマイメロが可愛い マイメロ自体は2005年頃から「 おねがいマイメロディ」 というタイトルでアニメが放送されており、筆者の友人もそこからマイメロがかなり好きになった、とのこと。 ふわふわしてて可愛くて、けど常に前向きで勇気をもらえる存在との事です。 恋愛に響く名言が好き また、マイメロディはアニメやtwitterアカウントでは恋愛名言? のようなものも残しており、そういった言葉に励まされる、という人も多いようです。 例えばこちら 「 あたりまえだと おもっていた まいにち。 また、あえたらいいな。 」 「 あなたのことをおもうと、きぼうが ひろがるの。 きぼうがもてたから、ゆめをもつことができたよ。 」 これはなんとどちらもマイメロディさん、の公式twitterアカウントでの発言です。 マイメロディさんは見た目が可愛くて、ふわふわしているだけではなく切ない気持ちを素直に表現できる中身から可愛い存在なのです... ! まとめ いかがでしたか? この記事ではメンヘラ、とセットで語られがちなマイメロディについて幅広く紹介してきましたが、 やはりメンヘラの人がマイメロディを好き、というのは風潮だけでは なく事実のようです。 ただマイメロディはとても可愛くて、見るひとの心を癒す存在です。 メンヘラだから、などは関係なく女性であれば誰もが好きになる可能性を秘めた魅力ある存在、と考えるのが正しいのかもしれません。

次の

メンヘラの意味を簡単に解説!男と女のそれぞれの特徴を一緒に紹介

マイメロ メンヘラ なぜ

メンヘラとは? 「メンヘラ」は「心に病を抱えている人」 「メンヘラ」とは、「心に病を抱えている人」を指す言葉です。 元々は、2ちゃんねるというインターネット上の掲示板において「メンタルヘルス板」つまり、「心の健康」について意見を書き込む場所に頻繁にいるような人の事を指す言葉として使用されていたネットスラングです。 2ちゃんねるによくいる「2ちゃんねらー」の間では、「メンタルヘルス版にいるような人間」を「メンヘラー」と呼んでいて、それが「メンヘラ」として世の中に浸透したと考えられます。 鬱病など、何らかのや原因で心に病を抱えている人もいますが、精神的に弱く、周りの人に「助けて」としょっちゅう助けを求める「かまってちゃん」や、「重い」と感じてしまうような人に対して「メンヘラ」と言ったりします。 ヒステリック 「メンヘラ女子」は、感情の起伏が激しく、よくわからないタイミングと理由で突然泣き出しり、怒り出すなどヒステリックになってしまうことも。 自分に感情を向けて欲しいのに、向けていられないと感じたときに感じた不安な気持ちなどが、「ヒステリック」な状態をひきおこしやすいです。 後から、どうしてあんな状態になってしまったのだろうと後悔することもありますが、「ヒステリック」な状態になってしまっているときは、興奮状態で、自分の感情を抑えることができません。 元々女性は、男性に比べてヒステリックになりやすい人が多いですが、「メンヘラ女子」の場合ヒステリックになってしまう頻度が高いので、一緒にいる人はしんどくなってしまいます。 体調不良になりがち 「メンヘラ女子」は、上述したように不健康な食生活を繰り返していて、夜遅くまで眠れず睡眠不足であることも多いため、体調不良になりがちです。 身体がたるくて授業に出られない・・・ バイトに行くことができない・・・ といったことがしょっちゅう起きます。 はじめは周りの人も心配をして気をつかいますが、「メンヘラ女子」の場合は、しょっちゅうなので、「またか・・・」と呆れられてしまうことほとんどです。 優しくしてくれる人に依存する 「メンヘラ女子」は、自分に優しくしてくれる人が大好きです。 ・頻繁に連絡を入れる ・しょっちゅう愚痴や悩みを聞いてもらう ・いつも行動を共にしてもらう など、一緒にいる人がしんどくなってしまう事が多く、次第に距離を置かれてしまうとも少なくありません。 そうすると、また別の依存できる人を探します。 誰か依存できる人が側にいないと生きていけないのです。 大切にしているぬいぐるみがある 「メンヘラ女子」は、ぬいぐるみが好きで、いつでも手元に置いていたり、寝る時は一緒に寝ているという人が多いです。 子供で「ぬいぐるみが好き」というのはよくあることなのですが、大人になってもその感覚があって尚且高度を共にするということは、何か心理的な要因があることが考えられます。 例えば、「ぬいぐるみ」を大切にするというのは、「誰かと一緒にいたい」という気持ちを能わしてしると言われています。 つまり、「何かに依存していないと落ち着かない」というメンヘラ的心理がぬいぐるみに執着させていると考えられるのです。 虚言癖がある 「メンヘラ女子」は、常に嘘をつくことが癖になってしまっている人もいます。 些細なことでも、周りの人の気をひく為にはついつい嘘をついてしまうのでしょう。 また、自分に自信がないことが原因で少しでも良く見せようと見栄を張って嘘をついてしまうことも 多いです。 自傷行為をしてしまうことも 「メンヘラ女子」は「この世から消えてしまいたい」と思っていることが多く、心が病みすぎると実際に自傷行為をしてしまう人も多いです。 ・リストカット ・髪の毛を抜いてしまう癖がある ・出血するまで爪をかむ など、自分を傷つけることで気持ちを落ち着かせていたり、周りの人に心配されたい・注目してもらいたいと思っています。 LINEの返信が早い 「メンヘラ女子」は上述したように寂しがりやで、スマホをいつでも手元に置いているので、LINEなど何か連絡を入れると一瞬で既読がつき、返信がきます。 深夜まで起きていていることも多いので、夜遅くに送信したとしても、すぐに返信がくるでしょう。 例え、寝ていたとしてもすぐに気づいて返信をくれることが多いです。 「・・・。 」を多様する 「大丈夫」ということを伝えたいときであっても、例えば 「全然だいじょうぶ・・・・。 」 だと、大丈夫そうじゃありませんよね。 このように「メンヘラ女子」は、LINEなどのメッセージやSNSでの投稿で、「・・・。 」や「。。。。。 」を多様して、意味深な雰囲気を出すことが得意です。 ユニコーンが好き 「メンヘラ女子」は、現実世界に対して「辛い」という感情を抱いていることが多く、現実逃避気味の思考持っていることがあります。 例えば、パステルカラーの動物キャラクターを好きという「メンヘラ女子」は非常に多く、ユニコーンような、虹色のたてがみをしっぽをもち、頭の真ん中から角をはやしている非現実的ないきものを「かわいい」と思ってしまいます。 現実世界には存在しない動物の小物を身につけていたり、好むような仕草があれば、その人は「メンヘラ女子」かもしれません。 マイメロちゃんが好き 女性は基本的にキャラクターが好きですが、ディズニーよりもサンリオが好きな女子は「メンヘラ」である可能性が高いです。 とくに、「メンヘラ女子」は「マイメロが好き」と言われていますが、これには何の根拠もありません。 赤い頭巾をかぶった「マイメロ」自身が「メンヘラ」なのではないかとも言われています。 ジャイアンが嫌い 「メンヘラ女子」は、ジャイアンが嫌いです。 どちらかと言うと、「メンヘラ女子」は自分の言いたいことを言えない「のび太くん」タイプなので、自分買ってに振る舞う「ジャイアン」を見ていると気持ちが病んできてしまいます。 顔面偏差値は中の下 「メンヘラ女子」の顔面偏差値は、だいたい「中の下」で、童顔であることも多いため、パッと見た感じ「かわいい」と感じる男性も多いことでしょう。 ただし、本当の美人や可愛い人は、自分に自信があるので「メンヘラ女子」である確立は低いです。 つまり、「メンヘラ女子」は「よく見るとそんなにかわいくない」という可能性があるということです。 ゴスロリなどのダークな個性的なファッション 「ゴスロリ」とは、「ゴシック・アンド・ロリータ」の略です。 ピンクを基調としている「ロリータ・ファッション」とは違い、黒を基調としたゴシック風のデザインに、レースやフリルなどを使用した女性らしい「甘すぎず・辛すぎず」のファッションです。 上述したように、パステルカラーやピンクといった可愛らしい女の子っぽい色味を好む「メンヘラ女子」もいますが、黒や真紅をいった病みっぽい色味を好む「メンヘラ女子」もいます。 さらに、「ゴスロリ・ファッション」や「ロリータ・ファッション」など個性的なファッションをしている女性は基本的に「メンヘラ」であると思って間違いないでしょう。 ニーハイを履いている 「ニーハイ」とは、膝上丈の靴下である「ニーハイソックス」の略です。 「メンヘラ女子」は、ミニスカートに「ニーハイ」を履いて、ボトムスと靴下の間にできる絶対領域を主張している場合も多いです。 ニーハイを履いて、絶対領域を主張している女子見ると、「この子はメンヘラなのでは・・・」を身構えてしまう男性も多いようです。 黒髮 黒髮の女性からは病みを抱えていそうなイメージをもちます。 黒いほうが、肌が白く見えるなどの理由で、あえてさらに黒染めをして不自然なほどに黒くしている「メンヘラ女子」もいます。 奇抜な髪色をしている 「黒髮」で「病み」の雰囲気を出している「メンヘラ女子」もいますが、逆に派手な髪色を好んでする「メンヘラ女子」もいます。 これは、「ゴスロリ」や「ロリータ」など奇抜なファッションを好むのと同じ心理があること考えられます。 紫や、ピンク、ブルーといった普通の人では考えられないようなぶっとんだ髪色をしていると「メンヘラっぽい」と感じる人も多いようです。 ピアスを沢山あけている ピアスを沢山空けている女性は、「メンヘラ女子」である可能性が高いです。 なぜなら、「メンヘラ女子」は、ピアスをあけることを「自傷行為」として行っていることが多いためです。 「ピアス」を沢山あけている人に対しては、おしゃれというよりは、異様な雰囲気を感じますよね。 また、依存しやすい性格なので、ハマってしまうと繰り返し続ける傾向にあるため、どんどんピアスが増えていきます。 真っ赤な口紅 「メンヘラ女子」は、真っ赤なリップを塗っていることが多く、「メンヘラ女子」は、肌が白いことが多いので、赤いリップが非常に映えます。 「メンヘラ女」は、ピンクなど自然なかわいらしい色みより「赤」を好みます。 また、ツヤ感のあるものよりも「マット」なものをつけて、唇の質感を出していることも多いです。 囲み目メイク 「メンヘラ女子」は、赤系のアイシャドウを使用して目の周りを囲む「囲み目マイク」をしていることも多いです。 囲み目メイクをすることによって、血の気色を悪くみせたり、「泣き腫らした目」に見せることにより、闇可愛く見せる効果があります。 このように、見た目から「病んでいる」というように見えるようなメイクを「闇メイク」といいます。 涙袋大きい 「涙袋」を強調し、さらに目元を腫れぼったく見せて病んでいる雰囲気が出ているのも「メンヘラ女子」の特徴の一つです。 元々、涙袋が大きいということもありますが、「メンヘラ女子」は「涙袋があったほうが幼く見えて かわいい」「目が大きく見える」と思っている傾向にあるので、さらにメイクで涙袋を強調します。 ナメクジのように強調された涙袋は「メンヘラのトレンドマーク」といっても過言ではないでしょう。 異様に大きなカラコン 「メンヘラ女子」は、異様に黒目が大きく見えるカラーコンタクトをつけがちで、目を大きく見せようと、カラコンをつけているわけですが、縁がありすぎて宇宙人のように見えてしまうことも。 自然に見えるタイプのもを買おうという意識はなく、あえて大きめなものを選んでいることがほとんどです。 また、グレーなど色のついたカラコンで個性的な雰囲気をだしている場合もあります。 色素が薄い 「メンヘラ女子」は、血色感が感じられないほど、もとも肌色など身体の色素が薄いことが多く、太陽の下で活発に行動するようには決して見えない見た目をしてします。 「色素が薄い」と、どこか儚げな印象を受け、病弱で、なおかつ心に闇を抱えているように見えますよね。 「肌の色が白い」というだけで、「あの子メンヘラっぽい」と感じる人もいるでしょう。 「誰もわかってくれない」 「メンヘラ女子」は、「自分のことなんで誰もわかってくれない」と思っていて、ちょっと言うことに反論したりすると、「どうせ誰もわかってくれない・・・」と落ち込んでしまいます。 メンタルが弱いので、「否定された」という事実に耐えることができないのです。 「この人は自分のことをわかってくれない」と思い込んでしまうと、一気に心の扉を閉ざしてしまって何も話さなくなってしまう傾向があるので、ひとまず「メンヘラ女子」の話は「うん、うん、」と聞いてあげることを心がけましょう。 「疲れた」 「疲れた」とすぐに発するのも「メンヘラ女子」の口癖だと言えるでしょう。 肉体的疲労というよりは、誰かと一緒に出るだけでも「精神的」な疲れも感じてしまい、「疲れた」とついつい口にしてしまいます。 上述しているように、不規則な食生活や生活リズムが壊れていると、身体の倦怠感がいつまでもつづいてしまうため、肉体労働は大変です。 突然アイコンを未設定にする めちゃくちゃキメキメの自撮りをアイコンにしたかと思えば、急にアイコン未設定の状態にすることも。 これは、LINE上に登録している「友だち」の気を引こうとしている可能性が高いです。 アイコン未設定の人のほうが珍しいので、今までアイコンをきちんと設定してた人がアイコン未設定になると「どうしたんだろう?」と心配になってしまいますよね。 しかし、何回もやってくるので次第に「またかよ・・・」と思われてしまいます。 アイコンやホーム画面をしょっちゅう変える メンヘラ女子はアイコンやホーム画面をしょっちゅう変えます。 アイコンやホーム画面を変更すると、タイムラインに乗るので、友達からの反応を待っているということもあります。 つまり、SNSに頻繁に投稿するのと同じように「メンヘラ男」にとってアイコンやホーム画面を変えることは「承認欲求」の表れなのです。 これは、「メンヘラ男」が「LINE」というツールを必要事項を伝える連絡手段ではなく、コミュニケーションをとる道具として認識しているからではないかということが考えられます。 社会人であれば、職場の人と仕事で連絡をとりあうこともあるでしょうし、そういった重要なやりとりをする連絡手段としての認識があるのなら、誰にでも伝わるようにフルネームで登録していることが多いのではないでしょうか。 そういった感覚があるからこそ、寂しさを埋める道具として日記のようなくだらない内容のメッセージを送信しまくるのではないかと筆者は考えます。 プロフィールの「一言」が意味深 LINEの友達一覧を見てみてください。 「・・・。 」 「はあ」 「つかれた」 など、意味深な言葉を一言に書いている人はいませんか? もし、いたらその人は「メンヘラ」です。 まさしく、気持ちが浮かない状態であることをアピールしているのです。 メッセージを送ると速攻で既読がつき、返信がくることでしょう。 とにかく返事がはやい 「メンヘラ男子」の特徴の一つに「連絡がマメ」ということがあげられます。 連絡がマメなことは、決して悪いことではありませんが、「メンヘラ男子」の場合、誰かと連絡をとっていないと不安であるといったことから、スマートフォンにかじりついているということが考えられます。 特に、深夜に突然メッセージを送っても速攻で既読がつく、返信がくると言った場合は、ほぼほぼ「メンヘラ」であると考えて間違いないでしょう。 スタンプをよく使う(買ったやつ) メンヘラ女子は、LINEスタンプをよく使います。 それも、元々入っているものや、友達登録をすれば無料でダウンロードできるようなものではなく、自分で選んで購入をしたタイプのスタンプです。 女子のように、自分がかわいいと思ったキャラクターのスタンプを使っていることが多いでしょう。 例えば、返信が遅れてしまったときにスタンプを連投して「かまってよ!」とアピールをする人も。 絵文字が多い メッセージでやり取りをするときに、自分の感情をやたらと「絵文字」を使って表現します。 メンヘラ女子にとって、絵文字や顔文字はとても重要なものなのです。 絵文字や顔文字のないメッセージに対しては「ぶっきらぼう・冷たい」と感じていて、絵文字や顔文字を使わないで返信をすると、「怒ってるの?」「無理して返信してくれなくていいからね・・・」などと 怒られるか、落ち込んでしまいます。 LINEで連絡をとることが苦手な人は、「メンヘラ男」とやり取りをすることが苦痛になってしまうこともあるでしょう。 用もないのに独り言のようなLINEを送ってくる メンヘラ女子は、時間を問わず大した用もないのに独り言のようなLINEを送ってきます。 例えば、 「今仕事終わったとこ」 「さっきコンビニ行ってアイス買ってきた」 「今歩いてる」 など、「そんなのTwitterにでも呟いていてくれ!」と思わず思ってしまうような独り言を送ってきてくるので「何て返信したらいいんだろう・・・」と思ってしまいますよね。 既読無視すると激怒する メンヘラ女子は自分が連絡をマメにするタイプであるがために、既読無視されることに対して激怒します。 「返信できないなんてありえない!」 「こっちだってすきを見つけては返信してるのに、何で返せないの?」 と、LINEの返信を優先する自分の価値観を「当たり前」のことのように思っているのです。 「〜で返信できなかった」と伝えたとしても、 「俺は後回しってことだよね、俺のことはどうでもいいってことだよね」 とか言ってくるので本当にうんざりしてしまいます。 不機嫌な理由を聞いてもすぐには答えない 「メンヘラ女子」あるあるなのが、突然不機嫌なってくるパターンです。 これは、相手からするとただイライラが止まらないめんどくさい系の「メンヘラ女子」です。 不機嫌だから理由を聞いても「なんでもない」「別に」なんて言われた日にゃあ「もう二度と聞きませんよ!」と言ってしまいたくなりますよね。 だったらそんな不機嫌な態度取らないでほしいな、と思ってもそっとしとくことしか出来ず。 せっかく二人の時間を過ごそうとしているのにうんざりしてしまいます。 「不機嫌になるなら理由を言え!言わないなら不機嫌になるな!」と思ってしまいます。 LINEや電話がしつこい LINEや電話がしつこいのも本当にめんどくさいですよね。 返していないと「何してるの?」と返事が待てないのがまためんどくさい! 「メンヘラ女子」は、すぐに「自分のことが嫌いになったのではないか」などと不安になり、鬼のようにLINEを入れたり着信履歴を残してしまいます。 仕事で疲れているときにたくさんの着信があると疲れがどっと増したりしますよね。 こういった「メンヘラ女子」の行動に相手の気持ちはどんどん冷めていってしまうのです。 適度な運動をする 「メンヘラ女子」は、家の中にひきこもりがちです。 まず、短い時間でもかまわないので、外に出て適度な運動をするように心がけましょう。 適度に身体を動かすことで、身体に疲労感を感じ夜眠りにつきやくすくなるなど、身体を動かすことには大きな効果があります。 また、外に出て身体を動かすと、部屋の中にいるとウジウジ考えすぎてしまうこともスッキリと忘れる ことができることでしょう。 自分に自信をもつ 「メンヘラ女子」は自分に対する自信のなさから、ポジティティブに物事を考えることができなかったり、何かに依存していないと気持ちをうまく保てなかったりするのです。 難しいことかもしれませんが、自分で自分のことを否定するのではなく、自分を受け入れて自信を持てることが一番です。 そうすることで、マイナスな思考をして気持ちが病んでしまうということもなくなってくるはずです。 自分のことを大事にしてくれる人と一緒にいる 周りをよくみて見て下さい。 「メンヘラ女子」のめんどくさい自分を気にかけてくれたり、側にいてくれる人はいませんか? 自分のことを家族・友人・恋人など、大事にしてくれくれている人をもう一度見つめ直し、「自分を大切にしてくれる人がいる」ということに感謝しましょう。 側にいてくれる人がいるんだということを頭に入れておくだけで、不安な気持ちがなくなるはずです。 そして逆にあなたを尊重してくれないような人とは離れてみてください。 今いる近い関係の人から離れるのって勇気がいりますが、大事にしてくれる人と出会って一緒にいるようすると、「メンヘラ女子」にならなくても、満たされるはずですよ。

次の