いつの間にかライバルみたい 二人の違いが差に見えて。 【おじさん化対策特集:前編】「おじさん化する人・しない人」の違いとは?

レイ・リターンVol.8

いつの間にかライバルみたい 二人の違いが差に見えて

この物語はイッシュ勢に対して厳しい言葉を多く含んでいます。 全力でサトシとシンジ贔屓のため、シンジのやってきたことを棚に上げてイッシュ勢にのみ辛辣な言葉を吐き出します。 そして、物語での二人の発言は全て私の妄想です。 もし不快になられた方からの何らかのご指摘があれば、削除することを検討しています。 ビビりで申し訳ありません。 それでも、見てやんよ!という勇者様は次のページからどうぞ。 [newpage] 「そういえば言い忘れていたな、ほら。 」 結局送られてきたポケモンたちの健康チェックや、勢いを取り戻した研究員たちの質問攻めによって慌ただしく時間は過ぎていった。 今さらデントたちのもとに戻る気も起きなかったので、シンジがたまたま一人部屋を使っていると聞いて俺はそこへ転がり込んだのだ。 久しぶりの仲間が入ったボールを一つ一つ丁寧に拭いていると、隣でごそごそと鞄漁っていたシンジが思い出したように大きめのケースを取り出して示す。 「!これはっ、」 「ああ。 ジンダイさんに勝ったんだ。 」 「やったじゃないか!おめでとう!!」 本日何回目かの抱擁をしっかりと受け止めたシンジも、やはり嬉しいのか満更ではなさそうだった。 かたかたとボールの中から存在を主張するシンジのポケモンたちも、同じ気持ちに違いない。 「シンジはちゃんと前に進んでるんだな。 」 「サトシ?」 「俺は、なんだか弱くなったみたいなんだ。 」 初めての土地で旅することは幾度もあった。 そしてどの場所でも俺は俺なりにポケモンと向き合い、成長してこれたと思っている。 でも今回の旅はどうにも上手くいかないことが多かった。 ピカチュウの不調から始まって、知らないポケモンの特性、知らない技、そして何よりこの地方のトレーナーの考え方が合わなかった。 今までだって何度も酷いトレーナーによって傷ついたポケモンたちを見てきたが、それ以上にポケモンと幸せに暮らす人々を見てきた。 だから俺も、一緒に強くなろうってそう思えたのだ。 でも、ここではまず根本的なトレーナーの考え方から違う。 ポケモンはトレーナーの所有物で財産。 強いポケモンこそ素晴らしいのだと、誰もが口を揃えていった。 確かにポケモンバトルをするなら、勝ちたいと思うのは当たり前だ。 それなのに、ポケモンバトルを楽しむのではなく、あくまでポケモンを鍛えるためにバトルをするというトレーナーが少なくないのだ。 だから施設を使ってある程度実力のある相手としか戦わないし、基準以下ならバトルすらしない。 大会には自分の力を誇示するために参加し、野良試合なんて、イッシュに来てからほとんど見たことがなかった。 別にポケモンを虐待しているわけではない。 トレーナー自身もそこまで悪い人にも見えない。 それでも、なんとなく引っかかることが沢山あった。 ポケモンの進化についての考え方なんて、その最たるものだ。 ポケモンが望むとおりにさせることを、周りは皆躾すら出来ないのかと呆れた目で見るのだ。 それがいつも悔しかった。 進化などしなくても、俺の仲間はこんなにも強くたくましいのに、誰も俺の言葉なんて聞きやしない。 イッシュで一番初めに思ったのは、話が通じないということだ。 「俺やシンジも、お互いの考えていることがわからなくて何度も何度もぶつかったよな。 でも、その時はちゃんと俺の話を聞いてくれてるんだってわかってた。 例え正反対の考えを持っていても、シンジは否定はしても最後までちゃんと聞いてくれていた。 だから俺もシンジの考えていることを知りたいって思えたんだ。 」 「イッシュでは誰もお前の言葉に耳を貸さなかったんだな。 」 「うん。 デントやアイリスでさえ、聞いているふりはしても心から納得しているふうには見えないし、それにわかろうって努力もしてくれない。 それが悔しくてしかたがないんだ。 」 膝で丸くなっていたピカチュウがいつの間にか起き上がり、心配そうにこちらを見上げていた。 ピカチュウだって、慣れない地方でどこに行っても好機の目にさらされて、さぞ居心地が悪かっただろう。 それでも、いつも俺の傍にいてくれた。 「俺さ、今回大会の敗因は経験不足だと思うんだ。 」 「当たり前だろう。 全てイッシュで捕まえたのだから。 」 「うん、でもシンオウリーグの時だって、シンジとはシンオウの仲間で戦ったろ?あいつらは本当に強かった。 今まで旅した地方の仲間の中でも一二を争うくらいに。 それはきっとシンジのおかげだ。 」 「……どういう意味だ。 」 「俺は俺のやり方をシンジに認めさせてやるんだって、必死に修行をした。 多分シンジほどではないけど凄い大変な修行だってしたよ。 お前に勝ちたかったから。 お前というライバルがいたから、俺は強くなれたんだ。 」 「今回のライバルは役者不足だった。 そう言いたいのか。 」 役者不足、というわけではないと思う。 シューティーやケニヤン、コテツなど、イッシュで出会ったライバルたちはそこそこのレベルのトレーナーだ。 でも、シンジと向き合ったときのような、焼けつくようなあの高ぶりを感じたことは一度としてなかった。 今回のメンバーはトレーナーに捨てられたり、生まれたばかりであったりと中々メンタル的にも厳しく指導するには憚られるポケモンが多かったのも一因だろう。 だからこそ、焦らずにゆっくりとやってきた。 その結果が圧倒的な経験不足を産んだわけだが。 「なるほどな。 確かにお前のポケモンにしては動きが単調で、指示も生易しいわけだ。 」 「俺はよく無茶な指示をするけどさ、それはこいつなら出来るって信じてるから言えることなんだ。 正直、俺とあいつらの信頼関係はまだまだだよ。 」 ふっと、今はオーキド研究所にいるであろう仲間たちを思い出す。 きっと先輩たちに手荒い歓迎を受けているであろうが、それもまた俺の手持ちとなったポケモンへの洗礼だ。 仲良くなってくれるといい。 「それなら、やるべきことはわかってるんだろ?」 「ああ、足りないならいくらでも補えばいい。 あいつらはもっともっと強くなる。 だから俺も、立ち止まってなんていられない。 」 「ふっ、その意気だ。 」 すっかりと話し込んでしまい、もう夜も遅い。 どちらともなく二人で同じベットに潜り込んで目を閉じた。 「明日、あんまり苛めすぎるなよ?」 「さぁな。 俺は手加減など出来ないんだ。 」 あんなに思い詰めていたというのに、シンジと話しただけで胸が随分と楽になった。 きっと、久しぶりによく眠れるだろう。 「おやすみ、シンジ。 」 「おやすみ、サトシ。 」 布団の中でそっと握った手がしっかりと握り返される。 その低めの体温に安堵し、俺は思考を手放した。 [newpage] あとがき サトシの弱体化の要因はきっとこれだろうなぁ、と勝手に妄想しました。 まず、イッシュではロケット団と全然戦わなかっただけでも大分実戦経験が削られ、咄嗟の機転なども磨かれなかったと思います。 だからサトシもあんまり無茶な指示は出せないし、そもそもポケモンたちがついていけない。 それから、サトシのスロー育成ぶり。 今回は手持ちが多かったのもありますが、一匹一匹に対する修行シーンが短かったように思います。 具体的に特訓してたのってミジュマルとズルッグくらいでしたよね。 あれ、違ったっけ。 後は絶対に負けたくないライバルって存在も大きかったと思います。 サトシが何故シューティーをライバル認定したのか正直未だによくわかりません。 たまたま何度もあったからとか? 少なくともお互いに意識し合い、成長のために切磋琢磨することがライバルならシンジ以上に相応しい相手はいないと思います。 全力でシンジ贔屓です。 サトシ自身も、馬鹿にされようと何を言われようとそこまで気にしていなかったのは、シューティーをそこまで意識していなかったからではないかなと思っています。 だって本当にライバルで、勝ちたいと思うなら何が何でもくらいついていくのがサトシですから。 ジム戦やバトルフロンティアの時もそうでしたし。 だから、サトシは何で淡泊になったんだろう、と考えたらきっと何を言おうと無駄だろうと割り切ってしまったのではないかと思いました。 だから周りの声にも耳を貸さず、マイペースに育成していったのではないでしょうか。 自分の話は聞いてくれないのに、相手の話だけ聞かなくてはいけないっておかしいですもんね。 でも、そんなふうに黙々と一人でやっていたからこそ、いざ結果が出なかったときショックだったんだろうなぁ、と思います。 でも、そういうぐちゃぐちゃした感情は人に話すと良いって言いますから、今回はシンジへ吐き出して貰いました。 こういうのって聞いてもらうだけで、心の整理がついて、答えを自分で見つけられるものだと思うので。 これでやっとサトシは回復です。 次こそバトルシーンに入りたいです。 頑張って書くぞー。

次の

【おじさん化対策特集:前編】「おじさん化する人・しない人」の違いとは?

いつの間にかライバルみたい 二人の違いが差に見えて

人を愛するとは一体なんなのか。 どこからが愛なのか。 愛していても別れのときは来てしまうのだろうか。 こう思ったことはありませんか? どれだけ相手を愛おしいと思っていても、別れの時は必ずやってきます。 では、愛しているのになぜ別れてしまうのでしょうか。 人を愛するって何? そもそも人を愛するとは一体何なのでしょうか。 「愛する」ということは、気持ちを形にして相手に与えること。 そして、相手の全てを受け入れ、それでも好きという状態のことを指します。 彼の良いところも悪いところも全てひっくるめた上でより愛おしく思えるなら、本気で愛していると言えます。 人を愛するということはそういうことです。 ただ相手の行動を制限し、束縛するのは愛情ではありません。 そこのところを履き違えないようにしましょう。 恋と愛は別物? よく「恋と愛の違いが分からない」「どこからが恋で、どこまでが愛なのかが分からない」という意見を聞くことがあります。 確かに、恋と愛ってどちらも相手のことを好きと思っている状態だから判別しづらいですよね。 では恋と愛は別物なのでしょうか?それとも同じ意味なのでしょうか? 恋と愛の違いは以下のとおりです。 ・恋は自分が満足するもの、愛は相手と自分を満足させるもの ・恋は一時期だけ、愛は半永久的 ・恋は周りが見えない、愛は周りが見えている ・恋は嫌なことを許せない、愛は嫌なことも許せる ・恋は温度差がある、愛は温度差がない 恋をすると相手のことばかり考えて、見返りを求めて、盲目になってしまいます。 対して 愛は相手だけではなく自分のことも考えて、見返りを求めず、周囲のことをきちんと見渡すことが出来ます。 同じ意味と思われがちですが、明確な違いはあるみたいですね。 けれど、愛する人であっても別れてしまうケースも多々あります。 一体どうしてなのでしょうか? 愛する人でも別れは来るの?その理由は? 恋と違い、永久的に続けられると思われがちな「愛」。 しかし時と場合によって、愛する人でも別れなければならないこともあります。 一体なぜそうなってしまうのでしょうか?その理由を詳しくご紹介していきたいと思います。 重くなり相手の負担になってしまった まず挙げられるのは、愛情を多く与えすぎたため、相手が重く感じてしまい、負担になってしまったという理由です。 ・相手のことが好きすぎて、四六時中連絡をしないと気がすまない ・誰と、どこで、何時に行くのかを把握しないと気がすまない ・相手のことを愛しているからこそ、どこにも行かせたくなくなる ・彼の部屋を勝手に掃除したり、彼のファッションにあれこれ口出しをしてしまう こういった行動をしてしまうと、 男性の方も「愛が重い」と感じてしまい、結果として別れてしまうのです。 あなたは相手を愛しているからと言って、ついつい「母親」のように口出ししていませんか? 男性は母親のように口出しをしてくる女性を嫌う傾向があります。 いくら愛しているからと言っても、彼のプライベートに土足で上がり込むような真似は避けましょう。 いつまでも同じことを繰り返していると、本気で愛した人を失うことになります。 愛する人を失ったときの悲しみはかなりキツイもの。 今、彼との関係がギクシャクしている人や愛した彼と別れてしまった人は、自分の悪い一面をきちんと改善しておきましょうね。 結婚のタイミングが合わなかった 愛していても、結婚のタイミングが合わずに別れてしまうケースもあります。 ・結婚しようと思ったけれど、お互い仕事が忙しくて踏み切れなかった ・お互いの両親に挨拶をしようと思ったけれど、なかなか行けなかった ・どちらかが転勤になってしまい、遠距離恋愛になってしまった ・こちらが結婚を意識していても、相手のほうがまだ意識をしていなかった など 様々な要因が重なった結果、すれ違いが起こってしまい愛していたとしても別れてしまうのです。 こういった場合、お互いが二人っきりになって話し合う機会がなかったという原因も考えられます。 愛というのはお互いの気持ちを形にしあって紡いでいくもの。 冷静に話し合う時間を少しでも設けることで、ずっと長続きすることだって可能になります。 もし今愛する人とギクシャクしていたりする場合、ゆっくりと話し合う時間を設けましょう。 特に結婚を意識している仲なら、具体的にいつまでに結婚をするのか、貯金は二人でどれくらい貯めておくか、お互いの両親への挨拶はいつにするか、新居はどうするかなどをきちんと話し合っておきましょう。 そうすることで結婚に対する認識のズレを解消し、別れることなく良好な関係のままゴールインをすることが出来ます。 どうしても許せない一面があった 本気で愛していると言っても、どうしても許せない一面があって別れてしまったというケースもあります。 ・彼が浮気性だった ・モラハラな言動や行動をする人だった ・全く働きもしないヒモだった ・家事に対して非協力的だった などが挙げられます。 いくら言っても治してくれない。 それどころか、逆に悪化しているならその人とは長く付き合わなくて良いのかもしれません。 自分の中で最低限許せるラインを決めておき、それに反した行動をする男性は、いくらこちらが愛していても変わってくれることはありません。 むしろ「愛」という感情を利用して、うまく付け入ろうとする狡猾な人もいるくらいだからです。 ですので、どうしても許せない一面があったら愛していても別れても大丈夫です。 きちんと話をつけて、次の人を見つけるようにしましょう。 おわりに いかがでしたでしょうか。 今回は愛するとは何か、愛した人と別れる理由などをご紹介していきました。 愛というのは永久的に続くと思われがちですが、例外もあるようですね。 自分の中で最低限のラインを設け、きちんと本音を出し合って話せば長続きすることは可能です。 重くならずに、相手を愛し、良好な関係を作っていきましょう。

次の

人を愛するって何?愛し合っている二人でも別れてしまう理由とは?

いつの間にかライバルみたい 二人の違いが差に見えて

JT(日本たばこ産業)のCM 「想うた」シリーズ。 友情や愛情をテーマに流れるMONGOL800のキヨサクが歌う曲はグッときて泣けますよね! 「人は人を想う」をテーマに描かれたこの作品は、これまで第4弾までCM放送されてきました。 第1弾 「親を想う」編 第2弾 「愛する人を想う」編 第3弾 「仲間を想う」編 第4弾 「同期を想う」編 そして、今回の 第5弾「姉妹を想う」篇も前作に引き続き価値観の違う姉妹が美容師という道を歩むというテーマ。 葛藤しながらもお互いに違う性格の美容師であることを認め合い、成長していく様子を描いた作品になっています。 出演:石井 杏奈(いしい あんな) 古川 琴音(ふるかわ ことね) 作曲:キヨサク(MONGOL800) 歌詞:篠原誠 歌:thea 第5弾「姉妹を想う」篇 の歌詞 どこ行く時も いつもついて来て 何する時も いつも真似をして どんな時も慎重な私 考える前に 始めるあの子 自分があって個性的な妹 人の意見にそっと合わせる私 全然ちがうのに 同じ道 いつのまにかライバルみたい 二人の違いが差に見えて 私だけが憧れてると思ってた いつも間にか 話すこともなく 悩みなんて 無いと思ってた 私とは全然ちがうから だからなのか 違うからなのかな 二人いることが支えになる ずっと…ずっと ah ah ah これまでのシリーズは全てキヨサクが歌っていましたが、今回の第5弾「姉妹を想う」篇では theaという女性歌手が歌っています。 「thea?? 誰??」 とても美しい歌声で上手くて気になりますよね! そこで今回は、JTの泣けるCM曲「想うた」を歌うtheaという女性歌手について調べてみました。 「姉妹を想う」篇の女性歌手theaって誰?? 結論から言っちゃうと、このtheaさんについての情報はかなり少なかったです(汗) なので、他ブログの情報を元に僕なりに書こうと思います。 thea(テア)さんはプロの歌手ではなく、まだメジャーデビューはしていないようで情報が開示されていないのが現状です。 出身地は長野県で、子供のころから歌手の道に進むことが夢だったそうです。 10代の頃からオーディションを受けて、審査員の目にとまり本格的に音楽活動を提案されましたが、その時はさまざまな理由により断念。 きっと、まだお若いので学業や環境の問題もあったのでしょう。 進学のため上京しながらInstagramで毎日1曲カバーの弾き語りをアップしていたところ、MONGOL800のキヨサクさんの目に留まり今回の「姉妹を想う」編のCMに起用されました。 現在はインスタのアカウントは非公開になっているようです。 もっと彼女の歌声を聴いてみたいっ!という人には残念ですが個人的な問題もあるので仕方がないですね、、、 theaさんの声は、人を惹きつけるものがあり才能を感じさせる、そして泣ける! 今後の活動についても未定ですが、泣ける上手い歌声を聴かせてほしいと切に願います。 姉妹役の石井杏奈と古川琴音が似てる!? 第5弾「姉妹を想う」編に登場するE-girlsの石井杏奈さんと女優の古川琴音さん。 どことなく似てると思いません!? 本当の姉妹のように仲が良さそうで可愛いですよね! E-girlsの石井杏奈さんは第2弾「愛する人を想う」編 でも北村匠海(きたむら たくみ)さんの恋人役として出演しています。 ダンサーとしても活躍する石井杏奈さんは、本当にマルチな才能の持ち主ですよね。 いっぽうの古川琴音さんは、神奈川県出身で中学と高校時代は演劇部に所属。 役者になるためオーディションを受け、満島ひかりさんと同じ事務所のユニマテに入りました。 デビューから1年目には数々のドラマや映画に出演し、2018年に公開された映画「春」では、京都国際映画祭2018 クリエイターズ・ファクトリー グランプリを受賞しています。 どことなく似ている石井杏奈さんとと古川琴音さんですが、CM上では石井さんがお姉ちゃん役で古川さんが妹役。 実際の年齢を調べると石井さんのほうが歳下なんですね! 石井杏奈 1998年7月11日 古川琴音 1996年10月25日 幼顔だからなのか古川さんの妹役はバッチリハマっていますよね! 石井さんの落ち着いた雰囲気も相まっているのかもしれません。 今後の「想うた」シリーズにも注目しましょう! キヨサクが唄うフルバージョンも最高! 2018年6月から始まった「想うた」シリーズ。 MONGOL800 のキヨサクさんが作曲、そして唄う「想うた」が公開直後から話題になりました。 CM開始当初から「リリースしてほしい!」などの要望を受けて、JTは期間限定で楽曲ダウンロードを開始しました。 キヨサクさんがこれまでの3曲をフルバージョンで弾き語るミュージックビデオ「想うた UKULELE SESSION」も、youtubeのJT公式チャンネルで公開。 ウクレレで弾き語るキヨサクさんの歌声も最高です! Copyright C 2020 泉州ノマドライフ! All Rights Reserved.

次の