フィーチャー グラフィック。 申請

画像および映像、スクリーンショット、動画

フィーチャー グラフィック

フューチャリング [ ] 日本では語感から「未来」を意味する「フューチャー 」と混同され、「 フューチャリング」と言われたり表記されたりすることがあるが、仮名文字で表記する場合は「 フィーチャリング」が正しい。 音楽界 [ ] 音楽においてはメインののほかに参加する者や、そのことを指す。 とは異なる。 他アーティストのや作品に参加する場合、フィーチャリングという形を取ることが多い。 「 feat. 」などとも表記される。 表記は名に付加される場合と、曲名に付加される場合があり、規則は特にない。 例えば、の『 Alive ( アライブ )』は、女優のがダンサーとしてミュージック・ビデオに出演しているため、『 Alive feat. Tao Tsuchiya』と表現されている。 クラシックにも「客演指揮者」という存在があるが、英語表記は「 feat. 」ではなく「 guest conductor」で、オーケストラにとっての首席指揮者・常任指揮者等以外の指揮者を(どんなに頻繁に共演していても)指す。 首席客演指揮者という役職も存在する。 脚注 [ ]• : future 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

Androidアプリの「フィーチャーグラフィック」とは何ですか?

フィーチャー グラフィック

本連載「」では、「」とGitのホスティングサービスの1つ「」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。 具体的な操作を交えながら解説していきますので、本連載を最後まで読み終える頃には、GitやGitHubの基本的な操作が身に付いた状態になっていると思います。 前回記事「」では、Subversionとの連携や移行について解説しました。 本連載の最終回となる今回のテーマは「Git/GitHubのワークフロー」です。 幾つか存在するバージョン管理のワークフローのうち「git-flow」「GitHub Flow」の概要を解説します。 git-flow 「git-flow」はVincent Driessen氏の「」を基にしたワークフローです。 他のワークフローと比べると、大規模で複雑な構成になっています。 デスクトップ/モバイルアプリケーションのように「リリース」を必要とするソフトウェアの開発に適しています。 図1 git-flow ブランチの種類と用途 git-flowを使用した開発では「メインブランチ」とそれ以外の「サポートブランチ」を使用します。 メインブランチ メインブランチには「master」と「develop」の2つのブランチがあります。 これらのブランチは常に存在します。 種類 用途 master リリース済みのソースコードを管理する develop 開発中のソースコードを管理する• サポートブランチ タスクごとに「フィーチャー」「リリース」「ホットフィックス」のいずれかのブランチを作成し、作業を行います。 これらのブランチはmasterまたはdevelopブランチから作成され、作業が完了すると削除されます。 developブランチを作成する まずは、masterブランチからdevelopブランチを作成します。 図9 GitHub Flow 6つのルール GitHub Flowには以下の6つのルールがあります。 【ルール1】が最も重要で、それ以外のルールは【ルール1】を実現するために存在します。 【ルール1】masterブランチは常にデプロイ可能である• 【ルール2】作業用ブランチをmasterから作成する(例:new-oauth2-scopes)• 【ルール3】作業用ブランチを定期的にプッシュする• 【ルール4】プルリクエストを活用する• 【ルール5】プルリクエストが承認されたらmasterへマージする• 【ルール6】masterへのマージが完了したら直ちにデプロイを行う 開発フローの例 GitHub Flowを使用した開発フローの例を見ていきましょう。 [1]開発作業を行う 作業開始時に作業用ブランチをmasterブランチから作成します。 git-flowでは、「フィーチャー」「リリース」「ホットフィックス」のいずれかのブランチをmasterまたはdevelopブランチから作成しますが、GitHub Flowでは、全てのブランチをmasterブランチから作成します。 ブランチ名は、何の作業を行っているかが分かる名前にします。 また、作業用ブランチは定期的にリモートリポジトリにプッシュするようにします。 これによって、他の開発者の作業状況を把握できるようになります。 本ステップで行う作業は、の「」で解説しています。 [2]プルリクエストを行う 作業用ブランチをmasterブランチへマージできる状態になったら、プルリクエストを作成して他の開発者にコードレビューを依頼します。 そして、プルリクエストが承認されたらmasterへマージします。 GitHub Flowを使用した開発では、プルリクエストを積極的に活用します。 作業完了後のコードレビューだけではなく、作業途中の実装への助言を求める場合などにも使えます。 本ステップで行う作業は、の「」「」「」で解説しています。 [3]デプロイする masterへのマージが完了したら直ちにデプロイを行います。 GitHub Flowの概要の解説は以上です。 参考ページも見てみよう 本稿では「git-flow」と「GitHub Flow」の概要を解説しました。 どちらのワークフローも「厳密な規則」ではありません。 また、それぞれのワークフローには長所・短所があります。 実際の開発では、git-flowまたはGitHub Flowをそのまま使用することはなく、ワークフローの一部を修正するなどの調整が必要になるかと思います。 git-flowとGitHub Flowの詳しい情報については、以下の参考ページをご覧ください。 関連記事• ソフトウェア開発プロジェクトの共有Webサービス「GitHub(ギットハブ)」を「日本語で」分かりやすく説明するシリーズ、今回はグループの作成と設定を解説します。 数回にわたってgit-flowとGitHub Flowを使ったGitの活用テクニックを紹介します。 最終回は、GitHubが採用している、git-flowよりシンプルな構成のブランチ管理フローについてです。 5つの運用ルールや開発の流れを図を交えて解説します。 「Java News. jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部).

次の

2018 SOLIDWORKS ヘルプ

フィーチャー グラフィック

どうもです。 の続きです。 GooglePlayConsole側でやること まずは からConsoleにログインしデベロッパーアカウントを取得する必要があります。 1 まずは アプリの作成 をクリックしましょう。 2 ストアの掲載情報 ここにアプリのタイトル、簡単な説明、詳しい説明を書きます。 3 アイコンの設定 ここで重要になるのがアイコンのサイズです。 ここもサイズが指定されていて、最小で 320px 、最大でも 3840px 以内にしましょう。 5 フィーチャーグラフィックを載せる なかなか説明しづらいんですが、これも必須です。 一応例として今回出したアプリアイコンとフィーチャーグラフィックを載せておきますね。 アイコン フィーチャーグラフィック 6 分類 ここではそのアプリのタイプやカテゴリは何なのか?を選択する箇所です。 「タグを管理」はいったん保存してからにしてください。 ちなみにタグは 自分のアプリにあったタグを追加してください。 7 連絡先情報 メールは必須です。 僕はウェブサイトにTwitterのホームにしています。 8 プライバシーポリシー なければ「今回はプライバシーポリシーのURLを送信しない」にチェックを入れてください。 次からは前回作ったAABファイルをアップロードしてからでないと進めないので、「アプリのリリース」クリックしましょう。 9 アプリのリリース まずは 管理 をクリックします。 10 次へをクリック。 11 AABファイルを追加 ここに前回作ったAABファイルを追加してください。 11 リリース名と新機能の説明 リリース名と新機能の説明を入力してください。 初めての場合は新機能にはあいさつ文でもいいと思います。 アップデートならば追加した機能や修正した部分を入力してください。 いったん保存しましょう。 12 レーディングの設定 ファイルを追加したのでアンケートに回答することができます。 13 アンケートの開始 14 アンケートに回答し終わったら保存とレーディングを算定しましょう。 16 アプリのコンテンツ これにはアプリに広告が含まれているかを設定しなければなりません。 17 価格と配布 ここではアプリが無料なのか、どの国まで配布するのかを決めます。 僕は国を選択するのが面倒なのですべての国に配布してます 笑。 18 広告の有無や同意事項など... アスタリスクは必ずチェックする必要があります。 19 ラストステップ まずは「リリースの編集」をクリックします。 ちなみに公開する最低条件として この5つにチェックが入っていなければ公開できないのでご注意ください。 20 最終確認 確認ができたら赤丸のところを押してください。 21 公開完了! このようになったらリリース作業は完了です!あとはアプリがGooglePlayに表示されるまで待ちましょう。 Googleの営業日にアプリが公開されるみたいです。 今まで2個 今回で3個目 アプリを出しましたが、1週間ぐらいはかかる印象です。 気長に待ちましょう。 以上でアプリの公開手順でした。 お疲れさまでした!!.

次の