そら る ま ふま ふ。 蒼井そら

そらについて

そら る ま ふま ふ

そらグループはこれまで、様々な事業を通して人々が「幸せ!」と感じる瞬間を創造してきました。 日本は世界で最も豊かな国のひとつであり、食べ物にも情報に恵まれ多くの選択肢が溢れているのに、「幸せですか?」の問いに迷いのない解を持っている人は、どれだけいるか分かりません。 どうして幸せを感じないのか。 それは、人類誕生からDNAに刻まれてきた、人間が無条件に喜ぶ体験が圧倒的に足りないから。 そんな「無条件な喜び」を創造することがそらグループの使命です。 VISON世界一のコトづくりカンパニー 私たちの使命「DNAを震わせる」には、「モノの提供」ではなし得ません。 「コトの提供」で体験し、感動し、涙し、笑い合う、食べる、楽しむ。 騒ぎ、絆を深め、信じあい、感謝する。 「モノの提供」ひとつひとつ、お客様の来店1回1回をストーリーとして捉え、体験を提供する。 お客様ひとりひとりのに寄り添い、毎日の中の特別な「コト」の創造を、全方位的にサポートします。 笑う、歌う、踊る、食べる、楽しむ。 コミュニティを作り、騒ぎ、絆を深め、信じあい、感謝する。 お客様のストーリーができるとき、同時に、提供側にもたくさんのストーリーが生まれます。 私たちは、「コトづくりのプロフェッショナル集団」として、チームを支え合い個々人を尊重し、創造性に富んだ価値を発揮できる組織で在り続けます。 BASIC「思考」「判断」「行動」「成果」の行動指針 1 ありがとう・ごめんなさい思いやりを発信します! 2 みんなが元気になる言葉と態度を選びます! 3 全ての事には理由がある、何の為に行うか考えます! 4 日々改善、日々トライ成功をイメージして自ら行動します! 5 仲間の一生懸命を応援します! 6 個人の成長と組織の成長をリンクさせます! 7 せ・す・じ 責任感・素直さ・自分らしさ を伸ばします! 8 自分と仲間の可能性を信じます! 9 お客様と仲間の期待を超えます! 「串焼旬菜食堂 うっとり」北習志野店 OPEN 2008 07. 株式会社そら設立 2012 04. ストレッチ事業部設立 10. ストレッチ事業部 1 店舗目 12. 「Dr. ストレッチ」赤羽店 OPEN 2013 12. イタリアン業態 1 店舗目 12. 「炭火イタリアン Azzurro520」西葛西店 OPEN 2015 03. (株)BODY RUN Alive Soul 設立 10. (株)モヒカンキッチン Alive Soul 設立 2016 03. 石垣島に「石垣うっとり」をオープン 12. 「佐田十郎」麻布十番店 OPEN 06. 「THE MEAT DUTCH」柏の葉 T-site 店 OPEN 08. カーセールス事業部 開始名称変更・リニューアル 「カーライフプロデュース ハイエースキング」 「カーライフプロデュース Dademo」 08. ライセンス店舗 1 号店目 「志合せ屋 串焼十八番」 西千葉店 OPEN 2018 06. 東京オフィスを恵比寿に設立 09. 「綾邸」銀座店OPEN 10. 「鮨 よしかわ」恵比寿店 11. そら店舗プロデュース「GRILL&PUB BRIO」郡山店OPEN 2019 03. 「三ノ汁」北習志野店OPEN 05. 「Gym Spicy」新浦安店OPEN 06. 「MIDTREE」プレナ幕張店OPEN 10. 「NOBU」船橋店OPEN.

次の

そら&るな「初心に戻って」ついに友達から脱却?現在の互いへの想いとは...『恋ステ LAST TEEN』#1(2020年8月11日)|BIGLOBEニュース

そら る ま ふま ふ

今さら、既読するのが早かったかなあ…とか思って赤くなってる僕は女子高生かっ!! それでもわくわくと胸のどきどきは抑えきれない。 だって、だってあのそらるさんからのお誘いだよ?!あの人から誘うなんて珍しすぎだよ?! 体調を崩しやすい僕だから、明日に備えて早く寝ることにした。 しんと静まった部屋に自分の心臓のどきどきが大きくこだましているようで、我ながらすこし恥ずかしかった。 でーとでーとでーとでーとっ! でーと!!! 付き合っているとはいえ、お互いライブや納期に追われ多忙な日々をおくっていたので、なかなか会えずにいた。 みんなからのリプを読んで、目についたものにリプをしていく。 うふふっ夕食はそらるさんと一緒だっ! 夜が待ちきれなかった。 お昼頃になって、またそらるさんからLINEが飛んできた。 「ごめん。 予定はいった。 行けな い。 」 どたきゃん… 目に入ってきた文字を何回も読み直す。 ため息がでた。 はぁ…忙しいもんね…しょうがないよね…我慢しなきゃ… 「大丈夫!またこんどいこー!」 返信はあくまでも明るく。 ごめんな。 」 そらるさんの返信を確認してからまたため息をひとつはき、iPhoneを握りしめてベッドにダイブした。 「しょうがない…そらるさんだっていろいろ予定とかお仕事とかあるんだ…我慢しなきゃ…」 そう言い聞かせるようにつぶやくが、 あ、れ…? 知らないうちに流れていた涙。 なんで僕ないてんの?!我慢だってば!! 抑え込むが次々と溢れ出てくる。 「…そ、らる、さん…」 流れてくる涙を止める術もなく、僕はひたすら泣いた。 泣きつかれたのかいつの間にか寝ていたらしい。 すでに10時を回っていた。 むっとした顔で起き上がる。 COFや夏コミの感想をつらつらと語る。 そして、恒例の色コメとよいさよいさ。 そして、Twitterのタグの話になった。 ドレミファソラシドで予測変換、というものだ。 それのソの部分が「そらるさん大好き」だったということについてコメントがあったので、言い訳をかましておいた。 「そーゆーことでね!僕、夏休み中は三日に一回生放送やるんで!wwきてください!!え?やるってーwww大丈夫、暇だからww!」 生放送を終わらせて寝ることにした。 朝起きると、頭はガンガンだし身体はだるいしで、どうやら風邪をひいたようだった。 ツイートするとみんなから大丈夫ですか?のリプ。 まふまふさん泣いていいですか? みんな優しすぎ!!! その中に、 「だから昨日鼻声だったんですか?お大事にしてください!」 っていうリプを見つけた。 あ、そうだ!そらるさん…今日空いてるかなあ…? そう思い、LINEを飛ばそうと画面を開く。 が、 「寝てたらどうしよう…今日も仕事かもしれないし…あんまり誘いすぎても迷惑かなあ……」 そんな気持ちが頭をよぎる。 うだうだ考えてると電話がなった。 「電話?…そらるさん!」 あわてて通話ボタンを押す。 「も、もしもし!」 「あ、まふ?」 「うんっ」 「今日、お前ん家いくから」 「えっ…!?」 「無理?」 「無理じゃないっ!」 「りょーかい。 まってろ」 「まってる…っ!!!!」 通話を切る。 やばい。 また涙がでてきた。 そらるさんに会える… 嬉しくて嬉しくて仕方がなかった ピンポーン 夕方になって呼び鈴がなった。 「っそらるさん!」 だーっとかけていき、玄関を開ける。 「久しぶり、まふ…うわあっ」 そらるさんが全部言い終わる前に飛び込んで抱きついた。 「会いたかった」 胸に顔をうずめもごもごと言う。 「俺も」 そらるさんはそういい抱きしめ返してくれた。 「顔、あげて」 そらるさんに言われうえを向くと、なぜかびっくりされた。 「まふ、お前泣いてんの?」 「え…うそっ」 言われて手を目にやると濡れていた。 「さみしかった?」 そらるさんが優しい声で僕に問う。 こんなときにだけそういう声とか…ずるいってば… 「…ん」 そらるさんの両手が僕の顔を包む。 「あったかい…」 その手をまた自分の手で包みこんでつぶやいた。 するとそらるさんは「かわいい」と囁いて僕にそっとキスをした。 堰が切れた。 「僕ね…会いたかったっ…そらるさん、に、会いたかった…っ…ずっと会えなくてっそらるさん僕のこと、嫌いになっちゃったのかなってっ不安になって…うっ」 僕の言葉にそらるさんは僕の涙を親指で拭いながらうなづく。 「っ仕事もあるし…忙しいのは、わかってた、けど、っ」 そらるさんは何度もうなづいてくれた。 「ごめんね。 まふがそんなに思い詰めてたなんて、思ってなかった」 そらるさんは僕にもう一度キスをすると、ひょいっと抱き上げた。 「っわあ!」 そのまま僕のベッドに連れてかれる。 「そらる、さん…?」 見上げるとそらるさんの顔。 「こんなこと言うのもアレだけどさ、まふの泣き顔かわいすぎ」 「え、ちょっ…そらるさん?!」 早い早い早い早い早い!まだ夕方!!!! 「相変わらず白いね」 そういい首すじを舐められた。 そらるさんだって白いじゃん?! はんぺんじゃん!!!!! はんぺん!!!!!!!!!! でもそんなこと言い返す余裕はなくて… 「っひゃあ…」 思わず首をすくめる。 「かわいいww」 「かっ、かわいくない!」 涙目でうったえると今度は噛みつかれた。 そらるさんSすぎ!! すると、そらるさんが突然顔を上げた。 「…?まふ、なんか熱い…?」 「…へ?」 そらるさんに言われて気づく。 たしかにちょっと熱っぽいし、頭もくらくらする… 朝油断したから少しぶり返したのかな… 「…風邪…?」 そらるさんに言ってみると、やっぱり、と返ってきた。 「やっぱり?」 「あぁ、さっきまふが抱きついてきたときもいつもよりあったかかったから」 「そっか…」 そんなところまで分かっちゃうとか…!照れる…!! そんなことを思っていたらそらるさんは立ち上がった。 「っどこいくの?いかないで、そばにいて…っ!」 思わず出てしまった本心。 慌てて口に手を当てる。 やっちゃった…そらるさんにこんなこと思ってるって、知られたくなかったのに…恥ずかしい… ちらっとそらるさんの様子を伺った。 そらるさん悶えてました。 「おまえ…かわいすぎ…。 だいじょぶだよ、すぐ戻ってくるからね」 そらるさんは僕をバカにするように笑顔で言い放ってから、寝室を出ていった。 「まふまふくんの為にこの僕が用意してあげましたよ、ほら」 言い方…!!!いらっ!! 「そらるさんムカつく…」 ぼそっと言うと、 「え、じゃあ帰っちゃおっかな」 そういい身支度を始めようとするそらるさんに、僕は焦るが素直になれず言ってしまう。 「べ、別にいいもんっ!」 するとそらるさんはにやっとして言う。 「いいんだ。 帰っちゃっていいんだ。 残念だなあ。 」 その言葉にぷくぅっと頬を膨らませると、そらるさんは両手の人差し指で左右の膨らませた頬をふにっと押した。 そして、 「かわいい」 耳元で囁かれるからたまったもんじゃない。 こうやっていつもそらるさんに負けるんだ。 「はい、氷枕。 ちゃんとして。 あと濡らしてきたタオル。 」 テキパキと看病をしてくれる恋人にまたまた惚れ直す。 「ありがと」 いえいえ、そういいながらそらるさんは僕のおでこにタオルをのせた。 「ほんとはタオルじゃなくてまふを濡らしたいけど、我慢だね」 「ちょ、あなたばかなの?!」 たぶん真っ赤になってるんだろうなあ。 そらるさんかっこよすぎだよもう…! 「あっ!」 ここで思い出す。 とても大事なこと。 「ん?」 と、そらるさん。 「納期…が、やばい…」 「はあ?」 「作業やらなきゃ…」 そうつぶやき立ち上がろうとする。 「まふっ、ばか!ねとけ!」 そらるさんは引き止めるけど、今回のはすごく大事なものなんだ。 体調なんて気にしてる場合じゃない。 「だめ、やらなきゃだめなの」 そらるさんに必死に訴える。 「今は無理だろ。 寝てなきゃだめ。 俺が許さない」 「っでも…すっごい大事なの」 やらなきゃ…もう一度つぶやく。 「…まふ」 「ね、お願い!あとちょっとなの!それ終わったらすぐ寝るから!ね?ね?」 そらるさんも負けていない。 「だめだ。 自分のことちゃんと考えろ。 まふが倒れたら俺泣くから。 絶対」 デレだ…ここでデレとか… 「でも、でも…」 それでも食い下がっているとそらるさんは、はぁ…と息をはき僕に言い聞かせるように言った。 「わかった。 やっていいよ。 でも、そのかわり、っと」 そういうとそらるさんは僕をお姫様抱っこしてパソコンの前まで連れていった。 「っそらるさん?!」 そして、パソコンの前の椅子に座り、その股の間に僕を座らせた。 「?!?!」 「はい。 作業どーぞ」 「ええ?!」 まさかそらるさん…このまま僕に作業をやらせるつもり…? 「なに?」 「や、なにって…これでやるの?」 「うん」 そういいながらそらるさんは僕の首筋に顔をうずめた。 「まふの匂い…」 無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理!!! もっと熱上がるわっ!! 「そらるさん無理だよっ!」 「…なんで?」 「くすぐったいし恥ずかしいし」 「だってまふが心配なんだもん」 そらるさん、かわいいです。 「早く作業やっちゃって。 それで、早く風邪治して。 早くせっくすしよ。 」 そらるさん…w 欲求不満な男子高校生みたいな発言ですね、いまの。 「もう、ありえない…」 「ありえなくない。 早く」 わかったから急かさないでってば。 もう僕の心臓そらるさんのせいでどきどきしまくってるんだから。 ばーか。 その間もそらるさんは、熱と体調を気遣うふりをしながらぺたぺた触ってくるもんだから僕の熱はいろんな意味で上がる一方で… やっぱね、無理だよね。 この状況で作業とかね。 無理に決まってるよね。 ちゅーしたくなっちゃうもんね。 風邪だったけど、そらるさんは気にせず僕にくちづけた。 「早く良くなれよ」.

次の

おうちであそぼう!そらべあぬりえ

そら る ま ふま ふ

4467• 176• 1753• 307• 118• 116• 120• 138• 269• 109•

次の