アカ ハシ コ サイチョウ。 世界の鳥(画像集)前編

サイチョウのいる動物園

アカ ハシ コ サイチョウ

アオミミショウビンをあとにして、さらに山奥へ進みます。 あまり鳥の気配がしなくなってきたけどまあいいか。 今日はもう目標の2種の固有種カワセミも撮れたしね。 目的を達成してしまった身には三脚がさらに重たく感じます。 かなりダレながら歩いていると、アテン君が「Green Backed. female」と言って立ち止まりました。 今日2度目のチャバラショウビンとの遭遇なので、彼のしゃべり方にも余裕が感じられます。 ああ、チャバラか、メスなんだ、なんてこっちも余裕で応じましたが、指差す先を見るとほんとに目の前、ロクヨン単体でもファインダーいっぱいの距離にチャバラショウビンがとまっていました。 めっちゃ近いじゃん! こうなると一気に鼻息が荒くなり、必死モードに突入。 メスとはいえこんな近くで撮れる機会なんてそうはないでしょ。 幸いチャバラショウビンはしばらくじっとしててくれたので、三脚の脚の長さを調節してベストな状態で撮影する事ができました。 ブレるなッ!と気合を入れて神頼みのバッファフル(^^; デジスコじゃなくてもでっかく撮れてまた幸せ~ そうこうしていると、バッサバッサバッサという風切り音とともに2羽の大きな鳥が頭の上を飛んでいきました。 サイチョウのようです。 サイチョウはちょっと先の50mはあろうかと思われる高い木にとまり「グヮッ」とか「ガッ」とか獣のような声でやかましく鳴き交わしています。 ちなみにサイチョウは止まっていたのはこの木。 アテン君に「Sulawesi-hornbill? 」と聞くと、違うと言って図鑑を開いてサイチョウのページを開き、これだよ、と指差したのはアカコブサイチョウでした。 固有種のSulawesi-hornbillはもっと小さいそうです。 見通しの聞く場所に移動しファインダーに入れると、オスメスのペアでした。 オスはデコの赤いトサカが目立ち、止まった状態でも1mはありそうなでかさです。 一方のメスは一周り小さくて地味、ともに全然可愛くありません(^^; サイチョウとクロザルとタルシウスと呼ばれるメガネザルはタンココに来る観光客に大人気のようですが、確かにこの鳥は熱帯ジャングルっぽい雰囲気いっぱいですよね。 ちょっと恐竜入ってるし・・・ この鳥を撮った時点で時刻は10時半。 今日のタイムリミットは11時までということだったので、そろそろ帰路についたほうがいいかな? 65 52 52 42 40 36 28 28 22 17 15 14 12 12 11 10 8 8 7 7 6 5 4 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の

新入荷!カンムリコサイチョウ、アカハシコサイチョウ、セグロコサイチョウ ハンティングアニマル 猛禽類、爬虫類、冷凍餌 専門店

アカ ハシ コ サイチョウ

非常にインパクトのある1羽!! たまに鳴いているのですが 高い声で鳴いたり低い声で鳴いたりしています。 鳴き声の大きさはそれほど気にならない程度で (人によってそれぞれ感じ方が違います) 私的には思いますがうるさくはないでしょう。 まだ入荷して1週間程ですので 暫く飼育してみないと分からないので只今観察中です。 それより気になるのが 止り木とかケージの柱を ガ ンガン強豪の嘴で叩いています。 どちらかと言えば 触ったり手に乗せたりするのではなく 鑑 賞して楽しむ種類だと思います。 餌を凄く欲しがるのでそれを利用して 手から餌を食べる仔にすることも可能でしょう。 手に乗せるため には アンクレット& ジェスを着けないと 逃げてしまいます。 飛ぶのがうまく、速いので 逃げられると回収はかなり難しいので どの飼い方でもお世話は慎重であるべきでしょう。 昆虫の中でもコオロギ、ワーム大好きで ピンクマウスも少々食べます。 人工フードでサイチョウ用があるので フードに 餌付いてくれればいいのですが この様子では生食は必須のようで 副食として食べてくれるとバランス良いかなぁと 今のところ入荷待ちです。 今回3種入荷しましたが 状態も安定しています!! お気軽にお問い合わせ下さい。

次の

新入荷!カンムリコサイチョウ、アカハシコサイチョウ、セグロコサイチョウ ハンティングアニマル 猛禽類、爬虫類、冷凍餌 専門店

アカ ハシ コ サイチョウ

いくつかの種の嘴 熱帯林の樹上で生活する(近縁なは地上性)。 で、、、小などを食べる。 系統と分類 [ ] とであり 、 Bucerotes にまとめられる。 あるいはジサイチョウ科をサイチョウ科に含める説もある(同時にのサイチョウ亜目を置くこともある)。 属と種 [ ] 属と種は IOC による。 13属59種からなる。 , Tickell's Brown Hornbill ( A. austeni 分離前の旧名 Brown Hornbill, ビルマサイチョウ)• , Austen's Brown Hornbill• , Bushy-crested Hornbill,• , Crowned Hornbill,• , African Pied Hornbill,• , Pale-billed Hornbill,• , African Grey Hornbill, ( Grey Hornbill)• (分離前の旧名 Red-billed Hornbill, )• , Damara Red-billed Hornbill ( T. erythrorhynchus から分離)• , Southern Red-billed Hornbill ( T. erythrorhynchus から分離)• , Tanzanian Red-billed Hornbill ( T. erythrorhynchus から分離)• , Western Red-billed Hornbill ( T. erythrorhynchus から分離)• , Southern Yellow-billed Hornbill,• , Eastern Yellow-billed Hornbill,• , Black Dwarf Hornbill,• , Red-billed Dwarf Hornbill,• ( Tockus から分離)• , White-crested Hornbill,• , Malabar Grey Hornbill,• , Dri Lanka Grey Hornbill, ( Ceylon Grey Hornbill)• , Indian Grey Hornbill,• , Malabar Pied Hornbill,• , Oriental Pied Hornbill,• , Palawan Hornbill,• , Black Hornbill,• , Sulu Hornbill,• , Great Hornbill,• , Rhinoceros Hornbill,• , Rufous Hornbill,• ( Buceros から分離)• , Helmeted Hornbill,• , Sulawesi Hornbill,• , Tarictic Hornbill,• , Luzon Hornbill, ( P. panini から分離)• , Mindoro Hornbill, ( P. panini から分離)• , Mindanao Hornbill, ( P. panini から分離)• , Samar Hornbill ( P. panini から分離)• ( Aceros から分離)• , White-crowned Hornbill,• , Rufous-necked Hornbill,• , Knobbed Hornbill,• , Wrinkled Hornbill,• , Walden's Hornbill, ( Writhed-billed Hornbill)• , Writhed Hornbill,• ( Aceros から分離)• , Narcondam Hornbill,• , Plain-pouched Hornbill,• , Wreathed Hornbill,• , Sumba Hornbill,• ( から分離)• , Piping Hornbill,• , Trumpeter Hornbill,• , Brown-cheeked Hornbill,• , White-thighed Hornbill,• , Black-and-white-casqued Hornbill,• , Silvery-cheeked Hornbill,• , Black-casqued Hornbill,• , Yellow-casqued Hornbill, 出典 [ ].

次の