煉獄 杏 寿郎 漫画。 炎柱・煉獄杏寿郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

Kyojuro Rengoku Manga/「煉獄先生とか、猫柱とかいろいろ…いろいろ悩んだんですが、やっぱりこれで…桜杏寿郎」

煉獄 杏 寿郎 漫画

使用する呼吸:炎の呼吸 日輪刀の色:赤 誕生日:5月10日 年齢:20歳 身長:177cm 体重:72kg 出身地:東京府 荏原郡 駒沢村(現:世田谷 桜新町) 趣味:能や歌舞伎、相撲観戦 好きな物:さつまいもの味噌汁 炎の呼吸の使い手で、炎柱。 金髪に所々赤みがかった髪。 炎を模した羽織を着用している。 炭治郎が鬼となった禰豆子を連れていたことが議題となった柱合会議で初登場となった。 単純明快な性格をしている。 むしろ真っ直ぐすぎて少しズレてさえもいる。 柱合会議で炭治郎が無惨を倒すと息巻いて産屋敷耀哉に「今の炭治郎にはできないからまず十二鬼月を一人倒そうね。 」と冷静にツッコミをいれられた時、ほとんどの柱が笑いを堪えていたが、煉獄だけは「うむ!いい心掛けだ!」と感心していた。 その後、『ヒノカミ神楽』のことを聞きにきた炭治郎に「うむ!そういうことか!だが知らん!『ヒノカミ神楽』という言葉も初耳だ!この話はこれでお終いだな!」と即座に話を終了させた。 そして、会って間もないにも関わらず「俺の継子になるといい。 面倒を見てやろう!」と炭治郎を継子へと誘った。 剣士としての腕前は超一流。 煉獄が敗れた際には、多くの柱たちがその事実を簡単に信じられずにいた。 炭治郎達と共に、無間列車にて下弦の壱である魘夢と戦い、そして続け様に上弦の参である猗窩座との戦いを繰り広げた。 炭治郎、善逸、伊之助に多大な影響を与えた人物である。 家族関係 父に元炎柱の煉獄槇寿郎、母に瑠火、弟に煉獄千寿郎がいる。 父の槇寿郎は、かつては尊敬すべき父親だったが、自身の無能さに打ちひしがれた事と(詳しい理由はわかっていないが、呼吸の源流である『日の呼吸(ヒノカミ神楽)』に大きなコンプレックスを持っている。 )、妻である瑠火が病死してしまった事から、剣を捨て、酒に溺れてしまう。 それ以降、2人の息子にきつく当たるようになってしまう。 杏寿郎の遺言を知らせにきた炭治郎の前で「大した才能も無いのに剣士などなるからだ!だから死ぬんだ!くだらない…愚かな息子だ杏寿郎は!」と言って杏寿郎を冒涜する。 そして炭治郎が『日の呼吸(ヒノカミ神楽)』の使い手だと気付き、炭治郎に殴りかかる。 それを千寿郎が止めようとするが、千寿郎さえも殴りつける。 その横暴に激怒した炭治郎と取っ組み合いの喧嘩となる。 父親らしからぬ態度をとっていた槇寿郎だったが、「体を大事にしてほしい」という杏寿郎の遺言を聞いた後には涙を流した。 その後、自身の行動を反省し、炭治郎に謝罪の文を送った。 無惨が産屋敷邸に攻めて来た時には、産屋敷家の新たな家長である輝利哉の警護に当たっている。 母:煉獄瑠火(れんごく るか) 煉獄が見た夢 四十人を超える乗客と、数名の剣士が消息不明になった『無間列車』の捜索に出向く。 炭治郎たちはそれを知らずに煉獄を訪ねて列車に乗っていた。 列車には下弦の壱である魘夢が潜んでおり、炭治郎たちと協力して魘夢と戦う。 魘夢は『眠り鬼』という異名を持つ鬼で、その名の通り相手を眠らせ、自由に夢を見せることができた。 炭治郎達だけではなく、煉獄もこの血鬼術を受けて眠ってしまう。 炭治郎は家族が生きている夢、善逸は禰󠄀豆子とデートする夢、伊之助は炭治郎・善逸・禰󠄀豆子を手下にする夢を見ていた。 それぞれが幸せな夢を見ていたが、煉獄だけは違っていた。 夢の中で煉獄は父親に柱になったことを報告に来た。 しかし、父親はそれを喜ぶどころか「柱になったから何だ。 くだらん…どうでもいい。 どうせ大したものにはなれないんだ。 お前も俺も。 」と言う。 報告を終えた煉獄に、弟の千寿郎が「父親は喜んでくれましたか?俺も柱になったら父親に認めてもらえるでしょうか?」と聞いた。 煉獄は「正直に言う。 父上は喜んでくれなかった!どうでもいいとのことだ。 しかし!そんなことで俺の情熱は無くならない!心の炎が消えることはない!俺は決して挫けない!」と言った。 そして母の記憶がなく、父親の愛も受けられない千寿郎に「お前には兄がいる。 兄は弟を信じている。 どんな道を歩んでもお前は立派な人間になる!燃えるような情熱を胸に頑張ろう!頑張って生きて行こう!寂しくとも!」と言い、抱擁を交わした。 夢の中には『精神の核』があり、それを破壊されると廃人となってしまう。 魘夢は一同の夢の中に手下の人間を送り込み『精神の核』を破壊しようとした。 いくら『精神の核』に近づかれても通常は気づくこともできないはずだが、煉獄は無意識でありながらも、その人間の首を掴んで『精神の核』が破壊されるのを防いだ。 その後、炭治郎の働きによって覚醒する。 魘夢は列車と融合しており、魘夢は列車の乗客全てを喰らおうとしていた。 煉獄は善逸・禰豆子と共に乗客を守ることに徹し、炭治郎と伊之助に魘夢の鬼殺を命じる。 炭治郎が魘夢の頸を斬り落とすまでの間、煉獄は一人で5両の人間を守り抜いた。 列車は脱線事故を起こすが、煉獄は技を繰り出して衝撃を緩和した。 煉獄の働きは大きく、乗客200名は誰一人として命を落とすことがなかった。 上弦の参である猗窩座との死闘 胸を貫かれる煉獄 魘夢を無事に倒すことができたが、上弦の参である猗窩座が続け様に到来する。 猗窩座は傷ついた炭治郎を狙うが、煉獄が『炎の呼吸 弐ノ型 昇り炎天』で猗窩座の腕を斬り裂いた。 猗窩座は「弱い人間が大嫌いだ。 弱者を見ると虫唾が走る。 」と言う。 そして「お前も鬼にならないか?」と煉獄を鬼へと勧誘する。 猗窩座は「なぜお前が至高の領域に踏み入れないのか教えてやろう。 人間だからだ。 老いるからだ。 死ぬからだ。 鬼になろう杏寿郎。 そうすれば百年でも二百年でも鍛錬し続けられる。 強くなれる。 」と続けた。 煉獄は「老いることも、死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ。 老いるからこそ、死ぬからこそ、堪らなく愛おしく、尊いのだ。 俺はいかなる理由があろうとも鬼にならない。 」と答えた。 その後、二人は激しい打ち合いを始める。 炭治郎は煉獄に加勢しようとするが、煉獄は重傷を負っている炭治郎に待機命令を出す。 猗窩座の治癒能力は凄まじく、真っ二つに切られた腕も瞬時に直してしまった。 そんな猗窩座と戦う煉獄は傷を負い、徐々に追い詰められてしまう。 煉獄は左目を潰され、肋骨が折れていたが、それでも戦うことをやめなかった。 そして『炎の呼吸 奥義 玖ノ型 煉獄』を繰り出す。 その技は頭から鎖骨を大きく斬り裂いたが、煉獄の胸部には猗窩座の腕が突き刺さっていた。 猗窩座は「死ぬ…!死んでしまうぞ杏寿郎!鬼になれ!鬼になると言え!お前は選ばれし強き者なのだ!」と叫ぶ。 その言葉に煉獄は、今は亡き母・瑠火のことを思い出す。 瑠火は幼き煉獄に「なぜ自分が人よりも強く生まれたのかわかりますか?弱き人を助けるためです。 生まれついて人よりも多くの才に恵まれた者は、その力を世のため、人のために使わねばなりません。 天から賜りし力で人を傷つけること、私服を肥やすことは許されません。 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任をもって果たさなければならない使命なのです。 決して忘れることなきように。 」と説いた。 そして煉獄を抱き、「私はもう長く生きられません。 強く優しい子の母になれて幸せでした。 あとは頼みます。 」と言って涙を流した。 煉獄は胸を貫かれてもなお猗窩座の頸を斬ろうとした。 猗窩座は拳を繰り出すが、煉獄はそれを素手で止める。 その時、朝日が差そうとしていた。 猗窩座は慌てて逃げ出そうとするが、煉獄は筋肉を引き締め、猗窩座の腕が抜けないようにしていた。 追い詰められた猗窩座は、自ら両腕を切り離して逃走する。 炭治郎は日輪刀を猗窩座に投げつけ、「いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!生身の人間がだ!傷だって簡単には塞がらない!失った手足が戻ることもない!逃げるな馬鹿野郎!卑怯者!お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!煉獄さんは負けてない!誰も死なせなかった!戦い抜いた!守り抜いた!お前の負けだ!煉獄さんの勝ちだ!」と泣き叫んだ。 炭治郎に最後の言葉を伝える煉獄 煉獄は号泣する炭治郎を呼び寄せる。 そして煉獄は、煉獄家に『ヒノカミ神楽』についての手記があるかもしれないこと、自身の命が長くないことを告げる。 煉獄は家族への遺言を炭治郎に託した。 そして「竈門少年、俺は君の妹を信じる。 鬼殺隊の一員として認める。 汽車の中であの少女が血を流しながら人間を守るのを見た。 命をかけて鬼と戦い人を守る者は、誰が何と言おうと鬼殺隊の一員だ。 胸を張って生きろ。 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ。 歯を食いしばって前を向け。 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 俺がここで死ぬことは気にするな。 柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。 柱ならば誰であっても同じことをする。 若い芽は摘ませない。 竈門少年、猪頭少年(伊之助のこと)、黄色い少年(善逸のこと)、もっともっと成長しろ。 そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 俺は信じる。 君たちを信じる。 」と伝えた。 今際の際、煉獄は母親である瑠火の姿を見る。 煉獄が「俺はちゃんとやれただろうか。 やるべきこと、果たすべきことを全うできましたか?」と問うと、瑠火は「立派にできましたよ。 」と微笑んだ。 煉獄は満足したような笑顔で命を落とした。

次の

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎の全プロフィールと考察【年齢・呼吸・刀】

煉獄 杏 寿郎 漫画

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134•

次の

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)に痣(あざ)は発現した?柱の中で痣発現者は誰?

煉獄 杏 寿郎 漫画

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】煉獄の強さは母親譲り? 煉獄杏寿郎には、 肉体的な強さだけでなく、逆境にあっても一人進み続けることができる精神的な強さがあります。 何が起きても決して問題から逃げずに、まっすぐに対峙できるその強さは、おそらく 母親譲りなのではないでしょうか。 煉獄杏寿郎の母は病弱ではありましたが、強さと美しさを兼ね備えた聡明な女性だったようです。 ちなみに、千寿郎が物心つく前に亡くなっています。 「 人より力をもって生れてきた者は弱き者を守る義務があるのです。 」 母のこの言葉が、鬼を倒し人びとを守るという、煉獄杏寿郎のシンプルな行動原理に影響を与えていることは間違いないように思います。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】逃げずに猗窩座と戦い続けた煉獄 十二鬼月の上弦・参の「 猗窩座(あかざ)」は、今まで何人もの柱を葬ってきた鬼です。 戦闘力は鬼の中でもトップクラス。 猗窩座(あかざ)は魘夢討伐を終え満身創痍の一行の前に現れます。 そして、別の戦闘で手負いとなっていた炭治郎を最初に狙うのです。 手負いの者を狙うその理由は「 俺とお前(煉獄)の邪魔になるから」。 強き者を好む、まさに戦闘狂です。 煉獄杏寿郎の強さをすぐに見抜いた猗窩座(あかざ)は、杏寿郎に鬼になるべく提案をしますが、当然断られます。 「 ならば殺す」と始まった戦闘は、すぐに激烈なものになります。 そのスピードはとんでもなく早く、炭治郎は目で追えないほど。 異次元の戦いに、周囲は助太刀もできずただ見守るのみです。 互角に見えた戦いでしたが、 徐々に鬼と人間の差が表れ、煉獄杏寿郎は窮地に追い込まれていきます。 やられてもやられてもすぐにダメージが回復してしまう鬼に対し、ダメージが肉体に蓄積していく人間。 ひたすら不利に傾いていく状況で、誰ひとり死なせないためたったひとりで戦い続け、夜明けを待つ煉獄杏寿郎… 太陽の光で猗窩座(あかざ)を灼き殺すことを狙い、最後の力を振り絞りますが、猗窩座はあと一歩のところで逃げてしまうのでした。

次の