ほん 怖 ラーメン 屋。 ラーメン自由人 怪しい外観で怖さ漂う店@横浜市泉区 黄金伝説

ラーメン専門 ほんや

ほん 怖 ラーメン 屋

とある知人に聞いた話。 彼女は中学校に上がるまでアパートに住んでいたのだが、そこには冬になると時々、ラーメンの屋台がやってきたそうだ。 さすがに人力ではなくトラック屋台だったが、夕方になると誰もが知る「チャララ〜ララ〜」という音楽を鳴らし、赤提灯とのれんをつけた、どこか哀愁漂う昔ながらのラーメン屋台だったという。 ラーメン屋台はいつも、アパートの敷地の隅にある小さな公園で客を待っていた。 知人は常々、一度でいいからそのラーメンを食べてみたいと思っていたが、屋台が来るのはいつも不定期で、おまけに母親が夕食の支度に取り掛かる時間にちょうど重なるため、「今晩はラーメンにしようよ」とねだっても一蹴されていたそうだ。 結局、知人はラーメンを食べる機会のないまま、アパートを引っ越してしまった。 悔いが残ったためか、屋台の細部までよく覚えており、特に、トラックに描かれた「…龍だよね?」と誰かに確認したくなる微妙な絵は、忘れたくとも忘れられないという。 そんな彼女は十数年後、同じ町内出身の男性と結婚した。 お互いの実家はすぐ近くだが、幼馴染ではない。 二人は、年が十三歳も離れていたのだ。 隣近所のことでも、それだけ年が離れていればかなりのズレがある。 知人たち夫婦は、そのジェネレーションギャップを会話のスパイスとして楽しんでいるそうだ。 ある時、年長である夫が子供の頃の思い出を語った。 「俺なんかが小・中学生の頃、夕方になるとよくラーメンの屋台が来てたんだよ。 五時くらいかな。 オフクロが働きに出てて夕飯が遅かったから、よくばぁちゃんがおやつに買ってくれたんだ。 三人兄弟で二人前のラーメンを分けろってな。 家のすぐ前の道は通らなかったから、いつも弟がでかい声出して二階から屋台を呼び止めて、俺が鍋を持って買いに行ってた。 なんの工夫もしてないただの棒ラーメンだったのに、メチャクチャうまかったの、あれなんでかな? トラックに変な蛇の絵が描いてて、おっちゃんは不愛想で、でもうまくて、なんか忘れられないラーメンだったなぁ」 「私も、そのラーメン屋さん知ってる!」 年齢差がある二人にとって、子供の頃の共通の思い出というのは珍しかったため、知人は喜んで自分の子供時代の話をした。 すると夫は「そんなはずないんだけど」と首を傾げた。 「だってあのラーメン屋、俺が高校入った年に、事故してやめたはずだよ。 山の方に稼ぎに行って、帰りにカーブ曲がりきれずに谷に落ちたんだ、たしか。 そこで知人は、彼女の母親に確認の電話を入れた。 ラーメンを食べたことこそなかったが、何度もおねだりしたし、母親もあの哀愁漂うチャルメラを当然聞いているはずだった。 ところが、 「ラーメン屋台? そんなの見たことないわよ」 と、またもや一蹴された。 「子供の頃のあのアパートに、時々来てたじゃん! 何度か私、食べたいって言ったでしょ?」 「夜にラーメン食べたいなんてとんでもない、って断ったことは覚えてるけど? 生協の車と間違えたんじゃないの?」 「生協はチャルメラ鳴らさないでしょ!」 埒があかないと夫婦揃ってお互いの友人に確認したが、夫側は「あのトラックは事故ってやめた」、知人側は「ラーメン屋台なんて見たことない」とそれぞれ口を揃えた。 結局、何も分からなかったそうだ。 「でもね、旦那に言われました。 そんな得体の知れないラーメン屋台で食べなくてよかったなって。 たしかにそうかなって思ったんですけど」 「けど?」 知人は、プクッと左頬だけ膨らませ、鼻息荒く言った。 「『俺は本物食べたけどな、うまかったよ』、ですって! いい歳して、大人気ないと思いません?」 私は愛想笑いを返しながら、内心「ごちそうさま」と呟いた。 3年程前の夏、朝早く出勤しなくてはいけない日があって 5時頃、駐車場に向かったんだ。 「青森県の怪談」という地方出版社が出した本にのっていた話。 細部は違うところがあるかも。 10年程前の話。 美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 逢魔が時 幼馴染の彼女は自称、霊感少女。 私は、彼女と一緒に中学校から下校している。 キャンプブームの頃だった。 私達は友人と2人で割りと空いている所を歩いていると40代位の2... 人気のある怖い話.

次の

怖い話~怪談百貨店~ : 【怖い話 第2378話】ラーメン屋でバイトしていた中国人の話【怖い話】

ほん 怖 ラーメン 屋

[PR] 1. 中華そば しば田 (仙川)• 写真:Masa 味玉中華そば880円 まず1軒目にご紹介するのが、中華そば しば田。 駅から徒歩約15分の位置にありながら、連日行列が出来る名店です。 しば田の中華そばは、都内屈指の一杯といえます。 スープは鴨ガラで出汁をとっており、香油にも鴨脂が使われています。 アツアツのスープを一口のむと鴨の旨味が口いっぱいに広がり、思わず笑顔に。 中細ストレート麺の喉越しも心地よく、箸が進みます。 低温調理系のレアチャーシュー、濃厚な黄身が特徴の味玉等、具もハイレベルです。 写真:Masa たきこみご飯150円 炊き込みご飯は、椎茸とチャーシューがスープとともに炊かれており、これまた美味です。 中華そばのお手本のような一杯、是非食べてみてください。

次の

幻のラーメン屋

ほん 怖 ラーメン 屋

スポンサーリンク 棒棒 千田店の台湾ラーメンが激ウマ!セットだとお得です 棒棒にやってきました、もう何度も訪れているのですが、いつ来てもお客さんが多いです。 満員で外で待たされる事も、ざらですね。 棒棒 千田店の店内 店内はかなり広く、座敷とテーブル席が有りますので、周りを気にする事無く食事をする事が出来ます。 いわゆる普通のラーメン屋と比べると、ゆったりとしているので、これは嬉しいですね。 早速、注文する為にメニューを見る事にします。 棒棒 千田店のメニュー メニューに、営業時間が書いてありました。 午前11時〜14時まで、午後は17時30分〜22時のようです。 曜日によって多少営業時間が違うようです。 定休日は月曜日ですね。 台湾ラーメン単品の価格は、650円です。 ラーメンの価格としては、安くもなく高くもないといったところでしょうか。 多数の方が、注文しているのが台湾ラーメンのお得なセットメニュー、980円で台湾ラーメンに、カレーや牛丼、とりマヨ丼などが選べて、から揚げなどもついて非常にお腹いっぱいになります。 このセットが非常に人気なようで、あちこちで注文している声が聞こえます。 私は、980円のセットメニューで台湾ラーメンととりマヨ丼のセットにしました。 棒棒 千田店の台湾ラーメン やってきました、これで980円って良いですねー。 台湾ラーメンはちょっと小振りな器に盛られています。 盛りつけも綺麗ですね。 UPで撮影しました。 棒棒は自家製麺でとにかく麺が美味しいです。 もちろんスープも辛い中にも甘みが有ってめちゃくちゃ美味い。 強いて言えば、もう少し器が大きいと良いのですが。 とりマヨ丼も非常に美味しいです。 セットの丼としてはクオリティが高すぎますね。 お腹いっぱい食べたいのであれば、650円で台湾ラーメンを単品で食べるよりは、980円でセットにしておくべきでしょうね。 家族連れで行っても、子供と分け合う事が出来るほどの量が有ります。 棒棒 千田店の感想 棒棒 大門店にも行った事が有りますが、こちらの千田店の方が台湾ラーメンの味が美味しい様に感じます。 もちろん個人個人感じ方は違うとは思うのですが、私は千田店派ですね。 接客も当たり障りのないレベルで、気持ちよく食事する事が出来ます。 棒棒 千田店、いつ行っても非常に満足です。

次の