さわやか ハンバーグ 作り方。 『【【げんこつハンバーグの作り方】】』by やぁづ : さわやか 藤枝築地店

【さわやかの秘密】静岡県の究極ハンバーグレストラン『さわやか』伝説の注文方法「ソース別がけ」を頼んでみた

さわやか ハンバーグ 作り方

ハンバーグに使う「ひき肉」。 牛を始め、豚、そして合いびき肉など種類が多く迷いますよね。 用意するひき肉によって当然仕上がりの味が変わってきます。 それぞれの特徴を知り、好みのものを選びましょう。 牛ひき肉肉の旨味が強く弾力性があります。 比較的水分が少ないのが特徴。 まとめやすく香辛料とも相性がいいので、ハンバーグのメインとして使われます。 牛肉100%のひき肉で作る場合は、脂肪が適度に2割くらい混ざっているもののほうが好まれるようです。 豚ひき肉脂肪が多く味にコクがあります。 また、豚の脂は牛の脂に比べて、溶ける温度が低く、口の中でもとろけます。 そのため、ハンバーグに入れると、口当たりが良くなります。 鶏ひき肉淡白な味わいが特徴。 さっぱりとしたハンバーグに仕上がります。 合いびき肉 挽き肉、塩、玉ねぎ、パン粉など基本の材料に加えて、入れると更にうま味を引き立てる材料をご紹介します。 お好みでお試しください。 「ナツメグ」で肉の臭みを取るハンバーグに入れるスパイスとして有名ですが、なぜ入れるのかご存知ですか? ナツメグは肉の臭みを取ります。 玉ねぎと併用すると更に効果が高まるそう。 一緒に練り込み加熱する事で力を発揮するので、ハンバーグにピッタリなスパイスなんですね。 「マヨネーズ」でふんわりと仕上げるマヨネーズを一緒に練り込むと、ふんわりジューシーに仕上がるってご存知でしたか? マヨネーズの中の植物油が肉のたんぱく質の結合を和らげ、結果としてジューシーに仕上がるそうです。 ひき肉に対して、5%の量が目安ですよ。 こねる前の準備まずひき肉は、使う直前に冷蔵庫から出しましょう。 室温に長く置くとやわらかくなり、脂が溶け出しやすくなってしまいます。 最初はひき肉と塩だけでよくこねるまず肉と塩だけをボウルに入れこねます。 塩を入れると肉に粘りが出て、肉汁を包み込む膜ができます。 他の材料を先に入れると、塩の効果が発揮される前に、脂が溶け出してしまうのでご注意ください。 手早く・こねすぎはNGこねるのが足りないと、加熱時に肉汁が流れ出す「身割れ」の原因になります。 ただし、こねすぎると焼いたときに硬めになってしまいがちです。 こねる時のコツは、最初は肉を握り込むようにして、粘りが出てきたら指先でグルグルとかき混ぜる事。 時間をかけず、手早く行いましょう。 次に調味料、その他材料の順に入れて練るナツメグなどの調味料を入れ、再び練ります。 肉に馴染んだら、玉ねぎやパン粉などの材料を入れましょう。 赤身に脂をなじませるよう、しっかりと練ります。 肉ダネができたら、お好みの大きさになるよう手に取ります。 そして片手から片手に、キャッチボールするように短い距離で10回ほど往復させましょう。 空気をしっかり抜く事で、加熱の際に膨張して型崩れするのを防ぎます。 最後は小判型にまとめて、中央をくぼませましょう。 ハンバーグの厚みはどれくらい? 実は「ハンバーグを厚くしすぎない」のがコツ! ハンバーグは加熱すると膨張し、高さが出てきます。 お店のように厚めにまとめると、生焼けの原因になるので注意です。 美味しく仕上げ、しっかりと火を通すには厚さ「1センチ」に仕上げ、真ん中をくぼませましょう。 きれいにまとめるコツハンバーグのタネをまとめる時に、手のひらにサラダ油を薄くつけてからまとめてみましょう。 タネの表面がきれいに仕上がりますよ。 フライパンを熱しておき、油をひいてハンバーグのタネを入れます。 レシピによって加熱時間が違うことも多いですが、焼き色や肉汁の色に注意しながら、蓋をしてじっくりと中まで火を通し、生焼けを防ぎましょう。 ひっくり返すタイミングを見極めるコツは? レシピによって加熱時間が違う場合、何を目安にすればいいでしょうか? 裏返す目安は「タネの周囲が白っぽいピンク色」になったタイミング。 ひっくり返したら再び蓋をし、蒸し焼きにしましょう。 焼き上がりの目安は? 中までしっかり火を通す事が重要! 軽く表面を押して、弾力があるか確認します。 また竹串で刺してみて、肉汁が透明である事も重要です。 ひき肉は病原体が付着しやすいので、しっかりと中心まで加熱する必要があります。 (一番確実なのは、試しに断面を割ってみる事。 中心部にピンク色が残っていないか確認してくださいね。 ) おススメの焼き方厚さ1センチのハンバーグの場合、強火で表裏1分ずつ両面に焼き色をつけます。 そのあとは、ふたをして弱火で8分ほど蒸し焼きにします。 ふんわりしたハンバーグに仕上がります。

次の

さわやかハンバーグ「まずい」噂の真偽は? 待ち時間短縮のコツも

さわやか ハンバーグ 作り方

基本の手作りハンバーグ まずは、ひき肉に玉ねぎやパン粉などを混ぜて作る基本のハンバーグを作っていきましょう。 <材料(4~5個分)>• 牛豚ひき肉:250g• 牛乳:大さじ4• パン粉:大さじ4• 塩・コショー:各少々• GABANナツメグ:2~3振り(お好みで調整)• サラダ油:適量 ・ソース材料• トマトケチャップ:大さじ3• ウスターソース:大さじ3 <作り方> 玉ねぎをみじん切りにします。 黒田さん「みじん切りの大きさはお好みで構いませんが、粗いと玉ねぎの食感が強く感じられるようになります。 すりおろして使う方もいますね」 フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにした玉ねぎがしんなりして色が変わるくらいまで炒めたら、火を止めます。 炒めた玉ねぎは、しばらく冷まして粗熱を取りましょう。 黒田さん「玉ねぎを炒めることで、甘みを引き出し、余分な水分も飛ばします。 きつね色になるくらいまでじっくり炒めると、玉ねぎの甘みが引き出されてハンバーグの旨味が増します。 また、あまり炒めずに使うとシャキシャキした食感が残せます。 お好みで炒め加減を調節してください。 炒めてすぐ、熱いままの玉ねぎをお肉と混ぜると、まとまりにくいだけではなく、お肉の脂が溶けて旨味が逃げてしまうので、しばらく冷ましておきましょう」 ボウルにひき肉と、粗熱を取った玉ねぎ、パン粉、牛乳、塩、コショー、ナツメグを入れて、しっかり混ぜ合わせます。 黒田さん「お肉は、家庭だと牛と豚の合いびき肉を使うことが多いのではないかしら。 脂とうま味のバランスから、牛肉と豚肉の比率は7:3か6:4くらいが美味しいと言われていて、お店で売られている合いびき肉もだいたいそれくらいの比率が多いようです。 牛ひき肉・豚ひき肉を別々に買って、ご自分でバランスを調節してもよいでしょう。 合いびきにせず、牛ひき肉だけだと、肉のうま味が強く感じられますが、パサつきがちなので牛脂を入れたりしますね。 豚ひき肉だけだとやわらかい食感になります。 パン粉や牛乳を入れることで、やわらかい、おなじみのハンバーグになりますね。 パン粉には肉汁を吸収して旨味を逃がさない役割があり、ふっくらジューシーに仕上がります。 今回はパン粉と牛乳を別々に入れていますが、混ぜる前にパン粉を牛乳に浸しておく作り方もあります。 卵を入れる方も多いのでは? 卵は熱で固まるのでハンバーグがまとまりますし、保水性がありやわらかい食感になります。 それ以外にも、豆腐やおから、お麩、根菜、片栗粉を入れるなど、いろいろなレシピがあり、それぞれに食感も変わるので、お好みの食材を探してみても良いでしょう。 ナツメグは漢方にも使われているスパイスで、ハンバーグに入れると香りをつけ、ひき肉のくさみを抑える役割があります。 ナツメグの香りが好きな方は多めに入れたくなるかもしれませんが、入れすぎると、動悸や吐き気、幻覚、呼吸困難などの中毒症状が出るおそれがあるので気をつけてください(目安として5g以上で症状があらわれ、10g以上で死に至ることも)」 ぎゅっと握ったときにハンバーグのタネが粘りを持ってにゅっと指の隙間からはみ出してくるくらいまで混ぜたら、ボウルの中でお好みの大きさに切り分けます。 黒田さん「これくらい粘りが出るまで混ぜることで、肉同士がしっかりと決着し割れづらくなります。 ただし、混ぜすぎると脂が溶け出してパサつきの原因になりますので、ほどほどに」 1個ずつ軽く形を整えたら、右手と左手でキャッチボールのように20回くらい投げて空気を抜き、楕円形に成形して、真ん中を指で少し押さえておきます。 黒田さん「空気を抜いておくことで、焼いたときに割れたりスキマができたりして形が崩れるのを防ぎます。 火が通るとだんだん真ん中がふくらんできますので、焼く前に真ん中を指で軽く押さえておきましょう」 フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、ハンバーグを焼いていきます。 強火で1分ほど焼き、弱火で3分ほど焼いたら裏返して強火で1分ほど焼き、蓋をして中火で3分ほど焼いて、器に盛りつけます。 黒田さん「最初に表面を強めに焼いて旨味を閉じ込めておきます。 それから蒸し焼きにすることで、中までしっかり柔らかく焼き上げます。 焼き上がりの目安としては、ハンバーグに串を刺して、透明な肉汁が出てくればOKです。 」 フライパンに残った肉汁にソースの材料を加え、混ぜながら軽く煮詰めます。 黒田さん「肉汁と脂をそのまま活用することで、美味しいソースができます。 脂が多すぎるのが気になるようでしたら、少し取り除いておきましょう。 今回使ったケチャップやウスターソース以外にも、赤ワインを少し加えるのもいいですね。 醤油やバターを使っても味わい深いです。 お子さん向けには蜂蜜を足すと甘くなってよいでしょう」 美味しそうな香りが立ってきたらできあがり。 先ほど盛り付けたハンバーグにかけていただきましょう。 ひき肉だけあればOK!混ぜて焼くだけの簡単すぎる手作りハンバーグ もっと短時間で、手間をかけずにハンバーグを作りたい方におすすめの作り方がこちら。 なんと用意する食材はひき肉だけです。 <材料(4~5個分)>• 牛豚ひき肉:250g• 水(または牛乳):120ml• サラダ油:適量 ・ソース材料• トマトケチャップ:大さじ3• ウスターソース:大さじ3 <作り方> ボウルにと水(または牛乳)を入れて混ぜ、約1分おきます。 に水分を吸わせ、ふやかしました。 ひき肉を加えて十分に混ぜ合わせます。 には、みじん切りの玉ねぎ(乾燥)、ナツメグ、コショー、塩などハンバーグに必要な素材がすでにミックスされているから、ひき肉に混ぜるだけでハンバーグのタネができます。 4~5等分し、中央をくぼませた小判型に整えます。 黒田さん「真ん中をくぼませるのはさっきと同じ。 ここまでの工程があっという間にできるなんて、本当に簡単ですね」 フライパンにサラダ油を熱してハンバーグを入れ、中火で焼きます。 焦げ色がついたら裏返してふたをし、弱火で5~6分焼きます。 焼きあがったら器に盛り付けましょう。 黒田さん「あとは先ほどの基本のハンバーグと同じ。 大豆たんぱくとパン粉が入っているから、ふっくらと焼きあがるのね」 フライパンに残った肉汁にトマトケチャップ、ウスターソースを加えて混ぜ、中火にかけ煮立たせます。 盛り付けたハンバーグにソースをかけたらできあがり。 ひき肉を用意して混ぜて焼くだけで、とても簡単に本格的なハンバーグが完成しました。 黒田さん「サッと作れるから、忙しいときでも本当に簡単に手作りハンバーグができますね。 手間いらずでやわらかいハンバーグができるので、歯やあごの力が弱ってきたけど、健康のためにしっかり動物性たんぱく質を摂るように言われている高齢者にもぴったりじゃないかしら。 ハンバーグそのものに手間がかからない分、たとえば野菜が苦手なお子さんがいれば、細かく切ったりすりおろしたピーマンやにんじんを混ぜる一手間をかけたり、ピーマンの肉詰めやロールキャベツに応用する使い方をしてもいいですね」.

次の

【さわやかの秘密】静岡県の究極ハンバーグレストラン『さわやか』伝説の注文方法「ソース別がけ」を頼んでみた

さわやか ハンバーグ 作り方

肉汁たっぷりのハンバーグに挑戦! どうもガッキーです 以前読者300記念企画として、作って欲しい料理を募集いたしました! 皆様からたくさんのリクエストありがとうございます。 一風堂風ラーメンや、鶏胸肉のレシピや、ライスコロッケなどの数あるリクエストの中から選ばせていただきました! 今回作らせてもらったのは、タイトルにも書いてありますが 当ブログをいつも愛読してくださっている方のおひとりの方よりいただきました。 『 肉汁たっぷりハンバーグ』 に決定いたしました! たしかに、本格的なハンバーグ作ってなかったなーと思ったのと 純粋にうまいハンバーグを作ってみようと思ったからです。 それでは、早速作っていきましょう。 みじん切りにしたら、フライパンにオリーブオイルを入れて、弱火で炒めていきます。 キツネ色になってきたら、取り出して冷まします。 時間にして3分。 ここで粘りを出します。 よく練ると、ボールがひっついてくるくらい粘りが出ます。 しっかり粘りが出てきたら、牛脂を粗みじんにし入れて混ぜます。 牛脂が馴染んだら、卵、ケチャップ、ブラックコーヒー、パン粉、玉ねぎを入れて混ぜます。 コーヒーを入れることでほどよい苦味がつきます。 10分ほど冷蔵庫で冷やし落ち着かせます。 赤ワインをフライパンに入れてアルコールを飛ばします。 十分アルコールが飛んだら、玉ねぎのすりおろし、ハチミツ、醤油、水、トマトソースを入れて沸騰させます。 両手でペチペチと空気を抜きます。 そして真ん中にくぼみを作ります。 片面がしっかり焼き色がついたら、ヒックリ返し弱火にします。 フタをして、7〜8分ほど蒸し焼きにします。 7〜8分経ったら、爪楊枝で刺して、 透明な肉汁が出てきたら完成です!! あとは、焼き野菜や、サラダを添えて、ソースをかけます! 目玉焼きのせたり、 チーズのせたらねぇ。。。 言わなくても分かるでしょ(笑) 最高です!!! 『肉汁たっぷりハンバーグ』のポイント!• ミンチをよく練る! です。 ミンチをよく練ることで、粘着性が高まり、ハンバーグが割れにくくなります。 そして、さらに肉汁を流れ出ないようにしてくれます! まずは塩だけでミンチをしっかり練り、粘着性を強くしてから他の材料を入れましょう!• 牛脂を入れる 牛脂はスーパーで無料でもらえるので必ず入れましょう! 肉汁が増量します!• 空気をぬく! 空気を含んでいると割れやすくなってしまうのでしっかり空気を抜きましょう! 割れてしまうと肉汁が流れてしまいます。 食べてみましょう それでは 恒例の実食! かなりジューシーでめちゃんこうまい! でした(笑) 見てくれ! このハンバーグから溢れでてくる肉汁を!!! いかがでしたか? よく練り、そして牛脂を忘れずに入れて、『 肉汁たっぷりハンバーグ』を作ってみてください! おかげ様で、この記事を書きあげる前に『シェフガッキーの料理ブログ!』は 読者様300人を突破することができました。 これからもレシピをどんどん投稿いたしますので、よろしくお願いします。 最初にもお伝えしたように、今回は他にもたくさんのリクエストをいただきました。 またどこかで必ず作って、レシピを投稿しようと思います。 皆様たくさんのリクエストをありがとうございました! これからも読者募集中です。 次は500人突破企画できるように日々精進いたします! 最後まで読んでいただきありがとうございました! おなかすいた〜 フライパンで焼いてもおいしいですが、こちらのグリルパンで焼くとお店ぽくなり美味しく焼けます。

次の