アンチ ビクスク 炎上。 勢いが半端ないモトブロガー「ANTI BCSC」が8耐に出演決定!

バイク系YouTuber「ANTI BCSC」、危険行為で炎上し活動自粛

アンチ ビクスク 炎上

《MasuoTV》 チャンネル登録者数は90万人以上いるにも関わらず、実は低評価の割合がかなり多いマスオ。 最近の動画の再生回数も一本あたり数万回ほどしかありません。 チャンネル登録者数は多いのになぜそのような状況に陥っているかというと、やはり2015年に起きた炎上事件がきっかけです。 有名な話ですが、ペットの熱帯魚が死んでしまいその報告動画を投稿したマスオ。 その動画内容に不謹慎な部分があったり、アンチコメントに対して暴言を放ったことで大炎上し、かなりの数のファンを手放すことになりました。 現在では低評価の数もかなり減ってきましたが、少し前までは高評価より低評価の数の方が多いなんてことは当たり前のようにありましたね。 また日本を代表する大人気YouTuberヒカキンの幼馴染でもあるマスオ。 「ヒカキンのおかげで人気が出たのではないか?」という批判的な意見も少なくなく、人気の落胆ぶりに拍車をかけることになりました。 《へきトラハウス》 YouTube歴は長いものの、今年人気が急上昇しているへきトラハウス。 人気YouTuberであるワタナベマホトとも仲が良いことで有名ですね。 だいたい去年末くらいからカワグチジンが新メンバーとして加入し、それをきっかけにさらに人気が伸びてきています。 若い視聴者を中心に人気を集めているへきトラハウスですが、実は結構アンチは多い傾向にあります。 しかしへきトラハウスが投稿する動画は過激なものだったり下ネタ絡みのものが多いので仕方ないとも言えますね。 なので好感度はあまり高くありませんが、むしろアンチがいるのは人気YouTuberである証拠でもあるので、へきトラハウスの場合は悲しむことでもないと思います。 それに動画の方向性的に確かに下ネタが苦手な人なんかは受け付けないかもしれませんが、一方で好きな人はとことんハマるYouTuberです! 実際に動画の低評価の割合も特別多くありませんし、自由で過激な内容がへきトラハウスの長所であると言えます。 《PDRさん》 人気YouTuberPDS株式会社の実の兄としても有名なPDRさん。 ネタとは言え、他のYouTuberを簡単にバカにするブラックジョークが特徴ですね。 かつてはワタナベマホトなども所属しているGENESIS ONEのメンバーでしたが、現在は脱退してフリーで活動しています。 アンチコメントも多いですが、そもそも本人がそういった批判を気にしていなさそうです(笑) 動画投稿も毎日というわけではなく、マイペースに自分の好きな動画を挙げているようですね。 《ヒカル》 カリスマYouTuberとして現在最も勢いがあると言えるYouTuberのヒカル。 動画は確かに面白いのですが、色々な意味でかなり話題性がある人物です(笑) 動画を観てみると一目瞭然ですが、とにかく金持ちというイメージが強いのでもともと良い印象ではありません。 YouTube活動もビジネスのためと割り切り、本人もそう公言しています。 約1年という短い期間でチャンネル登録者数が200万人を突破しましたが、金にモノを言わせたプレゼント企画などでかなり強引に人気を獲得してきたので、正直ファンが定着しているとは言い難いです。 実際に2017年8月にはVALU事件で大炎上。 それはそれでかなり話題になりましたが、最近の動画はどれも低評価率が凄まじいですね。 《シバター》 そして好感度の低いYouTuberと言えばやはりシバターです! とにかく他のYouTuberを煽る動画で有名ですね。 どんな大御所YouTuberでも平気で挑発するスタイルは確かに興味が湧きますが、やはりそれ相応のアンチは伴います。 炎上することも多いシバターですが、本人からすればむしろ狙い通りでしょうね。 初めから好感度を取れる動画でないことは明らかですし、話題になればなるほど知名度が上がって動画の再生回数も増えます。 現在チャンネル登録者数は約70万人ですが、ファンがつきにくい内容ですし、それにも関わらずこの数字はすごいと思います。 シバター本人は自分より格下のYouTuberは相手にしないと言っていますし、そのシバターにいじられるということはある意味YouTuberとしてステータスになっているとも言えますね。 まとめ 好感度の低いYouTuberは以上になります。 いかがでしたでしょうか? 正直ヒカキンやはじめしゃちょーなどの大人気YouTuberもアンチは多数いますが、人気があればそれに比例してアンチが増えることは仕方のないことだと思います。 なので今回はそのような例は除いて、確かに好感度の低いYouTuberたちを紹介しました。 今回挙げたYouTuberの中では、炎上事件をきっかけに好感度が下がってしまったマスオを除いて、他のYouTuberは全て動画の性質上やはりアンチが多くても仕方ないと思います。 特にシバターなんかは叩かれてなんぼのところもありますし、本人も覚悟の上でしょう。

次の

【炎上多発!】好感度が低い、嫌われているYouTuberまとめ!

アンチ ビクスク 炎上

興味のあるテレビ番組が放送されていないときに、を観ることが多い私。 ANTI Bという、バイクに乗って会話しながらいろんなところへ行く「モトブロガー」という人たちも家族経由で知った。 最初は「なんか下品で乱暴っぽいし、すごく口も悪いし嫌だなー。 」と思ってあまりちゃんと観ていなかったけど、ある日暇を持て余してじっくりと見てみたら面白くて。 確かにすぐ「ジジイ・ババア」とか言い出すのはちょっと口が悪いなあと思うけど、法定速度レーシングとか急に始めだすバッタさんの奇行を、乗っかりつつもお母さん的なテンションで優しく見守るパンツさん。 よく笑って明るくてバッタさんとのやり取りも面白いアフロ商人さん。 見始めたのが最近だから詳しく分からないけど、やたらと土下座画像を使われててどこかから帰ってきた(?)まっつんさん。 そして ANTI Bとコラボしているのを観て知ったランページモンキー。 そういえば、たまさつさんの奇行もすごいなあと思います。 バッタさんと同じか・超えるくらい突き抜けてて面白い。 ちょっと話はずれたけど、濃いキャターの人たちがすごく楽しそうにバイクに乗って色んな所を走り回っていて「いいなー!楽しそうだなー!!」と思って。 私はバイクを所有しているけど「バイクはタイヤが滑るぞ」「こけたら〇〇万が飛ぶぞ」「怪我するぞ」みたいな負のイメージを植え付けられていて全然「乗りたい!」と思うことが出来なくて。 たまに乗っても「明らかに女と分かる服装だから」なのか「ただ運転が下手糞」なのか良く分からないけれど、駐車場に止めたバイクの横でゴソゴソしていたらやたらとジロジロみられたり、二度見・三度見されたり。 前の車の後ろについて走っているのに、開けている車間距離に後続車が中央線赤いの無視して無理やり入り込んできたりしてすごく不愉快な思いをすることがあって。 (入り込んできた割には、ルームミラーのあたりをゴソゴソいじってたり・すり抜けさせんぞと言わんばかりに車線の左ギリギリを走ったり前に車もいないのに急に低速で走り出したりちょっと変な動きをする。 ) 「…あー、これ私が男の人だったら多分こんな嫌がらせみたいなの受けること少ないんだろうなー。 バイク乗っててもこんな珍獣みたいにジロジロ見られたりせずに気持ちよくバイクを楽しんで帰れるんだろうなー。 いいなー。 」なんて思って。 「バイクに乗ったって嫌な目にあうだけ」と思ってずっと思っていて、バイクも完全に放置車両状態でホコリまみれで。 そんな時に彼らのに出会って、「私もちょっと乗ってみようかな」と思えて。 もちろんバッテリーとか上がってるし車体の状態も悪いからメンテナンスしてもらってから自分でキッチリ洗車して。 凄く久しぶりに乗ったバイクは怖くてどうやって操作したらいいのか…と思いながら敷地を出て。 他の車や人に迷惑をかけられないから、とにかく人が居ないところに向かって走って。 走っていくうちに勘を取り戻して、人気のない空き地にバイク停めて・海を眺めて休憩して。 車じゃ楽しめない景色と風を楽しんで帰宅。 おしゃべりするような相手なんか誰もいない・完全独りぼっちのソロツーリングだったけど楽しかったー! …私のツーリング体験談になってしまったけど、たぶん ANTI Bのモトブログに出会ってなかったら私はこの先もバイク乗らないままだったと思う。 ていうか、売却してたかもしれない。 でも「バイクってたのしいな」と思えたし、最近はこまめに乗るようになった。 もちろん不愉快な思いをすることがあるのは変わらなかったけど、イライラしてたらこっちが危ない。 かといって仕返しなんてするのも怖いしそもそもできる気がしない。 どうしようもないけど腹が立つから、ヘルメットの下で「無理やり!追い抜いて来たなら!!さっさと走れやぁぁぁー!!!前に誰もいねーのに!急に!!徐行するんじゃねええええええ!!」とか大声出してみたらかなりスッキリできて。 それから「嫌がらせを受けるのが怖い」とか思わなくなってきた。 むしろ「私に何かやりやがったら、バッタさん流の口の悪さで貴様の悪口を叫ぶぞ。 貴様の車についてるナンバープレートを大声で読み上げるぞ」と思ってツーリングに挑んでるんだけど、そうしたら嫌がらせみたいな行為自体を受けることが減った。 最近はほとんど何もなくて無事。 何もなさすぎ・スムーズ過ぎて逆にさみしいくらい。 私にバイクに乗る勇気と楽しさを教えてくれた ANTI B。 だから、できればまた ANTI Bの楽し気なツーリングも見たいしバッタさんとパンツさんのやり取りとか見て笑いたいなあと思う。 確かにナップスの動画を観た時は「さ、さすがにこれはダメじゃね?」と思ったしルールを守るのは大切だと思う。 だけど、ショートカット行為をしたとは書いてあったけど最後にちゃんと「買い物しました、マネしないでね」みたいな事が追記されていたしナップスに迷惑だけかけてなにも買わずに逃げたわけじゃないみたいだし。 誰かを駐車場で轢いたとかならそりゃあ大問題だけど、出入りを複数回繰り返しただけだし。 過去の動画も「えっ!?こ、これはちょっとあかん奴…?」と思うこともちょいちょいあったけど、そこまで「寄ってたかって言葉で殴られまくる」ほどの大犯罪なのかなあ?と思ってしまう。 というか、今回の ANTI Bさんの件とか炎上系見ていて思うのが「人間ってめちゃくちゃ怖いな」ってこと。 ちょっとインターネットでこの人たちについて検索したらけっこうな罵詈雑言が書かれてたりする。 しかも「騒動について言及」するだけならまだしも「人格否定」みたいなコメントとかが入っていたりする。 「自分の言っていることが正しい」+「 ANTI Bが間違っている」=「何を言ってもいい。 叩いて殴ってやりたい放題サンドバッグ」みたいな公式が成り立ってしまってる。 私たら「炎上現場にされたナップスさんが激怒するんならわかる」けど、全然関係の無い人がブチ切れて・ ANTI Bの人たちをコ〇す勢いでめった斬りにしてるのなんでなんだろう…と思う。 しかも、擁護するようなコメントを出した人まで巻き込んでめった斬り。 なんでこの人たちこんなに怒ってるん?怖いよ。 批判するコメントも擁護するコメントも、中立として冷静に見ているコメントも・興味ないから違う話しよーみたいなコメントも…なんでも自由に発言していいはずなのに。 ほかの炎上してる人とかも同じ状態になってるけど。 批判するコメントにはどんどん同調して勢いを増して、擁護するコメントは「信者だ!コ〇せ!!」みたいに片っ端からめった斬り。 本当に恐ろしい。 ANTI Bさんの良くないところを根こそぎ探し出して批判してガンガン追い詰めていく人たち。 いったい何者なんだろう。 他にも不倫やら脱税やらで不祥事を起こした人たちを「コ〇す」くらいの勢いを持つ強い言葉でネット上にコメントしている人たちは何者なんだろう。 当事者なのだろうか? 無関係なのだろうか?自分に何らかの被害があったのだろうか? その「何者か分からない人たち」は、不祥事を起こしてしまった人たちを決して許しはしない。 どれだけ当人が謝罪しても、やり直そうと行動を起こしても、何時までたっても過去の悪事の話を掘り返してインターネット上に書き散らかしたりする。 なんなら、不祥事を起こしてなくてもの辻さんみたいに叩かれまくったりするからもう防ぎようがないけどとにかく怖い。 しかもどのコメントを読んでも「自分が正しい」「相手が悪い・間違ってる」という感情が伝わってくるし大体のコメントが「これは…言い過ぎだろ」ってなるくらいのコメント。 もう、怖すぎる。 誰なのこのひとたち、何者なの? 人間は、正義を手にした時に真価が分かるっていうのを聞いたことがあるけれど、悪いことをした人を「諭して正しい道に戻らせる人」と「日頃のうっ憤をここで発散してるんじゃないだろうかっていうくらい完膚なきまでに正論のように見えるものをぶつけまくって相手をつぶしに行く」タイプの人が居るなあ…と思う。 しかも、つぶしに行くタイプの人はやたらと相手の細かい情報に詳しかったりするから「好きと嫌いは表裏一体」みたいなものなのかなあ…と思う。 ルール違反とか危険行為はダメだと思うけれど、何かやらかしたら即血祭に挙げられて大炎上するんだったらもう「風景の映像を延々と流す」とか「花の成長から開花までをタイムラプスで延々と流す」みたいなことしかできなくなってくるような気がする。 縛り上げられて無理やり ANTI Bさんの動画を見せつけられているのならブチ切れてもしかたないけど、現実は全部自分で選んで視聴してる。 できることなら「自分はこういう映像は不愉快だ」と思うような映像は自分で観ないようにして、NHKの健全なプログラムでも視聴するなどの工夫をしたらいいと思う。 まあ、私はチ〇ちゃんがいきなり大声出すの苦手で「叱られるやつ」はあまり観ないけど、それも選択の自由だと思う。 楽しんでみている人もいていいし、みない人もいていい。 逆に、とか放送してたらめちゃめちゃ観る。 食いついて観る。 「うらやましいなと思ったらマネして、これはあかんやつやろと思ったらマネしないで却下して。 面白いなら観て、くだらないとか不愉快と思うなら観ない・選ばない」でいいんじゃないだろうか。 「嫌で嫌いで不愉快なはずなのに過去にもさかのぼってキッチリ視聴して粗を探してとにかく指摘しまくり・悪口書きまくり」な人生の使い方ってもったいないし、それだけの時間とリサーチ能力・コメント能力があるんだったら趣味とか仕事とかに生かしたらぜったいに活躍できるのにもったいないよ…と「 何者か分からない人たち」に対して思ってしまう私なのでした。 あと、全然関係ないけど謝罪動画でパンツさんの目元から上を拝見したのですが「えっ…なんかこの人もしかして顔が…素敵…???」とか思ってしまって謝罪の内容が全く頭に入ってきませんでした。 元から「声」が好みだなぁとは思ってたけれども。 さらに黒髪短髪・イケメン臭を醸し出す目元…イイですねぇゲヘヘヘ…! あー、いつか復活してくれたらいいなー。 ShiMAkaNA.

次の

モトブログ業界での炎上騒動

アンチ ビクスク 炎上

そのモトプブースで黒山の人だかりをつくり話題をさらったのが「SC(ビクスク)」だ。 若い乗りたちからと崇められる彼らが、これからの業界に革新をもたらす。 PHOTO:山田俊輔(on. jp NTSCとは? 登録者数15万人の人気(モトブロガー)。 3人が中心となり岡山を拠点に活動しており、仲間とで走る楽しさを凝縮した動画をに配信中。 若者から絶大な支持を獲得している。 h2若いたちにの楽しさを伝えたい 時、会場とともに東京が開幕した。 開場と同時にモトプブースを目掛けて走り出す数百人もの来場者。 瞬く間にブース前にはのような行列が出来上がった。 周辺ブースの出展者の驚き、駆け付ける警備。 想像を遥かに超えた「ビクスク」の破壊力。 今まで味わったことのない異常事態に我々は息を飲んだ。 彼らとの出会いは約5か月前。 鈴鹿ツインで開催された「En48」だった。 がすると、あきらかに趣向の違うが次々と来場し、彼らのを着込んだ人々で埋め尽くされた。 とした目で彼らを見つめるたちは、驚くほどに若い子ばかり。 その光景を目の当たりにして、筆者は眩暈がした。 雑誌の読者は年々している。 それもあって「若い人たちはになんて興味がない」というのが業界では常套句となっていたからだ。 しかし、実際は違った。 若い乗りがいなくなったわけではなく、雑誌を中心とした我々のに入ってこなくなっただけだった。 雑誌のとしては悔しい以外の何物でもないが、それが現実である。 それでも「若者にの楽しさを伝えたい」という思いをあきらめきれず、彼らにアポイントを取り、へと向かった。 ビクスクという刺激的な名前で、ちょっとヤンチャな動画をに配信する彼らだが、中身は分別をわきまえた好青年だ。 登録者は15万人を超え、モトブロガーとしても確固たる地位を獲得。 しかし彼らは現状に満足しているわけではなかった。 「名前や動画の内容からだと思いますが、今までほとんどなどに呼ばれたことがないんです。 他のモトブロガーは呼ばれるのに、僕たちには声が掛からない。 そんな業界を見返すためにも、誰もが驚くような、大きな爪痕を残したいんです」 結局「飲みにケーション」は朝方まで続き、お互いの思いを語り合った。 こうしてビクスクとモトプは結成に至ったのだ。 14時45分、もうすぐ彼らのがする。 開始前から通路を埋め尽くすほどあふれかえった若い乗りたちを見て、関係者の方たちは何を思ったのだろうか。 あるだろうが「若者にの楽しさを知ってほしい」その思いは業界の共通認識であるのは間違いない。 「彼らの動画がうんたらかんたら」、重箱の隅をつうなで、その層から圧倒的な支持を集める彼らから目を逸らしてはいけないのではないか。 重要なのは、彼らがきっかけとなり、若い乗りが増えている事実だ。 モトプは彼らと一緒に、若い乗りも抱き込みながら業界の新たな未来を切り拓いていこうと腹を括っている。 1人でも多くの関係者が我々と同じ気持ちで共に進む決断をしてくれることを願ってやまない。 最後に、この出会いをくれたさん、そして我々を受け入れてくれたビクスナーの皆さんに感謝を伝えたい。 h2にが殺到 東京最終日にモトプブースで行なわれたはこの通り。 通路を埋め尽くすほどのが殺到し、開始20分でにより終了となった。 h2が ブースでは握手や写真撮影などに終日対応し、ひたすらと交流。 を被ったままのため、になりながらも一人一人とじっくり向き合う姿はまさに。 h2はほぼ完売 ブースで限定をはじめ、彼らのを販売。 すると時の開場と同時に数百人のがブースにし、大行列に。 ちなみにそのほとんどが完売だ。 h2会場を歩けば囲まれる ブースから休憩への移動中も、ひっきりなしにが集まってきてあっという間に囲まれてしまう。 あまりの人気に、会場中の関係者が目をパチクリしていた。 h2集合写真、入りきらない! 終了後にブース内から記念撮影をしようとしたのだが、あまりの人の多さと奥行のなさに、手持ちのではまったく収まらなかった(写真は左右2回に分けて撮影したもの)。 それにしてもんなの笑顔、素敵すぎるでしょ! 関連ニュース•

次の