うる せいや つら パチンコ 評価。 【演出信頼度まとめ】Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ |パチンコ 保留 予告 ボーダー スペック

Pうる星やつら〜ラムのLoveSong〜

うる せいや つら パチンコ 評価

6月3日、パチンコ新台『Pうる星やつら~ラムのLoveSong~』がリリースされた。 2014年までは奥村の代表的コンテンツだったが、今回はニューギンからのリリース。 継続率がウリのロングSTタイプとのことだが、ユーザーの反応は? 導入直後の評価・感想・実戦報告をまとめ、さまざまな確率も計算してみた。 『Pうる星やつら~ラムのLoveSong~』スペック 「Pうる星やつら~ラムのLoveSong~」の機種情報を公開しました。 原作お馴染みの名シーンが展開するストーリーリーチなど演出面も見どころ満載です。 — しゅう 一撃 ssmz1207ssmz スペックは、ライトミドルのSTタイプで登場です。 電チューでの大当たり後は、必ず次回もSTというのが良いですね。 9のST機。 ちなみに、「うる星やつら」のアニメ放映開始は1981年、原作の連載開始は1978年。 これほどまでに長期にわたって愛され続けるコンテンツは希少だが、古参のファンだけでなく、若いユーザーをも取り込むことはできたのだろうか? 通常時は「金」待ち? うる星やつら通常キツかったなぁ〜 SPリーチ全く行かんくて青保留は無限に来すぎ、ラム降臨みたいなのも赤やら絡んでも当たる気配なし 金演出待ちな台のイメージ — CR養分男 114KIRICHAN514 うる星やつら 基本赤ではダメ。 最低でも金。 緑数字先読みで疑似ガセあり。 ここも最低でも赤 — かっぱ大明神 xxxxkappaxxxx 本日初日に初打ちしました。 短時間でしたが、金系の演出は強い印象を受けました。 初当たり2回取れましたが、保留は 青1/多数 緑0/5 赤0/1 金1/1 でした。 ネットの反応を見てみると、どうやら通常時は「金」系の演出待ちらしい。 「青」の保留変化は頻発するがほぼ期待できず、「赤」でも結構外れると言われている。 一見熱そうに見える展開でも、金の演出がからんでいない時は、過度に期待しないほうがいいだろう。 万発も可能な連チャン性能 早く打ちたいって思ってたPうる星やつらやっと打てた!すぐに当たったからプラス収支で終われた — アカギ akagi710 初打ち。 19回転で緑保留、カウントダウン、お仕置きロゴ落下、死闘!リーチで初当たり。 時短引き戻しからの15連。 次319回転で単発からの、232回転でまたも時短引き戻しからの10連でした。 時短100はこのスペックだと有難いかも。 左はハマると辛いかも。 赤先読み弱すぎ、赤保留は普通に外すし最強リーチもチャンスアップ次第なので隣の台2回連続外し。 右は出ないけど続くしop聴けるのが嬉しい。 保留連したけど、7R辺りでブラックアウトします。 そこそこ楽しめました。 多分ずっとは打たないかな。 ルパン、慶次、GANTZのように一撃勝ちにいける台ではない。 4R(440個)か10R(1100個)かの振り分け次第だが、平均の770個で計算すると、13連すれば払い出しは万発を超える。 ちなみに、10連に達する確率は約13. STに突入すれば、それなりに夢を見られる台と言えるだろう。 だが……。 初当たりが4Rしかないこともあり、出玉速度はかなり遅いほうと言わざるを得ない。 閉店までの残り時間には注意しておくのが無難。 ST中の玉減りは? STは結構好き。 超変動するような煽りがないから、イライラすることはなかった。 ST中は赤ビジョン待ちかな。 他の赤系は一つだけなら、チャンス程度。 二つ三つ複合したらアツイ印象。 ロングST仕様ということで、気になるのはST中の玉減り。 「上皿が崩壊するほどではない」といった声も見受けられたが、「モリモリ減る」などのマイナス報告が数多く上がっている。 台の個体差によっては崩壊する可能性も高そうなので、無駄打ちは極力控えたい。 当たりのパターンは割と豊富。 基本金系かラム降臨待ちではあるけど。 たださんざ言われてるように右打ち中がなぁ…。 モリモリ減る右ゲージにロングSTはあかん。 演出も単調で面白くないし。 STの長さや単調さについては不満の声が目立つが、絵柄は好評。 昔のアニメをいい感じに今風に仕上げていると言われている。 良い仕事をしてくれた作画班に感謝したい。 継続率は高いが、出玉スピードは遅いと評価された『Pうる星やつら~ラムのLoveSong~』。 せっかくのロングSTも、玉減り対策と演出を工夫しなければ、ユーザーの心を射止めることはできないようだ。 ただし、ラムちゃんの可愛さは全世代に受け入れられている模様。 ここまで息の長いヒロインも珍しい。 ラムちゃん恐るべし。

次の

【パチンコ】Pうる星やつら~ラムのラブソングはクソ台・糞台 評価・感想【パチスロ】

うる せいや つら パチンコ 評価

0% 時短100 36. なお、通常大当たり後の時短も100回転あるので、引き戻し期待度は36. 演出は新規アニメーションを数多く取り入れた原作&アニメファンも納得のハイクオリティ。 通常時は「キセル演出」「電撃おしおきギミック」「ムービー演出」「金系演出」「金髪ラムちゃんカットイン演出」に注目で、これらの演出が発生すれば、大当たりへの期待感が急上昇するぞ!! ヘソ入賞時 種類 電サポ内容 割合 4R確変 200回 ST200回 50% 4R通常 100回 50% 電チュー入賞時 種類 電サポ内容 割合 10R確変 200回 ST200回 50% 4R確変 50% ヘソ入賞時の大当たりは全て4Rで、7図柄以外の図柄揃い時は「ラムBONUS」、「ラム降臨チャンス」での大当たり時は「MISSION BONUS」となる。 どちらの大当たりも、ラウンド中の演出に成功すればST200回転の「超友引WARS」に突入、失敗した場合は時短100回転の「友引WARS」となる。 なお、7図柄大当たり時と「ラムZONE」を経由するラム図柄大当たり時は「LOVE song BONUS」となり、ラウンド終了後はSTの「超友引WARS」に直行するぞ!! 電チュー入賞時の大当たりは全て確変大当たりで、ラウンド終了後は必ずSTの「超友引WARS」に突入する。 なお、10R確変大当たりは「超電撃BONUS」、4R確変大当たりは「電撃BONUS」だ。 SPリーチは「テンちゃんの恋」「夢の仕掛け人、因幡君登場!」「怒れシャーベット!」「ハートをつかめ!」の4種類。 トータル信頼度はそこまで高いわけではないが、タイトル色やテロップの色などのチャンスアップ次第では大当たりに期待できるぞ。 演出の種類 演出の信頼度 テンちゃんの恋 13. 6% 赤 16. 4% 金 94. 1% 役モノ落下 94. 2% テロップいの色 赤 32. 6% シェイクビジョン 30. 5% チャンスルート 通常 52. 3% チェリー出現 77. 6% カットイン なし 6. 4% あり 68.

次の

Pうる星やつら ラムのラブソング パチンコ新台

うる せいや つら パチンコ 評価

うる星やつらは僕が好きな漫画の一つです。 調べたら連載開始は1978年ということで、 40年前の作品ですか。 こんなにも長く愛されるコンテンツって本当にすごいですね。 僕も生まれて無かったころの作品ですが、中学生のころにまとめ読みして、最後の鬼ごっこのシーンに感動した記憶があります。 高橋留美子さんの漫画で同じくパチンコ化している「めぞん一刻」も同時期の作品です。 両者世代を超えて人気がありますね。 パチンコを打つターゲット層ともぴったりなので集客効果もあるでしょう。 のっけから話がそれてますね。 うる星やつらは定期的にパチンコ機種になっていて、今作で6作目になるそうです。 規制の影響で出玉が抑えられていますので、実際に打ったスピード感などもお伝えしたいと思います。 基本スペック まずは基本スペックです。 02 確変突入率 50% ST回数 200回 時短回数 100回 この台の特徴はなんといっても、ライトミドルでありながら 高継続率のロングSTタイプというところです。 継続率は82%です。 ライトミドルのロングST台って他には出てないように思います。 時短も100回ついてますので、 3回に1回は引き戻しが期待できます。 STタイプは時短中に当たれば確実に高確に上がるのがいいですね。 振り分けは以下のとおりです。 潜伏確変などはありません。 出玉ははやはり抑えられています。 MAXが10Rで約1,000発の出玉となります。 ラウンド数 出玉 10R 1100個 4R 440個 スペックだけ見ると、突入率と振り分けなど、エヴァ超暴走とよく似ていますね。 エヴァは確変タイプ、うる星やつらはSTですが、継続率は同じです。 ただエヴァの時短は30回転なので、そう考えるとボーダーはこちらの方が甘いかもしれません。 出玉スピードはやっぱり遅い 引き弱な僕にはめずらしく18連しました。 ちょっと4Rによりましたが、 一撃1万発オーバーと、継続率80%は 大連チャンに期待できますね。 ただ、やはりというか新基準対応ということで 出玉速度は遅いです。 上の画像の時ですが、この時 実は2時間かかってます。 ST中の大当たり確率は117分の1で、だいたいそのくらいか、もう少し早いペースで引いていたのですが、 1時間あたり5千発強という計算です。 この出玉スピードは評価が分かれるところですね。 短時間勝負には向いていないのは間違いありません。 通常時の演出の信頼度 次に演出についてです。 すでにいろんなサイトで情報が出ていますので、ここでは僕の体感レベルの感想を書きたいと思います。 この台は全体的には演出のバランスが良く、足し算で期待値が上がっていく良台だと思います。 5大電撃演出は1つじゃ厳しい 公式HPにもあるとおり、これらは激アツ演出となります。 ただ、これが出たら大当たり濃厚というレベルではなく、その後の展開次第という感じですね。 5大演出は、 「電撃おしおきギミック」と、コタツネコの 「キセル演出」、カウントダウンの 「ムービー演出」、主にカットインの 「金系演出」に、画面暗転からの 「金髪ラムちゃんカットイン」です。 この中では前の2つが大当たりに絡む確率が高い印象です。 ・電撃おしおきギミック ・キセル演出 ギミックの約物は結構落ちてきますが、上のようにラムちゃんがセットでないとあまり熱くはありません。 これ以外には、筐体上部の「家紋フラッシュ」が激アツだと思います。 本作では家紋とは呼ばないのでしょうが、筐体は「花の慶次」が流用されています。 ムービー演出はカウント「4」からでしたが外れました。 金も単体では弱いですね。 ・ムービー演出 ・金系予告 よくも悪くも発展先や他のチャンスアップ次第という感じですね。 逆にこれらが無くても当たる時は当ります。 基本は擬似3待ち この台は他の多くと同じく、 基本は擬似3待ちです。 擬似連が始まるとともに流れる「ラムのラブソング」のイントロが流れるのですが、タイミングが良くて僕は好きです。 「あんまりそわそわしないで〜」と心の中で歌っているのは僕だけではないはずです。 あとは、 赤フラッシュが大事ですね。 擬似2から赤フラ(基本は緑)だと期待が持てます。 このフラッシュはリーチ後半に出るとかなり熱いです。 赤保留が強い 最近の台はとくにですが、金じゃなきゃあたらない、赤保留は外れ濃厚という台が多いです。 うる星やつらも金保留はありますが、 赤でも結構アツい感じです。 上のとおり、普通のSPで、あまり強い演出絡まなかったんですが、サクッと当たりました。 まぁたまたまかもしれませんが、他の台より赤の信頼度が高い気がします。 楽曲リーチは長いが期待できない ちょっといい感じの写メが撮れなかったんですが、この台には楽曲リーチというのがありますが、長々流れるわりには期待値は低いです。 もちろんラブソングリーチだけは別格です。 これは楽曲リーチとは違いますが、 延々と2分くらい3Dラムちゃんの歌を聴くことになります。 これだけは今のところ外れたのを見たことありませんね。 ちなみにST中も楽曲を選べるのですが、言うまでもなく「ラムのラブソング」一択です。 その他の演出 その他のチャンスアップとしては、保留入賞時のテンちゃんフラッシュなどがあります。 シンフォギアの真似とか言ったら怒られますかね。 同じく白より赤が期待できます。 ストーリーリーチも期待できます。 4つあるのですが、 「リメンバー・マイ・ラブ」と 「完結編」はかなり期待値が高いです。 下のように緑保留+白文字程度では外れ濃厚です。 ってか連続で外れました。 ST中の演出 次にST(超友引WARS)中の演出です。 上のとおり2時間かかったのですが、退屈せずに楽しめました。 まぁ原作ファンってのもあるでしょうが、エヴァ超暴走なんかはファンでも打ってらんない感じなので、僕は出来は良いと思います。 ST前半は突発系の当たりが多い 前半は当たり方も早いのが特徴です。 この点は評価したいですね。 エヴァのカウントダウン演出とかもう最悪ですからね。 特に早いゲーム数は 錯乱坊(チェリー)絡みが多いです。 フリーズからの喝で確定。 この間10秒くらいです。 画面上部のチェリーの顔はなんだろうと思っていたら変動開始と同時に割れてパトランプ。 ST前半の基本は鬼ごっこであたるを捕まえるのですが、これもサクサク当たる感じでいいですね。 保留変化も期待できます。 「協力」は味方が助っ人してくれます。 撮り損ねましたが金保留もでました。 赤でもほぼ確定でしょう。 ST後半はあたるを撃退 ST後半は女の子に言い寄るあたるを撃退することで大当たりとなります。 前半と後半で違った楽しみ方ができて良いですね。 女の子シルエットから登場人物で期待値が変わります。 個人的にはラムちゃんも好きなのですが、クールなおユキも割と好きです。 ST後半で一番期待できるのは 「ラム激怒チャンス」ですね。 青だと厳しいですが、赤まで行けばまぁ大丈夫でしょう。 ST中の演出はよくできていると思いますが、できればリンケージレバーは当たるのは分かってるので、10R(超電撃ボーナス)確定にして欲しかったですね。 まとめ 今日はニューギンのパチンコ新台「うる星やつら」を実戦してきた感想などをお伝えしました。 個人的には厳しい新基準をクリアしつつ、面白い台に仕上げてきたという感想ですが、いかんせん出玉スピードが遅いので評価は分かれるでしょう。 でも、エヴァの失敗(と言ったら怒られるかな)から、確変機よりSTの方が新基準との適合性は高い気がしましたね。 おまけ 機種紹介はこれで終わりですが、僕はうる星やつらのアニメも好きだったので、もう話を少し続けたいと思います。 うる星やつらはキャラクター設定が良いですよね。 しのぶは実は怪力、面倒は一見完璧だけど閉所恐怖症、ランちゃんの裏の顔など、どのキャラも立ってますよね。 みなさんはどのキャラクターが好きでしょう。 僕はラムに一途なのに報われない面倒くん、イケメンだけどどこか残念な因幡くんが好きでした。 両者しっかり登場してます。 あと、この台は大当たり中にオリジナルアニメーションを選択できます。 ラムちゃんの絵も初期とだいぶ変わってますね。 主人公である諸星あたるも憎めないキャラではありますが、なぜこんなのにラムちゃんが惚れているのか子供ながらに不思議に思った記憶があります。 まぁ漫画の世界ですが、恋愛にはこういう側面もあるのかと学びました。

次の