納豆 温度 死滅。 納豆の作り方(男の趣肴HP)fr

納豆

納豆 温度 死滅

納豆を自分で作ってみました。 もちろん、豆の状態からつくるんです。 そう、発酵させたんですよ! 難しいんじゃないかって? いやいや、それがびっくりするほど簡単だったんですよ。 しかも、当然コスパは最高。 朝にも夜にもネバネバが欲しい納豆ラバーのみなさま、レッツトライ! 納豆の仕込みはとっても簡単! まず、用意するものは、 大豆。 量は好きなだけで良いのですが、今回は150グラム使いました。 そして、 市販の納豆。 納豆、あるやんっ! ってツッコミはご容赦下さい! 手作り納豆の良いところは、• 美味い• 安い 海外在住の日本人の間では、結構ポピュラーらしいんですよ、手作り納豆。 納豆が手に入りにくかったり、高かったりするので、わずかな納豆から大量の納豆ができる手作り納豆はありがたいんだそうです。 さて、材料は揃ったので、道具も揃えてみましょう。 小皿、スプーン、ボウル。 これは仕込みに使います。 発酵容器とふきん。 発酵容器は、今回3種類の発酵方法を試してみるので、3種類あります。 みなさまは自分のやりやすいもの1種類で大丈夫ですよ。 それでは、さっそく作り始めましょう! まずは、大豆を茹でて、茹で大豆を作ります。 私は乾燥大豆を圧力鍋で茹でる方法で作りますが、圧力鍋なんてネ〜ヨ! そんな時間ネ〜ヨ! って方には10分以内でできる簡単な方法ものちほどご案内します。 普段から茹で大豆を作っている方は自分の方法で作ってオッケー。 まず、乾燥大豆を洗ってたっぷりの水に浸けて一晩おきます。 ひと晩経つと、このようにふっくらしてくるので、 浸け水ごと圧力鍋に入れて、ふたを開けたまま沸騰させます。 沸騰したら一度ザルにあけ、軽く水洗いして、また圧力鍋に戻し、豆の2倍ほどの水を入れて、ふたをしてもう一度火にかけます。 うちのはインド製の圧力鍋ですが、なんでも良いです。 火にかけて圧が掛かったら、火を止めて、そのままふたが開くようになるまで放置します。 普通の鍋の場合は、弱火でコトコト3〜4時間ほど、普通の煮豆くらいの柔らかさになるまで茹でます。 「超簡単・超時短」につくる方法もあります• 市販の大豆の水煮(缶でもパックでも)を買ってくる。 鍋に豆と新しい水を入れて沸騰させて2分ほど茹でる、または、どんぶりなどに豆と新しい水を入れて電子レンジでチンする。 とにかく、 豆がホッカホカに茹で上がった状態になっていればオッケーです。 さて、豆が茹で上がる時間に合わせて、お湯を沸かしておきます。 これは、道具の熱湯消毒と納豆菌の取り出しの両方に使うので、とにかくたっぷりです。 きれいに洗った道具すべてに、熱湯を回しかけ、洗いカゴなどに伏せて乾かしておきます。 これで、よけいな雑菌を殺しておきます。 発酵食品は 雑菌が入り込まないようにすることが大切です! なので、ふきんで拭かない方が良いでしょう。 そして、火傷をしないように注意! お湯は少しだけ、スプーン3杯分くらい残しておきましょう。 納豆菌を取り出す用に必要です。 納豆菌を取り出します 市販の納豆をこれくらい、小皿に取ります。 量は大体で大丈夫。 仕込む納豆の量に合わせて加減してくださいね。 さっきの熱湯が少しだけ冷めた状態(80度以上)のお湯を市販の納豆に掛け、よく混ぜます。 このお湯で納豆菌を取り出します。 ホッカホカ状態の豆をザルにあけ、 ボウルに入れ、納豆菌の入ったお湯を全部入れて、 熱いうちによく混ぜて、 納豆菌を全体に行き渡らせます。 これで、仕込みは完了です。 簡単でしょ? 納豆の発酵! さて、いよいよ発酵です。 納豆菌が元気に活動できる温度は40度前後。 この温度に保てて衛生的な方法であれば、納豆菌は元気に繁殖してくれます。 今回は3種類の発酵方法を同時進行してみました。 それぞれの容器に豆を入れます。 ヨーグルトメーカー、炎天下に放置、保温水筒、の3種類です。 まずは、ヨーグルトメーカー。 うちのはホームベーカリーのヨーグルト作りモードなのですが、これがあれば一番簡単! ヨーグルトメーカーの温度は約40度、納豆菌の活動温度にドンピシャなのです。 こんな感じで入れまして、とりあえず6時間置くことにしました。 これは炎天下放置用。 適当に家にあった容器です。 これには濡れふきんを掛けます。 絞ったあと、電子レンジでチンして熱消毒しておきます。 こんな風に掛けて、 黒いバケツを被せて炎天下に放置します。 これは本当に適当なんで、ダンボールに入れるとかみなさま個々に工夫してみてください。 作業中は、くれぐれも雑菌に触れないように注意してくださいね。 最後は、保温水筒。 これが一番、みなさまの家にあるかも? まず、お湯を半分くらいまで入れます。 保温用です。 さっきの残りを使いましたが、温度は70度くらい? 丈夫できれいな(新品)のビニール袋に豆を入れます。 そして、口からこんな感じで入れて、 納豆が直接、お湯につかないところまで下ろして、こんな風に輪ゴムで止めます。 こんな感じになります。 後で思いつきましたが、ビニール袋を固定してから豆を入れても良いかもしれません。 これも濡れふきんを掛けて、部屋に放置します。 濡れふきんをかける理由なのですが、乾燥を防ぐためと、 納豆菌の発酵には空気が必要だからです。 さて、6時間後……。 まだ、3種類ともあまり変化がありません。 しかし、匂いは納豆っぽくなってきました。 もう少し、このままの状態で待ってみましょう。 そして、10時間後。 おおっ! 変化が! わかりますか? 豆にうっすらと白い苔のようなものがついています。 そして、匂いはまさに納豆! これで、OKです! 糸も引いてます! 美しい! そして、これを清潔なタッパーなどに入れてフタを閉め、 冷蔵庫に入れて、1〜2日ほどさらに発酵させます。 次の日になると……、 ヨーグルトメーカーも、 炎天下放置も、 保温水筒も、 立派な納豆ができました! 手作り納豆を食べよう! 左から、保温水筒、炎天下放置、ヨーグルトメーカーです。 見た目は3種類ほとんど、同じ。 しかし、匂いは左から順に強くなり、ヨーグルトメーカーが一番強い! 発酵の進み具合が一番良かったようです。 代表で、まずヨーグルトメーカーのものを食べてみましょう。 美味い!! ふっくらとした食感、ふんわり甘い豆の香り。 あきらかに味のレベルは高いです。 これは……私が普段食べてるのとは違う、 高級納豆の味! 良いネバネバ〜! まぜまぜ〜! まず、シンプルに醤油を掛けて食べてみましょう。 手作り納豆ごはん! つやつや〜! 美味いよ! ワシワシいっちゃいます! 二膳目用は卵黄も投入。

次の

酵素はチンしても死滅しませんか?

納豆 温度 死滅

ヨーグルティアSを使った自家製納豆の作り方動画です。 簡単な手順でおいしい納豆ができます。 豆(大豆、黒豆等、水煮) 300g 作り方• 容器に少量の水を入れ、ヨーグルトスプーンを立て、内ふたをはめます。 そのまま電子レンジに入れ水が沸騰するまで加熱します(500~600Wで1分30秒が目安)。 消毒後はふきんなどで拭かず、水滴を軽く切って、そのまま使用してください。 消毒した内容器に、水煮大豆と納豆を入れ、よく混ぜます。 内ふたをせずに取手ふたを閉め、外ふたをのせます。 (時間が長いほど発酵が進みます。 出来上がったら冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫で1~2日寝かせると豆の中まで発酵が進み、味がこなれておいしくなります。 調理のポイント• 賞味期限の目安は冷蔵庫で1週間程度です。 納豆を作る際は、内容器を納豆専用のものにしてください。 発酵中は、納豆特有の匂いがします。 気になる方は、お部屋の換気をよくしたり、本体の上にガーゼハンカチなどの薄い布を被せたりしてください。 大豆の風味が濃厚な 納豆を手作りで 納豆は、大豆に納豆菌を作用させた日本の伝統的な発酵食品。 しかも、納豆は発酵の過程を経て、たんぱく質の一部がアミノ酸に分解され、消化吸収のよい形になっています。 特有の成分・ナットウキナーゼ血栓を溶かし、血液をサラサラにすることでおなじみ。 このほか、多くの生活習慣病を予防してくれる成分をたっぷり含んだ納豆は、毎日の食卓に積極的に取り入れたい健康食品です。 手作りなら、発酵時間の調節や、好みの品種の大豆を選ぶことで、発酵の度合いや風味の違いも楽しめます。 コメント.

次の

自家製・納豆の作り方|すばる屋

納豆 温度 死滅

藁を使った本格的なものや、鍋をそのまま保温させる知恵や、納豆菌を何から取るか?などなど、「納豆は手作り派」には実に様々な方法があります。 (きっと一度ハマると、どんどん極めたくなってマニアックになるのでしょうね) いずれにしても便利なものがたくさんある現代の英知と、過去から伝わる智慧を融合させて、現代人の健康を保つ発酵食が日常的に食べられるとしたら、それはもう、とても豊かな食生活のシフトと呼べるはず。 今日は、週末などに気軽に挑戦できる、手作り納豆の簡単な方法をご紹介します。 蒸した大豆が、納豆菌を取り込んで発酵すればもうそれは「納豆」 実は、作り方はとってもシンプル 蒸した大豆が、納豆菌を取り込んで発酵すればもうそれは「納豆」になります。 もう愛おしくなるほどシンプルですね(笑) 手作り納豆の作り方 材料 ・乾燥大豆 200〜300g (完成すると倍ほどの重量になるので作りやすいお好みの量で。 ちなみに市販の納豆は1パック約50〜70g前後) ・乾燥大豆を戻す水 600〜900ml (乾燥大豆の3〜4倍が目安) ・圧力鍋に入れる水 400〜500ml ・市販の納豆 大さじ1前後(納豆菌の種として使用。 できれば国産やオーガニックを推奨) ・熱湯 大さじ1 あると良い道具 ・圧力鍋もしくは蒸し器 ・保温器(発泡スチロールなどでも代用可能だが、今回のようなヨーグルトメーカーがあると簡単に作れる) ・温度計(なくても大丈夫。 でもあると便利) ちなみに、乾燥大豆は水で戻すと2〜3倍の大きさに膨れるので、納豆を作る場合はできるだけ小粒の大豆を使うと、見慣れたビジュアルの納豆に仕上がります。 一例として、一般的に販売されている大きさ(左)に比べ、納豆向きと言われる小粒はこのくらいの差(右)。 もちろんあくまで見た目のことなのでお好みの大豆で大丈夫です。 気長に待とう!納豆の発酵のプロセス 1. まずは乾燥大豆を洗い、3〜4倍の水に一晩浸水させる 乾燥大豆はきれいに見えてわりと汚れていることがあるので、丁寧に洗ってから浸水させよう 2. 圧力鍋に水 400〜500mlを入れて、蒸し器をセット。 浸水させていた水は捨て、大豆を蒸し器の中へ入れる。 浸水後、2-3倍の大きさに戻された、ぴかぴかの大豆 3. 圧力鍋を高圧にセットし、圧が掛かってから30〜40分蒸す。 ピンが完全に下がるまで待ってから蓋を開け、大豆の柔らかさをチェック。 大豆は柔らかくないと納豆菌が入り込めない(発酵されにくい)。 蒸し上がりの目安は、2本の指でつまんでみて、力を入れなくても指先だけでつぶせるくらいの柔らかに 4. バットなどにあけ、大豆が40〜45度くらいに下がるまで待つ。 調理用の温度計は、発酵食の自家製に便利なアイテム 5. 冷めるのを待つ間に、納豆菌を取り出す。 保温に使うヨーグルトメーカーの容器に、大さじ1ほどの市販の納豆とお湯を入れ、少し泡が出るくらいにかき混ぜる。 混ぜることでお湯に納豆菌が移り、蒸し大豆に菌が広がりやすい。 ちなみにここで余った市販の納豆は、同量ずつラップに包んで冷凍しておけば、また納豆を作るとき同じように使える 6. 上記5の容器に、適温に下がった4の大豆を移し入れ、納豆菌が全体に均等に広がるよう優しく全体的に混ぜあわせる。 ヨーグルトメーカー(保温器)にセットする。 ヨーグルトメーカー付属の中蓋は不要 発酵熱でできる水滴が入らないように一番上の蓋をする前に布巾を挟んでおこう 8. 温度は45度、時間は24時間にセットして保温スタート! 実際には外気温などによってもっと早く出来上がっていることもあるが、24時間保温すれば未発酵による失敗などが防ぎやすい。 もしも可能なら20時間ほどで一度中をチェックしてみよう。 中が順調に発酵し熱が保たれている様子 布巾を取って中を覗くと、もうかなり納豆になっている様子が見える。 24時間後、完成。 大豆300gから、納豆600gに。 たっぷりあって嬉しい! 初めて見るようなボリューム感が、幸せ中枢を直撃 できたてフレッシュな納豆のツヤ感とあたたかさ、そしておいしさのもたらす幸福感は自家製ならでは!ハードコアな納豆ファンの皆さんにはぜひ一度、できたてを薬味も醤油もなしで一口味わってほしいです。 念のための注意事項 ヨーグルトメーカーの容器は納豆専用を用意 納豆菌は空気中にも存在し、100度に熱せられても負けない強さを持つと言われています。 そのため、ヨーグルトメーカーの容器は納豆専用を用意しておきましょう。 特に、甘酒や天然酵母パンなどを日常的に作られている方は、念のためにも納豆の保温を別の部屋でするのが良いかも。 納豆からアンモニア臭がする場合は冷蔵庫で休ませましょう また、初めて作る時によくあることですが、もしも出来たての納豆からアンモニア臭がする場合は、タッパーなどに入れて冷蔵庫で1〜2日休ませましょう。 もしくは冷凍でも大丈夫です(解凍は自然解凍がオススメ) この匂いは、大豆が納豆になる過程でタンパク質が分解される時にでるアンモニア化成金によるもので、何もおかしなことではなりませんのでご安心を。 冷気に当てる低温処理で抑えれるほか、頻繁に納豆作りをしていくと徐々に匂いがしなくなってきます。 保存は冷蔵庫で1週間〜10日 また、この作り方でたっぷり作った納豆は、冷蔵庫で1週間〜10日くらいで食べるようにしましょう。 食べきれない分は冷凍保存が最適です。 小さなプラ容器を使って市販の納豆パックと同じくらいに小分けして冷凍すれば、一人暮らしの食事などにとても便利 手作り納豆は週末の過ごし方にピッタリな気軽さ 金曜の夜に大豆の浸水を始めて、翌日土曜の午前中に保温スイッチが押せれば、うまくいくと日曜のお昼ご飯にできたて納豆が食べられるかもしれません。 一晩(浸水)+ 30〜40分(蒸し)+ 24時間(保温)という所要時間はきっと、菌たちの世界ではさほど長い時間でもないのでしょうけれども、忙しい現代社会ではやや長くも感じるもの。 そんな「時間の感覚」も納豆を通じて新鮮な体感ができるかもしれません。 無添加の自家製納豆は、高い栄養素と健康効果をたっぷり味わえるうえに、包装のゴミも出ないというエコフレンドリー。

次の