お気 を つけ て お越し ください ませ。 この敬語正しいですか?「お気をつけてお越しになられて下さい」...

「お越しください」の例文・正しい敬語か・使い方・類語

お気 を つけ て お越し ください ませ

目上の人を送り出すときは、「お気をつけて行ってらしゃいませ」• 目上の人が帰ってきたときは、「お疲れ様でした」• 「お気をつけて」を英語でいうと「Please be careful」 ビジネスで「気をつけて」は敬語でどういうの? 友達や家族を送り出す時、「気をつけて」と言うことが多いのではないでしょうか。 「気をつけて」を先輩や上司に言う際は、「お」をつけて「 お気をつけて」と言うと丁寧な送り出しの言葉になります。 「お」は、昔皇帝に関する動作や物事に「御」をつけて尊敬の意味を与えたことから来ており、長い年月を経て日本では一般的な敬語となりました。 また、「お気をつけて」は気をつけて〜するといった 動詞の部分を省いた言い方です。 より丁寧に詳しく言いたい場合は、後ろに動詞をつけるようにしましょう。 目上に対する「お気をつけて」「行ってらっしゃい」の適切な伝え方 会社の上司が外出や出張に出る際は、部下として気持ちよく送り出したいですよね。 その際、適切な言葉遣いで送り出すことができれば、上司からの印象も良くなるでしょう。 自信を持って声掛けをするためにも正しい言葉遣いを学んでおきましょう。 目上に対しては「お気をつけて行ってらっしゃいませ」が丁寧 外出や出張に行かれる上司にかける言葉として「お気をつけて」と言うことはとくに問題はありません。 ここで間違えやすいのは「お気をつけて」に続く「行ってらっしゃい」という言葉です。 「行ってらっしゃい」という言葉を、上司などの目上の相手に使うのはあまり適切ではありません。 なぜなら「行ってらっしゃい」は丁寧語ではないからです。 正しい丁寧な言葉は、「 行ってらっしゃいませ」です。 そのため、外出や出張に行かれる 上司に対しては「お気をつけて行ってらっしゃいませ」と伝えることが最も丁寧であると言えます。 外出や出張から帰ってきた上司にかける適切な言葉 外出や出張に行かれる上司に対しては、上記で紹介したように「お気をつけて行ってらっしゃいませ」が適切な言葉遣いとなります。 では、外出や出張からオフィスに帰ってきた上司にはどのような言葉をかけるべきでしょうか。 帰ってきた上司には「お疲れ様でした」と声をかける 外出や出張からオフィスに帰ってきた上司には、送り出した際と同様になにか一言伝えるようにしましょう。 このときに適切なのは「 お疲れ様でした」というねぎらいの言葉です。 「お疲れ様」は敬語ではないので先輩や上司に使う際には気をつけましょう。 また、帰ってきた上司に「お疲れさまでした」という際には必ず 目と目をあわせて言うようにしましょう。 どんなに尊敬語を話していても心から敬ってなければ、その言葉に意味はありません。 心を込めて「お疲れさまでした」と言われると、本当に疲れている時には、ものすごく心に響くものです。 出張・外出から帰ってきた上司にかける言葉 ここで注意しておきたいことが「 ご苦労様です」という言葉です。 「ご苦労様」という言葉は 目上の人が目下の相手に対して何かをねぎらう際に使う言葉です。 「様」という漢字があるので、一見敬語のように感じてしまいますが、敬語ではないので上司や先輩に対して使わないように気をつけましょう。 クライアントへ「お気をつけて」はどう声をかけたらいいの? では、クライアントへのねぎらいの言葉はどのようにすればいいでしょうか。 「お疲れさまでした」を社外の人に言うことは失礼であるという説もあります。 なので「お気をつけて」と言うほうがベターです。 しかし前述の通り、「お気をつけて〜してください」の〜の部分に動詞を補うと更に言いたいことが相手に明確に伝わるのでよりよいでしょう。 ここからは、どのような動詞を補って、クライアントに声をかければいいのかを紹介していきます。 お気をつけてお越しください クライアントが自社にいらっしゃるときに使いたい言葉が「 お気をつけてお越しください」です。 この言葉は、何事もなく無事にこちらに到着していただけますようにという思いを込めた相手への気遣いの言葉です。 一見二重尊敬のように見え、誤っているのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。 しかし、「お気をつけてお越こしください」は、ふたつの単語を組み合わせてそれぞれを敬語にしているだけで、二重尊敬ではありません。 ちなみに、「お気をつけてお越しになられませ」は、お越しになるとなられるというふたつの尊敬語が同じ単語で使われているので二重尊敬語です。 使わないようにしましょう。 お気をつけてお帰りください クライアントがお帰りになるときに使いたいのが「 お気をつけてお帰りください」です。 特に、雨が降っていたり、暗かったりする際に使うといいでしょう。 お体にお気をつけください クライアントにしばらく会えない時使いたいのが「 お体にお気をつけください」という言葉です。 この言葉は、会えない間の無病息災を願う言葉です。 「お体にお気をつけてください」は間違いです。 ただし、「お」をつけずに「気をつけてください」は正しい言い方になります。 「食べてください」とは言いますが「お食べてください」とは言わないのと同様の理由です。 専門的な話になりますが、「お〜ください」と人に何かをお願いする時、〜に入る部分は動詞の連用型やそれに準ずるものが来なければなりません。 よって「気をつける」という動詞の連用形は「気をつけ」なので、「お気をつけください」が正確な言葉です。 専門的な話しはさておき、 「お気をつけてください」が誤用であることに注意してください。 「お気をつけて」を英語で伝える場合 「お気をつけて」を英語で伝えたい場合はどうしたらいいでしょうか。 「お気をつけて」と英語で言う時、はじめに出てくる単語は「careful」が多いでしょう。 「be careful」で「気をつけて」ですが、もう少し丁寧に言うと「 Please be careful」となります。 そもそも「お気をつけて」は日本の挨拶なのでそれにとらわれることなく、英語の別れの挨拶を伝えることもおすすめです。 英語の別れの挨拶といえば、簡単なものなら 「Have a good day」や「Take care of yourself」。 難しいものなら 「Take a safe trip back home」があります。 状況に応じて正しい言い方で伝えよう.

次の

その国に合った言葉を選んで表現しよう

お気 を つけ て お越し ください ませ

敬語表現の「~くださいまして」という表現は、「くださる」が「くれる」「もらう」の尊敬語になります。 つまりこの「お越しくださいまして」の意味は「来てくれて」です。 この「お越しくださいまして」はこれ単体では使いません。 普通は「来てくれてありがとう」のように「~してくれて~」という表現をします。 それでは、以下で例文をご紹介します。 「本日はお忙しい中、お越しくださいまして誠にありがとうございます」 「足元がお悪い中、当店へお越しくださいまして感謝申し上げます」 「お客さまがお越しくださいましたこと、大変嬉しく存じます」 「せっかくお越し下さいましたのに、担当者の不在で大変ご迷惑おかけいたしました。 申し訳ございません」 「お越しくださいませ」とは? 「いらっしゃる」は「行く」「来る」「いる」の3つの意味をもった敬語になるため、文章によってはどの意味なのか分かりにくい時があります。 たとえば、「社長室にいらっしゃってください」の文だけ見てみると、「社長室に行って 来て ください」なのか「社長室の中にいてください」なのかいまいちハッキリしません。 こういう場合には、できるだけ他の表現をするようにしましょう。 行って 来て ほしいのであれば「お越しください」の表現の方が分かりやすいですし、いてほしいのであれば「社長室の中でお待ちください」だと意味は明確です。 以上のように、どの意味の「いらっしゃる」なのかハッキリしない場合は、別の表現をするようにしてください。 「お越しください」について説明しました。 それではこの記事の内容をまとめます。 「行ってください」「来てください」の敬語「お越しください」は、目上の方に対してのみ使われます。 特にビジネスにおいては、取引先企業やお客さま、顧客に対して用いる敬語です。 「お越しください」以外にも「お越しになってください」や「いらっしゃってください」「おいでになりませんか?」など、同じ意味を持った別の敬語表現ができます。 もし、もっと丁寧な言い方をしたいのなら、「お越しいただけませんか?」などと疑問形を用いてください。 ただし、二重敬語には十分に注意して下さい。 「お越しになられる」「おいでになられる」などは二重敬語になるため、不適切な表現です。 二重敬語は人によっては良くない印象を持ってしまいますので、二重敬語にならないよう普段から適切な使い方を心がけてください。

次の

敬語表現「お越しください」の使い方をマスターしよう!

お気 を つけ て お越し ください ませ

「お気をつけて」の意味について まず初めに「お気をつけて」という言葉の意味について紹介します。 改めて問われると正しい意味や使い方って、説明するのが難しいですよね。 なんとなく理解しているとは思いますが詳しく意味についてまとめていきます。 「お気をつけて」の意味 「お気をつけて」は「気をつける」に「お」をつけて敬語表現にして、さらに助詞の「て」をつけた言葉です。 相手に対して「気をつけるように・注意をするように」と注意喚起する、注意を促す言葉となります。 「気付け」という言葉ではよりその意味が明確になり、元気をつけるという意味と断定できます。 「お体お気をつけてください」の意味 先述した通り、気をつけるには元気をつけるという意味と、注意を促すという二つの意味があります。 これが「お体お気をつけください」となると、病気や健康に気をつけるとともに、体を元気にしてくださいね。 といういたわりの気持ちや労いの気持ちも込められた意味が強くなります。 前後につく言葉で意味がより強調される言葉だということを知っておきましょう。 お気をつけては失礼? 上司や目上の人に対して「お気をつけて」とお辞儀をしながらいうシーンが目に浮かびますが、これは失礼な言動に値するのでしょうか? 答えは明確に失礼ではないがモヤっとしたものが残るというところが実際の印象でしょう。 また「お体お気をつけて」と言ってもこちらもなんだか失礼ではないけどモヤモヤした気持ちが残ります。 なんだか、社会人としてふさわしい言葉遣いのようには感じられません。 ではどのような言葉が正しいのでしょうか? スポンサーリンク 「お気をつけて」の正しい使い方 「お気をつけて」を上司や目上の人に使用する場合の正しい使い方について紹介します。 それぞれの使用シーンごとの正しい使い方や言い回しについて確認しましょう。 オーソドックスな表現 いつでも使用できるオーソドックスな表現としては「お気をつけください」という表現がもっとも普通で当たり障りのない表現でしょう。 お気をつけてという表現をもっと丁寧にした表現が「お気をつけください」になります。 これであれば相手にとっても失礼に感じることなく耳に届くでしょう。 もっと表現を丁寧にしたい時や念押しをしたい時はくれぐれもお気をつけください。 と頭にくれぐれもをつけるといいでしょう。 しかしあまり念押しをしすぎると、くどくなってしまうこともありますので注意しましょう。 お見送りをするときの表現 上司や目上の人を見送る時は「お気をつけていってらっしゃいませ」や「お気をつけておかえりください」と表現するといいでしょう。 お気をつけてという言葉だけでなく、そのあとに気の聞いた言葉をつけることがポイントです。 お気をつけて!と深々とお辞儀をして威勢良く言うだけだとヤクザっぽくなるだけですので注意です。 上司を見送る言葉としては「お気をつけて行ってらっしゃいませ」がもっとも誠実感があり、丁寧な言い方でしょう。 相手の体を労わるときの表現 相手の体調や体を労わるときには「お気をつけてください」という表現もありますが「ご自愛ください」という表現もあります。 特に「ご自愛ください」という言葉は手紙やビジネスメールなどでの文書でのやり取りのときに適している言葉でしょう。 言葉での労いの言葉をかける時も「お気をつけて」と言うよりも「お気をつけください」と表現した方が適切でしょう。 スポンサーリンク お気をつけての誤用 頻繁に使用するシーンの多い「お気をつけください」ですが、これを誤用してしまうことがあります。 誤った使用方法や間違った言葉の使い方について、その使用例を紹介します。 誤った敬語表現 お気をつけてと言う言葉の誤った敬語表現について紹介していきます。 目上の人には使用しないよう注意しましょう。 語尾に注意しましょう。 であればお気をつけください。 とシンプルに表現した方がいいでしょう。 その他の表現としてお気をつけなさいませを紹介しました。 〜なさいませ、は尊敬表現になるのですが、「お気をつけなさい(ませ)」という言葉に若干角が立って聞こえてしまうかもしれません。 」 お気をつけて、まではいいのですが「来てください」という言葉が尊敬語や丁寧な言葉になっていないのでNGとしました。 より丁寧な言い回しにするのであれば「来る」の尊敬語に当たる「お越しになる」と表現した方がいいでしょう。 スポンサーリンク メールでの例文 お気をつけてを含むあらゆるシーンでのメールの文面について紹介します。 これから帰ってくる上司に向けて送る文面 出張をする上司や、これから外出先から帰って来る上司に対して「お気をつけて」の意味を含むメールを送ることって結構ありますよね。 そんなときに失礼の内容に上司を労うメールの文面いについて紹介します。 ご無事なお帰りをお待ちしております お気をつけてお帰りください。 と同様の意味での言葉です。 「道中長旅とは存じますが、ご無事なお帰りをお待ちしております。 」と表現すれば失礼に当たることはないでしょう。 道中お気をつけてお帰りくださいませ 「道中気をつけてお帰りくださいませ」 これもこれから帰ってくるはずの上司に送るメールに適している文末です。 お世話になった人を労うときの文面 社会人にもなると恩師やお世話になった人も増えて、お礼や感謝の気持ちを伝えることも多くなります。 そんなときに使う文章を紹介します。 お体にお気をつけてくださいませ 「本日はありがとうございました。 どうぞお体にお気をつけてくださいませ。 」 丁寧語の表現も交えつつ、大きく背伸びもしすぎないちょうどいい表現です。 「お体に気をつけて」だけですと、ちょっと親しすぎる間柄になってしまいますので、その辺はご自分の感覚で判断してみてください。 お体ご自愛ください 上記でも紹介したご自愛くださいと置き換えたときの文面です。 「季節柄猛暑の日々が続いておりますが、体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 」 「くれぐれもお気をつけください」と文末を締めくくることもできますが、よりかしこまった表現をすることができます。

次の