ヒルトン 瀬底 島。 ヒルトン沖縄瀬底リゾート

瀬底島・沖縄の旅館業!今夏、ヒルトンが新規開業の大注目エリア!

ヒルトン 瀬底 島

美しいサンゴ礁の海と、満天の星空がパノラマに広がる瀬底島。 世界117か国に約6,000軒のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーのヒルトンが日本初のビーチリゾートホテルを沖縄瀬底にオープン。 ホテル前面に広がる瀬底ビーチでは、マリンスポーツや白い砂浜での海水浴が楽しめる。 人気観光スポットとして知られる沖縄美ら海水族館へは車で約15分とアクセスもいい。 また、世界遺産の今帰仁城跡、やんばる国立公園、水納島、古宇利島など、美しい自然が広がる沖縄本島北部を巡る拠点としても最適。 那覇空港からのアクセスは、車で沖縄自動車道経由、約90分の好立地。 オフホワイトと木の軽やかさを生かした柔らかい空間の客室には、瀬底の海の波を思わせるアクセントが施され、プライベートバルコニーやテラスから見えるリゾートならではの景色との美しい調和を望める。 全室オーシャンビューとなっており、日常から離れて一面に広がる美しい海を眺めながら、陽の光と潮風を五感で感じられる、ゲストの心に残る滞在を提供する。 今度の夏は沖縄の美しいビーチでラグジュアリーな休日をすごしてみては。 住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底5750番地 ヒルトン沖縄瀬底リゾート: (MOCA.

次の

ヒルトン沖縄瀬底リゾート オープン

ヒルトン 瀬底 島

ヒルトン沖縄瀬底リゾートとは? ヒルトン沖瀬底リゾートは、ヒルトンが沖縄でヒルトン北谷に続き、2020年開業予定のリゾートホテル ホテル棟とタイムシェアホテルの2棟に分かれています。 ( ヒルトン沖瀬底リゾートは)森トラストが地上10階延べ床面積約1万5千平方メートルのホテルを開発し、ヒルトン側が所有、運営する。 キッチンやリビング、寝室を備えた部屋の所有権を1週間単位で購入できるのが特徴。 参照元:沖縄タイムス ちなみに「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」は仮の名前となっていましたので変更になるかもしれません。 次に「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」の場所・アクセスについて紹介していきますね。 春休みシーズンの「ヒルトン北谷」の料金を調べてみました。 大人2人で「ヒルトン北谷」の料金は、40,456円(食事なし) シティービューで40,456円。 オーシャンビューで44,606円でした。 料金は変動しますので、目安としてください。 ブッキングドットコム調べ スポンサーリンク ・ヒルトン沖縄瀬底タイムシェアの料金 ヒルトンのタイムシェアとは、一部屋を、52週間(52名)「タイムシェア」として購入出来ます。 購入費用の他に管理費が毎年かかります。 空港や日本のヒルトンホテル受付でも「ヒルトンタイムシェア」の説明をよく見かけますね。 ヒルトン沖縄瀬底タイムシェアの料金の予想としては、300万程度という口コミを聞きましたが 詳しい情報が分かりましたら追記していきますね。 ヒルトン沖縄瀬底リゾートタイムシェアホテル沖縄:予約はいつから ヒルトン沖縄瀬底リゾートホテル&タイムシェアの予約は、まだ開始されていません。 予約開始になりましたら、こちらで紹介していきますね。

次の

ヒルトン沖縄瀬底リゾート(2020年7月1日オープン) 宿泊予約【楽天トラベル】

ヒルトン 瀬底 島

ヒルトンの新規開業ニュースです。 なんと沖縄の瀬底島に2020年にヒルトンホテルと2021年にグランドバケーションズの両方が開業されるとのこと。 森トラストとヒルトンの提携です。 ってか森トラストの勢い半端ないねー、最近の新規開業外資ホテルってたいてい森トラスト絡んでね? 瀬底島って わたくし知りませんでしたわ。 場所はここだね。 美ら海水族館の少し手前だね、ってことは空港からの距離的には多分同じくらい。 報道によると車で1時間半ほど。 グランドバケーションズも そうそう、同じ場所に1年遅れでグランドバケーションズもできるそうです。 そう、1旅行で必ず1回は目にする勧誘部隊がやってるあれですよ。 で、完成すれば アジア初のタイムシェアバケーションズになります、なかなかハワイには気軽には行けないけど(無職、自営業除く)、沖縄なら我々社畜でもアクセス可能ですよね。 そういや、あれの説明聞きに行ったら 3泊か2泊か忘れたけど、ヒルトンハワイアンビレッジの無料宿泊権貰えるっていう話あったなー。 カップルか友達同士でいけば6泊貰えるってことでしょ。 すごくね? 今もやってるのかな? その他ヒルトンの新規開業予定ホテル 北谷にダブルツリーができますよね、那覇にも2つリブランドでありますけど、こっちは完全新築でリゾート型のダブルツリー。 ヒルトン北谷の横にできるそう。 2018年夏開業らしい、もう来年ですよ。 一方数年前からずーっと言われてて、音沙汰なしの ヒルトン金武は・・・知らん。 2019年開業予定らしいが、あんまり続報はない。 あとは東京にヒルトンの最上級ブランドのウォルドーフアストリアができるよ。 沖縄の魅力 沖縄は アジアNo. 1のビーチでポテンシャルがどうこう、って話良く聞くんですけど、 本当にそうかな、っていっつも思うんですよね。 だってまず 5~10月のベストシーズンと梅雨台風のシーズンか重なっている時点で結構アウトでしょ。 旅行中ずーっと雨で台無しになったり、台風で欠航、下手したら旅行すらポシャる可能性避けたら、梅雨明けの 7月初週or 6月最終週もしくは台風シーズンが終わりでかつまだ海に入れるほど暖かい 9月最終週から10月初旬だけですよ。 東南アジアなら雨季と乾季すら間違わなければ、基本天候面は気にしなくていいし。 あと、ハワイのワイキキみたいに、 「ビーチ沿いにホテルが何軒も立ち並んでいて、目の前すぐビーチ、そしてビーチ沿いに繁華街があってブランド店やショッピングモール、レストランが並んでいる」みたいな場所も無いでしょ。 ビーチリゾートってやっぱこうだと思うんですよね。 ホテルの目の前ビーチ&徒歩圏内に繁華街。 沖縄のホテルってもちろんオンビーチはいくらでもあるけど、なんかポツンポツンってあるからホテルで篭もる以外すること無いんだよねー。 せいぜいレンタカーで地元の居酒屋行くくらい違います? ハワイみたいに、 今日はあそこの有名ステーキ食いに行こう、今日はあそこのハンバーガー食べに行こう、ついでにぶらぶらしてショッピングモールで買い物もしよう、みたいなの不可でしょ。 やっぱりホテルの徒歩圏内に深夜までやってる繁華街がないと寂れてる感拭えないだよねー。 もちろんお籠もり系のホテルがあってもいいと思うけど、それって基本があるからこそだと思うんですよね。 あと、 3連休とか夏休みになると突然高くなる問題ね。 下手したら3泊とかで一人10万超えてくるでしょ。 もちろんみんな横並びでしか休み取れない我々日本人が悪いんですが、10万払って沖縄!ってなってまいますわ。 それで台風と重なったものならもうファミリーなら離婚の危機ですよ。 結局沖縄ってクソ暇な大学生か自営業、引退後、もしくは外国人向けで、 我々社畜には沖縄って向いてないと思うのよねー。 まあ色々いったけど、天候はさておき、われわれ日本人が気軽に、安く行けるリゾートになって欲しいですね。 おしまい。 LifeisTravel.

次の