第4のチョコレート。 第4のチョコレートのカテゴリ「ルビーチョコレート」が80年ぶりに正式に認められる

札幌で味わえる、第4のチョコレート“ルビーチョコレート”|poroco ポロコ|札幌がもっと好きになる。おいしく、楽しく、札幌女子のためのWEBサイト

第4のチョコレート

目にも鮮やかなピンク色をしたルビーチョコレート。 別名「第4のチョコレート」って言われています。 なんで? その理由はですね……これ、およそ80年ぶりに、ダーク(ビター)、ミルク、ホワイトにつづいて開発されて登場したチョコレートってことだからなんです。 そもそも、それまで3種類しかないってのにも驚きのような、納得のような、食べるばかりでチョコレートのこと知らなかったな〜って思わされるんですけどね。 日本の「森永製菓」との提携も手伝って、今年のバレンタインデーシーズンには40以上のショコラティエやブランドから、およそ100種以上のルビーチョコレートを使用した製品が発売されることに。 残念な宣伝だと「これがRBY48だ!」とか言い出しそうなほど、2019年12月からの新作ラッシュによって出揃ったルビーチョコレート。 たくさんになったメンバー、それぞれジャンルにわけてご紹介しようと思います。 誰かへ贈るのにも、自分で口にするのでも、その味わいを一度は試してみるのいかがでしょ? 「カフェな気分で」ちょい洒落たい、ルビー 「森永製菓」は厚さ4mmの板状になった タブレット型ルビーチョコレートが発売。 コンビニの 「ファミリーマート」も4種の 小箱のギフトシリーズを販売。 パッケージが可愛くて、プレゼントにも自分用にも欲しくなります。 ちょっと変わったところで、京都駅などにお店のある 「美十」の ルビーショコラのこたべという生八ツ橋で包んだおたべのひと口サイズ版なんてものも。 また、街の洋菓子屋さん 「シャトレーゼ」のミルクやホワイトなどのチョコとルビーが食べ比べできる プレートチョコなんかは、みんなでわけわけして味を楽しめそう! 待ってましたとばかり、やっぱり旬なバレンタインシーズンに向けたこの時期ですから、大切な誰かに贈りたくなる、ちょっと背伸びしたくらいのギフトなルビーチョコレートも、各ショコラティエやブランドから登場してます。 ルビー・チョコの元祖ともいえる 「キットカット ショコラトリー」からは、 2020年新作キットカットのアソート。 「LE CHOCOLA H」で買える ルビーショコラバウムクーヘンも、わかりやすい贈答向きなひと品。 世界的パティシエ・辻口博啓さんの 「モンサンクレール」が販売する、パッションフルーツのギモーブを使用した ソシソンショコラは、ルビーチョコの華やいだ雰囲気を存分に感じられるルックスです。

次の

ビターチョコレートとミルクチョコレートの違いは? ルビーチョコレートが第4のチョコレートになる可能性(東龍)

第4のチョコレート

今年から販売されたルビーチョコレート。 注目されていますが、そんなルビーチョコレートはどんな味なのか?第4のチョコレートってなにがすごいの?などの疑問に答えていきます。 ルビーチョコレートとは チョコレートブランドであるカレボーが開発させたピンク色のチョコレートで、ルビーカカオ豆というカカオ豆を使用して作られるというルビーチョコレート。 着色料もフルーツのフレーバーも使っていないのにピンク色のチョコレートを作り出せるというのは、製菓業界で働く人にとっても驚いた人は多かったと思います。 ちなみにカレボーはもともとベルギーのチョコレートブランド、のちにフランスの同じく老舗チョコレートブランドのバリーカカオ社と併合してバリーカレボー社となっています。 ルビーチョコの特徴 ルビーチョコレートに含まれる原材料は、砂糖、カカオバター、脱脂粉乳、全粉乳、カカオマス、乳化剤 大豆由来 、クエン酸、香料。 原材料に乳成分が含まれているチョコレートのため、チョコレートの規格上、ミルクチョコレートに分類されています。 ルビーチョコの味わい そんなルビーチョコレートの味は、まろやかな甘さが特徴的でミルクチョコレートというよりはホワイトチョコレート寄りな印象で、そこに酸味が加わった味わいです。 酸味といってもフルーティーでベリーのような酸味に感じます。 この酸味がルビーカカオによるものなのか、それともクエン酸や香料がよるものなのか少し疑問で、クエン酸と香料がどれくらい含まれているのか気になりますね…。 カカオの風味や苦みがあまり感じられないため、本当にカカオマスが含まれているのが疑ってしまうほどカカオの主張が少ない印象です。 フレーバーチョコレートのようで不思議なチョコレートに感じます。 またカレボーの製菓用チョコレートとあって、くちどけはとてもよく、カカオ含有量としてカカオバターの量は多そうです。 酸味があるので加工する際の組み合わせ方は難しそうですが、製菓用にも十分使いやすいチョコレートのようです。 表現しにくいですが、どちらかというとベリーのフレーバーチョコレートや酸味のきいたホワイトチョコレートのような味わいで、まろやかな甘さの中に酸味がある印象です。 なぜ画期的なチョコレートなのか? チョコレートには、スイート ビター 、ミルク、ホワイトの3種類に大きく分類されています。 この4番目のチョコレートとして位置づけられるのが、ルビーチョコレートなのではないか?…といわれているのです。 ピンク色をしたフルーティーな酸味があるチョコレートとあって、チョコレートが好きな人にとっては、非常に面白いチョコレートだと感じたのではないでしょうか。 第4のチョコレート 過去に第4のチョコレートという言葉を聞いたことがあるのでは? 過去にチョコレートブランドであるヴァローナ社がブロンドチョコレートを開発し、第4のチョコレートとして売り出しました。 ですが製菓業界ではブロンドチョコレートは知られるようになりましたが、第4のチョコレートとしてはあまり認知されておらず、一般の方にも広まっていないのが現状です。 そんな中、第4のチョコレートとして、新たにカレボーがルビーチョコレートを開発しました。 そのルビーチョコレートがスイート ビター 、ミルク、ホワイトに続く第4のチョコレートとして定着するかもしれないのです。 ただスイート ビター 、ミルク、ホワイトのチョコレートの見分け方は、大きく原材料によって分けられるのですが、ルビーチョコレートの場合は原材料から見るとミルクチョコレート。 ルビーチョコレートの違いがルビーカカオというカカオ豆の品種によって作られる点であることから、3種類のチョコレートの違いとは異なるため、第4のチョコレートになるかはまだ分からないかな…というのが今の感想です。 ルビーチョコレートは今後どうなる? 着色料なしでピンク色のチョコレートになるのは、個人的にも面白く、非常に画期的ではないかなと思っています。 酸味がありますがまろやかな甘味で、食べるチョコレートとしては美味しく、多くの人に受け入れられそうな味わいです。 バレンタインデーなどで手作りチョコを作る方にも、着色料を使わずに手軽にピンク色のチョコレートを作れるのであれば、十分な需要がありそう。 そしてカカオ豆によってピンク色のチョコレートを作り出せる点は、ほかの3種類のチョコレートと差別化しやすいかもしれません。 価格面や供給面によっては、今度こそ第4のチョコレートとして定着するかもしれないため、ルビーチョコレートはまだまだ注目されそうです。

次の

札幌で味わえる、第4のチョコレート“ルビーチョコレート”|poroco ポロコ|札幌がもっと好きになる。おいしく、楽しく、札幌女子のためのWEBサイト

第4のチョコレート

読みたい場所へジャンプ• 第4のチョコレートって何? 引用元:写真AC そもそも 第4のチョコレートって何? って思いますよね? 第1~第3のチョコって何よ? 聞いたことがないわ! そんな風に思いませんか? 私は思いました~ その第1~第3のチョコレート。 チョコレートには、• 1847年:スウィート(ダーク)• 1875年:ミルク• 1930年:ホワイト と3種類がありました。 皆さんにもなじみがあるチョコレート ですよね? 1930年のホワイトチョコレート以降、 新しいチョコレートは発見されていませんでした。 ホワイトチョコレート以降、 約800年ぶりに ルビーチョコレートが発見されたんです! 着色料もフルーツのフレーバーも入っていない、 ルビーカカオ豆から生まれた、見た目もかわいい ピンク色のチョコレート。 チョコレート世界シェアNo1であるスイスの バリーカレボー社が2017年の秋から プロ・職人向けの 「カレボー ルビーチョコレートRB1(業務用)」 を販売開始しました。 ルビー色の成分をもつ特殊なカカオ豆を 選定し、独自の技術で天然のルビー色を 生み出す事に10年の歳月をかけ開発! 着色料不使用でカカオの天然色による 鮮やかなピンク色。 どうしてピンク色? 鮮やかなピンク色が特徴的な第4のチョコレート ですが、これは 天然の色。 ルビーカカオ豆はブラジル、エクアドル、 コートジボワールなどカカオ産出国で育ちます。 カカオ豆がルビーカカオ豆かどうかは、種類や 原産によって決まるものではなく、 収穫時に ルビー色でフルーティーなチョコレート になる物質を豊富に持っているカカオ豆を 選別しているそうです。 第4のチョコレートってストロベリーや抹茶は? ダークチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコと 並んで人気なのがストロベリーや抹茶。 他にも季節限定で「マロン」や数量限定で 色々な味のチョコがあるじゃん! って思いますよね? あれはホワイトチョコレートに着色料や 香料などを使用して作っている チョコレートなんです! だから第1~第4のチョコレートに入らないんです! 第4のチョコレートの香りは? カカオ本来の豊かな香りとほんのりとした フルーティーな天然の酸味を持っている。 日本で初めてルビーチョコレートを 商品化したのは、ネスレ日本の 「キットカット ショコラトリー サブリムルビー」 が第1号商品。 2018年の1月から販売を開始。 ルビーチョコレートのカロリーは? 見た目的にはピンクでかわいいし、 味もフルーティー 女子にとっても受けがよさそうなチョコレート ですが、女子がとっても気にするのがカロリー。 世界で消費されるカカオとチョコレート製品の 25%にバリー・カレボー社が含まれています。 2007年9月に森永製菓と戦略的提携を発表。 他にはないの? 今年は色々なホテルやお菓子業界からも ルビーチョコレートの商品は出ているようです。 私の住んでいる町は田舎なので中々見つけることが できません。 やっとスーパーで 「ROSENHEIM ローゼンハイム)」 のチョコレートを売っているのをみつけました。 最近の記事• 2019年10月29日• 2019年10月10日• 2019年8月27日• 2019年7月19日• 2019年6月17日• 2019年5月18日• 2019年5月7日• 2019年5月5日 カテゴリー• 最近のコメント• に 小嶋健太 より• に えっこ より• に 澤地 泉 より アーカイブ•

次の