カレー冷凍 じゃがいも。 【知って得する!】カレーの冷凍方法、冷凍保存期間、解凍方法を紹介

じゃがいもの冷凍保存方法と絶品時短レシピ!【ママさん必見!】

カレー冷凍 じゃがいも

冷凍する時にはカレーのじゃがいもを別茹でする じゃがいもは冷凍すると食感が悪くなる、と感じる方が多いようです。 冷凍カレーのじゃがいもをどうするか、という疑問は多くの主婦の方が抱えているのではないでしょうか。 お料理好きな主婦の方に話を伺いました。 その方はカレーを作る際には、じゃがいもは一緒に煮込まずに、始めから別の鍋で茹でているそうです。 カレーのルーにじゃがいものデンプンが溶け込むと、解凍した時に美味しくないので、別鍋で茹でたじゃがいもを完成したカレーに入れるという方法で作っているのです。 茹でたじゃがいもは冷めると味がしみ込まないので、茹でる時に、多めの塩やコンソメを使うと、味の物足りなさもカバーできます。 考え方としては、トッピングに近いイメージかもしれません。 カレーを冷凍する時には、じゃがいもを入れる前の状態で冷凍します。 カレーを冷凍する前にじゃがいもを潰す方法 カレーを冷凍保存する時には、じゃがいもを潰してから冷凍するという方法もあります。 カレーを冷凍するときには、ジッパー付き袋を使う方が多いと思いますが、その袋に入れたら、袋の上から指でじゃがいもを潰すと簡単に潰せます。 この一手間を加えると、解凍した時のカレーが美味しくなります。 ドライカレーやキーマカレーのような具材の細かいものは、潰さずにそのままで大丈夫ですが、普通のカレーの場合は大きめに切っていますよね。 そのような時には試してみて下さい。 人参も冷凍前に潰すという方もいます。 冷凍後は味が落ちてしまいますので、なるべく早めに食べましょう。 解凍する時には、1分ほどレンジ加熱すると袋から出しやすくなります。 じゃがいもを冷凍してカレーに使う場合には じゃがいもは薄く切っておくと火も通りやすいですし、冷凍も素早くできます。 まず、じゃがいもを薄めにカットして、加熱します。 加熱は電子レンジを使うと便利です。 その後、冷ましながら、水分をキッチンペーペーで吸い取ります。 ラップなどに小分けにして、良く冷ましてから冷凍しておきましょう。 凍らせる前に、水分を取っておくことによって、使う時にばらばらになりやすくなります。 料理に使う時には、凍った状態で加熱すると崩れてしまいやすいので、電子レンジで加熱解凍してから使いましょう。 シチューや肉じゃがなど水分の多い料理は、料理の仕上げで加熱解凍したじゃがいもを入れます。 このようにすると、じゃがいものほくほく感が損なわれずに食べることができます。 カレーを美味しく冷凍するポイント 短時間で冷凍 美味しく冷凍するコツは、すばやく冷凍するということです。 そのために、冷凍庫に入れる前にしっかりと粗熱を取っておきましょう。 冷凍庫にステンレスのトレーが搭載されている冷蔵庫の場合は、このステンレスの上に冷凍したい食材を乗せすと、すばやく冷凍することができます。 凍らせるものもなるべく平たくしておくとより早く冷凍できます。 小分けにして冷凍 食品を冷凍する時には、小さく小分けにして冷凍しましょう。 冷凍も素早くできますし、調理に使用する際にも、必要な分だけ解凍できて便利です。 魚でしたら一切れずつ、お肉なら100g程度に分けておくと使いやすいですね。 解凍する際にも、小分けの状態の方が早く解凍できます。 密閉した状態で冷凍 肉などは乾燥してしまうと、風味や食感が悪くなるのはもちろん、解凍も上手くいかなくなります。 また、一度解凍したものをまた冷凍すると、あふれ出た水分が霜になり食品の細胞を破壊して味が落ちてしまいます。 乾燥や霜はきっちりと密閉しておくことによって防げます。 冷凍する際には、空気が入らないように、きっちりとラップなどで密閉することが大切です。 カレーを冷蔵保存する際の注意点 カレーを冷蔵の状態で保存したい場合は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。 カレーを出来るだけ早めに冷ましましょう。 大量のカレーは表面は温度が下がっていても、内側はなかなか温度が下がりません。 より早く冷ますには、桶などに氷を入れた水を張り、その中にカレーの入った鍋を入れると冷ましやすくなります。 冷めたら、ジッパー付き袋やタッパーなどの密閉できる容器に移し、冷蔵庫に入れます。 鍋ごと冷蔵庫に入れる方もいると思いますが、鍋ごと入れてしまうと、冷蔵庫にカレーの臭いが付きやすくなってしまいます。 カレーの冷蔵保存の期間は、季節や気温にもよりますが、2~3日くらいが目安です。 もし、カレーライスとして飽きてしまった時には、リメイクして違う料理にするのもおススメです。 カレーはリメイクしやすい料理で、チーズをたっぷり使ったカレーグラタンやカレードリアはお子様も喜ぶメニューです。 簡単にリメイクするなら、カレーうどんやカレーチャーハン。 パンとカレーも相性の良い食材です。

次の

余ったカレーの保存方法と正しい温め方

カレー冷凍 じゃがいも

はじめに カレーを作ったけど食べきれずに保存したいなと思うことがあると思います。 おいしく冷凍保存できる方法をまとめました。 カレーをたくさん作りすぎたときや、カレーを1度にたくさん作って保存しときたいというときに参考にしてください。 カレーを冷凍保存する際は菌の繁殖に注意が必要 レー冷凍のポイントは菌の増殖を抑えることにあります。 ご存知の通り、カレーは常温保存では菌が繁殖しやすくなるので季節に関係なく冷蔵又は冷凍保存が良いです。 冷蔵保存の目安は2~3日ので、3日以上保存したい場合は冷凍保存をおすすめします。 カレーはウェルシュ菌などの細菌が繁殖しやすい料理なので安全かつおいしく食べるために冷凍保存のコツがあります。 ウェルシュ菌は酸素がないところを好み、どんどん増殖するため、必ずカレーは鍋の底からかき混ぜることが大切です。 かき混ぜながら煮立たせた後に鍋ごと氷水を当てながら一気に冷却します。 完全に冷めてから冷凍用の密閉容器に入れましょう。 フリーザーバッグで冷凍する場合、空気を抜いて解凍しやすいように出来るだけ平らにしてチャックを閉じます。 じゃがいもは冷凍すると中がスカスカ状態になり、美味しくないので取り除くか、つぶしてから冷凍しましょう。 カレーと同様の冷凍方法で、シチューも冷凍保存が可能ですが、じゃがいもも、取り除くかすりつぶしてから冷凍しましょう。 日持ちは2~3週間ですが、なるべく早めに食べると良いでしょう。 カレーやシチューは、使う分量ずつ小分けに冷凍保存すると便利ですし、これまで鍋に入れたまま台所に放置していた人は、これを機に保存方法を見直しましょう。 カレーを冷凍保存するときはじゃがいもに注意 みんな大好きなカレーですが、残ってしまうこともあります。 日持ちがするように冷凍保存するのが手っ取り早いのですが具材の野菜は冷凍に向いていないものもあります。 ほうれん草や、ブロッコリー、定番のジャガイモもそのまま冷凍したら食べるときに美味しくないので注意しましょう。 ジャガイモやニンジンの食感がモソモソする原因は、家庭用の冷蔵庫は食材が凍結するまでに時間がかかります。 カレーに含まれる水分が氷の結晶になる過程で、ジャガイモのでんぷん質などを破壊してしまいます。 他のも、外の空気に触れる事が多いと油が劣化してしまいます。 いわゆる冷凍やけと呼ばれる状態です。 タッパなどの密閉された容器に、最初具を先に入れ、それをおおいかぶせるようにしてルーをかけて冷凍するとカレーにある油分がじゃがいもから水分でにくくする効果もあります。 カレーを容器やフリーザーバックに入れる際はできるだけ空気に触れないように工夫するようにすると良いでしょう。 急速冷凍すれば、解凍後も美味しく食べることができます。 保存期間 冷凍の場合はいかなる場合でも、保存期間は1ヶ月が目安となります。 それ以上になると、風味の点で劣ります。 冷凍すると無期限に食べられるような気がしますが、基本的にはできるだけ早く食べることを心がけましょう。 日持ち効果のあるスパイスを入れよう 冷凍する際、カレーの日持ちはどのくらいなのか気になりますよね。 カレーにはたくさんのスパイスが含まれているのですが、殺菌作用、防腐作用のあるスパイスが多く日持ち効果も抜群です。 中でもカルダモンは消臭効果もありますので、とても重宝します。 他にもオレガノも防腐作用や消臭効果がありますので、スパイスとしては積極的に入れたいものといえます。 冷凍したカレーの解凍方法 冷蔵庫で解凍 冷凍したものを解凍するのは、レンジの役目と思っている人も多いでしょう。 確かにそうなのですが、カレーに関してレンジでの解凍はまず失敗します。 とくに保存袋で冷凍していた場合、レンジにかけると必ずと言っていいほど、袋が破けてしまうのです。 時間がかかりますが、カレーは自然解凍するようにしましょう。 この場合、冷凍庫から冷蔵庫に移す解凍方法でも大丈夫です。 他の容器に移せるように柔らかくなったら、どのような解凍でもかまいません。 電子レンジでも軽く解凍するだけなら大丈夫です。 カレーの冷凍方法によって、解凍方法を変える人もいるようですが、自然解凍の場合はその方法に大差はありません。 放っておくだけなのですが、時間があれば冷蔵庫でゆっくりと解凍するようにしましょう。 湯煎で解凍 煎で解凍するのもオーソドックスな方法です。 この場合は、冷凍時にしっかりと密閉できる、保存袋あるいは冷凍パックなどに、カレーを詰めるようにします。 冷凍したものを解凍するのは基本的には自然解凍が一番なのですが、湯煎も負けてはいません。 自然解凍にかける時間がないとき、急いでいるときには、湯煎での解凍がおすすめです。 ある程度解凍したら、そのまま鍋に入れて加熱します。

次の

カレーのじゃがいもは腐りやすいって本当なの?お店も対策している!

カレー冷凍 じゃがいも

生活に役立つ「冷凍」 みなさんはお料理をする際に 「冷凍」を活用していますか? 冷凍する事によって旨みが増す 野菜や食べ物は多くありますし、 なんといっても 日持ちするように なるのが便利ですよね。 でも中には 「冷凍してはいけない食材」 も数多くあるということをご存じでしょうか。 冷凍する事によって 味や食感が大きく劣化してしまい、 食べる事すらできなくなってしまう 食材って案外多いんです。 今回はそんな「冷凍での失敗」を 避けることができるように、 冷凍してはいけない食材の紹介と、 どうしても冷凍したい場合の 対処法帆を紹介していきたいと思います。 カレーの冷凍に気を付けて!じゃがいも ついついうっかり 冷凍してしまいがちなのが 「じゃがいも」です。 じゃがいもは常温で保存しても かなり日持ちする食材なので、 冷凍する必要もあまりありません。 でも カレーやシチューを冷凍してしまい じゃがいもの冷凍を作ってしまう パターンは良くあります。 じゃがいもは冷凍してしまうと 繊維が無くなってしまいスカスカに。 とても食べられるような状態では なくなってしまいます。 まるで スポンジを食べているかのような食感 と言えばわかりやすいでしょうか。 カレーやシチューは冷凍しておけば すぐに使えて便利ですが、 あらかじめじゃがいもは取っておいて 先に食べるようにした方がいいでしょう。 じゃがいもほどではありませんが、 ニンジンもスカスカになってしまうのでご注意を。 また、どうしてもジャガイモを 冷凍保存したい場合や カレーやシチューのじゃがいもを 抜いても食べれない! なんて言う場合は 完全に潰してしまえば問題ありません。 潰してしまってから冷凍してください。 こんにゃくは水分が全部抜けてしまう プルプルの楽しい食感がおいしいこんにゃく。 水分量がかなり多い食材ですので 冷凍してから解凍すると こんにゃくの水分が 一緒に全部外に出てしまうんです。 そうするとプルプルの食感は 全くなくなってしまい、 スカスカの食感の悪い こんにゃくのみが残ってしまいます。 どうしてもこんにゃくを 冷凍したい場合は 「調理方法」として 冷凍しちゃいましょう。 実は冷凍したこんにゃくは こんにゃくとしてのおいしさは 無くなってしまいますが 「冷凍こんにゃく」という 新たな調理方法としてひそかに 注目を集めているんです。 スカスカになってしまった こんにゃくの食感が 「お肉に近い!」ということから、 ヘルシーレシピとして から揚げや炒め物に使われる といったパターンが多く、 また違った 楽しみ方をすることができますよ。 こんにゃくだと思って食べると 期待外れになってしまうので、 注意してくださいね。 ゴボウは筋が残って悪い食感に ゴボウはとっても繊維が多い食材。 食物繊維が多い事から 便秘解消の効果を期待して 食べている方も多いですよね。 そんなゴボウ、 冷凍するとその繊維だけが残って 食感が完全になくなってしまい、 筋っぽくてとても 食べにくくなってしまう可能性が。 栄養は豊富なのですが、 筋っぽい食感は良くありませんよね。 どうしてもゴボウを冷凍したい場合は、 カットして軽く火を通してから 冷凍しましょう。 生のまま冷凍する時に比べて 食感がまだ残っている 状態で冷凍することができます。 レタスはサラダにはできなくなる レタスは水分量が多い食材な為、 冷凍した後に解凍すると どうしても水分が出てしまい、 なんだか 元気のないべたっとした レタスになってしまいます。 白菜やキャベツもそうですが、 これらは炒めたり茹でたりして 調理する事が多いので 気にならないかもしれませんが、 レタスはそのままたべることが ほとんどですよね。 そのためあまり 冷凍はおススメできない食材なんです。 どうしてもレタスを冷凍したい場合は 火を通すお料理に使うようにしてくださいね。 もやしのシャキシャキ、台無しに。 安く手に入るけど、足が速いため 冷凍保存してしまいたくなるもやし。 このもやしも水分量が多いため 解凍したり調理したりする際には 水分が全部抜けてしまい、 シナシナのおいしくない もやしになってしまいます…。 炒め物だったりするとシャキシャキした 食感を楽しみたい食材ですので、 使えなくなってしまいます。 どうしてももやしを冷凍したい場合は、 煮込み料理やスープなどに 入れることを考えて冷凍しましょう。 炒め物やナムルなどには使わないでくださいね。 もしも冷凍できるのであれば、 かなり安売りしているときにたくさん買って ストックしておきたいくらいの食材ですが、 もやしの冷凍はあきらめましょう。 たけのこはヒミツの保存方法で こんな量のたけのこどうやって食べれば…。 なんて量のたけのこを 目にしたことはありませんか? タケノコはおいしいけれど、 まるまる1つをいただいたりして 量が多くて困ってしまう野菜でもあります。 たけのこは冷凍してしまうと なんだかティッシュのようなスカスカ、 フカフカな軽い感じになってしまいます…。 たけのこご飯にしても天ぷらにしても おいしくいただくことができなくなってしまいます。 かといって食べきれずに 捨ててしまうわけにはいきませんよね。 そんな時は 「お砂糖」を使って冷凍保存しましょう。 たけのこはお砂糖をたっぷり塗って 保存すれば不思議と食感そのまま、 美しくおいしいたけのこのまま 冷凍保存する事ができるようになるんです。 どうしても冷凍保存したいような場合は こちらをためしてみてくださいね。 冷凍きゅうりはサラダに使えると思ったら大間違い! きゅうりもほとんどが水分でできている野菜。 冷凍してしまうと 水分が一気に抜けてしまい、 全く持っておいしいとは言えない 食感になってしまいます。 たくさんのきゅうりを消費できない! なんてときは薄くスライスして お酢と調味料で漬け込むといいでしょう。 多少の復活は期待できます。 知っておいて損はないNG食材 いかがでしたか? 冷凍してはいけない食材って、 意外とたくさんあるんですよね…。 これを知っておけば、 冷凍した後にノリノリで使おうとして 「おいしくなくなってる!!」 なんて失敗から逃れることができます。 覚えておいて損はないですよ。

次の