ビューティー チャー。 ビューティー 通販

3月2日のスッキリのビューティーチャーで

ビューティー チャー

かじえりさんの「春のナチュラルメイク」ワザとおすすめコスメ 「かじえりのお悩みメイクルーム」コーナーは、メイクアップアーティストとして活躍されているさん(27歳)が、メイクにお悩みをもつ女性を大変身させるというもの。 今回は、 メイクの仕方が分からないという40歳の主婦の方が登場!メイクをし始めたのは30歳以降で、20代の頃はすっぴんで過ごされていたため、今でもメイクをどうしたら良いか分からないとのことでした。 旦那様からは「比較的童顔なのでしっかり大人の女性になってくれたら」という声も紹介されましたよ。 新垣結衣さんのようなメイクが憧れとのことで、かじえりさんが今回レクチャーしてくれたのが やり方 フィックスミストを顔全体に3~4プッシュ吹きかければOK。 かじえりさんの紹介 今回メイクを教えてくれたかじえりさんこと梶恵理子さんは、フリーランスの人気メイクアップアーティスト。 メイク講師や商品PRアドバイザーとしても活躍されており、ツイッターのフォロワー数は現在3万人超え。 さらに、ご自身のユーチューブチャンネル「かじえりチャンネル」の総登録者数は44万人を超えています。 芸能人の憧れ顏に近づけるマネメイクが話題で、コスメブランドの社員や美容師にも講演をされている実力者です。 モテリップを教えてくれるYoutube動画もありますよ。 まとめ 今回は、かじえりさんが教えてくれたメイク術&おすすめコスメをご紹介しました! 参考下記記事もオススメです。

次の

ビューティガレージ【公式】

ビューティー チャー

かじえりさんの「春のナチュラルメイク」ワザとおすすめコスメ 「かじえりのお悩みメイクルーム」コーナーは、メイクアップアーティストとして活躍されているさん(27歳)が、メイクにお悩みをもつ女性を大変身させるというもの。 今回は、 メイクの仕方が分からないという40歳の主婦の方が登場!メイクをし始めたのは30歳以降で、20代の頃はすっぴんで過ごされていたため、今でもメイクをどうしたら良いか分からないとのことでした。 旦那様からは「比較的童顔なのでしっかり大人の女性になってくれたら」という声も紹介されましたよ。 新垣結衣さんのようなメイクが憧れとのことで、かじえりさんが今回レクチャーしてくれたのが やり方 フィックスミストを顔全体に3~4プッシュ吹きかければOK。 かじえりさんの紹介 今回メイクを教えてくれたかじえりさんこと梶恵理子さんは、フリーランスの人気メイクアップアーティスト。 メイク講師や商品PRアドバイザーとしても活躍されており、ツイッターのフォロワー数は現在3万人超え。 さらに、ご自身のユーチューブチャンネル「かじえりチャンネル」の総登録者数は44万人を超えています。 芸能人の憧れ顏に近づけるマネメイクが話題で、コスメブランドの社員や美容師にも講演をされている実力者です。 モテリップを教えてくれるYoutube動画もありますよ。 まとめ 今回は、かじえりさんが教えてくれたメイク術&おすすめコスメをご紹介しました! 参考下記記事もオススメです。

次の

一般社団法人ビューティーポスチャー協会

ビューティー チャー

1:アジアンビューティーとは?コンビ芸人とは関係ある? 「アジアンビューティー」とは、その名の通り、アジア圏の美しい女性や、その美しさのことを指します。 しかし、「アジアンビューティー」と聞くと、モノマネ芸人の「アジアンビューティー」を思い浮かべる人もいるかもしれません。 レパートリーは小倉優子さんやアンジェラ・アキさんなどタレントさんのほか、アニメ『サザエさん』のタラちゃんや、おもちゃのファービーなど、幅広いことで知られています。 またアジアンビューティと聞いて、その音感から、お笑いコンビの「アジアン」を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。 でも今回は、そういったお笑い方面ではなく、女性の美しさについて、迫っていきましょう。 2:一重がクールでかっこいい!アジアンビューティーの特徴5つ アジアンビューティーな女性には、どんな外見上の特徴があるのでしょうか? (1)切れ長で一重か奥二重の目 アジアンビューティーの大きな特徴として、ぱっちりとした二重まぶたではなく、一重や奥二重で切れ長の目が挙げられます。 どちらかというと、クールな印象ですね。 筆者のイメージは、ディズニーアニメ『ムーラン』の主人公のような顔立ちです。 (2)頬骨が高く、エラが張っている アジアンビューティーと言われる女性の多くは、顔の頬骨が高かったり、エラが張っていたりと、立体的な顔立ちをしています。 メイクで頬骨の高さやエラを隠す人もいますが、他国ではこういった顔立ちに憧れて、頬骨やエラを強調するようなメイクをする人もいるほど。 人間は自分にないものに憧れを抱くものなのかもしれません。 (3)肌つやがある 肌がつややかで、化粧をしていなくてもそのまま外出できるくらい美しい肌を持っていることも、アジアンビューティーの特徴のひとつ。 また、必ずしも肌が白いわけでなく、健康的に日焼けした肌もアジアンビューティーとして認められます。 肌の色よりも、きめ細やかな肌質がアジア人の美しさの象徴になっているようです。 (4)身長が高く、細身でスタイルがいい 華奢でただ細いだけの体は、アジアンビューティーの特徴とは言えないようです。 高身長で、細身、なおかつバランスの良いスタイルが特徴と言えるでしょう。 シンプルな服も難なく着こなしてしまうようなかっこよさ良さが、アジアンビューティーの特徴といえるでしょう。 (5)つやのある黒髪 太陽の光に当たると輝いて見える、黒い髪もアジアンビューティーの特徴です。 そして長く伸ばしても輝く髪には、日ごろのケアが必須。 丁寧にケアされた黒髪こそが、アジアンビューティーの証なのです。 3:アジアンビューティーに似合う髪型3つ アジアンビューティーに似合う髪型には、どんなものがあるのでしょうか? (1)黒髪のストレートのロング アジアンビューティーと聞いて、まずイメージするのは、つややかでまっすぐな黒髪のロングヘア。 前髪は顔の印象に合っていればいいようで、眉毛のあたりでまっすぐに切りそろえても、斜めに流しても、センターで分けてもOKです。 (2)ぱっつんロングボブ ロングボブに、目にかかるくらいの重たいまっすぐの前髪というスタイルも、黒髪の美しさが引き立ちます。 日本人形のような顔立ちを、よりエキゾチックな印象にしてくれる髪型も、アジアンビューティーにぴったりのスタイルです。 アジアンビューティーな女性として有名な、山口小夜子さんのような妖艶な美しさを演出できそうです。 (3)骨格を活かすベリーショート 首の後ろや耳がしっかり見えるほど短く切ったベリーショートもそのアジアンビューティーな顔立ちや雰囲気が引き立ちます。 ボーイッシュになりすぎないように前髪を横に流すなどの工夫をすることも忘れずに。 目や唇のメイクによって女度を高めれば、アジアンビューティーなイメージにより近づけます。 4:世界を魅了するアジアンビューティな女性5選 続いて、アジアンビューティーな女性として有名な方々をご紹介します。 (1)森理世 — 2019年 7月月8日午後8時35分PDT 「ミス・ユニバース2007」の世界大会に日本代表として出場し、見事に優勝した森理世さんは、アジアンビューティーのアイコンと言っていいでしょう。 174cmもある身長とスタイルの良さ、切れ長の瞳と高い頬骨が欧米で憧れの的になりました。 日本では気が強いという批判もあったそうですが、内面からほとばしるエネルギッシュな印象に、世界で優勝を勝ち取ったのもうなずけました。 (2)ルーシー・リュー 映画「チャーリーズ・エンジェル」シリーズでは、彼女こそが欧米人が想像するアジアンビューティーの姿なのだと知らしめました。 アジア人らしい、エキゾチックな切れ長の目と高い頬骨などの外見はもちろんのこと、超難関進学校からニューヨーク大学に進学するなどの知的な一面も人気の理由です。 (3)冨永愛 — 2019年 6月月5日午後11時36分PDT 俳優の石田純一さんの長女のすみれさんは、健康的に焼けた肌と、175cmの長身、そしてアーモンド型の目もとが魅力的です。 流暢な英語を話し、モデルだけでなく女優としても活躍しています。 いつも幸せそうな空気感に包まれていて、周りの空気までも明るくしそうですよね。 (5)小雪 ドラマや映画など、多くの作品に出演する小雪さんもアジアンビューティーのアイコン的な存在。 雪のように白い肌や奥ゆかしい顔立ち、さらさらの黒髪の長い髪、小さな顔は一度見たら忘れられないですよね。 5:アジアンビューティーは褒め言葉? アジアンビューティーだと言われたとき、褒め言葉だと受け止めていい場合もあれば、そうでない場合もあります。 アジアンビューティーは海外では評価されるような美しさであっても、日本の中では一概に「美人」と思われない側面もあり、ネガティブな表現として使われることも。 「美人というよりも、アジアンビューティーという感じだよね」という言い方を筆者も聞いたことがありますが、「スタイルの良さや髪や肌のツヤは美しいけれど、好みではないし、かわいいとは思わない」というニュアンスを含む場合もあるようです。 相手がどんなニュアンスで話しているのか、表情を見ながら意味合いを判断しても良さそうですね。 この記事を書いたライター 番長みるく M. Bancho 元劇団四季のミュージカル女優で、準主役デビュー後、6年間在籍。 どこにも書いてない「恋愛の本音の部分」を執筆中。

次の