ビットポイント 手数料。 BITPoint(ビットポイント)の登録方法|MT4や出金手数料無料のお得な取引所

BITPoint(ビットポイント)の出金手数料は本当に安い!?最新徹底解説

ビットポイント 手数料

入金については、振込手数料が必要です。 なお、「クイック入金(即時入金)」を使うと、振込手続きをした瞬間に取引口座に振込額が反映されます。 口座開設後すぐに取引したい場合に便利なシステムです。 入出金手数料比較表 取引所・販売所 クイック入金 出金 無料 無料 無料 無料 無料 無料 770円 407円 入出金は頻繁に繰り返すものではありません。 そこで、あまり重視する必要はないでしょう。 しかし、できることならコストを支払いたくありません。 この点で見ると、ディーカレット、GMOコインそしてDMM Bitcoinが有利だといえます。 GMOコインなど複数の取引所でクイック入金ができますから、今すぐ取引したいと思い立ったら即座に入金して取引できます。 しかも、 手数料無料です。 ビットコインの預入と払出(重要度:低) ビットコイン取引に特徴的なのは、ビットコインそのものを預け入れたり払い出したりできることです。 そこで、ビットコインを出し入れするときの手数料を比較しましょう。 預入・払出手数料比較表 取引所・販売所 預入 払出 無料 0. 0004BTC 無料 無料 無料 無料 無料 0. 001BTC ビットコインの出し入れにかかる費用も、あまり考える必要はないかもしれません。 少額です。 しかし、 GMOコインとDMM Bitcoinの手数料が無料となっているのが注目できます。 GMOコインとDMM Bitcoinは、円の入出金も手数料無料ですからお得です。 ちなみに、ディーカレットの払出手数料は、ディーカレットの収入になるのではなく、マイナーと呼ばれる人々に支払う送金手数料になります。 ビットコインの現物取引(重要度:高) さて、ビットコインの現物取引手数料を比較しましょう。 現物取引とは、株式の現物取引と同じ意味です。 株式を100株買いたかったら、100株相当のお金を支払って、株式をもらいます。 ビットコインも同様です。 欲しい量のビットコインの金額を支払えば、そのビットコインは自分のものになります。 逆に、自分のビットコインを売って、お金を手に入れることもできます。 そこで、GMOコインとコインチェックの比較となります。 コインチェックが、Maker(メーカー)とTaker(テイカー)ともに手数料無料です。 素晴らしいです。 手数料無料のコインチェックよりも目立つのが、GMOコインです。 何と、 Maker手数料がマイナスになっています。 すなわち、取引すると手数料を「もらえます」。 今すぐに売買したいという場合は、コインチェックの手数料無料が魅力的です。 一方、指値で発注しておいて、注文が成立するのを待ってもいいよという場合は、GMOコインが有利です。 取引すれば、通常は手数料を支払うべきなのに、逆にもらえてしまうからです。 例えば、ビットコインを100万円で買って、100万円で売る…この取引でも資産が増えます。 1円も高く売っていないのに、です。 GMOコインとコインチェックの口座を作って、相場状況に応じて使い分ける戦略が考えられます。 GMOコイン公式サイト:• コインチェック公式サイト: ビットコイン現物取引手数料比較表(販売所の場合) 販売所 ビットコイン アルトコイン 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 販売所の場合、販売手数料はどこでも無料です。 ただし、買値と売値の差(スプレッド)は大きい傾向があります。 スプレッドが小さい取引を希望する場合は、取引所で売買しましょう。 なお、販売所の場合、まとまった数量でも提示された価格で売買できるというメリットがあります。 比較的大きな数量を売買したい場合は、販売所も選択肢に入れましょう。 スプレッドの具体例をご案内します。 買い:1,140,000円 売り:1,110,000円 この場合、ビットコインを買って即座に売ると、損してしまいます。 この損失額に相当するのが、スプレッドになります。 この差額は、販売所の収益源になります。 私たちとしては、 スプレッドは狭い方が有利です。 ビットコイン現物取引に最適な取引所 以上の考察から、ビットコインを現物で買うならば、以下の2取引所が有利だという結果になります。 GMOコイン公式サイト:• コインチェック公式サイト: FX取引等(レバレッジ取引)(重要度:高) さて、次にレバレッジを利かせた取引の手数料について比較しましょう。 現物取引は、ビットコインを買うのに必要な資金全額の準備が必要でした。 しかし、レバレッジを利かせた取引では、少額で大きな額の取引ができるのが特徴です。 なお、レバレッジを利かせた取引は一般にFXと言われることが多いと思います。 しかし、外国為替証拠金取引のFXとは少し性質が異なります。 ここではその説明は省略しまして、手数料を確認しましょう。 レバレッジを利かせた取引が可能な取引所・販売所では、いずれも売買手数料は無料となっています。 よって、 どこで取引しても、手数料の面で有利・不利はありません。 特徴的なのは、GMOコインです。 取引所でも販売所でもレバレッジを利かせた取引ができます。 GMOコインでは、レバレッジを利かせた取引を以下のように呼んでいます。 取引所の場合:レバレッジ取引 販売所の場合:仮想通貨FX 取引所と販売所の違いは何か?をおさらいしますと、「誰と取引するか?」です。 他の顧客と取引するか(取引所)、それともGMOコインと取引するか(販売所)です。 基本的な部分のルールはほぼ同じですので、お好みで取引場所を選べます。 GMOコインの取引所・販売所の具体的な考察は、別記事「」でご確認いただけます。 レバレッジ手数料比較 レバレッジを利かせた取引をする場合、定期的に手数料の支払が必要になります。 これを一般的に「レバレッジ手数料」と呼びます。 必要な手数料の大きさを比較しましょう。 1日当たりの大きさです。 取引所・販売所 買い 売り 0. ビットコインを長期間保有したい場合は、現物を買うほうがお得です。 現物を買うと、日々の費用は必要ありません。 レバレッジ取引をする理由 上の表の通り、レバレッジ取引では、現物取引とは異なる手数料が必要です。 では、なぜレバレッジ取引をするのでしょうか。 理由は2点でしょう。 自己資金よりも大きな金額で取引できる• 仮想通貨を持っていなくても、売りから取引できる 2番目の、売りから取引できるというメリットが大きいです。 というのは、現物の場合、価格の上昇で収益を狙います。 下落では収益になりません。 ところが、 レバレッジ取引なら、下落相場でも収益を狙えます(売りから始めて、価格が下落したところで買い戻し)。 この差はとても大きいです。 だから、レバレッジ取引をします。 レバレッジ手数料を支払わずに取引する方法 レバレッジ手数料を無料にする方法がありますので、ご案内します。 上の各社では、レバレッジ手数料が発生する時刻が決まっています。 ディーカレット:23時55分 GMOコイン:6時00分 DMM Bitcoin:7時00分 例えば、ディーカレットで取引しているとします。 午前8時にレバレッジ取引でビットコインを買いました。 その後、午後23時30分に売って取引を終了しました。 この場合、レバレッジ手数料は不要です。 午後23時55分時点で取引していないからです。 一方、午後23時50分に買って、翌日午前0時00分に売ったとしましょう。 この場合、わずか10分間の取引なのに、レバレッジ手数料が必要になってしまいます。 レバレッジ手数料はコストそのものです。 できることなら、支払いたくありません。 よって、 レバレッジ手数料が発生する時刻が重要になります。 上の表を見ますと、ディーカレットだけ時間が大きく異なることが分かります。 よって、 以下の組み合わせで口座を持つと、レバレッジ手数料を支払わずに短期売買を繰り返せます。

次の

入出金

ビットポイント 手数料

みなさんはBITPointという仮想通貨取引所をご存知ですか? 本田圭佑さんのCMではじめて知ったという方もいらっしゃるかもしれませんが、BITPointは 「手数料が安い」と非常に人気のある取引所です。 「手数料」と言っても仮想通貨取引では、取引手数料や送金手数料など色々な手数料がかかります。 そこで今回は、 BITPointでかかる手数料を他社と徹底比較しました。 手数料の種類についても丁寧に解説していきます。 BITPointの手数料がどのくらい安いのか気になっている方は一緒に確認していきましょう! 特にどの取引所で口座を開設しようか迷っている方は、取引所を選ぶ判断材料になりますよ。 BITPointとは? BITPoint(ビットポイント)とは仮想通貨取引所の一つです。 株式会社ビットポイントジャパンにより、2016年から運営されています。 日本だけでなく、中国、韓国、台湾など東アジアを中心に交換所を複数持っており、国際的な取引所になりつつあるんですよ。 取引所名 BITPoint (ビットポイント) 運営会社 株式会社ビットポイントジャパン (BITPoint Japan Co. , Ltd. ) 仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号 貸金業者登録番号 東京都知事 1 第31660号 設立日 2016年3月3日 本店所在地 〒106-6236 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階 資本金 44億3,000万円 (資本準備金含む) あわせて読みたい• BITPointの魅力 まずはBITPointの魅力についてご紹介します。 BITPointがどのような取引所なのかイメージができるでしょう。 5種類の仮想通貨を取り扱う BITPointでは、 ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)などの仮想通貨を取り扱っています。 ビットコインだけでなく、主要なアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)も取り扱っているので、ビットコインだけでなく色々な仮想通貨取引をしたい方にもおすすめですよ。 また、BITPointでは 今後取り扱う仮想通貨は増やしていく方針との情報もあります。 そうなれば更に利用者も増え、使いやすくなりそうですね。 上場企業が運営する取引所 BITPointを運営している株式会社ビットポイントジャパンは、 東証2部上場企業であるRemixpoint(リミックスポイント)の完全子会社です。 取引所が信頼できるかどうかは重要なポイントですよね。 親会社のリミックスポイントは 「変わることを楽しみ、常に挑戦し続け」をモットーに事業を行っています。 以前は配当でビットコインを配布したことが話題にもなりました。 電力事業や省エネ関連事業や自動車関連事業など手堅い事業を続けながらも、新しい挑戦を続けてほしいですね。 トレードシステムMT4を採用 BITPointは、 国内で初めてMT4(メタトレーダー4)を採用しました。 MT4とはインストール型の多機能トレーディングプラットフォームのことです。 自分で使いやすいようにカスタマイズがしやすいので、自動売買などをしたい方にはおすすめですね。 もちろん通常のWeb取引ツールもあるので安心してください。 あわせて読みたい• 口座開設手数料 BITPointでは口座開設手数料がかかりません。 口座開設後も管理料などは一切かからず無料です。 口座開設に手数料がかかる仮想通貨取引所はあまりないので、気になる仮想通貨取引所がある方は、まずは作ってみて使い勝手を比べてみるのが良いと思いますよ。 取引手数料 仮想通貨取引所には、販売所と取引所がありますが、 BITPointは取引所となっています。 販売所と取引所との違いは仮想通貨の購入先です。 販売所は仮想通貨交換業者から仮想通貨を売買します。 それに対し、取引所では個人間で仮想通貨を売買します。 取引所は販売所よりも手数料が安いため、欲しい仮想通貨の銘柄があればお得に購入できますよ。 現物取引にかかる手数料 現物取引とはレバレッジなどを利用せずに行う仮想通貨取引のことです。 現物取引の手数料は無料であることが多いですが、取引所によってはかかることもあります。 取引所 ビットコイン アルトコイン BITPoint 無料 無料 bitbank. cc 無料 無料 DMM Bitcoin 無料 無料 GMOコイン 無料 無料 Zaif 無料 無料 QUOINEX 無料 0. 25% bitFlyer 0. 01~0. 15% 0. 2% マイナスの手数料は、その取引をするともらえるということです。 以前はZaifがマイナス手数料を採用しており、取引をすればする程キャッシュバックを受け取ることができました。 しかし、2018年6月からは、手数料の金額が 「無料」に変更されています。 それを考えるとどこの取引所を選んでもあまり大きな差はなさそうですね。 レバレッジ取引にかかる手数料 BITPointでは仮想通貨にレバレッジをかけて取引することができます。 あわせて読みたい• レバレッジ取引を行う際に手数料がかかる取引所もあります。 国内取引所のレバレッジ手数料をまとめたものが以下になります。 取引所 ビットコイン アルトコイン BITPoint 無料 無料 Zaif 無料 無料 GMOコイン 無料 無料 DMM Bitcoin 無料 無料 bitFlyer 無料 — QUOINEX 無料 0. 25% bitbank. cc — — ご覧の通り、BITPointではレバレッジ取引に手数料はかかりません。 しかし、代わりに 建玉管理料(スワップポイント)がかかります。 次の項で詳しく見ていきましょう。 スワップポイント スワップポイントはFX取引だと金利の意味で使われますが、仮想通貨取引だと意味が異なります。 買いと売りのどちらかのポジションを持った時点で発生する管理費用のことを指します。 BITPointでは「建玉管理料」、GMOコインでは「レバレッジ手数料」など取引所によって名称が違います。 BITPoint(ビットポイント)の建玉管理料(スワップポイント)は ビットコインもアルトコインも0. 035%です。 仮想通貨取引では所持していると毎日かかります。 取引所 ビットコイン アルトコイン BITPoint 0. cc — — ショート、ロングを問わずポジションを持ち続ける限り、手放すまで「0. 長期的保有目的の場合は注意が必要です。 FX取引の癖で、 高レバレッジでポジションを持ち続けているとみるみるうちに資金が減ってしまうので注意してくださいね。 送金手数料 BITPointからウォレットや他の取引所などへ仮想通貨を送る際には、送金手数料がかかります。 取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類が異なるので、ビットコインで比較しました。 取引所 送金手数料 BITPoint 無料 GMOコイン 無料 DMM Bitcoin 無料 QUOINEX 無料 Zaif 0. 0002BTC bitFlyer 0. 0004BTC bitbank. cc 0. 001BTC BITPointはビットコインを送金する際に手数料がかかりません。 無料で送金できるのは嬉しいですよね。 ビットコインで短期間の取引を予定している方におすすめですよ。 あわせて読みたい• 入出金手数料 入出金手数料とは、入金手数料と出金手数料のことです。 入金手数料とは、現金を取引所の口座へ移動する際にかかる手数料で、出金手数料は取引所の口座から自分の口座へ移動する際にかかる手数料のことですね。 取引所 入金手数料 出金手数料 BITPoint 無料 無料 GMOコイン 無料 無料 DMM Bitcoin 無料 無料 QUOINEX 無料 500円 Zaif 無料 50万円未満:350円 50万円以上:756円 bitbank. cc 無料 3万円未満:540円 3万円以上:756円 bitFlyer 324円 (クイック入金) <三井住友銀行> 3万円未満:216円 3万円以上:432円 <その他の銀行> 3万円未満:540円 3万円以上:756円 BITPointでは入出金手数料が無料です。 銀行の振り込み手数料のみで入出金ができます。 クイック入金も無料なので、入金を急ぎたい時にも便利ですね。 スプレッド スプレッドとは買値と売値の差額のことです。 スプレッド=(買値)-(売値) スプレッドには売買手数料のような性質があります。 「見えない売買手数料」と言われることもあるんですよ。 スプレッドが大きいと「手数料が高い」ということになるので覚えておきましょう。 取引所によってスプレッドは異なるので、取引をする際には必ず確認してくださいね。 以下はスプレッドの比較です。 ビットコインの現物取引におけるスプレッドを比較しました。 スプレッドは常に変動するので、目安として参考にしてください。 取引所 スプレッド BITPoint 10,363 Zaif 145 bitFlyer 768 QUOINEX 1,140 bitbank. cc 1,680 GMOコイン 2,500 DMM Bitcoin 39,000 BITPointのスプレッドはやや高めな傾向があるようですすね。 日々変動していますが、1万円を超えることが多いようです。 1,000円前後にとどめる取引所が多い中、1万円を超える手数料がかかるのは少し痛いですよね… しかし、これはあくまでもビットコイン1枚分(1BTC)を購入した時のスプレッド。 基本的にはもっと小さな単位で購入することが多いでしょうから、取引の頻度や金額がそこまで大きくない人にとってはナーバスになるほどの金額ではないかもしれません。 BITPointの手数料まとめ BITPointの手数料について理解を深められましたか? BITPointは基本的に手数料が無料のものが多いので、初心者の方にも使いやすい取引所ですね。 ビットコインだけでなく、主要なアルトコインは取り扱っているので、複数の仮想通貨を取引したい方におすすめの取引所だと思います。 ただ、 スワップポイントと スプレッドについては注意が必要です。 こちらは BITPointでも手数料がかかります。 スワップポイントは建玉管理料といって、 買いと売りのどちらのポジションで持っていても所持し続けている限り毎日管理料がかかるので注意しましょう。 といっても、これは他社でもかかる手数料です。 他社では1日0. 039%~0. 05%程度かかる手数料がBITPointだと、0. 035%で済むのでやはり安いですよね。 スプレッドは他社と比べるとやや高めですが、そのほかの手数料が極めてやすいことを考えると誤差の範囲内といえそうです。 損益計算を自動で出してくれるなど、それ以上にメリットの多い取引所。 今後さらにBITPointの人気が高まれば、ユーザーが増えてスプレッドも小さくなっていくでしょう。 BITPointの口座開設は無料でできるので、取りあえず作って使ってみて、使い勝手を他の取引所と比べてみるのが良いと思いますよ。

次の

ビットコインの手数料を比較|最も安い取引所3選を紹介

ビットポイント 手数料

なぜビットコイン送付が無料になるのかというと、 送付手数料を取引所が負担しているからなんですね。 金額は日本円にして225円~450円程度なのですが、送付金額に関わらずかかる手数料なので、送付回数が多い、または一回の送付金額が少ない場合はこの送付手数料無料はかなりお得ですね! GMOコインの 日本円出金手数料無料も他に類がないですが、ビットコインとして運用するのであれば出金をするタイミングはあまりないかもしれません… ビットコインの取引にかかる手数料は、入出金手数料、送金手数料、取引手数料がありますが 目的に応じて有利な口座を利用してみてくださいね。 ビットコインの採掘(マイニング)とは ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。 その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。 その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。 分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。 そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。 余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。 この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。 つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。 (bitflyer: より) ビットコイン送付(取引台帳への追記)の報酬として支払われるビットコインの金額は、 送付する人が決められるのですが、一般的には0. 001~0. 006BTC以上とされています。 また、「 送付手数料をケチると、ネットワークの確認が遅くなる」ことがあります。 いわゆる 「送金詰まり」で、2017年5月には16万件以上の送金づまりが起こりました。 それは、報酬を受け取る側のマイナー(取引承認者)が送付手数料の高いものを優先しているためで、手数料をケチるとビットコインの着金にすごく時間がかかる場合があります。 ですので、 ビットコインの送付手数料は必ずかかるものと思っていてよいでしょう。 この送金づまりを解消するために、各取引所では一律に送金手数料を設けているのですが、送金側に手数料がかからない取引所も存在します。 以上、ビットコイン送付にかかる手数料比較・まとめでした。 また、それにより誤りや古い内容を予告なく訂正、削除することをご了承ください。 当サイトに掲載された記事、コラム、情報は執筆者個人の見解であり当サイトの見解を示すものではありません。 したがって、当サイトと執筆者は情報提供を目的としており当サイト及び執筆者の掲載情報により、不利益や損害、ユーザーが行った行動の一切について責任を負いかねます。 また、当サイトの無断転用を禁止いたします。

次の