しょう た。 「しょう」の索引 1ページ目

「しょう」の索引 1ページ目

しょう た

20156• 833• 115• 149• 258• 287• 425• 162• 304• 113• 133• 349• 333• 288• 194• 139• 155• 122• 191• 129• 235• 116• 131• 223• 1448• 2872• 4040• 2682• 461• 114• 382• 277• 136• 345• 2728• 113• 202• 145• 161• 136•

次の

しょう た

携帯用の笙専用の電気コンロ 日本にはごろに雅楽とともに伝わってきたと考えられている。 雅楽で用いられる笙は、その形を翼を立てて休んでいるに見立てられ、鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれる。 匏(ほう と呼ばれる部分の上に17本の細い竹管を円形に配置し、竹管に空けられた指穴を押さえ、匏の横側に空けられた吹口より息を吸ったり吐いたりして、17本のうち15本の竹管の下部に付けられた製の簧(した:)を振動させてを出す。 音程は簧のによって決定し、竹管でさせて発音する。 のリード管と同じ原理である。 いくつかの竹管には屏上(びょうじょう)と呼ばれる長方形の穴があり、共鳴管としての管長は全長ではなくこの穴で決まる。 そのため見かけの竹管の長さと音程の並びは一致しない。 屏上は表の場合と裏の場合があるが、表の場合は装飾が施されている。 指穴を押さえていない管で音が出ないのは、共鳴しない位置に指穴が開けられているためである。 と異なり、吸っても吹いても同じ音が出せるので、他ののような息継ぎが不要であり、同じ音をずっと鳴らし続けることも出来る(呼吸を替える時に瞬間的に音量が低下するのみ)。 押さえる穴の組み合わせを変えることで11種類の合竹(あいたけ)と呼ばれるを出すことができる。 通常のでは基本の合竹による奏法が中心であるが、調子、音取、、朗詠では一竹(いっちく:単音で旋律を奏すること)や特殊な合竹も用いる。 では用いられない。 その音色は天から差し込むを表すといわれている。 構造上、呼気によって内部がしやすく、そのまま演奏し続けると簧に水滴が付いて音高が狂い、やがて音そのものが出なくなる。 そのため、やなどで演奏前や間に楽器を暖めることが必要である。 なお、平安時代の「基経」を笙の「楽祖」とする。 「基経」とは、『続群書類従』管弦部所蔵の「鳳笙師伝相承」によれば、のことで、その後楽人である豊原家に継承されるが・父子が及び息子の・に伝授され、後に義光が時光の嫡男であるに返り伝授されたことが記されている。 それを意識したのか、も若い頃から笙を習得し、後に尊氏に擁立されたも尊氏に倣って尊氏の師であるから笙を習得し、その後歴代天皇の間でも笙を演奏するようになった。 また、尊氏を祖とするでも笙は将軍家の象徴()とみなされていた。 現代では雅楽だけでなく、の作曲家によって管弦楽や室内楽のなかで、あるいは声楽の伴奏楽器として活用されることもある。 笙より1オクターブ低い音域が鳴る (う)という楽器もある。 これは雅楽の伝統では一度断絶したものの、の宝物等を参考に、戦後になって復元された楽器の一つである。 現代において蘇演(復曲)された作品や、新作の、例えばの「昭和天平楽」などで用いられている。 これは日本の笙より大型で、音域は日本の笙の倍以上あり、素早い動きにも対応している。 もともと奈良時代に日本に伝わった時点では、日本の笙もパイプのような吹き口が付属していたが、現在ではそれをはずし、直接胴に口をあてて演奏する形に変わっている。 笙はでは「匏」に属する。 、北東部では笙と同じ原理の ()という楽器があり、一説では、これが中国の笙の原型であると言われる。 竹の順番 [ ] 音程は竹の長さとは無関係で、吹き口から向かって右側から時計回りに、以下の通りとなる。 竹の長さの順位と押さえる指も併せて示す。 竹の長さの順位は、1 最長 ・2・3・4・5 最短 と長い順に数字で示している。 正倉院の笙には、比も短くして千・也・言と同じ長さにしたものもある。 押さえる指は、L 左手 ・R 右手 、1 親指 ・2 人差し指 ・3 中指 ・4 薬指 で示している。 右手人差し指は千・比の竹の間の隙間に入れ、下・乙は内側から押さえ、比は指の裏で押さえる。 也・毛は、正倉院の笙 奈良時代の笙 ではが付けられていたが、現行の笙では通常簧が付けられておらず無音であり、外観を整えるために竹が残されている。 この也・毛から「野暮」という言葉が発生したという説もある。 伝来当初は也はG6、毛はD 5であったが、現代音楽等では也をA 5、毛をF5として簧を付けた特別仕様の笙が使われることもある。 合竹 [ ] 伝統曲で使われる笙の和音を合竹といい、全部で11種類ある。 合竹名 構成音 乞 乞 A4 、乙 E5 、行 A5 、七 B5 、八 E6 、千 F 6 一 一 B4 、凢 D5 、乙 E5 、行 A5 、七 B5 、千 F 6 工 工 C 5 、凢 D5 、乙 E5 、美 G 5 、行 A5 、七 B5 凢 凢 D5 、乙 E5 、行 A5 、七 B5 、八 E6 、千 F 6 乙 乙 E5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 、千 F 6 下 下 F 5 、美 G 5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、千 F 6 十 下 F 5 、十 G5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 十(双調) 十 G5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 美 美 G 5 、行 A5 、七 B5 、比 C6 、上 D6 、千 F 6 行 行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 、千 F 6 比 行 A5 、七 B5 、比 C6 、上 D6 、八 E6 、千 F 6 「十(双調)」は双調の曲のみに用いられる。 「十(双調)」と「行」は5音で構成され、他は6音で構成されている。 「十」と「比」を除き、構成音のうち最も低い音の管名が合竹名となっている。 行と七の音は全ての合竹で用いられ、逆に言 C 6 の音はどの合竹にも入っていない。 乞・一・凢・乙・行・十(双調)の6種は協和音的であり、工・下・十・美・比の5種は不協和音的であるといわれている。 現行の雅楽の演奏では、合竹を変える際には全部の指を一度に移し替えるのではなく「手移り」と呼ばれる一定の順序に従って行われる。 著名な笙奏者 [ ]• タレント 笙製作者 [ ]• 鈴木治夫 - 東京で唯一の笙職人。 編集者。 脚注 [ ]• 『神社有職故実』100頁昭和26年(1951年)7月15日神社本庁発行• NTV, 2008年8月9日• フロンティアーズ、2010. 0904 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 中央大学FLPジャーナリズムプログラム・松野良一ゼミ この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

しょう た

携帯用の笙専用の電気コンロ 日本にはごろに雅楽とともに伝わってきたと考えられている。 雅楽で用いられる笙は、その形を翼を立てて休んでいるに見立てられ、鳳笙(ほうしょう)とも呼ばれる。 匏(ほう と呼ばれる部分の上に17本の細い竹管を円形に配置し、竹管に空けられた指穴を押さえ、匏の横側に空けられた吹口より息を吸ったり吐いたりして、17本のうち15本の竹管の下部に付けられた製の簧(した:)を振動させてを出す。 音程は簧のによって決定し、竹管でさせて発音する。 のリード管と同じ原理である。 いくつかの竹管には屏上(びょうじょう)と呼ばれる長方形の穴があり、共鳴管としての管長は全長ではなくこの穴で決まる。 そのため見かけの竹管の長さと音程の並びは一致しない。 屏上は表の場合と裏の場合があるが、表の場合は装飾が施されている。 指穴を押さえていない管で音が出ないのは、共鳴しない位置に指穴が開けられているためである。 と異なり、吸っても吹いても同じ音が出せるので、他ののような息継ぎが不要であり、同じ音をずっと鳴らし続けることも出来る(呼吸を替える時に瞬間的に音量が低下するのみ)。 押さえる穴の組み合わせを変えることで11種類の合竹(あいたけ)と呼ばれるを出すことができる。 通常のでは基本の合竹による奏法が中心であるが、調子、音取、、朗詠では一竹(いっちく:単音で旋律を奏すること)や特殊な合竹も用いる。 では用いられない。 その音色は天から差し込むを表すといわれている。 構造上、呼気によって内部がしやすく、そのまま演奏し続けると簧に水滴が付いて音高が狂い、やがて音そのものが出なくなる。 そのため、やなどで演奏前や間に楽器を暖めることが必要である。 なお、平安時代の「基経」を笙の「楽祖」とする。 「基経」とは、『続群書類従』管弦部所蔵の「鳳笙師伝相承」によれば、のことで、その後楽人である豊原家に継承されるが・父子が及び息子の・に伝授され、後に義光が時光の嫡男であるに返り伝授されたことが記されている。 それを意識したのか、も若い頃から笙を習得し、後に尊氏に擁立されたも尊氏に倣って尊氏の師であるから笙を習得し、その後歴代天皇の間でも笙を演奏するようになった。 また、尊氏を祖とするでも笙は将軍家の象徴()とみなされていた。 現代では雅楽だけでなく、の作曲家によって管弦楽や室内楽のなかで、あるいは声楽の伴奏楽器として活用されることもある。 笙より1オクターブ低い音域が鳴る (う)という楽器もある。 これは雅楽の伝統では一度断絶したものの、の宝物等を参考に、戦後になって復元された楽器の一つである。 現代において蘇演(復曲)された作品や、新作の、例えばの「昭和天平楽」などで用いられている。 これは日本の笙より大型で、音域は日本の笙の倍以上あり、素早い動きにも対応している。 もともと奈良時代に日本に伝わった時点では、日本の笙もパイプのような吹き口が付属していたが、現在ではそれをはずし、直接胴に口をあてて演奏する形に変わっている。 笙はでは「匏」に属する。 、北東部では笙と同じ原理の ()という楽器があり、一説では、これが中国の笙の原型であると言われる。 竹の順番 [ ] 音程は竹の長さとは無関係で、吹き口から向かって右側から時計回りに、以下の通りとなる。 竹の長さの順位と押さえる指も併せて示す。 竹の長さの順位は、1 最長 ・2・3・4・5 最短 と長い順に数字で示している。 正倉院の笙には、比も短くして千・也・言と同じ長さにしたものもある。 押さえる指は、L 左手 ・R 右手 、1 親指 ・2 人差し指 ・3 中指 ・4 薬指 で示している。 右手人差し指は千・比の竹の間の隙間に入れ、下・乙は内側から押さえ、比は指の裏で押さえる。 也・毛は、正倉院の笙 奈良時代の笙 ではが付けられていたが、現行の笙では通常簧が付けられておらず無音であり、外観を整えるために竹が残されている。 この也・毛から「野暮」という言葉が発生したという説もある。 伝来当初は也はG6、毛はD 5であったが、現代音楽等では也をA 5、毛をF5として簧を付けた特別仕様の笙が使われることもある。 合竹 [ ] 伝統曲で使われる笙の和音を合竹といい、全部で11種類ある。 合竹名 構成音 乞 乞 A4 、乙 E5 、行 A5 、七 B5 、八 E6 、千 F 6 一 一 B4 、凢 D5 、乙 E5 、行 A5 、七 B5 、千 F 6 工 工 C 5 、凢 D5 、乙 E5 、美 G 5 、行 A5 、七 B5 凢 凢 D5 、乙 E5 、行 A5 、七 B5 、八 E6 、千 F 6 乙 乙 E5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 、千 F 6 下 下 F 5 、美 G 5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、千 F 6 十 下 F 5 、十 G5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 十(双調) 十 G5 、行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 美 美 G 5 、行 A5 、七 B5 、比 C6 、上 D6 、千 F 6 行 行 A5 、七 B5 、上 D6 、八 E6 、千 F 6 比 行 A5 、七 B5 、比 C6 、上 D6 、八 E6 、千 F 6 「十(双調)」は双調の曲のみに用いられる。 「十(双調)」と「行」は5音で構成され、他は6音で構成されている。 「十」と「比」を除き、構成音のうち最も低い音の管名が合竹名となっている。 行と七の音は全ての合竹で用いられ、逆に言 C 6 の音はどの合竹にも入っていない。 乞・一・凢・乙・行・十(双調)の6種は協和音的であり、工・下・十・美・比の5種は不協和音的であるといわれている。 現行の雅楽の演奏では、合竹を変える際には全部の指を一度に移し替えるのではなく「手移り」と呼ばれる一定の順序に従って行われる。 著名な笙奏者 [ ]• タレント 笙製作者 [ ]• 鈴木治夫 - 東京で唯一の笙職人。 編集者。 脚注 [ ]• 『神社有職故実』100頁昭和26年(1951年)7月15日神社本庁発行• NTV, 2008年8月9日• フロンティアーズ、2010. 0904 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 中央大学FLPジャーナリズムプログラム・松野良一ゼミ この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の