クワガタ 飼育。 ミヤマクワガタのメスの見分け方や飼育方法を解説

よくある質問 各種クワガタの飼育方法 / クワガタムシ・カブトムシ専門店 イークワ

クワガタ 飼育

ミヤマクワガタはどんな生き物? ノコギリクワガタと並んでミヤマクワガタも知名度はありますが、同じクワガタでも何が違うのか、気になりますよね。 ミヤマクワガタは北海道から九州までほぼ日本全国に分布していますが、冷涼湿潤を好む為、標高300m~500mの山の雑木林や山間部に生息している事が多く、またミヤマクワガタのミヤマを漢字で表すと「深山」となる事からも生息地を由来する名前である事が分かります。 逆にノコギリクワガタの場合は温暖湿潤を好む為、平地でも見かける事が多いとされています。 また、ミヤマクワガタの大きさはオスの場合、22,9mmから最長で78,6mmあり、オオクワガタと差し手変わらない大きさである事が記録として残っています。 特に最大の特徴としては、オスは頭部に冠状の突起(頭部)と耳状突起を持ち鹿の角を思わせるような独特な突起が付いている事が特徴的で、このいかにも強そうな迫力のある外観も魅力のひとつになっています。 また、ミヤマクワガタの顎の形は同じ種類でも地域によって違いがあると言う事をご存じですか? それを種類別にすると以下のようになります。 ・エゾ型 第一内歯は痕跡的で第三内歯が長く、先端の二又はもっと大きいです。 ・ヤマ型(基本型) 第一内歯と第三内歯はほぼ同じ長さで、先端の二又ははっきりしています。 ・サト型(富士型) 第一内歯が最も長く、先端の二又ははっきりしない このようにそれぞれの型は大あごの第一内歯と第三内歯の長さと大型個体では先端の二又の大きさで見分ける事が出来ますが、この3種類の型に影響を与えるのは標高の高さではなく、 温度だと言われています! 繁殖飼育がされるようになってからはどの型も日本全国でみられるようになり地域性は薄いようですが育った環境で武器も変わるのですから、野生である以上は強い自然環境下で生まれたいものですね。 更に、ミヤマクワガタの体表には細かい毛が生えており金色から褐色を帯びた色に見え、その毛は雨や霧などに濡れると黒くなり木の幹などと擬態した保護色の役割をします。 また、熱の吸収率を調整するのにも役立っているとされています。 そんなミヤマクワガタも活動する期間は真夏でありノコギリクワガタと同様にオスもメスも良く飛びます。 クワガタなどの大型種やカブトムシなどは夜行性ですが、ミヤマクワガタは生息地や環境によっては昼間も活動することが多く、飛翔性が高い事から灯火やトラップに飛来することもあり採取することは意外と簡単なようです。 長々となりましたが、これでミヤマクワガタの生体についてほぼご理解いただけたかと思います。 オスの場合はこのように外見で判断できますが、メスの場合はどの種類も同じように見える為、一見では見分けがつかない物です。 しかし、よくみるとその特徴的な部分で見分けがつく為、注意してみてみましょう。 特にミヤマクワガタのメスは、背側から見ると艶のある黒色で一見すると他のクワガタのメスとよく似ていますが、 腹側を見るとオスと同じような微毛があり長楕円の黄色紋を持っている事が特徴的です。 また、体長は25mm~40mmあり、体型はスマートでもオス同様に他のクワガタよりも 顎が太くて大きくニッパーのような顎で樹の幹を剥がし樹液を食べます。 折角、希少価値のあるミヤマを採取した以上、やはり飼育したいと思うのがファンの心ですよね。 野外採取した場合の飼育方法は、樹液を自分で食べている段階で既にメスは成熟している事が考えられるため、メスを産卵セットに入れて飼育します。 また、飼育下の成虫を購入した場合は、交尾が必要になることから成熟している事を確認することが大切です。 準備するものとしては以下のような物を用意します。 ・必要な物 飼育ケースSとLサイズ、黒土マット或いは完熟マット、登り木、昆虫ゼリー、新聞紙、 ハスク・チップ、温度計など ・温度や湿度 温度は飼育するうえで一番大切であり、16度~20度を常にキープしておくことが重要であり、時々霧吹きなどで湿度を保つようにします。 ・飼育の際の注意点 飼育下のメスが成熟していないと産卵できない為、オスもメスの成熟度を確認することが大切であり、飼育セットと産卵セットは分けておくことが大切です。 具体的には、食後(昆虫ゼリーなどの餌)約3か月経過している場合は成熟しているとみなします。 また、温度を16度~20度にキープしておきます。 方法としては以下のようになります。 ・飼育セット 1飼育用のケースSサイズにハスクチップを薄く敷く。 2餌を置く 3ハスクチップを足す(多くいれるとメスが隠れてしまう) これで約1週間~10日ほどたったら交尾完了したとみてメスを産卵セットに移します。 ・産卵セット 1飼育ケースLサイズの7分目まで黒土(又は完熟マット)を入れる。 2マットを手で押して固める。 3その上から2~3cm同じように黒土マットを入れる(押えない) 4とまり木と昆虫ゼリーを入れる 5新聞紙を間にはさみユタをする。 温度に注意! スポンサーリンク ミヤマクワガタを捕まえる事は簡単? ミヤマクワガタは他のクワガタと違い昼に活動するので見つけやすく、早朝から昼前に雑木林などのクヌギの木などを探せば木の枝や木の表面、又は木の葉の陰などに隠れている為、簡単に捕まえる事が出来ます。 まとめ クワガタの中でもミヤマクワガタはそのワイルドな風貌と力強さなどから人気があり、飼育する人も多く、また、日本全国に分布し馴染みがある昆虫と言う事から、生息地の環境調査などから指標昆虫として選ばれています。 近年では温暖化などの影響もありミヤマクワガタの数も少なくなってきており出来れば自然形態を壊さず、自然のままで残していければと願っています。 以上、ミヤマクワガタのメスの見分け方や飼育方法についての解説でした。

次の

失敗しないクワガタの飼育方法まとめ!必要な物は?~成虫編~

クワガタ 飼育

コクワガタ(Dorcus rectus) ・分布:北海道、本州、四国、九州の日本全土 野外で最も多く見掛ける事が出来るお馴染みの小型の種類です。 離島産や外国産の種類と区別する為に「国産コクワ」「本土コクワ」と呼ばれる事があります。 オスのアゴの真中の少し上付近に左右一対の内歯の突起が有るが小型個体になると目立たなくなります。 チョコチョコした動きと温厚な性格で初心者の方でも飼育が容易な事から人気が高いです。 大きさは、オスで18から50ミリ前後、メスで15から30ミリ前後ですが飼育下では更に大きなサイズの羽化報告が存在します。 寿命は、一般的に3年前後と言われていますがエサや飼育環境(低温飼育)で4年以上の飼育報告も存在します。 長い寿命を持つ種類という事になります。 メスの画像です。 やや艶が無く、小振りでスマートな体型をしています。 特に上翅の点刻列 スジ が細かく、ヤスリ状なのでツルツル感が全くないです。 (ザラザラとした感じ) 前脚の腕が直線的なところが同時期に発生するヒラタのメスとの大きな違いです。 野外採集は、早ければ5月のゴールデンウィーク頃から可能です。 活動後に越冬可能で複数年の寿命を持つコクワガタは、初夏の早い時期から姿を現します。 5月に発生する個体は、前年に活動して更に越冬した旧成虫(越冬旧成虫)が殆どで消耗が激しい個体が多いです。 逆に6月の梅雨入り前後から姿を現す個体は、徐々に新生の物が多くなります。 新生個体と言っても晩夏から秋に羽化した個体は、蛹室(サナギの部屋・土繭)の中で越冬して翌年の樹液が出る季節(初夏から夏)に出てくる事があるので羽化後1年ほど経過している場合も多いです。 越冬個体と新生個体の区別は、体の摩耗や体色(ツヤ)の他に体やアゴ、脚の力の入り具合なで判断出来ますが少し熟練が必要です。 コクワガタは、前述の越冬後の初夏に発生するタイプ(一時発生型)と梅雨明け後の猛暑が続く時期に発生するタイプ(二次発生型)が存在します。 二次発生型は、初夏に羽化して羽化後2か月足らずで活動する早期活動の個体でメスや小型のオスが多いです。 (一般的に小型の方が早く羽化して活動も早い傾向があります。 成虫は、主にクヌギ、コナラ、クリ、ニレ、ヤナギ、アカメガシワなどの広葉樹の樹液に集まり、5から10月頃迄活動します。 夜行性なので夕方から早朝に掛けて樹液が出ている木や樹皮の裂け目、樹洞(木の窪み)の隙間に隠れていたり、枝や幹を普通に歩いている事が多いです。 自然界では、小さな個体が多いので採集の際は、注意深く探す必要があります。 ホームセンターやドラッグストアでも売っている先端が固いピンセットがあると画像の様に幹や枝の隙間に隠れたコクワガタを採集するのに役立ちます。 冬眠中でも秋(冬)から翌年の春先に掛けての温かい日のエサ切れに注意が必要です。 マット交換のタイミングは、春から秋は食べこぼしや排泄物(尿)で水っぽくなった時と越冬前の12月頃、越冬開けの3月頃に行うと良いです。 産卵は、自然界でコクワガタが活動している5月中旬から9月に行うと効率が良いです。 その年の気候や地域にもよりますが8月のお盆くらいまでが確実です。 飼育繁殖品の場合は、羽化して一度越冬したペアだと梅雨入り前後から産卵可能です。 但し、越冬経験が無いペアの場合は、梅雨明けの気温が上がる時期直後からの産卵の方が最適です。 天然採集品の場合は、自然下で交配済み(交尾済み)の確率が高く、オスを一緒に入れなくても産卵する確率が高いです。 産卵方法は、実にシンプルで成虫用マットに加水して水切り作業を行ったクヌギ産卵木Sを入れるだけです。 エサには、余分な化合物が添加させていない国産昆虫ゼリーを終始与えた方が長く生きて産卵効率がアップする傾向があります。 但し、菌糸ビンの最大のメリットの一つでもある『 成長速度』の事を考えると最初の1本目だけクヌギ菌糸ビン550ccを与えた方がスムーズに羽化まで漕ぎ着けます。 元々、自然界に普通に生息している昆虫なので真冬の寒さには強く、低温下での飼育に全く問題はありません。 1本目(初齢、二齢):菌糸ビン550ccもしくは、オオクワマットを幼虫飼育ボトル550ccに固く詰めた物。 2本目以降(終齢):オオクワマットを550ccボトルに固く詰めた物 (マットは、概ね3から4ヶ月毎に新鮮な物と交換します。 暴れ始めた時は、2週間ほど様子を見て蛹室 蛹の部屋 を作らない場合のみマット飼育へ切り替えてください。 コクワガタに限らず野生の生き物を持ち帰ってしまうと野生生物から飼育生物に変わってしまいます。 一旦、人の手によって保護された飼育生物を元の野生に戻すという行為は逆に生き物にとって不幸になってしまう場合もあります。 例えば、今回のコクワガタの場合だと秋の終わりに越冬の場所を探していた所を捕獲されたと思いますが人間の生活温度で飼育してしまうと体力の消耗が進んで老化の様な現象が発生してしまいます。 この様な状態で自然に戻したとしても上手く住処を見つける事が出来ずに天敵の野生の鳥獣たちのエサになって生涯を終える可能性が高いと思います。 一般論になりますが自然で野生動物を見かけても最初から持ち帰らないという選択肢もあります。 そして持ち帰った場合は、最後まで責任を持って飼育する事が筋かと思いますが、一方でどんな形でも自然界で最後を迎えさせた方が良いという意見も存在します。 種の多様性や地域間の遺伝子の違いなどの問題もありますので街中で保護された昆虫は、元に戻さない方が良いという意見が存在するのも事実です。 色々な情報をお伝えしましたが最終的なご判断は、オカメインコ様の方で決めていただくと良いかもしれません。 宜しくお願い致します。 オカメインコ様 お返事ありがとうございます。 私は、夏休みの子供達のカブトムシの見学会で持ち帰ったカブトムシやクワガタは、最後まで責任を持って飼育する様に言い聞かせている人間です。 また、ご購入頂いたお客様にも同様に最後まで責任を持って飼育する様にお伝えしています。 それが命の勉強だけでなく飼育のマナー(ルール)だからです。 野外に放ち、途中で投げ出す事は、言い方を変えると飼育放棄という無責任な行動になってしまいます。 一点だけお伝えしたい事がございます。 保護という名目で飼育という選択肢を選んだ時点で最後まで飼育する責任が発生してしまいます。 話は変わりますが、もう一方の虫吉のブログ(虫吉日記)で少し前に巣から落ちたスズメの雛を元の巣に戻した事を紹介しています。 (先日、無事に巣立ってくれた様です。 ) 実は、若い頃に同様に巣から落ちたスズメの雛に対して持ち帰って育てるという選択肢を選んでしまった事があります。 私もオカメインコ様と同様に後から外に逃せば良いと思っておりました。 (後になって完全に人間のエゴだったと反省しています。 ) ところが本当の親鳥を見ずに育った小鳥は、警戒心もなく飛び方も下手でエサを取る事も知らないので最後まで責任を持って飼育する事にしました。 小鳥は、一生を狭い鳥籠で過ごす事になりましたが一方でエサに困る事がなく、天敵や天候の心配もなく自然界での寿命よりも遥かに長く生きてくれました。 ある意味では幸せだったかもしれません。 もしも当時、今回と同様に巣に戻すという選択肢を選んでいれば全く異なる運命の元で生きていた事は100%確かな事です。 人間の行動によって自然の生き物は運命を左右されてしまいますので「責任ある行動と選択肢」という事をその時のスズメに勉強させて頂きました。 生き物は、飼育も含め必ず私たちに何かの形で学びの場を与えてくれます。 皆様にとって昆虫や生き物が素晴らしい存在で有り続けて欲しいと願っております。 コクワガタの話の戻りますが飼育の選択をされたからには、ケースを広くしてあげたり元の自然を再現するために沢山の上り木や落ち葉を入れてあげたりする事も大切かもしれません。 長文コメントで長々と失礼いたしました。 私の乏しい表現力では誤解があるかもしれませんが宜しくお願い致します。

次の

【楽天市場】クワガタ カブトムシ 飼育補助用品 > 飼育ケース・容器:カブトムシ用品通販 クワガタ天国

クワガタ 飼育

Contents• ヒラタクワガタの生態 この章では、 ヒラタクワガタの生息地、発生時期、寿命など、 基本的なことを初心者の方でもわかるように説明します。 ヒラタクワガタの生息地 まずヒラタクワガタは、 基本的にどこにでも生息しています。 山の中や川原、場所によっては公園にもいるほどポピュラーなクワガタムシです。 ヒラタクワガタの発生時期 自然界におけるヒラタクワガタは、 おおよそ6月に入ったあたりから活動し始めます。 6月ごろから、9月くらいまでは採集可能。 個人的には、 6〜7月辺りが1番採集できる感じがしますね。 ヒラタクワガタの寿命 自然界では、 冬に越冬して翌年にまた活動する個体がいます。 成虫は1〜2年は生きるとみていいでしょう。 人口的に繁殖させた個体なら、きちんと管理をしておけば1年は確実に生きます。 2年生きる個体もいて、長く飼育を楽しめるクワガタムシです。 幼虫の期間も合わせると、1年半〜3年は生きます。 ヒラタクワガタの飼育方法 実際にヒラタクワガタを採集・購入した後の管理の方法についてをご紹介します。 この章を読むだけでも管理方法がわかるので、初心者の方には特におすすめです。 成虫の飼育 子どもを採りたいか採りたくないかで管理方法がちょこっとだけ変わるので、 産卵をさせたい方とそうでない方向けに、それぞれご紹介いたします。 産卵させたい場合 こいつは何回見出しを 階層化させるんや。 と思うかもしれませんが、 ヒラタクワガタを産卵させる前に確認することや、産卵に必要なものをご紹介します。 ・産卵させる前に 産卵させる前に、もし ヒラタクワガタのメスを天然で採集してきたなら、 まずは産卵ができるような環境づくりをしてあげましょう。 というのも、 天然物は交尾をしている確率がめちゃめちゃ高いからです。 交尾させる前に、 1度たまごを産んでくれるように環境を整えてあげましょう。 環境を整えても産まなかったら、オスと交尾させるようにしてください。 ・ 産卵に必要なもの クワガタムシを産卵させる前に、 いくつか必要なものがあります。 中には• ヒラタクワガタは、マットでも産卵木でも産卵できる! 産卵させない場合 ヒラタクワガタを入手した後の管理方法ですが、 ヒラタクワガタはめちゃめちゃ強いクワガタムシなので、温度に関していえばそう苦労することはありません。 というか日本のクワガタムシなので、割と放置プレイでも何とかなります 笑 エサのタイミングも、ゼリーがなくなってから2〜4日の幅で交換くらいのタイミングで大丈夫ですよ。 なくなってすぐに交換する必要はありません。 基本的にはこんな感じで大丈夫です が!!! オスとメスをずっと一緒に管理しないでください!! メスが殺されます。 ヒラタクワガタは めっちゃ凶暴です。 凶暴な上に、挟む力がめちゃ強いので、 打ちどころが悪ければメスは一瞬にして首を切られます。 も〜私もね、 なんども経験ありますよ。 あのときの• 幼虫がエサを消化できず、拒食症になる。 菌糸の成長に負けてしまう。 なので、 産まれたての幼虫は、1〜2週間ほどマットに入れて管理をしてください。 幼虫がマットを食べて、少しだけ大きくなってから菌糸ビンに放り込みましょう。 オスは、大体1〜2回の入れ替えで成虫になります。 入れ替えのタイミングなどもありますが…ひとまず今回は 「幼虫は入れ替え以外は放置プレイ」ということを覚えていただけたら大丈夫です。 気になる方は、後ほど菌糸ビンを入れ替える記事を執筆しますので、そのときに読んでみてください。 そろそろ蛹になろか〜。 名前 って思い始め、蛹室と呼ばれる、楕円形の部屋を作ります。 ポイントは、 幼虫が黄色くなったら蛹室を作る前ぶれなので、そこを押さえておきましょう。 ちなみに画像の幼虫のような色をしだすと、蛹室を作る日も近いです。 前蛹(ぜんよう)期間 蛹室を完璧に作った幼虫は、丸まっていた身体をタテに伸ばして、しわしわになります。 この期間を 前蛹(ぜんよう)といいます。 このときの幼虫の気持ちは、多分こんな感じです。 こんな色してるのに黒くなるとか、不思議やなぁ。 としみじみ。 羽化の瞬間なんか、見る機会に遭遇したら、 羽化が終わるまでずっと見てますよ。 それくらいよわっちぃです。 なので 触らないで ください。 いずれご紹介しますが 「ギラファノコギリクワガタ」というクワガタムシは、この頃に触ると… 死ぬ可能性が 上がります。 羽化してからの成虫 羽化して1ヶ月したら触っても大丈夫ですが 交尾はまだ できません。 クワガタムシ全般にいえることですが、羽化して1〜2ヶ月ほど、成虫はエサを全く食べずにじっとしている期間があります。 寝てます。 なので、羽化後、1ヶ月したら触れはしますが 極力触って 欲しくはないです。 例えば自分に置き換えてみてください。 嫌やろ?• こげ茶色みたいなおしっこをする。 動き出してケースをうろうろしている。 ひっつく力がめっちゃ強くなっている。 成虫がこんな感じになっていたら、ゼリーを入れてみてください。 最終的には ゼリーを入れてみて、成虫が食べるかどうかが判断するポイントです。 ヒラタクワガタなら、ゼリーを食べ始めてから2ヶ月もすると、交尾できるようになります(おそらく1ヶ月でも大丈夫と思いますが念のため)。 なので、 交尾自体はそんなに焦らなくても大丈夫です。 ちなみに、成虫が交尾ができるようになる状態のことを、カブトムシ・クワガタムシ界隈では 「成熟した」といいます。 成熟したら、 交尾させるなり、観賞するなりして楽しんでください。 飼育が超簡単• 成虫も幼虫もめっちゃ丈夫• 寿命が長いから長く楽しめる メスを殺す恐れもあります が、基本的には簡単。 前の章などでお伝えしましたが、成虫の管理だけなら エサ替えと、たまに飼育ケースを洗うくらいで大丈夫です。 しかも温度が高いとか低いとか、そんなことでそうそう死ぬような、ヤワなクワガタムシではありません。 めっちゃ強いです。 ヒラタクワガタは 寿命が長いので、長く飼育を楽しめます。 程よくカッコいい! 程よくカッコいいというのは、 ヒラタクワガタはデカくなっても8cmくらいです。 つまり 飼育ケースの幅を とりません。 幼虫もデカイので、マットや菌糸ビンも大量に必要です。 ということは、 費用がかかります。 その点 ヒラタクワガタは、スマトラやパラワンなどの「オオヒラタ」に比べたら そこまで大きくはならないし、費用もかかりません。 なので、 程よくカッコいいヒラタクワガタはおすすめです! 大阪出身の25歳。 やりたくなかった会社員を脱出し、フリーランスとしての道を進むことを決意する。 ツテもなければコネもない。 そんな状態から 「田舎フリーランス養成講座」に参加することに。 ライターとして活動していくうちに、3ヶ月目でLancersの 「認定Lancers」に選抜されました。 サイクリング、カメラ、クワガタムシの飼育、釣り、筋トレ、けん玉、ドライブなど幅広い趣味があります。 サイクリングは3年目にして 積算距離10,000kmを突破。 クワガタムシの飼育は幼少期から行っており、 実に20年以上のキャリアを持っています。 特にクワガタについては、話し出すと止まらないので気になる方は質問してください。

次の