けんかんちゃんねる。 嫌韓

もえるあじあ(・∀・)

けんかんちゃんねる

UAE火星探査船はなぜ日本発射体を選択したのだろうか? 「韓国が月と火星に関する探査のためにアラブ首長国連邦 UAE と協力することを希望している。 」 アラブ首長国連邦国営通信社であるWAMが最近、報道した記事のタイトルです。 UAEが20日、火星探査船「アマル」の発射に成功するとすぐに韓国航空宇宙研究院 KARI が祝意を伝え、関連経験の共有を希望してきた、という内容を含みます。 韓国とUAEは特別戦略的パートナーの関係で、今年は修交40周年の上、原子力発電と軍事分野、農業技術部門などでも協力しており、我が国がUAEの火星探査船の発射を祝って協力を提案するのはあまりにも当然です。 しかし、この記事を読みながら頭の1ヶ所では一つの質問がずっとぐるぐる回ります。 「アマル」は「希望」という意味です(記者注:日本ではHOPEと報じられた)。 この探査船は日本種子島宇宙センターから発射されましたが、発射体は三菱重工業のロケットH-IIAが使われました。 UAEは火星探査船の設計と製作過程では米国研究陣と協力したので発射体も米国を選ぶのが自然ですが、なぜ日本のロケットに決めたのでしょうか? 衛星を発射するロケットと火星探査機を発射するロケットは基本原理は同じですが性能面では大きな違いがあります。 イ・チュングン科学技術政策研究院名誉研究委員は「発射体が地球を脱出するには第1宇宙速度の飛行で可能だが、火星に探査船を送るには第2宇宙速度が必要だ。 現在、この第2宇宙速度を実現する発射体を保有しているのは米国とヨーロッパ連合、ロシアとインド、日本などに過ぎない」と説明します。 ところで「より安定的に火星探査船を送るには、できるだけ地球と火星が接近する時期を狙うべきで、このサイクルが2年に一回程度の周期でまわってくる」とされます。 このため、各国はこの時期に合わせて火星探査船を打ち上げるため競争するほかありません。 今回もUAEに続き中国が23日、火星探査船「天問1号」を発射し、米航空宇宙局NASAも近い将来、パーセヴェランス火星探査船を発射するのはこのような理由からです。 このような状況で火星探査船は開発したものの発射体を保有していないUAEは、反対に発射体はあるが火星探査船はない日本をパートナーに選択することになるのです。 日本としては宇宙競争に自国のロケットが使われる点で広報効果を狙えるだけに安い値段で入札に参加した可能性が高いのです。 その上、日本種子島宇宙センターは赤道に近くて技術的側面でも有利な側面があります。 考えてみればUAEは2009年と2013年、韓国衛星業者に小型科学衛星を注文製作して発射し、2018年には韓国業者から技術移転を受けて共同開発した偵察衛星カリファサットを発射しましたが、この衛星もやはり日本種子島宇宙センターから三菱H-IIAにのせられて発射されました。 そのためUAE火星探査船に日本発射体を使ったのは技術的経済的側面を考慮した選択にすぎません。 UAE火星探査船は日本のロケットで発射されましたが、その後、我が国がUAEに宇宙探査協力を希望する意思を伝えたという記事を見て、これをどのように受け入れるべきか、しばらく首をかしげたのは事実です。 もしかしたら単純なお祝いを伝える外交的表現ということもありえます。 しかし、現実的に最大限の実利を得るのが外交なら、探査協力提案はもしかしたら当然のことでしょう。 我が国とUAEが協力を通じて技術を発展させ、自国発射体に自国探査船をのせてあげることができる日を迎えることを希望します。 [KBS 2020. 基地局でシェアトップ、中国の華為技術(ファーウェイ)を安全保障を理由に排除する動きが米欧で強まる中、華為抜きでも低コストな通信網が求められていることが背景にある。 通信網の方式が見直されれば「コストで華為に引けをとらなくなる」(ドコモ幹部)見通しで、日本勢の採用が拡大する好機にもなる。 基地局を構成する機器同士を接続する際の仕様はメーカーごとに異なるが、仕様を共通化することで、複数のメーカーの機器を組み合わせて接続することができる。 多様なメーカーから調達が可能になれば、競争が進んでコストが下がりやすくなる。 オープン化への期待の背景には、米欧による華為排除の動きがある。 華為製品の価格は競合より2~3割安いとされ、品質も高いことから各国で採用が進んできた。 だが、中国と覇権争いする米国だけでなく、英政府も14日、5Gの移動通信システムから華為製品を排除する方針を発表。 フランスも華為を排除する意向であることが明らかになっている。 NECや富士通など日本の基地局メーカーには追い風だ。 華為排除の方針を決めた英国は日本政府に5Gの通信網構築で協力を要請。 日本勢も英国の求める技術やコストの水準を達成できれば、売り込める可能性が出てくる。 NECや富士通の基地局の世界シェアは1%未満。 一方、華為とスウェーデンのエリクソン、フィンランドのノキアの3社でシェア8割を握る。 ここまで大きく開いた差を挽回するためには、ドコモが旗振り役となって取り組むオープン化がカギとなる 以下略 全文はリンク先へ [sankeibiz 2020. 24] 1週間で3隻目、今度は艤装工事中の空母「ジョン・F・ケネディ」で火災発生 米メディアは20日(現地時間)、艤装工事中のジェラルド・R・フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」で火災が発生したと報じている。 ジェラルド・R・フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」は昨年10月に進水を果たした後、ニューポート・ニューズ造船所の埠頭に係留され艤装工事中を行っている最中だが、この空母の艦内で火災が発したと米メディアが報じている。 ただ、この1週間で停泊中の大型艦に集中して火災が発生しているという事実は驚きを通り越して、もはやミステリーの領域だ。 今月12日サンディエゴ海軍基地で近代改修工事を受けていたワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール」の火災、17日ノーフォーク造船所に停泊していたワスプ級強襲揚陸艦3番艦「キアサージ」では溶接作業中の火花が原因と見られる火災、そして20日ニューポート・ニューズ造船所で艤装工事中のフォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」でも火災が発生したという事実を「偶然」という言葉で片付けるのは無理がある。 これだけの数の艦艇が火災を起こした3隻と同じように工事を行っているのに、米海軍の艦隊運用に大きな影響が及ぶ「空母」や「強襲揚陸艦」だけに火災が集中しているのは余りにも不自然に映る。 出典:U. 21] 【韓国】アベ土下座謝罪像を作成 少女像にひざまずく阿部… 「永遠の贖罪」公開 少女像の前にひざまずいて贖罪する「安倍」の造形物が8月公開される。 韓国自生植物園は、江原道五台山の麓に造成した「永遠の贖罪」(A heartfelt apology・永遠の贖罪)という名前の造形物を、8月10日の除幕式を開き、一般に公開すると25日、明らかにした。 彫刻家ワングァンヒョン氏は作品について、「慰安婦たちがふさわしく殴らする贖罪を作品にでも表現精神を高揚し、日本のは歴史を正面から向き合って心から謝罪と新しい日本に生まれ変わる起源するために作ったもの」と紹介した。 造形物をサビに造成した韓国自生植物園キムチャンニョル院長は「国内・外にある少女像を非難し嘲笑したり、毀損する実態を見ながら単に立場を表現するためにとどまらず、罪の対象を確実に形状する必要があり少女上のターゲットを阿部に象徴して造成した」と述べた。 一方、除幕式には、趙廷来小説家、元恵栄前国会議員、チェ・ヨル環境活動家、イスンギョムシングデ総長、イビョンギルテビョン量法務法人常任顧問などが参加する予定だ。 [京郷新聞 2020. 韓国を対象とした査証(ビザ)発給条件の厳格化や、駐韓大使の一時帰国が選択肢に浮上している。 複数の政府筋が25日、明らかにした。 1965年の日韓請求権協定に基づき元徴用工問題を「解決済み」と位置付ける政府は、資産を売却して現金化するのは「国際法違反」(菅義偉官房長官)で容認できないと警告してきた。 報復をちらつかせる背景には、けん制を強めることで韓国側に売却を思いとどまらせる狙いがある。 [共同 2020.

次の

おーるじゃんる

けんかんちゃんねる

UAE火星探査船はなぜ日本発射体を選択したのだろうか? 「韓国が月と火星に関する探査のためにアラブ首長国連邦 UAE と協力することを希望している。 」 アラブ首長国連邦国営通信社であるWAMが最近、報道した記事のタイトルです。 UAEが20日、火星探査船「アマル」の発射に成功するとすぐに韓国航空宇宙研究院 KARI が祝意を伝え、関連経験の共有を希望してきた、という内容を含みます。 韓国とUAEは特別戦略的パートナーの関係で、今年は修交40周年の上、原子力発電と軍事分野、農業技術部門などでも協力しており、我が国がUAEの火星探査船の発射を祝って協力を提案するのはあまりにも当然です。 しかし、この記事を読みながら頭の1ヶ所では一つの質問がずっとぐるぐる回ります。 「アマル」は「希望」という意味です(記者注:日本ではHOPEと報じられた)。 この探査船は日本種子島宇宙センターから発射されましたが、発射体は三菱重工業のロケットH-IIAが使われました。 UAEは火星探査船の設計と製作過程では米国研究陣と協力したので発射体も米国を選ぶのが自然ですが、なぜ日本のロケットに決めたのでしょうか? 衛星を発射するロケットと火星探査機を発射するロケットは基本原理は同じですが性能面では大きな違いがあります。 イ・チュングン科学技術政策研究院名誉研究委員は「発射体が地球を脱出するには第1宇宙速度の飛行で可能だが、火星に探査船を送るには第2宇宙速度が必要だ。 現在、この第2宇宙速度を実現する発射体を保有しているのは米国とヨーロッパ連合、ロシアとインド、日本などに過ぎない」と説明します。 ところで「より安定的に火星探査船を送るには、できるだけ地球と火星が接近する時期を狙うべきで、このサイクルが2年に一回程度の周期でまわってくる」とされます。 このため、各国はこの時期に合わせて火星探査船を打ち上げるため競争するほかありません。 今回もUAEに続き中国が23日、火星探査船「天問1号」を発射し、米航空宇宙局NASAも近い将来、パーセヴェランス火星探査船を発射するのはこのような理由からです。 このような状況で火星探査船は開発したものの発射体を保有していないUAEは、反対に発射体はあるが火星探査船はない日本をパートナーに選択することになるのです。 日本としては宇宙競争に自国のロケットが使われる点で広報効果を狙えるだけに安い値段で入札に参加した可能性が高いのです。 その上、日本種子島宇宙センターは赤道に近くて技術的側面でも有利な側面があります。 考えてみればUAEは2009年と2013年、韓国衛星業者に小型科学衛星を注文製作して発射し、2018年には韓国業者から技術移転を受けて共同開発した偵察衛星カリファサットを発射しましたが、この衛星もやはり日本種子島宇宙センターから三菱H-IIAにのせられて発射されました。 そのためUAE火星探査船に日本発射体を使ったのは技術的経済的側面を考慮した選択にすぎません。 UAE火星探査船は日本のロケットで発射されましたが、その後、我が国がUAEに宇宙探査協力を希望する意思を伝えたという記事を見て、これをどのように受け入れるべきか、しばらく首をかしげたのは事実です。 もしかしたら単純なお祝いを伝える外交的表現ということもありえます。 しかし、現実的に最大限の実利を得るのが外交なら、探査協力提案はもしかしたら当然のことでしょう。 我が国とUAEが協力を通じて技術を発展させ、自国発射体に自国探査船をのせてあげることができる日を迎えることを希望します。 [KBS 2020. 基地局でシェアトップ、中国の華為技術(ファーウェイ)を安全保障を理由に排除する動きが米欧で強まる中、華為抜きでも低コストな通信網が求められていることが背景にある。 通信網の方式が見直されれば「コストで華為に引けをとらなくなる」(ドコモ幹部)見通しで、日本勢の採用が拡大する好機にもなる。 基地局を構成する機器同士を接続する際の仕様はメーカーごとに異なるが、仕様を共通化することで、複数のメーカーの機器を組み合わせて接続することができる。 多様なメーカーから調達が可能になれば、競争が進んでコストが下がりやすくなる。 オープン化への期待の背景には、米欧による華為排除の動きがある。 華為製品の価格は競合より2~3割安いとされ、品質も高いことから各国で採用が進んできた。 だが、中国と覇権争いする米国だけでなく、英政府も14日、5Gの移動通信システムから華為製品を排除する方針を発表。 フランスも華為を排除する意向であることが明らかになっている。 NECや富士通など日本の基地局メーカーには追い風だ。 華為排除の方針を決めた英国は日本政府に5Gの通信網構築で協力を要請。 日本勢も英国の求める技術やコストの水準を達成できれば、売り込める可能性が出てくる。 NECや富士通の基地局の世界シェアは1%未満。 一方、華為とスウェーデンのエリクソン、フィンランドのノキアの3社でシェア8割を握る。 ここまで大きく開いた差を挽回するためには、ドコモが旗振り役となって取り組むオープン化がカギとなる 以下略 全文はリンク先へ [sankeibiz 2020. 24] 1週間で3隻目、今度は艤装工事中の空母「ジョン・F・ケネディ」で火災発生 米メディアは20日(現地時間)、艤装工事中のジェラルド・R・フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」で火災が発生したと報じている。 ジェラルド・R・フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」は昨年10月に進水を果たした後、ニューポート・ニューズ造船所の埠頭に係留され艤装工事中を行っている最中だが、この空母の艦内で火災が発したと米メディアが報じている。 ただ、この1週間で停泊中の大型艦に集中して火災が発生しているという事実は驚きを通り越して、もはやミステリーの領域だ。 今月12日サンディエゴ海軍基地で近代改修工事を受けていたワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール」の火災、17日ノーフォーク造船所に停泊していたワスプ級強襲揚陸艦3番艦「キアサージ」では溶接作業中の火花が原因と見られる火災、そして20日ニューポート・ニューズ造船所で艤装工事中のフォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」でも火災が発生したという事実を「偶然」という言葉で片付けるのは無理がある。 これだけの数の艦艇が火災を起こした3隻と同じように工事を行っているのに、米海軍の艦隊運用に大きな影響が及ぶ「空母」や「強襲揚陸艦」だけに火災が集中しているのは余りにも不自然に映る。 出典:U. 21] 【韓国】アベ土下座謝罪像を作成 少女像にひざまずく阿部… 「永遠の贖罪」公開 少女像の前にひざまずいて贖罪する「安倍」の造形物が8月公開される。 韓国自生植物園は、江原道五台山の麓に造成した「永遠の贖罪」(A heartfelt apology・永遠の贖罪)という名前の造形物を、8月10日の除幕式を開き、一般に公開すると25日、明らかにした。 彫刻家ワングァンヒョン氏は作品について、「慰安婦たちがふさわしく殴らする贖罪を作品にでも表現精神を高揚し、日本のは歴史を正面から向き合って心から謝罪と新しい日本に生まれ変わる起源するために作ったもの」と紹介した。 造形物をサビに造成した韓国自生植物園キムチャンニョル院長は「国内・外にある少女像を非難し嘲笑したり、毀損する実態を見ながら単に立場を表現するためにとどまらず、罪の対象を確実に形状する必要があり少女上のターゲットを阿部に象徴して造成した」と述べた。 一方、除幕式には、趙廷来小説家、元恵栄前国会議員、チェ・ヨル環境活動家、イスンギョムシングデ総長、イビョンギルテビョン量法務法人常任顧問などが参加する予定だ。 [京郷新聞 2020. 韓国を対象とした査証(ビザ)発給条件の厳格化や、駐韓大使の一時帰国が選択肢に浮上している。 複数の政府筋が25日、明らかにした。 1965年の日韓請求権協定に基づき元徴用工問題を「解決済み」と位置付ける政府は、資産を売却して現金化するのは「国際法違反」(菅義偉官房長官)で容認できないと警告してきた。 報復をちらつかせる背景には、けん制を強めることで韓国側に売却を思いとどまらせる狙いがある。 [共同 2020.

次の

嫌韓

けんかんちゃんねる

2018年7月2日、韓国・朝鮮日報は、「韓国と検索すると1ページ目から嫌韓動画が表示されていた日本のYouTubeに変化が生じている」と伝えた。 記事は「ここ1カ月で日本のYouTubeから韓国を誹謗(ひぼう)中傷する動画数十万本が消えた。 動画を掲載していたネット右翼たちのアカウントは約200件が閉鎖された」とし、その理由について「ネット右翼に対抗する日本の弁護士やネットユーザーが大きな役割を果たした」と伝えている。 記事によると、事の発端は2016年にさかのぼる。 安倍政権が朝鮮学校への補助金停止を決定したことに対し、日本弁護士連合会所属の弁護士らは反発する声明を発表した。 するとそれから約1年後、日本弁護士連合会には同弁護士らの処罰を求める「懲戒請求」が殺到した。 きっかけはネット右翼が管理するブログとみられており、同ブログには同弁護士らの氏名や連絡先、弁護士懲戒請求の方法などが掲載されていたという。 これを受け、同弁護士らは今年4月、懲戒請求を繰り返すネット右翼を相手に損害賠償請求訴訟を起こすと発表した。 さらに一般のネットユーザーの間でも、サイトからネット右翼を排除する動きが拡散。 今年5月には、YouTubeにネット右翼の動画を「人種差別的な悪意あるコンテンツ」として通報しようとの呼び掛けが行われた。 YouTubeが実際にネット右翼の動画を削除したことをきっかけに、通報運動はさらに加速。 その結果、200を超えるネット右翼たちのアカウントが停止処分を受けるか、もしくは削除された。 韓国を誹謗中傷する内容の動画は約30万本が削除されたという。 この報道に、韓国のネットユーザーからは「心からかっこいいと思う」「日本にも良心が残っていた」「彼らの努力に拍手を送りたい」「差別が深刻な日本。 でも変わろうとする姿は素敵だ」など肯定的なコメントが寄せられている。 また「日本を憎むのではなく、日本の歴史的な蛮行を記憶し続けることが大事」「自分たちを見つめ直してみよう。 日本や中国、東南アジアに対する差別がないと言えるだろうか?」と呼び掛ける声も。 その他「差別的な言動は結局、日本を苦しめることになる」「まだまだ嫌韓動画は多い」「日本政府が変わらなければ、日本社会は変わらない」などと指摘する声も見られた。

次の