キャッツ 映画 吹き替え。 映画『キャッツ』の日本語吹き替え版<第三弾>キャストとして山寺宏一、宮野真守、沢城みゆき、山路和弘、宝田明らが参加

映画「キャッツ」はつまらない・面白くない?評判や評価から解説してみた

キャッツ 映画 吹き替え

女優の葵わかなが11月18日、ザ・リッツ・カールトン東京で行われた映画『キャッツ』日本語吹替版制作発表会に山崎育三郎、高橋あず美、ロバートの秋山竜次、森崎ウィン、大貫勇輔、大竹しのぶ、吹き替え版の音楽プロデュースを担当する蔦谷好位置とともに出席。 吹き替えに参加する喜びや、自身が劇中で歌う楽曲などについて語った。 本作は、全世界累計観客動員数8100万人を誇るミュージカル『キャッツ』の実写映画。 白猫のヴィクトリア役は、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルにして、映画初出演のフランチェスカ・ヘイワード。 名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役は『ドリームガールズ』(06年)で第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンがつとめる。 本作の吹き替え版制作が許されたのは、日本とドイツの2ヵ国のみ。 本国の制作チーム監修の下、厳正なる審査を経てキャスト・クリエイター陣の参加が決まったという。 主人公にして、若く純粋で臆病な白猫のヴィクトリア役に選ばれた葵は「このヴィクトリアを通して、お客様を『キャッツ』の世界に誘えるような、皆様がフィルターとして見れるようなキャラクターになるよう精一杯演じたい」と挨拶。 「とっても猫が大好き」だと言い、「ヴィクトリアは威嚇のシーンがなかったので、猫の声を出す機会がなかった。 見た目がやっぱり猫で、猫に関する歌もたくさんあるので、勝手に猫に一歩近づけた感じがして嬉しいです」とほほ笑んだ。 葵は、テイラー・スウィフトとアンドリュー・ロイド=ウェーバーが、本作のために共同制作した新曲『Beautiflu Ghosts』を劇中で歌う。 同曲の収録を行ったばかりだと明かして「『メモリー』のように湧き上がる情熱の歌ではないけど、聞いたらスゴくキレイなメロディーが印象に残る。 ヴィクトリアがどういう猫なのか、『キャッツ』の中でどういう風に成長したいのか心情がよく表れている曲。 がんばって歌った」と話した。 山崎は、自身が演じるマンカストラップについて「ヴィクトリアを不思議な世界へ誘う役割、そして猫のリーダーという役どころ。 僕自身、トム・フーパー監督の『レ・ミゼラブル』の大ファン。 トム・フーパー監督が作った『キャッツ』にたずさわれて本当に心から嬉しい」と述べた。 名曲「メモリー」を歌うグリザベラ役の高橋も、同役を勝ち取った当初を振り返って「『メモリー』は幼少時代から聞きなじみのある曲。 キレイなメロディーだけど、どこか切なくて力強い。 大きなメッセージが込められた曲。 その大切な曲を私が歌えるのが夢のよう。 決まったときは声にならない叫びが出て、嬉しかったです」と喜びをあらわに。 「魂の込もった歌を皆にお届けできれば」と意気込んだ。 高橋は会場にて、蔦谷の伴奏で「メモリー」を生披露。 本イベントを荘厳な雰囲気で締めくくった。 『キャッツ』は、2020年1月24日より全国公開となる。

次の

映画版ミュージカル『キャッツ』本国キャスト&日本語吹替版キャスト 映画版新曲もあり! 2020年1月公開

キャッツ 映画 吹き替え

日本語吹替え版音楽プロデューサー 蔦谷 好位置• ヴィクトリア役 葵 わかな• マンカストラップ役 山崎 育三郎• グリザベラ役 高橋 あず美• バストファージョーンズ役 秋山 竜次 (ロバート)• ミストフェリーズ役 森崎 ウィン• スキンブルシャンクス役 大貫 勇輔• ラム・タム・タガー役 藤原 聡 (Official髭男dism)• マキャヴィティ役 山寺宏一• ガス役 宝田明• ジェニエニドッツ役 浦嶋りんこ• ボンバルリーナ役 RIRI• マンゴジェリー役 宮野真守• ランペルティーザ役 沢城みゆき• グロールタイガー役 山路和弘• カッサンドラ役 朴璐美• オールドデュトロノミー役 大竹しのぶ.

次の

キャッツ実写映画と劇団四季ミュージカル版との違いは?|movie

キャッツ 映画 吹き替え

映画「キャッツ」で一番有名な曲「メモリー」は作品の中で何度か歌われます。 しかし最後のグリザベラが「メモリー」を歌ってみるも歌い切れずに失敗してそのあとシラバブに助けられて、力を振り絞って歌いきるところがクライマックスになります。 このシーンは 全ミュージカルのクライマックスとも言われてるらしです! 映画「キャッツ」はつまらない・面白くない理由について いやー「キャッツ」はねー、TLに回ってきたアメリカの酷評見て「観に行くしかないな!」と思ってたんですけど、先日劇場で予告を観たら「あ、これ、面白くない映画がそのまま面白くないパターンの映画だ!」とゆう印象を受けたので一気に興味が無くなってしまいました。 理由を纏めるとは以下の通りです。 ・ミュージカルと同じ内容を映画にしているだけだから ・キャラクターが気持ち悪すぎる ・舞台を知らない人見ても面白さを感じない ・ストーリーに魅力がない ひとつづつ補足していきます。 ミュージカルと同じ内容を映画にしているだけだから 映画「キャッツ」は元ネタはブロードウェイでそれを今回映画にしています。 原作が名作であってきちんと今も色褪せずに存在しているために映画版では内容を大幅に変更はできなかったのでしょう。 イギリスでは連続公演回数8950回、ニューヨークでは7485回も連続で公演されていた名作です。 だからこそ仮に内容を変えれたとしても「それはキャッツなのか?」ということなったと思います。 なので内容は舞台と同じです。 しかしこれを嫌う人もいます。 あまりにも有名な原作のために結末を誰でも知っています。 これが「舞台と同じ内容を映画にしているだけだからつまらない」といった意見の原因になっています。 映画「キャッツ」のキャラクターが気持ち悪すぎる 映画「キャッツ」がアメリカで酷評されているという朝日新聞の記事。 「大部分がホラー、かつ忍耐力テスト」とか… 予告編見て、気持ち悪いと思ってたけど、この感覚が世界で共通だったことに安心。 でも公開前にかわいそう。 逆に見に行く? — odedanks odedanks 確かに映画版キャッツ予告や動画見るとなかなか気持ち悪い。 着ぐるみや普通の人が劇中の歌を歌ったり踊ったりしてるのは普通に問題なく見れる。 しかし映画版は全身タイツの気持ち悪い生物に見えてしまう。 コートを着てるキャラもいるから余計にそう見えるのか…。 — ガオガオ(男性) 野良読書 gaogaopower1 映画「キャッツ」はアメリカでは日本よりも早くに公開されました。 しかし 評判は最悪だったそうです。 理由は色々と言われていますが やはり一番の 原因はキャラクターの外見です。 映画「キャッツ」はCG技術を多様しています。 なかでもデジタル・ファー・テクノロジー と呼ばれるVFX技術のせいで人間が猫の気ぐるみを着ているようにデザインされています。 しかし アメリカの一部の方面からはポルノとも揶揄されてます。 裸の人間に全身タイツを着せて演技させているだけというものです。 キャラクターの中でも、 グリザベラやスキンブルシャンクスなどがかなり気持ち悪いように感じました。 しかもこの二人は中心的なキャラクターで何度もシーンの登場してきます。 どうしてもそのビジュアルが気になって映画に集中できないようです、 ストーリーに魅力がない 映画「キャッツ」にはストーリーに魅力がないとも実は言われています。 舞台で見るから面白いのであって映画にしてしまっては 本来の魅力がなくなると言われています。 「キャッツ」もともとは舞台の作品で、 舞台といえば歌って踊るのが醍醐味です。 なので映画とは違います。 ですが、キャッツは今回 映画になったので観客はストーリーをどうしても評価してしまいます。 その視点のズレが「キャッツにはストーリーに魅力がない」という意見に繋がっているのでしょう。 実際に「キャッツ」は言わずとしれた名作ですがその話の あらすじを話せる人って少ないです。 そのくらい頭に残りにくい話という面もあるのでしょう。 舞台を知らない人が見ても面白さを感じない 「キャッツ」はもともとは舞台ように作られたお話です。 それを今回映画にしています。 舞台用の作品を映画ようにしてるために本来の魅力がなくなっているとの意見があります。 まずキャッツはブロードウェイで見る。 それかせめて劇団四季で見てから見るとまた違って見えるといわれています。 まとめ ・映画「キャッツ」は酷評がかなり目立っている作品です。 それはやはり原作の素晴らしさが、ほかの作品よりもれべるが違うということもありますが、 ・舞台と同じ内容を映画にしているだけだから ・キャラクターが気持ち悪すぎる ・舞台を知らない人見ても面白さを感じない ・ストーリーに魅力がない といった4つの要素が映画「キャッツ」の酷評のもとになっています。 合わせて読みたい!.

次の