都 道府県 別 コロナ 感染 者。 【新型コロナウイルス】都道府県ランキング~PCR検査を実施した人数と陽性者数・陽性率

関連が27人 : 都道府県別の新型コロナウイルス感染者数(随時更新)

都 道府県 別 コロナ 感染 者

新型コロナウイルスの国内感染者は9日午後9時現在、新たに45人が確認され、計1万7326人になった。 都道府県別では東京都12人、北海道7人、福岡県(北九州市)と千葉県3人、神奈川、埼玉、京都、岐阜、山梨の各府県で1人だった。 死者は神奈川県で1人増え、計923人となった。 入国者の感染は新たに15人確認され、この日の感染者の3分の1を占めた。 厚生労働省によると、7~8日にパキスタンやメキシコなどから成田空港に到着した10歳未満から60代の外国籍の男女で、いずれも症状はないという。 政府は水際対策について4カ国と入国緩和の交渉に入る方針を固めているが、政府の専門家会議は海外との往来再開が「再度の流行拡大のきっかけとなる可能性がある」と指摘している。 東京都の1日の感染者が2桁になるのは9日連続。 都によると、感染経路が不明の人は7人。 年代別では20代が4人で最も多い。 同居する孫から感染したとみられる女性も2人いた。 都は2日に、感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート(警戒)」を出している。 一方、武蔵野中央病院(東京都小金井市)は9日までの調査で、新たに入院患者5人、職員3人の計8人の感染が確認されたと発表した。 同病院の感染者は計39人となった。

次の

全国で新たに45人感染 入国の緩和で流行拡大の懸念 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

都 道府県 別 コロナ 感染 者

(基準日:2020年5月3日) 都道府県 感染者数 前日比増加数 北海道 843人 25人 青森県 26人 0人 岩手県 0人 0人 宮城県 88人 0人 秋田県 15人 0人 山形県 68人 0人 福島県 78人 3人 茨城県 165人 0人 栃木県 54人 0人 群馬県 146人 0人 埼玉県 897人 12人 千葉県 855人 5人 東京都 4,568人 91人 神奈川県 1,097人 23人 新潟県 77人 0人 富山県 212人 3人 石川県 264人 4人 福井県 122人 0人 山梨県 56人 1人 長野県 70人 0人 岐阜県 150人 0人 静岡県 73人 0人 愛知県 487人 1人 三重県 44人 0人 滋賀県 95人 0人 京都府 331人 2人 大阪府 1,666人 10人 兵庫県 667人 12人 奈良県 83人 1人 和歌山県 62人 0人 鳥取県 3人 0人 島根県 24人 1人 岡山県 22人 0人 広島県 161人 1人 山口県 34人 1人 徳島県 5人 0人 香川県 28人 0人 愛媛県 48人 1人 高知県 74人 0人 福岡県 646人 0人 佐賀県 44人 2人 長崎県 17人 0人 熊本県 46人 0人 大分県 60人 0人 宮崎県 17人 0人 鹿児島県 10人 0人 沖縄県 142人 0人 (合計) 14,740人 199人 ランキングという言葉が適切なのかわかりませんが… 都道府県 感染者数 1位 東京都 4,568人 2位 大阪府 1,666人 3位 神奈川県 1,097人 4位 埼玉県 897人 5位 千葉県 855人 6位 北海道 843人 7位 兵庫県 667人 8位 福岡県 646人 9位 愛知県 487人 10位 京都府 331人 11位 石川県 264人 12位 富山県 212人 13位 茨城県 165人 14位 広島県 161人 15位 岐阜県 150人 16位 群馬県 146人 17位 沖縄県 142人 18位 福井県 122人 19位 滋賀県 95人 20位 宮城県 88人 21位 奈良県 83人 22位 福島県 78人 23位 新潟県 77人 24位 高知県 74人 25位 静岡県 73人 26位 長野県 70人 27位 山形県 68人 28位 和歌山県 62人 29位 大分県 60人 30位 山梨県 56人 31位 栃木県 54人 32位 愛媛県 48人 33位 熊本県 46人 34位 三重県 44人 34位 佐賀県 44人 36位 山口県 34人 37位 香川県 28人 38位 青森県 26人 39位 島根県 24人 40位 岡山県 22人 41位 長崎県 17人 41位 宮崎県 17人 43位 秋田県 15人 44位 鹿児島県 10人 45位 徳島県 5人 46位 鳥取県 3人 47位 岩手県 0人 11位までは特定警戒都道府県が続きます。 12位の 富山県はや14位の 広島県は、13都道府県に割って入った形となっており、注意が必要ですね。 単位数当たりの感染者数はどうなっているのでしょうか? この記事では、人口10万人当たりで比較してみます。 都道府県 10万人あたり感染者数 北海道 15. 9人 青森県 2. 1人 岩手県 0. 0人 宮城県 3. 8人 秋田県 1. 5人 山形県 6. 2人 福島県 4. 2人 茨城県 5. 7人 栃木県 2. 8人 群馬県 7. 5人 埼玉県 12. 2人 千葉県 13. 7人 東京都 33. 0人 神奈川県 12. 0人 新潟県 3. 4人 富山県 20. 2人 石川県 23. 1人 福井県 15. 8人 山梨県 6. 9人 長野県 3. 4人 岐阜県 7. 5人 静岡県 2. 0人 愛知県 6. 5人 三重県 2. 5人 滋賀県 6. 7人 京都府 12. 8人 大阪府 18. 9人 兵庫県 12. 2人 奈良県 6. 2人 和歌山県 6. 6人 鳥取県 0. 5人 島根県 3. 5人 岡山県 1. 2人 広島県 5. 7人 山口県 2. 5人 徳島県 0. 7人 香川県 2. 9人 愛媛県 3. 6人 高知県 10. 5人 福岡県 12. 6人 佐賀県 5. 4人 長崎県 1. 3人 熊本県 2. 6人 大分県 5. 2人 宮崎県 1. 6人 鹿児島県 0. 6人 沖縄県 9. 8人 (合計) 11. 7人 全国合計では、10万人当たり11. 人口10万人の都市ならば、約12人• 人口20万人の都市ならば、約24人• 人口30万人の都市ならば、約36人 の感染者がいる計算になります。 都道府県 10万人あたり感染者数 1位 東京都 33. 0人 2位 石川県 23. 1人 3位 富山県 20. 2人 4位 大阪府 18. 9人 5位 北海道 15. 9人 6位 福井県 15. 8人 7位 千葉県 13. 7人 8位 京都府 12. 8人 9位 福岡県 12. 6人 10位 埼玉県 12. 2人 11位 兵庫県 12. 2人 12位 神奈川県 12. 0人 13位 高知県 10. 5人 14位 沖縄県 9. 8人 15位 岐阜県 7. 5人 16位 群馬県 7. 5人 17位 山梨県 6. 9人 18位 滋賀県 6. 7人 19位 和歌山県 6. 6人 20位 愛知県 6. 5人 21位 山形県 6. 2人 22位 奈良県 6. 2人 23位 茨城県 5. 7人 24位 広島県 5. 7人 25位 佐賀県 5. 4人 26位 大分県 5. 2人 27位 福島県 4. 2人 28位 宮城県 3. 8人 29位 愛媛県 3. 6人 30位 島根県 3. 5人 31位 新潟県 3. 4人 32位 長野県 3. 4人 33位 香川県 2. 9人 34位 栃木県 2. 8人 35位 熊本県 2. 6人 36位 山口県 2. 5人 37位 三重県 2. 5人 38位 青森県 2. 1人 39位 静岡県 2. 0人 40位 宮崎県 1. 6人 41位 秋田県 1. 5人 42位 長崎県 1. 3人 43位 岡山県 1. 2人 44位 徳島県 0. 7人 45位 鹿児島県 0. 6人 46位 鳥取県 0. 5人 47位 岩手県 0. 0人 やはり、特定警戒都道府県は多いのですが、 北陸3県の多さが目立ちます。 緊急事態宣言の効果はどうなっているのでしょうか? 緊急事態宣言が発令された4月7日時点の感染者数と、現在の数値を比較します。 都道府県 感染者数(4月7日) 感染者数(5月3日) 伸び率 北海道 198人 843人 325. 都道府県 伸び率 1位 富山県 1666. 情報収集と整理ありがとうございます。 PCR検査数の報道がとても少ないのが不思議でした。 NHKの特設サイトでは検査数の発表や分析はありません。 そのほかも似たり寄ったりです。 厚労省は一応発表しているのですね。 少し気になるのは厚労省の発表の数字とこの貴サイトの数字が微妙に違うのは何か理由があるのでしょうか? 世界の検査数と比較すると、日本の場合極端に数が少なくその理由が理解できません。 ちなみにOECD36ケか国中人口当たりの検査数が下から二番目で、先進国とは10倍以上の差があり、東南アジアやラテンアメリカと同じくらいです。 能力がないととても思えないので、やる気がないとしか思えません。 worldometers.

次の

全国で新たに45人感染 入国の緩和で流行拡大の懸念 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

都 道府県 別 コロナ 感染 者

新型コロナウイルスの国内感染者は9日午後9時現在、新たに45人が確認され、計1万7326人になった。 都道府県別では東京都12人、北海道7人、福岡県(北九州市)と千葉県3人、神奈川、埼玉、京都、岐阜、山梨の各府県で1人だった。 死者は神奈川県で1人増え、計923人となった。 入国者の感染は新たに15人確認され、この日の感染者の3分の1を占めた。 厚生労働省によると、7~8日にパキスタンやメキシコなどから成田空港に到着した10歳未満から60代の外国籍の男女で、いずれも症状はないという。 政府は水際対策について4カ国と入国緩和の交渉に入る方針を固めているが、政府の専門家会議は海外との往来再開が「再度の流行拡大のきっかけとなる可能性がある」と指摘している。 東京都の1日の感染者が2桁になるのは9日連続。 都によると、感染経路が不明の人は7人。 年代別では20代が4人で最も多い。 同居する孫から感染したとみられる女性も2人いた。 都は2日に、感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート(警戒)」を出している。 一方、武蔵野中央病院(東京都小金井市)は9日までの調査で、新たに入院患者5人、職員3人の計8人の感染が確認されたと発表した。 同病院の感染者は計39人となった。

次の