糖尿病 ed 治らない。 よくあるご質問|医師が答えるQ&A|EDネットクリニック|バイエル薬品

糖尿病と性の悩み 糖尿病の男性はED(勃起不全)のリスクが高い

糖尿病 ed 治らない

「原因は人それぞれ」 EDは、以下の3つに分類することができますが、原因は1つとは限らず、ほとんどの場合いくつかが重なっています。 [1]身体的原因 身体的な原因によって起こるEDです。 喫煙、高血圧、糖尿病、心臓病、高脂血症、脊髄損傷、神経の病気(多発性硬化症)、骨盤内(前立腺や結腸など)手術などの病気のほか、陰茎の構造上の問題などが関わっており、病気が進行するにつれ、徐々に勃起機能が低下します。 [2]心理的原因 ストレス、不安、うつ病などの心理的な原因によってEDになる場合です。 性行為失敗などのきっかけによってEDが発症します。 [3][1]と[2]の両方 身体的原因と心理的原因の両方が関係するEDです。 心理的な原因によるEDであれば、内服のED治療薬の服用により自信が回復し、服用しなくても性行為が可能となる場合があります。 詳しくは医師にご相談ください。 糖尿病でEDになるのですか? 確かに糖尿病が悪化すると神経や血管に障害がでてくるため、EDの直接の原因となる場合はあります。 しかし、全ての糖尿病患者さんがEDになるわけではありません。 もし、現在糖尿病でEDを心配している方は食事療法と軽い運動を心がけることが大切です。 また、処方されているお薬をきちんと服用することも糖尿病を悪化させないために必要です。 もし、すでにEDの症状があり、あなた自身とパートナーが治療を望んでいるならば、糖尿病とあきらめずに、まずかかりつけ医にご相談ください。 EDを治療するには何科に行けばいいのですか? 泌尿器科や内科をはじめ多くの診療科で診察が受けれます。 医療機関によっては専門外来(ED、性機能、男性更年期など)を設置している場合もあります。 まずは、かかりつけ医やお近くの医療機関にご相談なさるか、ご希望の医療機関にお問合わせください。 ED治療にはいくらかかりますか? ED治療には保険が適用されませんので、診察代、検査費用、お薬代などは全て患者さんの症状、健康状態によって検査項目がおのおの異なりますので、詳しくは医師にご相談ください。 なお、お薬を処方してもらうには医師の診断が必要ですので、直接薬局で購入することはできません。 EDの診察はどのように行われますか? 医療機関によって診察の方法は異なりますが、一般的には、簡単な問診票に記入してもらい、心臓などに異常がないと判断されれば、内服のED治療薬による治療が開始されます。 もし、ED治療薬が服用できないと判断された場合や、有効性が認められなければ、希望があれば陰茎注射や補助器による治療も可能です。 心臓の病気(狭心症など)、不整脈、肝障害、腎障害、低血圧、高血圧、網膜色素変性症(進行性の夜盲)といった病気をお持ちの方はED治療薬を服用できない場合があります。 内服のED治療薬を服用できない場合は? また、心臓病治療薬である硝酸剤(ニトログリセリン)や排尿障害や血圧のお薬など、ED治療薬と一緒に服用できないお薬があります。 ED治療薬の服用にあたっては必ず医師の診察を受け、服用できるかどうかを医師または薬剤師に確認してもらってください。 なお、ED治療薬が服用できない場合でも、他に治療法はありますので、医師と十分相談して治療法を決定してください。 友人からもらった内服のED治療薬を服用してもいいですか? ED治療薬は医師の診断がないと服用することができないお薬ですので、自分の判断で服用してはいけません。 性行為を行なうことが好ましくない心臓の病気にかかっていたり、一緒に服用すると影響のあるお薬を使用していると大変危険です。 服用に際しては必ず医師の診察を受けてください。 内服のED治療薬の偽薬が出回っているという話を耳にしますが・・・ 医療機関で処方されたED治療薬に偽薬はありません。 ただし、個人輸入で入手されたものの中には成分を特定できない偽薬もあり、これを服用することは大変危険ですので、必ず医師の診察を受けてください。

次の

糖尿病で勃起不全―糖尿病とEDの深い関係

糖尿病 ed 治らない

糖尿病ではED(勃起不全)が多い 日本人男性では近年、性機能の低下が著しいのだそうです。 1998年の白井將文らの調査(日本臨床60:200-,2002)によると、 成人男性の4人に1人が、• 勃起が十分でなく時々性交ができない(中等度ED)• 勃起しないため常に性交ができない(完全ED) というED症状だったそうです。 さらに、• たまにできない(軽度ED) という人まで入れると、ED有病者数はもっと増え、 日本人成人男性のなんと81%が何らかのDEに対する懸念を持っている との報告もあります。 ED治療薬のレビトラを販売するバイエル薬品によると、 同社のED電話相談窓口であるEDトークダイヤルに電話をかけてきた男性を年代別に見ると、 50代、60代以上が全体の約6割を超えており、 中高年でDEの悩みを抱えている割合が増えているそうです。 糖尿病ではEDが多い 糖尿病患者ではEDの罹病率が高いことが知られています。 12 No. 糖尿病患者では健常者よりもED率が2倍 同様な報告は臨床の現場でも確認されています。 糖尿病でのED罹患率は非糖尿病より2~4倍も高い Sponsored Link 糖尿病とEDの関係 糖尿病になるとどうしてEDが増えるのでしょう? 糖尿病はこれまでも何回も書いてきましたように、高血糖による血管の病気なのです。 糖尿病 = 血管障害 糖尿病患者でのDEにも、血管障害が関与していると考えられていますが、詳しく理解するためには、どうして勃起するのかを知る必要があります。 勃起の仕組み 陰茎の内部には、スポンジ状の陰茎海綿体という組織があります。 下の図は、陰茎を輪切りにしたものですが、陰茎の中には2本の陰茎海綿体と、1本の尿道海綿体があります。 性的な刺激を受けると、陰茎海綿体の中の陰茎動脈が拡張し、大量の血液が陰茎海綿体に流れ込みます。 このことによって、スポンジ状の陰茎海綿体は膨らみ、陰茎静脈を圧迫して血液の流出を抑えてしまうのです。 これにより、陰茎海綿体の中にはさらに血液が貯留し、陰茎海綿体はさらに硬くなり、これが勃起なのです。 勃起するためには 糖尿病とEDの関係を知るために、もう少し理解してください。 勃起するためには、陰茎動脈の拡張が必須です。 勃起するためには陰茎海綿体に血液が流れ込まなければなりません。 陰茎動脈に血液を送り込むためには陰茎動脈が拡張する必要があります。 性的な興奮• 陰茎の神経終末と内皮細胞からNOが分泌• NOはcGMPを産生させます。 cGMPは血管を拡張 と、 この過程が重要なのです。 陰茎動脈の拡張により陰茎海綿体に大量の血液が流れ込むためには 血管を緩めて拡張させるcGMPが必要なのです。 cGMP:サイクリックGMP 勃起において重要な働きをしているのは、• NO(一酸化窒素)• サイクリックGMP(サイクリックグアノシン1リン酸:c-GMP) なのです。 糖尿病性EDでは血管障害と神経障害が原因か 多くの調査によって、糖尿病患者ではEDが高頻度で起こることが分かっていますが、まだ明確になってはいませんが、高血糖に引き起こされる、「血管障害」、「神経障害」だと推定されています。 糖尿病の高血糖により、血管障害(血流障害)や神経障害がおこると、この勃起に必要な一連の過程がスムーズに進まなくなり• 全く勃起しない• 勃起しても硬さが十分でない• 勃起が長く続かない などのED症状が現れるのです。 健康な男性でも加齢にともなって血管障害や神経障害が進みますので少しずつ勃起力は衰えます。 しかし、糖尿病患者では持続的高血糖が血管障害や神経障害を急速に進行させるために、高頻度で、高いレベルで、ED(勃起不全)がみられるのです。 Sponsored Link ED(勃起障害)の治療 EDの大きな原因はcGMPの減少によるものが多く、EDにおける薬物療法では• NO産出促進• cGMP減少阻止 の作用がある薬物が使われます。 実際には、「ED治療薬はcGMPの分解を抑制する薬」で、正式名称は「PDE5阻害薬」で、バイアグラはPDE5阻害薬です。 商品名 一般名 作用 販売会社 持続時間 (服用) 用量 バイアグラ シルデナフィル PDE5阻害 ファイザー 4時間 (1時間前 50mg レビトラ バルデナフィル PDE5阻害 バイエル 4時間 1時間前 20mg シアリス タダラフィル PDE5阻害 イライリリー 36時間 3時間前 20mg PDE5というのは、cGMPを分解する酵素で、この酵素を阻害することによってcGMPの分解が阻害されために、陰茎動脈の拡張が長時間維持されることから持続的な勃起が可能となるのです。 その理由は、• EDだと言って診察を受けるのは恥ずかしい• インターネットでは安く購入出来る などのと思われますが、実際にはインターネットでは非常に多くの個人輸入代行会社が宣伝を出しており、非常に簡単に購入出来るからです。 しかし、 糖尿病患者がインターネットでED治療薬を購入して服用することは非常に危険です。 ED治療薬は血管を拡張させる薬で。 あり、 糖尿病に併発しやすい動脈硬化、狭心症、心臓血管障害などの疾患がありそれらの治療薬を服用している場合には、バイアグラの処方は禁忌とされています 糖尿病のEDでは薬が効きにくい 糖尿病のEDにけるED治療薬の有効率は他の原因によるEDより低く、 糖尿病EDにおけるバイアグラの有効性は50% といわれています(ホワイトハンズ大学の資料による)。 国内におけるバイアグラの認可量は50mgですが、糖尿病患者のEDでは100mgでなければ効果がないという多くの症例報告もだされています。 さらには、 血糖コントロールの良い糖尿病患者ほど、バイアグラの有効率が高いとの報告もあり、糖尿病EDにおいても血糖管理が第一の療法なのです。 糖尿病では個人輸入によるED治療薬の服用は危険 糖尿病のEDでも血糖管理が第一です 関連記事 一部広告を含む•

次の

(医)きたやま泌尿器科医院_診療内容 ED

糖尿病 ed 治らない

比率 年代 原因の傾向 若年層 27. EDは単に勃起が起こらなくなるだけでなく、男性としての自信を損なわる病気です。 異性との交際に消極的になるなど、生活の支障になっているケースも少なくありません。 EDは年齢を重ねるごとに発症率が増していき、60代では2人に1人がEDであるとのこと。 ですが、 若い世代でもEDを発症する方は思いのほか多いことも分かっています。 では、それぞれの年代のEDはどのような原因によって引き起こされているのか詳しく見てみましょう。 20代でEDになる主な原因 20代といえば、異性と交際する方も多く、EDとは無縁と思われがち。 しかし、実際にはED患者の 8%は20代の方です。 20代で生じるEDの原因の多くは、 精神的なストレスやプレッシャーによるものと考えられています。 というのも、 ある程度リラックスした状態で性行為に臨まなければ、十分な勃起は起こりにくいから。 20代の若い方は性行為の経験が少ないケースも多く、 性行為自体に強い緊張感を覚えることで満足な勃起が生じなくなってしまうことも少なくないのです。 そして、一度の失敗談から性行為に対するストレスが生まれ、それがさらに失敗を促すという悪循環に陥っている方も多いと考えられています。 30代でEDになる主な原因 20代の頃より体力は衰えてくるとはいえ、まだまだ若い30代。 しかし、 30代に突入するとEDに悩む方はどんどん増えていきます。 30代に見られるEDも20代と同じく、 精神的なストレスやプレッシャーが主な原因です。 もちろん、20代の頃のように性行為自体に苦手意識があったり、緊張感が強すぎたりすることが精神的な重荷となってEDを引き起こすケースもあります。 一方で、30代は仕事や家庭でも責任ある立場になりつつある時期。 そのような 生活上のストレスが強い方はEDになりやすい傾向にあると言えます。 また、近年ではいわゆる 「妊活」に対するプレッシャーからEDになってしまうケースも問題となっているのが現状です。 40代でEDになる主な原因 中年に差し掛かる40代は身体に様々な変化が生じるもの。 健康診断などで高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を指摘される方も増えてきます。 実は、よくあるこれらの 生活習慣病は血管が硬く狭くなる動脈硬化を引き起こします。 動脈硬化が生じると陰茎への血流が低下するため、EDの発症率はアップ。 40代になるとこのような 生活習慣病に起因するEDも増えてくるのです。 その一方で、若い頃に比べて勃起の硬さや持続時間が低下していることを自覚し、性行為にストレスやプレッシャーを感じるようになる方も。 このように、40代は 身体的な変化と精神的なストレスの両面からEDを発症する方が増えてくる年代と言えます。 50代でEDになる主な原因 50代になれば、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を患う方は益々増えていきます。 その分、EDに悩む方も増えることに。 この年代になれば、性行為自体へのストレスやプレッシャーを感じる方は少なくなってきますが、 「性欲減退」という新たな問題が生じることも少なくありません。 というのも、 性欲の元となる男性ホルモンの分泌量は年齢を重ねるごとに減少していくから。 男性ホルモンの分泌量は10代後半頃から30代にかけてピークを迎えますが、年齢が上がるごとに分泌量は低下。 50代頃になるとこれまでのように性欲がわかず、 性的な刺激を受けてもセクシャルな気分になることなくEDを発症する方も少なくないのです。 まず、勃起には性的な刺激や興奮を感じることが必須。 精神的なストレスや緊張などによって性的な感情が薄れてしまうと、当然ながら勃起を引き起こすメカニズムはうまく作動しなくなります。 また、何らかのダメージによって脊髄や脊髄から陰茎に分岐する神経の働きが低下することもEDの原因に。 脳から送られた勃起司令が届かなくなるからです。 そして、脳や神経からどんなに血管を拡げて血流を増そうとする司令が送られても、肝心の 血管が拡がらない状態では海綿体への血流も増えることはありません。 そのため、陰茎の海綿体に血流を送る血管に 動脈硬化などが生じて十分に拡がらなくなることによってもEDが引き起こされます。 20代や30代など若い世代の方に多く見られ、異性との交際に支障を来すケースも少なくありません。 背景にはうつ病や不安症などの精神的な病気が潜んでいることも。 また、過去の性行為での失敗などが トラウマとなっている方も多いと考えられます。 さらに、近年では不妊治療を行うカップルに心因性EDを発症する方も増えており、 妊娠に対するプレッシャーがED発症の引き金となることも問題となっています。 肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は血管の柔軟性を損なわせる 動脈硬化を引き起こします。 この 動脈硬化は陰茎の血管を拡げにくくするためEDの大きな原因の一つに。 このような器質性EDは治療が難しいケースも多く、主に 40代や50代など中年以降の方によく見られるタイプです。 一方で、 事故や直腸・前立腺などの手術、糖尿病などによって勃起に関わる神経がダメージを受けることもEDの原因となります。 そのため、若い世代の方が器質性EDを発症する可能性もゼロではありません。 中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化管に作用する薬剤など REM睡眠障害による夜間勃起現象の障害、テストステロン低下、交感神経過剰興奮など諸説あり.

次の