偏 頭痛 漢方。 偏頭痛に効く漢方薬について

偏頭痛に効く漢方薬について

偏 頭痛 漢方

片頭痛の治療に漢方が使われることを知っていますか?漢方薬は、作用が穏やかなことや、個人の症状に合わせて選べるメリットもあります。 また、患者さんの医療費の負担を抑えることもできます。 今回は五苓散という漢方薬をご紹介します。 五苓散はとっても使いやすい漢方 五苓散(ごれいさん)は、小柴胡湯や葛根湯とともに、親しみやすい漢方といわれています。 五苓散は猪苓、茯苓、蒼朮または白朮、沢瀉、桂皮を組み合わせた処方で、水のめぐりをよくする漢方薬です。 体内の水が過剰な状態の時は排出を促進させ、体内の水分が不足した状態の時は水分を保持する作用を示します。 重篤な副作用は少ないと言われ、薬剤のアレルギーの有無に気を付ければ投与しやすい薬方と考えられています。 経済的にも安価なため、よく利用されます。 片頭痛の治療に五苓散 漢方では、頭痛の原因を、冷え、むくみ、血行障害、ストレスなどによる感情の変化にあると考え、これらの原因を治療します。 軽い脳のむくみによって頭痛がおこっていると考えられる場合に、むくみの治療薬である五苓散はよく効きます。 冷えやストレスによって片頭痛が増悪してしまうときにもよい適応でしょう。 片頭痛の患者さんでは吐き気を伴う人が多いので、五苓散をおすすめします。 嘔吐は急速に水分が体外に排泄される現象ですが、五苓散が水分調整をし、体調を落ち着かせてくれます。 特に梅雨の時期や夏など、食欲低下や気温の高さによって、水分バランスの崩れやすい季節に起こる頭痛には五苓散の効果が期待できます。 かかりつけ医の先生に相談してみてもよいでしょう。 薬に頼らないで片頭痛 偏頭痛)を緩和する方法 ツボ、食べると良いもの、悪いもの) 女性に多い片頭痛。 酷い人は日常生活にまで支障をきたしてしまいます。 朝起きた時から頭痛があったり、目をあけるのも苦痛になるほど痛みが酷かったりと片頭痛に悩まされている女性はたくさんいらっしゃると思います。 大体の方が痛みを和らげる為に頭痛薬などの薬を飲んで対処していると思いますが、本当なら強い痛み止など飲みたくありませんよね。 片頭痛の原因 片頭痛の原因は未だ解明されていません。 有力説は『三叉神経』が何らかの原因により刺激され、脳血管を拡張する痛みが生まれ、頭痛が発生するというものです。 片頭痛の症状と特徴 ・ズキズキ、ズキンズキン、ドクドク、ガンガンなどの激しい頭痛 ・脱力感 ・頭痛による嘔吐 薬を飲まずに自分で出来る片頭痛のやわらげ方を紹介します。 片頭痛が起きてしまった時の対処法 ツボを押す 片頭痛を和らげるツボがあります。 覚えておくと、どこでも簡単にできますので便利ですよ。 1 眉と眉の間を指でグッと押します 2 両こめかみ部分を押します 3 手の甲が上になる様に手を開き、人差し指、中指、薬指の三本の指をもう片方の手で押し上げます 片頭痛の予防法 実は片頭痛は食べ物によって予防することができるのです。 ~食べた方が良いもの~ ごま 血液の循環を良くする効果があります。 ごまは一粒一粒が小さいのですが、その力はすごいのです。 マグネシウムを多く含んでいるので、片頭痛の改善にとっても良いのです。 コーヒー 多く飲みすぎるのはいけませんが、適度にカフェインを取ることが良いのです。 アーモンド ごまと同じ様な効果があります。 豚のレバー ビタミンが多く含まれている為、神経伝達物質であるセロトニンを多く分泌し、片頭痛を抑えてくれます。 ~片頭痛を起こしやすい物~ 1、アルコール 2、たばこ 3、チーズ 4、光 これらのものは摂取しないように気をつけてください。 起こると辛い片頭痛、まずは上手に付き合っていきましょう。 鍼灸で片頭痛の治療を! 頭の片側がズキズキと激しく痛むためにグッタリと寝込んでしまい何も出来ない、そんな片頭痛発作に悩まされてる人は非常に沢山いてます。 そんな方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。 西洋医学的アプローチ 片頭痛に対する西洋医学的な治療は投薬治療が中心になります。 血管が拡張して痛みを放出するので、薬によって血管を収縮させます。 ですが、薬を飲んでも良くならない、薬の副作用がひどい、薬に抵抗がある、と言う方も居てます。 東洋医学的アプローチ 東洋医学では身体のバランスと調和を大事にします。 血管が拡張して痛みを出すのは、血や気の流れが悪いからであり原因を治すことに着目します。 片頭痛への鍼灸治療 脳への血流が多くなり過ぎるために片頭痛は起こります。 脳に血が行きすぎる原因の一つとして、手足への循環が悪くなってしまい行き場をなくした血液が脳に流れ込むから、と言う事が考えられます。 冷え症で手足は冷たいのに顔は火照る、と言う方も同じですね。 まとめ 何か原因 怪我や病変 があることによって症状の出る器質的疾患に対して、特にどこにも異常が無いのに痛んだり働きが悪くなる機能的疾患と言います。 鍼灸治療は頭痛のような機能的疾患に対しては有効であるとWHO 世界保健機構 でも認められています。 呉茱萸湯 片頭痛に効く漢方4 片頭痛に効果のある漢方薬、今回は呉茱萸湯という漢方薬をご紹介します。 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)について 呉茱萸(ごしゅゆ)、人參 にんじん 、大棗(たいそう)、生姜 しょうきょう を組み合わせた漢方薬です。 水毒を改善するために用いられます。 疲れやすく、手足の冷えがある頭痛の患者さんに適しています。 呉茱萸:強心作用、体温上昇作用、鎮痛作用 人参:食欲不振、体力低下を補う 大棗:抗ストレス作用、鎮静作用、腎障害改善作用 生姜:健胃作用、体温上昇作用、吐き気止めの効果 呉茱萸湯はとても苦い薬です。 グレープフルーツの苦味を凝縮させたような味と話す人もいます。 「良薬口に苦し」と言いますが、漢方では体に合っている薬は飲みやすく感じるといわれています。 呉茱萸湯をおいしく飲める人は、効果がある可能性が高いので、たとえあまり変化を感じていなくてもしばらく飲み続けてもらいます。 また、まずいけれども結構飲めるという患者さんにもなるべく飲み続けてもらいます。 呉茱萸湯で片頭痛を治す 呉茱萸湯は強い痛みを伴う発作を繰り返す片頭痛の患者さんに使用します。 じっとしていられない痛みがあり、発作の時に胃のあたりの膨満感や詰まった感じを訴えることが多い患者さんや、肩から首にかけて凝りがひどくなる片頭痛の患者さんに効果的です。 呉茱萸湯は冷えに効果があるため、飲んだおかげで、クーラーにあたっても片頭痛が誘発されなくなったという患者さんの声もあります。 吐き気を抑える効果のおかげで、頭痛の発作が出ても楽になったという話も聞きます。 塩酸ロメリジンという急性期に用いられる薬と一緒に使うと、頭痛の症状の軽減だけでなく、薬の使用量も減ったという報告もあります。 呉茱萸湯は激しい痛みの片頭痛に効果があるので、強い片頭痛の症状にお悩みの患者さんは一度、試してみるのもよいかもしれませんね。 Photo:.

次の

偏頭痛の予防と対策方法!痛みを引き起こさない体つくりとは?

偏 頭痛 漢方

女性の頭痛の原因に、生理との関係があります。 生理2日前~生理3日目あたりにおこる頭痛の悩みは、特に30~40代の女性によくみられます。 生理前の頭痛の主な症状• ズキンズキン脈打つような痛み• からだを動かすと痛みが悪化する• 吐き気• 目がチカチカする• 光や音で痛みが増す(いわゆる片頭痛と同じ様な症状で、血行が良くなると痛みが増すことが多い) と訴える方が多いです。 また、排卵日前後にも起こりやすく、頭痛と女性ホルモンの変動が関係しているといわれています。 生理前や排卵後は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が急減、これに伴い、セロトニンという精神状態を整える脳内物質も減少することで、脳内の血管が拡張し、頭痛が起こるという説があります。 ちなみに、生理がいったん止まる妊娠中は、エストロゲンの変動が少なく頭痛が軽減、出産後に再発することもあります。 エストロゲンが減少する閉経後も頭痛が起こりやすく、更年期症状の1つと捉えられることもあります。 西洋医学での生理前頭痛の治療法 現代医学では、生理前の頭痛の治療薬として• 鎮痛剤• トリプタン製剤• 抗不安薬• 低用量ピル などが一般的です。 特に痛みの強い生理前の頭痛(片頭痛)には、片頭痛治療薬のトリプタン製剤を痛みが出始めてから服用します。 また、生理前や更年期に起こる頭痛には、低用量ピルで女性ホルモンの変動をなだらかにして痛みを和らげることもありますが、ピルの休薬期間(血中のエストロゲン量が低下する期間)に頭痛が再発することもあるようです。 自律神経の乱れがみられる頭痛に対して、抗不安薬などが用いられます。 「生理前の頭痛」を漢方で考えると? 漢方では、生理前や排卵前後の頭痛の原因として、おもに気(エネルギー)や血の状態を重視します。 『不通則痛(気血が巡らないと痛む)』『不栄則痛(気血の栄養が行き届かないと痛む)』という考え方に基づき、気血の乱れを整え、痛みを和らげます。 血が不足した『血虚』の状態が続くと、頭に栄養が届かず、しくしくといつまでも続く痛みや、じんわりとした痛みを伴う頭痛がおこりやすくなります。 漢方薬では、良質な血を補う婦宝当帰膠などを用います。 漢方では、自律神経のバランスが崩れ、気の巡りが滞ることを肝鬱気滞といい、張って痛む頭痛がよくおこります。 また、肝鬱気滞の状態が長く続くと、イライラしたり怒りっぽくなって熱火が上逆する肝火上炎になりやすく、頭頂部に痛みを感じたり、めまいを伴うこともあります。 漢方薬では、気の流れを整える逍遙丸や加味逍遥散、熱の症状が強ければ竜胆潟肝湯などを用います。 血虚による頭痛と同様、じんわりと長引く痛みが続きます。 漢方薬では、気を補う補中丸などを用います。 その他、血行が悪くキリキリと刺すような痛みを伴う『瘀血(おけつ)』頭痛や水分代謝が低下して重だるい痛みを伴う『痰湿(たんしつ)』頭痛などもあります。 この場合、気血水の流れを整えることが必要となります。 血の巡りを整える冠元顆粒などの活血剤を併用することもあります。 生理前は、気血水のバランスが乱れやすく、いくつかの原因が組み合わさって頭痛を発症している場合もあります。 お悩みは一度漢方薬局でご相談されてみてはいかがでしょうか。

次の

気象病・天気痛、低気圧や台風で起こる頭痛の漢方薬とは

偏 頭痛 漢方

頭痛は多くの方に見られますが、慢性的になると辛いものです。 多いときは毎日発症し、頭痛薬を服用しておられましたが、乱用はしたくないので漢方相談に来られました。 頭痛は目の奥から始まり、頭はガンガンする、頭痛時は吐き気を伴う、寒い時期に起きやすい、のぼせやすい、少し気分不安定、むくみやすい、などでした。 舌診では、<白膩苔=水分が多く滞留している>のが特徴的でした。 そこで漢方薬は、身体を温め代謝を促進する<婦宝当帰膠>や滞留する水分を軽減する<茯苓飲>、ストレス頭痛を治める<清上蠲痛湯>などをお使いいただきました。 2週間後、頭痛の頻度が軽減し、むくみの減少、軟便の改善などが見られました。 1か月後にはさらに症状が軽減、頭痛薬も不要になりました。 以前にも書きましたが、<気滞> <血於> <水滞> <寒凝>などが原因の頭痛には、症状改善薬と根本治療薬の併用で、短期間でよくなるケースがあります。 心配になり脳神経外科の診察を受けられましたが、特に異常はなく、神経痛だろうとの診断でした。 そこで漢方薬が良いのではと相談に来られました。 詳しくお聞きすると、寒くなってから悪化し、朝起きの時間帯に発症、肩こりや冷えがある、洗顔の時に痛みやすい、などでした。 舌診では、淡舌で血液不足、少しストレスを受けやすく、おなかも冷えている状態でした。 そこで、身体を温め、補血する<>と<清上蠲痛湯>をお使いいただきました。 1週間後、痛みは少なくなり、3週間後には時々痛む程度まで改善しました。 あと少しで完治するものと思われます。 清上蠲痛湯は、女性に見られる頭痛や神経痛によく用い、 <気滞:ストレスで気がとどこおる> <血於:血流が良くない> <水滞:水分が滞留しやすい> <寒凝:冷えがたまっている> などのタイプに用い、温めて、水分の巡りや血の巡りを良くすることで痛みを改善するものです。 三叉神経痛には、五苓散や柴胡桂枝湯がよく使われますが、個々の体質によってたくさんの対応方法がありますので、原因を見極めることが大切です。 38歳の女性Tさん、頭痛や肩こりのご相談を受けました。 頭痛は目の奥から発する頭頂部までの頭痛で、頻繁に起きていました。 また肩こりは、左の肩が特に凝り、さらに左脇腹が痛んだり、痺れたりしていました。 詳しくお聞きすると、胃もたれや胸やけがあり、病院からは<逆流性食道炎>として、制酸剤をもらわれていました。 その他には、おなかが張る、ガスが多い、みぞおちが詰まるなどもありました。 これらの原因は、ストレスを受けやすい、気の上昇がある、血流が良くない、などと考えられました。 そこで漢方薬は、<清上けん痛湯>、<延年半夏湯>、<釣藤散>などをお使いいただいた結果、2週間で頭痛も肩こりも軽減し、1か月ですっかり改善しました。 この< 延年半夏湯>は、胃腸が弱いために左脇腹(季肋部)が痛み、さらに背中や左肩が凝る方に使うという<処方の定石>通りで、ぴったり改善しました。 また<清上けん痛湯>も目の奥から生じる頭痛に使うという<定石>どおりでした。 漢方薬にもたくさんの<定石>があり、それを知っていると改善も早くて喜ばれます。 また肩こりも左側が酷く感じ、さらに左の脇腹が痛み、痺れを感じるとのことでした。 胃もたれや胸やけもあり、おなかも張るなど様々な症状がありました。 舌診では<紫舌>で<白燥苔>、すなわち血流が悪く、水分が滞留しているという状態でした。 そこでおなかのために<延年半夏湯>を使い、頭痛と肩こりには<>を使っていただきました。 2週間経過した後、頭痛は軽くなって鎮痛剤が不要になり、肩こりや胃の調子も良くなりました。 延年半夏湯は、左季肋下部あるいは左乳房下部に疼痛を訴え、左の肩背にかけて凝り痛むものに用いるとされていて、Tさんの症状にピッタリでした。 釣藤散は気が上衝して起きる頭痛や肩こり、<痰湿>すなわち身体に滞留する水分によって起きる頭痛やめまいによく使います。 あと少しですっかり良くなりそうです。 この時期は、身体が重い、頭痛がする、めまいがする、多汗の方は汗が酷くなる、などのトラブルが増えてきます。 40歳のAさん、身体がとてもだるく、胃が動かない感じがして、それとともに背中も痛くなり、頭痛も出てきました。 朝方のむくみも増えて、首や肩が凝って重苦しくなりました。 舌診では黄苔で、胃の機能も低下して負担が増えているようでした。 特に生活変化があったわけでもなく、気候変化によるものと思われました。 そこでおなかの改善に<半夏瀉心湯>を、むくみやだるさの改善に<柴苓湯>をお使いいただきました。 2週間経過して、おなかの調子は良くなり、それに伴って頭痛も治まり、背中痛やだるさも軽減してきました。 その後下半身の冷えと首のつまりを改善するよう<桂枝茯苓丸>をお使いいただき、むくみや肩こりなども軽減しました。 <湿>が身体に様々な影響を及ぼしますが、漢方薬で血流や水分代謝を改善することで、病気ではない不調を改善することができます。 以前からお越しのFさんは、眼の中で光が飛ぶ閃輝暗点の症状や、目の奥の頭痛が気になり始めご相談を受けました。 Fさんは元々めまいや不安症などでいくつかの漢方薬をお使いいただいていましたが、今回は目がかすむ感じや疲れ目もあるので、お薬を変更し<>を使っていただきました。 そして1か月間お使いいただいた頃には、目のかすみも頭痛もすっかり改善していました。 漢方では、ストレスや疲労などが<肝>の働きを低下させ、その結果が目に及ぶと考えます。 目の症状は目だけに着目するのでなく、身体全体の機能とあわせて考えることが必要です。 なお、目の奥の頭痛には、体質や症状によって他の漢方薬を使うこともありますので、ご相談ください。 閃輝暗点が起こる原因は、脳の中で物を見る中枢部分の血管が収縮したり、痙攣をおこしたり、 血流が悪くなったりするためと考えられています。 30歳の女性Mさんは、3か月前から閃輝暗点を発症しました。 症状は、初めは視界が歪んで、その後拍動性の頭痛へとすすみ、嘔吐をし、その時は寒気がするとのことでした。 病院では嘔吐止めと、頭痛薬をもらっていましたが改善の傾向がなく相談に来られました。 漢方では、体質によりいくつかの種類を用いますが、Mさんの場合は舌診から<痰湿>すなわち 水分代謝不調と首の後がつまるのが特徴だったので、<>などの化痰熄風の薬を使っていただきました。 2週間後来店され、後半の1週間は症状が出なかった! とびっくりの報告でさらに継続していただきました。 1ヶ月後は拍動性の頭痛もなく病院の薬は不要になり、チカチカ光る頻度は減り、嘔吐もなくなりました。 脳の他の疾患がないかをMRIなどで確認して問題がない場合、漢方で改善するケースはよくあります。 経験的には、ほとんどが緊張性や水分代謝にかかわるように思われます。 Mさんにはとても喜んでいただきました。

次の