スポーツ 医学 大学。 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻 3年制博士課程

北日本健康・スポーツ医科学センター

スポーツ 医学 大学

プロフェッショナルで高度なサポートと「千葉県」の縁が信頼関係を深める 今回の千葉ロッテマリーンズとの連携には、どのような経緯があったのでしょう。 プロジェクトの滑り出しはどうですか。 小林: 本学は、これまでにも多くのスポーツドクターを輩出し、様々な競技現場のメディカルサポートを行ってきた実績があります。 ただ、プロ野球界に関しては、チームドクターはいてもストレングスケアやコンディショニングケアについては選手個々人が取り組んでいるという実態がありました。 そこで、チーム全体を総合的に見る体制を連携して作ることができないか千葉ロッテマリーンズに提案したところ、実現に至ったというのが今回の経緯です。 整形外科部門、コンディショニング・栄養管理部門などから多数のドクターが参画してメディカルチェック(血液検査、唾液検査、整形外科テスト他など)を行うとともに、IoTシステム(電子カルテ)を活用し選手の体調、栄養、ケガ予防、コンディショニングアップを指導する体制を作りました。 医学部 小林 弘幸 教授 <関連リンク> 千葉ロッテマリーンズの医療面・コンディショニング面の全面的サポートへ 千葉ロッテマリーンズ新入団選手への体力測定を実施 青木: スポーツ健康科学部では、体力測定の実施、運動能力や動作解析など、スポーツサイエンスの観点から選手が現時点での自身の体力・能力を知るためのサポートをします。 第1回目は佐々木朗希選手をはじめとする新入団選手7人の体力測定を行いましたが、私たちが提示した測定項目が千葉ロッテマリーンズ側の事前のオーダー項目よりも専門的で細分化されていたため、「プロの世界以上にプロ化している」と、球団の育成統括の方やトレーナーの方も感嘆されていました。 小林: メディカルサポートの点では、医師が開幕前のキャンプにも帯同して、これまでであれば無理をして腱が切れてしまったかもしれないケガをその場で迅速に診断して処置に導き、開幕に間に合わせるという貢献もできました。 私も石垣島で行われたキャンプに赴いて、1軍2軍含めた全選手のメディカルチェックをしました。 青木: スポーツ健康科学部にも、球団から12分間走などの記録が送られてきて「これで何らかの分析ができるか」や、「キャンプ中に他にどういう測定をしたらいいか」といった相談もありました。 すぐに医学的見地も踏まえて提案を返すなど、早いレスポンスを心がけて信頼に応えています。 スポーツ健康科学部 青木 和浩 教授(右) 小林: このプロジェクトはやはり「千葉県ゆかり」というのが大きいんです。 順天堂はそもそも佐倉市に歴史があり、県内には医学部附属病院である浦安病院、スポーツ健康科学部、医療看護学部があります。 千葉県が発信地になるように盛り上げていきたいと思っているところです。 青木: 千葉県はもともと野球が盛んで、スポーツ健康科学部にも野球経験者や野球好きの学生が多いです。 今回のプロジェクトでは、「千葉」を冠する一番良い球団と組むことができたと感じています。 学生たちも「千葉ロッテマリーンズをサポートしているのが順天堂」というのは誇らしいでしょう。 プロジェクトの方向性や順天堂大学ならではの強みを教えてください。 青木: スポーツ健康科学部には、目玉とする学部生全員を対象とした50年に及ぶ体格体力累加測定のデータのほか、順天堂独自の様々なデータがあります。 データ自体の量が膨大ですし、データの取り方や分析のノウハウ、それを生かすアイデアも豊富です。 今回の千葉ロッテマリーンズ新人選手への体力測定では、第一段階として特に筋力系にフォーカスしましたが、今後さらに動作分析やゲーム分析など、私たちが持つ多様なデータで可能性を広げられるのが大きな強みです。 スポーツ健康科学部で行われた千葉ロッテマリーンズ新人選手への体力測定の様子。 写真は筋力測定をする佐々木朗希選手 <体力測定に参加した佐々木朗希選手と測定担当教員のコメント> 小林: 「メディカル」と「スポーツサイエンス」のタッグでプロ野球の球団を本格的にサポートする今回の試みは、他の球団も含めて初めてのケースになるので、ぜひ注目してほしいと思っています。 いろいろな意味で最初の1年は重要です。 プロスポーツはケガをしないことが第一ですから、私たちのサポートによって可能な限りそれを防ぐ、見抜くというところで球団に貢献したい。 ただ、無理をしないようにと"過保護"になっても鍛えられません。 だからこそ、そういった感覚とデータをこの1年間でしっかり見ていく、蓄積していくことが大切です。 それを財産に、今後継続的に選手のフォローをしていきたいと考えています。 青木: プロ野球は、試合も多い上に試合期間がとても長いという特徴があります。 それこそがスポーツ健康科学部の役割と言えるでしょう。 特に、今年の新人選手については初期値のデータが得られているので、今後の育成過程を通して見えてくるものを大事にしたいと思っています。 新人選手は今はまだ体型も細いですが、今後の変化を追っていければ、スカウティングにも活用できるはずです。 小林: これまでは、なぜこの選手が伸びたのか、または伸びなかったのかなど、個々の選手をきちんと検証した形跡がありませんでした。 しかし、スポーツサイエンスの視点を入れれば、この選手はこうだから成功したんだ、入団後にこうしたから伸びたんだと、3年後、4年後には傾向が見えてきます。 そうすると、どのような育て方をすれば良いかも明確になり、選手一人ひとりを底上げするためのチーム作りにも役立てることができるはずです。 青木: たとえば私は陸上競技を指導しているので、走り出す時の足の接地や走っている時の体の軸のぶれなど、陸上競技の視点で選手を見ることができます。 また、本学にはサッカーをはじめ様々なスポーツの視点、生理学的視点を持った教員・研究者もいますから、選手の運動能力を多面的にとらえることも可能です。 陸上競技などの個人競技のトップアスリートは、一人ひとりオーダーメイドのトレーニングが必須ですが、そのようなノウハウを千葉ロッテマリーンズの選手たちの個別トレーニングに取り入れられればと考えています。 小林: 実際のところ、医者ができることは選手のケガを治すことくらいなんです(笑)。 だからこそ「元気な選手をいかに活躍させるか」という視点でサポートできるスポーツ健康科学部と、今回のプロジェクトでタッグを組めることが、私自身、楽しみでなりません。 寮生活から生まれる医学部とスポーツ健康科学部のたしかな絆 今回のプロジェクトを通して、医学部とスポーツ健康科学部の絆の強さがうかがえますが、何か理由があるのでしょうか? 小林: 「医学部」と「スポーツ健康科学部」の2学部は、大学入学と同時に「啓心寮」で1年間の寮生活を共にするので、医者を志す医学部とアスリートが多く所属するスポーツ健康科学部の学生は、学部の垣根を越えて仲間になれるんです。 大学に入学してから1年間という濃い時間を共有したからか、卒業後もお互いの結婚式に出たり、今でも定期的に会う間柄です。 私自身が寮生活を過ごしたのは、さくらキャンパスに移転する前の習志野キャンパス時代ですが、2年生の時も部屋長(現・室長)として寮に残ったので、忘れがたい思い出になっています。 青木: 私はさくらキャンパスに移転した1988年に入学したので、新築の寮でした。 その年にソウルオリンピックがあり、先輩の鈴木大地さん(現・スポーツ庁長官)がバサロ泳法で水泳の金メダルを獲った時は、寮のみんなと喜び合いました。 また、医学部卒で、ラグビー日本代表のチームドクターとして2015年のW杯で活躍したも寮仲間。 高澤先生が2018年にスポーツ健康科学部の教授に就任されたので、今では同じ学部の教員同士です。 スポーツ健康科学部と啓心寮がある「さくらキャンパス」 小林: 順天堂の医学部は他大学に比べて体育系の人間が多いんです。 私自身も大学時代にラグビーを続けていました。 もちろん体育系でない学生もいますが、みんなスポーツは好き。 私の頃は駅伝が強かった時代です。 「あれに比べたら自分たちは幸せ」と思うくらい、当時のスポーツ健康科学部の運動部の選手は厳しいトレーニングをしていました。 私は甲子園経験者と同室だったのですが、彼を見て「これが一流のアスリートなんだ」と感じることは多かったです。 青木: 大学1年生の寮生活で全国レベルの選手と触れ合っている順天堂のドクターは、アスリートの何たるかを肌で感じています。 小林: スポーツドクターは、医学だけわかっていても、スポーツの感覚を選手と共有できないとサポートのポイントがずれてしまうことがあるんです。 私たちがツボを心得た治療ができるのは、「啓心寮」でその素地が作られたからだと思っています。 浦安病院で行われたメディカルチェックの様子。 医学部附属病院には多くのスポーツドクターが在籍している 青木: スポーツ健康科学部と医学部で職種や年代を超えた"絆"ができるのも、「啓心寮」での共同生活という伝統があるからこそ。 今回のプロジェクトでも、その"絆"が大いに活かされると思っています。 学生にとっても有意義で夢のあるプロジェクト 今回のプロジェクトには、学生が関わることができるのでしょうか。 青木: 実はすでに大学院生が測定補助を行っていますし、今後、データ収集にも学生の力を借りていく予定です。 選手の測定に携わることが、授業の実践になるでしょう。 スポーツ健康科学部にはアスレティックトレーナーを目指す学生もいますが、その実習などを千葉ロッテマリーンズで行う機会も出てくるかもしれません。 また、ゲーム分析やアナリストの分野などで関わる可能性もあると思っています。 新人選手への体力測定では、スポーツ健康科学研究科の大学院生が測定補助を行った 小林: 千葉ロッテマリーンズのトレーナーの皆さんの学ぶ意欲も、とても高いと感じています。 本学には医学部にもスポーツ健康科学部にも社会人が入学できる大学院があるので、働きながら学ぶ機会も提供できるかもしれません。 また、選手に対しても大学での学び直しなど、セカンドキャリアの可能性を示すことができるでしょう。 順天堂大学として、できることはたくさんあると思っています。 青木: プロのスポーツに直接的・間接的に関わることは、スポーツが好きだから学んでいる学生たちの大きなモチベーションになるはずです。 今回の体力測定でも、実際に測定で使われていた機器や測定項目に、野球部の学生たちは特に関心を示していました。 このプロジェクトが、学生にとっても人生における出会いやチャンスになればと思っています。 小林: そして最終的には、今回のプロジェクトの成果を国民の健康課題に落とし込んでいくことも目指したいと思っています。 例えば、超高齢社会の日本の問題は平均寿命と健康寿命の差が大きいことが挙げられますが、それを縮めるには足腰を鍛えることに尽きます。 トップアスリートから得られたデータは、選手だけでなく一般の人々の健康にも寄与できるはず。 このプロジェクトを通して、より大きな命題にも挑んでいきたいですね。 青木先生、頑張りましょう。 青木: こちらこそ、よろしくお願いします。 まかせてください。

次の

信州大学大学院医学系研究科 スポーツ医科学教室

スポーツ 医学 大学

健康増進スポーツ医学分野 主任教授 浜岡 隆文 【社会的背景】 私たちは常に一貫して「快適な生活」を追い求め、20~21世紀の科学技術の進歩により、この理想に近づいたにもかかわらず、さらなる「快適な生活」を追及しています。 「快適な生活」は、「楽な生活、体を動かさない生活」と裏腹で、近年のIT化がこの傾向に拍車をかけています。 自宅に居ながらにして、インターネットを通じ、仕事、買い物、銀行取引までできるようになり、体を動かす機会は極度に減り、この傾向はますます助長されることが予想されます。 「快適な生活」の追求と高齢化の影響が相まって、先進国のみならず発展途上国においても、いわゆるメタボリック症候群やロコモティブ症候群が蔓延し、社会問題となっています。 これまでの医療は治療医学が主流でありましたが、治療医学だけで病気を減らすことには限界があります。 この時代の流れの中で、最近は「病気の予防」「生活の質の向上」が再認識され、慢性疾患の予防については「身体活動の増加」が重要視されています。 近年の根拠に基づいた医療(Evidence Based Medicine, EBM)の流れの中で、慢性疾患のみならず一部の癌の発症にも、明らかに運動不足が関連することが分かってきました。 【本分野の活動の概要】 我々、健康増進スポーツ医学分野では、生活習慣病の予防、動脈硬化性疾患の治療、高齢者の体力の維持のための運動に関する運動生理学的研究、および、社会医学講座として他に類を見ない心臓リハビリテーションセンターの分担を主な活動としています。 【研究活動】 運動生理学的研究では、磁気共鳴分光法、近赤外分光法、超音波ドップラー法などの非侵襲的測定評価法を用いて、運動による骨格筋のエネルギー代謝、組織酸素動態、末梢循環動態の変化に関する研究を行っています。 これらの研究から得られた成果は生活習慣病の予防や心臓リハビリテーションのための効果的な運動方法の開発に生かされています。 最近では、ヒト褐色脂肪組織の測定を行っており、生活習慣病の予防に有益とされる褐色脂肪組織を増やす方法について検討しています。 【診療】 心臓リハビリテーションセンター(病院7階)(村瀬訓生兼任准教授、渡辺翼兼任助教)では、冠動脈疾患、慢性心不全 、末梢動脈疾患、心臓手術後の患者さんを対象とした「心大血管疾患リハビリテーショ ン」を行っており、1次予防から3次予防まで、包括的な予防医学を実践しています。 【 教育】 医学教育では、社会医学領域の講義・臨床実習に加え、「自主研究」ではスポーツ医学研究の基本を、また、国内の医学部の中でもユニークな、運動による生体の変化、健康維持・増進における運動の有益性などの理解を目的とした、「運動医学」の講義を行っています。 また、WHOを中心とした国際協力による、身体活動レベルの国際比較を目的とした国際標準化身体活動質問表(IPAQ)の開発にも参加し、現在、この質問表は世界各国で使用されています。 今後もより包括的な予防医学の研究および実践を目指した活動を継続してゆきます。

次の

研究組織|スポーツ医科学研究センター|研究センター・研究所|名城大学

スポーツ 医学 大学

「健康・スポーツ医科学センター(Centre for Health Sciences, Sports and Exercise Medicine)」開設に当たって 社会医学講座准教授 梅田孝 大学院医学研究科では平成17年度より付設しておりました「社会医学センター」を平成22年度末をもって閉設し、平成23年度4月より新たに「健康・スポーツ医科学センター」(以下、当センター)を開設することとしました。 当センターには、社会医学講座のほかに、整形外科学講座、産婦人科学講座、消化器血液内科学講座、教育学部保健体育学、保健学研究科作業療法学などの専門家が所属し、幅広い研究・教育・社会貢献の体制を備えています。 当センターは「社会医学センター」がこれまで行ってきた活動を引き継ぐとともに、その活動を「スポーツや運動を通しての健康づくり」に敷衍させます。 すなわち、地域の皆さんの健康の維持・増進を目指しつつ、スポーツ現場における適切な強化策(トレーニング方法、健康管理方法、コンディショニング方法)の構築を図ります。 また、当センターはこれらの活動の基盤となる、健康科学・スポーツ医学研究領域の国内拠点となり、かつ研究・教育・社会貢献を総合的に実践していく施設となることを目指します。 本センターが目指す具体的な活動を以下に示します。 そのことで、健康・スポーツ医科学に関するより実践的な知識や経験、技能を身につけることができます。 同時に社会的教育賦与を目的にしていることは勿論です。 また、育成事業に参加した住民には「弘前大学健康・スポーツ医科学市民アドバイザー」(仮称、現在準備中)の資格と称号を与え、資格者がリーダーとして地域で実践する健康づくり活動を支援、推進していくことを目指します。 その他 上記活動を通じ、他大学、自治体、地域住民、市民団体、競技団体、選手個人、企業との連携の強化を目指します。 以上が当センターの設立の目的と活動の概要です。 大学と言えば、関係者以外には何となく敷居が高いという印象を持つ方が沢山おられると思います。 しかし、我々は、閉設された「社会医学センター」の頃より弘前市あるいは周辺地域の住民、各自治体、企業等から寄せられた様々な問合せや相談を受け、それに基づいた活動を数多く行ってきました。 今回新設された当センターでも、これまでと同様に、我々の活動に興味や関心を持ち、ご理解をいただいた皆さんと共に積極的に行動していきたいと思っております。 健康の維持、増進活動、競技スポーツ活動の根源は「健康であること」ということは言うまでもありません。 健全な日常生活、競技生活の確立と実現を目指す皆さん、是非ともご連絡下さい。 健康・スポーツ医科学センター連絡先 代表電話番号:0172-39-5041 ファックス番号:0172-39-5038 E-mail: 場所:弘前大学医学部旧脳神経血管病態研究施設(社会医学講座内) 〒036-8562 青森県弘前市在府町5 スタッフ センター業務の総括:弘前大学大学院医学研究科社会医学講座 教授 中路(なかじ)重之(センター長) 健康管理・コンディショニング部門:同社会医学講座 准教授 梅田孝 講師 高橋一平 疫学・地域保健部門:同地域健康増進学講座、医学医療情報学講座 助教 岩根かほり 松坂方士 スポーツ整形外科部門:同整形外科講座 附属病院長 藤哲 准教授 石橋恭之 講師 津田英一 女性の健康・スポーツ医学部門:同産科婦人科学講座 教授 水沼英樹 准教授 樋口毅 スポーツ内科学部門:同消化器血液内科学講座 教授 福田眞作 心理学部門:同神経精神医学講座 准教授 古郡規雄 腎・泌尿器部門:同泌尿器科学講座 教授 大山力 地域看護:同保健学科 准教授 古川照美 体力科学部門:同教育学部保健体育専修 教授 戸塚学 健康支援部門:弘前大学大学院保健学研究科健康支援科学領域 准教授 加藤拓彦 講師 平川裕一 上谷英史 学外顧問 齋藤一雄 (日本体育大学准教授・同相撲部監督、全日本チーム監督、元アマチュア横綱) 益子俊志 (防衛医科大学校准教授・同ラグビー部監督、元早稲田大学ラグビー部監督) 北田典子 (講道学舎講師、元全日本女子チームコーチ、元住友海上柔道部コーチ、ソウル五輪銅メダリスト) 山本洋祐 (日本体育大学教授・同柔道部部長、元全日本男子チームコーチ、ソウル五輪銅メダル、世界選手権金メダリスト) 小嶋新太 (日本体育大学准教授・同男子柔道部監督、全日本ジュニアチームコーチ、元全日本学生・社会人チャンピオン) 瀬尾京子 (日本体育大学准教授・同女子体操部コーチ、バルセロナ五輪代表) 三宅良輔 (日本体育大学准教授・同体操部監督) 同事務、研究補助 竹島千秋 福士めぐみ 円山紗矢 対馬優子 紀本亜有美 高橋智子 紀本恵 蝦名亜美 成田悠介.

次の