ワーキングメモリ 鍛える 遊び。 発達障がいの子どもはワーキングメモリーが少ないって本当?

ワーキングメモリとは?幼児期から鍛える方法とその効果

ワーキングメモリ 鍛える 遊び

Contents• ワーキングメモリーとは ワーキングメモリーを最初に提唱したバドレーによれば、理解、学習、推論といった認知的課題の遂行中に、情報を一時的に保持し、操作するためのシステムのことを言います。 言語的短期記憶や視空間的短期記憶といった短期記憶を、注意の制御等を司る中央実行系が作用しているというのが一般的なモデルとされています。 ようは、見たり聞いたりといった短期記憶装置とそれらを制御するための装置が頭の中にはあるという風に考えて良いと思います。 発達障害のある人はワーキングメモリーが低い? 発達障害がある人はワーキングメモリーが低い! なんて事を言う人をたまに聞きますが、確かに低い人もいますが、全てではありません。 むしろWISCを受けてワーキングメモリーの数値が高く出る人も多いです。 では、何故そう思われてしまうのか? 日常生活において、記憶に関することで「あれ?」と思うような出来事がよくあるからです。 実際、検査の数値は非常に高いのによく物を忘れる、言葉の入れ替えが起きて誤解が生じるといった子供や大人を見かけました。 ワーキングメモリーが低い人の事例 宿泊活動の時、ある生徒が交通費を計算したメモを持ってきました。 自らの判断で、交通費をメモしておくと切符を購入する時に素早く買えると思ってのことです。 その判断はとても素晴らしいことです。 しかし、画像を見て何か気が付きましたでしょうか? 1140円、840円、1660円。 これらの合計が3640円なのですが、合計の箇所を見ると7140円と書かれているのです。 本人は気づいていませんでしたが、交通費の合計を2回してしまった(計算ミスもある)のです。 ワーキングメモリーの低さと、「交通費」という単語を書くというこだわりが合わさったことによって生じたミスだと思われます。 「交通費合計」という書き方を知っていたら、今回のミスは起きなかったかもしれませんね。 ワーキングメモリートレーニングで鍛える ワーキングメモリートレーニングの効果ですが、私は懐疑的です。 厳密に言えば、記憶数を増やすという考え方に懐疑的です。 テレビでもワーキングメモリートレーニングが取り上げられたりした時期もありましたが、最近では効果がないという研究発表がありました。 私が所属している学会では、ワーキングメモリーに関する講演会はありますが、ワーキングメモリートレーニングに関する講演会は見たことがありません。 むしろ、ワーキングメモリーが低い人に対してどういう支援が必要かという内容が多いです。 では、トレーニングは本当に無意味かと言えば、多少意味はあるとも思っています。 トレーニングの内容には注意力を制御する訓練も含まれているため、トレーニングを通して制御しやすくなるからです。 制御できるようになる事で記憶力が上がったと言う方もいますが、それは本来持っていた力が発揮されるようになったと捉える方が妥当だと思います。 次にトレーニング効果の持続性ですが、トレーニングを止めるといずれ効果が薄れてきます。 あるトレーニング課題でかなり出来るようになったから大丈夫と判断し、数ヶ月間を置いてから再びやってみると、元に戻っているという事もありました。 一時的にアップしている時期に何をするかが重要 私自身、ワーキングメモリートレーニングをレッスンによく取り入れていた時期があったのですが、ある時ふと思いました。 「これを続けていく事でこの子達は本当に幸せになるのか?」 トレーニングを止めて元に戻るなら、意味がない。 でも、一時的でも注意・集中力に変化が起きるのは実感としてある。 ならば、アップしている状態の時に何をするかが重要だと気が付いたのです。 勉強に活かしている教室や塾は時々見かけます。 しかし、当時来ていた生徒の多くは勉強以外のニーズが多かったので、外での活動に活かす事にしました。 アップ状態の生徒とそうでない生徒では、指示の通り方や姿勢が明らかに違い、成功体験への繋がりやすさも違うと感じました。 成功体験に繋がると自己肯定感も高まります。 そうすると、トレーニングをする意味があると思います。 もし、ワーキングメモリートレーニングをして数値を上げて満足しているような所は危ういと私は考えています。 数値を上げる事を目標にするのではなく、成功体験(出来れば大きな成功体験)と自己肯定感をいかにして高めるか、それを考えながらトレーニングはするべきでしょう。 トレーニングが逆効果になることも 発達障害のある人は失敗体験や人間関係で悩む事が多いです。 心理状態が良くない時にトレーニングをしても効果が見られず、むしろマイナスに働くことがあります。 実際、心理状態が良くない時に数ヶ月トレーニングを続けて、何も変化が表れないという生徒がいました。 そうなると、こんな簡単な事が出来ない自分はダメな人間だと思うようになり、ドンドン凹んでいきました。 心理状態が不安定な生徒は何人か担当しましたが、共通点があります。 無意識に現実を直視するのを避けるようになり、見て記憶するのが難しくなる。 無意識に人の話を聞かなくなり、聞いて記憶するのが難しくなる。 といった自己防衛反応を示しました。 そういう自己防衛反応を示している時は、悩んでいる事を吐き出し続けてもらう、悩みの解決方法を一緒に考える、外で活動をして頭を切り替える。 人によって対応方法は変わりますが、この3つが私が実践した中で変化が大きいと感じた方法です。 視覚記憶、聴覚記憶が苦手だからワーキングメモリートレーニングだ!とすぐに思うのではなく、しっかりと原因と状況を分析することが本当の支援に繋がります。

次の

ワーキングメモリーを鍛えるおすすめの方法【5選】|仕事や勉強に役立つ能力

ワーキングメモリ 鍛える 遊び

電話でのお問い合わせ・注文・ご予約はこちら。 054-251-8700 子どもを支援する立場の大人にぜひ読んで欲しい。 (ゲーム好きな方のための本ではありません) 子どもたちは「遊び」を通して、たくさんのことを学んでいます。 子どもにとって、たくさんの「学び」の要素を含んでいる遊びは心身の成長に必要不可欠なものです。 本書は、脳を働かせるためのたくさんの遊びを紹介しています。 基本的には、ボードゲームやカードゲームなど、室内で取組めて、子どもだけでなくいろいろな年齢の人たちが少人数で楽しめるものを取り上げ、脳の働きについて解説しました。 ルールはできるだけシンプルに解説してあります。 「さらにチャレンジ!」として、もっと楽しみたい人のために複雑なルールも紹介しています。 よく知っている遊びも、視点を変えたり工夫を加えたりすると、脳を鍛えるチャンスがぐっと広がります。 みなさんも楽しみながら脳を鍛えて下さい。 (カバーより) 子どもの育ちを支えてきた編著者たちの活動が凝縮された「子どもたちと楽しく遊ぶ(ゲームする)ためのガイド」です。 「坊主めくり」「黒ひげ危機一髪」「ばばぬき」「神経衰弱」といったよく知られたゲームのほかに、百町森で扱っているようなドイツのボードゲーム(にじいろのへび、はげたかのえじき、ラビリンスなどなど)まで、50の遊び(ゲーム)が紹介されています。 「脳を鍛える」とタイトルにありますが、これは巷で言う「脳トレ」とか「勉強ができる」といったものとは違います。 脳を働かせる要素を9つのカテゴリーに分け、それぞれの特徴とそれに対応したゲームを紹介するという構成になっているのです。 発達の課題に対応してゲームが紹介されているわけです。 こういった視点でまとめられた本はなかなかないので、必要とされている方にとっては、本当に役に立つと思います。 それぞれのゲームについては、コンパクトで楽しげなコピー、シンプルに整理されたわかりやすいルール(これはゲームに付いているルールよりもはるかに子どもにわかりやすいものです)、さらに「おもしろくするためのヒント」「さらにチャレンジ!」など、子どもたちと何度も遊んできた中で培ったノウハウが惜しげもなく披露されています。 子どもを支援する大人が必要とするヒントやコツが詰まっています。 例えば、「場に出す」という言葉が意味するイメージをわかりやすくするために、「場」と書いた大きな白い紙をテーブルのまん中に置いて、そこにカードを出すようにする、なんていうアイデアが紹介されています。 これは、なかなか思い付きませんが、素晴らしい工夫だと思います。 9つのカテゴリー 1. まず楽しむ 2. 心の理論 3. 記憶力(ワーキングメモリ) 4. プランニング 5. 思考の柔軟性 6. シミュレーション 7. 小さな旅 8. 勝ち負けだけじゃない 9. 数の力• ひとつのカテゴリーにつき、4〜9種類の遊び(ゲーム)が紹介されています。 黄色の3つは「実行機能」と呼ばれる高次脳機能にかかわるものだそうです。 実行機能のトレーニングをしたい大人にもどうぞ。 編著者代表の鳥居深雪さんは、神戸大学大学院人間発達環境学研究科の教授(2014年08月現在)で、「脳からわかる発達障害: 子どもたちの「生きづらさ」を理解するために」(中央法規出版)などの著書があります。 その専門性を生かし、最後の解説編では、「遊び」の意味、遊びと子どもの発達、社会性、発達障害、遊びを通した認知支援(CIP: Cognitive Intervention in Play)などについて、わかりやすく書かれています。 「遊んでばかりいないで勉強しなさい!」と,叱られる子どもは,昔も今もたくさんいることでしょう。 みなさんは,「遊び」に,どんなイメージをもっているでしょうか? 「遊び」というと,あまり価値のないもの,必要のないもの,といったイメージがあるかもしれません。 しかし,実は子どもにとって「遊び」は,たくさんの「学び」の要素を含んでいる心身の成長に必要不可欠なものなのです。 子どもたちは「遊び」を通して,たくさんのことを学んでいます。 遊びを楽しむことを通して,主体的にかかわることの楽しさを経験し,自信を身につけ,次の活動への意欲をもちます。 また,自己決定力や計画する力,ルール理解や自分をコントロールする力といったものも,遊びを通して育てていくことができます。 楽しみ方1つをとっても,「勝った」という結果だけの喜びから,途中の過程を楽しむ,一緒に遊ぶ相手とのやりとりを楽しむ,知的好奇心を満たすことを楽しむ,等さまざまなものがあります。 たかが遊び,されど遊び,なかなか奥の深いものがあるのです。 この本では,脳を働かせるためのたくさんの遊びを紹介しています。 基本的には,ボードゲームやカードゲームなど,室内で取り組めて比較的いろいろな年齢の人たちが少人数で楽しめるものを取り上げ,脳の働きについて解説しました。 遊びには,脳を働かせるいろいろな要素があります。 おもだった要素を中心に,「まず楽しむ」「心の理論」「記憶力(ワーキングメモリ)」「プランニング」「思考の柔軟性」「シミュレーション」「小さな旅」「勝ち負けじゃない」「数の力」の9のカテゴリーに分類しました。 9のカテゴリーのうち,「記憶力(ワーキングメモリ)」「プランニング」「思考の柔軟性」は「実行機能」とよばれる高次脳機能にかかわるものです。 実行機能のトレーニングをしたい大人にも,この本は役立つでしょう。 情報量が多くなりすぎると複雑でわかりにくくなるので,ルールはできるだけシンプルにして記述しました。 「基本のルール」として最もシンプルなルールを紹介し,もっと複雑なルールを楽しみたい人のためには「さらにチャレンジ!」として記述しました。 学校などで取り組むときには,基本のルールを紙に書いて示すと,ルール理解が苦手な子どもにもわかりやすくなります。 少人数で取り組むものですから,あまり大きな紙よりも,四つ切りくらいの大きさが見やすいでしょう(カレンダーの裏などは使いやすいです)。 また,2人でも楽しめるものには,「2人」マークをつけました。 (図省略) よく知っているつもりの遊びも,ちょっと視点を変えたり,工夫を加えたりすることで脳を鍛えるチャンスがぐっと広がります。 さぁ,みなさんも楽しみながら脳を鍛えてください。 (2009年12月編著者代表/鳥居 深雪) 「はじめに」より なお、蛇足になりますが、この本に掲載されているゲームのほとんどは、百町森で購入できます。 総額表示について 税込価格と本体価格を併記しています。 買い物かごは本体価格です。 当店は会員でなくても普通にご購入いただけます。 在庫の表示について 店頭販売も同時に行っておりますので、店頭で品切れの可能性もございます。 その場合は、すぐにご連絡差し上げます。 在庫確認はお気軽にお電話・メールでどうぞ。 お客様都合の返品につきましては、をご覧下さい。 初期不良、商品違いの場合は、当店より代替品を発送いたします。 当店でお買い上げいただいた商品については、できる限り対応いたします。 まずはお問い合わせ下さい。 お気軽にどうぞ。

次の

ワーキングメモリーの正しい鍛え方~日々のトレーニングで仕事を高速化する | スコーフの生き方

ワーキングメモリ 鍛える 遊び

発達障害のある子は、 ワーキングメモリーが低いことを知っていますか? 息子が5才のころ、田中ビネー発達検査を受けました。 その時、印象的だったのが、冒頭の ワーキングメモリーが異常に低かったことなんです。 ワーキングメモリの数値で全体の平均のIQを下げていたともいえるほど低かったんでしょう。 IQの低さに驚いたことをおぼえています。 しかし、ワーキングメモリーは、訓練することによって、高められるんです! ワーキングメモリーを鍛えることによって、衝動性・多動がなくなり、耳からの指示が入るようになりました。 今回は、実際に発達障害のある子にトレーニングをした方法をまとめました。 ワーキングメモリーは短期記憶のこと ワーキングメモリーは、短期記憶ともいいます。 短い時間、一時的に頭の中で情報を保持し、同時に処理する能力のことを指します。 あとから、8人遊びにきました。 さらに、その10分後に6人遊びにきました。 ぜんぶで公園には、何人いますか? 5+8=13 13を覚えたまま、さらに6をたします。 13+6=19 【こたえ】 19人 ワーキングメモリーが低いと、頭の中で、一時的に13を記憶することが、むずかしいのです。 それ以前に、最初の5人も、つぎに来た8人すら覚えてないかもしれません。 こういうことから、発達障害のある子は、授業中に先生の言ったことを一時的に覚えること。 さらには、それを記憶して、ノートにとることは、とてもハードルが高いことなのです。 発達障害のある子はワーキングメモリーが低い! 発達障害のある子の多くが、ワーキングメモリーが低いと言われています。 発達障害の子に、とび抜けて言語能力が高い、計算の能力が高い子がいます。 しかし、コミュニケーション能力が低い。 発達の凸凹のひらきが大きいタイプの子もいます。 それもすべて、ワーキングメモリーの働きが関係しているのです。 ワーキングメモリーが低いと、子どもであれば、衝動的であったり、集中できない、キレやすいなどがあげられます。 発達障害をもつ大人であれば、多動はなくなるが、頭の中が整理されなくて、ぐちゃぐちゃだったりします。 もちろん人間関係がうまくいかず、社会に適応できないなど、本当にさまざまです。 ワーキングメモリーを鍛えれば、考える力がつきます。 相手の気持ちを考える後先を考えるようになります。 スポンサーリンク ワーキングメモリーが低い原因 脳には、前頭前野という部位があり、そこではワーキングメモリー、反応抑制、行動の切り替え、プラニング、推論などの認知・実行機能を担っています。 その前頭前野に何らかのダメージがあたえられると、ワーキングメモリーが低い状態になるのです。 ワーキングメモリーを鍛える習い事のおすすめ ワーキングメモリーを鍛える習い事はピアノとそろばんです。 その理由などを書いていますので、ご覧ください。 ワーキングメモリーを鍛える習い事はピアノ もう、ダントツの1位はピアノです。 脳の前頭前野が発達します。 高い塾に通うくらいなら、 ピアノに行かせた方がいいくらい。 ピアノができる子は、勉強もできるというのが、決まり文句のように感じるのは、私だけしょうか?? ピアノは、何才になっても、脳を鍛えられるツワモノなんです。 ワーキングメモリーを鍛える習い事はそろばん ピアノは、練習あっての習い事なので、なかなか根気がいる習い事ですし、続かなかった人も多いと思います。 そんな時の救世主が、そろばんです。 ピアノほどの効果は期待されなくても、ワーキングメモリーが鍛えられます。 できるだけ数年つづけることで効果があらわれます。 ワーキングメモリーの鍛え方をdaigoさんから学ぶ わが家の子供たちは、小さいころからワーキングメモリーを鍛えています。 脳科学の澤口俊之先生がワーキングメモリーを鍛える方法を本に書いていますが、そのなかには、危険な遊びをすることで、脳が鍛えられるとも書かれています。 最近では、 メンタリズムのdaigoさんもワーキングメモリーの鍛え方を載せています。 daigoさんは、子どもを伸ばす方法など、さまざまは分野の動画もアップしているので、みる価値ありです。 【画像】ワーキングメモリーを鍛える3つの遊び 発達障害のある息子も、毎日いろいろな方法でワーキングメモリーを鍛えています。 とくに、幼児のうちは、楽しくないとつづけることは、むずかしいですよね! だったら、「日常の中で楽しみながらトレーニングしよう。 」と、いろいろ試したんです。 ワーキングメモリーを鍛える方法は、ホンマでっかTVの澤口先生が澤口式育脳法(数字カードや記号カード)をおすすめしています。 当初、5才だったころの息子は、なかなか澤口先生のカード法が、理解ができなかったんですね。 「かずの概念」がわからないとできませんから。 でも、できないからと時間を先のばしするのがもったいなくて。 そんな時に、かんたんなトレーニング方法をしていたんです。 今回は、幼児でもできるワーキングメモリーを鍛える方法を載せました。 【1つ目】数字・記号カードでワーキングメモリーを鍛える 澤口式育脳法のカードをつかい、簡単なトレーニングをしました。 5才くらいで、数字とかず(おはじき3コと数字の3が結ぶつくこと)を理解できている子であれば、できるトレーニングです。 3枚のカードをならべて、2〜3秒見せて数字を覚えさせます。 子どもに見えないように、すべてのカードを本などで、かくします。 カードは、かくしたまま、1枚だけ抜きとります。 ハイ、ここで質問…タイム〜!! 【問題】「何の数字がなくなったかな?」 【こたえ】「5」です。 このトレーニングであれば、数字の順番がわからなくても、できるものなので、一時的に情報を記憶する力になります。 3枚のカードをならべて、2〜3秒見せます。 子どもには、見えないようにカードをかくした状態で質問します。 【問題】「いちばん大きい数字は何だった?」 【こたえ】「6」です。 正解していたら、カードを見せてあげて、めちゃくちゃ褒めてあげることが、おススメです!• 上の数字カードと同じように記号のカードを3枚ならべ、2〜3秒、見せます。 カードをかくした状態で1枚、ぬきとります。 【問題】「ここにあったカードは何だった?」 【こたえ】「みどりの四角」です。 抜きとった、みどりの四角のカードを見せて、「すごいね〜!」って、めちゃくちゃ褒めていました。 そうすることで、どんどん調子に乗って、「もっとやりたい!」となれば、しめたもんです! 【2つ目】タングラムでワーキングメモリーを鍛える 知育玩具でおすすめなタングラムです。 (引用元)SAKURA. (澤口先生の監修のもと、幼稚園児にさせたワーキングメモリトレーニング方法が載っています。 作り方は、厚紙(分厚いものがいい)100円均一に普通に売っていますよ。 厚紙は、1センチのマスが書かれていて、サイドには5ミリ間隔の印がついているものがおススメです。 正確につくるには、マスがないとむずかしいからです。 形をつくったら、厚紙に色画用紙を貼りました。 折り紙だと、マスが透けてしまいますし、色画用紙の方が貼ってもズレない、子どもが少々、乱暴にあつかっても平気です。 課題は、正方形の四角にすることが目的です。 頭をひねって、できるまで、ずっと夢中に遊んでいました。 集中する力がつきますよ。 なっ、なんと「タングラムの作成時間、1週間!!」もう、大変でした。 「買った方がよかったじゃん!」と、途中で投げ出しそうになりました…。 でも、手づくりは、子どもにとっても嬉しいですよね!退屈なときなど、サッと取り出して、やらせていますよ。 4才の二男も楽しめます。 簡単なレベルから、むずかしいレベルの形まで、幅広くつくりました。 こちらは、長方形にするのが目的です。 船の形をつくったり、家をつくったり、想像力をつかって、いろいろな形にします。 むずかしいから、大人も夢中になります。 「できない!」とボヤいているパパでした…。 10種類以上あるタングラムなので、子ども達で片付けれるように、ファイルに小分けできるようにしました。 すぐに飽きそうなモノなんかは、手づくりしてしまうのも手ですよ! スポンサーリンク 【3つ目】箱を使った順番当てでワーキングメモリーを鍛える 澤口式育脳法に向けて、順番をおぼえさせるために1〜3の箱を用意しました。 (こちらの箱は、IKEAで購入できます!) オシャレ感丸出しなので、ちょっとスケてるのがマイナスポイント!でも、まさか、こんなことに活用できるとは、思いもしなかった。 (子どもから見たイメージ)• (ママ側から見た・上から見たイメージ)• 子どもから、中が見えないように、目かくしします。 箱の中に何が入っているか、覚えていてね〜と伝えておきます。 このように、順番をおしえていきました。 箱をつかったことで、スムーズに順番がわかるようになっていきました。 スポンサーリンク さいごに 発達障害のあるお子さんがワーキングメモリが低いと言われても、ワーキングメモリーを高めることができます。 ワーキングメモリーを鍛える習い事をしてみたり、子どもをアスレチックに連れて行ったり、改善方法は多様にあります。 ぜひ、ためしてみてください。

次の