ダンデ ライオン 意味。 ダンデ ライオン チョコレート ジャパン

ダンデリオン(ダンデライオン)の効能・効果を紹介しています

ダンデ ライオン 意味

彼を表す代名詞は数多いが、百獣の王、とはまさしく言い得て妙である。 辞書を引くとそこには、"全ての獣の中で最も最強のもの"と記されており、それはすなわちライオンであると言われているのだが、それもそれでまた、彼にぴったりであると言えよう。 ダンデライオン。 古フランス語で、ライオンの歯、を意味しているらしい。 そんなことをぼんやりと考えながら、私のベッドの上でごろりと横たわり、ぐーすかと眠りこけている男を見下ろした。 黄金色の立て髪……ではなく、濃い紫色の長い髪は、白いシーツの上でよく映える。 投げ出された手足は、身体がでかいせいでベッドから若干はみ出していた。 わざわざ、ほんとうにわざわざこんな狭いところで寝なくたって、家に帰ればバカみたいに広いベッドがあるだろうに。 言っておくが、ここは私の家だ。 更に言うと、私の寝室の、私のベッドの上である。 どうしてこうも図々しく、まるで自分の家のように、他人のベッドで爆睡できるのだろうか。 いや、そもそもどうしてこの男は、性懲りもなくやってきては部屋へと上がり込み、だらだらと居座ろうとするのか。 それに関してはもう問いただすことさえ億劫になるくらいなのだが、さすがに無許可で寝室へと転がり込み、我が物顔でベッドを占領するのは如何なものだろう。 一言物申してやらねば、とそう思ってから、数分間。 ただ何となく、少しも起きる素振りを見せず、ぐうぐう寝息を立てている男ーーーダンデを眺めていた。 ふと気になって、半開きの上唇を人差し指でぐいっと押し上げてみる。 当たり前に露わになった前歯は、憎たらしい程に綺麗に生え揃えてあり、その先が鋭く尖っているわけもなかった。 ……いやいや、私は一体何を期待していたというのだろう。 というより、一見したところかなり丈夫そうな歯である。 顔の骨格もしっかりしているし、手加減なく噛み付かれでもしたら肉だけでなく、骨まで持っていかれそう。 歯先なんか尖っていなくても、十分に獲物を仕留められそうだ、なんて見当違いなことを考えていれば、ふと視線を感じてダンデを見遣る。 ばちり、と目が合った。 こちらは正真正銘の、黄金色の瞳、である。 「……なにしてるんだ?」 「ダンデの歯を見てた」 「なぜ」 「いや、なんか丈夫そうだな、って」 「……確かに丈夫であることには間違いないが」 よくわからない、というような顔された。 まあ、そりゃあそうだろう。 私もよくわからない。 ようやく私は手を離し、それでも寝転がったまま動こうとしないダンデに向かって口を開く。 「ていうか、ダンデこそなにしてるの」 「オレか?オレは……眠いから寝てた」 「……だったら自分の家で寝てよ」 「お前のベッドの方が落ち着くんだよ。 仕方ないだろう……」 「って、オイ。 寝直そうとするな」 ごろり、と寝返りを打ってそう言うもんだから、寝るな寝るな、とその頬を軽くべしべしと叩く。 昼間はあんなにつるっと綺麗に剃り上げられている頬も 顎髭は年中あるが 、夜になると若干じょりじょりしている。 ……ダンデ、男性ホルモン多そうだしなぁ。 前、ちらっとお腹が見えたことがあったんだけど、アレ、なんて言うんだっけ……あ、そうだ。 ギャランドゥ。 体毛濃そうだな、とは思ってたけど、いざ目にしてしまうと何だか、見てはいけないものを見てしまったような、そんな感じがして妙に居た堪れない気分になったことを覚えている。 ……って、そんなことを考えている場合ではなかった。 今はこの男を一刻も早くこの場所から立ち去らせることが重要課題であり、私自身、健やかな安眠を確保する為にも早急に眠りにつく必要があるのだ。 要するに、私も異常なほどの睡魔と現在進行形で戦っているのである。 「ダンデ、ねぇ、お願いだからどいて」 「んー……」 「んー、じゃなくて。 早く帰んないと明日きついよ」 「問題ないぜ……今日はここに泊まるから」 「いや大問題なんだけど。 私どこで寝ればいいのよ」 勘弁してくれ……と、項垂れていると、ダンデが急に私の腕をがしりと掴んだ。 普通にびっくりして、え、何?と尋ねると、ダンデは寝ぼけ眼といった様子でこちらを見て、それから口を開く。 「だったら、一緒に寝ればいいだろ」 「はぁ?」 「ほら、こっち」 「何言って……ーーーっぎゃあ!」 ぐいっ、と引っ張られて、物の見事にベッドへダイブさせられた。 顔面をなかなかの勢いでマットレスへとぶつけてしまい、先ほどに続いて、へぶ!と何ともしれない奇声を上げてしまった。 ここでかわいい悲鳴の一つでも上げれればよかったのかもしれないが、私は元来そういう性分ではないのである。 ダンデもそれをわかっているので、平気でこういうことをしてくるのだろうが……冷静に考えて、互いにとっくに成人を迎えている男女が同じベッドで眠るなんて、正気の沙汰ではない。 ていうかそもそもの話、ダンデの身体がでかいせいでベッドがめちゃくちゃ狭い。 こんなんじゃまともに寝れやしないじゃないか、とそう抗議するべくダンデに向き直ったがーーーこいつ既に寝てやがるじゃねぇか。 この野郎。 すうすう気持ち良さそうに寝息立てやがって。 全くいい度胸してやがる。 ……と、お口が悪くなってきたところで、深い深い溜め息を吐いた。 こんな風に罵ってみたところで、ダンデは昔からこういう男だ。 自分のペースは絶対に崩さないのである。 まともに付き合っていたら埒があかないので、こうなったらリビングのソファで寝るしかないか、と立ち上がろうとしたその時、がばり、と腕がこちらへ伸びてきた。 ギョッとしたのも束の間、次の瞬間には、ホールド。 腕の中に閉じ込められて 物理 、いやこれは一体何の冗談だろうか、とさすがに困惑する。 ただ同じベッドの上に寝るだけでなく、腕の中に閉じ込められて 物理 しまっては、些か誤解を招いてしまうのではないだろうか。 いや誰に しかしそれにしたってなんという腕力。 がっしり、といった表現がまさに相応しいほど、正面からまるで抱き枕のように抱き竦められていて、息が詰まる。 ていうか、熱い。 ダンデ、体温高すぎないか。 こんなんじゃ寝苦しくてとてもじゃないが耐えられない。 ぐいぐいと厚い胸板を押し返しながらも、それでも何とか身体を反転させてダンデに背を向ける。 ふう、と一息吐き、腕を解いて早いとこ脱出しようとしていたその時。 「……オイ、どこに行くんだ」 背後から、まるで這うような低い声が聞こえた。 思わず反射的にびくりと反応してしまうくらいには、普段のダンデに似つかわしくない声色で。 ぎゅ、と手を掴まれて、完全に動きを封じられた私は、ただひたらすら固まるしかなかった。 どうやら様子がおかしいと異変に気が付き、ダンデ?と声を掛けてみれば、返事の代わりにうなじ辺りにぐりぐりと頭を押し付けられる。 ……いや、こいつ何をしているんだ。 もう一度名前を呼ぼうと口を開いた瞬間、熱い吐息が首元を掠めてーーーがぶり、と。 あろうことかうなじに噛み付いてきたのである。 「ーーーひっ、」 思わず、喉の奥から引き攣った悲鳴が漏れた。 いやだってしょうがないだろう。 まさか噛み付かれるなんて思いもしないし。 ダンデのあの歯で、あの丈夫な歯で噛み付かれては、首元を食い千切られてしまうのではないか。 そんな不安が一瞬頭に過ったが、がぶがぶと噛み付いてくるそれは、何だか甘噛みのようでもあった。 いやだからといって、痛くないわけではない。 もちろん。 歯が皮膚に食い込む痛みに、なにしてるのやめて、と声を上げたが、ダンデのことだ。 そう簡単にやめるわけもなく、ただひたすらうなじやら肩やらにしきりに歯を立ててくる。 いや、なにこれ。 どういう状況なの。 「ダンデ、ねぇ、ダンデってば、」 「…………」 「も、いたいからやめて」 「……たべたい」 「はぁ?」 頭沸いちゃったのだろうか、この男。 いや食べてどうすんのよ、と思わずツッコミを入れたが、それっきりダンデは喋らなくなってしまった。 と同時に、がぶがぶと歯を立てるという全くもって意味不明な行動も、ここでようやく終わりを迎えたのである。 その時は心底安堵したのだが、しばらくうなじ付近に付けられた噛み跡が消えず、ダンデに対して非難の声を上げたのは言うまでもない。

次の

#pkmn #ダンユウ 不思議な子供とバトルをするダンデのお話+挿絵

ダンデ ライオン 意味

今夜はシュートスタジアムでネズのライブが開催される。 そのためか、夕刻に近づくにつれ、バトルタワーに訪れる者は減っていた。 チャレンジャーが上ってくるのを楽しみにしていたものの、ネズのライブとなればまあ仕方ない。 そんなダンデの元に、色褪せたチャンピオン帽子を被った少女?が現れた。 お付き合いしてます。 昼下がりのバトルタワー。 ダンデはエレベーターで一階に向かっていた。 今夜はシュートスタジアムでネズのライブが開催される。 そのためか、夕刻に近づくにつれ、バトルタワーに訪れる者は減っていた。 チャレンジャーが上ってくるのを楽しみにしていたものの、ネズのライブとなればまあ仕方ない。 かく言うダンデ自身も、ネズとスペシャルゲスト・マリィのライブを楽しみにしていた。 エレベーターから降りたダンデは、出口に向かって歩く。 スタッフたちも夜に向けてそわそわしているようだ。 一先ず、書類の山は片付けた。 気分転換がてらに散歩(リザードンはもちろんいる)をしようと、自動ドアの前に立った。 「こんにちはバトルしてください!」 開いた矢先、下から可愛らしい声がした。 見やれば色褪せた旧チャンピオン帽子が揺れている。 落ちそうになったそのよれよれの帽子を小さな手が押さえた。 どうやら、バトル申し込みの練習をしていたようだ。 帽子からわしゃわしゃした黒色の髪がはみ出て広がっており、これまた少しよれた旧チャンピオンのユニフォームに短パンを履いている。 多少よれているその帽子やユニフォームに疑問を持たないわけではなかったが、きっと親か兄弟の誰かのお古なのであろう。 身長はズバリ120センチ! 身長から計算すると7歳くらいだろうか(当時のホップと比較して)。 「あの! バトルをしたくて来たっ、んです!」 大きすぎる帽子で顔を隠し、慌てて再度お辞儀をする少女にダンデは、ふふっと声を漏らした。 ダンデはその場に片膝を着いた。 「顔を上げて」 「あ、はい」 少女はお辞儀をやめて顔を上げたものの、ぶかぶかの帽子を深くかぶり口先しか見えない。 相当恥ずかしがり屋なのだろう か。 口元がにっこりと弧を描いている。 「あ、なたとバトルがしたくて遠くから来ました!」 ポケモンごっこのユイ、たんぱんこぞうのゲン…この年でもバトルにいそしむ姿は良く見られる。 遠くから来たということは、他地方から来たということか。 なんにせよ、旧チャンピオン・ダンデの格好をし、ここまでくる少女の夢を壊すわけにはいかない。 ダンデは立ち上がると、近場のスタッフに声をかけた。 「彼女をタワーの空きコートに案内してくれ。 あと、俺のユニフォームも頼む。 以前着ていた方だ」 「わかりました」 「ありがとうございます!」 「こちらこそ、遥々ガラルまで来てくれてありがとう。 ……ところで、名前を教えてもらえるかな」 「な…まえ」 片言で繰り返したかと思えば、少女は黙って手をもじもじと揉みだしてしまった。 「うーん……じゃあ〝える〟で」 「える?」 「本当の名前は勝ったら教えるぜ…ます!」 少女の言葉にダンデが目を瞬き——口元をニッと上げた。 お辞儀をし、スタッフに導かれていく少女〝える〟の髪が風になびいた。 黒色かと思った髪が、光にあたって僅かに紫色に輝いていた。 *** [newpage] 『ヌオー、戦闘不能ロト!』 ロトムの声に、降っていたあられもやんだ。 ダンデは帽子を一度脱いであられを取り払う。 コートはオノノクスの『じしん』でひびが入っていた。 「天候を変えて体力を削る戦法も、相性を狙うところもなかなかだったが」 ヌオーをボールに戻す〝える〟にダンデは言う。 「まだ、一押し足りなかったな」 「天候狙いは学んだんで!」 〝える〟は帽子を取らずにあられをぱっぱっと手で取り払う。 「それにまだ終わってないですよ!」 両頬にパンパンと手を叩いて気合を入れ、〝える〟がボールを投げると、鈍い金属音を鳴らしながらニダンギルが飛び出した。 オノノクスがうなり声をあげて、威嚇するように地割れの部分に踏み込む。 「ニダンギルか…」 「卵から育てました!」 「育てるのは苦労したんじゃないかな」 ヒトツキは人を選ぶ。 自分にふさわしいと思えば生気も取らずに従うが…。 「あー、なんとか。 親が親でしたから…でも最初のころは布を巻き付けられていましたけど」 「それは、危ないと思うぞ」 「……とーさんは『頑張れ』って笑っていました」 「随分と厳しいな」 ダンデが苦笑すると、〝える〟が唇を噛みしめて肩を震わしたように見えた。 「どうかしたか?」 「ふっはは、それ言っちゃうのか…」 「どういう意味だ??」 「いえーなんでも!」 「そうか……じゃあ、続きといこう!」 「はい! いくぞ!」 〝える〟がオノノクスに指を指した。 ダンデが身構える! 「ニダンギル、まもる!」 「オノノクス、じしん!」 じしんが来るとわかっていたのであろう。 ニダンギルはガキンと音を立て重なり、衝撃に備えた。 オノノクスが吠え、地割れ部分に足を大きく踏み込んだ! 揺れがニダンギルを襲う! じしんによろける〝える〟だが、ダンデは微動だしない。 揺れが徐々におさまっていく。 ニダンギルは『まもる』が成功し無傷だ! 「防御ばかりでは俺のオノノクスには勝てないぜ」 「……へへっ、もう勝ってます!」 〝える〟が笑ったとたん、オノノクスがうめき声をあげる! 次第に声は小さくなりうずくまるように倒れた。 ロトムが飛んでいき、オノノクスの状態を確認する。 『……オノノクス、戦闘不能ロト!』 ダンデはオノノクスを戻した。 地割れ部分を見ると、紫色のねばついたものが広がっていた。 倒れる前にヌオーの『どくどく』が放たれていたようだ。 「さっきの会話も含め…時間稼ぎだったか」 「あたりです! でもこの時のオノノクスだったらもっと早く効くと思ったんだけどな」 毒を地割れに流し込み、オノノクスの元へ届ける。 さらに、じしんを起こしたことで濃度が高い毒が流れ込み体に回った……なかなかな戦略である。 『この時のオノノクス』と言うのが少し引っ掛かったダンデだったが、それよりもバトルを優先したくなった。 「油断したな」 仕切りなおしたダンデは、振り被ってボールを投げた! ぎぎぎ…と金属をすり減らしたようなうなり声をあげて、ギルガルドが姿を現した! 「来ると思ってたぜ!」 「ぜ?」 「やっぱり艶も輝きも変わらないなー!」 〝える〟の不思議な発言のせいか分からないが、ギルガルドもなにか違和感を持っているようだ。 「不思議な子だね、君は」 「全力でいきます!」 「受けてたつぜ! ギルガルド、つるぎのまい!」 ギルガルドの周囲に、剣のビジョンが浮かび上がり、剣同士が激しくぶつかって中心のギルガルドの士気を上げた! 「ニダンギル、パワートリック!」 ニダンギルの体から、赤と青の光が飛び出し、交差して体に収まった! 互いに攻撃力を上げることにしたこの戦法。 ダンデは次に来る技が読めた。 息をのむ二人、先に声を上げたのは〝える〟だ。 「せいなるつるぎ!」 「同じく、せいなるつるぎだ! ギルガルド!」 ニダンギルの全身が虹色に包まれ、勢いよく空を切った! ギルガルドの剣が神々しい光を放ち、ぶんっと大きく振り下ろされた! 遅れてくる互いの真空の刃が、地面を切り裂く! ぶつかって大きな光を放ったかと思うと、光が爆発した! 爆風に帽子を頭から押さえ、左腕で目を庇うダンデ。 視界の端で、〝える〟の帽子が吹き飛ばされたのが見えた。 「えるくん!」 風がやんだ。 腕を下すダンデ。 〝える〟も両腕を下した。 「大丈夫か、えるくん!」 「……大丈夫だぜ!」 極めて黒に近い深い赤紫…至極色の髪が風に揺れている。 えるは手首の内側でグイっと頬を拭った。 小さいながらも、こうして臆せずに向かってくる〝える〟をダンデはますます気に入った。 「まだまだ! ニダンギルいくぞ!」 「そうでなくては! ギルガルド!」 「ニダンギル、もう一回せいなるつる…ってうわああっ! 帽子! 帽子がない!」 頭の違和感に気づいたらしい〝える〟は、帽子が吹き飛ばされたことにやっと気づいたようだった。 慌てた様子であたりを見回している。 ダンデはやる気満々のギルガルドに、苦笑いで「タイム」と指示を出した。 バトル中に集中が途切れてしまうところが、まだ子供らしい。 「さっきの風のせいか~…」 「手伝おうかー?」 「大丈夫……ってか、こっち見ちゃダメ!!」 「なぜ!?」 肩まで伸びた髪で、顔を隠す〝える〟。 ダンデは眉間に皺を寄せた。 隠されると、余計に気になるものである。 ——その時。 「ビィィィッ」 緑の羽の生えたポケモンが、〝える〟の帽子を持って上空から舞い込んできた。 ガラル地方にはいないはずのポケモンに、ダンデは目を見開く。 「あ、セレビィありがとな!」 「ビィッ」 セレビィから帽子受け取り、被った〝える〟。 「ビィ、ビ」 「えっ…もう?」 コクコク、と頷いたように見えるセレビィ。 〝える〟は心底がっくりしたような様子だった。 「とーさ…ダンデサン、ごめんなさい。 時間切れみたいです」 「時間切れ?」 「もう戻らないといけないみたい」 セレビィが、〝える〟の周りを飛び回った。 光の粉のようなものが降り注いでいる。 〝える〟がニダンギルをボールにしまった。 ダンデもギルガルドをしまって、駆け寄った。 「親の迎えが来たのか」 「面白いこと言うなあ」 くすくすと笑った姿が、〝彼女〟と重なった。 「えるみたいな女の子を一人で来させるわけがないだろう?」 「女の子?」 「女の子」 「…俺、男だけど」 ダンデは酷く驚いてつっこみを入れようとしたが…自身も長髪だったことを思い出し、言葉を喉奥に引っ込めた。 光の帯がますます強くなっていく。 「間違えてすまなかった」 「いいよ、気にしてないし…。 それにバトルできてよかった、若くても勝てなかったけど」 帽子を外した〝える〟は、ニッカリと笑顔を浮かべた。 それはまるで、鏡に映った自分を見ているかのようだった。 「きみはいったい…」 「俺の本当の名前はレオン」 自分と瓜二つの顔、でも唯一違ったのは瞳の色。 光が一層強くなって、ダンデは腕で目を覆う。 セレビィとレオンが手を繋いでいるのが微かに見えた。 「みんなが作ってくれた明るい未来で、待ってるよ」 *** [newpage] 「ダンデさん!」 夕暮れのバトルタワーを出たダンデの前に、ユウリが駆け寄ってきた。 「…あれ…なんでタワーの帽子じゃないんです?」 「ちょっとな」 シュートスタジアムへ向かう中で、ダンデは先ほどの不思議な出来事をユウリに話した。 タワーに現れた少女、もとい少年とバトルをしたこと、バトルの仕方が自分とユウリに似ていたこと、そして顔が自身にそっくりで、目だけ違ったこと……。 「それは不思議なことにあいましたね…」 「ああ。 それにバトルは決着がつかなかったぜ」 途中でいなくなってしまったものの、不戦敗というのも面白くはないと、ダンデは引き分けにした。 いつかまた彼が現れたときにまた続きが出来るように。 「本当の名前は教えてもらえたんですか?」 「レオン、と言っていたよ」 「へ~…」 ユウリは否定も疑いもせずに、ただただダンデの話を聞いて頷いていた。 「レオン…」 「?」 「いえ、ダンデさんと相性良いなって」 「どういう…」 「レオンって、他の国だと『ライオン』って意味なんですよ。 で、ダンデとレオン…ライオンで」 ユウリが、道端をきょろきょろと見回して、あっと声を出した。 「見て」と指さされた先にはちょこんと黄色い花が咲いている。 ダンデとユウリは歩み寄り、屈んでその花を見つめた。 「花言葉は、『神託』」 「…ちょっとイメージと違うような気がするが…」 「まあまあ」 くすくすとユウリが笑った。 レオンにそっくりだ。 ダンデが花をつつくと、黄色い花はゆらゆらと揺れる。 暫くそうしていると、ユウリがひどく小さな声でダンデに言った。 「あの」 「ん?」 「もう一つ意味があって…『愛の神託』って言うんですけど」 「……うん」 「今日、病院に行ってきまして」 ばっと立ち上がったダンデはリザードンを出そうとした。 それを慌てて止めにはいるユウリ。 「具合が悪いなら早く帰った方がいいぜ!」 「違います! 病院は病院でも…」 頬をぽっと赤らめたユウリに、ダンデの心臓がはねた。 どうやらライブどころではなくなってしまったようだ。 嬉しさのあまり、おもわず抱き上げたユウリは〝まだ〟羽のように軽い。 [pixivimage:80857396] [newpage] *エピローグ* 「レオンー!」 「はい! はーい! ここにいるって!」 呼ばれて、レオンが茂みから顔を出した。 「そんなところにいたの…」 「ちょっと面白いもの見つけて…」 レオンがははは、と笑うと、母親は口を真一文字に結んだ。 「危ないことはしてないぜ……」 「……まさか森に?」 「俺、とーさんと違って迷子にならないよ」 「行ったのね」 「ええとー……」 流石に、『セレビィと出会って時間旅行していた』などと言えるわけがなかった。 「……まあいいか」 誤魔化しきれないレオンに、母親はため息をついた。 「私もホップもレオンと同じくらいの時に入っちゃったし……あれ? あのときはそこまで若くなかったか」 「ホップ博士も?」 「……それよりレオン、早く準備しないと。 お待ちかねだよ」 「?」 レオンが首を傾げると、母親がふふんと笑った。 「突然、『思い出した!』ってスタジアムに連絡して貸切っていたから。 ……あんな啖呵を切ったなら頑張ってきなさい」 この時、レオンは先ほど (レオンにとっては先ほどのことだ)去り際にカッコつけたことをほんの少し後悔した。 レオンの『待ってる』の中に、『続きはその時に』という意味を込めたことは、間違いない。 「やるしかないか…」 「ふふふ、終わったら、元チャンピオンの私ともバトルだからね」 茂みから出てきたレオンの顔を、エプロンで拭く母親、もといユウリ。 レオンがもがいた拍子に落ちた、色褪せた帽子の横には、黄色と白色のタンポポが咲き誇っていた。 【シロバナタンポポ】 花言葉 『私を探して、そして見つけて』 [newpage] *あとがき* トールです。 白いタンポポ、西日本では見られるそうな。 残念ながら自分は写真でしか見たことがありません。 たんぽぽの花言葉、面白いものがあるのですが…検索してみてください 笑 ヌオーにしたのは、父対策です。 未来ではぼこぼこにされてます。 ギルガルドが戸惑ったのは、テレパシーでニダンギルから何か感じたんでしょう。 図鑑参照 ……いつ、闇の石を使わせてくれるんでしょうか。 そう考えると、ダンデの使ったタイミングが気になります。 良かったら、アニメ映画の「時を超えた遭遇」を是非ご覧ください。 『サトシ』と『ユキナリ』の出会い…良いですよ ネタバレになるので言えませんが 自宅待機でもんもんとしてる中で、楽しみを見つけるのも大変かと思います。 くれぐれもお体にはお気を付けください。

次の

株式会社ダンデ・ライオン · ダンデライオン · 〒465

ダンデ ライオン 意味

NO.3、NO.4です。 しつこくお邪魔してすみません。。。 (これで最後にいたします、たぶん。。。 ) さて、この歌の背景ですが、やはりこの恋愛は、女性にとって 遅くやってきた恋であることには違いないと思うのです。 それと、おそらく女性の方が男性よりも、やはり想いが強すぎる のでしょう。 人間って、自分とは正反対のタイプの 人に魅かれるものですからね。 だから彼女の恋人は、それほど 恋愛に熱くならないタイプなのだと思います。 まあ、自分勝手な解釈をつらつらと並べたててしまいましたが。。。 (ユーミンさん、ごめんなさい。 (酷なことを言うようですが。。。 ) それか、もし恋愛が このまま続いたとしても、時間が経ったら女性は「もう同じ空気 吸うのも嫌!」っていうくらい冷めてしまいそうですね。 (こういう方って極端ですからね。 すみません。 NO.3です。 投稿後も考えていたのですが。。。 歌詞って、曲にあわせるか、もしくは後で曲をつけるので 普通の文章と違って、ワード数に制限がありますよね。 う~ん、本当の意味は、作詞したユーミンに聞いてみないと わからないですね。。。 こんにちは。 わたしも以前、この「ダンデライオン」の歌詞の意味がどういうことかわからず、疑問を抱いたことがあります。 この質問を拝見させていただいて、ストッカーの中からユーミンのCDを取り出して聴いてみて、久しぶりにこの歌詞の意味を考えてみました。 この歌詞を考える上で一番のキーワードになるのは、やはり「ダンデライオン(たんぽぽ)」だと思います。 わたしはこの歌詞は、最初から最後まで一貫して、一人の女性が自分の気持ちを綴ったものだと思います。 それを前提に、わたしなりにこの歌を解釈していくと・・・、 (以下、( )内、わたしの解釈ですが。 ) きみ(恋人、彼氏)はダンデライオン(真実の愛、神様からの贈り物) 傷ついた日々は彼に出逢うための、そうよ運命が用意してくれた大切なレッスン (いままでの恋愛は、真実の愛ではなかった。 ) 今 素適なレディになる (あなたによって、わたしは本当の愛を知った OR あなたのおかげで、真実の愛を知る大人の女性になれた。 ) と、ここまでは良いのですが、問題は次ですよね。 これに関してわたしの意見を述べさせていただくと、 「(きみは)本当の孤独を今まで知らないの」 だと思うのです。 おそらく、今、現時点で、男性(恋人)より女性(私)の方が、想いが強いのではないでしょうか。 なぜなら、私があなたを想う気持ちのほうが、あなたが私を想う気持ちよりもはるかに強いから、私のあなたを想うがゆえの苦しみは、あなたにはわからないでしょうね。 両思いの恋愛をしたからといって、決して楽しいことばかりではありませんよね。 嫉妬や不安など、恋愛していないときより、かえって苦しい思いをすること、ありますよね。 」とか、「この人と別れなければいけない時が来るのではないか。 」と、(幸せを感じる一方で、)ものすごく不安にかられたりするものなのではないでしょうか。 それに恋する想いが強ければ強いほど、その不安感(孤独、淋しさ)も、よりいっそう強いのではないでしょうか。 またこの歌のサブタイトルは、「遅咲きのたんぽぽ」ですよね。 そしてさきほども述べたように、この女性は今まで片思いか、それほど深い恋愛をしたことがない方なのではないでしょうか。 だから本当に人を愛したときの切なさとか、不安、苦しみを今回初めて知ったのではないでしょうか。 はじめての恋愛で幸福感ひとしおの一方で、いままで実らない恋愛をしてきただけに、「今度の恋愛も崩れ去ってしまう時がくるのでは」と、不安(幸せな淋しさ)でたまらないとか。。。 たんぽぽって言ったら、まあ、道端に咲いているどこにでもある花ですよね。 余談ですが、「ばらが咲いた」という歌がありますよね。 なんか、この「ダンデライオン(遅咲きのたんぽぽ)」も、「ばらが咲いた」に通じるものがあるような気がしてならないのですが。。。 わたしの勝手な解釈を、つらつらと並べ立ててすみません。。。 私は次のような解釈をしています。 「きみ」(その女性本人)は遅咲きのタンポポのように、一人で孤独に生きてきた、と思っていたけれど、「あなた」と出逢った後の、「あなた」と離れた後感じる「ほんとうの孤独」をそれまで知らなかった。 (デートした後)「あなた」と離れて一人の部屋に帰って、また次の機会に会える幸せを感じつつも、今一人なのが淋しい、「もうあなたなしで」生きていくことなんて考えられない。 という感じに、 今まで傷つき孤独だった女性が、素敵な人と出会って幸せな恋愛中、というところではないでしょうか。 「きみはダンデライオン」というフレーズだけは第三者がその女性に呼びかけているようですが、他はその女性本人の一人称の詞だと思います。 A ベストアンサー 『ラストを飾る「ANNIVERSARY」はユーミンの ウェディングソングの中 で最もメジャーな一曲。 当時どんどん派手になっていく結婚披露宴で 何度となく歌われたらしいが、そんなバブリーな背景とは裏腹に、 よくよく聴いてみれば 「ひとり残されても あなたを思ってる」 「いつかは会えなくなると 知っていても」といった風に いつか来る死別をも見据えた献身的とも言える永遠の愛を歌った曲である。 やはりこれも名曲。 dion. html とあるように、結婚式前夜の新婦の心境を歌った、 もしくはそれを予感させる曲となっているようです。 こんなところでよろしいでしょうか。 まあ、何回聴いてもいい曲ですね。。 『ラストを飾る「ANNIVERSARY」はユーミンの ウェディングソングの中 で最もメジャーな一曲。 当時どんどん派手になっていく結婚披露宴で 何度となく歌われたらしいが、そんなバブリーな背景とは裏腹に、 よくよく聴いてみれば 「ひとり残されても あなたを思ってる」 「いつかは会えなくなると 知っていても」といった風に いつか来る死別をも見据えた献身的とも言える永遠の愛を歌った曲である。 やはりこれも名曲。 dion. html とあるように、結婚式前夜の... Q 自分のブログ、誰に読まれてるかアクセス解析(IPアドレス)で分かる? 教えて下さい。 先日、ふと昔付き合ってた彼が、ネット上で使っていたハンドルネームを 検索したら、彼のブログが出てきました。 そこは、アメブロでした。 それから、ちょくちょく読んでたんですが、 私が読み出してからというもの、彼のブログが・・・どうも私を意識したような 内容のことが、書かれているのです。 (ちなみに、5年も前に別れた人なので、お互い未練も無いのですが、 彼が飼っていた犬が。。。 今も元気だよ!みたいなメッセージの内容 などなど。。。 です) 私もアメブロを使っているので、アメブロの管理画面から アクセス解析で、何人の人が見てる、どのページを見てる、検索ワードは 何かとか、調べられるのは知っています。 私がネットでググった内容は、まずは彼の昔のハンドルネーム。 これは、アメブロだと検索ワードで出きますね。。。 ) で、そのハンドルネームはアメブロのハンドルネームではなくて、 アメブロのアドレスに使われてたので、アドレスにHNを入力。 この2種類で、検索して読んでました。 で、お尋ねはここからなんですが、 IPアドレスってゆーんですか?そういうので、どこに住んでる人かとか (個人まで特定できないと思いますが) ある程度、分かるんでしょうか? 彼と付き合ってた当時、プロバイダはniftyを使っていたのですが、 今年になって、イオ光(関西電力の子会社です)に変えました。 私がイオに変えたことは知らないんですが、たとえば、住所などが 仮にある程度分かるのであれば、私の住む田舎の住所から彼のブログを見たら カンで私と分かるかも知れません。 (彼は他府県の住人です) 彼はパソコンの修理や、システムを組む仕事をしています。 付き合ってる間も、パソコンが詳しくって、彼のパソコンを使わせてもらってたのも 履歴を全部見られてるって知らなかったので、怖い思いをしています。 今、私が彼のブログを読んでいることがバレるのはいいんですが、 私はパソコンに疎いので、私がネットでググって他のサイトを見ているのが すべてバレてるんじゃないかとか、私のブログまで読まれてるんじゃないかとか 不安が募ります。 心配しだしたらキリがないので、とりあえず、タイトルの質問です。 自分のブログ(仮にHPを作ったとしても。。 )を、 誰が読んでいるか分かりますか? よろしくお願いします。 自分のブログ、誰に読まれてるかアクセス解析(IPアドレス)で分かる? 教えて下さい。 先日、ふと昔付き合ってた彼が、ネット上で使っていたハンドルネームを 検索したら、彼のブログが出てきました。 そこは、アメブロでした。 それから、ちょくちょく読んでたんですが、 私が読み出してからというもの、彼のブログが・・・どうも私を意識したような 内容のことが、書かれているのです。 (ちなみに、5年も前に別れた人なので、お互い未練も無いのですが、 彼が飼っていた犬が。。。 今も元気だよ... A ベストアンサー No. 3です。 ご質問の下の部分だけを読んでしまって回答がずれたものになってしまったので、編集代わりに追加です。 だいたいでもある程度、わかると思います。 どこの県に住んでいる。 プロバイダはどこか。 パソコンのOS。 ブラウザの種類。 アクセスする時間帯や回数。 見るページにより興味の傾向。 これらによってだけでも、訪問者数の多いブログでなければ十分、検討がつくかもしれません。 まったく知らない人の目星をつけることはできませんが、個人的に知っている人の癖は熟知しているので、わかりやすいですよね。 他のサイトを見ているかどうか・・・まではわからないでしょうが、どのサイトやリンク先から訪問したかはわかります。 質問者さんのブログについても、パソコンやネットに慣れた人なら、根気よく探せば十分、探し出せるのではないでしょうか。 なのである程度、気をつけた方がいいでしょう。 Q 事情で、創価学会の人とできるだけ関わりたくありません。 (詳しくは書きませんが、かなり迷惑を被っています。 ) これからいろいろな人と知り合いになると思いますが、 創価学会の人かどうか見分け方がありましたら、 知っておきたいです。 ちなみに自分なりに考えたのが、 ・どこの新聞をとっているか聞く ・どんなスタイルの結婚式を挙げたかを聞く (神式、キリスト教式だと大丈夫かも) です。 最近知り合った人には、さりげなく聞いてみて一安心でした。 たまたま私の知り合った人が熱心すぎる人だっただけで、 学会の人全てを否定しているわけではありませんが、 この事にかなりナーバスになっていますので、 学会の方はお気を悪くされないで下さいませ。 あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。 A ベストアンサー 学会会員です。 比較的簡単な見分け方は. 死者がいないのに(紙製の)仏壇を持っている 2. 木製の仏壇の場合は. つくりが派手(他の宗派の場合には. 分家したときに作った仏壇をいつまでも使いつづけるので. 結構古い物が転がっています)。 お守り. 破魔矢. 達磨等の縁起物を持たない・買わない(私のような例外もいますが) 4. 命日など家族で遠距離の墓参りに行く。 (近所の宗派の方は. 命日の近くの都合のよい日に出かけます。 ) 5. 若い人のばあいには. 「宗教の話をする」。 今の若い方々は. 宗教関係に興味を持たないのが大多数ですから。 夕方特定の遊びまわるわけでもないのに集まる(勉強買いです)。 若い方の場合には. 酒飲んでカラオケで騒ぐのが普通ですが. これをしない場合です。 宗教(日蓮)関係のわけのわからない本がある。 A ベストアンサー すみません、私は家庭円満で他所の話ばかりですが たくさん知ってるので回答させて頂きます。 今 不倫を貫こうとされてるんでしょうか・・ つい最近、1週間前にも学生時代からの友人がW不倫貫いた 話聞かされたので 感覚的に麻痺してる部分があるかもしれないので その辺りは私もちょっとおかしいかもしれませんが。。 一番最初に不倫愛を貫いた人を見た?のは 短大時代のバイト先。 二つ上の同じバイト仲間の女性が そこの経営者の弟さん 既婚、当時 35歳くらい と恋に落ち、すったもんだの末結婚しました。 私も若くガチガチの?モラリストだった頃なので 二人を非常に軽蔑しました。 お子さんもいるのに・・・って。 が・・・それから25年以上経って とあるお店でバッタリ再会。 不倫愛を貫いて結婚して3人の子供さんと家族5人で 楽しそうに食事してました。 本当に夫婦で、家族で仲よさそうでした。 この人たちは夫婦になる運命だったんだなぁって思いましたね。 あくまで客観的に見てですが。 つい最近 W不倫から貫いた友人には 相談受けてたので 全力でやめなさいと言ったんですよ。 普段 不倫の話聞いても あくまで私の意見は言わないように してるんですが その友人の場合は 状況的にどう考えても1000%後悔 するのが目に見えてるんで反対はしました。 行動に出てしまってショックを受けてたところです。 でも、人に相談するときは ただ聞いてもらいたいか 自分の意見に背中を押してもらいたいだけなんですよね。。。 もしあなたが 今迷ってるなら 不倫にもいろんなケースがあるし 一概になんとも言えない場合もあるんですが 子供が犠牲になるようなことはやっぱり避けてもらいたいなって 思いますよ。 すみません、私は家庭円満で他所の話ばかりですが たくさん知ってるので回答させて頂きます。 今 不倫を貫こうとされてるんでしょうか・・ つい最近、1週間前にも学生時代からの友人がW不倫貫いた 話聞かされたので 感覚的に麻痺してる部分があるかもしれないので その辺りは私もちょっとおかしいかもしれませんが。。 一番最初に不倫愛を貫いた人を見た?のは 短大時代のバイト先。 二つ上の同じバイト仲間の女性が そこの経営者の弟さん 既婚、当時 35歳くらい と恋に落ち、すったもんだの... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...

次の