オーディオ アニマ トロニクス。 実は凄いアトラクション?! 〜魅惑のチキルーム〜: ディズニーをとことん楽しめ!

オーディオ・アニマトロニクス作成中

オーディオ アニマ トロニクス

これすごいです。 これがあれば、プロではないユーザーでも、つまり私でも、魅力的な アニマトロニクスをつくることができるかもしれません。 アニマトロニクスはSFXの一種で、生物を模したロボットを使って撮影する技術。 「アニメーション」と「エレクトロニクス」を組み合わせた造語です。 ディズニーランドのアトラクションとかにいるキャラクターはコンピュータの中で動くデジタルなキャラクターと違って、歯車やモーターなどメカニカルシステムによって動きが決定されています。 そして今までは、クリエイターは動きを描くだけではなく、 どうやってその動きを再現するのかも考えなくてはいけませんでした。 しかし、ディズニーが開発した新しいシステムでは動きをコンピュータに計算させています。 これがあれば、ユーザーは動きのことだけを考えればよいことになります。 どういった機構でこの動きを再現すればよいのかを考えるのはコンピュータの仕事です。 サーベルタイガーが作りたいなと思ったら、サーベルタイガのモデルを作って、 動かしたい関節とどういう動きをするかをカーブで指定するだけでいいのです。 それさえすれば、ソフトウェアが歯車を組み合わせて動きを再現してくれるというわけ。 夢が広がります。 [ via, ] mio ()• Tags :•

次の

自作ロボット入門―アニマトロニクス編

オーディオ アニマ トロニクス

LINK: 2017年4月29日、ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニー・アニマルキングダムに2017年5月27日よりオープンする「Pandora:The World of Avatar」のプレスプレビューが開催されました。 いやいやいや、すごい表現力だね!! We're in awe over Pandora — The World of Avatar, opening at May 27. — Disney D23 DisneyD23 この日の様子は、現地のブロガーたちによってレポートも出ています。 精力的に記事を出してるInside the Magicなどをどうぞ。 映画を見た方ならお分かりかと思いますが、アバター(化身)が液体内に浮かんで、それがリアルで動くという。 なんというオーディオアニマトロニクスを作ってくれたんや……。 OMG! The detail inside the Flight of Passage attraction is CRAZY insane!!! — Theme Park Review ThemeParkReview From caves to ruins to bioluminescence and a life size Avatar, see the queue for Flight Of Passage at — Attractions Magazine Attractions そしてこのグッズ!肩乗りバンシー! You can buy a Banshee puppet in Windtraders in — Inside the Magic InsideTheMagic いやー、本当にこれはすさまじく楽しみなエリア。 ポイントはやはり、映画をそのまま再現していないところでしょうね。 前にも書いたのですが、ユニバーサルスタジオ・フロリダで初めてハリー・ポッターのライドに乗ったとき、ものすごい技術と表現力で驚きました。 さらに、エリア全体の作りが大変素晴らしく、まさに映画そのものであったことを思い出します(ユニバーサル・スタジオ・ジャパンもほぼ準拠、むしろ日本の方がいい風景もある)。 しかし、ハリー・ポッターエリアに関しては、映画が表現したベクトルの方向、大きさそれそのものをエリア化しているわけです。 反面、ディズニーが映画をもとにしたエリアは、映画のベクトルをそのままに保ちつつ、また違った時代背景やストーリーを入れ、映画そのものだけど、映画そのものではない世界観をつくりだしているという特徴があります。 カーズランドなんかその最たる例ですね。 そしてこのアバターエリア。 まだ本物を見ていないながら、アバターという作品の一番大事なところだけをうまく抽出し、ジョー・ロードの病的なストーリーテリング能力をフルに発揮しているように見えます。 というかナヴィの世界とビジュアルだけ借用して、A. の枠を当てはめて好き勝手にやっているという印象(褒めてます)。 だから、たぶんアバターの続編ができようが、このエリアにはほぼ無関係なところに落ち着くのではないかと思っています(むしろ逆にエリアの要素を映画に入れそう)。 そういう意味で、ディズニーのイマジニアリング能力は末恐ろしいです。 で、これがまた2019年にも新たに体験できるわけですよ……。 いまのところいろんな事情でウォルト・ディズニー・ワールドに行くチャンスがなく、この目で体験することができないのが大変残念。 なもんで行くまでライドスルーの動画は絶対に見ないので、ネタとして取り上げることがもうないのが大変残念です。 くっそくっそ。 本サイトはディズニーを中心とした情報を集める個人サイトであり、ウォルト・ディズニー・ジャパン、株式会社オリエンタルランド、Walt Disney Company、その他関連会社とは一切関係はありません。 This website is not affiliated with, maintained, authorized, endorsed or sponsored by the Walt Disney Company, Oriental Land Co. , Ltd. , Walt Disney Japan or any of its affiliates. This is an independent, unofficial site.

次の

オーディオアニマトロニクス

オーディオ アニマ トロニクス

中身のロボットも展示してくれたら嬉しいのに! フロリダ州オーランドの ディズニーリゾートにある、大ヒット3D映画 『アバター』のテーマランドが開園一周年を迎えます。 ここにはガイドさんが人力で動かすなど、いかにもメカメカしいものもあります。 ですが、もっと 最新鋭のロボティクスを投入したロボットも園内には置かれているんです。 それは一見すると、ロボットとはわからないような姿だったりします。 たとえば『アバター』のヒロイン、ナヴィもそうです。 Video: オーディオ・アニマトロニクスと呼ばれるこの技術は1964年から作られ、はじめは空気圧であらかじめ録音された音源に合わせて動いていました。 ですが近年はモーター式になっており、特にこのナヴィは従来なかったメカニズムを 新たに20種類ほど開発し、搭載したんだとか。 これは「ナヴィズ・リバー・ジャーニー」というアトラクションで見ることができます。 このアトラクション、熱帯雨林の中をボートに乗って「シャーマン・オブ・ソングス」を探す旅の途中で出逢うというもの。 上の映像は、そんな最新オーディオ・アニマトロニックの貴重なメイキング映像。 としては、このテクノロジーをできるだけ観客に見せないよう 隠すことが目標だといいます。 ですけど、もし現地で青い皮を被ってない、むき出しのナヴィを舞台裏で見ることができたら? …今すぐにでも見に行きたくなりそうです。 Image: Source: , , Andrew Liszewski - Gizmodo io9[] ()• Tags :•

次の