ウーバーイーツ バイク レンタル。 【UberEats】バイクと自転車どっち良い?シェアサイクルの借り方も紹介

【比較】ウーバーイーツはロードバイクか電動自転車どっち?シェアサイクルがベスト。|シロハヤブログ

ウーバーイーツ バイク レンタル

Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーを始めようとしているんだけど、ロードバイクか電動自転車はどっちがいいのか教えてほしい。 Uber Eats ウーバーイーツ が提携しているシェアサイクルもあるけど、どれがいいのか知りたい。 本記事では、そんな疑問にお答えします。 結論としては、ロードバイク・電動自転車・シェアサイクル ドコモが運営しているサービス は、それぞれにメリットがあります。 なので、自分のライフスタイルにあったものをを選んだほうがいいですね。 ということで本記事では、Uber Eats配達パートナーを始めるにあたって、電動自転車・ロードバイク・シェアサイクル、どれを使ったほうがいいのか比較してきました。 初期費用• 維持費 ランニングコスト• 疲労度• スピード• それぞれ詳しく解説していきます。 初期費用 ロードバイクや電動自転車を持っていない人は、まず購入する必要があります。 ロードバイクの値段はピンキリで5万円以下で買えるものもあれば、100万円以上するものもあります。 値段が高いほうが少ない力でたくさんこげるし、乗り心地もいいようです。 なので、ある程度のロードバイクを買うなら10万円ほどは必要でしょう。 電動自転車も一般的な値段はだいたい10万円前後ですね。 シェアサイクルだと初期費用は一切かからないので0円です。 維持費 ランニングコスト ロードバイクも電動自転車も駐車場代や保険代がかかってきます。 あとは、壊れたときの修理やメンテナンスも必要です。 それを踏まえた上で計算しています。 駐車場代は月2000円、保険は年間4000円 ロードバイクにかかる維持費は、年間でだいたい2万円弱くらいと考えておくといいです。 なので、ロードバイクの維持費は月3000円くらいですね。 電動自転車は、壊れない限りほとんど費用がかかりません。 充電も1回10円程度なので月に20回充電しても200円程度なので、維持費は月2000円くらいですね。 シェアサイクルは、Uber専用プランであれば月に4000円で乗り放題になります。 駐車場は専用の場所があるので必要ないですし、シェアサイクルには保険が付与されているので月に4000円だけでOKです。 疲労度(疲れやすさ) ロードバイクの性能にもよりますが、街中を走る分には圧倒的に電動自転車のほうが疲れません。 特に坂道。 ドコモのシェアサイクルは、すべて電動自転車なのでめちゃくちゃ楽です。 ロードバイクは直線が多かったり、信号が少ないとかなりスイスイ行けるんじゃないでしょうか。 スピード スピードは、ロードバイクが一番速いです。 電動自転車の場合だと、24kmまでしか電動アシストが作動しません。 それ以上は自力でこぐ必要があるので辛いです。 なので、ロードバイクが一番スピードを出すことができます。 ただ、バッグの中に商品が入っているのでそこまで速いスピードを出すのは危ないかもしれません。 もちろん電動自転車でも遅いわけではないので、配達に遅れるということはないので安心しましょう。 便利さ ロードバイクは、自分の家から乗って配達エリアに行くことができるし、自分の趣味としても使えるのでロードバイクが趣味の人はめちゃくちゃいいですね。 電動自転車だと、1回の充電で3~5時間程度しか電動アシストが使えません。 なので、充電が切れたら電動アシスト無しで漕ぐか、もう一度充電すう必要があります。 シェアサイクルであれば、充電が切れたらまた別の自転車を借りればいいので問題ありません。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達エリアに駐車場はいくつかあるので大丈夫ですが、利用者が多い地域だと借りようとしても充電が切れていたり、自転車自体が無いとうことがあります。 あとは、住んでいる場所が配達エリアから離れている場合、電車でそのエリアまで行く必要があるので交通費がかかってきます。 その辺は自分の住んでいる場所や環境に合わせないといけませんね。 年間にかかる費用 コスト でも比較 一応、さいごに年間費用で3つを比較してみます。 ざっくりと費用を計算してみた シェアサイクルは、配達エリアに住んでいなくて配達エリアまで電車で行く必要がある場合で計算してみます。 1ヶ月のうち20回稼働したとして、交通費は往復で400円 ロードバイク 電動自転車 シェアサイクル 初期費用 約10万円 約10万円 0円 月額費用 0円 約200円 4000円 修理費やメンテナンス費 約2万円 0円 0円 駐車場代 月額 2000円 2000円 0円 交通費 0円 0円 8000円 初年度費用 144000円 126400円 144000円 2年目以降 44000円 26400円 144000円 結果的にそこまで変わらない結果になりました。 2年目以降は、圧倒的に自分でロードバイクや電動自転車を持っているほうが費用が安くなりますね。 ただ、上記の表はすべて費用がかなりかかった場合の計算です。 トラブルなく無駄な出費を抑えられた場合の費用 最後は、費用が抑えられる人で計算してみます。 ロードバイク、電動自転車ともに駐車場代がかからない。 配達エリア内まで交通費が必要ないとする。 ロードバイク 電動自転車 シェアサイクル 初期費用 約10万円 約10万円 0円 月額費用 0円 約200円 4000円 修理費やメンテナンス費 約2万円 0円 0円 駐車場代 月額 0円 0円 0円 交通費 0円 0円 0円 初年度費用 120000円 122400円 48000円 2年目以降 20000円 2400円 48000円 こんな感じになりました。 維持費のほとんどかからない電動自転車のコストが一番低いですね。 ただ、配達エリア内までの交通費が必要のない人だと2年経ってもシェアサイクルを利用したほうがトータルの費用は低い結果になります。 Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーはロードバイクか電動自転車かシェアサイクルどれがいい? ロードバイクがいいのはこんな人• すでに電動自転車を持っている• 配達エリア内に住んでいる• 空いた時間にだけUber Eats ウーバーイーツ 配達をするつもり 電動自転車をすでに持っている人は、電動自転車で配達するのもアリです。 あとは、配達エリア内に住んでいるなら数時間は配達することができるので、ちょっとした時間にだけ働きたい人はいいかもしれません。 ただ、電動自転車を持っていなくて、配達エリア内に住んでいないのにわざわざ買うのはもったいないので購入は避けるべきです。 電動自転車は、フル充電しても3~5時間しか使えないので、配達エリア内まできてから配達を始めたらすぐに充電が切れてしまいます。 電動アシストのない電動自転車は、普通の自転車よりも重くなります。 シェアサイクルがいいのはこんな人• とりあえずUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーをやってみたい• 1年以上続けるかわからない• 想定外の出費をしたくない とりあえずUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーをやってみたい人は、シェアサイクル一択です。 1回30分150円から借りることができるので、お試しでやってみることができます。 本気で始める人もUber Eats ウーバーイーツ 専用プランなら月額4000円で乗り放題なので、シェアサイクルを利用するのがいいです。 ただ、シェアサイクルを自分の家まで乗っていくことは禁止されているので、毎回どこかの駐車場に返却する必要があります。 自分の住んでいる家から配達エリアが遠いと、毎回そこまで電車などで行く必要があるので、その分の交通費がかかってしまうので計算に入れておきましょう。 ぼくは、配達エリア内に住んでいて近くにシェアサイクルの駐車場もあるので他の費用が一切かかりません。 まとめ|Uber Eats配達パートナーをとりあえず始めてみるならシェアサイクル一択! Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーは、ロードバイク、電動自転車、シェアサイクルの中でどれがよいのかを比較してみました。

次の

配達パートナーにおすすめレンタサイクル

ウーバーイーツ バイク レンタル

最新版は防水仕様! 今回は最近よく街で見かけるUber Eats(ウーバーイーツ)の黒バッグ(リュック)の最新版の失敗しない選び方を解説していきたいと思います。 この黒いバッグは何度も改良が重ねられ、最新の防水使用のバッグは見た目や機能性共に最高の出来になっています。 配達パートナー登録会に参加するだけでUber Eatsのバッグがもらえたが・・・ 以前は各地にあるパートナーセンターに行き、40分程度の登録会に参加するとバッグが支給されていました。 ですが、コロナの影響により全国のパートナーセンターが閉鎖された影響で、バッグの配布方法も変更となりました。 現在の受け取り方法は、メールや電話などを使い配達パートナー登録を行うと送られてくるアマゾンのリンクから自費購入する形となっています。 最近では在庫が少ない影響で高額転売が行われたりしていますので、間違っても高額で買ってしまわないよう注意してください。 さらに、公式から紹介されるバッグは二種類あり、片方は高品質ですがもう片方は出来が悪いため買ってしまわないよう注意が必要です。 これらの理由から、正しい情報をもとに良いバッグを適正価格で買うための情報をまとめましたので参考にしていただけると幸いです。 Uber Eatsのバッグ(通称ウバッグ)はamazonで購入 Uber Eatsの配達パートナーのウェブ登録を進めると案内メールでバッグの購入リンクが二つ送られてきます。 定価は4,000円ですが、品切れの場合転売商品の価格が表示される場合があります。 その際は買ってしまわないようにご注意ください。 参考: さらに一般の保温バッグは4,000円以下でも購入できますので、値段が気になる方はそちらを検討してみてもよいかもしれません。 ですが、一般的な保温バッグは配達用に作られたものではありませんので、つくりが弱かったりサイズが小さかったりしますので、購入の際はよく吟味してから購入してください。 もし公式のバッグを定価で買いたい・・・という方は在庫があるうちに早めに購入してしまうか、在庫が復活するまで待ってみてください。 公式が推奨している二つのバッグの性能差に注意!ロゴ有り防水バッグを購入しよう 現在アマゾンで販売されているバッグは二種類ありますが、改良されている 最新のバッグはロゴ有りの防水バージョンのほうです。 ロゴ無しの布地のバッグは最新版より古い時期から配布されていたもので、品質が低いものになってしまっています。 具体的に悪い点を挙げていくと・・・• 防水仕様でないため雨の日はびしょびしょになり重い。 片付けが大変• 肩ヒモや背面のクッションが薄いため疲れやすい• バッグ全体が布地のため使用しているとヘタってきてバッグの形がつぶれる (見た目が悪い) これらの問題がすべて解決されたバッグがロゴ有りの新型バッグです。 防水のため濡れても簡単に手入れができますし見た目もきれいな状態を保てます。 肩紐や背面のクッションは分厚くしっかりしているので肩や腰などが痛くなるのを防げます。 生地がしっかりしているので型崩れしにくいですし、底面についているDカン(金具)で自転車やバイクに固定することも簡単だったり、細部まで使い勝手が考えられた作りになっています。 以上のことから、バッグはロゴ有りの最新版を定価4,000円で購入することが最善の選択です。 ロゴ有りの最新バッグはこちらから購入できます。 ウェブ登録後に電話予約でバッグの受け取り方の説明 配達パートナー登録をする際の実際の流れです。 まずはウェブ登録を行い顔写真や身分証明書が承認されるのを待ちます。 承認されると次のステップの案内メールが届きますので、それにしたがって電話予約などを勧めていきます。 案内の内容・流れは変更される事がありますので、実際の案内にしたがって登録を進めてください。 電話予約をすると、指定した日時に非通知の電話がかかってきます。 そのなかで配達に関する説明を受けると、配達が行えるようになります。 最近では電話をしなくてもアカウントが有効になる場合があるようですが、初めての配達はわからないことが多いと思いますので、電話で説明を受けてから配達をすることをお勧めします。 最新黒バッグの性能 一番新しいロゴ有りのバックについて簡単にまとめました。 多少の雨は問題ありません。 ですが体に接する面(背中と肩紐部分)はクッションにメッシュ生地のため濡れます。 また、仕切りがあるため冷たいものと暖かいものを同時に保温することも可能です。 電車などで持ち運ぶ際にとても便利です。 たたんだ上体で背負ったり、手提げのように片手で持つこともできます。 その他の便利グッズ 実際に配達をする場合、他にも必要なものがありますので配達を開始する前に用意しておくといいです。 スマホホルダー 移動中にマップを見たり、注文依頼を受けた際に操作する場合がよくあります。 スマホをポケットに入れていちいち出し入れしていたらとても面倒だし危険です。 ほとんどの配達パートナーはバイクや自転車に固定するタイプのスマホホルダーを使用していますので、参考にしてみてください。 以下は私のお勧めのスマホホルダーです。 interjpq2206j9df この特殊コードの金額は変更されることがありますので、実際の金額は直接入力して確認してみてください。 無料で注文できる? 料金と仕様によっては無料で注文することも可能です。 たとえば上記の1,000円クーポンを使用した場合、配送手数料などすべてを含む金額が1,000円以下の場合、完全に無料で注文が可能です。 ですが、配送手数料は割引されないように計算されていた時期もありましたので、実際に0円で頼めるかはそのときの計算式次第かと思います。 手数料の金額などはサービスを行っているエリアによって異なりますので、実際入力して確かめてみてください。 東京や大阪などは配送手数料が最低10円から選ぶことが可能です。 まとめ 転売品や性能の悪いバッグを買ってしまわないように注意してください。 もし手に入らない場合は新しく入荷するまで待つか、他のバッグやリュックなどを検討してみてください。 1,000円引きクーポンを使うと無料で注文することも可能ですので、まだ利用したことの無い方は一度利用してみてもいいかもしれませんね。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)レンタサイクル無料プランの紹介

ウーバーイーツ バイク レンタル

この記事の内容• Uber Eatsの配達パートナーは自転車・バイク・原付どれが有利か• 自転車からバイク・バイクから自転車への車両変更方法 Uber Eatsの配達パートナーに登録しようとした時に、決めなければいけないのが「原付で配達するか自転車で配達するか」です。 ここで決めた配達方法は、もちろん後から Uber Eatsパートナーセンターで変更することができますし、 説明会の時に変更することもできます。 なので決められない時は、 一旦手続きの簡単な「自転車配達」を選んで、後から変更するという形がオススメ。 そうは言ってもちゃんと選びたい!そんなあなたのためにこの記事では、以下の内容を紹介していきます! 目次• 原付・バイク・自転車の登録に必要な書類の違い ではまずは「それぞれの配達車両の登録に必要な書類の違い」について紹介していきます! UBer Eatsの配達に使うことができる車両は全部で4つ。 自転車• 原付バイク 125cc未満• 軽貨物 黒ナンバー• 125cc以上のバイク 緑ナンバー ただし、 黒ナンバーと緑ナンバーの取得は、陸運局に書類を送ったりお金を払ったりとかなり面倒です。 参考: もうすでに黒ナンバー・緑ナンバーを取得している人以外は避けたほうが無難でしょう。 それぞれに必要な書類を表にすると以下の通りです。 [全員必要]• 身分証明証の写真• メールアドレス• 電話番号• プロフィール写真 スマホ写真可 [原付で配送する人が追加で必要]• 運転免許証• 自賠責保険証書• ナンバープレートの写真 [軽貨物または125cc以上のバイクで配送する人が追加で必要]• 運転免許証の写真• 自動車損害賠償責任保険の証明書• 任意保険または共済保険の証明書• 車検証または軽自動車届出済証• ナンバープレートの写真 先ほども言ったように、 手続きが最も簡単なのが「自転車」での登録です。 どれにしようか迷っている人は、とりあえず自転車で登録しておきましょう。 もし気が変われば、説明会の際にでも書類を持っていくと、スタッフの案内に従って簡単に登録ができます。 他の配達パートナーはバイク・原付・自転車どれで配達している? 配達パートナーの配達車両はどれが多いのか?Uber Eatsの公式発表はありません。 しかし先日、当サイトはUber Eatsの配達パートナーのアカウントを対象にアンケートを行いました 101件の回答ありがとうございました! これにて回答を締め切らせていただきます。 ご協力ありがとうございました! — [報酬あり]Uber Eatsに関するアンケート実施中! uberharaki このアンケート結果をもとに、他の配達パートナーはどんな車両で配達しているのかをみると以下の通りでした。 125cc以上のバイクで配達している人も見られましたが、本業で運送業をしていてすでに緑ナンバーを取得済みである人が多かったです。 原付と自転車はどっちが稼ぎやすい? 当サイトが独自に行ったアンケートの結果、原付で配達時と自転車で配達時の時給換算の平均を算出しました。 更に詳しい情報は上の参考記事を御覧ください。 今回原付の条件として、 年間走行距離を10000kmとしました。 これは大体1週間で20時間程度稼働したくらいだと考えてもいいでしょう。 よく原付を使う人であればも税金や保険などは、Uber Eatsの配達車両の維持費として換算しなくてもいいかもしれません。 しかし基本的に 原付のほうが維持費が高くつくということは知っておきましょう! 5. 自転車と原付のレンタル車両料金の違い Uber Eatsの対象エリアから少し離れた場所で稼働する場合や、配達できる車両を持っていない場合は、車両をレンタルしなければいけません。 車両をレンタルした場合は、 維持費用やメンテナンスの手間がかからないこともメリットになります。 自転車と原付のレンタル費用は、都道府県別にも異なります。 そこで都道府県別のレンタル車両の料金をまとめていきたいと思います。 ドコモ・バイクシェアとヤマハYPJはUber Eatsと提携しているので、通常料金よりも安くなっています。 ドコモ・バイクシェアリングは通称「赤チャリ」と呼ばれ、Uber Eats配達パートナーの間ではかなり有名なレンタサイクル。 表をみると分かるように、都道府県別で料金が大幅に異なります。 稼働の元が取れそうかどうかを判断してみてください。 帝都産業はUber Eatsと提携しているため、通常よりも料金が割引されます。 レンタルバイクはかなり費用が高いので、 Uber Eatsの配達パートナーで利用している人はほとんどいません。 原付も試してみたいなと思った時に1ヶ月だけ使う、というような使い方が理想かもしれません。 レンタルバイクで長期間配達をするよりかは、中古の原付を買ってしまったほうが結果的に安上がりになる可能性もありますよ。 原付・自転車での配達のメリット・デメリット 原付と自転車のメリット・デメリットを、全てまとめて紹介していきたいと思います。 全て表でまとめた結果以下の通りです。 原付・バイク 自転車 メリット• 体力的に楽• 長距離配達依頼が増えるので、1回あたりの報酬が高くなる• 配達速度が上がる• 広範囲の移動が可能• ダイエット効果がある• 維持費用が安い• 小回りがきく• 短距離配達が多いので配達数を稼ぐことができる• 車両を置く場所は見つかりやすい• 渋滞に巻き込まれにくい デメリット• 駐禁のおそれがある• 渋滞に巻き込まれる可能性がある• 駐輪場所に困ることも• 小回りが利きにくい• 違反の可能性が高くなる• 維持費用が高い• 体力的にキツイ• 長距離配送依頼が少ないので、1回あたりの配達単価が下がる バイクの大きなメリットは、体力的に楽であるということでしょう。 やはりUber Eatsは肉体労働ですから、体力の消耗は結構大きいです。 なので体力がない方だったら自転車での配達は結構厳しいかもしれません。 しかしその反面、原付での配達は小回りが利きにくく、道を間違えてしまうと大幅な時間ロスになることもあります。 一方通行や二段階右折など交通ルールもややこしく、自転車と比べると煩わしく感じることもあるでしょう。 自転車だと体力的にキツイため 原付・バイクは小回りが利きにくいというデメリットはありますが、長距離移動も体力消費が少なく可能というメリットがあります。 なので長距離配達が多くなる、世帯数の少ないエリア、つまり 比較的田舎のエリアはバイクの方が有利と言えるでしょう。 他には坂道の多いエリアなども、自転車配達の人が避けるのでバイク配達の人は狙い目です! 8. バイクと自転車はそれぞれどんな人にオススメか? 以上を踏まえた上で結論として、「バイクをオススメする人」「自転車をオススメする人」についてそれぞれ紹介していきます。 結論からまとめると以下の通りです。 バイク・原付がオススメ 自転車がオススメ• 女性や中年男性など体力に自信がない人• 普段からバイク・原付を使う人• 稼働エリアに精通している人• 比較的田舎で稼働する人• 比較的若い人・体力に自信がある人• 普段原付移動をしない人• 稼働エリアに精通していない人• 比較的都会で稼働する人 女性や中年男性などの体力に自信がない人は、バイクでの稼働がオススメ。 体力面でのデメリットをカバーすることができます。 さらに普段から原付を使う人や、稼働エリアに精通していて道を知っている人は、「道を間違えると復帰が難しい」という原付のデメリットを解消することができます。 逆に 配達するエリアの道をよく知らないという人は慣れるまで自転車を使った方がいいかもしれません。 車両変更は簡単にできるので、とりあえずどちらかで試してみるといいですね。 自転車の車両追加は必要ありません。 好きな自転車で配達しましょう! 車両追加はいつも使っている「Uber Driver」から行います。 まずアプリを起動すると以下の画面になります。 右上のプロフィール写真をタップしてください。 すると以下のような画面になるのでアカウントをタップしましょう。 車両という項目があるのでそこをタップします。 車両追加画面になるので、車両の追加をタップします。 「車種」「モデル名」「年式」「ナンバープレート」「車体の色」を入力した後に、車両を追加するをタップすると完了です。 登録している原付・バイク以外での配達は厳禁。 最悪アカウント停止の可能性もあるので、車両追加や車両変更はしっかりやっておきましょう。 まとめ.

次の