しらふ で 生きる。 しらふで生きる 大酒飲みの決断の通販/町田康

しらふで生きる 大酒飲みの決断の通販/町田康

しらふ で 生きる

外出自粛で増える自宅での時間。 それは自分を見つめなおすのにもってこいです。 今日は、酒と人生の関係を考える記事をご紹介します。 * * * 「名うての大酒飲み」と言われた町田康さんが4年前にお酒をやめた顛末を微細に綴ったが話題です。 30年間毎日飲み続けた町田さんはなぜ酒をやめることができたのか? それは「幸福についての考え方」が変わったからでした。 町田 どうしたら自分に大きな負荷をかけずに、より自然に生きていけるだろうかと考えた本ですね。 たとえば、自分は周りから正当な評価を受けていない、ひどい目にあっていると思っていると「酒でも飲まなやってられんわ」となってしまうわけですが、そもそも自分は大したものではない、不当に評価されているわけでも、何かを奪われているわけでもないんじゃないか? それなら酒を飲む必要もないんじゃないか? というのが考えの中心になっています。 それなら「人は幸福にならなければならないわけではない」と考えた方が楽だろうし、幸福になるための努力に失敗して不幸になってしまうくらいなら、普通のままでもいいじゃないかと。 「幸福」という言葉が一人歩きしていて、そこに囚われると人は「不幸」になってしまうのではないかと思います。 町田 幸福でないことすなわち不幸ではないし、幸福だ不幸だといっても最後はどうせみんな死ぬやろ、とも思うんです(笑)。 まあ人間という生き物の宿命で、誰しも自分という地点からしかものが考えられないし、その考えも、不完全な言葉を使ってしか外に出すことができない。 その言葉だって、それぞれが独自のものだから実は人にはあまり通じていなくて、長いものを書く意味はそこにあるんですけどね。 人間というものは、悲しく淋しく閉じているもの。 だからこそ歌や文学が存在するんじゃないかと思います。 町田 大伴旅人「酒を讃むる歌」から本が始まったので、じゃあ酒を貶める歌で終わらせようと考えついて詠んだのが「酒を貶める歌」十三首です。 『万葉集』にも収められた大伴旅人の歌から、替え歌のようにして作りました。 大酒飲み時代の町田さんは、お酒のどんなところがお好きだったんですか? 町田 酒の味や飲んでいる場というよりは、酒に酔ってる状態が好きだったんじゃないかな。 我を忘れるというか抑制が外れるというか。 日常が退屈だから旅に出たい、虚しいから悟りを開きたい、そんなことと同じで単純なものだと思います。 大酒を飲んで世間に迷惑かけたこともありましたし、よくない飲み方でした。 ご馳走があるのに酒飲まないなんて頭がおかしい、情けない。 だから美味しいものを食べる意味がなくなってしまった。 料亭とか行くと料理がちょっとずつ運ばれてくるでしょ? あれも酒を飲むペースに合わせているから、酒をやめたら「早く持ってこい!」と思うようになりましたね(笑)。 酒をやめてネガティブな変化があるとしたら、唯一、食べものに興味がなくなったことかもしれません。 お酒をやめられて、一番の変化はなんでしたか? 町田 ちょっとしたことに目を凝らしたり、耳を澄ませたりすることができるようになったというところですね。 大きな音で素晴らしい音楽もあれば、大きいだけ、うるさいだけの音楽もあるし、小さく繊細で、綺麗な音もある。 酒という強烈な刺激があったときには、マスキングされたようになって聴こえなかったり、見えなかったり、気づかなかったりしたものを、感覚できるようになったのは大きな変化ですね。 功利的にものごとを語るのはあまり好きではないんですが、その影響は、やっぱりあるでしょうね。 来年には、酒を愛し、酒に悩んだ種田山頭火について書く連載も始まります。 この『しらふで生きる』と対になるような連載になるのでしょうか、そちらも楽しみにしています。 ありがとうございました。 (おわり) 関連キーワード.

次の

しらふで生きる 大酒飲みの決断

しらふ で 生きる

パンクバンドのボーカリストから作家に転じた町田康が、「酒をやめると人間はどうなるか。 或(あ)る作家の場合」と文芸誌に連載したエッセーの単行本化。 酒断ちのモデルケースだが、なにしろ元パンクロッカーで饒舌(じょうぜつ)な文体と内容、疾走感で鳴らす作家である。 町田の酒飲みレベルは、〈日本酒で言えば一升を飲んで、ドカベンの物真似(まね)をしたり、ギターを爪弾(つまび)きつつ「港町ブルース」をエスペラント語で歌う〉くらい。 こんな飲み方を30年間、1日も休まず続けてきた。 が、平成27年12月末をもって酒をやめる。 小説家の業(さが)である。 町田が酒飲みの大先輩とあがめる古代の歌人、大伴旅人は〈生きていくにあたって最も重要なのは酒を飲むことであって、それ以外のことはたいした問題ではないし、もっと言うと、どうでもいい問題であると、言い切っている〉。 町田も、酒を飲むことが正気で、酒をやめたことは狂気なのだという。 人間はいずれ死ぬのに、節制など卑怯(ひきょう)ではないかとも。 こうして酒を飲む意味、やめる意味を追求。 しばしば話は逸脱し、無限に広がり、哲学的にも処世訓的にもなる。 小説家の想像力、創造力の広げ方、飛び方が興味深い。 読み進むうちに、その混乱、錯綜(さくそう)した思考の内部を漂いさすらう脳内旅行の体験ができる。

次の

「しらふで生きる」町田康・断酒に効くロジックと態度

しらふ で 生きる

最近、親しい友人が断酒をはじめた。 私も過去、飲酒のための失敗があり、いまは飲みすぎることはほぼなくなった。 個人的な興味もあり、町田康『しらふで生きる』を読んだ。 町田さんは23歳から53歳までの30年間、1日も欠かさず酒を飲み続けたというのだから、やめるのも一筋縄ではいかないだろうと想像する通り、 全編「どうしてやめたか」「どうやってやめたか」「やめてどうなったか」を四方八方から、あの手この手で解説してくれている。 独特の、飛躍する文章は楽しく、ところどころつっかえながら読んだ。 誤読もあるかもしれない。 人生はそもそも 楽しいものではない。 そこに気づくと、 酒がなくとも 人生は面白くなる と、帯にある。 そうなのかは私はわからない。 が、些細な楽しいことに気がつけなければ、お酒を飲無ことなしには、楽しいとは感じられないのかもしれない。 「どうしてやめたか」、はっきりとは書いていないようだった。 「狂気」がやめると言い出したと。 でも終わりまで読んでみると、もう飲む生活(生き方)に飽きたのかなと想像した。 これからの人生、飲まないで生きてみたいと思ったその理由と結果。 お酒をやめようとしている人には参考になるし、 日々お酒を楽しんでいる人にもやっぱり参考にはなると思った。 私なりに要約してみる。 正当に扱われていないという不満があるから酒を飲むことになる。 自己認識(自分は優れている)をあらためることによって、不満が消える。 自己認識をあらためると、虚無におちいることがあるが、そうならないためには、人と比べないこと。 人と比べず、適切な自己認識により、今まで見過ごしていたよろこび(音、景色…)に気がつけるようになる。 自分を普通以下のアホと思う(自己認識をあらためる)メリットも多々ある。 役に立つ真理だ。 147) 一、少々のことで腹を立てなくなる 二、学びにおいて多くの果実を手にすることができる 不満があるというのは、世の中、他人に対する期待が過剰なのかもしれない。 そもそも不満が生じるのは自分が此の世で正当に遇されていない、と考えるからであるがそれがそもそも誤りであり、その誤りを知ること、乃ち、自己認識を改めることによって、現在の不満は消える。 しかしそれは虚無に陥る認識である可能性があるが、そうした自己認識を持って眺める世界には、これまで聞こえなかった音や見えなかった景色があり、そのよさを識ることは自己のよさを識ることでもありそれによって私たちは虚無からも不満からも身を遠ざけることができ、そのことによって酒をやめることができる。 161) 町田さんは、お酒をやめることで、精神的ゆとり、余裕・余白ができたという。 目的地を、楽しみ、と誤って設定し、急いでいたが、本当はそれが死であることを知り、死を恐れる気持ちから急ぎたくなくなり、また、なにもない瞬間を大事に思いたい、という心境に至った。 214) もちろん、お酒を飲むこと、飲む人が否定されてはいない。 人間の中には善悪正邪は同時に存在している、善悪の争いはつまらない、とも。 個人的には、禁酒・断酒は、飲まなきゃ言えないことがある生活を、しらふで面と向かって言える生活にするレッスンなのかなと思う。 飲まないことで心身が変わるし、端的に、(良し悪しではなく)人生が長くなる(変わる)ということもありそう。

次の