計算は合ってるはずなのに。 その残業代合ってる?エクセルでできる残業代の計算方法!!

摂動論を使って簡単な3次方程式の近似解を求めてみよう:少女秘封物理倶楽部

計算は合ってるはずなのに

「残業代が少ない……」「本当にこれ合ってるの? 」 って思ったことありませんか? でも思っても調べる術もわからない。 残業代に関する法律もややこしいからわからないって諦めている方も多いかと思います。 実は私は思ったことがあります。 残業代って種類も色々あって自分で計算するとしてもごちゃごちゃしてわかんない!! ってなりますよね。 また、中小企業などでは残業代を間違えることもないわけではありません。 「え?給料計算が間違えるなんて起きるわけないんじゃない? 」って思う方もいるかと思いますが実際に起こりえることなんです。 給与計算している方も人間なので、人間誰しも間違いは犯すものです。 悪意があってやったとなったら大問題ですが、そうでないなら許すのも大事かと私は思います。 私の体験談になりますが、昔働いていた会社での話になります。 所得が去年の今頃より減ってるなぁ……っとある日感じたので、自分で計算したところ半年ほど残業代が間違っていたということがわかりました。 私はすぐに会社に相談しました。 会社も本当か? っと最初は半信半疑だったようですが一応対応してくれました。 一週間もしないうちに結果が出たと経理部から連絡がありました。 結果は計算通り半年ほど会社が残業代を間違えていました。 )を厚生労働省令で定めるところにより与えることを定めた場合において、当該労働者が当該休暇を取得したときは、当該労働者の同項ただし書に規定する時間を超えた時間の労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働については、同項ただし書の規定による割増賃金を支払うことを要しない。 そういうことになりますね。 そこで次は皆さんがよく知っているある ソフトを使ってこの計算をやって見たいと思います。 実際に自分でも計算してみよう!! さて先程説明させていただきました残業代ですが、今度は皆さん実際に計算してみましょう。 でもやっぱり計算とか苦手だし、なにより面倒くさい…… って思う方も多いかと思いますが大丈夫です。 今回は、パソコンを持っている皆さんなら誰でも入っているといっても過言ではないあのソフトを使って計算する方法をご紹介したいと思います。 「ソフト? なんのソフト? そんなソフトあったかな? 」 皆さんも名前ぐらいは聞いたことあるかと思いますがそれはMicrosoft社の エクセルというソフトです。 表とかを書くので有名なソフト!! って思い出してくださった方も多いかと思います。 このエクセルを使うことで 残業代計算が簡単にできちゃうんです。 最初に作っておかないいけないという面倒さはありますが……作ってしまえばあとは楽になります!! 今回私が作ったエクセルの作り方を紹介していきたいと思います。 その前にまず今回計算する条件を下記に示したいと思います。 上記の条件を使ってエクセルで実際に残業代を計算していきたいと思います。 エクセルで勤務表と条件表を作成 ではまず下記のようにエクセルに表を作って色付けをします。 次に基本的な条件を入れるための表を作成します。 ここまでは エクセル関数は一切入れていません。 塗りつぶしの色を分けているのは、濃い色のほうが数値入力するということを区別するために行っています。 エクセル表の作成 実働時間を計算する 条件に記載されている 始業時間と終業時間と休憩時間を用いることで実働時間を計算することができます。 法定外休日のセルに下記の計算式を入れます。 法定外休日残業時間の計算 それぞれの残業時間の合計を算出する 次はそれぞれの残業時間の合計を算出していきたいと思います。 まず普通に合計を算出するだけなら SUM関数を用いればいいのですが、残業時間を算出する場合は2点気をつけなければならないことがあります。 1点目は、 扱っているのが時間のためそのまま合計すると24時間を超えると0:00と表示されます。 そのため書式設定を下記のようにすることでこれは改善します。 0:00と表示されなくなる書式設定の方法 2点目は、労働基準法では1ヶ月におけるそれぞれの残業時間は合計1時間未満の端数があった場合は端数処理することができます。 引用: 通常残業のセルに下記の計算式を入れます。 25 1. 他の残業を計算する場合はそれにあった割増賃金率を掛けることで算出することができます。 以上がエクセルでの残業代の計算となります。 ちょっと面倒でややこしいところもあるかと思いますが、これが出来ることで残業代の計算を簡単に行えるのでやってみることをオススメします。 残業時間の定義を入れてラストスパート!! 他のエクセルシートの紹介 また今回説明したようなエクセルシートは下記のサイトでも配布されていますので、ご興味ある方は確認してみてください!! 今回は残業代で悩んでいる人たちに少しでも役に立てるのではと考え、私が残業代計算で実際に使用したエクセルシートを元に残業代の計算方法を説明してきました。 上記にも書きましたが中小企業では私のように 、残業代の計算を間違えることがあります。 給与計算している人達も故意があってやっているわけではないので大きな責め方はできないでしょうが、それでも自衛のためにも自分で残業代を計算できる必要はあると私は思いますので、ぜひご自分の残業代があっているのか確認してみてください!!

次の

1.2 − 1.1 は0.1 じゃない??Excelに起こる驚きの計算結果

計算は合ってるはずなのに

今日はLSDロック率計算の最終回です。 ところで、今まであたかも答え(ロック率の算出方法)がわかっているかのように書いてきましたが、そもそもわかってません。 書きながらだんだん理解して行くという状態です。 さらに、参考書を見ながら書いているわけでもなんでもないので、答えが合あってるのか間違ってるのかもわかりません。 なので、今回のネタを読まれて、なんかおかいしんじゃないの?と思った方は、遠慮なくご指摘いただけると幸いです。 それではその3です。 (イニシャルトルクを考慮しない場合) プレート径はイニシャルトルクには影響があるものの、意外なことにロック率への影響はあまりないようです。 最後に、今回の計算式で求めたロック率とダラーラF308設定の比較を行い、計算式が合ってるかどうかを確認してみました。 計算条件 プレート外径:80mm、内径:40mm、プレッシャリング径:80mm プレート摩擦係数:0.09 () プレート摩擦面が多いときは、ほぼ同じ値になりましたが、プレート摩擦面が少なく、かつランプ角が小さいときの値に大きな差が発生しました。 プレート摩擦面の数とロック率は比例するはずなので、いまいちダラーラの設定表が解せないのですが、これ以上のことは現物を実測しないとわからないと思うので今回はここまでにしたいと思います。

次の

【ミスは甘え】計算ミスを減らす方法はある

計算は合ってるはずなのに

分かりにくいかもしれませんがお付き合いお願いします。 列Bの数値データの合計を求め、列Cにその構成比率を求める時に出た現象です。 求めた式はセル指定での式になっており、立式に問題はなく、指定されたセルには既に数値が入力してあります。 (もちろん計算結果が0となるようなものではありません) セルの書式設定等で表示形式を変えてみましたが、どの場合においても0で変わりがなく、結局のところ0しか出ませんでした。 (もちろん桁上げや桁下げ、%表示にしてから桁上げ桁下げもやりました) (ROUNDなど関数による桁上げ桁下げは指定していません) 一旦、そのセルを消去し、数値式(セルに入力した具体的な数値でそのまま計算)にすると、答えは正常に表示されました。 再度、セルを消し、セル指定で式を書くとまた、0になりました。 (同じく書式設定等で確認しましたが、すべて0になりました) 納得がいかず、一旦パソコンを再起動し、同様の操作をしたところ、一発で構成比率が求められ、計算結果も間違いはありませんでした。 そう考えると、セルに記憶されるべきデータが正常に読み込めていないのが原因かなと思ったのですが、 そうなるということはハードの問題という可能性もあるのでしょうか。 たまたま何らかのバグが発生し計算ができなくなったのでしょうか。 再度同じような現象に見舞われたらと思うと、心配で質問させていただきました。 EXCELの構成に詳しい方からの回答をお待ちしております。

次の